歯 が 痛い 時 の 応急 処置。 噛むと痛い歯は治療が必要!歯科医院にくる前の応急処置の方法も解説

歯が痛い原因で多いもの3つと応急処置

歯 が 痛い 時 の 応急 処置

水がしみる 知覚過敏症 歯グキが退縮して歯の根が露出したり、歯の付け根にくさび状のすり減りがある場合に生じる過敏症。 対応 常温もしくはぬるま湯でゆすぎ、知覚過敏用の歯磨き剤を用いてプラークコントロールをする 治療方法• 軽症の場合=歯に薬を塗布したり、詰め物をして刺激を遮断します。 重症の場合=神経の治療をする ムシ歯 ムシ歯の進行状態により処置する。 対応 ぬるま湯でゆすいで、ムシ歯の周りを清潔に保つ。 ムシ歯は自然治癒しないので、早く歯科医院へ行く。 治療方法• ムシ歯が象牙質までで止まっている場合(C1、C2など)=ムシ歯を除去し、詰めて治します• ムシ歯が神経(歯髄)にまで達している場合(C2、C3など)=神経を取って、ほとんどの場合かぶせて治します 歯髄炎 ムシ歯が神経まで進行していたり、外部からの大きな衝撃により神経に炎症が生じた場合 対応 ぬるま湯でゆすぎ清潔に保ち、いつも服用している鎮痛剤を飲み、早急に歯科医院で治療を受ける 治療方法• 神経をとる治療をする• 親知らずの場合歯を抜くこともあります 2. 歯ぐきが腫れている 歯肉炎 プラークコントロールが不十分で歯肉が赤く腫れている状態 対応 出血を気にせず上手にブラッシング 治療方法 歯石を取りプラークコントロールをすることにより症状の改善を待つ 萌出性または智歯周囲炎 歯が生えてくる時の周りの歯肉や、親知らずの周りの歯肉が腫れる状態 対応 口腔内を清潔にする 治療方法• 軽症の場合=自然治癒する場合もある• 重症の場合=腫れて膿が溜まっている場合は切開して膿を出し抗生剤などを服用する 歯周病 プラークコントロールが不十分な場合には細菌感染により突発的に腫れることがある 対応 歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどを利用して口腔内を清潔に保ち早急に歯科医院を受診する 治療方法• 切開して膿を出し、抗生剤の服用• 歯を残すことが出来ないぐらい重症な場合は抜歯となる 3. 噛むと痛む 歯根膜炎 歯髄炎がさらに進行した状態、もしくは神経を取った歯の根の先に炎症が生じた状態 対応 鎮痛剤を服用するか、冷やして痛みが和らぐようであれば冷やす 治療方法• 歯の根の治療• 保存不可能な歯や親知らずは抜歯することになります 歯周病 歯を支えている周りの組織(歯グキ、骨、歯と骨を結んでいる組織)に、細菌感染により 炎症を起こした状態 対応 痛くなった歯は噛むと痛く噛めない、早く歯科医院で治療しないとますますひどくなる。 治療方法 細菌感染にたいして抗生物質などを服用します• 軽症の場合=噛み合わせを調整し様子をみます• 中症の場合=歯を固定し噛み合わせを安定させます• 重症の場合=歯を抜くこともあります 歯周病 冠や詰めた物が高い時に、噛むと痛いことがあります 対応 歯科医院で高さの調整をしてもらってください 治療方法 高さ、噛み合わせの調整.

次の

歯の痛みを和らげる方法・虫歯の応急処置法 [虫歯] All About

歯 が 痛い 時 の 応急 処置

乾いたタオルでは十分に冷やせないことがあります。 冷却シートがある場合は、頬に直接貼って冷やします。 冷やすことで患部の血流を緩やかにすると、痛みがやわらぐ効果が見込めます。 奥歯に食べカスや汚れが詰まっていると、痛むことがあるためです。 ぬるま湯が用意できないときは、常温の水でゆすぎましょう。 冷たい水でゆすいだり、強くゆすいだりすると、刺激となり痛むことがあります。 ゆすいでも汚れが取れないときは、デンタルフロスといったケア用品で、患部に刺激を与えないよう丁寧に汚れを取り除きましょう。 痛みを感じたら、早い段階で飲んでおきましょう。 塗り薬を使う場合、指が患部に直接触れないように注意しましょう。 冷やしすぎると血行不良を招く恐れがあるほか、氷が皮膚にくっついてしまった場合、無理に剥(は)がすことで皮膚を傷つけてしまうことがあるためです。 また、氷を口に含んで奥歯を直接冷やすことも控えた方が良いでしょう。 急な温度変化が刺激となり、痛みを増大させてしまうことがあります。 口の中の汚れを取り除く際も、患部にはできるだけ触れないよう注意しましょう。 触れてしまった場合は、ぬるま湯や常温の水で口をゆすぎましょう。 飲酒や運動は控え、入浴はぬるめのシャワーにしておくことをおすすめします。 喫煙は控えた方が良いでしょう。 奥歯を噛むと痛いときに考えられる原因と治療法 奥歯が痛む原因と、どんな治療法があるかを紹介します。 応急処置で一時的に痛みが治まっても、原因が改善されたとは限りません。 悪化する恐れもあるため、歯医者さんを受診することをおすすめします。 溶けた分だけ歯が薄くなり、虫歯部分と神経との距離が近くなります。 この状態では刺激が神経に伝わりやすく、冷たい飲み物や熱い飲み物がしみる、噛んだときに痛む、といった症状が出ることがあります。 虫歯が神経に達すると、さらに強い痛みが生じます。 神経に達している場合は、根管治療(こんかんちりょう)と呼ばれる、歯の根の治療をおこなうことがあります。 炎症が進むと、歯を支える骨も溶かされていきます。 骨が溶かされると歯がグラグラするようになり、通常の力で噛んだ場合でも痛むことがあります。 力を込めて噛むことが多い奥歯は、強い痛みを感じることもあるようです。 進行している場合、歯周ポケットの深い部分の歯石を除去する治療や、歯茎を切開して歯石を除去する治療をおこなうこともあります。 なお、歯医者さんでは歯石の除去と併せて、ブラッシング指導をしてくれます。 正しい歯磨きの仕方を覚え、歯垢や歯石を溜めないようにすることが大切です。 これを根尖性歯周炎と言います。 膿が歯を支える骨も溶かすようになり、強い痛みが生じます。 再度細菌に感染するのを防ぐため、歯の根に詰め物をしてしっかりと塞(ふさ)ぎます。 炎症の範囲が広く、周囲の歯や歯茎、歯を支える骨などの組織まで影響がおよぶ恐れがある場合、歯の根の先を切除したり、抜歯したりすることもあるようです。 歯ブラシが行き届かずに食べカスが溜まり、細菌が増殖することで虫歯になったり、周囲の歯茎に炎症を起こしたりして痛むこともあります。 親知らずが原因で虫歯や炎症を起こしている場合、治療しても再発する確率が高くなるためです。 抜歯するかどうかは、親知らずが生えている向きや、周囲の歯や歯茎に与える影響といったことも関わってきます。 最適な治療法については、歯医者さんを受診した際に詳しく聞いてみましょう。 その歯の神経にダメージが蓄積し、噛んだときに痛みが生じることがあります。 歯を削って改善することもあれば、歯列矯正したり、顎の骨を削ったりすることで改善を目指すこともあります。 具体的な治療法は歯医者さんを受診した際に詳しく聞き、自分が納得のいく方法を選ぶようにしましょう。 歯根膜は、口の中に髪の毛が一本入ったような、小さな刺激ですら感じ取れるほど敏感であると言われています。 歯根膜が炎症を起こすと、噛むことで強い痛みを感じるようになります。 しかし、寝ている間の歯ぎしりは、意識して改善することが困難です。 歯医者さんで、歯ぎしり防止用のマウスピースを作製することも検討しましょう。 また、歯ぎしりや食いしばりの原因の多くは、ストレスと言われています。 適度な運動を取り入れる、リラックスできる時間を設けるといった、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。 細菌が増殖し、クラウンと歯の隙間に虫歯ができると、噛んだときに痛みを感じるようになります。 土台の歯は、削られたことに加えて、2本で3本分の噛む力を支えることになります。 その分大きな負担がかかるため、神経が刺激を受け、噛んだときに痛むことがあります。 症状が改善されない場合、ブリッジを撤去して歯の神経を治療することもあります。 ブリッジを撤去した場合、再度ブリッジにするかどうかは、歯医者さんとよく相談して決めましょう。 歯が破折すると、亀裂から細菌が侵入し、歯の神経に炎症を起こすことがあります。 すると、噛んだときに強い痛みを感じるようになります。 複雑に破折している場合、一度抜歯して接着剤で歯のかけら同士を接着し、元の場所に戻すといった治療をすることもあります。 まずは歯医者さんを受診し、症状の度合いを診てもらうとともに、最適な治療法について相談しましょう。 上顎の奥歯に虫歯や歯周病があり、歯の根まで進行している場合、細菌が上顎洞に侵入することがあります。 上顎洞に侵入した細菌が炎症を起こすと、膿が溜まります。 膿によって神経が圧迫され、噛むと痛みが生じることがあります。 感染が広範囲におよぶ場合、抜歯することもあるようです。 鼻の病気が原因になっているケースでは、歯医者さんから耳鼻いんこう科を紹介されることがあります。

次の

【すぐ試せる】眠れないほど歯が痛いときの応急処置

歯 が 痛い 時 の 応急 処置

皆さんは、ふとした時に歯が欠けてしまった経験はありますか? 道で転んだり、野球のボールが顔面に当たったりするなどして、歯に強い衝撃が加わると、歯が欠けることがあります。 そんな時、応急処置を施すことで、その後の歯科治療もスムーズに行えることがあります。 ここではそんなケースにおいて、適切な歯の保存方法や応急処置法を詳しく解説します。 欠けた歯は捨てないで! 外傷などによって歯が欠けたり、抜けたりした場合は、保存するように努めてください。 どうせもう使い物にならないと思って、捨ててしまうのはあまりにももったいないからです。 なぜなら、欠けた歯や抜けた歯というのは、状態によってはそのまま元に戻せることがあるからです。 そこで気になるのが欠けた歯の保存方法ですよね。 保存方法によって歯を再利用できるかが決まりますので注意しましょう。 欠けた歯の保存方法 欠けた歯は、乾燥させてはいけません。 歯には、歯根膜などの生きた組織が付着しており、これらを生かしたまま保存することによって、歯科治療の際に再利用できるからです。 もしも欠けた歯を放置して、乾燥させてしまうと、再利用することは難しくなるため要注意です。 そこで保存液として最適なのが牛乳です。 牛乳の浸透圧は、体液の浸透圧とほぼ同じなので、牛乳に浸けることで歯根膜などの組織が変性するのを防ぐことができます。 ただし、牛乳に含まれる脂肪分が歯根膜に付着すると、歯の再植等が難しくなりますので、できれば無脂肪乳を使うようにしてください。 もしも、身近なところに牛乳がない場合は、お口の中に入れておくというのも、ひとつの適切な保存方法といえます。 間違っても、水道水に浸けるようなことはしないでください。 水道水で洗ってはいけない 欠けたり抜けたりした歯は、地面に落ちるなどして汚れてしまうケースがほとんどです。 すると、水道水で洗ってから保存する方が衛生的と思えますが、それは間違いです。 欠けた歯を水道水で洗ってしますと、歯根膜組織に悪影響が及ぶことがあるため、再植できなくなるのです。 もちろん、欠けた歯を消毒することも間違っています。 また、欠けた歯を手で触ることも控えるようにしましょう。 それは欠けて断片となった歯質だけでなく、お口の中に残っている歯質も同様です。 欠けた歯というのは、どうしても気になって舌や手で触りたくなりますが、そうすることで歯に雑菌が入り込んでしまいます。 これもまた、欠けた歯の歯科治療に悪影響を及ぼすことがあるのです。 すぐに歯医者に診てもらう 欠けた歯に対する応急処置が済んだら、すぐに歯医者に診てもらいましょう。 歯科医院に行くまでの時間は、早ければ早いほど、欠けた歯を元に戻せる可能性が高まります。 また、お口の中に残っている歯質も、時間が経過するほど感染のリスクが高まりますので、早期の受診が求められます。 歯が欠けた場合の対処法で、最も良くないのは放置することです。 ほんの少し欠けただけだからと、治療を受けず放置していると、虫歯になるリスクが急激に高まります。 また、歯の一部が欠けたことによって噛み合わせが変化し、歯列全体に悪影響を及ぼすこともあり得るのです。 それだけに、歯が欠けたり抜けたりしたら、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。 歯が欠けた時の治療法 歯が欠けた時の治療法は、状況によって大きく異なります。 例えば、応急処置が正確で、なお且つ歯の保存状態が良好であれば、そのまま欠けた歯を元の位置に接着することがあります。 あるいは、歯がすっぽりと脱落してしまったケースでは、元の位置に戻す処置が行われます。 けれども、欠けた歯を元に戻せるケースばかりではないのが現実です。 歯科を受診した時点で、欠けた歯が使えない状態であったり、お口の中に残っている歯に感染などのトラブルが生じたりしているケースでは、レジンによる修復処置が施されます。 欠けた部分が広範囲に及ぶ場合は、被せ物を製作します。 さらに、歯の神経が露出してしまうほど、大きく欠損した症例では、根管治療を必要とすることも珍しくありません。 歯が欠けた時の治療法というのは多岐にわたります。 どういった治療法が最適かは、歯医者にお口の状態を診てもらわなければわからないかもしれません。 まとめ このように、何らかのトラブルで歯が欠けた時は、まず適切な応急処置を施すことが不可欠です。 欠けた歯を再利用できるかどうかは、歯医者を受診してみなければわかりませんので、とにかく上述した方法で保存することをおすすめします。 また、お口の中に残っている歯質は、舌で舐めたり、手で触ったりすることなく、清潔な状態を保ちましょう。 その上で、可能な限り早く、近くの歯科医院を受診してください。 歯医者は、欠けた歯の対処法に慣れていますので、とにかく歯科医院に駆け込むことで、適切な処置を施してくれます。 具体的な治療法はケースバイケースとなっています。

次の