エレン 骨。 エレン・イェーガー 傘 進撃の巨人 進撃の巨人

【進撃の巨人】130話ネタバレ!世界を滅ぼそうとするエレン

エレン 骨

「エレン?」 大きな窓の下、日の光を浴びながら目を閉じていた俺が、突然顔を上げ辺りを見回すように動いた事に母親が訝しげに呼んだ。 俺は、それに反応する事無く顔を外に向ける。 数年前に失明してから全く何も見えない。 けれど、俺は見えているかのように外に顔を向けていた。 「母さん」 喉が渇く。 声は上手く出ているだろうか? 「ここを出た方がいい」 嫌な予感しかしない。 今すぐに、ここを離れろ。 そればかりが脳内を回る。 母親が居るだろう場所を振り返る。 空気の流れを感じた。 俺の言葉を信じて動いてくれたのだと知る。 俺が、こういう事を言い始めた時、ほんの少しだけ猶予がある。 ちょっとした準備に走った母を尻目に俺は玄関に向かった。 玄関わきに置いていた、普段は使わない杖を手に取る。 外に繋がる方向に向かうのは良くない気がする。 つまり、内地側に向かう必要がある。 普段歩きなれた外へつながる道。 外への憧れから、そちらにばかり向かっていた。 だから、今から向かうのは未知の領域だ。 何があるか分からない。 「エレン」 脅かさないためだろう。 名を呼び、母が優しく肩を撫でた。 そんな気遣いは必要ない、何時もそう言っているのに、今は非常事態で、俺に余裕がない事を感じ取ってくれているのだろう。 知らず緊張に固まっていた身体から力を抜き頷いた。 肩から腕を伝い、母の手が俺の掌に重なる。 ゆっくりと俺の手を引いて外へ促してくれた。 轟音と遅れて、全身に痛みを覚える。 呼吸が乱れ、上手く空気を吸い込めない。 それでも、直ぐ傍に立っていたはずの母を探す。 「かぁ…さ……」 「大丈夫。 エレン。 カルラさんも、無事」 だから落ち着いて。 大丈夫、大丈夫と背を何度も撫でられる。 「ミ、カサ……?」 「うん」 「いったい、何が……」 「巨人が出たの。 壁を超える程大きな……ここは、もう駄目」 地響きが聞こえる。 徐々に内側に広がって行く。 「壁が、壊れた……?」 「もう、ここは駄目。 行こう?エレン」 腕を強く引っ張られる。 勢いで立ち上がり、そのまますっぽりと抱きしめられた。 「ミカサ……」 胡乱な声が出る。 何時も、唐突に意味が解らない。 しかも、時と場合を選ばずに意味が解らない。 「逃げよう?エレン。 「ミ、……ミカ、サ」 担ぎ上げられ……多分、担ぎ上げられてると思う。 細い骨が腹の辺りを抉って……かなり、痛苦しい。 「掴まってて。 大丈夫、落としたりしないから」 突然、向きを変えられ遠心力に上半身が振られる。 頭が揺れ、軽く酔いそうだ。 「ミカ、サ」 「大丈夫。 必ず守るから」 力強く告げ、彼女は俺を慮る事無く猛ダッシュを開始したのだった。

次の

エレン「合コン」

エレン 骨

母のときと同じく、ハンネスが食われていくところを見ていることしかできなかったエレン。 巨人に囲まれ絶望的な状況の中、ミカサから死を覚悟したように感謝を伝えられた彼は、巨人化も武器もないままに、それでも母とハンネスを食った巨人へと拳をつきつけます。 そのとき発動したのが「座標」。 ライナー、ベルトルト、ユミルといった巨人化能力を持つ者たちの頭に電流のようなものが走ると同時、無知性巨人たちが一斉に母たちの仇の巨人へと群がっていったのです。 さらにエレンがライナーたちに殺意を向けると、そちらに巨人が襲い掛かります。 数多の巨人が、エレンの意思に従って動いたのです。 エレンたちの祖先は、「大地の悪魔」と契約し巨人の力を手に入れた少女、ユミル・フリッツ。 彼女は死後魂を「九つの巨人」に分け、エルディア帝国を築きました。 そのためユミルの子孫は皆 「エルディア人」、または「ユミルの民」と呼ばれます。 このユミルの民は、 目に見えない「道」で繋がっているとされています。 継承せずに死んだ場合、それ以降生まれる「ユミルの民」の赤子に血縁や距離に関係なく突如として宿るのも「道」の一例です。 巨人を形成する血や骨、前の所有者の記憶や意志などもその道を通して送られてきます。 そのすべての道が交わる一点、つまりすべてのユミルの民が繋がる一点こそ、「座標」です。 【進撃の巨人】座標となる「始祖の巨人」とその所有者・レイス家 【Season3放送情報・新ビジュアル解禁!! エルディア帝国のフリッツ王家は代々それを受け継ぎ、その力によって無垢の巨人を兵器として操ることで残虐な歴史を築いてきました。 しかし、145代王のカール・フリッツは過去の行いを嘆き、故意に内戦を起こすことで、エルディア帝国を崩壊へと導きます。 そして最後の領土となったパラディ島へできる限りのエルディア人と共に逃げ込み、影武者の王家を立てて、以降姓を「レイス」に変えて過ごしていきます。 そのためにカールは「始祖」と「不戦の契り」を交わします。 それは、レイス家の血筋の者が継承しなければ「始祖」はその力を発揮することができず、そしてレイス家の者が継承すればカールの平和思想に取りつかれるというルールです。 カールはパラディ島に三重の壁を築き、壁内の安息を脅かせば壁の中の幾千の巨人が世界を平らにする「地ならし」を行うと世界に向けて警告しました。 しかしそれは真意ではなく、カールはエルディアが報復を受けるまでの間、壁内でつかの間の平穏を享受したかっただけ。 つまりカールは、長年にわたるエルディアの蛮行の贖罪のため、マーレが「始祖」を奪還しエルディア人の殲滅を断行することを受け入れていたのです。 【進撃の巨人】グリシャが奪いエレンに受け継がれた座標 作画ミス?フリーダ巨人は左手を切断されてるのに、グリシャ巨人が持ってるのは右手に見える。 — 青木アキト akttt 「不戦の契り」がある限り、壁内人類はマーレや世界の侵攻を止められず、絶滅の一途を辿るだけ。 しかしそれに抵抗したのが、エレンの父であるグリシャです。 彼は元々マーレ国内のエルディア人収容区の人間であり、 「進撃の巨人」の継承者でもあります。 エルディア崩壊後、「九つの巨人」のうち五つを保有し、世界の覇者となったマーレは、当然エルディア人の人権をひどく軽んじ、その巨人化能力を恐れています。 軍事転用か皆殺ししかないエルディア人の未来を切り拓くため、「始祖」を求め、壁内へと潜り込んだグリシャ。 彼はマーレによる壁の破壊を受け、レイス家のほとんどを虐殺して「始祖」を奪います。 その後、 10歳のエレンを巨人化させて食われることで、「始祖」と「進撃」の巨人の力をエレンに継承させたのです。 エレンはレイス家の血筋ではないのでその力は使えませんが、唯一先述した単行本第12巻のときだけその力を行使しています。 そのとき、エレンは 王家の生き残りであるダイナ・フリッツが巨人化した姿に拳を突き付けたため、「始祖」の力を扱うことができたのです。 ちなみにこのときライナーは、「最悪だ…」「この世で一番それ(座標)を持っちゃいけねぇのはエレン…お前だ」と焦っていました。 恐らくこれは、ライナーたちが「不戦の契り」について把握していなかったことによるものだと思われます。 エレンのような自由のためであれば世界中を皆殺しにしかねない男が「地ならし」の鍵を握っていることに焦りを覚えるのも無理はないでしょう。 それともこの「知らない」は、ジークが王家の血を引くということなのかな。 — 「進撃の巨人」の謎が分かった edonopoh 単行本27巻現在、その「地ならし」を発動できる状況が整いつつあります。 「不戦の契り」を出し抜く術を見つけたのは、エレンの義兄であるジーク。 彼はダイナの息子であり、王家の血を引くことに加えて、「獣の巨人」の継承者でもあります。 つまり、 エレンが一度だけ「始祖」の力を発動できたときと同じ条件を整えることができるのです。 エルディア人は世界中から恐れられ死に絶えることを願われており、すでに世界では「九つの巨人」や無垢の巨人の力は絶対ではありません。 「地ならし」の発動条件をそろえることは、先の無い壁内人類やエルディア人が生き残るための唯一の手段でもあるのです。 エルディアが世界と対等に渡り合うため、その差を埋める50年の間、「地ならし」は世界への抑止力であり続けなければなりません。 つまり、「始祖(座標)」と「王家の血を引く巨人」が継続的に存在しなければならないのです。 ジークは13年の「任期」によって余命わずかであり、 「獣の巨人」は王家の最後の末裔であるヒストリアが継承することになります。 さらに、王家の血を引く者を増やすべく、 ヒストリアは13年の間可能な限り子どもを産むことを決定づけられたのです。 あまりにも過酷な運命ですが、ヒストリアは受け入れ、単行本27巻時点ではすでに身ごもっています。 妊娠のため獣の巨人の継承は後回しになっているようですが、今後どうなるのかは分かりません。 関連記事をご紹介!.

次の

エレン・イェーガー 傘 進撃の巨人 進撃の巨人

エレン 骨

母のときと同じく、ハンネスが食われていくところを見ていることしかできなかったエレン。 巨人に囲まれ絶望的な状況の中、ミカサから死を覚悟したように感謝を伝えられた彼は、巨人化も武器もないままに、それでも母とハンネスを食った巨人へと拳をつきつけます。 そのとき発動したのが「座標」。 ライナー、ベルトルト、ユミルといった巨人化能力を持つ者たちの頭に電流のようなものが走ると同時、無知性巨人たちが一斉に母たちの仇の巨人へと群がっていったのです。 さらにエレンがライナーたちに殺意を向けると、そちらに巨人が襲い掛かります。 数多の巨人が、エレンの意思に従って動いたのです。 エレンたちの祖先は、「大地の悪魔」と契約し巨人の力を手に入れた少女、ユミル・フリッツ。 彼女は死後魂を「九つの巨人」に分け、エルディア帝国を築きました。 そのためユミルの子孫は皆 「エルディア人」、または「ユミルの民」と呼ばれます。 このユミルの民は、 目に見えない「道」で繋がっているとされています。 継承せずに死んだ場合、それ以降生まれる「ユミルの民」の赤子に血縁や距離に関係なく突如として宿るのも「道」の一例です。 巨人を形成する血や骨、前の所有者の記憶や意志などもその道を通して送られてきます。 そのすべての道が交わる一点、つまりすべてのユミルの民が繋がる一点こそ、「座標」です。 【進撃の巨人】座標となる「始祖の巨人」とその所有者・レイス家 【Season3放送情報・新ビジュアル解禁!! エルディア帝国のフリッツ王家は代々それを受け継ぎ、その力によって無垢の巨人を兵器として操ることで残虐な歴史を築いてきました。 しかし、145代王のカール・フリッツは過去の行いを嘆き、故意に内戦を起こすことで、エルディア帝国を崩壊へと導きます。 そして最後の領土となったパラディ島へできる限りのエルディア人と共に逃げ込み、影武者の王家を立てて、以降姓を「レイス」に変えて過ごしていきます。 そのためにカールは「始祖」と「不戦の契り」を交わします。 それは、レイス家の血筋の者が継承しなければ「始祖」はその力を発揮することができず、そしてレイス家の者が継承すればカールの平和思想に取りつかれるというルールです。 カールはパラディ島に三重の壁を築き、壁内の安息を脅かせば壁の中の幾千の巨人が世界を平らにする「地ならし」を行うと世界に向けて警告しました。 しかしそれは真意ではなく、カールはエルディアが報復を受けるまでの間、壁内でつかの間の平穏を享受したかっただけ。 つまりカールは、長年にわたるエルディアの蛮行の贖罪のため、マーレが「始祖」を奪還しエルディア人の殲滅を断行することを受け入れていたのです。 【進撃の巨人】グリシャが奪いエレンに受け継がれた座標 作画ミス?フリーダ巨人は左手を切断されてるのに、グリシャ巨人が持ってるのは右手に見える。 — 青木アキト akttt 「不戦の契り」がある限り、壁内人類はマーレや世界の侵攻を止められず、絶滅の一途を辿るだけ。 しかしそれに抵抗したのが、エレンの父であるグリシャです。 彼は元々マーレ国内のエルディア人収容区の人間であり、 「進撃の巨人」の継承者でもあります。 エルディア崩壊後、「九つの巨人」のうち五つを保有し、世界の覇者となったマーレは、当然エルディア人の人権をひどく軽んじ、その巨人化能力を恐れています。 軍事転用か皆殺ししかないエルディア人の未来を切り拓くため、「始祖」を求め、壁内へと潜り込んだグリシャ。 彼はマーレによる壁の破壊を受け、レイス家のほとんどを虐殺して「始祖」を奪います。 その後、 10歳のエレンを巨人化させて食われることで、「始祖」と「進撃」の巨人の力をエレンに継承させたのです。 エレンはレイス家の血筋ではないのでその力は使えませんが、唯一先述した単行本第12巻のときだけその力を行使しています。 そのとき、エレンは 王家の生き残りであるダイナ・フリッツが巨人化した姿に拳を突き付けたため、「始祖」の力を扱うことができたのです。 ちなみにこのときライナーは、「最悪だ…」「この世で一番それ(座標)を持っちゃいけねぇのはエレン…お前だ」と焦っていました。 恐らくこれは、ライナーたちが「不戦の契り」について把握していなかったことによるものだと思われます。 エレンのような自由のためであれば世界中を皆殺しにしかねない男が「地ならし」の鍵を握っていることに焦りを覚えるのも無理はないでしょう。 それともこの「知らない」は、ジークが王家の血を引くということなのかな。 — 「進撃の巨人」の謎が分かった edonopoh 単行本27巻現在、その「地ならし」を発動できる状況が整いつつあります。 「不戦の契り」を出し抜く術を見つけたのは、エレンの義兄であるジーク。 彼はダイナの息子であり、王家の血を引くことに加えて、「獣の巨人」の継承者でもあります。 つまり、 エレンが一度だけ「始祖」の力を発動できたときと同じ条件を整えることができるのです。 エルディア人は世界中から恐れられ死に絶えることを願われており、すでに世界では「九つの巨人」や無垢の巨人の力は絶対ではありません。 「地ならし」の発動条件をそろえることは、先の無い壁内人類やエルディア人が生き残るための唯一の手段でもあるのです。 エルディアが世界と対等に渡り合うため、その差を埋める50年の間、「地ならし」は世界への抑止力であり続けなければなりません。 つまり、「始祖(座標)」と「王家の血を引く巨人」が継続的に存在しなければならないのです。 ジークは13年の「任期」によって余命わずかであり、 「獣の巨人」は王家の最後の末裔であるヒストリアが継承することになります。 さらに、王家の血を引く者を増やすべく、 ヒストリアは13年の間可能な限り子どもを産むことを決定づけられたのです。 あまりにも過酷な運命ですが、ヒストリアは受け入れ、単行本27巻時点ではすでに身ごもっています。 妊娠のため獣の巨人の継承は後回しになっているようですが、今後どうなるのかは分かりません。 関連記事をご紹介!.

次の