杉田智和 下ネタ。 杉田智和 (すぎたともかず)とは【ピクシブ百科事典】

杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーンとは (スギタトモカズノアニゲラディドゥーーンとは) [単語記事]

杉田智和 下ネタ

もくじ• 【杉田智和】プロフィール 名前 杉田 智和 生年月日 1980年10月11日 出身地 埼玉県 所属事務所 アトミックモンキー 出演作品• X -エックス-• ONE PIECE• KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-• BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS• かつて神だった獣たちへ• 彼方のアストラ• はたらく細胞• PERSONA5 the Animation• ヲタクに恋は難しい• クラシカロイド• 進撃の巨人• 七つの大罪 シリーズ ほか より引用 【杉田智和】CV担当アニメおすすめ7選 1、銀魂 1年目 坂田銀時役) あらすじ 天人と呼ばれる宇宙人が来襲、全てが一変し宇宙人や高層ビルなど何でもありになった江戸の町で万事屋を営む坂田銀時。 いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメる…。 笑えて、泣けて、心温まる、銀さんと仲間たちの生き様、とくとご覧あれ! より.

次の

杉田智和の彼女は誰?結婚はいつ?桑島法子の信者ってホント?

杉田智和 下ネタ

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式なアーカイブなど常に参照可能な状態の、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 杉田智和のアニゲラ! ディドゥーーン ジャンル インターネットラジオ:杉田智和のアニゲラ! ディドゥーーン 愛称 アニゲラ 配信期間 - 配信サイト 配信日 隔週 21:00 - 22:00 配信形式 配信(収録) スタジオ パーソナリティ アシスタント SP佐藤 構成作家 坂本尚文 ディレクター 久保速人 プロデューサー 太田尾和也 インターネットラジオ:杉田智和のアニゲラ! ディドゥーーン!! 愛称 アニゲラ 配信期間 2013年 - 配信サイト 超! ディドゥーン!!! 愛称 アニゲラ 配信期間 2016年 - 配信サイト 超! ディドゥーーン』(すぎたともかずのアニゲラディドゥーーン)は、からで配信されている番組。 略称・愛称は「アニゲラ」。 第101回からは番組がリニューアルし、番組名が『 杉田智和のアニゲラ! ディドゥーーン!! 』に変更になった(末尾に「!! 」が追加されたのみ)。 2016年3月をもって終了し、4月からは『 アニゲラ! ディドゥーン!!! 』に改題、リニューアルした(末尾の「! 」がさらに一つ追加され、「杉田智和」の名を排したタイトルとなったが、パーソナリティの杉田は続投している)。 番組概要 [ ] 杉田智和の杉田智和による、心が10代の男子・女子に向けたアニメ・ゲーム・特撮・声優などを中心とするラジオ番組。 杉田自身はこの番組について「アニメ・ゲームの最新情報を扱うわけではなく、懐かしい話や好きな作品の話をして想いを共有するのが目標」と語っている。 配信時間 [ ] 毎週更新• 2018年9月6日 - 木曜日 21:00 - 21:30(リピート配信: 金曜日 9:00 - 9:30) 過去の配信時間 隔週更新• 2009年4月9日 - 2010年3月25日 木曜日 21:00 - 22:00 (リピート配信: 金曜日 9:00 - 10:00)• 2010年4月8日 - 2011年9月22日 木曜日 21:00 - 22:00 (リピート配信: 金曜日 10:00 - 11:00)• 2011年10月6日 - 2015年9月25日 木曜日 21:00 - 22:00 (リピート配信: 金曜日 10:00 - 11:00、土曜日 12:00 - 13:00)• 2015年10月9日 - 2016年3月31日 木曜日 21:00 - 22:00 (リピート配信: 金曜日 9:00 - 10:00、土曜日 12:00 - 13:00) 毎週更新• 2016年4月7日 - 2018年8月30日 木曜日 21:00 - 21:30(リピート配信: 金曜日 9:00 - 9:30、土曜日 12:00 - 12:30)• 2018年9月6日 - 2020年4月16日、2020年6月18日 - 木曜日 21:00 - 21:30(リピート配信: 金曜日 9:00 - 9:30)• 2020年4月23日 - 2020年6月11日 木曜日 21:00 - 21:30(リピート配信: 金曜日 9:00 - 9:30、翌週木曜日 21:00 - 21:30、翌週金曜日 9:00 - 9:30) 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、収録頻度の変更を行い、放送は毎週だが内容の更新は隔週となった。 パーソナリティ [ ] メインパーソナリティ• パーソナリティ• のライター。 長い間「SP田中」名義のアシスタントだったが、第101回(2013年2月7日配信)より「マフィア梶田」名義でアシスタントパーソナリティとなった。 アシスタント• AGRS(" Automatic Game Revolution System"の略で、"アジルス"と読む) 本番組に"進化というか変化、革命を起こすべく投入された画期的なシステム"である人工知能ロボットという設定。 第21回から登場し、第24回からは女性ボイスが、第29回からは男性ボイスもついた。 主に上記二人のツッコミ役となるボイスが流れる。 番組を通じて成長していく予定 で、以後何度かボイスの種類が増えているほか、一時期収録して欲しいボイスも募集していた。 声の正体は男女ともに不明。 だが、男性ボイス担当の方は「男AGRS」として何度か番組に出演しており、準レギュラーのような扱いである。 また、が声を担当したことがある。 「AGRS」という名前は、杉田の知人のあだ名が元になっている。 この人物は、杉田曰く「『』のポスターを下から覗いて『なんで見えないんですかね』と言う変態」らしい。 ライバルキャラクターに「TA-G(タージ)」がおり、セーフモードの「G-TA(ジータ)」になる、という設定。 番組内のミニドラマでゲストの女性声優が声を当てることがある。 第116回にてであることが杉田の口から発せられ、一方でTA-Gはという設定が明かされている。 イラストをリスナーより常時募集しており、一部のイラストは番組公式アカウントで公開されている。 第57回配信ではAGRSが『』に正式参戦することが発表された。 通常排出はされず、雑誌『』2011年9月号に封入特典として収録された。 また、杉田がパーソナリティを務めているWebラジオ『』にも飛び入りで登場。 この時のイラストはのオリジナルデザインで、2011年度のではアークシステムワークスのデザインイラストで限定販売された。 なお、杉田と熊川が制作に関わっている『月英学園』シリーズを等で販売する際のサークル名が「AGRS」である。 準レギュラー 杉田の友人が遊びに来ている。 有象無象と一括りに紹介されることが多い。 (第9回 - 、チームグリグリ『』製作総指揮) - ゲストとしても並行して出演している。 SP佐藤(第15回 - )• (第15回 - 、エロ漫画家「ウルトラシッカチーフ」の片割れ)• fan114(第14回 - 『』ライター、LoV公式サポーター)• 熊川秋人(第26回 - 、元社員)• 男AGRS(第40回 - 、男声AGRS担当声優)• ヴルコドラク(第92回 - 、『』の使い魔キャラクター。 架空人物であるため、台詞は同ゲームで発している台詞のみ)• 根岸和哉(第102回 - 、マンスリーゲスト)• MEN店長(第107回 - 、PLUCK店長) - ゲストとしても並行して出演している。 ゼクス(第109回 - 、杉田のゲーム仲間)• リアルTA-G(第120回 - 、AGRSのライバルキャラクター「TA-G」の元ネタとなった男性)• pu2(第122回 - 、エロ漫画家「ウルトラシッカチーフ」の片割れ。 ゼクスの兄)• ikuyoan(第145回 - 、イラストレーター) - 当初はイラスト投稿をしていたリスナーだったが、上京に伴い準レギュラーとなる。 ぽえむ(第18回(通算第201回) - )- 杉田が『』を通じて知り合った一般人。 コーナー [ ] 番組冒頭では「 うろ覚えディドゥーーン劇場」と称し、アニメやゲームのワンシーンをパロディを交えて再現する。 また、エンディングにもショートドラマを行う。 ふつおた(旧:普通のオタク! 略して) リスナーから寄せられた「ふつおた」を紹介し、ゲストとトークを繰り広げる。 ゲスト出演時は、実質的なメインコーナー。 以前はオープニング直後のフリートーク内で放送していたが、ゲストの呼び込み、AGRSイラストやテーマメール紹介が占めるようになったため、コーナー化。 フリートーク内で紹介できなかったメッセージや、ゲスト宛のテーマメールも紹介する。 コーナーのテーマ曲はの「YO-KAI Disco」。 判定結果にはヴルコドラクの台詞が使われるが、判定することのできない内容に対してはikuyoanの「ブッチャーだ!」が使われる。 コーナーのテーマ曲はアニメ『ウィッチブレイド』のオープニング曲・の「」だったが、第110回からの「」に変更された。 よしまさの地図(旧:噂のケンミン情報局) リスナーから寄せられたご当地情報を紹介する。 これはアシスタントのマフィア梶田が「地理の成績が悪かった為に、東京以外の都道府県の配置を知らないでいる」為、リスナーから寄せられたご当地情報を基に正しい日本地図を覚えようといった理由からできた企画でもある。 通称"梶田くんを人間にするコーナー"。 また、番組内で梶田はご当地情報を基に紙に日本地図の絵を書き起こし、紹介された都道府県を描き足しているが、杉田やゲストの発言から正しい都道府県の配置ができていないどころか、字が汚いために読み間違いも起きている模様。 初見のゲストに日本地図を見せたときにあまりの酷さに絶句されるのもお約束となりつつある。 また、コーナー冒頭では杉田によるの物真似も恒例となっている。 その後、梶田の書いた地図は初の公開録音の際に撮影禁止という条件付きで展示され、30分番組化して以降はTwitterやFacebookで一般公開されるようになり、回を追うごとに書き足されている。 コーナーのテーマ曲は第183回まで「光と風の四季」(「」テーマソング)が使われた。 親権ジャー 正式コーナー名「獄中刑事サイバン」。 番組から出題された画像に入る吹き出しセリフで、リスナーから寄せられた回答を紹介する大喜利コーナー。 お題の画像は、初期の頃は杉田や梶田、祁答院が写った写真などで募っていたが、現在は朝倉ブルーの描きおろしイラストで定着している。 テーマソングはサイキックラバーのである。 メイのバカ! もう知らねぇからな! 番組から出題されたアニメ・マンガのセリフをもじったセリフで、リスナーから寄せられた回答で紹介するリスナー参加型大喜利コーナー。 パワーゲイザー 正式コーナー名「やっぱりパワーゲイザーオチ」。 リスナーから寄せられたイラつく出来事に対し、にパワーゲイザーしてもらえるかを杉田たちが判定するコーナー。 コーナー内容自体が曖昧なためか、番組で行われることが非常に少なく、下ネタだらけの「ヴルコドラク」とは対照的な内容のコーナーとして落ち着いている。 判定に使われるのはテリー・ボガードのキャラボイスで、プロデューサーがに直接交渉し許可を得て使用が実現した。 コーナーのテーマ曲は餓狼伝説3の「テリーステージ」。 あ~・・・何だっけ? 過去に見聞きしたのに思い出せなくなった作品やうろ覚えの内容でタイトルを思い出せない作品をリスナーから募り、後日の放送までに出演者・リスナーの報告で解決していこうという宿題コーナー。 コーナー名の元ネタは杉田がのモノマネをする時に使う口癖。 毒手 没になったメールを紹介するコーナー。 終了したコーナー [ ] すでに終了していた事後スパークとSP候補生以外のコーナーは第100回を以てまとめて終了することが第101回で発表された(ただし、ふつおたで今までのコーナーと同内容のメールを受け付けている)。 そんなことよりゲームやろうぜ! 番組の看板コーナー。 コーナー名の元ネタは『』の谷口タカオのセリフ「そんなことより野球しようぜ! 」から。 ゲスト(主に声優が多い)が来ている際は、タイトルコールをゲストが行う。 後の回ではAGRSがタイトルコールを行うようになる。 第100回までは、少年時代にドップリと漬かったゲームや新作ゲームをプレイしつつ紹介していた。 杉田やゲストが私物のゲーム機・ソフトを持ってくることもあった。 第101回で打ち切られたが、その後も最新ゲーム・アニメ作品の紹介等を中心に不定期で行っていたが、30分番組化に伴い事実上の終了となった。 また、コーナー復活してから杉田が『』のハクメンの掛け声にあやかって「〜しようズエア!」と言うようになった。 コーナーのテーマ曲は通常『』の「クリティウスの牙」が流れる。 」というテーマに沿って送られてきたリスナーの想像を紹介する(例:「もしも魔法が使えたら」など)。 コーナー名の元ネタはゲームソフト『』から。 コーナー開始時の曲も、元ネタにちなんで『真・女神転生if... 』のタイトルデモ曲が使われている。 後に『』の廃墟(東京大破壊後の2Dフィールド)BGMが使用されるようになる。 私が町長です。 人生に多大な影響を与えたアニメ、漫画、ゲームの名言をリスナーから募集し紹介する。 コーナー名の元ネタは杉田が影響を受けたゲーム『』のセリフをそのまま引用している。 コーナー開始時のテーマ曲も、同じく『ロマンシング サ・ガ3』のマスコンバット戦闘開始時のBGMが使われている。 当初はコーナー名が「私が村長です。 」だったが、リスナーからの指摘でミスに気づき現タイトルになった。 なお第30回放送のみの特別企画として、ゲストの監督作品の名言を集めた「 私が監督です。 」が行われた。 メッセージを送るときには、よくレンタルビデオ店や書店で店員さんが書いている、POPっぽく送って欲しいとのこと。 また、コーナーの冒頭は、杉田がのモノマネ(別名「杉ボンズ」)や、のモノマネで話すのが恒例 であった。 第23回では『機動戦士ガンダム00』に出演していたがゲスト出演していたため、「がいる! 」というツッコミが入り、第31回ではハワード・メイスン役のがタイトルコールを担当した。 中村がゲストに登場した回にコーナー名が変わることが多い。 現コーナー名は第64回から。 ワンチャンスありますよね 日常のなかで絶望的な状況に活路を見いだし、それがありかどうかを杉田に聞くコーナー。 休止になることが多く、杉田も「人気がないからそろそろコーナーを終了させようかと思っている」と発言したことがあるが、その次の回で大量のメールが来たため撤回された。 コーナーのテーマ曲はの『 』。 うえだ巨神兵 第25回放送から始まったミニコーナー。 通常コーナー前に行われる。 リスナーから、野太い声のキャラクター「うえだ巨神兵 」に代弁してほしいネタを募集し紹介する。 コーナーの曲は、の『』、第31回からはの『』、第36回からはの『』、第66回からはアニメ『』のオープニング「」が使われ、その後はさざ波の音をBGMに加工された音声で「うえだ巨神兵、うーみん」とタイトルコールされるようになった。 第29回放送で、「では派」であることが判明、同回のエンディングで杉田にツッコミを入れられ、その後も度々同コーナーで寿美菜子に関連するネタが出ている。 なお回によってはゲストやAGRSが巨神兵に代わってつぶやく場合もある。 HOME MADE裸族 第48回から始まった、リスナーが投稿してきたお題に即興で回答する大喜利コーナー。 投稿する際にはリスナー自身の回答例も明記することが求められており、お題の選定は同ラジオの構成作家の坂本が行っている。 杉田いわく「のパクリ」で、ほぼ毎回行われているためにSP田中は「毎週が罰ゲーム」と言っている。 リニューアルに伴って終了したが、初の公開録音(第159回にて内容を放送)で久しく行われた。 コーナーのタイトルは人気グループ「」のもじりで、コーナーのテーマ曲も彼らの代表曲『(アニメ『』オープニング)』が使われている。 事後スパーク 後々になって知らされたどうしようもない現実をリスナーから募集し紹介する。 コーナー名の元ネタは『』の呪文ジゴスパーク。 コーナーのテーマ曲は、往年の名プロレスラー・の入場テーマ曲『サンライズ』。 また、メッセージを紹介した後は杉田が『』ののセリフ「絶望した! 」と、メッセージに対して言い放つことがある。 「終了した」とは発表されていないものの、数回しか行われておらず、メールの募集も行っていないため、事実上の終了状態となっている。 SP候補生 第40回から始まった新コーナーで、リスナーから寄せられた「我こそはSPにふさわしい! 」という人物(自薦・他薦問わず)を、SP田中とSP佐藤が紹介し対戦する企画。 杉田曰く「のパクリ」。 第47回で打ち切られた。 コーナーのテーマ曲は、アニメ『』のオープニング曲。 配役人間になりたい パーソナリティーやゲストの一般常識を測るクイズコーナー。 不正解者は「うえだ巨神兵ヘルファイア」のコーナーで大喜利を行う。 お願いAGRS アニゲラのキャラクター(AGRS、TA-G、SP田中など)にしてほしい事を募集するコーナー。 うえだ巨神兵ヘルファイア リスナーが投稿してきたお題に「早く人間になりたい」で不正解になったパーソナリティ或いはゲストが即興で回答する大喜利コーナー。 HOME MADE裸族の後継コーナーである。 「配役人間になりたい」とセット扱いだったのだが、「配役人間になりたい」が打ち切られてしまったため、単独コーナー化。 アニゲラジュークボックス リスナーから寄せられた替え歌を紹介する。 梶田からは「を募集するコーナー」と指摘されている。 ガチボリックラバーズ リスナーから寄せられたキャラクター・2次元 に対するガチすぎる愛のエピソードを紹介し、そのエピソードのガチ過ぎる愛・価値観を称賛する。 元ネタはから。 エピソード・逸話 [ ]• 収録日は基本的に本配信の前の週の水曜日(リピート放送の前日)。 『』で本番組が取り上げられたことがある。 第13回でのとや、第17回でののように、番組内でゲスト告知がないにも関わらずゲストが登場することがある。 番組の冒頭などで、杉田がハマっている『LORD of VERMILION』の話題が頻繁に出ており、何度か「LoV特集」を行っている。 また、これに関連して、初の番組特製グッズとして「ディドゥーーンローダー(カードローダー)」と「ディドゥーーンクロス」が作られ、現在は「超! 番組内でかかる曲はゲームミュージックが多く、特に杉田が大好きであると公言しているの曲が多い。 第28回にて伊藤本人がゲストとして登場した 際は、杉田は「夢のような話」と語っていた。 後に伊藤は本番組のオープニングテーマを制作、第57回から使用されている。 また、前述の通りAGRSの参戦が決まっている『』のサウンドトラックに収録。 ディドゥーーン」が選ばれ、 杉田智和とその仲間達ということで出演することになった。 なお、杉田以外は全員素人である(2009-2010でも出演している)。 放送開始から一年たった2010年4月より、本番組のすぐ後にアシスタントのSP田中が出演するがスタートした。 第33回放送では、本社内スタジオでの収録が行われ、また番組初の動画配信による放送となった。 さらに収録当時稼働前だった『LORD of VERMILION II ULTIMATE Version』の、杉田とfan114(同回ゲスト)による体験プレイも行われている。 第34回放送にて、出演者とAGRSのイラストが書かれたティッシュボックスが作られ、「ディッシュ」という商品名で、78にて発売。 番組スタッフによれば、約4000個製造した。 ゲストに目黒将司が来た場合、自身のゲームの紹介の他に、『』や『』の話をするのがお約束となっている。 は1年周期でゲスト出演している。 4月1日のTwitterで杉田本人が「次回のアニゲラに さんが来る」とエイプリルフールのネタとして書き込んだが、実際に第54回放送のゲストは早見だった。 第60回は、第33回放送同様スクウェア・エニックス本社内スタジオでの動画配信となり、収録当時稼働前の『LORD of VERMILION Re:2』体験プレイも行われている。 なおこのプレイでは杉田・fan114共に、アルカディア2011年9月号付録の「アジルス」カードを各々のデッキに用いている。 第62回配信のゲストに熊川貴族がゲスト出演する予定であったが、盲腸により番組を欠席した。 2011年の夏コミでAGRSのラバーキーホルダー(「アジラバー」)を販売。 製作数のほとんどをコミケで売り切った。 年内ラストの放送はゲストにとが来るのが恒例になっている。 2015年4月19日に番組初となる公開録音が行われ、その模様が第159回で放送された。 『杉田智和のアニゲラ! ディドゥーン!! 』第183回と『アニゲラ! ディドゥーン!!! 』第1回は同時録りだった。 2017年3月15日に発表された第3回において、「BEST MALE RADIO 最優秀男性ラジオ賞(一般部門)」を受賞した。 「そんなことよりゲームやろうぜ! 」で紹介されたゲーム [ ]• 2:、、、、ATHENS 2004• 7, 14:• 10:• 11:• 12, 16:• 13:• 15:• 17:• 18:• 19:• 20:• 21:• 22:ラブプラス、• 23:• 24:• 26:• 27:• 28:・• 29:• 30:• 31:• 32:• 33:• 34:• 35:• 37:• 39:• 40:• 41:• 42:• 43:• 46:• 49:• 51:• 55:• 57, 60:• 58:• 62:• 63:• 66:• 68,75:• 69:• 71:• 73, 110:• 74:• 76:• 78:• 79:• 80:• 82:• 83:• 85:• 86:• 87:• 89:• 90:• 91:• 95:• 101:• 103:• 105:• 106:• 109:• 115:• 120:• 123, 125:• 128:• 160 : ゲスト [ ] 準レギュラーを除くゲスト• 02(2009年 04月23日):• 03(2009年 05月 07日): (、『』ディレクター)• 05(2009年 06月 04日):• 06(2009年 06月18日):• 07(2009年 07月 02日): (、『LORD of VERMILION』プロデューサー)• 08(2009年 07月16日):• 09(2009年 07月30日): (チームグリグリ、製作総指揮)• 10(2009年 08月13日):• 11(2009年 08月27日):• 12(2009年 09月10日): (、『』プロデューサー)• 13(2009年 09月24日): 、• 14(2009年10月 08日): 上原利之(『LORD of VERMILION』ディレクター)• 16(2009年11月 05日):• 17(2009年11月19日):• 20(2009年12月31日): 、• 22(2010年 01月28日):• 23(2010年 02月11日):• 26(2010年 03月25日): 熊川秋人(フリーライター)• 27(2010年 04月 08日):• 28(2010年 04月22日):• 31(2010年 06月 03日):• 36(2010年 08月12日):• 41(2010年10月21日):• 44(2010年12月 02日):• 47(2011年 01月13日):• 48(2011年 01月27日):• 51(2011年 03月10日): リ・ユノ(『』プロデューサー)、ウチヤマさん(『』ゲームマスター)• 57(2011年 06月 02日): 横山賢介(『LORD of VERMILION』ディレクター、不死企画担当)• 58(2011年 06月16日):• 61(2011年 07月28日):• 70(2011年12月 01日):• 71(2011年12月15日): (『』シリーズ プロデューサー)• 76(2012年 02月23日):• 79(2012年 04月 05日):• 80(2012年 04月19日):• 81(2012年 05月 03日):• 85(2012年 06月28日):• 86(2012年 07月12日):• 87(2012年 07月26日):• 88(2012年 08月 09日):• 91(2012年 09月20日):• 92(2012年10月 04日): fan114(『』シリーズ)• 101(2013年 02月 07日):• 102(2013年 02月21日):• 103(2013年 03月 07日): (『』プロデューサー)、(『デーモントライヴ』アートディレクター)、(『デーモントライヴ』サウンド担当)• 104(2013年 03月21日):• 105(2013年 04月 04日):• 107(2013年 05月 02日): (PLUCK店長)、• 109(2013年 05月30日):• 113(2013年 07月25日):• 116(2013年 09月 05日):• 119(2013年10月17日):• 121(2013年11月14日):• 122(2013年11月28日):• 126(2014年 01月23日):• 127(2014年 02月 06日):• 128(2014年 02月20日):• 129(2014年 03月 06日):• 131(2014年 04月 03日):• 132(2014年 04月17日):• 133(2014年 05月 01日):• 134(2014年 05月15日):• 136(2014年 06月12日):• 137(2014年 06月26日):• 138(2014年 07月10日):• 139(2014年 07月24日): 南治輝(サンエル エルダイスの地図総合プロデューサー)、後藤宏文(サンエル エルダイスの地図ディレクター)• 146(2014年10月30日):• 147(2014年11月13日):• 148(2014年11月27日):• 149(2014年12月11日):• 152(2015年 01月22日):• 154(2015年 02月19日):• 159(2015年 04月30日): 森利道、Lotus Juice(公開録音)• 160(2015年 05月14日): 浅井大樹(『』プロデューサー)• 163(2015年 06月25日):• 164(2015年 07月 09日): 、• 165(2015年 07月23日): 、、、• 166(2015年 08月 06日):• 167(2015年 08月20日):• 172(2015年10月29日): 中村悠一、阪口大助(公開録音)• 173(2015年11月12日):• 174(2015年11月26日):• 175(2015年12月10日):• 178(2016年 01月21日): 、、岡本光右• 179(2016年 02月 04日): 、• 180(2016年 02月18日):• 181(2016年 03月 03日):• 182(2016年 03月17日):• 187(2016年 04月28日)、 188(2016年 05月 05日): 、• 191(2016年 05月26日)、 192(2016年 06月 02日): 、• 193(2016年 06月 09日)、 194(2016年 06月16日):• 197(2016年 07月 07日)、 198(2016年 07月14日):• 201(2016年 08月 04日)、 202(2016年 08月11日): 、• 203(2016年 08月18日)、 204(2016年 08月25日):• 205(2016年 09月 01日)、 206(2016年 09月 08日):• 207(2016年 09月15日)、 208(2016年 09月22日):• 209(2016年 09月29日)、 210(2016年10月 06日):• 215(2016年11月10日)、 216(2016年11月17日):• 217(2016年11月24日)、 218(2016年12月 01日):• 219(2016年12月 08日)、 220(2016年12月15日):• 223(2017年 01月 05日)、 224(2017年 01月12日):• 227(2017年 02月 02日)、 228(2017年 02月 09日):• 231(2017年 03月 02日)、 232(2017年 03月 09日):• 233(2017年 03月16日)、 234(2017年 03月23日):• 237(2017年 04月13日)、 238(2017年 04月20日):• 239(2017年 04月27日)、 240(2017年 05月 04日):• 245(2017年 06月 08日)、 246(2017年 06月15日):• 249(2017年 07月 06日)、 250(2017年 07月13日):• 253(2017年 08月 03日)、 254(2017年 08月10日):• 255(2017年 08月17日)、 256(2017年 08月24日):• 257(2017年 08月31日)、 258(2017年 09月 07日):• 259(2017年 09月14日)、 260(2017年 09月21日):• 261(2017年 09月28日)、 262(2017年10月 05日):• 267(2017年11月 09日)、 268(2017年11月16日):• 269(2017年11月23日)、 270(2017年11月30日):• 271(2017年12月 07日)、 272(2017年12月14日): 、• 277(2018年 01月18日)、 278(2018年 01月25日):• 279(2018年 02月 01日)、 280(2018年 02月 08日): 森利道、武内駿輔(公開録音)• 281(2018年 02月15日)、 282(2018年 02月22日):• 283(2018年 03月 01日)、 284(2018年 03月 08日):• 285(2018年 03月15日)、 286(2018年 03月22日):• 287(2018年 03月29日)、 288(2018年 04月 05日):• 289(2018年 04月12日)、 290(2018年 04月19日): (『コトダマン』開発プロデューサー)、(『コトダマン』アートディレクター)• 291(2018年 04月26日)、 292(2018年 05月 03日): 、• 293(2018年 05月10日)、 294(2018年 05月17日):• 295(2018年 05月24日)、 296(2018年 05月31日): (ゲームクリエイター)• 303(2018年 07月19日)、 304(2018年 07月26日):• 307(2018年 08月16日)、 308(2018年 08月23日):• 309(2018年 08月30日)、 310(2018年 09月 06日):• 311(2018年 09月13日)、 312(2018年 09月20日):• 313(2018年 09月27日)、 314(2018年10月 04日):• 315(2018年10月11日)、 316(2018年10月18日):• 317(2018年10月25日)、 318(2018年11月 01日):• 319(2018年11月 08日): 井上喜久子(公開録音)• 320(2018年11月15日): 上坂すみれ(公開録音)• 321(2018年11月22日)、 322(2018年11月29日): 朝ノ瑠璃()• 327(2019年 01月 03日)、 328(2019年 01月10日): (『ビーレジェンド』商品開発担当)• 329(2019年 01月17日)、 330(2019年 01月24日):• 331(2019年 01月31日)、 332(2019年 02月 07日):• 333(2019年 02月14日)、 334(2019年 02月21日):• 337(2019年 03月14日)、 338(2019年 03月21日): (BEAMS)• 339(2019年 03月28日)、 340(2019年 04月 04日):• 343(2019年 04月25日)、 344(2019年 05月 02日):• 345(2019年 05月 09日)、 346(2019年 05月16日): (マンガ家・アートディレクター)、(デザイナー・イラストレーター)• 347(2019年 05月23日)、 348(2019年 05月30日):• 349(2019年 06月 06日)、 350(2019年 06月13日):• 355(2019年 07月18日)、 356(2019年 07月25日): Dango団子(ゲームダッチー宣伝プロデューサー)• 357(2019年 08月 01日)、 358(2019年 08月 09日):• 359(2019年 08月15日)、 360(2019年 08月22日):• 365(2019年 09月26日)、 366(2019年10月 03日):• 369(2019年10月24日)、 370(2019年10月31日 :• 371(2019年11月 07日)、 372(2019年11月14日 : 細谷佳正(公開録音)• 373(2019年11月21日)、 374(2019年11月28日):• 375(2019年12月 05日)、 376(2019年12月12日):• 379(2020年 01月 02日)、 380(2020年 01月 09日):• 381(2020年 01月16日)、 382(2020年 01月23日):• 383(2020年 01月30日)、 384(2020年 02月 06日): 、• 389(2020年 03月12日)、 390(2020年 03月19日):• 391(2020年 03月26日)、 392(2020年 04月 02日):• 397(2020年 05月21日)、 398(2020年 06月 04日):• 399(2020年 06月18日)、 400(2020年 06月25日):• 403(2020年 07月16日)、 404(2020年 07月23日): 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 番組公式Twitter 2016年3月17日、同18日閲覧。 vol. 6における杉田智和のインタビューより。 女性ボイスのモデルはと杉田が番組中で何度か述べている。 他に、第28回の「そんなことよりゲームやろうぜ! 」において、女性ボイス担当の方が『pop'n music』をプレイしている(ただし喋っていない)。 第30回での発言より。 杉田いわく「ボイス収録が本当に大変だった」とのこと。 エンディング以外にも、杉田が原作を担当した『月英学園』シリーズや、番組グッズのCMでショートドラマを行うことがある。 第6回でゲストの中村の「『』がやりたい」という要望に対し「見つからなかった」という理由で断念されたことがある(しかしその回でプレイされた『ストリートファイターIV』とXbox 360も杉田の私物である)。 グラハムのモノマネで話す時は、最後に「歓迎しよう! フラッグファイター!! 」と付ける。 元ネタはそれぞれ『』『』『』『』より。 杉田いわく「朝倉くんが持って来たAGRS的なサムシング」とのこと(第25回放送エンディングより)。 また、AGRS同様、声の正体は不明。 後に「うーみん」という名前が付いた。 声優・3次元については直接の影響が出るため、禁止としている。 第24回はゲストの中村のスケジュールの都合と"誕生日を祝う"という名目上、2月20日(土曜日)に収録されている。 『』2009年9月号掲載分。 以前は「超! アニメイトタイムズ. 2017年4月6日閲覧。 第49回のリピート放送の直後の第46回でも同ゲームが取り上げられており、マフィア梶田がその事に触れている。 4Gamer. net• 4Gamer. net「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン」の収録模様をレポート• 4Gamer. net• PSP版『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』プロモーションのため出演。 4Gamer. net• PSP版「コープスパーティー Book of Shadows」プロモーションのため出演。 関連番組 [ ]• スクウェア・エニックスPresents アニゲラ! スギタ! LoV! (2011年12月17日 - 、文化放送「」内) 杉田、SP田中、fan114、男AGRSが出演する、LoVRe:2の情報番組 関連項目 [ ]• - 番組開始前に杉田がパーソナリティを務めた番組。 第26回の「うろ覚えディドゥーーン劇場」で題材にされた。 - 常連ゲストの一人。 - 杉田が大好きな声優。 頻繁に話題に出る。 - 杉田が原作、熊川貴族 シナリオ執筆のオリジナル学園伝奇アクション小説『月英学園 -天地神人-』とコラボレーションした• - 杉田の実家の飼い犬。 頻繁に話題に出る。 頻繁に話題に上がるゲーム• - 杉田が主人公を演じている2D型対戦格闘ゲーム。 腐界に眠る王女の アバドーン• ラジオ番組• - 本ラジオのすぐ後に放送、配信されていた番組。 梶田がパーソナリティの一人として出演していた。 過去に数回杉田がゲスト出演した。 - 上記番組の後継番組。 梶田がパーソナリティとして出演している。 過去に数回杉田がゲスト出演している。 - 杉田が出演するネットラジオ番組。 本ラジオ第178回ゲストの遠藤正明は「うますぎWAVE」のパーソナリティの一人であり、長濱貴一は「うますぎWAVE」及び「RADIO 4Gamer」の構成作家。 - 本ラジオとディレクターが同じである。 外部リンク [ ]• 木曜日 21:00 - 22:00 前番組 番組名 次番組.

次の

杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーンとは (スギタトモカズノアニゲラディドゥーーンとは) [単語記事]

杉田智和 下ネタ

高校生で声優になった杉田智和 声優になるきっかけは兄の言葉 杉田智和は1980年10月11日生まれ、埼玉県出身の男性声優です。 声優になったきっかけは兄の言葉。 学校行事用に杉田自身が脚本を書き、その内容を録音したものをつくったところ、それを聞いた兄が声やトークを活かした仕事を勧めたそうです。 その後、高校在学中に養成所のオーディションに合格し、事務所に所属することになります。 声優をしながら大学受験 高校時代にナレーションで声優デビューを果たし、ラジオドラマ『魔装機神サイバスター』で初主演を務めます。 声優活動と平行して予備校に通い、アニメ版『魔装機神サイバスター(1999年)』でアニメ初レギュラーを獲得。 大学進学後は、収録現場とキャンパスをバイクで行き来しながら学業と声優業を両立させていました。 『ちょびっツ(2002年)』でアニメ初主演を担当しています。 2006年に大ブレイク!転機となった2作品 無気力な怠け者、時々イケボ『銀魂』坂田銀時役 杉田智和の知名度がぐっと上がるきっかけとなった作品のひとつは、アニメ『銀魂(2006年)』です。 『銀魂』は週刊少年ジャンプで空知英秋によって連載されている漫画を原作としたアニメ。 杉田が演じる主人公の坂田銀時役がハマり役となりました。 日頃は無気力で死んだ目をした怠け者ですが、その正体は伝説の攘夷志士。 ギャグパートではとことんふざけていますが、一転、決めるときは決めるキャラクターで、そのギャップが見事です。 2018年3月現在アニメ4期が放送中で、10年以上変わることのない声で演じられる"銀さん"は必見! 冴え渡るツッコミ『涼宮ハルヒの憂鬱』キョン役 『涼宮ハルヒの憂鬱(2006年)』は、谷川流によるライトノベルを原作としたアニメ作品です。 この作品でも杉田智和は主人公を担当しました。 演じた主人公キョンはごくごく普通の男子高校生という役どころ。 キョンは、ストーリーを通しての語り役でありツッコミ役です。 ヒロインの涼宮ハルヒ(平野綾)の持ち込む厄介事に巻き込まれながら、非日常の世界に関わっていくことになります。 作品の大ヒットもあり、杉田智和の人気も一気に上がることとなりました。 魅惑の低音ボイス!杉田智和の代表作&キャラクター 仮面ライダーキバ【2008年】 特撮作品への声の出演も多い杉田智和ですが、そのなかでも『仮面ライダーキバ(2008年)』は、杉田智和の声を存分に楽しめる作品です。 キバットはコウモリのモンスターで、主人公の紅渡(瀬戸康史)が仮面ライダーキバに変身する力を与える相方的な存在です。 ジョジョの奇妙な冒険【2012年】 荒木飛呂彦による漫画を原作としたアニメ『ジョジョの奇妙な冒険(2012年)』は、原作の1部と2部を描く内容です。 杉田智和は2部の主人公であるジョセフ・ジョースター役で出演しました。 アニメ出演以前からラジオなどで時々原作について触れるほどの原作ファンだったため、この役は本人にとっても思い入れが深いのではないでしょうか。 アニメ1期終盤に出てくる"老ジョセフ"はアニメ2期ではキャスト変更となっているため、杉田が演じる貴重な"老ジョセフ"となっています。 翠星のガルガンティア【2013年】 『翠星のガルガンティア(2013年)』は、Production I. G制作のオリジナルロボットアニメです。 杉田智和は、主人公のレド(石川界人)の相棒であるチェインバーという名前の二足歩行型兵器"マシンキャリバー"のAI音声を担当。 杉田はこのAIマシンを無機質な声色で好演、その演技の幅を見せつけました。 自由すぎる"フリーダム杉田"の伝説 下ネタ連発で大惨事!?ラジオがカオス 杉田智和のトークはとにかく自由奔放です。 自身がMCを務めるラジオ『杉田智和のアニゲラ! ディドゥーーン』などでは、ゲストを相手に自由なトークを展開することで知られており、動画投稿サイトでは"フリーダム杉田"というタグが浸透しているほど。 共通の趣味やノリが合う共演者がいる場合、下ネタや放送NGとなる内容も自重せずに喋るため、ラジオやイベントがカオスになることもあります。 意外に純情?"本命"女性声優には声がかけられない ご来場下さった皆さん!ありがとうございました• 自身が大ファンである女性声優の桑島法子を目の前にすると、下ネタはおろか、なかなか近づくことも出来なくなってしまうそうです。 ほかにも敬愛する女性声優が相手だと下ネタを控えるなど、純情でかわいらしい部分を持ち合わせています。 杉田智和はオタクも引くほどのオタク!? ガチゲーマーとしても有名 杉田智和はガチゲーマーとしても有名です。 アーケードゲームや「ファイナルファンタジーXI」などへの造詣が深く、同じくガチゲーマーとして知られる声優の中村悠一とのトークでは、ゲームオタクも驚くほどのマニアックな会話で盛り上がることも。 また「ラブプラス」や「アイドルマスターシンデレラガールズ」の熱心なユーザーとしても知られています。 とくに"アイマス"に関しては、お気に入りのキャラのために毎回課金をしている、熱心な"プロデューサー"です。 Twitterはもはやただのオタクアカウント!? 寝る前に見るんじゃなかった。 — 杉田智和 sugitaLOV 杉田智和のTwitterアカウントは140万人以上がフォローしている人気アカウントです。 そんなこと言っても平気なの!?と、読んでいるこちらがヒヤッとするような業界の話題から、自身の趣味のことなどを日常的に投稿しています。 好きなキャラクターやゲームについての、"ただのオタク"的な発言も多く、オタク仲間のような感覚でフォローしているファンも多そうです。 クオリティが高い杉田智和のモノマネ ラジオやイベントで披露する杉田智和による声優モノマネは、クオリティが高いと定評があります。 特にベテラン声優の若本規夫のモノマネがそっくりです。 レパートリーは幅広く、『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル(池田秀一)の決め台詞や、人気声優の柿原徹也や森久保祥太郎のモノマネなどもかなりの完成度。 今後もどんなレパートリーが増えていくのか、ファンも注目しています。 杉田智和は親友・中村悠一が大好きすぎる 杉田智和と中村悠一は、業界でも大親友として知られている仲です。 中村の声優デビュー作『電脳冒険記ウェブダイバー(2001年)』での共演をきっかけに親交を深め、プライベートでお互いの家を行き来してゲームをするような関係に。 2人の仲が良すぎるため、中村に結婚疑惑が持ち上がると、"相手は杉田?""いつ中村と杉田は結婚するのか?"といったネタがSNS上で大盛り上がりすることからも、2人の仲がいかに親密なのかがうかがえます。 作家の顔も!創作活動でマルチに活躍中 杉田智和は、作家としての顔を持つマルチな声優です。 これまでに、ドラマCDの脚本や作詞の提供、ストーリー原案などを手がけています。 2013年には、かねてからの夢だったゲーム制作を実現。 自身が原案やキャスティングなどに関わり作り上げたゲーム『月英学園-kou-』が発売されました。 最後に 声優界で唯一無二の個性を放つ杉田智和。 奔放なトークを繰り広げる反面、演技においてはそうとは気づかれない緻密で巧妙なアドリブを入れたり、企画や脚本を手がけるなどクレバーな一面も持ち合わせています。 全力でふざけたかと思えば、次の瞬間説得力のある声色で真面目に語り始める。 そんな掴みどころのない杉田智和に、多くのファンが魅了されているのです。 スポンサーリンク.

次の