急 な 連絡 で 申し訳 ありません。 「申し訳ございませんが」の類語/使い方・ビジネスメールの例文

「申し訳ございませんが」の類語/使い方・ビジネスメールの例文

急 な 連絡 で 申し訳 ありません

すみませんが本日体調不良のため、お休みさせていただきます。 当日の欠勤となってしまい、申し訳ありません。 以下の2点、フォローをお願いします。 執筆者のリストは、課の共有フォルダの中にあります。 明日は企業アンケートの締め切り日ですので、 アンケートについての問い合わせが入るかもしれません。 問い合わせがありましたら、内容を聞いておいていただき、 明日、私からお返事したいと思います。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 すみませんが、本日家族を病院に連れていくため休ませていただきます。 突然の欠勤となってしまい、申し訳ありません。 以下の2点、フォローをお願いします。 執筆者のリストは、課の共有フォルダの中にあります。 明日は企業アンケートの締め切り日ですので、 アンケートについての問い合わせが入るかもしれません。 問い合わせがありましたら、内容を聞いておいていただき、 明日、私からお返事したいと思います。 現在、子供 妻・夫)の状態は落ち着き、メールは対応は可能です。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

次の

「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

急 な 連絡 で 申し訳 ありません

【言葉の選び方 ポイント】 ・「ご多用中」「お忙しいところ」など、相手を慮る言葉を入れることでより丁寧な印象になります。 ・上記カッコ書きの「ご連絡して」は、入れても入れなくてもどちらでも大丈夫です。 また、より丁寧な言い方だと「ご連絡いたしまして」等があります。 ・ 「すみません」よりも「申し訳ございません」の方が丁寧な言葉なので、できれば「申し訳ございません」を使う方が良いでしょう。 (「すみません」は軽い表現でありビジネス文書では良くない、という意見もあります。 ) 「度々ご連絡してすみません」のタイミングとお詫びの文章量は? 何度も連絡することに関するお詫びですから、速やかに、開口一番(または文書の冒頭で)伝えるべきです。 今回のようなケースにおける論点としては、「目上の人に、何度も、時間も経ってないのに連絡する」のは如何なものか・・・というところですよね。 確かに大事なことを「一度で済まなかった」のは問題ですが、大事な用事だからこそ相手に正確に伝えなければなりません。 そして、それは早ければ早いほど良いはずです。 だから、連絡するという行為については後ろめたさを感じる必要はありません。 また、この文章の後、もう少し何度も連絡する必要があった経緯とか色々書いた方が良いのだろうか等と悩むかもしれませんが、お詫びといえども長く書かれてしまうと相手にとっては鬱陶しいものです。 そして、何の要件で何度も連絡してきたのか、相手は分からなくなってしまう可能性もあります。 ですから、 お詫び文章は一文程度にとどめて、伝えるべき本題に入る方が良いです。 スポンサーリンク ご連絡 という敬語を自分に使うのは変じゃないの? こういう文章を考える際、多くの人が「敬語」が間違っていないかと心配になるものです。 今回の場合は、「ご連絡」の「ご」を入れる必要があるのか、と悩むのですよね。 悩む理由の多くが、「連絡」が自分がする行為なのに「ご」を付けるのは変ではないか、と感じることです。 ですが、 この場合には「ご」を入れるのが正解です。 敬語には丁寧語、尊敬語、謙譲語の3種類があり、「ご」はその3種類ともあり得る接頭語なのです。 具体的には、以下のようになります。 もちろん最初にご紹介した言い方「度々ご連絡してすみません」や「度々ご連絡して申し訳ございません」等も使えますが、メール上でのやり取りということで、 「メールを何度もすみません」 「メールを何度もお送りして申し訳ございません」 「度々メールをお送りすることになり申し訳ございません」 このような表現もあります。 目上の人に対するメールですからやはり丁寧な敬語を使うべきですが、メールは手紙等の通信媒体と違い略式扱いだし、相手との関係次第では、あまりガチガチの敬語にしなくても大丈夫なこともあります。 また、以下のような表現もあります。 「五月雨式ですみません」 「五月雨式で申し訳ございません」 ちなみに、「五月雨式」は「さみだれしき」と読みますが、「一回で終わらず少しずつ繰り返し行う」とか「途切れ途切れ長く続く状態」というような意味になります。 五月雨は旧暦5月(現在の6月)に降る雨のことで、大雨でなく途切れ途切れダラダラ長く続くような雨を指します。 そこから、「五月雨式」という言葉が出てきました。 メールを何度もすみません、のタイミングと量は? メールの場合も電話や直接会って話す等の場合と同様に、連絡すべき事項については相手に速やかに伝えるべきです。 そして、「何度も連絡することに関するお詫び」も当然メールの冒頭で書きます。 【文例】 度々メールして申し訳ありません。 先程お送りしたメールの内容に不備がありましたので、再送させていただきます。 (・・・以下伝えるべき内容・・・) このように、度々メールすることのお詫びと、なぜ送ったかという一文を書いてから要件を書けば良いでしょう。 さいごに 目上の人に何度も連絡するのは失礼じゃないか、と悩むかもしれませんが、連絡することが失礼なのではなく、伝えるべき内容が足りなかったことの方が失礼だし大問題なのですよね。 そこで、気付いた時点で正しい内容を速やかに相手に伝えることが重要です。 そして、その際に当然、「何度も連絡することに対するお詫び」も伝えますが、肝心なことはその後の本題ですから、あまりお詫びに気を取られてしまわず、しっかりと何が足りなかったか、何を伝えたいのか、を相手に分かるようにすることこそ重要です。 そのためのお詫び文は今回ご紹介しましたが、ご自身と相手の方に合うと思うものを選んでお使いください。

次の

日程変更・日程調整メールの文例集(社外向け)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

急 な 連絡 で 申し訳 ありません

こちらへ早く来て欲しい時や、原稿が締め切りに間に合わない時など、やむを得ず相手を急かして何かをしてもらう場合に「早く来てください」「もっと早く持って来てください」などと非礼な言葉をかけてはいけません。 「急がせてすみません」と謝る気持ちを、まずはっきりと伝えてから「約束の時刻が迫っておりますのでお早めにお願いします」とお伝えします。 たとえ相手が遅刻したり、締め切りを守らなかった場合でも目上の人に対して「急いでください」と命令口調で言うのは厳禁です。 特にビジネスでは相手の機嫌を損ねてしまって後々まで仕事に影響する場合があるので、一時の感情で失礼な言い方をしないように心掛けましょう。 「急がせてすみません」の敬語での使い方を紹介します。 ・待ち合わせの時間を30分過ぎております。 急がせて大変申し訳ありませんがお早めにお越しくださいますようお願い申し上げます。 敬語の種類 敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三種類があります。 尊敬語は相手を敬う言い方です。 謙譲語はこちら側が遜った言い方です。 丁寧語は「です・ます」調の丁寧な言い方です。 尊敬語は相手が主体の言い方です。 例えば「お客様がいらっしゃいました」と使います。 謙譲語は遜ったこちら側が主体になる言い方です。 「(私が)お手紙を頂きます」と使います。 これらの文章の中で「ました・ます」は丁寧語です。 尊敬語・謙譲語と丁寧語は組み合わせて使います。 他に「美化語」という言い方があります。 丁寧で上品な言い方にして敬語と組み合わされて文章全体をまとまりのある美しいものにします。 単語の前に「お・ご」を付けるだけの時と単語そのものを変化させる場合があります。 相手の機嫌を損ねない言い方で「急がせてすみません」と敬語で表現する例を紹介します。 当方の手違いにより会場が間違っておりました。 お疲れのところ急がせてしまい誠に申し訳ありませんが、至急Aホールへお越しくださいますようにお願い申し上げます。 開演時間が30分早くなりました。 お寛ぎのところ急がせて大変に恐縮ですが集合場所にお戻り下さいますようお願い申し上げます。 メールでの使い方とは? メールでも使用可能な「急がせてすみません」を敬語表現した例文をご紹介します。 こちらの「急いで欲しい」というお願いを失礼のない言い方で表現しました。 ・お忙しいところ急がせてしまい大変恐縮でございます。 誠に申し訳ございませんでした。 ・この度は急がせる結果となってしまい誠に申し訳ありません。 何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。 ・私共の手違いにより、お客様を急がせてご迷惑をかけました事を心よりお詫び申し上げます。 「さ入れ言葉」に注意して 最近の傾向として敬語で話す場合に余計な「さ」を入れる人が増えてきました。 例えば「急がせてすみません」と言う場合に「急がさせてすみません」と言ってしまいます。 敬語表現としてどんな場合でも「させていただきます」と遜って言えば失礼に当たらないと勘違いしているので、「急ぐ」という動詞の使役の表現としての「急がせる」という言い方にも「さ」をつけてしまいます。 他にも「歩かせる」「行かせる」「向かわせる」などがありますが、それぞれ「歩かさせる」「行かさせる」「向かわさせる」と間違った言い方をします。 「させていただく」は相手の了解を得る場合の遜った表現ですから「させていただきますがよろしいでしょうか」と続けるのが本来の使い方です。 「急がせてすみません」と相手にお願いをする場合には元々当てはまりません。 「急がせてすみません」の別の敬語表現例 バイト敬語という言葉があります。 敬語のように聞こえますが間違った言い方ですからうっかりと使わないように注意しましょう。 よく使われるバイト敬語に次のようなものがあります。 ・よろしかったでしょうか ファミレスで「こちらのお席でよろしかったでしょうか」と聞かれることはよくありますかが「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」が正しい表現です。 ・~のほうになります どんな場合でも「~のほう」を使う店員さんがいます。 「デザートのほうになります」と言って持ってきてくれますが、本来は「デザートをお持ちしました」が正しい言い方です。 気持ちを込めて伝えましょう.

次の