与える 類語。 与える(あたえる)の類語・言い換え

「与える」の用例一覧 例文検索 使い方:類語・類義語(同義語)辞典

与える 類語

「付与」の意味 「付与」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「付与」には、 「授け与える事」という意味があります。 「付与」という言葉を使って、授け与えるものは、基本的に何でも良く、一般的なものでは、家電量販店などで家電を購入した時のポイントなども 「付与」されます。 この場合は、 「家電量販店で4Kテレビを買って、1万円分のポイントを『付与』された」という文章になります。 また何かの権利などを、授け与える事もできます。 例えば、 「娘に代々続く老舗居酒屋の跡を継ぐ権利を『付与』した」などという文章を作る事もできます。 「授ける」【さずける】 「授ける」も 「付与」と似ている言葉です。 「授ける」には、 「上のものから、下の者に大切なものをあげる」という意味があります。 例えば会社の社長から従業員に、または校長先生から生徒へ、 「大切なものを」あげるという意味のある言葉です。 このように聞くと、 「授ける」と言われた時は、かなりいいものがもらえそうだとワクワクしそうです。 言葉の意味を知ると、もらえるもののグレードや種類なども分かるので、楽しい気持ちになるかもしれません。 「与える」も目上の人から目下の人へ、なにかをあげるという意味がありましたが、 「授ける」の方が、さらに目上の人からあげるという感じが強くなっています。 「付与」の言葉の使い方 「付与」という言葉をどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。 先ほど紹介しましたが、身近な所では、家電量販店の 「ポイント付与」が分かりやすい例になりそうです。 「付与」できるものは、基本的に何でもよく、目上の人から目下の人などの縛りもありませんので、自由に使う事ができます。 「付与」の意味と「賦与」の違い 「付与」と似た言葉に、 「賦与」という意味があります。 「賦与」は 「付与」と同じように、 「ふよ」と読みます。 読み方は全く同じで、意味もかなり似ている双子のような言葉です。 ただし、 「賦与」があげるものは、 「生まれつき天や神様が配り与えるもの」というルールがあります。 例えば 「生まれつきの才能」あるいは 「生まれつきの美貌」をあげる時は 「付与」ではなく 「賦与」となります。 「この女性は、信じられないくらい美しいルックスを『賦与』された」、 「彼は世界で並ぶものがいないくらいの優れた頭脳を『賦与』された」などという文章を作る事ができます。 「付与」と神様がくれる 「賦与」という言葉をセットで覚えておきましょう。

次の

授けるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

与える 類語

「付与」の意味 「付与」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「付与」には、 「授け与える事」という意味があります。 「付与」という言葉を使って、授け与えるものは、基本的に何でも良く、一般的なものでは、家電量販店などで家電を購入した時のポイントなども 「付与」されます。 この場合は、 「家電量販店で4Kテレビを買って、1万円分のポイントを『付与』された」という文章になります。 また何かの権利などを、授け与える事もできます。 例えば、 「娘に代々続く老舗居酒屋の跡を継ぐ権利を『付与』した」などという文章を作る事もできます。 「授ける」【さずける】 「授ける」も 「付与」と似ている言葉です。 「授ける」には、 「上のものから、下の者に大切なものをあげる」という意味があります。 例えば会社の社長から従業員に、または校長先生から生徒へ、 「大切なものを」あげるという意味のある言葉です。 このように聞くと、 「授ける」と言われた時は、かなりいいものがもらえそうだとワクワクしそうです。 言葉の意味を知ると、もらえるもののグレードや種類なども分かるので、楽しい気持ちになるかもしれません。 「与える」も目上の人から目下の人へ、なにかをあげるという意味がありましたが、 「授ける」の方が、さらに目上の人からあげるという感じが強くなっています。 「付与」の言葉の使い方 「付与」という言葉をどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。 先ほど紹介しましたが、身近な所では、家電量販店の 「ポイント付与」が分かりやすい例になりそうです。 「付与」できるものは、基本的に何でもよく、目上の人から目下の人などの縛りもありませんので、自由に使う事ができます。 「付与」の意味と「賦与」の違い 「付与」と似た言葉に、 「賦与」という意味があります。 「賦与」は 「付与」と同じように、 「ふよ」と読みます。 読み方は全く同じで、意味もかなり似ている双子のような言葉です。 ただし、 「賦与」があげるものは、 「生まれつき天や神様が配り与えるもの」というルールがあります。 例えば 「生まれつきの才能」あるいは 「生まれつきの美貌」をあげる時は 「付与」ではなく 「賦与」となります。 「この女性は、信じられないくらい美しいルックスを『賦与』された」、 「彼は世界で並ぶものがいないくらいの優れた頭脳を『賦与』された」などという文章を作る事ができます。 「付与」と神様がくれる 「賦与」という言葉をセットで覚えておきましょう。

次の

影響を与えるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

与える 類語

上位の者から下位の者への移動の場合に用いられる。 「損害を与える」のような、不利益な影響をもたらす表現でも使われる。 また、「問題を与えて考えさせる」のように、相手に何かを課す意味でも使われる。 硬い表現で用いられることが多い。 2 「授ける」は、上位の者が、貴重なものやすぐれた技術などを、下位の者に移動し、所有させる意。 受身形「授けられる」に相当する語に「授かる」がある。 「子宝を授かる」 3 「恵む」は、困っている者を哀れんで、いくらかの金品をその者に移動し、所有させる意。 「恵んでやる」「恵んでもらう」「恵まれる」などのように、授受の動詞をともなった形や受身の形で用いられることが多い。 4 「施す」は、弱い立場にある人に、無償で利益となる物事をもたらす意。 植物に対しての肥料などの移動にも使われる。 「改訂を施す」「漢字にふりがなを施す」「策を施す」のように、なんらかの効果が現れるように、何かを付け加えることや行なうことの意味もある。 5 「やる」は、同等以下の者へ金品を移動して所有させる意。 動植物へのえさや肥料などにも使われる。 「子供を使いにやる」「手紙をやる」のように、人や物を単にある場所に移動させる意でも使われる。 6 「差し上げる」は、下位の者から上位の者へ物品を移動する意で、謙譲語として使われる。 「あげる」も、本来謙譲語として用いられたものであるが、現代では、丁寧語として対等または目下の者への移動に用いられることが多くなっている。 7 「くれる」は、同等以下の者から表現者やその近親の者へ物品を移動する意で使われる。 8 「くださる」「賜る」は、上位の者から表現者やその近親の者へ物品を移動する意で使われる。 ともに「くれる」の尊敬語として使われるが、敬意は「賜る」のほうが高い。 「賜る」は、もらう意の謙譲語としても使われる。 9 「やる」「くれる」「くださる」は、「友達にノートを見せてやった」のように、動詞の後に「て」をはさんで接続し、動詞の表わす行為にともなう利益の移動の意味を添えることも多い。 「くれてやる」は、話し手が相手を見下して何かを相手に移動し所有させる意。 「そんなもの、いくらでもくれてやる」 不快な何かを強要する の意• 持つこと、とることを許容する の意• 起因すると考える、または与える の意• 食物を与える の意• 喰らわせる• 喰らわす• 喰わせる• 喰わす• 食せる• 喰せる• 通る原因 の意• 具体的な何かの移動所有または誰かへの要約 の意• 差しあげる• 所有物、または管理を放棄する の意• 受渡す• 受けわたす• 投げだす• 受け渡す• 明渡す• 情報を伝達するか、明らかにする の意• 所有してもよい の意• 持たせる の意• 聴き入れる• 聞きとどける• 聴入れる 特に名誉または報酬として、与える の意• プレゼント の意• 贈り物として、与える の意• 与える(医療として) の意• 返却として譲り渡す の意• 引き渡す; 他の物理的コントロールに対して、引き渡す、または放棄する の意• 特に正式に、授与する の意• 性質を与える の意• 何かの原因または源となる の意• 入り口を提供する の意• 技能か知識を分け与える の意• 受け伝える• 受伝える• 訓える• 受けつたえる• 鍛えあげる 具体的な何かの移動所有または誰かへの要約 の意• 差しあげる• 所有してもよい の意• 持たせる の意• 聴き入れる• 聞きとどける• 聴入れる 特に名誉または報酬として、与える の意• プレゼント の意• 特に正式に、授与する の意•

次の