九州 自動車 道 情報。 南九州西回り自動車道の概要 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所

高規格幹線道路 西九州自動車道 佐賀国道事務所

九州 自動車 道 情報

地域の活力ある未来のために 全国的な自動車の高速交通の確保・主要拠点間の連絡強化を目的として、昭和62年6月の道路審議会答申及び第4次全国総合開発計画に基づき、全国で14,000kmの高規格幹線道路網が計画されました。 この幹線道路により、地方中枢・中核都市、地域の発展の核となる地方都市及び周辺地域等が概ね1時間程度で連絡可能となります。 人・街・自然がグ~ンと近くなる 西九州自動車道は高規格幹線道路網の一環として、福岡市から唐津市・伊万里市・佐世保市を経て武雄市に至る延長約150kmの自動車専用道路で、九州北西部の地域経済の活性化、高速走行の定時制の確保に大きく寄与するものです。 4km (うち佐賀県側9. 4km) 20. 1km 20. 6km 20. 2km (うち佐賀県側10. 1km) 12. 0m 2車線 部分供用中 事業箇所名をクリックすると詳細ページが表示されます.

次の

南九州西回り自動車道の概要 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所

九州 自動車 道 情報

インフォメーションコーナー• 老眼鏡の貸し出し• 無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fi」• 無線LANサービス「docomoWi-Fi」• ウェルカムゲート• ハイウェイオアシス• ハイウェイスタンプ(記念スタンプ)• 郵便ポスト• バス乗務員休憩室• 携帯電話充電器• 喫煙ルーム• FAX・コピーサービス• 宅配便受付• 宅配サービス 持込不可• デジタルプリントサービス• キャッシュコーナー• ティーサービス• スマートIC• Edy• Edyチャージャー• ETC利用履歴発行プリンター• ベビーコーナー• ベビーカーの貸し出し• KIDSコーナー• 遊具施設• レストラン• スナックコーナー・フードコート• 専門店(その他)• カフェ• ベーカリー• ハイウェイホテル• シャワーステーション• コインランドリー• マッサージチェア• ショッピングコーナー• 宝くじ• プロスポーツグッズコーナー• 生鮮野菜直売場「やさい村」• コンビニエンスストア• ファミリーマート• ミニストップ• ローソン• デイリーヤマザキ• ポプラ• セブン-イレブン• 出光興産 株• ENEOS 株• 出光興産 株 「シェル」• エクソンモービル 有• 東燃ゼネラル石油 株• 太陽石油 株• 株 西日本宇佐美• エネクスフリート(株)• 株 ENEOSウイング• 総合エネルギー株式会社• 西フリート株式会社• EV急速充電スタンド• トイレ情報• パウダーコーナー• ECOトイレ• おむつ交換台• 身体障がい者用駐車スペース• 身体障がい者用トイレ• オストメイト対応トイレ• 車いす貸し出し• AED自動体外式除細動器• 災害対応型自動販売機.

次の

九州自動車道おすすめ【SA/PA】上り下り別ランキング

九州 自動車 道 情報

概要 [ ] 高速自動車国道としての路線名(正式名)である「鹿児島線」の全区間に相当する。 宮崎県えびの市以北では「九州縦貫自動車道宮崎線」との重複区間でもあり 、 JCT 以南ではとの重複区間でもある。 の中央部よりやや西側を、南北にほぼ直線に貫く形でされており、大部分がやなどと並行する。 ただし、の以南は沿岸を通過する国道3号や、とは離れて、九州自動車道は、、直下をで貫く短絡ルートとなっている。 なお、八代海沿岸にはが九州道から分岐する形で建設されている。 九州を南北に縦貫する高速道路として機能しており、加えて、、宮崎自動車道など東西方向の高速道路と接続することで九州本土の各主要都市を相互に連絡する高速交通網としても機能している。 また、の基幹道路となる - 間は全区間でが4万台以上で、場所によっては10万台を超える。 インターチェンジなど [ ]• 路線名の特記がないものは。 無印はBSなし。 英略字は以下の項目を示す。 IC:、SIC:、JCT:、SA:、PA:、TB:、BS:、TN: IC 番号 施設名 接続路線名 起点 から 備考 所在地 E2A 1 0. 0 - - 4. 4 北九州JCT方面出入口 - - 6. 2 - - 11. 4 2-1 E10 16. 5 - 3 20. 1 - - 36. 3 下り線のみ PAと鞍手ICの相互利用不可 4-2 (市道経由) 42. 1 福岡方面出入口 5 県道9号室木下有木若宮線 45. 5 6 () 57. 7 - - 58. 9 - - 90. 1 - - 味坂SIC - 事業中 福岡県 - 宮の陣BS - 102. 6 - - 128. 0 - - 138. 7 13 146. 0 - - 162. 2 - - 165. 2 - - 174. 3 15-1 176. 4 - - 177. 7 - 上益城郡 16 183. 6 - 八代IC方面のみ接続 - - 222. 1 - 廃止 19-1 255. 8 人吉南BSを移設予定 - 国道219号 256. 2 1995年7月27日廃止 - - 256. 9 20 274. 4 - - - 281. 0 23 県道55号栗野加治木線 296. 0 - - 302. 7 - - 308. 8 25-1 25 E78 東九州自動車道() 国道10号() 県道55号栗野加治木線 317. 5 - - - 322. 6 SICは加治木JCT方面入口なし 加治木JCT方面入口は事業中 26 326. 2 - - 330. 8 - - 336. 7 - 28 国道3号 341. 9 鹿児島IC方面 加治木JCT方面 - - 342. 2 キロポストは346. 3KPまで () 歴史 [ ]• (40年) 「」施行により北九州市・熊本市間が「 高速自動車国道九州自動車道福岡熊本線」として指定される。 (42年) 「」施行により北九州市・鹿児島市間が「 九州縦貫自動車道鹿児島線」として指定される。 (46年) 九州自動車道 植木IC - 熊本IC間開通。 (昭和47年) 南関IC - 植木IC間開通。 (昭和48年)• 鳥栖IC - 鳥栖JCT - 南関IC間開通。 加治木IC - 薩摩吉田IC間開通。 (昭和50年) 古賀IC - 鳥栖JCT間開通。 (昭和51年)• としてえびのIC - えびのJCT - 高原IC間開通。 熊本IC - 御船IC間開通。 溝辺鹿児島空港IC - 加治木IC間開通。 (昭和52年)• 若宮IC - 古賀IC間開通。 薩摩吉田IC - 鹿児島北IC間開通。 (昭和53年) 御船IC - 松橋IC間開通。 (昭和54年) 八幡IC - 若宮IC間開通。 これにより、から関門橋、を経由して松橋ICまでが高速道路で結ばれる。 (昭和55年)• 松橋IC - 八代IC間開通。 栗野IC - 溝辺鹿児島空港IC間開通。 (昭和56年) えびのJCT - 栗野IC間が開通し、宮崎自動車道えびのIC - えびのJCT間を九州自動車道に編入。 (昭和58年) 中国自動車道全線開通により、(または)、、中国自動車道、関門橋、北九州道路、北九州直方道路を経由して東京から八代ICまでが高速道路で結ばれる。 (昭和59年) 門司IC - 小倉東IC間開通により関門橋と直結。 (昭和60年) 長崎自動車道(当時は九州横断自動車道)佐賀大和IC - 鳥栖IC間開通にあわせ、九州自動車道鳥栖IC - 鳥栖JCT間を長崎自動車道に編入。 (昭和62年) 鳥栖JCTで大分自動車道と接続。 (昭和63年)• 鹿児島北IC - 鹿児島IC間開通。 小倉東IC - 八幡IC間の開通により、北九州道路・北九州直方道路経由が解消される。 鹿児島ICで南九州西回り自動車道と接続。 (元年) 八代IC - 人吉仮出入口間開通。 (平成4年) 加治木ICで隼人道路(東九州自動車道に)と接続。 (平成5年)3月31日 新門司IC開通。 (平成7年) 人吉仮出入口 - えびのIC間開通()により 全線開通。 これにより、を経由して - 鹿児島間(約2170 km)が完全に高速道路によって結ばれた。 人吉本線料金所、人吉仮出入口廃止。 (平成9年)• 八代IC - 人吉IC間(肥後トンネルを除く)4車線化。 鳥栖JCT - 久留米IC間6車線化。 (平成10年)• 広川IC開通。 3月31日 筑紫野IC開通。 八代JCT開設により南九州西回り自動車道と接続。 (平成11年)• 益城熊本空港IC開通。 肥後トンネル前後区間を4車線化。 (平成13年)• えびのPA - えびのIC間4車線化。 加治木JCT開通により、加治木ICの接続部を廃止し加治木JCTで東九州自動車道と接続。 (平成14年)7月27日 人吉IC - えびのIC間(加久藤トンネルを除く)4車線化。 (平成16年)• 人吉IC - えびのIC間4車線化により、 全線が4車線以上で完成。 須恵PAスマートIC開始。 (平成18年)• 北九州JCT開通により東九州自動車道と接続。 須恵スマートIC本格運用開始。 (平成21年)• 3月29日 みやま柳川IC開通。 により須恵PA - 太宰府IC(77. 6KP)に法面土砂が崩落し、福岡IC - 太宰府ICが通行止めになる。 に速度規制および厳しい付きで通行再開。 (平成23年)• 鞍手IC開通。 宮田スマートIC開通。 (平成26年)• 嘉島JCT開通によりと接続。 宇城氷川スマートIC開通。 熊本地震により崩壊した本線車道(嘉島JCT-益城熊本空港IC)• (平成28年)• 4月14日 熊本地方を震源とするマグニチュード6. 5(暫定値)の地震が発生(前震)。 のり面の崩落や路面陥没など甚大な被害を受け、南関IC - えびのIC間が通行止めとなる。 この日までに被害が大きかった益城熊本空港IC - 松橋IC間を除き、通行止めを解除。 未明に熊本地方を震源とするマグニチュード7. 3(暫定値)の熊本地震の本震が発生。 通行止めの区間が植木IC - 八代IC間に拡大。 植木IC - 益城熊本空港IC間の通行止めを緊急車両に限り解除。 ただし熊本ICは緊急車両も出入りできない。 嘉島JCT - 八代IC間の通行止めを解除。 植木IC - 嘉島JCTの通行止めを解除。 本線の一部で対面通行区間や速度制限、熊本ICで通行制限が残るものの、一部大型車両を除き九州道の全線で通行可能に。 熊本ICの通行制限を解除。 (平成29年)• 熊本地震の復旧工事による通行制限を解除し全線4車線で復旧。 城南スマートIC開通。 : 北熊本スマートIC供用開始。 : 桜島スマートIC(鹿児島IC方面出入口)供用開始。 : 人吉球磨スマートIC供用開始。 (令和2年) : 桜島スマートIC(加治木JCT方面出口)供用開始。 サービスエリア・パーキングエリア [ ] 売店は全てのサービスエリアと吉志PAから玉名PAまでの全てのパーキングエリアと緑川PA、えびのPA、溝辺PA上り線にある。 は桜島SA下り線(現在休止中)を除くすべてのサービスエリアに設置されており、山江SA、桜島SA以外は全て24時間営業。 レストランは山江SA以外のすべてのサービスエリアにある。 なお、上り線は古賀SA以北(東九州道を含む)の九州内のエリア、下り線は山江SA以南にガソリンスタンドのあるSA・PAはない(宮崎道も含めるとが最終となる。 また、夜間は宮原SAが最終となる)。 24時間営業の売店は桜島SA以外の全てのサービスエリアとコンビニ化されている直方PA(上り線)と鞍手PA(下り線)と須恵PA、さらに基山PAと玉名PAにあるコンビニエンスストアがある。 主なトンネル [ ] 肥後トンネル上り線入口 八代ジャンクション以北はトンネルが5箇所と少ないのに対し、八代ジャンクションからえびのインターチェンジまでの区間にトンネルが多くあり、うち八代ジャンクションから人吉インターチェンジまでの区間はトンネルが大小合わせて23箇所連続している。 えびのジャンクション以南は、3箇所のトンネルが存在する。 また、による延長5,000 m以上の長大トンネルは、八代ジャンクションから人吉インターチェンジまでの区間に(九州最長、日本国内11番目)、人吉インターチェンジからえびのインターチェンジまでの区間に(九州2位、日本国内12番目)がある。 このため、八代ジャンクションからえびのインターチェンジまでの区間は危険物積載車両の通行が禁止されている。 (小倉南IC - 八幡IC) : 上り線2,200 m 下り線2,177 m• (小倉南IC - 八幡IC) : 上り線3,590 m 下り線 3,596. 5 m• 塚原トンネル(御船IC - 松橋IC) : 335 m 下益城郡城南町(現在の熊本市南区)の計画ルート上にと遭遇したときには、遺跡保存のためにに変更する対応が取られ、工事費が26億円増加し供用開始が2年遅れた。 (八代JCT - 人吉IC) : 上り線1,194 m 下り線1,195 m。 八代側から1本目。 (八代JCT - 人吉IC) : 上り線1,954 m 下り線2,030 m。 八代側から2本目。 (八代JCT - 人吉IC):上り線643 m 下り線629 m。 八代側から13本目。 人吉市の酒造会社・の「白岳しろ」の広告に登場する。 (八代JCT - 人吉IC) : 上り線6,331 m 下り線6,340 m (九州地方で最も長いトンネル、全国11番目の延長)八代側から15本目。 (八代JCT - 人吉IC) : 上り線1,801 m 下り線1,777 m。 八代側から23本目。 (人吉IC - えびのIC) : 上り線6,255 m 下り線6,264 m(九州自動車道で2番目に長いトンネル) 八代JCT - えびのICは危険物積載車の通行が禁止されており、該当する車両は国道3号または、、南九州自動車道などを経由してしなければならない。 (えびのIC-栗野IC):上り線1,910 m 下り線1,905 m• (鹿児島北IC-鹿児島IC)461 m• (鹿児島北IC-鹿児島IC):上り線828 m 下り線882 m トンネルの数 [ ] 区間 上り線 下り線 門司IC - 小倉東IC 1 1 小倉東IC - 八幡IC 2 2 八幡IC - 若宮IC 1 1 若宮IC - 御船IC 0 0 御船IC - 松橋IC 1 1 松橋IC - 八代JCT 0 0 八代JCT - 人吉IC 23 23 人吉IC - えびのIC 1 1 えびのIC - えびのJCT 0 0 えびのJCT - 栗野IC 1 1 栗野IC - 鹿児島北IC 0 0 鹿児島北IC - 鹿児島IC 2 2 合計 32 32 全線でのトンネル数は、八代JCTと人吉ICの区間は九州道で一番長い肥後トンネルも含め、合計で23本と連続でトンネルを通過する。 これは、九州道の全トンネル数の3分の2以上を占める。 このため、八代IC - 人吉ICは距離が38. 5 kmあり、日本の高速道路でIC区間距離が最長とされている。 主な橋 [ ] 一級河川に架かる橋、道路上に案内表示がある橋を掲載する。 橋(八幡IC - 鞍手IC):500m• 山陽新幹線遠賀川橋梁と並走• 水城高架橋(太宰府IC - 筑紫野IC):700m• 案内表示上は「水城堤」(下り線のみ)。 、、、、跡、を越える高架橋。 橋(鳥栖JCT - 久留米IC):390m• 橋(八女IC - みやま柳川IC):370m• 橋(南関IC - 菊水IC):240m• 橋(北熊本スマートIC - 熊本IC):240m• 御船川橋(御船IC - 城南スマートIC):160m• 橋(御船IC - 城南スマートIC):440m• 橋(宇城氷川スマートIC - 八代IC):270m• 第一橋(八代JCT - 人吉IC):370m• 球磨川第三橋(人吉IC - 人吉球磨スマートIC):480m• 橋(人吉球磨スマートIC - えびのIC):270m• 北九州高速道路事務所下関社屋 : 門司IC - 小倉東IC• 北九州高速道路事務所 : 小倉東IC - 福岡IC• 久留米高速道路事務所 : 福岡IC - みやま柳川IC• 熊本高速道路事務所 : みやま柳川IC - えびのIC• 宮崎高速道路事務所 : えびのIC-栗野IC• 鹿児島高速道路事務所 : 栗野IC-鹿児島IC ハイウェイラジオ [ ]• 古賀(若宮IC - 古賀IC)• 基山(筑紫野IC - 鳥栖JCT)• 北熊本(植木IC - 熊本IC)• 門司IC - えびのIC・鳥栖JCT - 鳥栖第一IC(区間平均) : 38,279台(前年度比99. えびのIC - えびのJCT : 14,884台(前年度比99. えびのJCT - 鹿児島IC・加治木JCT - 加治木IC(区間平均) : 17,259台(前年度比98. 特に太宰府IC~鳥栖JCTまでの区間交通量がの高速道路にしては特に多く、方面から九州道方面の他、長崎道方面と大分道方面の利用車で集中するためであり、この関係で区間内の基山PAに関しては、SAと同等の規模となっている。 八幡IC~福岡ICまでの区間も、太宰府IC~鳥栖JCTに次いで交通量が多く、九州道の通し利用車に加え、福岡市から北九州市までの利用車が九州道のこの区間だけを通行する傾向が殆どのためである。 八幡ICから鳥栖JCTまでの休憩施設は、交通量が特に多いため、直前に休憩施設混雑情報板が設置されている。 地理 [ ] 通過する自治体 [ ]• ( - - - ) - - - - - - - 糟屋郡 - () - 糟屋郡 - 糟屋郡 - 糟屋郡 - - -• 福岡県• - - - - - -• - 玉名郡 - - () - - - 熊本市(北区 - ) - - 上益城郡 - 上益城郡 - 上益城郡 - 熊本市() - 上益城郡甲佐町 - 熊本市(南区) - - - - -• - - - 接続する高速道路 [ ]• , p. 標識編4-12. , p. 標識編4-15. 西日本高速道路株式会社. 2017年4月21日閲覧。 国土交通省道路局 2018年8月10日. 2018年8月10日閲覧。 国土交通省 九州地方整備局 福岡国道事務所. 2017年4月18日閲覧。 合志市. 12 2017年1月. 2017年4月18日閲覧。 城南町合併特例区協議会. 4 2012年12月1日. 2017年4月19日閲覧。 人吉市 2014年10月2日. 2017年4月20日閲覧。 人吉市. 2017年4月20日閲覧。 国土交通省九州地方整備局・人吉市・人吉・球磨スマートインターチェンジ整備促進協議会・西日本高速道路株式会社 2019年6月28日. 2019年6月28日閲覧。 鹿児島県. 2017年4月20日閲覧。 鹿児島県. 2017年4月20日閲覧。 国土交通省 九州地方整備局. 2 2013年6月11日. 2017年4月21日閲覧。 姶良市 2015年3月11日. 2017年4月21日閲覧。 に開通した 中央高速道路(現・)の区間のを破線(追い越し可能区間)で供用して正面衝突事故が相次いだため、からに営業路線名で「高速道路」の名称使用を自粛するよう要請があり、暫定措置としてまで法定路線名をそのまま用いていたものの、開通後の名称は九州自動車道とされた。 『高速道路と自動車』1971年8月号• 高速自動車国道として青森 - 鹿児島間が完全に結ばれたのは、が全線開通した1997年(平成9年)10月1日である。 2014年1月24日閲覧。 株式会社 西日本新聞社 2016年4月15日. 2016年4月15日時点のよりアーカイブ。 2017年4月21日閲覧。 株式会社 日本経済新聞社 2016年4月18日. 2017年4月21日閲覧。 交通新聞社. 2016年4月20日• 西日本高速道路株式会社 2016年4月29日. 2016年4月29日閲覧。 西日本高速道路株式会社 2016年6月24日. 2016年6月27日閲覧。 西日本高速道路株式会社 2017年4月25日. 2017年4月29日閲覧。 くまにちコム() 2017年4月29日. 2017年5月11日閲覧。 熊本市・西日本高速道路株式会社 2017年5月25日. 2017年5月25日閲覧。 熊本市・合志市・西日本高速道路株式会社 2019年2月12日. 2019年2月12日閲覧。 姶良市・西日本高速道路株式会社 2019年2月25日. 2019年2月25日閲覧。 姶良市・西日本高速道路株式会社 2020年2月7日. 2020年2月7日閲覧。 , p. 219「埋蔵文化財との調整」 参考文献 [ ]• 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版。 武部健一『道路の日本史』中央公論新社〈中公新書〉、2015年5月25日。 東日本高速道路株式会社・中日本高速道路株式会社・西日本高速道路株式会社『設計要領 第五集 交通管理施設』株式会社高速道路総合技術研究所、2017年7月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 1-1• 4-1• 4-2• 7-1• 8-1• 味坂SIC (事業中)• 10-1• 11-1• 14-1• 15-1• 16-1• 17-1• 19-1• (廃止)• 25-2•

次の