カミキリムシ。 カミキリムシを育てよう!カミキリムシが食べる餌や注意点まとめ

カミキリムシの駆除|殺虫剤で対策!予防するには?

カミキリムシ

カミキリムシが被害をもたらす樹木は主に、カエデ、クワ科、ミカン類などの柑橘系の樹木、エゴノキ、ビワ、梨、イチジクなど多岐にわたります。 イチジクにつくカミキリムシはゴマダラカミキリムシなどが多いようです。 日本全国に広く生息し見た目は黒っぽく白い斑点があり、長い触角とやや細長い体つきの昆虫です。 成虫の大きさは約3,5cmほどです。 幼虫時代は白いような半透明の芋虫です。 カミキリムシの中には幼虫・成虫共に樹木を食べる種類がいます。 それも、朽ち果てた倒木ではなく、現在生きている樹木を好むのが特徴です。 とりわけイチジクの樹を好むようでもあります。 カミキリムシの幼虫がついた樹は中が空洞化し、生育に支障が出てイチジクのように果樹を結実させたい場合致命的ともいえる状態になってしまいます。 カミキリムシはテッポウムシとも呼ばれています。 テッポウムシとはカミキリムシが成虫になる時に幼虫が樹に開ける穴の形状の事です。 カミキリムシの行動 カミキリムシは、良さそうな樹木を見つけて根っこの部分に産卵します。 その数は300個ともいわれます。 卵の大きさは3mmくらいで、びっしり付いている事もあります。 産卵された卵はおおよそ10日で孵化します。 産卵時期は5月、6月の為に孵化する時期に微妙なずれが生じます。 そうなると、幼虫たちは次々に孵化しイチジクの樹の表面から徐々に樹を食べ進み内部に入り込み、トンネルを掘るように侵入してしまいます。 そのうち樹木に穴が開き、枝が枯れたようになり、周囲には木くずが散乱し、イチジクの結実も何も樹木本体に多大なダメージを与えています。 カミキリムシの幼虫は樹木の内部で越冬します。 翌年には樹を食べて成長したカミキリムシの成虫がぞろぞろと出てくるという事態になってしまいます。 カミキリムシを見つけるポイント 春先 カミキリムシが産卵した樹の部分には、樹皮の変色やヤニのようなものが見られます。 ここで卵を取り除ければ一番良いです。 5月から6月頃 幼虫が木質部を食い荒らすと穴が開きます。 周りには木くずが残っているはずです。 また、カミキリムシの糞も周辺にあるはずです。 カミキリムシの糞は一見木屑のようですが、見逃さないようにします。 イチジクは夏に実をつける場合と、秋に実をつける場合があります。 夏に収穫したい時は6月頃に剪定し、秋に収穫する時は2~3月頃に剪定を行います。 結実するまでは2、3年ほどかかるようで、新しく出てきた枝の先に実をつけます。 その間葉や枝が密集しないように樹形を整える事でカミキリムシの痕跡を発見しやすくします。 カミキリムシの駆除方法について 幼虫が既に樹に穴を開けている場合 穴から駆除剤をスプレーします。 その時は樹の食べられていない部分に薬剤がつかないように注意します。 駆除剤はテッポウムシ(カミキリムシの幼虫)用のものがあります。 成虫になってしまった場合 この段階になると、カミキリムシたちはイチジクの葉を食べにぞろぞろと出てきています。 葉には穴が開いているはずです。 これはもう、一匹ずつ捕まえて何とかするしかありません。 カミキリムシの数が多い場合は駆除剤を使うしかないでしょう。 カミキリムシの駆除 カミキリムシ及びその幼虫の被害を防ぐ為には産卵させない事が重要です。 遅くても卵の状態の時に見つける方がいいでしょう。 その為、よくイチジク樹の周囲を掃除し観察を怠らない事が大切です。 カミキリムシの幼虫が樹の内部まで入り込んでしまうと、イチジクにとって大事な木質部分を喰われている可能性があります。 樹の状態をはかるひとつの目安として、そんなに強い風が吹いていないのにイチジクの枝が変な風に折れてしまったりする場合、カミキリムシや何等かの原因で樹木が弱っている可能性があります。 いつもと違うな、という箇所を見つけたらすぐに手を打ちましょう。 (ライター:おもち).

次の

カミキリムシ幼虫退治

カミキリムシ

まだ実家に住んでいた頃、頂いたバラが綺麗だったので、挿し木で増えるかなと日当たりのいい一角に枝を挿しておいたことがありました。 数年で徐々に大きくなり、挿し木していたことを思い出した頃にはとても大きくなっていました。 さすがに 「これは、おかしい!」と思い、調べてみたところ、 カミキリムシの幼虫に囓られていたようです。 カミキリムシ、バラ以外にもいろんな木を囓るんですよね。 園芸家や農家にはとことん嫌われているカミキリムシ…… 今回はカミキリムシの駆除について調べました。 Contents• 憎いアイツをシャットアウト!カミキリムシの成虫の駆除方法 もし自宅の庭の木にカミキリムシの姿を見つけたら、次の方法でカミキリムシを駆除します。 そして、胴体から頭を取ってしまいます。 この方法は、 親戚の農家で 実際にやっている駆除方法なんですよ。 ひねってぽい!っと簡単ですが、噛まれたら痛いので、 軍手などしてくださいね。 これは、私が農家になるための高いハードルだと思った方法だったりします。 が、憎き害虫と思うようになれば平気になってしまうのかも? でもまぁ、趣味の範囲なら薬剤を使う方が精神的に良いですね。 物理的に覆ってしまう方法で、全部覆ってしまうのが無理な場合は、下の方だけでも効果があるようです。 樹木保護コート剤というのもあります。 木を強くするというのは、成虫のカミキリムシをは 樹勢の衰えた木の幹に産卵するそうなので、 そもそも産卵されないような強い木にすることが予防になるということなんですね。 黒い体に白いゴマを降ったような模様があります。 果実の収穫を楽しみに育てている果樹がカミキリムシに食い荒らされたら、やっぱり害虫認定しちゃいますよね。 不戦敗は一度きりにしたいもの カミキリムシの駆除方法をみてきましたが、どうでしたか? 成虫は見つけ次第捕殺し、幼虫も容赦しない…… 綺麗な花を咲かせるには、カミキリムシとの戦いは避けられないようです。 まぁ、私のバラは不戦敗でしたが。 戦わずして勝つのが、やはり一番いいですよね。

次の

カミキリムシの駆除|殺虫剤で対策!予防するには?

カミキリムシ

幼虫 1.生態 産卵された卵は次年の5~6月頃に羽化して成虫となり、遅く生まれた卵は次々年に成虫となります。 羽化後は約10日で産卵を開始し、卵は7~10日でふ化します。 産卵期間は6~10月頃までで最盛期は6~7月頃、産卵数は平均200卵と非常に多い。 卵は地際部の樹幹に産み付けられ、そこからは樹液や樹皮の変色が見られます。 2.被害 幼虫は樹皮の内側にある形成層から幹の芯部へ根株に向かって食害し、空洞ができます。 食害した穴付近に木屑が出てくるのでよくわかるでしょう。 空洞が大きくなると枝や幹が折れることがあるので留意することです。 成虫は新しい梢の軟らかい樹皮を食害します。 これが枝枯れの原因となることがあります。 3.防除及び対処 基本的に被害が多いのは老木や樹勢の弱った樹木です。 生育環境に配慮して樹勢よく育てれば、それが予防となります。 カミキリムシの最盛期に忌避効果となる「酢農薬を2週間毎に幹や枝へ散布すること」や「草木灰を根元周りの土壌面へ散布すること」等を行うとよいでしょう。 これらは樹木の活力剤となって樹勢もよくなります。 幼虫及び卵は見つけ次第駆除することが大切です。 テッポウムシによって樹幹の空洞がひどくなった場合は、その幹を根元から伐採して萌芽更新を図る方法があります。 この方法は萌芽力のある樹種に適しています。 針金等での補殺が難しい場合は、園芸用キンチョールE等を穴の中へ噴霧して殺虫します。 穴から雨水が入るようであれば樹皮テープやツギロウ等で穴を塞ぐとよいでしょう。 有機リン系殺虫剤が含まれた白色塗布剤(ガットサイドS等)を塗布すれば産卵防止にもなります。 卵さえ産下されなければ被害は拡がらないので、忌避対策に重点を置くことがよいでしょう。 成虫を忌避させるためには酢農薬や草木灰を散布する方法、根元周りへネットを張る方法があります。 カミキリムシ類の種類によってではありますが、「そのカミキリムシが好む樹種の伐枝や伐幹を別の場所に置いておけば、カミキリムシはそこへ産卵するようになり虫害は回避できる」という事例もあります。

次の