三井ショッピングパークカード《セゾン》loop。 「三井ショッピングパークカード《セゾン》LOOP」発行開始(2016年10月3日~)

【公式】三井ショッピングパークカード《セゾン》 ETCカードの作り方|同時お申し込み手続きについて、最短即日発行、ETC2.0対応

三井ショッピングパークカード《セゾン》loop

三井のすまいLOOP VISAカード• 三井ショッピングパークカード《セゾン》L O O P 三井のすまいLOOP VISAカード こちらはクラシックカード(いわゆる一般)とゴールドカードが有ります。 いずれも初年度年会費は無料、翌年度以降は1,250円、10,000円。 クラシックカードは、 前年に1回でも利用があれば年会費無料。 ただし、管理費支払い自体はこの条件の対象外なので、何か他での利用が必要になります。 管理費のポイント還元率は、クラシック・ゴールドともに1000円あたり1P 5円相当、0. 三井住友VISAカードとの提携カードのため、ワールドプレゼントポイントが溜まります。 Apple Payやおサイフケータイで、iDとしての利用も可能です。 タッチで支払いが可能な電子マネー、 iDの普及が進んできました。 かつてはドコモのおサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、近年は誰でも利用可能な便利なサービスになって... ゴールドカードを作るメリットはあまり無く、基本的にはクラシックカードで十分そうです。 参考: 三井ショッピングパークカード《セゾン》L O O P こちらも一般カードとゴールドがあり、一般カードは年会費は永久無料。 ゴールドカードは初年度年会費無料で2年目以降は10,000円。 ただし前年に 70万円以上の利用があれば、2年目以降も年会費無料になるようです。 参考: 一般カードでは1000円あたり1P 5円相当、0. 一般カードであれば、月々の管理費は3万円前後、例えば年間で40万円とすると、0. セゾンカードなので、 貯まるポイントが永久不滅ポイントであることも大きなメリットとなっています。 永久不滅ポイントは、ポイントサイトである セゾンポイントモールを利用することで、カードの利用以外の方法でもポイントを貯めることができます。 ポイントサイトについてはこちらにまとめてあります。 三井ショッピングパークポイントは、「ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」で利用可能なポイントプログラムです。 ポイントカードを提示するだけで1%のポイント還元が受けられ、また利用可能な施設が多数あ... ゴールドカードは年会費がネックですが、住んでいる地域によってはメインカードにしても良い、優秀な還元率です。 毎年70万円以上の利用があるなられば年会費無料、 70万と聞くと多そうですが、12ヶ月で割れば月々6万円程度。 Apple Payやおサイフケータイで、QUICPayとしての利用も可能です。 プラウド、プラウドシーズン、プラウドシティ、プラウドタワー、オハナ、ザ・レジデンス 年会費は1万2700円(税抜)で、管理費等の還元率は0. ただし、管理費以外は1. 参考: 三菱地所グループCARD(三菱地所のレジデンスクラブ) 三菱地所グループCARD(三菱地所のレジデンスクラブ)は、ザ・パークハウス等での管理費等の支払いに利用できます。 ザ・パークハウス、ザ・パークワンズ、ザ・パークリモア、ザ・レジデンス、プライムパークス 一般カードは初年度年会費無料、2年目以降は1250円となっていますが、45000円以上の利用が合った場合は年会費無料で、しかも管理費等の支払いを含むため、実質的には年会費無料と考えて良いでしょう。 ゴールドカードは年会費10,000円で、 三菱地所CARD提携施設(東京の丸ビル、横浜のランドマークプラザなど)ではポイントが3倍になります。 いずれも管理費等の還元率0. ニコスカードの提携カードで、溜まったポイントはニコスのポイントプログラムが利用できます。 Apple Payやおサイフケータイで、QUICPayとしての利用も可能です。 Apple Payの日本導入も手伝い、タッチで支払いが可能な電子マネー QUICPayの普及が進んできました。 おサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、プリペイドカー... 参考: まとめ:利用できる人は積極的にクレジットカードを使おう 基本的に、マンションの管理会社が管理費の支払いにクレジットカードを利用可能とするメリットは低いと思われますので、現状は商業施設なども運営している大手のディベロッパーが、他での利用による相乗効果を期待して、管理費支払いが可能なカードを発行している状態と考えられます。 現在のところ、マンションの管理費支払いにクレジットカードの利用が可能なケースは限られ、また還元率も三井のゴールドカードを除けば0. それでも、 年間で数千円相当のポイント還元が得られるため、他にメインカードを持っていない場合や、サブカードとして上手く使う目的で加入して損はありません。 三井ショッピングパークカード《セゾン》L O O Pゴールドに限って言えば、メインカードにして問題ない還元率ですので、系列の商業施設での利用金額が一定以上見込める方は利用されてはいかがでしょうか。

次の

三井不動産グループのLOOP CARDで得をするおすすめの方法

三井ショッピングパークカード《セゾン》loop

三井ショッピングパークカード《セゾン》の年会費 三井ショッピングパークカード《セゾン》は基本的に年会費は一切かからず利用できます。 例外として、プレミア・アメリカン・エキスプレスというAMEXブランドの年会費3,000円のコースも用意されています。 ETCカードも完全無料で発行可能です。 家族カードは発行不可です。 三井ショッピングパークカード《セゾン》のポイント制度 三井ショッピングパークカード《セゾン》で貯まるポイントは2種類あります。 1つが 永久不滅ポイントで、もう1つが 三井ショッピングパークポイントです。 有効期限がない永久不滅ポイントは<どこで使っても貯まるポイントで 1,000円につき1ポイントが貯まります。 加えて、ららぽーと、三井アウトレットパーク、コレド室町、コレド日本橋などなど、三井不動産グループの施設全国56ヶ所では 100円につき2ポイントの三井ショッピングパークポイントが貯まります。 貯まった永久不滅ポイントは等価で三井ショッピングポイントに交換することが出来るのでポイントは集約して管理することが可能。 貯まった三井ショッピングポイントは500ポイント=500円分で上記施設(ららぽーと、三井アウトレットパーク、コレド室町、コレド日本橋など)で買い物に使うことができます。 三井不動産グループの施設での 還元率は2%(+永久不滅ポイント)です。 三井ショッピングポイントの有効期限はカードを作った月の月末までの1年間を1区切りとして、その1年間で貯まったポイントは翌年度いっぱい交換可能、つまり有効期限は最大2年間となっています。 例えば、2018年の3月にカードを作ったなら、2019年の3月31日までの1年間に貯まったポイントは、2020年の3月31日までが有効期限になります。 三井ショッピングポイントは永久不滅ではないので混同しないようにご注意ください。 ボーナスポイントあり 三井ショッピングパークカード《セゾン》では通常のポイント制度に加えて、年間30万円以上の利用で三井ショッピングパーク スペシャルメンバーにランクアップして、特典として利用額に応じたボーナスポイント制度も用意されています。 年間30万円以上利用したら3,000ポイント、40万円以上利用したら4,000ポイント、50万円以上利用したら5,000ポイントというボーナスです。 あまりハードルが高くないので積極的に狙っていきたいですね。 このボーナスのための利用額の計測期間は4月から次の年の3月までです。 他にも、誕生日月の初回買い物時には100ポイントのボーナスポイントが貰えます。 三井ショッピングパーク スペシャルメンバー限定の10%オフへの招待 年間30万円以上利用して 三井ショッピングパーク スペシャルメンバーになると、三井ショッピングパークやアウトレットパークでの10%オフになる限定のセールに招待してもらえます。 かなりお得なので普段から利用される方は狙っていきたいところです。 一部の施設で駐車場優待サービス 三井ショッピングパークカード《セゾン》では施設によっては持っているだけで駐車場優待が受けられます。 例えば、 ダイバーシティ東京ではカード提示で2時間無料、ららぽーとTOKYO-BAYでは精算機にカードを入れることで土日祝日4時間無料、三井アウトレットパーク幕張ではカード提示で2時間無料という優待があります。 ごく一部だけなのですが、対象となるお店を普段から利用するなら嬉しいですね。 三井ショッピングパークカード《セゾン》の付帯保険 三井ショッピングパークカード《セゾン》には基本的には海外旅行保険、国内旅行保険共に付帯していません。 もしも旅行保険を付けたければ、プレミア・アメリカン・エキスプレスという特別プランを選択しましょう(国際ブランドを選択する際に、通常のAMEXではなく、プレミア・アメリカン・エキスプレスを選択)。 プレミアアメックスなら海外旅行保険最高3000万円(自動付帯)、国内旅行保険最高3000万円(利用付帯)の旅行保険が付帯します。 ただし、年会費が3,000円かかってくるので、お得感はありません。 旅行保険目当てなら別のカードを作っても良いかも? 三井ショッピングパークカード《セゾン》のまとめ 普段から、ららぽーとなどの三井不動産グループの該当施設を利用される方は持っていて損はないカードです。 駐車場優待があるTOKYO-BAYなどをよく利用される方は使わなくても持っておいて良いと言えるでしょう。 特にららぽーとなどでよく洋服などを買われるという方は普段から還元率2%以上ですし、年間30万円以上利用されるなら10%オフの優待期間もあるので、必携といえます。 三井ショッピングパークカード《セゾン》の申し込み方法・注意点.

次の

セゾンカードの締め日・支払日はいつですか。 |よくあるご質問Q&A|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

三井ショッピングパークカード《セゾン》loop

三井ショッピングパークポイントは、「ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」で利用可能なポイントプログラムです。 ポイントカードを提示するだけで1%のポイント還元が受けられ、また利用可能な施設が多数あ... 対象施設は下記の通りです。 2017年11月1日からグランドオープン... 三井ショッピングパークポイントカード(クレジット機能付き)カード一覧 クレジット機能の付いた三井ショッピングパークポイントカードには、大きく3種類のカードがあります。 三井ショッピングパークカード《セゾン》• ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》• 5%にもなります。 また、三井ショッピングパークカード《セゾン》LOOPゴールドは還元率が3%にものぼります。 初年度は年会費無料、2年目移行10,000円 税抜 の年会費がかかりますが、年間70万円以上の利用で翌年も無料となります。 QUICPayに対応し、おサイフケータイ・Apple Payでも利用可能 セゾンカード・UCカードはQUICPayに対応しているため、おサイフケータイやApple Payでの利用も可能です。 Apple Payの日本導入も手伝い、タッチで支払いが可能な電子マネー QUICPayの普及が進んできました。 おサイフケータイユーザ向けのポストペイ型電子マネーという位置づけでしたが、プリペイドカー... いまならキャンペーンで、2017年9月22日 金 ~2018年1月31日 水 の期間中、初めてApple Payによる支払い、またはSuicaチャージでもれなく1,000円キャッシュバックが受けられます。 参考: 三井ショッピングパークカード《セゾン》 三井ショッピングパークカード《セゾン》は、Visa、MasterCard、アメリカン・エキスプレスが選べ、基本的に 年会費無料。 プレミア・アメリカン・エキスプレス・カードは3,000円(税抜)がかかりますが、最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯します。 またETCカードも年会費無料で申し込みでき、またオプションとして月額300円からの付帯保険も追加可能です。 いずれのカードも、三井ショッピングパークポイントと永久不滅ポイントが二重で貯まり、円換算の実質還元率は2. 5%となります。 三井ショッピングパークカード《セゾン》は、ポイントサイト経由の発行でポイントが貯まる場合があります。 三井ショッピングパークカード《セゾン》とポイントサイトについてはこちらに詳しくまとめてあります。 三井ショッピングパークポイントカードは、ららぽーとや三井アウトレットパーク等、対象施設で使えるポイントカードです。 年会費無料のクレジットカード機能付きのカードを利用すれば、2. 5%という脅威のポイン... 永久不滅ポイントが貯まる 1,000円(税込)毎に永久不滅ポイントが1ポイントが貯まります。 永久不滅ポイントは他にも様々な用途に使え、下記にお得な使い方をまとめてあります。 セゾンカードのクレジットカードで貯まる「永久不滅ポイント」は、武田梨奈さんのインパクトのあるTVCMなどでもお馴染みの、歴史あるポイント制度です。 「永久不滅. com」や運用サービスなど独自のサービス... 入会キャンペーン(2017年4月1日〜2017年9月30日) キャンペーン期間中、三井ショッピングパークカード《セゾン》にWEBで入会すると、カードブランドに応じた金額分のお買物券が貰えます。 種類 年会費 Visa 1,000円分 MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス 1,500円分 プレミア・アメリカン・エキスプレス 2,000円分 ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》 ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》は、その名の通りラゾーナ川崎を利用する人向けのカードです。 ラゾーナ川崎は三井不動産系列の巨大ショッピングモールで、当該施設でのキャンペーンや特典があるほかは、三井ショッピングパークポイントカード(クレジットカード機能付き)とほぼおなじ機能を持っています。 ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》は、Visaかアメリカン・エキスプレスが選べ、基本的に年会費無料。 プレミア・アメリカン・エキスプレス・カードは3,000円(税抜)がかかりますが、最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が付帯します。 またETCカードも年会費無料で申し込みでき、またオプションとして月額300円からの付帯保険も追加可能です。 いずれのカードも、三井ショッピングパークポイントと永久不滅ポイントが二重で貯まり、円換算の実質還元率は2. 5%となります。 貯まるのは「三井ショッピングパークポイント」なので、他の三井不動産系列の対象施設どこでも利用が可能です。 永久不滅ポイントが貯まる 1,000円(税込)毎に永久不滅ポイントが1ポイントが貯まります。 セゾンカードのクレジットカードで貯まる「永久不滅ポイント」は、武田梨奈さんのインパクトのあるTVCMなどでもお馴染みの、歴史あるポイント制度です。 「永久不滅. com」や運用サービスなど独自のサービス... ラゾーナ川崎カードでは、永久不滅ポイント400ポイントを「セゾンカード専用お買物券」2,000円分に交換可能です。 お買い物券は下記のような制限があり、対象施設でクレジットカード支払い時に併用できます。 お買物券は、セゾンカード専用お買物券となります。 お買物券は、カードご郵送時に同封、またはご来店でのカードお受取時にお渡しいたします。 お買物券はららぽーとやラゾーナ川崎プラザ、三井アウトレットパークをはじめとした三井ショッピングパークポイント対象施設にてご利用いただけます。 (対象外店舗がございます。 )対象施設についてはでご確認いただけます。 お買物券は三井ショッピングパークカード《セゾン》、ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》での500円を超えるお支払いと併用する場合のみご利用いただけます。 その他ご利用条件があります。 詳細はお買物券裏面をご確認ください。 出典: 「セゾンカード専用お買い物券」は中古金券ショップなどで取り扱ってくれる場合もあるようで、現金化も可能と思われます。 入会キャンペーン(2017年4月1日〜2017年9月30日) キャンペーン期間中、ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》にWEBで入会すると、カードブランドに応じた金額分のお買物券が貰えます。 種類 年会費 Visa 1,000円分 MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス 1,500円分 プレミア・アメリカン・エキスプレス 2,000円分 三井ショッピングパークカード《セゾン》LOOP 三井不動産の物件入居者向けサービス「三井のすまいLOOP」が発行するカードで、三井ショッピングパークポイントカード(クレジットカード機能付き)と同じ機能を持ちます。 一般カードとゴールドがあり、一般カードは年会費は永久無料、ゴールドカードは初年度年会費無料で2年目以降は10,000円(ただし前年に70万円以上の利用があれば、2年目以降も年会費無料) 対象となるマンション管理費の支払いに使うことができ、永久不滅ポイントが貯まるという特徴があります。 マンションにお住いの方、賃貸・分譲問わず、物件によっては月々数万円の管理費をクレジットカードで支払うことができます。 クレジットカードで支払えばポイントも入ってきますので、年間で数千円相当のポイントが... 通常の三井ショッピングパークカード(クレジットカード機能付き)と同じです。 永久不滅ポイントが貯まる、ゴールドカードは2倍貯まる 一般の三井ショッピングパークカード《セゾン》LOOPカードでは、通常の三井ショッピングパークカード(クレジットカード機能付き)と同様、1,000円(税込)毎に永久不滅ポイントが1ポイントが貯まります。 いっぽう、 ゴールドカードなら1,000円(税込)毎に永久不滅ポイントが2ポイントと、2倍貯まります。 マンション管理費の支払いでも2倍貯まるため、メインカードとして利用すれば翌年年会費無料の70万円はすぐに達成できるでしょう。 入会キャンペーン(2017年5月13日~9月30日) キャンペーン期間中の申込者を対象に、UCギフトカード(共通商品券)をプレゼントするキャンペーンが開催中です。 三井ショッピングパークカード《セゾン》LOOPゴールド:2,000円分の商品券• 三井ショッピングパークカード《セゾン》LOOP:1,000円分のの商品券 参考: まとめ:ららぽーとや三井アウトレットモールの利用者は必携 対象施設が限られるものの、年会費が無料のカードで2. 5%という驚異的な還元率はやはり魅力です。 日常的にららぽーと等で買い物をする人や、年に数回でもアウトレットモールなどに出かける人は必ず持っておくべきカードです。

次の