ハッカ 油 スプレー の 作り方。 ハッカ油スプレーの作り方~夏のマスクを少しでも涼しくしたい方へ | ユカイズ~巣ごもりの楽しみ方

ハッカ油マスクスプレーの作り方まとめ!無水エタノールのない場合の代用品は?口コミや感想も紹介! | monjiroBLOG

ハッカ 油 スプレー の 作り方

スポンサードリンク ハッカ油の虫除けスプレーに無水エタノールは必要か? とにかく虫が嫌いな私。 3月あたりから虫への警戒が始まり、ゴールデンウィーク、梅雨、夏と今年も長い長い 虫との戦いの季節がやってきました。 とはいうものの、こう見えても一応女子なので、殺虫成分がたんまりはいった虫除けを使いまくることにはそこそこ抵抗がある。 部屋中を殺虫剤成分だらけにするのも息苦しい気がするし、虫除けを自分にふりかけるのも体に悪そう。 しかも、体用の虫除けって独特の匂いがありますよね。 虫に刺されるのはイヤだけど、 常に虫除けの香りがする女ってどうなんだろう?? 色気もへったくれもないじゃないか・・・ ということで、目をつけたのが今話題の ハッカ油の虫除けスプレー。 聞いたところによると、 ハッカ油は自然成分だから体にも優しく、赤ちゃんや子どもにも安心して使えるとか。 殺虫成分入りの虫除けみたいな嫌な匂いもしない。 自然派で女子力もアップ? ということで、さっそくハッカ油の虫除けスプレーの作り方を調べてみる。 「蒸留や濾過やイオン交換などの手法で濃度を上げた、比較的純粋な水」 「精製水は科学実験の溶媒や、コンタクトレンズや医療用器具の洗浄など、雑菌が混入してもあまり影響がでない用途で使われる」 ってことなんだけど・・・結局、水道水と精製水ってどっちがきれいなんだ?と。 まぁ疑問は残るんだけど精製水の値段を調べてみると 500mlで100円程度と安い。 まぁこの値段だったら試しに買ってみてもいいかなと。 でも、細かいことを気にしなければハッカ油の虫除けスプレーは 水道水のみで作っても大丈夫そう。 東京の水道水はそのまま飲めるくらいきれいですからね。 うーん、使い道は多いとはいえ、本当に使うだろうか? ハッカ油スプレーも気に入れば何度も作るけど、今回試しに作ってみてイマイチだったら 二度と作らないだろうしなぁ・・・ ハッカ油の虫除けスプレーって絶対にエタノールがないと作れないのかな?? と思って調べてみると、 意外と エタノールなしでハッカ油スプレーを作っている人もいるよう! え?無水エタノール無しでもハッカ油スプレーって作れるの? と思ってハッカ油スプレーでの無水エタノールの役割を調べてみると、 無水エタノールは製油を溶かす性質を持っているのでハッカ油と水を混ぜた時に分離するのを防いでくれる役割をするとのこと。 ということはつまり、 精製水とはっか油が分離しててもいいなら無水エタノールはいらないってこと? ハッカ油の虫除けスプレーを使う前にボトルをよく振ればなんとかなる・・・よね? ということで、今回は 無水エタノールなしでハッカ油スプレーを作ってみることにした。 ちなみに、今回のハッカ油は西友などの薬売り場で買いました。 ハッカ油をどこで購入するのか?についてはふつうにマツキヨとかウェルシアとかドラッグストアに行けば売ってますよ。 ドラッグストアだとハッカ油のある売り場は精製水のそばや、絆創膏や消毒液の並び、あと夏だと入浴剤コーナーの近くにあることもあります。 ロフトとか東急ハンズだと夏になるとハッカの商品が集められた特設コーナーの売り場ができたりもしてます。 近所にお店がないなら楽天やアマゾンでもハッカ油は買えますよ。 ハッカ油スプレーの作り方をいろいろ見てみたけど ハッカ油20~60滴って、 人によってかなり差がある。 で、今回は無水エタノールを使わないから精製水100mlにしておく。 そこに何滴はっか油を垂らすかが悩みどころだ。 ちょっとずつハッカ油を加えていって、さすがに20滴だとちょっと少ないかなぁと。 でも、30滴入れたあたりでかなり強烈にはっかの香りが漂ってくる。 え?かなり匂いがきついけど大丈夫? ってか、ハッカ油も製油だから精製水で薄めてるとはいえ、あまり濃いものを吸いこんだりお肌に吹きかけたら危なくない? とビビリはじめ、今回は ハッカ油30滴でストップしておいた。 薄荷油60滴とかほんと大丈夫なんだろうか? で、精製水にハッカ油を垂らすとほんのわずかに白濁します。 エタノールなしなので確かに精製水にハッカ油が浮いたような、 水と油が分離した状態にはなっている。 でも スプレー容器をよく振れば一瞬は混ざったようになるのでまぁ大丈夫だろうと。 ちなみに、ハッカ油スプレーの容器に使ったのは100均で売ってるスプレーボトル。

次の

ハッカ油とアルコールで作る無害な滅菌&防虫スプレーの作り方

ハッカ 油 スプレー の 作り方

スプレーする前に「よく振って」お使いになってください。 「ハッカ油スプレー」作り方のポイント エタノールのフタを利用しています 販売メーカーで異なりますが、エタノールのフタの容量はおおよそ10mlで、小さじ(5ml)2杯分です。 わが家はスポイトがないのでエタノールのフタに原液を入れて、スプレー容器に移しています。 フタの口径が小さめですので、こぼすことなく結構うまく入ります(笑)。 無水エタノールの代わりに水道水でもOK 無水エタノールを使う理由は、ハッカ油(精油の成分)を溶けやすくするためです(ドレッシングのイメージですね。 ) エタノールの代わりに水道水を利用しても構いません。 ハッカの効能は? ハッカの葉っぱには「メントール」という強力な成分が含まれています。 このメントールの超ストロングな効果をご紹介いたします。 害虫の殺虫・忌避(きひ)効果 ハッカの成分は「虫を寄せ付けない効果」があると言われています。 ゴミ箱にハッカ油をスプレーしますと、ショウジョウバエを寄せ付けない効果があります。 また、暑い季節に家の中で発生しやすいハダニなどを寄せ付けず、殺ダニの効果があるとも言われています。 ハッカの独特な香りは、カメムシやマダニなどの害虫を寄せ付けない効果がありますので、家庭菜園の野菜や、ベランダの網戸にスプレーを吹きかけると良いでしょう。 抗菌効果 ハッカは昔から取り入れられているハーブで、湿布薬・ドロップ・風邪薬・かゆみ止め・歯磨き粉など、多くの医薬品に使われています。 ハッカは私たちの暮らしになくてはならない存在ですね。 覚醒効果・鎮静効果 昔、クールミントという板ガムがあったのをご存知でしょうか(今もありますか?)。 ハッカには覚醒効果と鎮静作用がありますので、眠気をやわらげたり、気持ちを落ち着かせる効果があります。 わが家は野生のハッカの葉を、生のままお風呂にたっぷり入れて、香りをかぎながらリラックスしています。 消臭効果 ハッカは消臭効果もありますので、玄関、トイレ、キッチンの水回りにスプレーしますと、家の中の独特なにおいをやわらげることが出来ます。 防腐効果 乾燥させたハッカの葉をたんすやクローゼットに入れておきますと、害虫を寄せ付けない効果と、防腐剤の役割を果たしてくれます。 ハッカ油の取り扱いで気を付けたい点 火気厳禁です ハッカ油スプレーは無水エタノールを使いますので、 火に近いところでは決して使わないようにしましょう。 無水エタノールをフローリングにこぼさないで 無水エタノールをフローリングにこぼしてしまいますと、 床のワックスの表面が溶けて白くなる場合があります。 取り扱いの際は、キッチンのシンクの中で作業をするなど、床に無水エタノールをこぼさないようにお気を付けください。 上の写真はカジトラがフローリングにこぼしてしまったものです。 白くなった床の対処法 水をふくませたメラミンスポンジ(げき落ちくん等)で白くなった部分をこすります。 これでだいたいは落ちますが、もしこれで修復できないようでしたら、食器用洗剤で同じように拭いてワックスを完全にはがしてみてください。 洗剤で拭いたあとは、水拭きをしっかり行います。 目に注意です ハッカは超ストロングな効能があるゆえに、「目がしみる」ことがあります。 スプレーなどする際は、お気を付けください。 革製品に吹きかけないで 変色する場合がありますので、革のカバンや靴などに吹きかけないようにしましょう。 虫よけ効果の持続について 身体に吹きかけて香りがしなくなってきましたら、再度スプレーします。 私は蚊に刺されやすい体質のため、こまめに吹きかけるようにしています。 スプレーの使用期限について ハッカ油スプレーは防腐剤を入れないため、1週間~10日をメドに使い切りましょう。 大量に作り置きができないのが少し難点ですね。 ハッカオイルの応用術 わが家のハッカ油の使い方をご紹介いたします。 ふきんの熱湯消毒に ふきんを熱湯消毒して絞って干す直前にハッカオイルを数滴(わが家は7滴ほど)垂らしますと、お湯で煮出したふきん独特のニオイの消臭になります。 ハッカの香りがふきんに付いて爽やかになり、熱湯消毒+殺菌効果になりますので、おためしになってみてください。 まとめ ハーブの中でも強力な効能があると言われている「ハッカ」。 手作りのハッカ油スプレーは防腐剤などの添加物を入れないナチュラル成分ですので、安心して使うことができます。 お財布と心身に優しいハッカ油を暮らしに取り入れてみられてはいかがでしょうか。 ASH薄荷ハッカエッセンシャルオイル 50ml.

次の

ハッカの効果とハッカ油スプレーの作り方|応用できる超ストロングなハーブの話

ハッカ 油 スプレー の 作り方

スプレーする前に「よく振って」お使いになってください。 「ハッカ油スプレー」作り方のポイント エタノールのフタを利用しています 販売メーカーで異なりますが、エタノールのフタの容量はおおよそ10mlで、小さじ(5ml)2杯分です。 わが家はスポイトがないのでエタノールのフタに原液を入れて、スプレー容器に移しています。 フタの口径が小さめですので、こぼすことなく結構うまく入ります(笑)。 無水エタノールの代わりに水道水でもOK 無水エタノールを使う理由は、ハッカ油(精油の成分)を溶けやすくするためです(ドレッシングのイメージですね。 ) エタノールの代わりに水道水を利用しても構いません。 ハッカの効能は? ハッカの葉っぱには「メントール」という強力な成分が含まれています。 このメントールの超ストロングな効果をご紹介いたします。 害虫の殺虫・忌避(きひ)効果 ハッカの成分は「虫を寄せ付けない効果」があると言われています。 ゴミ箱にハッカ油をスプレーしますと、ショウジョウバエを寄せ付けない効果があります。 また、暑い季節に家の中で発生しやすいハダニなどを寄せ付けず、殺ダニの効果があるとも言われています。 ハッカの独特な香りは、カメムシやマダニなどの害虫を寄せ付けない効果がありますので、家庭菜園の野菜や、ベランダの網戸にスプレーを吹きかけると良いでしょう。 抗菌効果 ハッカは昔から取り入れられているハーブで、湿布薬・ドロップ・風邪薬・かゆみ止め・歯磨き粉など、多くの医薬品に使われています。 ハッカは私たちの暮らしになくてはならない存在ですね。 覚醒効果・鎮静効果 昔、クールミントという板ガムがあったのをご存知でしょうか(今もありますか?)。 ハッカには覚醒効果と鎮静作用がありますので、眠気をやわらげたり、気持ちを落ち着かせる効果があります。 わが家は野生のハッカの葉を、生のままお風呂にたっぷり入れて、香りをかぎながらリラックスしています。 消臭効果 ハッカは消臭効果もありますので、玄関、トイレ、キッチンの水回りにスプレーしますと、家の中の独特なにおいをやわらげることが出来ます。 防腐効果 乾燥させたハッカの葉をたんすやクローゼットに入れておきますと、害虫を寄せ付けない効果と、防腐剤の役割を果たしてくれます。 ハッカ油の取り扱いで気を付けたい点 火気厳禁です ハッカ油スプレーは無水エタノールを使いますので、 火に近いところでは決して使わないようにしましょう。 無水エタノールをフローリングにこぼさないで 無水エタノールをフローリングにこぼしてしまいますと、 床のワックスの表面が溶けて白くなる場合があります。 取り扱いの際は、キッチンのシンクの中で作業をするなど、床に無水エタノールをこぼさないようにお気を付けください。 上の写真はカジトラがフローリングにこぼしてしまったものです。 白くなった床の対処法 水をふくませたメラミンスポンジ(げき落ちくん等)で白くなった部分をこすります。 これでだいたいは落ちますが、もしこれで修復できないようでしたら、食器用洗剤で同じように拭いてワックスを完全にはがしてみてください。 洗剤で拭いたあとは、水拭きをしっかり行います。 目に注意です ハッカは超ストロングな効能があるゆえに、「目がしみる」ことがあります。 スプレーなどする際は、お気を付けください。 革製品に吹きかけないで 変色する場合がありますので、革のカバンや靴などに吹きかけないようにしましょう。 虫よけ効果の持続について 身体に吹きかけて香りがしなくなってきましたら、再度スプレーします。 私は蚊に刺されやすい体質のため、こまめに吹きかけるようにしています。 スプレーの使用期限について ハッカ油スプレーは防腐剤を入れないため、1週間~10日をメドに使い切りましょう。 大量に作り置きができないのが少し難点ですね。 ハッカオイルの応用術 わが家のハッカ油の使い方をご紹介いたします。 ふきんの熱湯消毒に ふきんを熱湯消毒して絞って干す直前にハッカオイルを数滴(わが家は7滴ほど)垂らしますと、お湯で煮出したふきん独特のニオイの消臭になります。 ハッカの香りがふきんに付いて爽やかになり、熱湯消毒+殺菌効果になりますので、おためしになってみてください。 まとめ ハーブの中でも強力な効能があると言われている「ハッカ」。 手作りのハッカ油スプレーは防腐剤などの添加物を入れないナチュラル成分ですので、安心して使うことができます。 お財布と心身に優しいハッカ油を暮らしに取り入れてみられてはいかがでしょうか。 ASH薄荷ハッカエッセンシャルオイル 50ml.

次の