パワハラ 女 上司。 どこからがパワハラ?具体的な上司のパワハラ事例

【陰湿?妬み?】パワハラ女上司の狙いは主に女性!6つの恐怖&対策

パワハラ 女 上司

自由より、権力を求める人が、組織内での出世を目指すわけね 権力を求める人は、出世して課長、部長、役員、社長となり、 権力を手にすれば、当然、権力を使ってみたくなります。 そのため、 自分の思うとおりに部下が動かなければ「怒る」や「冷たくする」や「嫌う」など組織内の上下関係を使用し、 部下にパワハラを行うことになります。 権力を求めて頑張って働き出世したわけです。 組織内で偉い立場になり、 権力を手にしたら、当然、権力を使って、自分の思うとおりに部下をコントロールしようとします。 つまり「 起こるべくして、発生するのがパワハラ」というわけです。 これらの話は、僕が会社組織で働きながら感じた実体験です。 ・ 相談して解決する程度なら、最初からパワハラなんて行われないよ パワハラ上司に 仕返し、したり、 訴えたりしたら、 泥沼になるだけで、 話してわかるような相手なら、最初からパワハラなんて行わないので 対策は「退職して組織を出ること」だけなのは明白でした。 だから僕は、ひたすら 投資やサイドビジネスに取り組んでいました。 ・ 会社員として組織内で働けば、必ずや、パワハラを行う上司の元で、パワハラに苦しむことになるので、 根本的な解決策は、会社員として組織に依存することなく、お金を稼ぐことになります。 パワハラとは、組織内の上下関係を元に行われるので、組織から出てしまえば、パワハラは行われることがありません。 会社員の時は、上司と部下の関係ですが・・ 退職すれば、1市民対、1市民となるので、元パワハラ上司に遭遇して、理不尽に怒られたり、嫌がらせをされても「 貴方、何様のつもりですか?警察呼びますよ?」と言うことができますし・・ パワハラ上司も、組織内の上下関係がなければ、パワハラは行えないので、何も出来ないことでしょう。 人間にとって、1番恐いのは、人間ね 市民の権利が守られている現代社会では、 組織に属さなければ、理不尽にパワハラをされる機会がないのです。 就職して会社員になるから、パワハラで苦しむことになるわけです。 会社員になれば給料は貰えますが、パワハラ上司との人間関係に苦しむなら、あまりにも 幸福度が低い毎日・人生となるので、僕は自分の経験上「 就職して働くことは、割に合わない」と感じています。 ・ だから僕は、 会社員をしなくても生きていける準備を、ずっと行ってきました。 パワハラ上司との人間関係に悩み、 ストレスで円形脱毛症が出来ても、 耐えていたのは、セミリタイアするための資金が、その時には、 まだ貯まっていなかったからです。 ・ お金も実力もなければ、パワハラに耐えてでも、セミリタイアの準備が整うまでは、会社員をするしかありません。 一方で、 セミリタイアしても生きていける状況になると「 パワハラ上司に耐える価値は1ミリもない」となります。 人生は、幸せのために存在していますから。 ・ 以下の記事のとおり。 「耐えて会社員を続ける」の価値は低下しています。 ・ 組織内に属するから、パワハラや、いじめが存在し、しかも 会社組織は「お金で繋がる人間関係」なので信用ならないのです。 以下の記事のとおりですね。 ・ いや、これ本当に! ・ 会社員として働くことで、得られることも多いし、勉強になることも多いです。 僕だって会社員をやってきているから、わかります。 ただ、 他の生き方もあって、会社員に向いていない人は、他の生き方の方が幸せになれる・・そう感じています。 ・ 毎月、資産運用から自動的に収入が入り続けるなら、セミリタイア生活も安心ね 資産運用は経験値が大切になるので、早めに着手して、経験値を貯めていくのがおすすめです。 おすすめの投資先含め 資産運用の始め方については、以下の記事が詳しいです。 ・ まだ、 ソーシャルレンディングと、 システムトレードについて、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために 1度、確認してみるのがおすすめです。 ・ ・ なお、運用資金作りでは 収入アップが重要であり・・ 収入を増やすには、転職はもちろん、副業や投資、資産運用が効果的であり、以下の記事が詳しいです。 ブログでは、カテゴリー内にある【取引記録】に最新結果があります。 ユーチューブでも、やっています! ユーチューブ内で「僕のノート」で検索すると出てきます。 スポンサードリンク よく読まれている記事 【人気】 【人気】 【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「 学校では教わらない大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。

次の

【パワハラ】あまりにもムカつく女上司の言動や行動! 被害者たちの怒りの声7連発!

パワハラ 女 上司

パワハラは「パワー・ハラスメント」の略称。 要は上役が権力を振りかざして部下をいじめる行為のことです。 上司からのパワハラを受けた部下は、上司を無視するわけにもいかず、ストレスがたまります。 やがて辞めたい気持ちが募り、それでも我慢を続けるとうつ病などの疾患を発症する事例もあります。 そして、上司のパワハラが原因で転職を考える人もいます。 パワハラは、「上司が権力を振りかざして部下をいじめる」ことです。 近年パワハラ被害の問題が増加・深刻化してきていますが、その理由は、パワハラは簡単に解決できる問題ではないからです。 そこで、「上司による部下へのいじめ」と単純に解釈するのではなく、もう少しパワハラが起こるパターンを細分化して検証してみる必要があるかもしれません。 いつ被害に遭うかわからない!起こりうるパワハラのパターン まずはパワハラとは何かを知っておく必要があります。 上司が部下に対して適切な指示を出したのであれば、それはパワハラとは呼びませんよね?ここで勘違いする人は多くないと思います。 ただ、指示ではなく「アドバイス」となると、誤解が生じやすくなります。 アドバイスは、部下にとってプラスになり、成長を促す上で重要な上司の考え方です。 まずはパワハラとアドバイスの違いを理解しましょう。 アドバイス・命令 パワハラ 目的の違い 部下の向上や成長• 部下の人格否定・排除• 上司自らの目的達成 罪・失敗のなすりつけなど 業務上の必要性の有無 業務上必要であり、職場環境の向上のための言動• 業務と無関係• 業務上必要であっても暴言・暴力、強制、不当労働などを伴う 上司の態度 高圧的でない いつもと同じ 高圧的、威圧的、否定的、批判的 発動のタイミング• 命令・指示が必要なそのとき• 部下が命令・指示を受け入れられる状況で• 過去にさかのぼる批判・否定 過去の失敗を叱責、公表するなど• 命令・指示の遂行に無理がある状況で 電話応対時に別の指示を出すなど 利害関係 当事者を含む組織全体にとって利益がある 組織・上司にとっての利益が優先され、部下にとって不利益がある 上司の感情の表現 平穏/いつもどおり イライラ・怒り・冷たい・不安をあおる・さげすむ・嫌悪感をあらわす 命令・指示発動後の変化• 上司・部下を含む組織全体にとってプラスが生じる• 部下のやる気が変わらない、もしくは上昇する• 職場に活気が芽生える• 部下が過度の緊張・不安を強いられる• 職場の雰囲気がぴりつく• 退職者・転職希望者が増加する 表の参考:パワー・ハラスメント防止ハンドブック-人事院より 部下を持つ立場の人は、上記の点には十分注意して、適切かつ有効なアドバイス・命令を部下に送っていただきたいと思います。 また、部下の人は上司の言動がパワハラであるかどうかを精査する必要があります。 パワハラであると感じたら、何らかの対策を考えなければなりません。 ひとりで悩まず、信頼できる相手に相談するなどの策が必要になります。 詳細は後述します。 さて、パワハラのパターンの分類法はいろいろあると思いますが、最もシンプルな分け方は、やはり「男女別」でしょうね。 同じ職場で働いていたとしても、男性か女性かによって考え方が異なるのが自然です。 このそれぞれのパターンでどのようなパワハラが一般的に行われることが多いのかを考え、それぞれの対処方法を考えればよいわけですね。 男性部下に対して行われるパワハラのパターン 同性であれ異性であれ、尊敬できる上司であればちょっと強い口調で何かを指摘されてもパワハラとは思わないでしょう。 女性部下は口調という「パワー」を感じることもあるかもしれませんが、男性は大丈夫な場合が多いです。 問題は、いろいろな理由で「尊敬できない上司」からあれこれ強い口調で指摘をされたり、暴力的な行為を働かれたりするケースでしょう。 たとえば、同期や年下の男性上司が横暴な言動を働いたケースですね。 同年代だからこそ、相手 部下 のウィークポイントがわかる。 悪意があると、意識的に何度も相手の弱みに付け込みます。 自分が同じことをされたらどうだ?という想像力に乏しいとそういうことになります。 もしくは、転職や異動により新たに配属された近い年代の上司による、「この部署はこんな不効率なやり方してるの?」といった蔑視 べっし 、「俺たちはもっとうまくやってたよ」といった自慢の表現です。 アドバイスのつもりであっても、選択するワードや表情、もしくはその上司の人間性によって「自慢」に聞こえてしまうこともあるでしょう。 1度だけならまだしも、これを繰り返すようだと悪意を感じます。 個人差はあっても、男性の場合「プライドを傷つけられる言動」をパワハラと感じる傾向が強いですね・・・受け取る側も発する側も、十分注意したいところです。 記憶に新しい某国会議員 当時 の女性が秘書の男性に対して働いたパワハラ・・・まああれは極端なケースですが。 男性上司が女性部下に対して行うパワハラのパターン このケースのパワハラは、セクハラとも重なる部分が大きいため、非常にデリケートです。 女性部下の身体に触れるなどのあからさまなセクハラではなくても、「女だから」という理由で圧をかければこれもセクハラですね。 ですから男性上司から女性部下へのパワハラは非常にデリケートなケースといえるのです。 しかし明確なセクハラとは異なるパワハラも十分起こり得ます。 このケースもやはり性差をパワハラの材料とします。 セクシャルな部分で性差を材料とするセクハラではなく、男性と女性のパワーバランスの差を悪用するのがパワハラですね。 怒鳴る 声の大きさ・太さで威圧• 上から見下ろす 背の高さで威圧• 机を叩くなどして大きな音を立てる 力の強さで威圧• 求められたアドバイスに応じない 睨みつけるなど視線の強さで威圧• 身体に触れて小さな痛みを与える 書類で頭を叩く、指で額をはじくなど• 家庭がある女性に対し量的に不当な仕事を強いる• プライベートにかかわる嫌味 シングルの女性に対してなど• 身体的な嫌味 背格好や服装のセンスなど どれも女性としては非常につらいハラスメントですね。 中には「仕事とは関係ねえだろ!」と逆ギレしたくなってしまうような つまり小学生のような 、単なる「言いがかり」もあります。 このタイプの言いがかりは、仕事や人間関係を良好にするのではなく、嫌がらせが目的のパワハラになります。 同じパワハラでもかなり悪質な部類ですね。 低レベルの言いぐさではありますが。 女性の場合、やはり「性差」による圧を払いのけることが難しく感じられることが多いです。 女性が退職・転職しなければならない理由として、パワハラが大きなウェートを占めるのもうなずけます。 たとえば、なぜあなたはこんなこともできないのかとか、こうしたほうが良かったのにとアドバイスも与えず終わってから言うなど、どう考えてもイジワルでしかない不要なことばを投げかけることが多いです。 どのパターンもスポットを当てたパワハラだけがすべてではありません。 もっといろいろなパターンがあるでしょう。 たとえば• 仕事を与えない 話しかけても無視される場合も含む• 仲間外れ グループに割り振らない• 雑用ばかりさせる お茶くみ、コピーのみ、掃除、電話番など• 残業代を支払わない あらかじめ給料に含んでいる不当な「みなし残業」も含む といったさまざま、かなり低レベルのパワハラの事例も報告されています。 筆者はひと腐れ苦情を入れてとっとと転職しましたが、 最大の問題は、パターンで行われるパワハラにどう対処すべきかですね。 筆者のようにきれいさっぱり転職をするのもひとつ、その会社にこだわって解決策を講じるのもひとつ・・・考え方は実際にどんなパワハラを受けたのか、その人によって異なります。 あまりにもこだわりすぎてうつ病になってしまったなどという残念な顛末を迎えるくらいなら、さっさと退職して転職したほうがいいかな、などと思う側面もありますが、対処法を考えるのも悪くはありません。 そのためには、まずは上司のどういった言動がパワハラに相当するのかをしっかりと理解する必要があります。 人間的にキライだからなんでもかんでも「パワハラだ!」と決めつけるのはNGです。 パワハラを撃退するためには、感情に突っ走ってはうまくいきません。 冷静に、できるだけクレバーに対処する必要があります。 仕返ししてやる!クビに追いやってやる!など、感情に先走った発想は安易になりがち。 良いことなどありません。 結果的に仕返しとなった、クビに追いやったとしても、それはあくまでも不可抗力でなければなりません・・・などと少々不穏な言い方になってしまいましたが、実際、作戦によっては起こりえます。 さて、どんな方法があるのかというと・・・ パワハラ撃退法• パワハラ上司のさらにその上司 信頼できる人に限る に相談する• 社内の相談窓口、対策室、組合などに相談を持ち掛ける• 厚労省管轄のサイト・窓口などを利用する• パワハラの事実を記録しておく 都度メモに記録する、マイクで録音するなど• 「それはパワハラです!」とはっきり告げて不当な命令を拒否する• 同じ被害に遭っている仲間と力を合わせ社内告発する• 弁護士に相談するなど、法的手段に訴える• あえて事を荒立てず退職し、転職する 上司の上司に相談するという方法で注意すべきは、相談する上司の上司が信頼できる人である場合のみです。 人望が厚く、優秀な人材であり、個人的にではなく、多くの部下が信頼を置く人格者である必要があります。 どんなに優れた人でも、 パワハラ上司の悪行をチェックしていないという「抜け目」はすでにあるので、頭ごなしに信頼してしまうのは危険です。 完全に信頼できる人だけが相談の対象です。 また第三者、公的機関の専用窓口へ相談するのがおすすめです。 パワハラの事実の記録については、後々法的手段に訴える場合には、細かい日時や内容、具体的なことばや態度などが重要な証拠になります。 マイクを購入して音声を記録するのも有効です。 ただ近年では、かなり長時間記録できるマイク機能があるスマホアプリもありますので、そういったツールを駆使するのも良いでしょう。 社内告発や上司の上司に実情を知ってもらうときにも有効です。 「パワハラです!」を当人の前でぶちまけるのは、なかなか勇気が要るところかと思います。 ただ、パワハラをするような人間は、「攻撃は最大の防御」と考える単純な人が多いこともまた事実。 それゆえ「自分が攻撃されるかもしれない」という発想がそもそもないため、いざとなると弱腰になってしまうこともけっこう多いです レスリングの「エライおじさん」もそんな感じですよね?。 ただし、「自分はパワハラなんてまったくしていない!」と本気で思っている上司には、この作戦は不発です。 そういう場合、ほんとうにパワハラをしているのであれば、第三者の力が必要になるでしょう。 とはいえ「クロかも・・・」という意識があるなら、この作戦、効果テキメンでしょうね。 「法的手段」や「退職・転職」などは、正直最後の手段と考えるべきでしょう。 パワハラ上司をぎゃふんといわせることが目的ではありません。 事を荒立てなくても済む範囲であれば、会社内で解決をはかるのがベストです。 暴行や傷害といった刑事訴訟のレベルでは、迷いなく法的手段ですね。 退職・転職に関しては、あくまでも「あえて」です。 あえてというのは、筆者の退職・転職の経験でいえば、「会社や人に魅力がなかった」ということになります。 要は「パワハラ前に辞めたいと思っていた」ということですね。 パワハラはむしろ会社を辞める良いきっかけだったと解釈しています。 そういう会社かなぁ・・・というのがだんだんわかってきていたので、ちょっと頑張って退職し、無事転職しました。 法的手段にしろ退職・転職にしろ、最大のポイントは「パワハラ被害その後」です。 法的手段の場合、やはり罪をつぐなうのも社会的責任のまっとうの仕方であるという厳しい意識が必要でしょうね。 退職や転職は、そうすることによってパワハラ被害者がより大きなメリットを得られるのかどうかが最大のポイントになります。 その会社や仕事が好きだけど退職して転職した・・・それでもメリットがあるのか否か。 ここが決断のための最大のポイントになります。 だからこそ感情に先走らず、じっくり考えて、ご自身にとって最善の道を選択すべきなのです。 たとえパワハラの相手に原因がある問題であったとしても、です。 いつパワハラに遭うかわからない。 そして上司になったら加害者にならないように パワハラは、働いている上司のほうは、たいてい事の重大さに気づいていない場合が多いです。 悪意がなかった場合はもちろん、仮に悪意があったとしても、「このくらい大丈夫だろう」と安易に考えがちです。 ということは、会社勤めをしている以上、「いつパワハラ遭うかわからない」という意識がある程度必要になってくるのかもしれませんね。 いや、脅かしているわけではないんですよ。 でも・・・です。 と同時に、ご自身が上司になったときに、我知らず部下に対してパワハラをしているなどという事態を招かないともかぎりません。 パワハラは、よほど注意していなければ、被害者にも加害者にもなりうると考えるべきでしょう。 パワハラ被害に遭った場合には、とにかくひとりで悩まないこと、そして最悪の場合には法的手段に訴えたり退職・転職を視野に入れたりと、幅広い選択肢をイメージして柔軟に対応していただきたいと思います。

次の

深刻化する職場での「女同士のパワハラ」一体どうすれば?(奥田 祥子)

パワハラ 女 上司

女性上司によるパワハラも少なくない! パワハラと言えば男性上司による暴力的な発言や暴行のイメージが強いものの、別に女性上司によるパワハラが存在しないわけじゃないデジよ。 パワハラへの関心が高まる中、インターネット等では、 女性上司からのパワハラ被害の報告も多々みられるデジね。 管理職に男性が多いことから、パワハラ=男性上司のイメージが強いのかしらね。 そうデジね。 女性が活躍する社会になってきたと言われてるものの、まだ管理職は男性の方が多いデジ。 ただ、女性上司によるパワハラの被害に苦しんでいる人も少なくはないわけで、今回は女性上司によるパワハラについてまとめてみたデジ! やっぱり男性上司とはパワハラの方法が違ったりするの? 一般的なパワハラである怒号・暴力といったケースもあるデジが、中には女性ならではのパワハラもあるようデジね。 そのあたりも含め、下記で女性上司によるパワハラについて解説していくデジ。 女性上司によるパワハラの恐怖! ここからは女性上司によるパワハラの傾向について詳しく紹介していくデジよ! パワハラ女性上司のターゲットは主に女性 男性上司によるパワハラが男女をターゲットとするのに対し、女性上司によるパワハラは女性だけをターゲットとすることが多いと言うデジね。 単純に女性管理職のいる職場に女性が多いんじゃなくて? それも要因のひとつかもしれないデジ。 ただ、職場のいじめ改善に取り組むアメリカのWBIの調査による、「 職場のいじめの半分以上は女性によるもので、そのターゲットの多くは女性だった」というデータもあるデジ。 そういえば、女性のいじめって、ほとんど「女性 女性」な気がするわ…。 上記はアメリカのデータデジけど、女性のターゲットが女性という構図は日本も同じようデジね。 実際、女性上司によるパワハラ体験談を語る人の多くは女性デジ。 同性の人ほど注意しないとね。 ただ、 男性による被害報告が無いわけではないデジ。 たとえば、女性上司が「女性は食事姿を見られるのが嫌」といった理由から、 昼休みに男性社員を強制外出させるといったパワハラ被害もあったようデジ。 女性上司によるパワハラは陰湿? 女性上司によるパワハラは陰湿と言われることもしばしば、デジ。 たとえば、以下のような被害報告があるデジよ。 ある女性上司のもとで働く女性社員のAさん。 ある日、女性上司により「Aさんは取引先の男性に媚を売っている」といった噂を流されてしまいました。 結果、Aさんは同僚から距離を置かれることとなってしまったのです。 もちろんAさんの噂は事実無根。 全くもってそんな行為はしていないにも関わらず、Aさんのイメージを下げるために嘘の噂を流したわけデジ。 ひ、酷いわ…。 男性優位の社会において管理職を手にした女性は、その地位を脅かすライバルである、 優秀な女性社員の足を引っ張り、昇進を何とか阻止しようとすると言われてるデジね。 それまた陰湿な…。 もちろん男性上司による陰湿なパワハラも少なくないデジから、女性特有のものと言い切ることは出来ないデジ。 しかし、女性のいじめは陰湿といった意見も多いため気をつけてほしいデジね。 妬みによる女性上司のパワハラも… 女性上司のパワハラは妬みによるものも怖いと言われるデジね。 たとえば、以下のような事例があるデジ。 ある企業で働くBさんは育休を取得後、女性上司がいる部署へと異動を命じられました。 その上司は40歳半ばで子どもがおらず、育児の問題で早めに帰宅(社内制度を利用)するBさんに対し「責任感が足りない」などと叱責していました。 Bさんが育児のために早く帰るのは社内制度を使ってのことであって、何らおかしなことではないデジ。 それなのに、女性上司はパワハラ発言。 他にも 容姿や既婚・未婚などの問題で嫉妬され、パワハラを受けることがあるようデジね。 確かに嫉妬心が強い人っているわよね…。 自分だって将来的に社内制度で休んだり、早く帰ったりする可能性があることを考えれば、自爆行為のようにも思えるんデジがね。 残念ながら妬みで部下をいじめる上司も多いデジ。 もちろん、男性上司だって妬みでパワハラを行うことはあるデジよ。 女性上司は月1で不機嫌になる? 女性の上司は月に1度、明らかに機嫌が悪くなるタイミングがあると言われてるデジね。 ようするに生理や生理前後の不調期ということデジが…これについては仕方ない部分もあるかもデジね。 ただ 理不尽な怒りを受ける部下からすればたまったものじゃないし、発言内容等ではパワハラに抵触するデジ。 まぁ、気持ちは分かるわ。 ところで、これってセクハラ発言じゃないの? ま、まぁ…それはちょっと思ったデジ…。 余談デジけど、男性にも女性のようにイライラする周期があると言われてるデジね。 つまり女性上司に限らず人は機嫌が悪くなるタイミングが定期的にある・・・のかもしれないデジ。 女性の方が部下に対する好き嫌いが激しい? 女性上司は 部下に対する好き・嫌いをはっきり分けることが多いと聞くデジ。 たとえば、ある女上司は男性社員ばかりに媚びを売り、女性社員に対しては強く当たったり、あるいは逆だったりデジ。 上司がそのタイプだとしたら・・・嫌われないように気をつけなくちゃ! とはいえ、性別で好き・嫌いを分けてるなら気をつけても無駄デジね。 また、同じ男性社員が相手でも容姿によって態度を変えることも、デジ。 見切り発進してしまうことも… 圧倒的に男性管理職の方が多い中、女性でありながら管理職に就いた人は、自分のことを「デキる女」と思い込みがちデジ。 そのため、わりと見切り発進で仕事を始めてしまうこともあるデジね。 この時、部下が意見をしても無意味だったりするデジ…。 実際に昇進出来てるんだから、デキる女って言うのは間違ってないんだろうけど・・・見切り発進はよくないわね。 そして、見切り発進の仕事でミスをしても「私のせいじゃない」と部下に責任転嫁。 自分のことを「デキる」と思ってるだけに、なかなかミスを認めない節があるらしいデジ。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! パワハラ女性上司の対策は? ここからは、パワハラ女性上司に困った時の対策方法を紹介していくデジよ! 妬みの対象にならないよう発言に注意 女性上司は妬みによってパワハラを行うことも。 そのため、不用意に「恋人の話」「子どもの話」「家の裕福さに関する話」などはしない方がよさそうデジ。 妬みの対象になりえる発言は避けておくべきデジ。 その手の発言は上司だけじゃなく、同僚にも敵を作りがちだしね。 避けておくに越したことは無いわ。 特に女性社員の人は要注意。 女性上司のパワハラターゲットになりやすいのは女性デジよ。 あるていどの距離を置いて仕事をする パワハラをするような女性上司とは距離をとって仕事をしたいところデジ。 不用意に会話を始めれば、何を言われるか分かったものじゃないデジ。 些細な発言で気分を害してしまう可能性も低くないデジ。 パワハラ上司との発言は必要最低限。 これは基本ね。 最低限のホウレンソウ(報告・連絡・相談)だけで業務上は十分なはずデジ。 さっきも話したように恋人や子どもの話は攻撃の原因になりえるから、プライベートな話は避けるデジ! 女上司の上司に報告する 上司の上司、たとえば女性上司が課長なら部長など、 さらに上の人に「パワハラを受けてるんです・・・」と報告することで、何かしらの処分が下されることも、デジ。 上の人がパワハラの事実に気づいてない可能性は高いものね。 ただ、パワハラの事実を隠すのが上手い女性上司も多いのか、上司の上司に報告し、調査まで実施されたにもかかわらず、 「パワハラの事実はない」と結果が下されるケースもあるようデジ。 そんな…。 さらに、上司の上司に話したのが自分だと分かれば、よりパワハラが深刻になることも・・・デジ。 転職で今の職場から逃げ出す 女性上司に限った話ではないデジけど、パワハラ上司が自主的にパワハラを止めることは滅多にないデジ。 また、人事部からの注意などで止めたとしても、一時的なもので、すぐ再開することもあるデジね。 困ったものね…。 つまり、 今の職場にいたのでは、いつまでもパワハラを受け続ける羽目になるかもデジ。 そこで、いっそのこと 転職でパワハラ女性上司から逃げ出してはどうデジかね? 転職ねぇ。 パワハラ女性上司の被害者の報告を見ていると、けっこうな割合で退職し、別の仕事に就いてるようデジ。 まぁ、同じ職場にいる以上、パワハラ女性上司と話さなくちゃいけないタイミングも多いものね。 それが今後も続くことを考えれば・・・いっそ転職の方が清々しい未来が待ってそうだわ。 なお、パワハラ被害を受けている人は「1日でも早く転職したい!」の精神から転職活動を焦りがちデジ。 しかし、焦ってしまえば意図しない転職先で、好きでもない仕事をする羽目になりかねないデジね。 パワハラ上司から離れられても・・・それは嫌かも・・・。 そこで、転職活動の際は転職エージェントの利用をおすすめするデジ。 パワハラ被害を受けている人ほど、転職エージェントによる的確なアドバイス・冷静な判断が必要になるはずデジ! 転職エージェントって無料のうえに、求人探しから転職活動の支援までしてくれるのよね!.

次の