第 5 人格 オフェンス。 第五人格のキャラクターの入手方法と出し方!IdentityⅤ

【第五人格】オフェンスのタックルのコツは?

第 5 人格 オフェンス

スポンサーリンク 外在特質(スキル) スキル名 効果 ラグビー 常にラグビーボールを携帯し、使用時にはボールを抱えて素早くダッシュし、力尽きると気絶状態になる。 剛健な肉体により、一定距離のオフェンスダッシュでハンターを突き飛ばすことができる。 もし突き飛ばされたハンターの背後に別の物があれば、気絶させる時間がさらに長くなる。 運動天賦 抜群の運動天賦と非凡なるパワーを持っている。 機械音痴 不器用で、機械製品を扱うのが苦手である。 暗号機解読速度が30%低下する。 強い抵抗 体が剛健で、ハンターによって風船に縛られた時、抵抗して脱出しやすく、その抵抗速度が10%上昇する。 衣装 衣装名 説明 坂本竜司 洸星高校二年生 — 坂本竜司の制服。 自然の緑 ピッチにあふれる生命力に興奮を押さえつけることはできない。 Nike React Nike Reactコラボイベントスポーツ衣装(台湾地区限定) 包帯男 誰もがもう一度チャンスを与えられるわけじゃない。 今度は、うまくやらないとな。 ミイラ先鋒 呼び覚まされたが、見知った日々はもう存在しない。 艶やかキノコ キノコに毒があるかないかを外見で判断してはならない。 試してごらん。 善良なキノコ 人はよく言う、艶やかなキノコには毒があると。 でもこれは明らかに善良なキノコだ。 黒い鼻 バーゲンで買ったクリスマス商品で作ったものだ。 遠くから見ればなんとなく似ている。 暴れ牛の力 サーカス団は彼の猪突猛進な粗暴さを受け入れられない。 しかし、パレード当日、彼はさらに横暴で身勝手なヤツを見た。 勇士 臆病者に騎士という栄誉あふれる称号が似合わないことは、疑うまでもない。 騎士 栄光のために、突撃! 無気力ウサギ もし走るのが十分速いのなら、うたた寝したっていいだろう? 眠ったウサギ おい…… おい! 試合は終わった、早く起きろ! 粗暴な若者 恐れを知らない若い男の子には、力が余っている。 幸運な若者 彼につるつるしたものをあげると、彼は怖くて震え出す。 ヘルメスの靴 金色ブーツのヘルメスだ! 神話にしか存在しない祭典の栄光だ! 消防士 あんなに乱暴に…… あ、失礼…… 風のように突っ走る消防士を見たことがない。 活力の赤 赤服は通常の3倍のスピードで接近する! 深海のタイマイ 長い一生の中で、秘宝と呼べるほどの物なんて聞いたことがなかったし、これほど美しい夫人が深海の底でひとり歩いているのなんて見たこともなかった。 溶岩のウミガメ 彼はずっと海底火山を行き来し、珊瑚夫人のために、遙か昔に落とした至宝を探している。 溶岩によって甲羅に亀裂が入り、膨れ上がってしまったことにも気付かない。 ボロい服 服がボロボロだ。 本当にただゲームをしただけ? 初期衣装 初期衣装。 すべてが自然に見える。

次の

【第五人格】オフェンスの評価!タックルの立ち回りを覚えて勝ちを量産! 【アイデンティティV】

第 5 人格 オフェンス

【第5人格】オフェンスの立ち回り 9割救助(2回目の救助)を担当しよう! 現環境では、傭兵が構成から外れることはありません。 中治りを確実にいかしたいため、 4割救助(1回目の救助)は傭兵がいくとうのがセオリーです。 そのため、 オフェンスは9割救助を担当しましょう! 傭兵BANの場合はどうなる? 傭兵がBANされると 「墓守」が代役を果たします。 その場合は、 椅子に近い方が救助にいくというイメージで問題ありません。 基本はDD(ダブルダウン)の可能性の低い墓守が、4割救助を安定させるのがいいでしょう。 タックルを使って無傷救助! タックルによるスタン状態のあいだに、救助を決めてしまうことで 無傷救助も可能です。 それによってDD(ダブルダウン)を避けるだけでなく、 肉壁も行えます。 ハンターのスタン状態は、 タックル距離に比例して長くなります。 暗号器の進み具合にもよりますが、 その場で旋回して距離を稼ぐのもありです! 風船状態の味方を助けよう! オフェンスの最も輝く瞬間が 「風船救助」です! タックルがヒットし、 ハンターがオブジェクトに衝突すると、スタン状態にできます。 その際、 負傷状態で味方が自由になるのです。

次の

【Identity V】オフェンスのおすすめ内在人格【第五人格】

第 5 人格 オフェンス

長所 ラグビーボールを使いこなすことができればかなり強い。 チェイスがしやすい特質とラグビーボール持ちなので基本ハンターに追われにくい。 見つかったとしても無視されて他のサバイバーを探しに行く事がある• ただしランク上位だとボール消費を狙ってオフェンスも普通に追われるし、と違ってチェア耐久も無いので倒せると思われると普通に狩られてしまう。 ランクが上がるにつれて素のチェイス力も必要になってくる• 風船救助や粘着の性能はピカイチ• ボールのタックルによりハンターの動きを止められる。 の透明化やの傘ワープ 諸行無常 、瞬間移動などを解除できるためうまくいけば仲間のチェイスをサポートできる• 椅子前タックルを使えば無傷で即救助できる• 仮にラグビーボールがなくなってもプレッシャーで時間を稼ぐことができる ハンターからある程度離れたところでうろうろしているとタックルされるというプレッシャーにより時間を稼げる• 上手だと分け試合を勝ち試合にできる• 味方のミスをカバーできる能力なのでオフェンスを使いこなせる上級者が使えば強い。 しかしこれは逆に言えば「オフェンスが下手だと負け試合になる」という後述の短所にも繋がるし、ハンターに動きを読まれてタックルを外してしまう程度の練度のオフェンスでは全く話にならない。 ポテンシャルこそあるが基本的な立ち回りに加えてタックルの精度が完璧でないとでは使う意味がほとんど無いサバイバーであると言える。 短所 長所の逆になるが、ラグビーボールを使いこなすことができないなら味方にとってはお荷物となる• 初心者にはラグビーボールの操作や立ち回りが難しいため、戦犯になりやすい• このキャラを使ってチェイスやチェイス補助、救助をやらなないのであればオフェンスを使う意味がない。 どんなに上手いオフェンスでも、チェイス補助に向かうより、解読をしていた方が良い場合もある。 立ち回りがわかるまで、まずは 救助職を使いたいなら、チェイス補助などハンターを攻撃したいならやを使った方が良い というかそのようなレベルならまずはボット戦やカスタムマッチで練習しておくべきなわけだが• 中華版ではよりオフェンスを優先してピックする傾向があるが、これが許されるのは 傭兵で救助するよりもオフェンスのタックルで時間稼ぎを行えるプレイヤーだけである。 当然判断ミス・操作ミスは一度も出来ないので実際の負担は傭兵を遥かに上回るだろう• 板を操作する際の速度バフはあるが、 実は窓の乗り越えには一切バフが付かない。 運動天賦の説明をよく読まないと意外と見落としがちなので注意。 このため、やと同じ感覚でチェイスするとドツボに嵌る恐れがある。 ラグビーボールを温存するのであれば板が多い場所を選んでチェイスを仕掛けたい。 暗号機の解読速度がに次いで遅い• と組んだ場合、解読加速が入るまで目に見えて解読が遅くなる。 解読加速前かつ引き継ぎを行わなかった場合、1台上げるまでにそれぞれ20秒と24秒ずつ遅くなる計算 また、役割上オフェンスは解読を中断しやすいのでとにかく味方にチャットを送って引き継ぎしてもらうのを徹底した方が良い• ハンターに見えている位置からラグビーボールを使うと動きを予想されやすく、風船を降ろされたり、を決められやすい• タックルを当てる寸前に「興奮」を使われた場合、硬直中に殴られるのがほぼ確定する• 試合開始からハンターの補助特質を確認できていない時や、「裏向きカード」を使われた直後は少なくとも負傷状態でタックルするのを控えた方が良い。 通電後も「引き留める」があるため同様。 もしも「興奮」などでタックルを防がれた場合はダウンが確定してしまい、サバイバーが大幅に不利になってしまう• ハンターが「興奮」を使うとわかっているにも関わらずタックルするのは完全に自殺行為なのでやってはいけない• が苦手• 水鏡の有効範囲の広さからタックルを小出しにしてボールを節約しながら板や窓の前まで逃げ切る…という戦法が通用しにくいので一気に距離を取らざるを得ず、ボールの消費が激しくなる。 ボールの耐久力減少、ショートタックルの必要距離の延長等の弱体化以降この点がかなり致命的な状態となっており、ファスチェで狙われると存在意義を潰されかねないのでチェイス能力を過信せずに早い段階で距離を取りたい• 極端に高低差がある場所には水鏡が届かないので、2階建ての建物やアスレチックがあるマップであればチェイスルートを調整してそこへ入りたい。 逆にやのような平坦なマップだとボールを大量に消費しないと水鏡に攻撃を当てられるという事態が頻発する。 もオフェンスの強みが生かせず苦手• 逃げようとラグビーボールを使ったダッシュをしている最中に刹那生滅をされてしまうと、そのまま追尾されてしまい、背後を向くのが困難なので立ち止まって息切れ硬直した瞬間に一撃が確定してしまう。 更にとは違いオフェンスにはチェア耐久が無いので、芸者側からすればオフェンスはファスチェでも格好のカモである。 対芸者の基本的な立ち回りを身につけておきたい。 ダッシュ中に刹那された時に急旋回してダメ元でタックルを芸者に当てるという手段もあるにはあるが、息切れによる硬直を考えるとスタンが決まらなかった場合やはり一撃が確定してしまう。 刹那で突っ込んできていることを考えると正面からタックルせざるを得ないため、この手段が有効な地形はかなり限定されるだろう• に猫を当てられてしまった場合、その後近付いただけでスタンが発動するため極めて弱い• 猫に当たってしまったらタックルは最早不可能。 救助時は諦めて一撃貰うのを覚悟し、粘着中であれば一旦切り上げて解読に回った方が良い。 救助時以外なら回避する余裕があるはずなので猫の動きに常に気を配ろう• には爆弾でタックルを止められたりタックル後の硬直中に予め置かれた爆弾でダメージを負ったりするため若干弱い• 焦ってタックルすると間違いなくドツボに嵌る。 ガードNo. 26が置いた爆弾が2秒のものか5秒のものか見極めるために時間を置いてから、落ち着いてタックルすることで回避可能• ガードNo. 26の死角からタックルする際にタックル中に爆弾が置かれていることに気付いた場合は、タックル中のカメラの感度を調整している場合のみその場で急旋回することで爆弾を回避しつつタックルを続行できる。 ただしこの場合ラグビーボールの浪費は避けられない• 下手だと勝ち試合を負け試合にする• オフェンスは一応準環境サバイバー扱いされているが、状況次第では下振れが激しく、立ち回りを間違えると一気にマイオナクラスの弱さに成り下がることも珍しくない。 と違って準環境扱いされているのは他の味方との連携が決まった時の突出したハンター妨害力があるからであり、それが生かせない場合はかの採用が求められる。 野良においてオフェンスを使用すると全てを自己判断で済ませなければならなくなり、要求されるPSも格段に厳しくなってしまう。 立ち回り まず自身が救助職かつチェイス職であること、 粘着は解読時間を稼ぐためのものであることを肝に銘じておこう。 このゲームの性質上、救助を成功させて危機一髪を発動させる事が一番安定して時間を稼げる。 オフェンスも例に漏れず救助職だ。 開始時• 序盤は粘着より解読を優先しよう。 チェイス補助にいくことで 解読する人数が減るデメリットをきちんと考えたい とはいえ味方の構成次第ではオフェンスしかチェイス役がいないといった場合もあるのでその辺は臨機応変に対応すべし• 他のサバイバーのファーストチェイスが始まっても粘着するかどうかはよく考えたい• 極端な話、ファーストチェイスの補助をする場合は、3台分の暗号機の時間を稼ぐことができないならばおとなしく解読した方が良い• オフェンスが解読しているところにたまたまファーストチェイス役が来た場合は、少し補助タックルを入れても良い• ファーストチェイスを自分が引き受けた場合は、救助職のためボールを使ってでもダメージをもらわないようにしよう。 1ダメージもらった時点でターゲットチェンジするハンターも多い。 は平地に居る限りオフェンスを仕留めに来る可能性が高いので何としてでも強ポジに逃げ込むこと。 とは違いチェア耐久が無いので万が一オフェンスがやられてしまうと辛い展開になってしまう• まず、基本的なこととしてハンターが興奮を持ってきている可能性があるため、 タックルはハンターの特質が興奮以外と確認してから使うこと• ロケットチェアからの救助時のタックルの使いどころはの銃の使い方と同じような形になる• 特に救助狩りが強いハンターであれば、救助前に一度タックルを決めたい• 救助後は危機一髪の20秒以上を稼ぐことを目安にセカンドチェイスの補助を入れたい• 負傷中は無理に粘着しないこと。 負傷タックルで失敗してDDを引き起こすともれなく味方から総スカンを食らうことになる• たまにエモートなどで煽ってるとターゲットチェンジをしてくるハンターがいる。 トンネル回避ができればおいしいが悪用しないように• ただし、あと少し時間を稼げば通電するという場合は例外。 この場合 のみ ダウンしても中治りで起き上がれるため、ミスを恐れず全力で仲間を守ること• Tips. ロングタックル即救助 ハンターは椅子に縛る瞬間に何の行動も取れない。 その後の粘着でも攻めに行ける。 その後のチェイスや補助が上手くいかなかったら本来稼げるはずだった椅子の耐久時間20秒程が無になる• 窓タックル ハンターが窓を越えようとした瞬間には既にハンターの判定は窓を越えた側にある。 ハンターは窓超えモーション中で回避不可能なので確定でタックルを入れられる。 またその後すぐに窓を超えることでタックル後の退避も素早く可能。 チェイス補助で非常に有効• ポジション確定救助 名称未定 軍需工場の奥 地下室無し や精神病院内出窓 地下室無し と行った特定の場所では椅子が遠くハンターが回避行動を取るだけで風船もがきが成功するような場所がある• 風船救助を成功させるコツ• できる限りハンターがサバを持ち上げた瞬間にタックルする。 持ち上げた瞬間は降ろすことも移動することもできないので一番隙があり成功しやすい。 更に 風船救助した際に通常発生するバタバタモーションが無くなるので、救助された側はすぐに動ける• オフェンスがに風船救助してもらう側は 壁の近くでダウンしよう。 後ろにオブジェクトがないとタックル成功しないので。 背後に何もない場所でダウンしたときは、這いずってでもオブジェクトの前に移動しよう 味方にオフェンスがいる場合• オフェンスはチェイス性能も兼ねている為、本来ならば味方のオフェンスがハンターに追いかけてもらえる状況を作り出し、そのままうまく引きつけてくれると味方がスムーズに解読が行えるため理想的。 血の女王等の特定のハンターが相手だった場合は他の味方がファスチェを引いた方が良いという意見もある。 そもそもハンターによってはオフェンスがスルーされることも珍しくない• 上記しているが、 ダウンする場所はちゃんと壁の近くで!.

次の