なつ ぞ ら ネタバレ プラス。 『なつぞら』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

なつぞら ドラマの感想(広瀬すず)

なつ ぞ ら ネタバレ プラス

なつぞら【7週】のネタバレ&あらすじ! なつ(広瀬すず)が 兄・咲太郎(岡田将生)から忘れてくれという手紙をもらい北海道へ帰ってきました。 北海道では 泰樹(草刈正雄)がなつと本当の家族になりたいと 照男(清原翔)との結婚を考えますが、なつは激怒。 しかし、泰樹もなつのことを思ってこその考えだと照男に言われ、無事仲直り。 その間、照男は 天陽(吉沢亮)とスキー勝負をし、天陽がなつに告白することに。 ここからなつぞら【7 週】「 なつよ、今が決断のとき」のネタバレです。 ~ ~ ~ ~ なつが猛吹雪の倒れてから数時間後、 目を覚ますとそこは見知らぬ小屋の中で、 中年の男性と若い女性がいました。 中年の男性は 阿川弥市郎(中原丈雄)という彫刻家で、 女性の方は弥市郎の娘の 砂良(北乃きい)という名前でした。 雪の中に倒れるなつを娘の砂良が見つけ助けたと聞き、お礼をいうなつ。 そして時間を聞いたなつは「早く帰らないと家族が心配します」といい帰ろうとすると、 弥市郎が外はまだ猛吹雪だから今日は無理だと言いました。 なつは一晩泊めてもらうことになりました。 話を聞くと、どうやら2人は倉田先生(柄本佑)と知り合いのようで、 なつたちの演劇も見に来ていたそうです。 そして弥市郎は元教師で、なつと同じように戦災で東京から北海道へ移り住んだのです。 そして砂良の母親は戦争で亡くなってしまったのです。 そんな弥市郎になつは聞きました。 なつ「戦争を恨んでいますか?」 弥市郎「恨んでいる。 戦争にも、砂良の母親を助けてあげられなかった自分にもな」 なつ「そういう怒りや悲しみはどうやったら消えますか?」 弥市郎「自分の魂と向き合って、その感情を消すのではなく込めるんだ」 弥市郎「俺はこの木の中に怒りや悲しみを閉じ込めて、それを魂に変える」 話し終えた弥市郎は作業を再開し、木を彫り始めました。 全神経を注ぎ集中している弥市郎の姿をなつはじっと見つめました。 そしてなつはおもむろにノートを取り出すと、弥市郎の姿や小屋にある彫刻をスケッチしていき、その後夜通しでスケッチをしました。 翌日、なつは阿川家をあとにし、柴田家へ向かいました。 その途中、朝日が昇っていく大地の美しい風景になつは感極まり涙を流しました。 そしてなつは ある決意をするのでした… 一方の柴田家は、なつは天陽の家に泊まっていると思っていました。 しかし、朝一番で天陽がなっちゃんいますかと訪ねてきて柴田家は大慌て。 照男が家を飛び出していくと、ちょうどなつが帰ってきました。 なつが無事に帰ってきて安堵する柴田家と天陽たち。 その後、なつは家に帰る天陽を途中まで送ると言いました。 その道中、なつは天陽に言いました。 なつ「私、漫画映画をつくってみたい。 アニメーターになりたい…いや、なるって今朝決めたの」 天陽「自分で決めたのならいいに決まってる。 頑張れ」 その日の夕飯、なつは柴田家のみんなに卒業後何年かしたら東京へ行きたいと話しました。 しかしその理由は兄を支えるためというものでした… そんななつの頼みに泰樹が口を開きました。 泰樹「お前に酪農の手伝いをさせたのはわしの勝手だ。 」 泰樹「東京に行きたいのならすぐに出てけ。 お前の顔はもう見たくない」 泰樹の厳しい言葉になつは目を潤ませながら 「わかったよ!」と言い、荷造りをしに部屋に戻りました。 富士子(松嶋菜々子)が部屋にやってきてなつを止めようとしますが、 なつは 「申し訳なくてもうここにはいれない」と言いました。 すると富士子がなつの頬をビンタしました。 そして富士子は言いました。 富士子「家を出てくあんたに申し訳ないなんて思られるくらいなら、憎まれた方がましだわ。 一人で悩みたいなら家族は必要ないでしょ」 富士子は再び手を振り上げますが、なつを抱きしめ、なつも大泣きするのでした。 次の日、なつは天陽の家を訪ねました。 なつが家族に漫画映画の話をしなかったと聞き天陽は問いました。 天陽「なんで漫画映画を作りたいって言わねぇのさ」 なつ「言えなかった…まだ信じられなくて…私なんかにできると思う?」 天陽「じゃあ東京に行きたいなんてなんで言ったのさ?」 なつ「それは漫画映画を作りたいから」 天陽「ならそう言えばいい!」 なつ「酪農じゃなくて漫画映画を作りたいなんて、じいちゃんを裏切るみたいじゃん…」 なつにとって酪農ではなく漫画映画を作る道に進むのは泰樹を裏切る行為と考えていました。 また、たとえ東京に行ったとしても、本当にアニメーターになれるかわからないという不安もあったのです。 そしてなつは話題を変えようとしました。 なつ「そういえば天陽くんが話したいって言ってたことって何?」 天陽「あぁ…その話はもういい。 忘れたよ」 その後一緒に食事をし、なつが帰ろうと支度をしていると、天陽が再び漫画映画の話題を出しました。 天陽「できるかどうかなんてわからない。 でも泰樹さんは一人で北海道に来て開拓していったんでしょ?」 天陽「なっちゃんにとって泰樹さんは見本だべさ。 その頃、泰樹は雪月を訪ねていました。 雪次郎が東京に行く話を聞き、なつも一緒に連れて行ってほしいと頼みに来たのです。 泰樹はなつを照男と結婚させようとした自分の愚かさを悔いていたのです。 その日の夜、泰樹はなつに話しました。 泰樹「お前のことは雪月に頼んだ。 だから卒業したら雪次郎と一緒に東京に行ってこい。 」 なつ「私はじいちゃんともう家族ではないの…?」 泰樹「帰ってきたくなったらいつでも帰ってくればいい。 お前の家はここにある。 先に東京の用事を済ませてこい。 」 泰樹「もしも東京で幸せになるんなら、それも親孝行だ。 」 泰樹の言葉を聞いてなつは複雑な思いをしていました。 翌日、雪月を訪れたなつはとよ婆(高畑淳子)に心の内を話しました。 なつ「私はずるい…じいちゃんを裏切ってしまった」 やはりなつは恩返しもしないまま酪農ではなくアニメーションの世界に進むのが裏切りだと考えていたのです。 とよ婆「なっちゃんは東京に行ったらいい。 はっきりと自分の気持ちが分かってるんだから。 したけど、その気持ちは泰樹さんに全部話したらいい。 」 その後、家に帰ったなつは泰樹に自分の気持ちを全て話しました。 なつ「ごめんなさい、嘘をついていました…」 なつ「東京へ行きたいのは本当は漫画映画を作りたいのさ。 まだ作れるかどうかは分からないけど、挑戦してみたいのさ。 」 なつ「なんで大好きな家族と別れてまでって思ってたかど、さっき分かった。 」 なつじいちゃんみたいになりたかったんだなって。 それが私にとっては漫画映画なのさ」 泰樹「よく言った…!それでこそわしの孫じゃ!」 泰樹「漫画映画はよくわからんが、東京を開拓してこい!」 泰樹の眼には涙が浮かんでいました。 「天陽くん!」と言いながらなつは天陽に抱き着きました。 なつ「じいちゃんが認めてくれたよ!」 天陽「そうか…」 なつ「全部天陽くんのおかげだよ!」 天陽「なっちゃんよかったね」 喜びの表情で東京行きが決定したことを話すなつでしたが、 天陽にとってそれは なつとの別れを意味していました… その後なつは天陽とともに阿川家を訪れました。 そこには照男もやってきていて、砂良に一目惚れして以来、よく牛乳を届けにやってきていたのです。 それから月日は経ち、昭和31(1956)年3月。 なつは高校を卒業しました。 天陽「なっちゃん…俺は待たないよ。 」 天陽「俺にとってのこの世界は俺のキャンバスだ。 真っ白なキャンバスは広すぎて、自分の無力さを感じる。 だけど、自分の価値は唯一無二でほかの価値には流されない。 なっちゃんがもし困難にぶち当たって道に迷ったら、自分のキャンバスだけを目指せばいい。 そうしたらなっちゃんと俺はどこにいても広いキャンパスの中でずっと繋がっていられる」 天陽「頑張れ、なっちゃん」 天陽の差し出した手を握りながらなつは強く握りしめるのでした… なつぞら第8週に続く… なつぞら【7週】の感想 なつぞら7週目、胸が苦しくなります… なんと言っても天陽くんの切なさが胸を締め付けます… なつが漫画映画をつくりたいという思いを聞き、応援しましたが、なつに 「そんなに応援しないで」と言われました。 これはなつが離れ離れになるのにそんなに積極的に応援しないでという 乙女心からきたものだと思います。 これがなつが天陽くんを異性として好きという気持ちを持っているのか、 友達として大切な存在という気持ちなのかはおいといて… 天陽は子供の頃、北海道で酪農をやっていくと決意し、なつに応援してもらいました。 そして今回、なつは漫画映画をつくりたいと決意したからこそ、天陽は今度は自分がなつを応援する番だと考えたのだと思います。 なつのことが好きですから、本当はなつに東京へ行ってほしくないでしょう。 でも、それがなつの夢ならと、なつを好きだからこそ応援しているのでしょう。 なんてイケメンなんですかね… そしてラストの 「俺は待たない」というセリフ。 お互いに夢を追うため遠く離れるけど、広いキャンパスで繋がっているからこそ待たないと言ったのでしょう。 思ったのですが、天陽は 世界=キャンパスと言いましたが、 厳密には 「空」のことを指すのではないでしょうか?よく空をキャンパスと表現するものがありますよね。 そしてその「空」とは青く透き通った「なつぞら」なのではないでしょうか? したがってタイトルの「なつぞら」の意味はキャンパスなのではないでしょうか。 なつと天陽は なつぞら=キャンパスで繋がっているという意味で… また、なつの気持ちの整理にも時間がかかりましたね。 漫画映画をつくりたいという思いは泰樹への裏切りだと考えたなつ。 でもいろいろな人たちの言葉を聞いて、 その漫画映画をつくりたいという気持ちは、泰樹のようになりたいという気持ちからきているものだと気づきました。 1人で北海道にやってきて開拓していった泰樹のように、 なつも東京へいって漫画映画に挑戦したいという気持ちに… 自分のようになりたいなんて、泰樹にとっては嬉しいことこの上ないでしょう。

次の

なつぞら ネタバレ【7週】のあらすじや感想!天陽くんが切ない!

なつ ぞ ら ネタバレ プラス

『なつぞら』の基本情報• タイトル:なつぞら• nhk. ドラマ公式Twitter• instagram. line. 主演:広瀬すず• ジャンル:青春・ヒューマンドラマ• 放送局:NHK総合、BSプレミアム• 放映日時 【NHK総合】 月曜~土曜 8:00 — 8:15 月曜~土曜 12:45 — 13:00(再放送) 日曜 11:00 — 11:20<ダイジェスト放送(なつぞら一週間)> 日曜 5:45 — 5:50/17:55 — 18:00 <5分で『なつぞら』> 【BSプレミアム】 月曜~土曜 7:30 — 7:45 月曜~土曜 11:30 — 11:45(再放送) 土曜 9:30 — 11:00(1週間分)• その後、なつは両親を失った悲しみから立ち上がり、当時「漫画映画」と呼ばれていた「アニメーション」の世界に果敢にチャレンジしていこうとする感動作です。 キャスト一覧• 奥原なつ(おくはら・なつ):広瀬すず(子供時代:粟野咲莉) 北海道・十勝編• 大好きな、たったひとりの兄 奥原咲太郎(おくはら・さいたろう)・なつの兄:岡田将生(子供時代:渡邉蒼)• 十勝のガンコじいさん 柴田泰樹(しばた・たいじゅ):草刈正雄• 泰樹の娘・母として、なつを育てる 柴田富士子(しばた・ふじこ)・泰樹の娘:松嶋菜々子• 富士子の夫・柴田家婿(むこ)養子 柴田剛男(しばた・たけお)・富士子の夫:藤木直人• 柴田家長男・なつのもうひとりのお兄ちゃん 柴田照男(しばた・てるお)・長男:清原翔(子供時代:岡島遼太郎)• 柴田家長女・長女・なつと同い年 柴田夕見子(しばた・ゆみこ)・長女:福地桃子(子供時代:荒川梨杏)• しばた牧場従業員 戸村悠吉(とむら・ゆうきち)・従業員:小林隆• しばた牧場従業員・悠吉の息子 戸村菊介(とむら・きくすけ)・悠吉の息子:音尾琢真• 雪月店主・帯広のお菓子発明王 小畑雪之助(おばた・ゆきのすけ)・店主:安田顕• 雪之助の母 小畑とよ(雪之助の母):高畑淳子• 雪之助の妻 小畑妙子(おばた・たえこ):仙道敦子• 雪之助の息子・なつの同級生で夕見子が好き、「川村屋」職人見習い(8週以降) 小畑雪次郎(おばた・ゆきじろう)・雪之助の息子:山田裕貴(子供時代:吉成翔太郎)• なつに絵心を教えた青年画家・なつのことが好き 山田天陽(やまだ・てんよう):吉沢亮(子供時代:荒井雄斗)• 天陽の父 山田正治(やまだ・せいじ)・天陽の父:戸次重幸• 天陽の母 山田タミ(天陽の母):小林綾子• 天陽の兄、東洋動画スタジオ背景画担当(8週以降) 山田陽平(やまだ・ようへい):犬飼貴丈(子供時代:市村涼風)• 十勝農業高校でのなつのクラスメイト 居村良子(いむら・よしこ):富田望生• 教師・十勝農業高校の演劇部の顧問 倉田隆一(くらた・りゅういち):柄本佑• 木彫りの熊など民芸品をつくり十勝の深い森で暮らしている 阿川弥市郎(あがわ・やいちろう):中原丈雄• 弥市郎の娘・なつの兄照男の想い人 阿川砂良(あがわ・さら):北乃きい• なつの幼なじみ 佐々岡信哉(ささおか・のぶや):工藤阿須加(子供時代:三谷麟太郎)• 信哉の妻(19週登場) 佐々岡道子:三倉茉奈• 十勝支庁の支庁長(19週登場) 大清水 洋(おおしみず・ひろし):森崎博之 東京新宿編・新宿の人びと• おでん屋「風車」女将 岸川亜矢美(きしかわ・あやみ):山口智子• 川村屋オーナー 前島光子(まえじま・こうこ)・マダム:比嘉愛未• 川村屋ギャルソン 野上健也(のがみ・けんや):近藤芳正• 川村屋ウエイトレス 三橋佐知子(みはし・さちこ):水谷果穂• 「川村屋」職長(調理長) 杉本平助(すぎもと・へいすけ):陰山 泰(8週以降登場)• 書店「角筈屋(つのはずや)」社長 茂木一貞(もぎ・かずさだ):リリー・フランキー• クラブ「メランコリー」の歌手 煙カスミ(けむり・かすみ):戸田恵子• 歌手・煙カスミの付き人 土間レミ子(どま・れみこ):藤本沙紀• 劇団「赤い星座」看板女優 亀山蘭子(かめやま・らんこ):鈴木杏樹• 「藤正組」元親分 藤田正士(ふじた・まさし):辻 萬長 アニメーション編・東洋動画スタジオの人びと• アニメーター・作画担当 仲 努(なか・つとむ):井浦新• アニメーター・セカンド 大沢麻子(おおさわ・あさこ):貫地谷しほり(8週以降登場)• アニメーター・作画担当 井戸原 昇(いどはら・のぼる):小手伸也(8週以降登場)• 東洋動画所属の監督見習い 坂場一久(さかば・かずひさ):中川大志• なつの後輩アニメーター 神地航也(かみじ・こうや):染谷将太• 新人アニメーター 三村茜(みむら・あかね):渡辺麻友(8週以降登場)• 彩色担当 森田桃代(もりた・ももよ):伊原六花(8週以降登場)• アニメーター・セカンド 下山克己(しもやま・かつみ):川島明• 東洋映画所属のベテラン映画監督 露木重彦(つゆき・しげひこ):木下ほうか(8週以降登場)• 東洋動画の親会社・東洋映画社長 大杉満(おおすぎ・みつる):角野卓造 坂場家の人びと• 一久の父(19週登場) 坂場一直:関根勤• 一久の母(19週登場) 坂場サト:藤田三保子 【週別】追加キャスト• 第15週 藤井ディレクター:高木 渉• 作:大森寿美男• 音楽:橋本由香利• 主題歌 曲名:優しいあの子 歌手:スピッツ 所属:Grass Hopper• 語り:内村光良• 演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也、田中健二• 制作統括:磯 智明、福岡利武 各話の視聴率 『なつぞら』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 また、各週の「 最高視聴率=黄色背景」「 最低視聴率=緑色背景」で示しています。 週/曜日 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 週平均 第1週 1話 22. 8% 2話 20. 9% 3話 23. 6% 22. 2% 第3週 13話 22. 6% 14話 23. 5% 34話 21. 7% 35話 21. 6% 第9週 49話 21. 4% 56話 21. 7% 60話 19. 6% 20. 4% 第11週 61話 20. 9% 78話 19. 8% 20. 当時幼かった広瀬すず演じる奥原なつは、父の戦友で、何かあった時にはお互いの家族をみると約束していた、藤木直人演じる柴田剛男と遠く北海道の十勝に行くこととなります。 ただ、戦争の孤児であるなつをかわいそうに思いながらも、酪農一家の柴田家では、剛男の父の草刈正雄演じる柴田泰樹は、かなりの偏屈者。 なつも最初は厄介者扱いをされてとまどいます。 幼心にも、両親を亡くしたのだから仕方がないと思い、なつは酪農の仕事を必死に手伝います。 その後、幼いなつの必死な仕事ぶりに感銘を受けた泰樹は、なつに心を開き、応援します。 両親の死後心を閉じていたなつも、段々と生き生きとした子供らしさを取り戻していくのです。 そうこうするうちに、なつは吉沢亮演じる山田天陽という、絵の上手な少年と出会います。 彼からアメリカで流行している「漫画映画」のことについて話を聞き、感銘をうけ、絵を描くというような仕事に興味を持ちます。 そんなとき、岡田将生演じるたった一人の生き別れた奥原咲太郎(なつの兄)が東京で働いていることを知り、東京へ。 憧れていた、「アニメーション」の世界にチャレンジしていく感動作です。 最終回へ向けての予測としては、おそらくアニメーション業界で奥原なつは成功して有名になっていくのではないでしょうか。 なつは、東京へと旅立ってしまうけれど、きっと夢へといざなってくれた吉沢亮演じる山田天陽が、いつのまにか親友からなつにとっての恋人や大切な人へと変わっていくのではないかと思います(この予想は外れました…)。 そのあたりも見どころの今回が100作目の連続テレビ小説、お見逃しなく! 『なつぞら』の最終週(最終回)のネタバレが判明しました。 テレビ放送前に内容を知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。 関連記事 『なつぞら』各話のあらすじ 2019年4月1日からNHK総合にて放送開始された広瀬すずさん主演の連続ドラマ『なつぞら』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 第1週のあらすじネタバレ 【なつぞらカウントダウン】 本日あさ8時放送です! 広瀬すずさん演じるヒロイン・奥原なつ。 小さい体でがむしゃらに頑張るなつがとにかく健気です! 関連記事 第2週のあらすじネタバレ 草刈正雄さん演じる泰樹さんの夢は、どこにも負けないおいしいバターを作ること。 関連記事 第3週のあらすじネタバレ 広瀬すずさんと吉沢亮さんが馬で並走するシーン。 馬も吉沢さんの顔を覚えているようでした〜。 剛男と泰樹に挟まれたなつは、思い悩みながらも、二人の橋渡しをしようと四苦八苦します。 関連記事 第4週のあらすじネタバレ 天陽の家に遊びに来たなっちゃん。 山田家とパチリ。 けれど演劇の道は厳しかった…!倉田先生に何度もダメ出しを受け、打ちひしがれるなつ。 果たしてなつは『女優』になれるのか?! 早口言葉で甘噛みしちゃう広瀬すずの反則的な可愛さは必見です! 関連記事 第5週のあらすじネタバレ なっちゃん、やっとお兄ちゃんに会えてよかったね。 久しぶりの再会を祝して、天丼屋さんでのオフショット。 広瀬すずさん、カットがかかった後も天丼を食べ続けてました。 そしてなつは、富士子とともに兄・咲太郎を探しに東京へ…! お兄ちゃんとの感動の再会、そして、戦後の東京の昭和レトロな雰囲気を堪能できます! 関連記事 第6週のあらすじネタバレ スキー大会のラストシーンのオフショット。 けれどその勝利したときの条件は意外なもので…。 照男と天陽、そしてそれを見守る大人たち、なつを巡って複雑な想いが交錯します。 照男の献身的になつを気遣う優しさが、心に沁みます! 関連記事 第7週のあらすじネタバレ 天陽がなつに想いを伝えるシーンのオフショット。 広瀬すずさんはこのシーンを演じて、「天陽の本当の気持ちを受け取った気がした」と感じたそうです。 そしてついに「東京へ行きたい」と泰樹に打ち明けるなつ。 それを聞いた泰樹はつい「出て行け!」と怒鳴ってしまいますが…。 なつと泰樹の互いを想い合うが故の苦渋と決断が涙を誘います…! ついに北海道編が完結! 関連記事 第8週のあらすじネタバレ なつは北海道の家族が恋しいようですね。 北海道大学に合格した夕見子が取材されたときに撮影された柴田家集合写真(総天然色版)をどうぞ。 そして川村屋で世話になることに。 ほどなくして咲太郎とも再会を果たしますが、咲太郎は「なつが北海道で酷い扱いを受けて追い出された。 今は借金の形に川村屋で皿洗い」と勘違い。 咲太郎はなつを救うべく、川村屋から連れ出そうとしますが…。 いよいよ東京編のスタートです! 関連記事 第9週のあらすじネタバレ なつと咲太郎の父が書いた家族の絵と、咲太郎がそれをまねて描いた家族の絵。 本当に絵が上手な親子ですね。 その原因は咲太郎にあった…?! 何かとトラブルを起こす咲太郎。 けれどその裏には、我武者羅に、真摯になつを想う気持ちが秘められていました。 そしてなつは挫けず、再び試験にチャレンジします。 果たしてその結果は…! 関連記事 第10週のあらすじネタバレ 帯広の展覧会で賞をもらった天陽。 受賞挨拶後に山田家そろって、会場で記念写真。 見るもの全てが新鮮です。 東洋動画では『白蛇姫』の製作をしており、高校時代の演劇経験が生かされることに。 そしてそれが新たなチャンスにも繋がり…! 亜矢美コーディネートによる、日々のなっちゃんファッションにもぜひご注目。 そして北海道にいる天陽や照男兄ちゃんにも、おめでたいことが…! 関連記事 第11週のあらすじネタバレ 照男と砂良さんが「風車」にご来店。 今しばらくお待ちくださいませ。 そして「火垂るの墓」などの監督を務めたジブリの高畑勲がモデルと目されている坂場一久(中川大志)が、新人の監督見習いとして登場! 関連記事 第13週のあらすじネタバレ 雪次郎がバタークリームのロールケーキを作るシーンのオフショット。 生地作り、ロール、クリームを塗るなどのシーンをそれぞれ撮影。 山田裕貴さんはこの撮影に向けて、ロールケーキを初めから作る練習をしました。 「自分の夢は諦めたくない、けれど家族の夢も大事にしたい」その相反する想いに苦しみ、揺れる雪次郎と雪之助。 この二人の想いのぶつかり合いに涙必至です…! 関連記事 第14週のあらすじネタバレ 待ちに待ったなつと咲太郎の妹・千遥役は清原果耶さん。 今年4月に北海道ロケに行った清原さん。 訪れたしばた牧場の入口で記念写真。 しかし、なつたちに会いたくないと言う千遥。 その真意とは…? 千遥の過去と想いが明かされます。 そして天陽とも再会し、結婚した靖枝(大原櫻子)との馴れ初め話も。 会議室でのオフショットを頂きました。 「ヘンゼルとグレーテル」のラストを、自由に発想をとばしてアレンジします。 そして数多くのジブリ作品を手掛けている宮崎駿がモデルと目されている神地航也(染谷将太)が、新人アニメーターとして登場! 一方、咲太郎は声優会社を立ち上げ、演者として雪次郎たちに声をかけます。 果たして雪次郎たちは、無事アテレコをこなせるのか…? 関連記事 第16週のあらすじネタバレ やっぱり、じぃちゃんには勝てないですね。 泰樹さんと、じぃちゃんに抱きついた夕見子。 それを危うく思ったなつは、ひそかに富士子に相談。 そこでついに泰樹が東京へやってくる…! そして麻子からも重大発表が! 関連記事 第17週のあらすじネタバレ 天陽のアトリエに雪次郎が訪れるシーンのオフショット。 ふだんから仲の良い吉沢亮さんと山田裕貴さん。 2人きりのシーンはなかなかなく、この日は楽しそうに撮影していましたよ。 「この映画が成功したら、結婚してほしい」と、なつにプロポーズします。 しかし映画は失敗に終わってしまい…。 今まであまり表に出されなかった、坂場となつの深い愛情がほとばしります。 そして、茜もついに結婚。 お相手は意外なあの人…! 関連記事 第19週のあらすじネタバレ なつと坂場、雪次郎と夕見子、2カップルの結婚式オフショット。 また、雪次郎も夕見子にプロポーズをします。 東京に戻ったなつは、坂場の両親の一直とサトに挨拶をします。 そして、昭和四十二年(1967年)の春、なつと坂場、夕見子と雪次郎のW結婚式が十勝で行われました。 関連記事 第20週のあらすじネタバレ 「風車」で亜矢美さんと咲太郎。 そしてなつも…! 女性が出産後も働き続けることについての難しさを痛感させられます。 関連記事 第21週のあらすじネタバレ 出産シーンを初体験した広瀬すずさん。 リハーサルから涙を流していたのが印象的でした。 何度演じても自然と涙が流れ、セリフも忘れてしまうほど自然と演技に入りこんでしまったとか。 出産に際し、富士子や剛男、そして泰樹までも、心強い助っ人が十勝からやってきます! そして、ルフィをはじめ数多くのキャラを演じる人気声優・田中真弓さんがちょこっと登場! 関連記事 第22週のあらすじネタバレ 優ちゃんお誕生日おめでとう!5歳の誕生日シーンのオフショット。 一方、天陽が体調を崩してしまったという気掛かりな話も…。 その後、優とともに帰省するなつ。 死してもなお、家族へのメッセージ、なつへのエール、十勝を愛する心など、天陽の遺した想いが生き生きと伝わってきます…! 関連記事 第24週のあらすじネタバレ 「大草原の少女ソラ」のオーディションに参加して非常にインパクトのある声を披露したのは声優・沢城みゆきさん。 近くで聞くと声量が本当にすごいんです。 北海道の開拓時代を少女の視点から描く「大草原の少女ソラ」を手掛けます。 十勝へ取材に行ったり、キャラクターデザインに試行錯誤したり、声優オーディションをしたりと、また懐かしい仲間に囲まれながら、忙しくも充実した日々を送ります。 今週は、人気声優の沢城みゆきさんがアフレコに登場! 関連記事 第25週のあらすじネタバレ 奥原家の3兄妹がやっと笑顔で全員そろいました〜!なっちゃん、よかったね。 千遥は、今なお出生を隠し続ける苦しみ、夫の不義、店のことなど、様々な悩みを抱えていました。 回想シーンでは、なつのお母さん(戸田菜穂)と、そしてお父さん(内村光良)もチラッと登場! 関連記事 第26週(最終週)のあらすじネタバレ 柴田家に大集合。 みんな大切な家族です。 そこで嵐に見舞われ、大規模停電が。 柴田家の底力と結束力、そして泰樹の勇姿に心打たれる最終回です。 関連記事 スポンサーリンク.

次の

なつぞら★66話ネタバレあらすじ感想!~ちはると再会も・・・~第11週まとめ|ドラマ情報サイトのドラマイル

なつ ぞ ら ネタバレ プラス

NHK朝ドラ『 』を掲載しております。 毎回の感想あらすじレビューについては、視聴率表の下にLISTがございます。 週 月 火 水 木 金 土 26 21. 5 21. 7 21. 1 19. 3 22. 5 21. 0 25 21. 6 20. 2 21. 4 22. 7 21. 7 20. 6 24 23. 8 19. 4 19. 8 19. 5 19. 6 20. 1 23 20. 8 20. 9 20. 6 20. 8 21. 1 20. 3 22 19. 7 20. 9 20. 4 19. 9 20. 8 20. 5 21 19. 1 19. 5 19. 8 20. 5 20. 7 21. 0 20 21. 4 20. 5 20. 2 20. 3 21. 0 18. 5 19 19. 9 14. 0 21. 0 21. 5 22. 0 20. 0 18 21. 2 20. 8 20. 2 19. 5 21. 4 18. 3 17 20. 7 19. 6 21. 2 20. 2 20. 9 21. 2 16 20. 4 20. 6 20. 8 18. 7 20. 6 21. 2 15 20. 0 20. 2 19. 8 19. 9 20. 5 20. 7 14 20. 1 20. 9 22. 2 21. 3 22. 4 22. 8 13 21. 5 21. 4 20. 1 19. 6 21. 9 19. 8 12 22. 5 21. 9 21. 4 21. 9 20. 8 21. 0 11 20. 7 21. 7 20. 6 21. 0 20. 9 20. 9 10 19. 4 21. 2 20. 7 20. 0 21. 7 19. 6 9 21. 4 20. 6 20. 8 21. 2 20. 1 20. 5 8 22. 3 22. 1 22. 2 21. 4 21. 6 19. 9 7 21. 2 21. 1 23. 2 22. 4 22. 2 22. 2 6 21. 1 21. 6 21. 5 21. 7 21. 2 20. 8 5 20. 1 22. 9 22. 9 20. 0 18. 7 19. 7 4 23. 1 22. 4 22. 5 22. 7 22. 6 21. 7 3 22. 6 23. 4 23. 6 22. 2 23. 1 20. 6 2 22. 5 22. 1 23. 1 21. 9 22. 0 21. 6 1 22. 8 20. 9 23. 0 22. 4 22. 3 21.

次の