ミラキュラス。 フランス発の全世界で大人気の3Dアニメ「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」本格展開がスタート!

ミラキュラス レディバグ&シャノワール | BS11(イレブン)

ミラキュラス

国内リーグ戦に限る。 2019年7月4日現在。 2018年3月28日現在。 ( ) ケヴィン・アントニオ・ジョエル・ジスラン・ミララス・イ・カスティージョ(Kevin Antonio Joel Gislain Mirallas y Castillo, - )は、出身の。 ポジションは WG、CF 、 SMF。 経歴 [ ] リール [ ] 2003年8月に地元のの下部組織からのへ渡った ミララスは、その後に加入してきたを始めとした同胞数名と下部組織で研鑽を積み 、2005年5月7日の戦 1-0 で82分からリーグ初出場を飾ると、僅か3分後に初得点に決勝点を挙げ、見事監督の期待に応えた。 2006年5月12日には、チームと2009年6月までの初プロ契約を締結した。 その後、ファンからになぞらえて称賛される 程の成長を見せていくと、リールでの最終年となった終盤戦の4月の間に戦(1得点)を皮切りに戦(2得点)、戦(2得点)の3試合で5得点を挙げ、同月のリーグ全選手中で最多得点を記録した選手となる圧巻のパフォーマンスを見せ 、、 といったストライカー陣の不振が続く中で19歳の若手ながら一人気を吐いた。 サンテティエンヌ [ ] リールの未来と期待がかかるミララスに対し、当然のように国内外の数クラブが注目を集まったが、本人は契約延長を望んでおり 、シーズン終了後に契約交渉を開始した。 しかし、数度交渉するもなかなか納得が出来ずにいる中で同時期に同国1部のから接触が図られ、会談を持った際に会長や監督の言葉に動かされた 結果、7月26日に同クラブと4年契約で個人合意し 、9月1日にクラブ間合意に達して正式に入団が決定した。 サンテティエンヌでは、リール時代のセンターフォワードとは違って監督の下で主に右サイドで起用され 、2009年2月1日のとのという重要な試合で初得点を挙げる場面を見せた ものの、全体的、特に2009-10シーズンは23試合無得点と移籍金400万に見合う活躍は出来ず、2010年6月18日にのへ1シーズン貸し出されることとなった。 なお、同契約には250万ユーロでの買い取りオプションが付随している。 オリンピアコス [ ] 2012年、でのミララス オリンピアコスでは、との予選2回戦で初出場を飾り、10月2日の ()戦 3-1 で初得点及び2得点目を挙げて 以降で主力に定着して得点を量産する活躍から、同シーズン冬の移籍市場最終日である2011年1月31日にオプションが行使されて完全移籍を果たし 、最終的に加入1季目で得点王のに次ぐ14得点を記録した。 翌2011-12シーズンは、敵地での戦 4-0 で 、戦 7-2 で4得点を挙げる 等、左サイドやセカンドトップを務めている にもかかわらず、昨季以上に得点力に磨きをかけ、チームをリーグ戦との達成へと導いた。 個人としては、25試合20得点で得点王に輝くと共にギリシャサッカー選手連合 PSAP が選出する ()で年間最優秀選手に選出されている。 エヴァートン [ ] 2012年8月19日に移籍金600万でのと4年契約を締結する。 なお、その際に同国1部のからオファーがあり交渉したものの、より多くの出場機会や同胞の存在からエヴァートンを選択したとクラブの公式チャンネルで明かした。 後半から途中出場でデビューを飾った8月25日のでの戦での得点はオフサイドとなって初得点を逃した ものの、それから4日後のとの2回戦 5-0 で初先発すると、2得点2アシストの活躍を見せた。 9月22日の敵地での戦 3-0 では、カウンター攻撃からのシュートを相手GKに一旦弾かれてゴールバーに防がれるも、こぼれ球に詰めより頭によってリーグ初得点を挙げた。 その後、2012年11月10日の戦中にを負傷した 影響から出場機会が限られ、翌12月の試合は戦で途中出場したのみと苦しい時期を過ごしたが、2013年2月26日のとの5回戦 3-1 で下位リーグが相手ながらも得点を挙げ、続くリーグ戦の方でも3月2日の相手に得点を挙げて復調の兆しを見せる。 3月30日の戦では、攻め込まれる中で味方GKが弾いたこぼれ球をハーフウェイライン上で拾うと同時に を躱して攻勢に転じると、相手陣内に残っていたをドリブルで突破し、の守るゴールへ冷静にシュートを決めた。 その後、5月12日の戦で移籍後初複数得点を挙げ、長年チームを指揮してきた監督の本拠地での最終戦に華を添えた。 オリンピアコス再加入 [ ] 2018年1月7日、にシーズン終了までのレンタル移籍で再加入。 フィオレンティーナ [ ] 2018年8月4日、に1シーズンのレンタル移籍で加入。 代表歴 [ ] でのミララス(2013年) 世代別代表としては、U-16代表から様々な年代を経験し、U-21代表では中心選手としてチームを準決勝進出及び出場権獲得に貢献した。 その北京オリンピックでは、戦と戦でそれぞれ得点を挙げている。 2007年8月12日にでの戦 3-2 で初出場を飾ると共に初得点を挙げた。 クラブで鼠径部を負傷して終盤戦を欠場していたことから、出場が危ぶまれていたものの 、5月13日に監督の下でメンバー入りを果たした。 個人成績 [ ] クラブ [ ] 2017年5月26日現在 クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ UEFA 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2004-05 3 1 0 0 0 0 0 0 3 1 2005-06 15 1 0 0 2 0 2 0 19 1 2006-07 23 2 0 0 2 0 5 0 30 2 2007-08 35 6 2 1 0 0 0 0 37 7 通算 76 10 2 1 4 0 7 0 89 11 2008-09 30 3 2 0 0 0 8 1 40 4 2009-10 23 0 4 1 2 0 0 0 29 1 通算 53 3 6 1 2 0 8 1 69 5 2010-11 27 14 3 0 0 0 3 0 33 14 2011-12 25 20 3 0 0 0 6 0 34 20 通算 52 34 6 0 0 0 9 0 67 34 2012-13 27 6 4 1 2 2 - 33 9 2013-14 32 8 4 0 1 0 - 37 8 2014-15 29 7 2 1 0 0 5 3 36 11 2015-16 23 4 3 1 4 1 - 30 6 2016-17 34 4 1 0 1 0 - 36 4 通算 145 29 14 3 8 3 5 3 172 38 総通算 326 76 28 5 14 3 29 4 397 88 代表 [ ] 年 出場 得点 2007 6 2 2008 4 1 2009 9 1 2010 2 0 2011 3 0 2012 8 2 2013 10 3 2014 7 0 2015 1 0 2016 4 0 2017 2 1 通算 56 10 代表での得点 [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要 1. 2007年8月22日 、 2—0 3—2 2. 2007年9月12日 、 1— 2 2—2 UEFA EURO 2008予選 3. 2008年11月19日 、 0— 1 1—1 4. 2009年11月14日 、 3—0 3—0 親善試合 5. 2012年5月25日 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 1—1 2—2 親善試合 6. 2012年10月12日 、 0— 3 0—3 7. 2013年5月29日 、 0— 1 2—4 親善試合 8. 2013年9月6日 、 0— 2 0—2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 9. 2013年11月19日 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 1—0 2—3 親善試合 10. 2017年3月28日 、 1— 1 3—3 親善試合 タイトル [ ] クラブ [ ]• : 2010-11, 2011-12• : 2011-12 個人 [ ]• 得点王: 2011-12• ()年間最優秀選手部門 : 2011-12 脚注 [ ]• 1956-57:• 1957-58:• 1958-59:• 1959-60:• 1960-61:• 1961-62:• 1962-63:• 1963-64:• 1964-65:• 1965-66:• 1966-67:• 1967-68:• 1968-69:• 1969-70:• 1970-71:• 1971-72:• 1972-73:• 1973-74:• 1975-76:• 1976-77:• 1977-78:• 1978-79:• 1979-80:• 1980-81:• 1981-82:• 1982-83:• 1983-84:• 1984-85:• 1985-86:• 1986-87:• 1987-88:• 1988-89:• 1989-90:• 1990-91:• 1991-92:• 1992-93:• 1994-95:• 1995-96:• 1996-97:• 1997-98:• 1998-99:• 1999-00:• 2000-01:• 2001-02:• 2002-03:• 2003-04:• 2004-05:• 2005-06:• 2006-07:• 2007-08:• 2009-10:• 2010-11:• 2011-12:• 2012-13:• 2013-14:• 2014-15:• 2015-16:• 2016-17:• 2017-18:• 2018-19:.

次の

【56件】ミラキュラス|おすすめの画像【2020】

ミラキュラス

国内リーグ戦に限る。 2019年7月4日現在。 2018年3月28日現在。 ( ) ケヴィン・アントニオ・ジョエル・ジスラン・ミララス・イ・カスティージョ(Kevin Antonio Joel Gislain Mirallas y Castillo, - )は、出身の。 ポジションは WG、CF 、 SMF。 経歴 [ ] リール [ ] 2003年8月に地元のの下部組織からのへ渡った ミララスは、その後に加入してきたを始めとした同胞数名と下部組織で研鑽を積み 、2005年5月7日の戦 1-0 で82分からリーグ初出場を飾ると、僅か3分後に初得点に決勝点を挙げ、見事監督の期待に応えた。 2006年5月12日には、チームと2009年6月までの初プロ契約を締結した。 その後、ファンからになぞらえて称賛される 程の成長を見せていくと、リールでの最終年となった終盤戦の4月の間に戦(1得点)を皮切りに戦(2得点)、戦(2得点)の3試合で5得点を挙げ、同月のリーグ全選手中で最多得点を記録した選手となる圧巻のパフォーマンスを見せ 、、 といったストライカー陣の不振が続く中で19歳の若手ながら一人気を吐いた。 サンテティエンヌ [ ] リールの未来と期待がかかるミララスに対し、当然のように国内外の数クラブが注目を集まったが、本人は契約延長を望んでおり 、シーズン終了後に契約交渉を開始した。 しかし、数度交渉するもなかなか納得が出来ずにいる中で同時期に同国1部のから接触が図られ、会談を持った際に会長や監督の言葉に動かされた 結果、7月26日に同クラブと4年契約で個人合意し 、9月1日にクラブ間合意に達して正式に入団が決定した。 サンテティエンヌでは、リール時代のセンターフォワードとは違って監督の下で主に右サイドで起用され 、2009年2月1日のとのという重要な試合で初得点を挙げる場面を見せた ものの、全体的、特に2009-10シーズンは23試合無得点と移籍金400万に見合う活躍は出来ず、2010年6月18日にのへ1シーズン貸し出されることとなった。 なお、同契約には250万ユーロでの買い取りオプションが付随している。 オリンピアコス [ ] 2012年、でのミララス オリンピアコスでは、との予選2回戦で初出場を飾り、10月2日の ()戦 3-1 で初得点及び2得点目を挙げて 以降で主力に定着して得点を量産する活躍から、同シーズン冬の移籍市場最終日である2011年1月31日にオプションが行使されて完全移籍を果たし 、最終的に加入1季目で得点王のに次ぐ14得点を記録した。 翌2011-12シーズンは、敵地での戦 4-0 で 、戦 7-2 で4得点を挙げる 等、左サイドやセカンドトップを務めている にもかかわらず、昨季以上に得点力に磨きをかけ、チームをリーグ戦との達成へと導いた。 個人としては、25試合20得点で得点王に輝くと共にギリシャサッカー選手連合 PSAP が選出する ()で年間最優秀選手に選出されている。 エヴァートン [ ] 2012年8月19日に移籍金600万でのと4年契約を締結する。 なお、その際に同国1部のからオファーがあり交渉したものの、より多くの出場機会や同胞の存在からエヴァートンを選択したとクラブの公式チャンネルで明かした。 後半から途中出場でデビューを飾った8月25日のでの戦での得点はオフサイドとなって初得点を逃した ものの、それから4日後のとの2回戦 5-0 で初先発すると、2得点2アシストの活躍を見せた。 9月22日の敵地での戦 3-0 では、カウンター攻撃からのシュートを相手GKに一旦弾かれてゴールバーに防がれるも、こぼれ球に詰めより頭によってリーグ初得点を挙げた。 その後、2012年11月10日の戦中にを負傷した 影響から出場機会が限られ、翌12月の試合は戦で途中出場したのみと苦しい時期を過ごしたが、2013年2月26日のとの5回戦 3-1 で下位リーグが相手ながらも得点を挙げ、続くリーグ戦の方でも3月2日の相手に得点を挙げて復調の兆しを見せる。 3月30日の戦では、攻め込まれる中で味方GKが弾いたこぼれ球をハーフウェイライン上で拾うと同時に を躱して攻勢に転じると、相手陣内に残っていたをドリブルで突破し、の守るゴールへ冷静にシュートを決めた。 その後、5月12日の戦で移籍後初複数得点を挙げ、長年チームを指揮してきた監督の本拠地での最終戦に華を添えた。 オリンピアコス再加入 [ ] 2018年1月7日、にシーズン終了までのレンタル移籍で再加入。 フィオレンティーナ [ ] 2018年8月4日、に1シーズンのレンタル移籍で加入。 代表歴 [ ] でのミララス(2013年) 世代別代表としては、U-16代表から様々な年代を経験し、U-21代表では中心選手としてチームを準決勝進出及び出場権獲得に貢献した。 その北京オリンピックでは、戦と戦でそれぞれ得点を挙げている。 2007年8月12日にでの戦 3-2 で初出場を飾ると共に初得点を挙げた。 クラブで鼠径部を負傷して終盤戦を欠場していたことから、出場が危ぶまれていたものの 、5月13日に監督の下でメンバー入りを果たした。 個人成績 [ ] クラブ [ ] 2017年5月26日現在 クラブ シーズン リーグ カップ リーグカップ UEFA 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2004-05 3 1 0 0 0 0 0 0 3 1 2005-06 15 1 0 0 2 0 2 0 19 1 2006-07 23 2 0 0 2 0 5 0 30 2 2007-08 35 6 2 1 0 0 0 0 37 7 通算 76 10 2 1 4 0 7 0 89 11 2008-09 30 3 2 0 0 0 8 1 40 4 2009-10 23 0 4 1 2 0 0 0 29 1 通算 53 3 6 1 2 0 8 1 69 5 2010-11 27 14 3 0 0 0 3 0 33 14 2011-12 25 20 3 0 0 0 6 0 34 20 通算 52 34 6 0 0 0 9 0 67 34 2012-13 27 6 4 1 2 2 - 33 9 2013-14 32 8 4 0 1 0 - 37 8 2014-15 29 7 2 1 0 0 5 3 36 11 2015-16 23 4 3 1 4 1 - 30 6 2016-17 34 4 1 0 1 0 - 36 4 通算 145 29 14 3 8 3 5 3 172 38 総通算 326 76 28 5 14 3 29 4 397 88 代表 [ ] 年 出場 得点 2007 6 2 2008 4 1 2009 9 1 2010 2 0 2011 3 0 2012 8 2 2013 10 3 2014 7 0 2015 1 0 2016 4 0 2017 2 1 通算 56 10 代表での得点 [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要 1. 2007年8月22日 、 2—0 3—2 2. 2007年9月12日 、 1— 2 2—2 UEFA EURO 2008予選 3. 2008年11月19日 、 0— 1 1—1 4. 2009年11月14日 、 3—0 3—0 親善試合 5. 2012年5月25日 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 1—1 2—2 親善試合 6. 2012年10月12日 、 0— 3 0—3 7. 2013年5月29日 、 0— 1 2—4 親善試合 8. 2013年9月6日 、 0— 2 0—2 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選 9. 2013年11月19日 ブリュッセル、ボードゥアン国王競技場 1—0 2—3 親善試合 10. 2017年3月28日 、 1— 1 3—3 親善試合 タイトル [ ] クラブ [ ]• : 2010-11, 2011-12• : 2011-12 個人 [ ]• 得点王: 2011-12• ()年間最優秀選手部門 : 2011-12 脚注 [ ]• 1956-57:• 1957-58:• 1958-59:• 1959-60:• 1960-61:• 1961-62:• 1962-63:• 1963-64:• 1964-65:• 1965-66:• 1966-67:• 1967-68:• 1968-69:• 1969-70:• 1970-71:• 1971-72:• 1972-73:• 1973-74:• 1975-76:• 1976-77:• 1977-78:• 1978-79:• 1979-80:• 1980-81:• 1981-82:• 1982-83:• 1983-84:• 1984-85:• 1985-86:• 1986-87:• 1987-88:• 1988-89:• 1989-90:• 1990-91:• 1991-92:• 1992-93:• 1994-95:• 1995-96:• 1996-97:• 1997-98:• 1998-99:• 1999-00:• 2000-01:• 2001-02:• 2002-03:• 2003-04:• 2004-05:• 2005-06:• 2006-07:• 2007-08:• 2009-10:• 2010-11:• 2011-12:• 2012-13:• 2013-14:• 2014-15:• 2015-16:• 2016-17:• 2017-18:• 2018-19:.

次の

ミラキュラスレディバグ3期の愚痴とか

ミラキュラス

この度、フランス・韓国・日本が共同制作した人気アニメーション「ミラキュラス レディバグ シャノワール」が、日本でも展開が本格化することが決定いたしました。 本作は、東映アニメーションが欧州のアニメーション製作会社と共同で展開する初の取り組みでもあります。 「ミラキュラス レディバグ シャノワール」はフランスや韓国をはじめ、英語圏を中心に世界119カ国で放送され、人気を博し、日本でも昨年2018年7月からディズニー・チャンネルにて放送中の3Dアニメ。 フランスのパリを舞台に、ごく普通の高校生の2人が妖精の力で「レディバグ」と「シャノワール」に変身して邪悪な影から街を守る、魔法とアクション満載のストーリーです。 本格的な展開の第一弾として「ミラキュラスレディバグ&シャノワール」公式ホームページが10月25日(金)10 時よりオープンし、東映アニメーションミュージアム公式YouTubeチャンネルにて10月25日(金)12:00~12月2日(月)12:00まで第 1 話を無料配信いたします。 さらに、日本での商品展開を東映アニメーションが担当、また講談社にてコミカライズの製作が決定するなど、今後一層国内での盛り上がりを見せていきます。 今後の展開に是非ご注目ください。 「ミラキュラス」の舞台であるフランスほか各国では、てんとう虫は幸運の証。 だが2人は邪悪な影からパリの街を守るスーパーヒーロー。 善良な市民をヴィランへと変える邪悪な生物・アクマをとらえるため、クワミ(妖精)の力でレディバグとシャノワールに大変身。 ライバルかつバディとしてともに戦う2人だが、その正体は誰も知らない。 当の本人さえお互いの正体を知らず、マリネットはアドリアンに、シャノワールはレディバグに片想いをしている。 奈波果林 ファッションデザイナーを夢見る女子高生。 明るくドジな性格。 同じクラスの人気者・アドリアンに片思い中で、彼の前では舞い上がり挙動不審に。 「スポッツ・オン」と唱えるとレディバグに変身する。 実はマリネットがクワミ(妖精 )ティッキーの力を借りてレディバグに変 身している。 必殺技「ラッキーチャーム」を駆使し、アクマ化した人達を救っている。 イケメン&セレブ!カンペキ男子高生 アドリアン CV. 逢坂良太 エッフェル塔の目の前の超豪邸で父親と暮らすセレブな高校生。 イケメンでモデルとしても活躍中。 冷たく高圧的な父親との生活に寂しさを感じている。 「クロウ・アウト」と唱えるとシャノワールに変身する。 逢坂良太 レディバグと共に戦うスーパーヒーロー。 自由でタフで大胆な性格。 レディバグに恋心を抱いている。 武器はスティック。 必殺技は「カタクリズム」、触れたものを即座に破壊する強力な力を発揮する。

次の