アメリカ 感染 者 数。 アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

アメリカ国内の新型コロナウィルス感染者数の推移(州ごと)

アメリカ 感染 者 数

しかし、と、イタリアの30. 6を大きく下回っている。 1日当たりの検査数は現在、約20万件。 トランプ大統領は、近々1日当たり500万件の検査が可能になるとしているが、この想定は楽観的だとの指摘が出ている。 <関連記事>• 食肉加工工場の操業継続を命令 トランプ大統領は28日、国内の食糧供給を守るため、食肉加工工場の操業継続を命令した。 アメリカでは新型コロナウイルスのアウトブレイク(大流行)を受け、中西部の22カ所の食肉工場が閉鎖されている。 これに対し、トランプ大統領は朝鮮戦争時代の「1950年国防生産法」を適用し、工場の操業継続を命令した。 この日の大統領令では、「こうした工場閉鎖は全国の食肉サプライチェーンの継続的機能を脅かし、国家緊急事態の中で重要なインフラに打撃を与える」と説明。 その上で、「不要な閉鎖はすぐに、食糧のサプライチェーンに大きな影響を与えるだろう」としている。 政府当局は、労働省と協議し、65歳以上や基礎疾患のある労働者については引き続き自宅にとどまるよう要請するなどのガイダンスを策定すると述べた。 これまでに食肉工場などで約3300人が新型ウイルスに感染し、20人が亡くなっていると推定されている。 業界は歓迎、労組からは懸念も 食品大手タイソン・フーズのジョン・タイソン会長は26日、ワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズに「アメリカの食糧供給が崩壊し始めている」という一面広告を掲載した。 タイソンは現在、アイオワ州ウォータールーの豚肉加工工場を閉鎖している。 広告でタイソン氏は、「豚肉、牛肉、鶏肉の工場が短期間でも閉鎖に追い込まれたことで、サプライチェーンから何百万ポンドもの食肉が消えてしまった。 その結果、工場を再開するまではスーパーマーケットへの供給が限定されてしまうだろう」と訴えている。 一方で全米食品商業労働組合(UFCW)は、各企業が食肉工場の労働者に適切な防護具と新型ウイルス検査を提供するよう、トランプ大統領に要請した。 UFCWは声明で、「食糧供給に対する懸念は我々も共有しているが、今回の命令では、労働者の安全を最優先にすべきだ」と述べた。 また、今回の命令により、労働者が新型ウイルスに感染した場合、企業は法的補償を受けられるようになると指摘している。 BBCのジェシカ・ラッセンホップ記者は、食肉工場では従業員が接近して働かなくてはならないと指摘。 また、従業員の多くは移民で、低賃金かつ時給ではたらいていており、感染の危険があっても工場が再開されれば働かざるを得ない人たちだと報じた。 議会再開は延期へ アメリカの下院は28日、議会再開を延期すると発表した。 民主党が過半数を握る下院では、27日時点では予定通り議会を再開するとしていた。 しかし民主党のステニー・ホイヤー下院院内総務は、議員からの反発や医師の助言を受けてこの計画を破棄したと発表した。 ホイヤー下院院内総務はまた、議会のリモートワークの可能性を探る超党派グループが協議を進めていることを明らかにしている。 議会のあるワシントンは5月15日まで自宅待機命令が出ており、1日当たりの感染者数もなお増加傾向にある。 メリーランド州やヴァージニア州の郊外も含む首都周辺では、これまでに3万8000人以上の感染が確認されたほか、1600人以上が亡くなっている。 なお、共和党が過半数を握っている上院は5月4日の再開を見込んでいる。

次の

ブラジル感染者が80万人を突破: 新型コロナの国別感染者数(随時更新)

アメリカ 感染 者 数

1月20日には287名だった中国で感染者数は、翌日1月21日には300名を超え、さらに1月23日には600名弱になり、1月25日には1200名以上、その後も1900名、2700名、1月28日には4537名と、1月30日には6000人、1月31日には1万人弱となりました。 2月に入ってからも、2月1日にはついに10000人を超え11374人近く、2月2日は15000人弱、2月5日には20000人を超え、2月8日には30000人を超え、2月14日には60000人を超え、2月25日には7万人を超え、2月26日には8万人を超えました。 3月に入ってからは90000人を超え、3月7日には10万人、3月10日には11万人、3月12日には12万人を超え、3月15日には15万人を超え、3月19日には21万人を超え、3月21日には27万人、3月22日には30万人を超え、3月25日には40万人を超え、3月27日には50万人を超え、3月29日には60万人を超え、3月30日には70万人を超えました。 また4月に入って感染者は100万人、4月16日には200万人を超え、各国での 感染者が爆発的に増加しています。 まとめ 今回この記事では新型コロナウイルスの国別の感染者数・死者数についてや、世界の感染者数の推移についてまとめていきました。 新型コロナウイルスの 国別感染者数・死者数は中国だけでなく、世界全体でも感染が広がっている• 新型コロナウイルスの世界の 感染者数の推移は世界的に凄まじい勢いで増えており、今後も増えていくものと想定される あわせて読みたい 【募集】新型コロナウイルスで「集計・グラフ化してほしいこと」を募集します みなさまから「集計・グラフ化してほしいこと」を募集し、調べてわかることや手元のデータで集計できることであれば記事として発信していきたいと思います。 詳しくは以下の記事をご確認ください 現状で回復率の高い国って言うのは、コロナ上陸から時間が立ってるんだなーってことですよ。 どの国も、回復率と致死率足して100%にならんやろ?現状での回復率の単純比較は「結果が出てる人が多い」って事です単に。 この回復率から読み取れることがあるとすれば、発生源の中国に近い東南アジア諸国からコロナに罹患したんだろーなーって事です。 仮定として。 いままで新型コロナの侵入を許してなかったA国でコロナが確認されたとします。 集団感染が発生し、数日で感染者が増えました。 感染ルートは完全に判明しており、国内二次感染防御に成功。 幸い重症者もおらず、このままなら死者0名で水際阻止成功しそうです。 しかし、この架空の国、A国の回復率は0%です。 何故か。 患者が感染したばかりだから、全員まだ闘病中で、皆結果未確定で回復者がいないから、死亡率も0だけど回復率も0なんだよ。 逆に、罹患者全員重症で、将来的に死亡率100%になりそうなところで、実際に死ぬまでは死亡率0だよ。 貴重な情報、ありがとうございます。 こちら、パリ在住の日本人です。 感染者数について、検査で来ている人数は国ごとで異なりますから、人口10万人当たりのコロナ死亡者、という数字も国ごとに出してはいかがでしょうか? 感染者の数、回復率、は、検査で来ている数が違うために、多い少ないで単純に危険度は図れませんよね。 国によっては、回復率や死亡率を操作できるよう、検査数を増やしたり減らしたり、している可能性もあります。 我が国も人のことは言えませんが。。。 しかし、死亡者が出た場合は、ある程度の医療レベルの国では、かなり死亡原因を特定できていると思うのです。 ただし、中国のような領土の広い国では、主要都市ごとでの10万人当たりの死亡者、で出すと、危険度がわかるように思います。 可能であれば 私も手元で計算してみたら、イタリアなどは大変な数字になりました。 ぜひ、ご検討ください。 また、各国の対策情報、など、掲載されていると非常にありがたいです。 これからもよろしくお願いします! 検査数もわかっていないと本当の感染者数がわからないのでは。 ドイツでは、1日6万件の検査をしているので感染者数も多い。 ドイツ政府は、近く1日20万件までできるようにすると言っている。 それに比べ、日本は2千件もしていない、検査を日本の100倍以上している国とどう考えても感染者数を比較できない。 この統計を見て、日本の感染者が少ないと楽観的に考える人が出てくるのがとても不安。 また、少ない検査数では、欧米のようなオーバーシュートが起きるわけがない、オーバーシュートが起きるほどの検査数をしていないのだから。 検査数もわかれば載せて欲しい。 また、他国は検査を100倍しても医療崩壊が起こらないのは奇跡なのか。 今の日本は医療体制ではなく政治に問題があるのでは? 日本(都道府県別)のサイト情報とこちらのデータをEXCELにコピペし、日々時系列で状況を確認しています。 しかし、これはあくまで新型コロナと判断されての数値です。 他国の検査数と比較し、極端に少ない日本は隠れた感染者、死亡者が多いのではないでしょうか。 肺炎で亡くなられる方が年間12万人ほどと思いますが、 そこに検査できていない新型コロナ感染者が含まれているように思えてなりません。 感染経路不明で終わらせる限り、加速度的に新たな感染者が増える状況にあると思います。 自粛行動以上にまずは判明した感染者に接触された方を全て検査し、 隠れた感染者の発見を優先する必要があると思います。 今までのまま保健所任せの検査では不可能なので、急ぎ専門組織を整備する必要があると思えてなりません。

次の

死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜ 2年前はなんと6万人以上が亡くなっていた

アメリカ 感染 者 数

米国(アメリカ)でインフルエンザの年間死者数 世界最先端の医療技術を誇っているアメリカですが、インフルエンザの年間死者数は、 WHO世界保健機関の統計によると年間1万2千人もの死者数を出しているそうです。 2020年1月末から日本で噂になった新型肺炎や新型コロナウイルスといったキーワードが見られます。 日本でも毎年1000人は、インフルエンザで死亡する方が見えるみたいですが、アメリカのデータと比較すればまだ良いほうだと思います。 2020年の2月11日現在で、アメリカでは報道によれば、 2019年~20年シーズンでインフルエンザ患者数が2200万人にもなり、死者数が1万2千人以上になったと米国メディアに報じられています。 過去最高の規模のインフルエンザ死者数は、 2017~18年のインフルエンザ患者数4500万人で死者数が6万1000人が死亡したと報じられています。 米国でのインフルエンザの流行は、10月頃から始まり5月頃に終息します。 今年の2019~20年は、過去最高の死者数が出るかもしれないという報道です。 米疾病対策センター(CGC)の報道によれば、昨年の累計で2200万人にも達し、すでに1万2000人が死亡したと報じられています。 このペースは過去最高のペースになるかもしれないということです。 しかし、なぜこれほどの人数が死亡するのでしょうか? アメリカって世界1の経済大国です!! 日本でもアメリカ経済にがっぷりよつですから、アメリカがくしゃみをするだけで風邪をひいてしまうようなくらい経済的打撃も大きいです。 そんなアメリカが多数の死者数をだすインフルエンザを克服できないのでしょうか? 違った視点でも考えてみたいです!! アメリカの医療保険制度 アメリカの医療事情は、とても医療費が高額です。 特に アメリカ人は、全国民に公的医療保険制度がないですから 雇用主が提供する民間医療保険に加入しているかどうかで治療が左右されます。 特に、この 民間医療保険に入っている方は約6割程度の国民だけだそうです。 その他には、 65歳以上の高齢者や65歳未満の障害者などをカバーするメディケイドという公的医療保険がそれぞれ約15%くらいの比率だそうです。 さらに、 個人で購入する医療保険や軍人向け公的医療保険トライケアなどがあるそうです。 ちなみにハワイでは、盲腸の手術が300万円くらいかかるみたいです!! このくらい高額請求されますから、海外旅行や海外渡航の時にはきちんと損害保険に入っていくことがベストだといえます。 金額から見ても1億円くらいの保証がないと万が一の時には大変です!! こうした例をみてみると、 アメリカで無保険の人たちは、高額すぎて病院にいけないという残酷な結果になります。 ですから、毎年多くのインフルエンザの死者をだすというわけです。 仮に全員、日本の国民皆保険がありきちんとした医療を受けられるとしても結果は、変わらないかもしれません。 しかし、この数字は、一応問題を考えさせてくれる事実と言えます!! インンフルエンザ関連のつぶやき アメリカのインフルエンザに関するツイッターのつぶやきです!! 中国 コロナウイルス 🆚 アメリカ インフルエンザ どちらが最強か? 現在、死者数でアメリカ優勢😩 外務省、アメリカでのインフルエンザ流行でスポット情報 12,000人死亡 — TRAICY(トライシー) より — Masa HorieMasatoshi 報道では、アメリカのインフルエンザのことが述べられています。 【大流行】米国でインフルエンザ猛威、死者が1万2千人に 昨年10月以降の累計で、患者数は2200万人となった。 米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも1万2千人以上が死亡。 — ライブドアニュース livedoornews とにかく、アメリカではインフルエンザが大流行中みたいです!渡航の際は気をつけましょう!! 新型肺炎COPID-19による最大の被害国に!!アメリカ合衆国では過去最大の感染者数!! 国名 累計患者数 死亡者数 新規患者数 アメリカ合衆国 560433名 22115名 113名 2020年4月13日現在のアメリカ合衆国の新型コロナウイルスによる被害状況です!! ようやく、新規患者数が減少し始めたところです。 前日までは、数千人規模での新規患者数が拡大していました。 都市封鎖や緊急事態宣言がある一定の効果が出始めているところです!! しかし、残念なことにおそらく高齢者とは思われますが、すでに死亡者数が2万2千人を超える過去最大規模のパンデミックになっている事実があります。 「はっきり言って、怖い。 今は入院してくる患者さんが20~40代ばかりだからです」「日本の方々は『遠い国の出来事』と思われているかもしれませんが……」。 斎藤孝医師が語る、アメリカの新型コロナの現状です。 累計患者数・・・1507773名 現在病気中・・・1078428名 死亡者数・・・90113名 治癒者数・・・339232名 致死率・・・5. 98% となっています!! コロナウイルスのオーバーシュート現象が見られ、過去に比類なき新型コロナウイルス感染症としてアメリカ合衆国で依然として猛威をふるっています!! アメリカ合衆国では、3密を防ぐための試みが見られます!! 大学などの卒業式の風景です!! ドライブスルーで卒業式 大学の卒業シーズンを迎えたアメリカでは、新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、学生が車に乗ったまま卒業証書を受け取るドライブスルー方式の卒業式が行われています。 アメリカなど海外旅行時には保険が付帯のカードがあれば便利です!! 海外では、旅行時に見当もつかないトラブルに巻き込まれる場合もあります!!そして、前述したとおり国によっては医療費が相当高額な国もたくさんあります!! 国によっては、外国人が国民健康保険適用外の場合がほとんどでとにかく保険適用がない場合がほとんどです。 そんな時の為に、旅行時に傷病保険に入りますか?と言われる場合が多いです!! 2泊3日、3泊4日程度なら入らなくても大丈夫だろう?と思っていたら緊急のトラブルが発生!! なんてこともあります。 そんな時には、クレジットカードの海外付帯保険も利用すれば便利です。 UCSゴールドカード このように海外旅行に行く場合は、高額の医療請求が当たり前の国が多数あります!! そんな時には、もしもの時に安心なのがクレジットカードに付帯されている海外旅行保険です!! UCSのゴールドカードなら初年度年会費無料!2年目から3240円税抜き~というお得なゴールドカードです!! 海外旅行時には UCSゴールドカードで旅行代金を決済すれば、自動的に海外旅行保険が付帯してきます!! 補償内容 金額 傷害死亡・後遺障害 5000万円 傷害治療費用 200万円 疾病治療費用 200万円 個人賠償責任 2000万円 携行品損害(免責3千円) 50万円 救援車費用 200万円 ・保険期間:ご旅行出発日より3か月間 ・携行品損害は、保険金請求時に上記の自己負担額があります。 ・携行品損害は1年間の補償限度額が50万円となります。 となっています。 さらに、日本出入国のために、時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージツアーの料金をプラチナ・カードにてお支払いになられた場合、傷害死亡・後遺障害保険金額最高 1 億円の補償が適用されます(表記は基本カード会員様ご本人の補償額となります)。

次の