税 の 作文 パクリ ばれる。 パクリ作文 入賞してしまったら・・・

著作権フリー!! 自由に使える税金作文

税 の 作文 パクリ ばれる

ぜひ、お気軽に税の作文をダウンロードしてみてください。 税の作文、パクリ3枚をするなら当サイトで。 他サイトの税の作文がパクリできない理由 外のサイトの税の作文はパクリをすることができません。 すぐにパクリだとばれてしまうからです。 ばれてしまったら最後、それは税の作文とは言えません。 提出もしたことにはならないでしょう。 そこで当サイトの税の作文の出番です。 当サイトの税の作文は一つ一つオリジナルです。 ダウンロードした後は自由に使うことができますので、ぜひダウンロードしてみてくださいね。 税の作文、ダウンロードできます! 当サイトは、税の作文をダウンロードできるサイトです。 税の作文は一覧から好きなものをダウンロードし、印刷してもOKです。 当サイトで配布している税の作文は当サイトが独自に作成したものなので、安心です。 このコラムを読んでいる人は、こんなコラムも読んでいます。•

次の

詫び状の書き方教室〜税金作文パクリがばれた編〜

税 の 作文 パクリ ばれる

Q 夏休みの社会の宿題で、 「税についての作文」というものがでました。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろう。 」と思ったこともありました。 そこで、税金の使われ方について調べてみました。 すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、 私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。 また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。 と考えてみると、 私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、 私たちはこれから安心して暮らしていけません。 税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、 私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。 他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、 ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、 医療費は今よりも高くなります。 これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。 そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。 今まで、「税について知りたい! 」とか「税金は必要だ。 」と思ったことは 一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、 税金は必要だと思いました。 私たちは、いつも「勉強したくないなあ。 」と思いながら学校に通っていますが、 こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、 税金があるからできるのだと分かりました。 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。 税金によって、私たちは色々な面で支えられています。 日本全国の人々が、税金を払い、 その税金によって、私たちは支えられています。 だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、 他の人たちを支えたいと思います。 夏休みの社会の宿題で、 「税についての作文」というものがでました。 一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか? 枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。 題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします! 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。 自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、 その消費税は、何かを買うと付いてくるし、 「税金なんかなくて良いのに。 なんで払うんだろ... A ベストアンサー 税についての詳しい知識は不要です。 身近にある税を考えてください。 スーパーやコンビニのレシートを見てください。 これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。 スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。 また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。 会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれているのかを聞けば、年間どのくらいの負担があるのかを知ることができます。 また、郵便貯金をされていませんか。 毎年利子がついていますが、税金が差し引きされています。 通帳で確認されます。 このような、税金があることを知って、これを支払うことに対する感想を書かれればいいと思います。 そして、その使い道を考えてください。 質問者様の学校は、公立の学校でしょうか? 授業料は無償ですね。 学校の建設費用、電気代、先生の給料などは、税金で負担されています。 私立の中学でも、生徒からの授業料のほかに補助金が税金からでているはずです。 また、公立でも私立でも、教科書は税金で負担されています。 (小学校の時に先生に言われた言葉を覚えています。 しっかり勉強しろ。 」) ほか、道路、警察、消防署、公園など身近な施設を想像してください。 税金がない世界であれば、今税金でまかなっているものはどうなるのかを想像してください。 そうすると文章が書けると思います。 また、実は、国の収入のうち、半分以上は借金です。 これは、だれが返済するのでしょうか。 今の年寄りは、返済せずにこの世を去ります。 返済するために新たな借金をするなどして、返済を遅らせれば、ご両親の世代も返済せずにこの世を去ります。 そうなれば、返済するのは、中学生である質問者様たちになるかもしれません。 このあたりのことは、書いても書かなくてもいいですが、知っていれば、いろいろ税について考えることができると思います。 夏休みも、あと2週間! がんばってください。 税についての詳しい知識は不要です。 身近にある税を考えてください。 スーパーやコンビニのレシートを見てください。 これは、買い物の時に商品代のほかに5%の消費税をスーパーやコンビニに払っているのです。 スーパーやコンビニは、この消費税を国に収めています。 また、お父さんやお母さんが、会社とかに勤めていらっしゃるのであれば、そのお給料からは所得税や住民税が差し引きされていると思います。 会社とかに勤めていらっしゃるのでしたら、月にどのくらい引かれてい... A ベストアンサー 税金がないなら……と考えてみましょう。 外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。 天下りもなくなります。 しかし、警察も消防もなくなります。 ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。 殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。 病人は救われずに死んでいきます。 裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。 そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。 最近は、福祉についても税金が必要です。 生活保護、公的年金、健康保険、労災保険、等々、社会福祉に関する税金は税の使い道のかなりの部分を占めます。 所得税、相続税については、「所得再分配」という観点から必要になります。 中には、竹中平蔵のように「国民一律の人頭税にすべき」という意見もありますが、それでは富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなることは間違いありません。 払える人は払える分を払い、「公共のもの」をみんなで利用していこうとする、それが所得税のあり方です。 相続税も、努力しない者には払うことができません。 払えなければ物納、つまり土地で納めてもらいますから、一戸建てが持てない人も一戸建てが入手しやすくなるのです。 この点について、経済学者の野口悠紀雄が「相続税率100%」を提唱していました。 意義について、賛成です。 ちなみに、日本銀行は「日本銀行法」に基づく法人ですので、税金がなければそれ をコントロールする立法府・行政府もなくなり、存在意義を失います。 また、お金は日銀が作るものなどではありません。 現在出回っているお金は造幣局や印刷局などで作られたものではなく、銀行の信用創造によって作られているものが多くを占めます。 信用創造については、中学校の公民でやっているはずなので、省略します。 この手の思い込みが国民の間に多いことも、また事実のようです。 税金を払うぐらいなら日本銀行で、というのは、あまりにナンセンスですね。 日本銀行の職員の給与はどうしますか?(まあ、一応はジャスダックに日銀株が登録されているんですが)。 公務員の給与も日銀で払え、ということですか? そうすると、トラック1台に紙幣を積んでも1日の給料が足りなくなりますよ! (頭の訓練として、無税国家を描いてみるとよいかも) 分からなければ、 佐藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社) の第1章の冒頭に、佐藤少年の面白い貨幣の話がありますから、読んでみると面白いでしょう。 なお、宮島洋『税のしくみ』(岩波ジュニア新書)は、中高生向けの書物ながら、大学生以上にもわかりやすく税を紹介してくれています。 ご一読下さい。 税金がないなら……と考えてみましょう。 外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。 天下りもなくなります。 しかし、警察も消防もなくなります。 ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。 殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。 病人は救われずに死んでいきます。 裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。 そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。 最近は、福祉についても税金が必要です。 生活保護、公的年金、... 作文添削して欲しいです。 高校生なのですが、文章を書くのがとても苦手なので、変な部分もあると思いますがよろしくお願い致します。 文字数制限があって、800字から1200字いないです。 私は今まで「なぜ税を払わなければならいの」と思っていました。 なぜなら、必要な物の全てに税がかかり、値段が高くなって損した気分になるからです。 税があるせいで、必要だったものが買えなかった経験をいっぱいしているので、「税なんてなくなればいいのに」って、思っていました。 でも、以前母が言っていたことを思い出してみると、私が母のお腹の中にいる4ヶ月くらいの時に突然出血して、救急車に運ばれたことがありました。 もし、すぐに救急車を呼んでいなかったら私の命がなかったかも知れません。 救急車は調べてみたところ1回の出勤で約4万5000円の税金が使われているそうです。 もし、税金を払っていなかったら、私の命は助からなかったかもしれないし、私以外にも、このような経験をしている人が日本ではたくさんいると思うので、その人たちのためにも、税金を払わなければいけないということも分かったし、税金があるおかげで人を助けることができるということを知ることが出来ました。 それに、助けること以外にも、もし、税がなければ、私が今通っている学校も潰れてしまうし、私の住んでいる町もなくなってしまうという危険もあります。 なので、税は必要不可欠なものなのだとわかりました。 それと、私は日本の税が凄く高いと感じていたのですが、世界では日本よりも高い国が多数あって、とても驚きました。 消費税があっても、満足していないのには、とても、驚きました。 でも、税があるから、といって、満足していない国もあれば、満足出来る国があるということもよくわかりました。 これからは、「税なんて必要ない。 なんであるの?」と思わずに税がある事をありがたく思い大切にしていきたいですし、私もいつか働いたら、たくさんの税を払って世界中の人の役に立てたらいいなぁと思いました。 以上が私の考えた作文なんですが、この作文の添削をお願いしたいです。 よろしくお願い致します。 作文添削して欲しいです。 高校生なのですが、文章を書くのがとても苦手なので、変な部分もあると思いますがよろしくお願い致します。 文字数制限があって、800字から1200字いないです。 私は今まで「なぜ税を払わなければならいの」と思っていました。 なぜなら、必要な物の全てに税がかかり、値段が高くなって損した気分になるからです。 税があるせいで、必要だったものが買えなかった経験をいっぱいしているので、「税なんてなくなればいいのに」って、思っていました。 でも、以... 消費税はだれもが払いますが、「所得税」や「住民税」は所得が少ない人は払わなくてもいいしくみですし、滞納している人もいます。 税には前に書いたとおりで、消費税だけでなくいろんな税金の種類があり税率も様々です。 前に書いた以外では、親から遺産を相続したときにかかる「相続税」、だれかから金銭などをもらったときにかかる「贈与税」などがあります。 >世界中の人の役 ちょっと大げさかな。 また、日本の税についての作文でしょうから、「世界中の」は削除したほうがいいでしょう。 あとはおおむねいいでしょう。 A ベストアンサー 無駄な税金の典型としては、 「国家公務員宿舎法施行令」に基づく、 公務員専用マンションの建設。 2010年完成予定のタワー36階建ての 建設費用「141億円」。 これすべて税金です。 しかも、一部の官僚および役人しか住めません。 役人専用のマンションです。 この「公務員宿舎東雲住宅(仮称)」は、 建設費用「141億円」もかかっているにも関わらず、 周囲の相場の家賃が「3LDK、1ヶ月通常30万円」に対し、 たったの「4万3610円」とありえない金額で住めます。 また、1LDKであれば、「1万5千円」程度。 高校生のお小遣い程度です こんなマンションが、 「衆議院赤坂議員宿舎」など、あちこちに存在します。 こんなもの建てるお金があるなら、よっぽど、都心から離れたところに 家の無い人もしくは、低所得者向けの住宅を20も、30も立てることが できます。 しかも、それを面白いと思ってるセンスがすばらしいね。 消費税の使い道について書けばいいんじゃないか。 自分たちの身近なものにも使われる 教育関係の公共サービスとかについて書いて、 私達の生活は国や地方公共団体の活動と深く結びついていて、これらの活動に基づく色々なサービスを受けながら毎日を暮らしている。 身近な例として、道路、港湾、上下水道、公園などの公共施設が整備され、教育、社会保険、生活保護、警察、消防など公共サービスが充実されているなど、たくさんの活動を挙げる事が出来る 私たち中学生も義務教育で学校に通っている。 体育館や運動場など、設備が整った環境の中で無償の教科書を受け取って勉強している。 私一人が9年間の義務教育を受けるために、一体いくらのお金がかかっているのだろう。 そんなことを考えていたら「教育費一人に80万円」と題した新聞記事が目に留まった。 公立の学校に生徒が通うために、小学生で一年83万円、中学生で94万円、高校生で91万円が税金から負担されているのだという。 とか書いたら、だいぶ埋まる。 しかも、それを面白いと思ってるセンスがすばらしいね。 消費税の使い道について書けばいいんじゃないか。 自分たちの身近なものにも使われる 教育関係の公共サービスとかについて書いて、 私達の生活は国や地方公共団体の活動と深く結びついていて、これらの活動に基づく色々なサービスを受けながら毎日を暮らしている。 身近な例として、道路、港湾、上... A ベストアンサー まずまず、ひも解いていきましょう。 「なぜ増税をするのか」 ということについて。 まずはこのグラフを見てみてください。 goo. png? その名の通り、昭和22年(終戦直後)から今までの間に、毎年何人ずつ子供が生まれているのか、ということを示したグラフです。 よく「少子高齢化」と言われますが、本当に出生者数が多いのは、「戦直後」の「第一次ベビーブーム」と呼ばれる世代と、その世代の2世、「第二次ベビーブーム」と呼ばれる世代です。 それ以外の世代に関しては、確かに現在と比べて出生者数に差はあるものの、そこまで大騒ぎするほど深刻な人口差ではないことがわかるかと思います。 日本の人口構造を見る場合、この「第一次ベビーブーム(団塊の世代)」の人口がネックになります。 この世代の人たちが一体今何歳になっているのか、というと・・・63歳。 グラフで最も出生者数の多い年の世代が今64歳です。 来年には65歳となり、「年金受給世代」となります。 また、そのさらに10年後。 2023年には75歳となり、「後期高齢者」と呼ばれるようになります。 この世代の人たちの人口が、余りに多すぎるんです。 今現在はまだ「医療保険」を支払っている世代であり、また「介護保険」に関しても負担している世代です。 ところが、後期高齢者となる時期を目安として、今まで保険料を納めていた世代が、サービスを受ける側に変わってしまう、と言われています。 そうなってしまうと、これまで現役世代が納めた保険料の中から、受給世代に向けて「保険金額」として支払われていた保険制度が、一気に財源不足に陥ってしまいます。 不足する財源は当然国庫の中から支払うしかないのですが、今の財政収入ではこの増額分を賄うことが出来ません。 そこで、「増税して対応しましょう」ということになったのです。 ところが、税金とは、基本的に国民が一年間に起こした消費の中からねん出されるものなのですが、企業業績が悪く、国民所得が拡大しない場合(景気が悪い時のこと)、たとえ増税したとしても税収が却って少なくなってしまう恐れがあります。 そこで注目されたのが「消費税」。 goo. png? 見るとよくわかるのですが、景気の後退局面では、消費税以外の税収(特に所得税、法人税)はものすごく落ち込んでいるのに、消費税だけはどのような状況にあろうと、また税率を引き上げた折、景気の状況に変わらず、一定の収入が維持され、また引き上げた分だけ収入が増えていることが良くわかると思います。 このことから、将来的な社会保障の財源として収入を読みやすく、景気にも影響されにくいことから消費税に白羽の矢が立てられたのです。 「他に解決策はないのか」 この、社会保障の分野に限って言えば、消費税増税以外に解決策はまず考えられないと言っていいでしょう。 サービスの受給者人口がこれから増えていくことは物理的に避けることのできない問題であり、その財源を補うほどの収入の伸びを今の日本経済に期待することはまず考えにくいこと。 仮に来年から出生者数を増やせるほどの何か特別な方策が登場したとしても、彼らが税負担年齢(労働年齢)になるのはそれから20年後。 2023年にはとても間に合わないのです。 「増税することによるメリット、デメリット」 メリットはまずないと言っていいでしょう。 メリットを期待するのではなく、せめて現状を維持するために増税するのです。 デメリットは、増税することによってこの国の景気そのものに大ダメージを与えてしまう可能性が非常に高いこと。 増税分を商品やサービスの価格に転化することが出来ず、利益を食いつぶしてしまい、倒産する企業がおそらくたくさん増えるでしょう。 失業者が大量に増え、自殺者の数も増加するなど、今の日本の経済状況で増税することにはデメリットしか思い浮かびません。 「そもそも増税する必要があるのか」 最初の問いに対して回答したように、増税を行わなければこの国の社会保障のシステムを維持することは非常に厳しいと思います。 ですが、そもそもで考えると、「なぜ社会保障を維持しなければならないのか」ということにこの問題の本質はあるように思います。 つまり、医療費や介護費が高くなれば、高くなった分家計に負担をかけますし、またサービスを受給できなくなれば、高齢者を支える世代に非常に負担がかかり、現役世代が労働する時間を作ることすら非常に難しくなる可能性が非常に高くなります。 そうなると生活そのものを送ることが非常に厳しくなり、生きていくことそのものが難しくなりかねません。 ところが、では増税したことによって、確かに医療や介護の面では負担が軽くなり、楽になったかもしれません。 ですが、実生活(食べたり飲んだり、服を買ったり、光熱費を支払ったり)が苦しくなって、たとえば住む家さえまともになくなるような状況が生まれたとき、また医療費や介護費の負担は現状のままですが、その現状のままの費用すら負担することが厳しい状況が生まれたとき。 果たしてでは「増税してよかった」と思えるかというと、決してそうではないと思います。 ですが、たとえ増税したとしても、十分にご飯を食べることが出来て、そこそこの家に住むことが出来て、医療費や介護費用を十分に負担出来て・・・という生活が当たり前に遅れるのであれば、きっと誰も文句は言わないと思います。 今のこの国が目指しているのはこの状態です。 つまり、増税したとしても、増税した以上に国民一人一人の収入が増え、所得が増えたのなら、誰も文句を言う人はいないのではないか、ということです。 増税は確かに必要です。 ですが、増税する前に、きちんと景気を回復させ、さらに成長へとつなげていくこと。 国民一人一人の所得をきちんと増やすことが、今のこの国には一番大切なことではないでしょうか。 総理大臣が国民に、「政治生命をかけて」でも約束しなければならないのは、増税することではなく、国民の所得をきちんと増やすことではないでしょうか。 まずまず、ひも解いていきましょう。 「なぜ増税をするのか」 ということについて。 まずはこのグラフを見てみてください。 goo. png? その名の通り、昭和22年(終戦直後)から今までの間に、毎年何人ずつ子供が生まれているのか、ということを示したグラフです。 よく「少子高齢化」と言われますが、本当に出生者数が多いのは、「戦直後... A ベストアンサー まず、少子高齢化が進むとどんなことが起きるか、ということを考える必要があります。 若い活力のある年代(労働者人口)が少なくなっていくということは、日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。 合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。 そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。 そういう状況に企業が追い込まれていくと、企業が国に納める税金も少なくなり、活力のある年代が少なくなるということは、全体的に収入に対する税金も少なくなるということになります。 国としては税収が少なくなって、行政サービスがまともにできなくなる恐れがあるのに、高齢者が増えていきますから、福祉面でのサービス需要はどんどん増えていきます。 税収がどんどん減っていく一方で、高齢化が加速されますから、高齢者福祉がまともにできなくなるかも知れません。 もしかしたら、日本は先進国から滑り落ちる可能性もあります。 増税ですが、きちんとした理由があるならば仕方ないと思いますが、その前に税金の無駄を徹底的に洗い直して、これ以上無駄は何もない、ということであればいいかも知れません。 税金の使われ方について、今まで国民にきちんと説明してこなかったため、国民は不信感があり、増税と言うと神経質になりますね。 今話題になっている「官房機密費」も、元は税金なのに使途について何の説明もありません。 これからは、増税を口に出すならば、国民に対して今までの使途の完全な説明と理解を得る努力が必要でしょうね。 まず、少子高齢化が進むとどんなことが起きるか、ということを考える必要があります。 若い活力のある年代(労働者人口)が少なくなっていくということは、日本の企業の労働力が段々と弱っていき、それは日本自体の力が弱っていくことにつながります。 合わせて、高齢化が進んでいくと、高齢者は購買の中心層ではないためモノを買うというパワーも落ちます。 そうなるとモノが売れなくなりますから、企業は活力ある労働力が不足するのに加えて、利益も少なくなっていくという状況になります。 そういう状況に企業...

次の

「税の作文のパクリはバレない」と思ってネットからコピペしたら、学校に見つかった話

税 の 作文 パクリ ばれる

税の作文のネタを決めよう! 作文にとりかかる前に必要なのは、どんな内容で書いていくかという指針。 最初に選ぶネタによって、その後の文章の進み方や説得力に、だいぶ差が出てきます。 書いてはいけない「平凡すぎる」ネタ 税の作文を添削していくうえで見飽きたネタというものもありまして、 「消費税」を題材にした作品は、ほぼ入賞しないと考えてOK。 もちろん文章の中に「独自性」があれば別なんでしょうけど、そもそもテーマとして持ち込んでくる人、圧倒的に多すぎるんです。 だいたい「また似たような内容かぁ……」となってしまい、最初の一文で読み進めることを止めてしまいます。 なので、入選を狙っているなら消費税ネタは避けましょう。 税の作文で入賞しやすいネタ 上記とは逆に、 治療をしないと命がヤバくなる病気らしい……。 2ヶ月くらい、病院に通わなくちゃいけないらしい 普通だと、高額な医療費がかかってしまうことは予想できます。 時代によっては裕福なところでないと、適切な治療をすることすら叶いません。 しかし、現代ではすべての国民が医療保険に入ることとなっている「国民皆保険制度」によって、誰でも金額負担を少なく病院へ行くことができます。 これの土台となっているのは、まさに税金。 もしこれがなかったら、自分はどうなっていたんだろう?ヤバかったんじゃないだろうか? 助けてくれてありがとう、税金さん!! ……と、勢いで締めくくりまで行くのは良くないですが。。。 「事実から自分の感想」を組立てていくと、説得力が違いますよね。 ただ、上に書いたような病気とか災害とか、そんな経験を持っていないんだけど……と思う人も多いかもしれません。 しかし、ふつうの生活から拾えるようなネタでも大丈夫です。 入賞している作品は山ほどあります。 後ほど解説しますので、ご安心ください。 スポンサーリンク 税の作文を書くコツは「書き出し」に力を入れること 税の作文におけるコツの結論は 「なんか他とは違う……!」 「この続き、どうなるんだろう……?」 と、先が気になって仕方ありません。 まったく関係ない視点から切り出し、そこから税金に絡めていく進め方。 これを応用すれば、べつに自分が病気などの「なにか特別な経験」をしていなくても考えられますよね。 オリジナリティも出るので、個人的にはオススメの書き方です。 (上の入賞作品では「もし百万円をもらったらどうする?」という、税金とは関係なさそうな質問から始まり、だんだん自分の考えをまとめていく内容) いくらアルバイトと言っても、添削するのは人間です。 しかも、全国から集められる作文を 1日に何百編というペースで読んでいます。 なので、書き出し部分を1秒くらいで見て、質が低いようだったら次の作品に移行……とする添削者が大半。 参考にしてみてください。 ・体験を通して、どう思ったのか ・自分はこれからどうしたいのか などの 目標を持ってきましょう。 結局のところ、国のお偉いさんたちも「賞として後世に残るような作品」を選ばなくてはならない立場にあります。 あまりにもネガティブな批判や悲観が入っている作品は、どれだけ優れていても選べないんですよね。 これから将来を生きる若い人たちのポジティブさがあったほうが、印象としてはいいはず。 「今は何も知らなくても、これから覚えていきたい」 そんな感じの立場から、作品を締めくくることをオススメします。 終わり方が優れている入賞作品 私はこれからの日本の社会を担うものとして、しっかりと学び、より良い未来を実現するために、誇りを持って社会に貢献できる大人になりたい。 所沢市 模範すぎるほど締まっている終わり方の例。 これから頑張りたい!という、ポジティブさが残されています。 最優秀作品なのでそれなりに堅苦しさもありますが、こんな終わり方だとカッコ良いですよね。 自分にしか書けない文章が大事 税の作文の書き方のコツを、元・添削者の目線から書いていきました。 いろいろ書いていきましたが、要は いかに自分にしか書けない内容を意識するかが大切です。 他のサイトでは「起承転結を大切にしろ!」とか「序盤は200文字くらい、中盤で500文字くらいで盛り上げて……」などとアドバイスされていますが、すべて気にしなくてOK。 ぶっちゃけ構造なんて、必要最低限のルールに沿っていれば大丈夫。 もちろん、伝わる文章をつくるためには「論理」が重視されているのも事実ですが、言葉が分からなければ『結局何を言いたいの……?』となりかねません。 ほとんどの作品は有識者たちの手元に届くこと無く、資源ごみと化してしまいます。 いかに実体験を盛り込んだ「自分にしかない目線」の文章を書き、一般のアルバイト・有識者の心に響かせるかが、ファーストステップとしては大切なポイントなんです。 難しく考えず、とりあえずなにか強烈に残っている思い出を、税金に結びつけることはできないか、と考えていきましょう! ……あ、ネットからパクるのは絶対NGですよ! あんまりいいウワサ聞かないので。。。

次の