ウルトラサン れいとうビーム。 【500連勝達成】ウルトラサン バトルツリースーパーシングル~攻撃は最大の防御~

【ウルトラサンムーン】アクロマの手持ちポケモン攻略情報|バトルツリー攻略

ウルトラサン れいとうビーム

えっQRってサンムーンとウルトラサンムーンで別なの!? というわけでそれならウルトラサンムーン用にリメイクしよう、ということで構築を作ることに。 第二のピカチュウ フローゼル いくらなんでもピカチュウ1匹だけでペリッパーのサポートをするには全国ダブルは厳しいのでは?と思ったので、一匹でダメなら2匹目のピカチュウを見つけようということでポケモン調査の旅へ。 最終的に2匹目のピカチュウとしてフローゼルを採用。 !?> Q. フローゼルはピカチュウではないのでは? A. ピカチュウ:猫騙しで相手を止めて追い風をサポート、すぐに倒れてエースへ繫ぐ フローゼル:ミズZで相手を倒して追い風をサポート、すぐに倒れてエースへ繫ぐ 同じですね こうしてピカチュウ、ペリッパー、カメックス、フローゼルまで採用が確定しました。 水の効きにくい水タイプ: カプ・ レヒレ、 ニョロトノ、 ルンパッパ、 トリトドン、 スイクンなど 水の効きにくい草タイプ: カプ・ブルル、 ナット レイなど 水の効きにくいドラゴンタイプ: メガボー マンダ、 ジャラ ランガ、 サザン ドラなど これらの対策として 新ポケモンの アーゴヨン、そして アマージョを採用。 これで6匹。 WCS2017ルールではホエルオーが唯一のしおふき使いでしたが、今回WCS2018ルールではメガカメックスが使用可能です。 眼鏡ホエルオーよりかは火力が低いものの、素早さ、耐久、 技を選べる、といった点で圧倒的に優れています。 8% 対メガガルーラ H180 :160~190ダメージ 乱数1発 37. 5% 対メガメタグロス H155 :150~177ダメージ 乱数1発 75% ダブルダメで、まあ、これぐらい。 HPが159で潮吹きの最大火力が150なので、HPを見れば大体の潮吹きの威力がわかる。 みずのはどう:メインウエポンその2。 5倍は強力。 あと相手が混乱したりする。 端まで届く れいとうビーム:対草、ドラゴンに対して。 これがないとメガボーマンダやジャラランガ、カプ・ブルルなどに何も出来ないのだ…。 まもる:やすやすと失ってはいけない駒なので採用。 相手のトリルや追い風を凌ぐのにも使える便利な技です。 はどうだん:不採用。 ねこだまし:強い技だけど不採用。 カメックスはその性質上、初手に出すのではなく裏から死に出すするのがメインになる上、そのタイミングで猫騙しを撃たないといけない 潮吹きを撃てない 状況というのはそもそもカメックスの使い方として違う、ということで不採用に。 追い風下でスカーフテテフも抜けるので安心。 特性:げきりゅうは使わんでしょということであめうけざら。 一応発動することがないこともないけどまあ正直誤差かな…。 選出:ほぼ後発。 一応相手がカメックスより遅いポケモンしかいなさそうなら初手から潮吹きしにいける けどそんな構築あんまりない トリプルで一番好きなメガ枠だったので懐かしさを覚えながら使ってました。 顎枠その1です。 場に出るだけで雨が降る。 すごい。 ぼうふう:水が効かない相手、カプ・ブルルやジャラランガなどに対して撃ちます。 この技の混乱に助けられること数多。 ちなみにズキンには全然効かない。 なんだあいつ固すぎる…。 おいかぜ:これがないことには始まらない。 とはいえ追い風のターンの少なさはUSMでも同じなので、少ないターンを生かすために効率的にエースを召喚する必要があるのも変わらず。 まもる:絶対必要ってほどでもない気もしたけどあると便利なのでまあ。 ワイドガード:今回は不採用。 でもなんかUSMで強化されたらしいですね。 お好みで。 あまごい:最初は搭載してたけどフローゼルを採用したことで不採用に。 まあリザードンの攻撃の後に雨乞いしてもね…。 その他にもH振りカプ・ブルルへの暴風の乱数がかなり変わるので臆病はおすすめしません。 倒せる確立が臆病だと約3割、控えめだと約9割です。 選出:基本は初手だけど後発もたまに。 全く出さなかった試合はほぼ0。 まあ雨が降らないと話が始まらないからね。 コータス:「WCS2017と違ってコータスがいなくてリザードンになってるんだけど、対コータスは晴れとトリルのダブルパンチでだいぶきつかったのでまだリザードンの方が対処が楽だなあ」ってペリッパーが言ってました。 S操作要員として見るとなんだかんだで高火力の部類だなあ。 PGLイラストが「帰ってきたぜ!」ってポーズしてて可愛い。 いくらなんでも全国ダブルにおいてはピカチュウの居場所はないんじゃないかと思っていたのですが、どういうわけか、居場所がしっかりありました。 羨ましいですね。 トレーナーの俺は高校の文化祭準備の時に居場所がなかったというのに…。 基本の動きは避雷針で味方の水ポケモンを守りながら、隙があれば雷をぶち込むサポートポケモン、です。 あ、まず前提として、このWCS2018というルールはカントーのライチュウも出られます。 なのでこの後の比較に登場するライチュウはカントーライチュウのことです アローラは避雷針じゃないからね。 ・ねこだましが出来て ・火力が高くて ・耐久が低い です。 ライチュウと比較をしてみましょう。 ・ねこだましのための素早さ ピカチュウ:S90 ライチュウ:S110 S100ぐらいのラインに強いねこだましポケモンがいなければ、ピカチュウで良いということになりますね。 うんうん。 3%~102. 8% ピカは控えめでライチュウは臆病。 控えめライチュウという中間のポケモンもいますがそれを使うならピカチュウで良いのでまあ 控えめライチュウだとガルーラ抜けないし。 この「レヒレをワンパン出来るかどうか」の差が非常にでかいのです。 電気玉ピカチュウの最低乱数>命の珠ライチュウの最高乱数 1. 2倍以上の差があるので、どっちを採用したいか、という話。 追い風下で少しでも瞬間火力が欲しい以上、この構築にはピカチュウが良いかなと思います。 ・耐久 ピカチュウ H35 B40 D50 ライチュウ H60 B55 D80 耐久の低さにかけてはピカチュウさんの右に出るやつはいないからなあ! 唯一耐えたい攻撃である相手の電気ポケモンのサブウエポンはギリギリ耐えられるので耐久についてもピカチュウが勝利。 H振りレヒレぐらいならワンパン出来るので、基本的に弱点のポケモンは耐えられません。 等倍でも7割ぐらい削れます。 めざめるパワー氷:撃つ相手は主にメガボーマンダ 確1である。 ランドロスは他の水ポケモンが処理出来るのでともかく、ピカチュウにボーマンダを処理してほしいという場面というのは多々発生する。 幸い、ハイパーボイスは1発耐えられるぞ。 ねこだまし:初手にこれを撃って追い風のサポートをしよう。 まもる:やすやすと失ってもいい駒なのでは?という質問もあるとは思うが、実は避雷針ポケモンとしてはこの技は絶対に切れないのだ。 場に存在するだけで意味のある特性なので、避雷針ポケモンには守るが欲しいなあという話。 めざパやマジカルシャインを食らう特殊防御はともかく物理防御はそこまで必要ないのでねこだましの威力を考えるとおっとりも選択肢に入るのかなあ。 選出︰基本初手、ただし初手にフローゼルを出し、なおかつ相手に電気がいる時はピカチュウを裏から選出した。 電気タイプが相手にいるときはほぼ確定で出してもいいぐらい。 避雷針で余裕! サンダーの熱風は雨でどうにかしよう 苦手な相手:ライチュウ。 どうにもならない。 根本的に相手の避雷針が辛すぎる。 火力が高いというのはひたすらに正義だなあという感じでした。 ちなみに相手が避雷針を忘れて電気技を撃ってくる、という光景はほとんど0。 おかしい・・・みんな一体どこでピカチュウの避雷針について学んだんだ・・・。 対リザ、対トリパ、対追い風ミラーなどなどピカッパーの並びだときつい相手に対して繰り出すポケモン。 あんまり活躍するもんだから構築名からカメが抜けてフロが入り込んでしまった。 等倍なら大体ぶっ飛びます。 これを利用して、ピカチュウがねこだましで相手を止めるのと同じように、雨アクアテールで 相手をワンパンすることで相手は行動出来ない=実質ねこだまし!と言い張るのが基本の戦法。 耐久が非常に脆い パラスのタネばくだんで確定1発 為、先手でミズZで1体倒して即退場、即カメックス降臨追い風済み、なんてことが可能なのだ! 2匹目のピカチュウ、という意味が伝わったかと思う。 ・対リザードン入り 実はフローゼルの最大の強みはこっちの方。 ぶっちゃけ上に書いたミズZ即退場は別にすいすいポケモンなら誰でも出来るのです タッツーとかでも出来そう。 フローゼルにはあらゆるポケモンの中でただ一人持っている個性があります。 それが リザードンよりも速いすいすい雨乞い使いという個性。 なんとすいすいポケモンは最速がフローゼル S115 で、その次がラブカス S97。 そのため、 日照り状態で相手のリザードンの上から雨乞いをすることが出来るすいすいポケモンはフローゼルただ1匹のみ。 雨パ最大の敵は雨を干上がらせてしまうメガリザードンYの存在。 その対策として、これ以上のポケモンはいませんでした。 ・対トリパとか フローゼルはすいすいポケモンにしては珍しく挑発を使えます。 トリル対策として挑発が欲しかったので、すいすい枠のこのポケモンが挑発を使えたのはちょうど良かったです。 他にたきのぼりとアクアブレイクがあったけどZ化した時の威力がアクテは175、他二つは160だったのでアクアテールを採用。 外したら泣こう。 あまごい:対リザードン決戦兵器。 これがないと絶対にリザードンに勝てない。 アクアジェット:一応自由枠。 守るとの選択で。 ちょくちょく役に立つ。 ガルーラの不意打ちを透かすのにめちゃくちゃ便利。 ちょうはつ:対トリル、あとは補助系のポケモンに。 メンハの多そうな中耐久エスパー ゴチル・ヤレユータン はアクアテールZしたほうが良い。 ドロポン冷ビのある臆病でも問題はないけれど、アクジェ使うし、テテフとかに結構入るし、ということで陽気で。 速さ:速過ぎる。 追い風をされても相手より先に動けたりする。 なんか追い風メガメタグロスより速い。 ピカホエッパーの追い風ミラー弱い問題を一匹で解決するどころか非追い風で相手を抜き去るやばいやつ。 ミズZで相手をワンパンしてしまえば相手は行動出来ないので、Z要員に速さは大事。 HP:無振りで160なのでなんか砂ダメとか食らうたびに損した気持ちになる。 個体値1下げて159にした方が良かったか…? 中学生の頃目覚ましのアラームをフローゼルの鳴き声にしてたらフローゼルの鳴き声聞くだけで気分が悪くなる身体になって苦労したので、アラームに好きなポケモンの鳴き声を設定するのは絶対にやめましょう。 新ウルトラビーストのアーゴヨンです。 「アグノムぐらい脆い」 「種族値をメガピジョットから少しづつ減らしたポケモン」 「マスキッパ H74B72D72 と耐久種族値が酷似」 とTLでは散々な言われようですが、実際に使ってみました。 水技も電気技も通りませんからね。 しかもメガ枠はすでにいるのでボーマンダを採用することもかなわない。 そんな時に現れたこのドラゴン、雨パーティの補完として、ものすごく便利な攻撃範囲を持っています。 ・毒技の攻撃範囲 カプ・ブルル、カプ・レヒレ、ルンパッパ、ユキノオー ここらへんの、雨パだときっついポケモンたちを一撃のもとに葬ります。 ・ドラゴン技の攻撃範囲 メガボーマンダ、ジャラランガ、サザンドラ この水も電気も通らない強力なドラゴンたちもS121の流星群でワンパンです。 ・炎技の攻撃範囲 ナットレイ、カミツルギ 通常雨パだと鬼門となるナットレイにも打点を持つことが可能です。 雨が降っててもカミツルギぐらいなら余裕で倒せます。 この構築は受ける時の相性を考える必要はない というか考えられるほどの耐久がない ので、攻撃面の相性だけを考えればよく、そういう意味でこいつは補完としてぴったりでした。 毒の追加効果も嬉しい。 火力がほぼゲンガーなのでイメージしやすいのもgood。 かえんほうしゃ:対ナットレイやカミツルギに。 っていうかこれがないと鋼にあまりにも打点がないので、赤ゲージのグロスとかすら倒せなくなるので絶対欲しい。 ブレードガルドとかにも撃てるし。 りゅうせいぐん:珠流星群の火力がすさまじい。 正直舐めてたけど、ほぼラティオスの珠流星群なんだよな…。 普通に2発目とかでも火力が出る。 まもる:まあ欲しい技。 ヘドロウェーブ:このパーティで使ったら味方のほとんどがワンパンされてしまうので不採用。 りゅうのはどう:悩んだけど瞬間火力が欲しかったので不採用。 一応メガマンダを倒すだけならこれでもいけるらしい。 道具:どうせ耐久はないし高速アタッカーの定番ということでいのちのたま。 特性:ビーストブーストでSが上がる。 これによって 追い風のターンが切れた後も相手の上を取ることが可能だったりする。 そういう意味でもこの構築に噛みあっていた感じ。 耐久: ピカチュウと比べるとそこそこの耐久を持っているので、サンダーの10まんボルトぐらいなら1発は耐えられる。 高速低耐久ポケモンはやはり手に馴染む…。 使いやすかったです。 逆にサイクル重視なプレイヤーからはめちゃくちゃ評価低くなりそうですねアーゴヨン。 今後どうなるか楽しみです。 補完に欲しい要素全てを満たした完璧なポケモンです。 水技が通りませんからね。 電気は…まあピカチュウなので倒れてたりするし…。 そんな時に現れたこのポケモン、雨パーティの補完として、ものすごく便利な攻撃範囲を持っていました。 っていうかみんな知ってますよね、2017年の日本優勝構築がアマージョ in 雨パでしたし。 さて、なんとアマージョ、USMになって恐ろしい強化をされました。 なんとパワーウィップを習得。 これによってメインウエポンの火力不足問題が一瞬で解決。 A120の一致120技をぶちかませるようになりました。 ・草技の攻撃範囲 スイクン、カプ・レヒレ、トリトドンなど。 まあ水タイプ全般ですね。 ・格闘技の攻撃範囲 ナットレイ、カミツルギなど ナットレイに打点のある草タイプとかいればな~とか言ってたらあまりにもぴったりすぎる技を持っていました。 ・フェアリー技の攻撃範囲 ジャラランガ、サザンドラ、ボーマンダ、ズルズキンなど じゃれつくの存在が本当にえらい。 対ドラゴンも含めて相手出来る草タイプ、ほとんどいない。 草と格闘とフェアリー技全部を高い数値で繰り出せるのでめちゃくちゃ強かった、すごかった。 意地っ張りA120の一致120、ようするに陽気ガブリアスの逆鱗以上の威力。 やばい。 そしてこれを抜群で耐えるスイクン。 なんだあいつ。 とびひざげり:ナットレイ以外にもツンデツンデやヒードランに対しても撃てる。 ガルーラにも撃てる超便利。 じゃれつく:あまり認識されていない技らしく、ジャラランガとサザンドラがこいつから逃げないので簡単に処理出来る。 楽しい。 フェイント:ワイガが非常に多くなってきたので採用してみた。 追い風のターンを守るで凌がれることへの対策にもなっていて便利。 このポケモンは唯一交代から繰り出すことが多いポケモンなのでこのアイテムを持たせました。 特性:じょおうのいげん、これとてもつよい 片言。 ペリフロの並びからペリ引きアマ出しのミズZでガルーラをノーリスクで処理出来ちゃう。 ピカチュウが不意打ちから守られるのもすごい。 パワーウィップ習得で、今後かなり活躍の場が広がるのではないでしょうか。 残りの1枠には水が通りそうならフローゼルを、そうじゃなければアーゴヨンかアマージョの刺さってる方を選出します。 バトルツリーとかでお試しで使うときとかもこれで。 その後カメックスを展開。 」の並び。 残りの1枠には相手にデンキがいるならピカチュウを出しておくのがベター。 そうじゃなければアマとアーの好きな方を。 基本選出の2通りの内、どっちを使うのか、というのは基本的にピカチュウのねこだましが通るかどうかで判断。 相手がテテフグロスだったり、ガルーラランドロスだったりするときはピカチュウのねこだましは有効に使えないのでフローゼルを出しましょう。 その他の選出と立ち回り VSリザードン 初手: 雨乞いドロポンでリザードンを処理して試合開始。 手動雨乞いは一種の不意打ちなので、雨乞い直後にリザを倒し損ねると交換されて試合展開が難しいことになる。 ルンパッパはフローゼルに草技orどちらかにねこだましを選択するので、ここでフローゼルをアマージョに交換しながらぼうふう。 これでルンパッパを封じつつ暴風でルンパッパを処理。 VSガルーラ 初手: 基本選出で対応できない諸々をフローゼルに任せているので、大体フローゼルが初手にいる。 ガルーラをミズZで飛ばすために初手はこの2匹。 ペリッパーをアマージョにしながらフローゼルでミズZ。 これでねこだましをされても大丈夫。 ガルーラの隣が追い風とかしててもフローゼルの方が速かったりするのでセーフ。 とりあえずフローゼルのちょうはつとピカチュウのねこだましで対応したい。 場合によっては裏からアマージョ出しとかも。 トリル要員がツンデツンデの場合はカメックスを初手から出すのも良いかもしれない。 VSテテフグロス 初手: ミズZでどっちかを飛ばしながらペリッパーで追い風。 グロスは耐えることもあるのでテテフを狙った方が良いかもしれない。 ざっくりまとめると :ほぼ出す。 基本は初手。 初手に出して雨だけ降らせて引っ込むことも。 :相手に電気がいる時はほぼ出す。 初手ペリフロの時でも裏に仕込んだり。 :出す時は基本後ろから。 水がそこまで通らない相手には出さないことも度々。 :挑発ミズZ諸々便利なので初手に出すこと多し。 :基本裏から出す。 :基本裏、だけど初手に裏から飛び出してくること多し。 こんな感じですね。 戦績 この形になるまで100戦ほど色々と迷走。 当時のレートで WCSレート35位ぐらいなので全国ダブルでもピカチュウ普通に強いですね。 ちなみに全国ダブルでもWCSレートでも使えるのでお好みで。 動画 >匿名 さん クレセリアのサイドチェンジ、やばいですよね、自分も当たってやられました…。

次の

【USUM】こおり技リストと効果一覧【ポケモンウルトラサンムーン】

ウルトラサン れいとうビーム

9kg:20 ~24. 9kg:40 ~49. 9kg:60 ~99. 9kg:80 ~199. 9kg:100 200kg~:120 とんぼがえり:攻撃しつつ後続に交代 無効化されず、苦手な相手に対しの襷を温存しつつ有利な対面を作れる優秀な技です さらに一致技なのでいまひとつでもしっかりダメージを与えて後続に繋げられるのも魅力 またこの技で相手を倒すと 数的有利に持ち込みつつ後続を無償降臨なんてことも可能です どくづき:対フェアリー ・メレシー・・以外の全フェアリーをビアーの実を持った型含め 2発以内に倒せるうえ、ビーストブーストで1段階攻撃が上がればその ほとんどを一撃で倒せます 特に厄介な ・を倒せるのが非常に大きい :対ドラゴン、飛行のほか有効打がない相手にも 威嚇の影響を受けず一致技との補完に優れることから にはほぼ必須の技です やを確1 ダメージ計算 けたぐり:無振り 確1 B振り 超高乱1 99. 5~117. 7~114. 2~117. 7~112. 6~102. 1~107. 4~114. 5~112. 8~102. 3~109.

次の

【ウルトラサンムーン】全わざマシンの入手場所画像付きまとめ|USUM攻略netflixomatic.goodformandspectacle.com

ウルトラサン れいとうビーム

えっQRってサンムーンとウルトラサンムーンで別なの!? というわけでそれならウルトラサンムーン用にリメイクしよう、ということで構築を作ることに。 第二のピカチュウ フローゼル いくらなんでもピカチュウ1匹だけでペリッパーのサポートをするには全国ダブルは厳しいのでは?と思ったので、一匹でダメなら2匹目のピカチュウを見つけようということでポケモン調査の旅へ。 最終的に2匹目のピカチュウとしてフローゼルを採用。 !?> Q. フローゼルはピカチュウではないのでは? A. ピカチュウ:猫騙しで相手を止めて追い風をサポート、すぐに倒れてエースへ繫ぐ フローゼル:ミズZで相手を倒して追い風をサポート、すぐに倒れてエースへ繫ぐ 同じですね こうしてピカチュウ、ペリッパー、カメックス、フローゼルまで採用が確定しました。 水の効きにくい水タイプ: カプ・ レヒレ、 ニョロトノ、 ルンパッパ、 トリトドン、 スイクンなど 水の効きにくい草タイプ: カプ・ブルル、 ナット レイなど 水の効きにくいドラゴンタイプ: メガボー マンダ、 ジャラ ランガ、 サザン ドラなど これらの対策として 新ポケモンの アーゴヨン、そして アマージョを採用。 これで6匹。 WCS2017ルールではホエルオーが唯一のしおふき使いでしたが、今回WCS2018ルールではメガカメックスが使用可能です。 眼鏡ホエルオーよりかは火力が低いものの、素早さ、耐久、 技を選べる、といった点で圧倒的に優れています。 8% 対メガガルーラ H180 :160~190ダメージ 乱数1発 37. 5% 対メガメタグロス H155 :150~177ダメージ 乱数1発 75% ダブルダメで、まあ、これぐらい。 HPが159で潮吹きの最大火力が150なので、HPを見れば大体の潮吹きの威力がわかる。 みずのはどう:メインウエポンその2。 5倍は強力。 あと相手が混乱したりする。 端まで届く れいとうビーム:対草、ドラゴンに対して。 これがないとメガボーマンダやジャラランガ、カプ・ブルルなどに何も出来ないのだ…。 まもる:やすやすと失ってはいけない駒なので採用。 相手のトリルや追い風を凌ぐのにも使える便利な技です。 はどうだん:不採用。 ねこだまし:強い技だけど不採用。 カメックスはその性質上、初手に出すのではなく裏から死に出すするのがメインになる上、そのタイミングで猫騙しを撃たないといけない 潮吹きを撃てない 状況というのはそもそもカメックスの使い方として違う、ということで不採用に。 追い風下でスカーフテテフも抜けるので安心。 特性:げきりゅうは使わんでしょということであめうけざら。 一応発動することがないこともないけどまあ正直誤差かな…。 選出:ほぼ後発。 一応相手がカメックスより遅いポケモンしかいなさそうなら初手から潮吹きしにいける けどそんな構築あんまりない トリプルで一番好きなメガ枠だったので懐かしさを覚えながら使ってました。 顎枠その1です。 場に出るだけで雨が降る。 すごい。 ぼうふう:水が効かない相手、カプ・ブルルやジャラランガなどに対して撃ちます。 この技の混乱に助けられること数多。 ちなみにズキンには全然効かない。 なんだあいつ固すぎる…。 おいかぜ:これがないことには始まらない。 とはいえ追い風のターンの少なさはUSMでも同じなので、少ないターンを生かすために効率的にエースを召喚する必要があるのも変わらず。 まもる:絶対必要ってほどでもない気もしたけどあると便利なのでまあ。 ワイドガード:今回は不採用。 でもなんかUSMで強化されたらしいですね。 お好みで。 あまごい:最初は搭載してたけどフローゼルを採用したことで不採用に。 まあリザードンの攻撃の後に雨乞いしてもね…。 その他にもH振りカプ・ブルルへの暴風の乱数がかなり変わるので臆病はおすすめしません。 倒せる確立が臆病だと約3割、控えめだと約9割です。 選出:基本は初手だけど後発もたまに。 全く出さなかった試合はほぼ0。 まあ雨が降らないと話が始まらないからね。 コータス:「WCS2017と違ってコータスがいなくてリザードンになってるんだけど、対コータスは晴れとトリルのダブルパンチでだいぶきつかったのでまだリザードンの方が対処が楽だなあ」ってペリッパーが言ってました。 S操作要員として見るとなんだかんだで高火力の部類だなあ。 PGLイラストが「帰ってきたぜ!」ってポーズしてて可愛い。 いくらなんでも全国ダブルにおいてはピカチュウの居場所はないんじゃないかと思っていたのですが、どういうわけか、居場所がしっかりありました。 羨ましいですね。 トレーナーの俺は高校の文化祭準備の時に居場所がなかったというのに…。 基本の動きは避雷針で味方の水ポケモンを守りながら、隙があれば雷をぶち込むサポートポケモン、です。 あ、まず前提として、このWCS2018というルールはカントーのライチュウも出られます。 なのでこの後の比較に登場するライチュウはカントーライチュウのことです アローラは避雷針じゃないからね。 ・ねこだましが出来て ・火力が高くて ・耐久が低い です。 ライチュウと比較をしてみましょう。 ・ねこだましのための素早さ ピカチュウ:S90 ライチュウ:S110 S100ぐらいのラインに強いねこだましポケモンがいなければ、ピカチュウで良いということになりますね。 うんうん。 3%~102. 8% ピカは控えめでライチュウは臆病。 控えめライチュウという中間のポケモンもいますがそれを使うならピカチュウで良いのでまあ 控えめライチュウだとガルーラ抜けないし。 この「レヒレをワンパン出来るかどうか」の差が非常にでかいのです。 電気玉ピカチュウの最低乱数>命の珠ライチュウの最高乱数 1. 2倍以上の差があるので、どっちを採用したいか、という話。 追い風下で少しでも瞬間火力が欲しい以上、この構築にはピカチュウが良いかなと思います。 ・耐久 ピカチュウ H35 B40 D50 ライチュウ H60 B55 D80 耐久の低さにかけてはピカチュウさんの右に出るやつはいないからなあ! 唯一耐えたい攻撃である相手の電気ポケモンのサブウエポンはギリギリ耐えられるので耐久についてもピカチュウが勝利。 H振りレヒレぐらいならワンパン出来るので、基本的に弱点のポケモンは耐えられません。 等倍でも7割ぐらい削れます。 めざめるパワー氷:撃つ相手は主にメガボーマンダ 確1である。 ランドロスは他の水ポケモンが処理出来るのでともかく、ピカチュウにボーマンダを処理してほしいという場面というのは多々発生する。 幸い、ハイパーボイスは1発耐えられるぞ。 ねこだまし:初手にこれを撃って追い風のサポートをしよう。 まもる:やすやすと失ってもいい駒なのでは?という質問もあるとは思うが、実は避雷針ポケモンとしてはこの技は絶対に切れないのだ。 場に存在するだけで意味のある特性なので、避雷針ポケモンには守るが欲しいなあという話。 めざパやマジカルシャインを食らう特殊防御はともかく物理防御はそこまで必要ないのでねこだましの威力を考えるとおっとりも選択肢に入るのかなあ。 選出︰基本初手、ただし初手にフローゼルを出し、なおかつ相手に電気がいる時はピカチュウを裏から選出した。 電気タイプが相手にいるときはほぼ確定で出してもいいぐらい。 避雷針で余裕! サンダーの熱風は雨でどうにかしよう 苦手な相手:ライチュウ。 どうにもならない。 根本的に相手の避雷針が辛すぎる。 火力が高いというのはひたすらに正義だなあという感じでした。 ちなみに相手が避雷針を忘れて電気技を撃ってくる、という光景はほとんど0。 おかしい・・・みんな一体どこでピカチュウの避雷針について学んだんだ・・・。 対リザ、対トリパ、対追い風ミラーなどなどピカッパーの並びだときつい相手に対して繰り出すポケモン。 あんまり活躍するもんだから構築名からカメが抜けてフロが入り込んでしまった。 等倍なら大体ぶっ飛びます。 これを利用して、ピカチュウがねこだましで相手を止めるのと同じように、雨アクアテールで 相手をワンパンすることで相手は行動出来ない=実質ねこだまし!と言い張るのが基本の戦法。 耐久が非常に脆い パラスのタネばくだんで確定1発 為、先手でミズZで1体倒して即退場、即カメックス降臨追い風済み、なんてことが可能なのだ! 2匹目のピカチュウ、という意味が伝わったかと思う。 ・対リザードン入り 実はフローゼルの最大の強みはこっちの方。 ぶっちゃけ上に書いたミズZ即退場は別にすいすいポケモンなら誰でも出来るのです タッツーとかでも出来そう。 フローゼルにはあらゆるポケモンの中でただ一人持っている個性があります。 それが リザードンよりも速いすいすい雨乞い使いという個性。 なんとすいすいポケモンは最速がフローゼル S115 で、その次がラブカス S97。 そのため、 日照り状態で相手のリザードンの上から雨乞いをすることが出来るすいすいポケモンはフローゼルただ1匹のみ。 雨パ最大の敵は雨を干上がらせてしまうメガリザードンYの存在。 その対策として、これ以上のポケモンはいませんでした。 ・対トリパとか フローゼルはすいすいポケモンにしては珍しく挑発を使えます。 トリル対策として挑発が欲しかったので、すいすい枠のこのポケモンが挑発を使えたのはちょうど良かったです。 他にたきのぼりとアクアブレイクがあったけどZ化した時の威力がアクテは175、他二つは160だったのでアクアテールを採用。 外したら泣こう。 あまごい:対リザードン決戦兵器。 これがないと絶対にリザードンに勝てない。 アクアジェット:一応自由枠。 守るとの選択で。 ちょくちょく役に立つ。 ガルーラの不意打ちを透かすのにめちゃくちゃ便利。 ちょうはつ:対トリル、あとは補助系のポケモンに。 メンハの多そうな中耐久エスパー ゴチル・ヤレユータン はアクアテールZしたほうが良い。 ドロポン冷ビのある臆病でも問題はないけれど、アクジェ使うし、テテフとかに結構入るし、ということで陽気で。 速さ:速過ぎる。 追い風をされても相手より先に動けたりする。 なんか追い風メガメタグロスより速い。 ピカホエッパーの追い風ミラー弱い問題を一匹で解決するどころか非追い風で相手を抜き去るやばいやつ。 ミズZで相手をワンパンしてしまえば相手は行動出来ないので、Z要員に速さは大事。 HP:無振りで160なのでなんか砂ダメとか食らうたびに損した気持ちになる。 個体値1下げて159にした方が良かったか…? 中学生の頃目覚ましのアラームをフローゼルの鳴き声にしてたらフローゼルの鳴き声聞くだけで気分が悪くなる身体になって苦労したので、アラームに好きなポケモンの鳴き声を設定するのは絶対にやめましょう。 新ウルトラビーストのアーゴヨンです。 「アグノムぐらい脆い」 「種族値をメガピジョットから少しづつ減らしたポケモン」 「マスキッパ H74B72D72 と耐久種族値が酷似」 とTLでは散々な言われようですが、実際に使ってみました。 水技も電気技も通りませんからね。 しかもメガ枠はすでにいるのでボーマンダを採用することもかなわない。 そんな時に現れたこのドラゴン、雨パーティの補完として、ものすごく便利な攻撃範囲を持っています。 ・毒技の攻撃範囲 カプ・ブルル、カプ・レヒレ、ルンパッパ、ユキノオー ここらへんの、雨パだときっついポケモンたちを一撃のもとに葬ります。 ・ドラゴン技の攻撃範囲 メガボーマンダ、ジャラランガ、サザンドラ この水も電気も通らない強力なドラゴンたちもS121の流星群でワンパンです。 ・炎技の攻撃範囲 ナットレイ、カミツルギ 通常雨パだと鬼門となるナットレイにも打点を持つことが可能です。 雨が降っててもカミツルギぐらいなら余裕で倒せます。 この構築は受ける時の相性を考える必要はない というか考えられるほどの耐久がない ので、攻撃面の相性だけを考えればよく、そういう意味でこいつは補完としてぴったりでした。 毒の追加効果も嬉しい。 火力がほぼゲンガーなのでイメージしやすいのもgood。 かえんほうしゃ:対ナットレイやカミツルギに。 っていうかこれがないと鋼にあまりにも打点がないので、赤ゲージのグロスとかすら倒せなくなるので絶対欲しい。 ブレードガルドとかにも撃てるし。 りゅうせいぐん:珠流星群の火力がすさまじい。 正直舐めてたけど、ほぼラティオスの珠流星群なんだよな…。 普通に2発目とかでも火力が出る。 まもる:まあ欲しい技。 ヘドロウェーブ:このパーティで使ったら味方のほとんどがワンパンされてしまうので不採用。 りゅうのはどう:悩んだけど瞬間火力が欲しかったので不採用。 一応メガマンダを倒すだけならこれでもいけるらしい。 道具:どうせ耐久はないし高速アタッカーの定番ということでいのちのたま。 特性:ビーストブーストでSが上がる。 これによって 追い風のターンが切れた後も相手の上を取ることが可能だったりする。 そういう意味でもこの構築に噛みあっていた感じ。 耐久: ピカチュウと比べるとそこそこの耐久を持っているので、サンダーの10まんボルトぐらいなら1発は耐えられる。 高速低耐久ポケモンはやはり手に馴染む…。 使いやすかったです。 逆にサイクル重視なプレイヤーからはめちゃくちゃ評価低くなりそうですねアーゴヨン。 今後どうなるか楽しみです。 補完に欲しい要素全てを満たした完璧なポケモンです。 水技が通りませんからね。 電気は…まあピカチュウなので倒れてたりするし…。 そんな時に現れたこのポケモン、雨パーティの補完として、ものすごく便利な攻撃範囲を持っていました。 っていうかみんな知ってますよね、2017年の日本優勝構築がアマージョ in 雨パでしたし。 さて、なんとアマージョ、USMになって恐ろしい強化をされました。 なんとパワーウィップを習得。 これによってメインウエポンの火力不足問題が一瞬で解決。 A120の一致120技をぶちかませるようになりました。 ・草技の攻撃範囲 スイクン、カプ・レヒレ、トリトドンなど。 まあ水タイプ全般ですね。 ・格闘技の攻撃範囲 ナットレイ、カミツルギなど ナットレイに打点のある草タイプとかいればな~とか言ってたらあまりにもぴったりすぎる技を持っていました。 ・フェアリー技の攻撃範囲 ジャラランガ、サザンドラ、ボーマンダ、ズルズキンなど じゃれつくの存在が本当にえらい。 対ドラゴンも含めて相手出来る草タイプ、ほとんどいない。 草と格闘とフェアリー技全部を高い数値で繰り出せるのでめちゃくちゃ強かった、すごかった。 意地っ張りA120の一致120、ようするに陽気ガブリアスの逆鱗以上の威力。 やばい。 そしてこれを抜群で耐えるスイクン。 なんだあいつ。 とびひざげり:ナットレイ以外にもツンデツンデやヒードランに対しても撃てる。 ガルーラにも撃てる超便利。 じゃれつく:あまり認識されていない技らしく、ジャラランガとサザンドラがこいつから逃げないので簡単に処理出来る。 楽しい。 フェイント:ワイガが非常に多くなってきたので採用してみた。 追い風のターンを守るで凌がれることへの対策にもなっていて便利。 このポケモンは唯一交代から繰り出すことが多いポケモンなのでこのアイテムを持たせました。 特性:じょおうのいげん、これとてもつよい 片言。 ペリフロの並びからペリ引きアマ出しのミズZでガルーラをノーリスクで処理出来ちゃう。 ピカチュウが不意打ちから守られるのもすごい。 パワーウィップ習得で、今後かなり活躍の場が広がるのではないでしょうか。 残りの1枠には水が通りそうならフローゼルを、そうじゃなければアーゴヨンかアマージョの刺さってる方を選出します。 バトルツリーとかでお試しで使うときとかもこれで。 その後カメックスを展開。 」の並び。 残りの1枠には相手にデンキがいるならピカチュウを出しておくのがベター。 そうじゃなければアマとアーの好きな方を。 基本選出の2通りの内、どっちを使うのか、というのは基本的にピカチュウのねこだましが通るかどうかで判断。 相手がテテフグロスだったり、ガルーラランドロスだったりするときはピカチュウのねこだましは有効に使えないのでフローゼルを出しましょう。 その他の選出と立ち回り VSリザードン 初手: 雨乞いドロポンでリザードンを処理して試合開始。 手動雨乞いは一種の不意打ちなので、雨乞い直後にリザを倒し損ねると交換されて試合展開が難しいことになる。 ルンパッパはフローゼルに草技orどちらかにねこだましを選択するので、ここでフローゼルをアマージョに交換しながらぼうふう。 これでルンパッパを封じつつ暴風でルンパッパを処理。 VSガルーラ 初手: 基本選出で対応できない諸々をフローゼルに任せているので、大体フローゼルが初手にいる。 ガルーラをミズZで飛ばすために初手はこの2匹。 ペリッパーをアマージョにしながらフローゼルでミズZ。 これでねこだましをされても大丈夫。 ガルーラの隣が追い風とかしててもフローゼルの方が速かったりするのでセーフ。 とりあえずフローゼルのちょうはつとピカチュウのねこだましで対応したい。 場合によっては裏からアマージョ出しとかも。 トリル要員がツンデツンデの場合はカメックスを初手から出すのも良いかもしれない。 VSテテフグロス 初手: ミズZでどっちかを飛ばしながらペリッパーで追い風。 グロスは耐えることもあるのでテテフを狙った方が良いかもしれない。 ざっくりまとめると :ほぼ出す。 基本は初手。 初手に出して雨だけ降らせて引っ込むことも。 :相手に電気がいる時はほぼ出す。 初手ペリフロの時でも裏に仕込んだり。 :出す時は基本後ろから。 水がそこまで通らない相手には出さないことも度々。 :挑発ミズZ諸々便利なので初手に出すこと多し。 :基本裏から出す。 :基本裏、だけど初手に裏から飛び出してくること多し。 こんな感じですね。 戦績 この形になるまで100戦ほど色々と迷走。 当時のレートで WCSレート35位ぐらいなので全国ダブルでもピカチュウ普通に強いですね。 ちなみに全国ダブルでもWCSレートでも使えるのでお好みで。 動画 >匿名 さん クレセリアのサイドチェンジ、やばいですよね、自分も当たってやられました…。

次の