アクティブな他のtwitterセッション。 「Facebookはおじさんだらけ」ってホント? SNS調査でわかった意外な実態

セキュリティの拡張機能: ユーザー セッションとアクセス管理

アクティブな他のtwitterセッション

LINE公式アカウントやってます(ID: ujf8897i)• 最近のコメント• に 青井 明 より• に 木村康裕 より• に 青井明 より• に より• に 青井明 より• 人気記事• 7k件のビュー• 6k件のビュー• 3k件のビュー• 837件のビュー• 790件のビュー• アーカイブ• カテゴリー別に見る カテゴリー別に見る• にほんブログ村.

次の

アクティブユーザー(アクティブ率)とは

アクティブな他のtwitterセッション

アクティブユーザーは、Googleアナリティクスで解析できる指標の一つで、サイトまたはアプリのアクティブユーザー数を参照します。 また、アクティブユーザーの割合を「アクティブユーザー率」と呼びます。 Googleアナリティクスを使ったアクティブユーザーの調べ方 Googleアナリティクスを使ったアクティブユーザーの調べ方は、以下のようになります。 アクティブユーザーを増やす方法 アクティブユーザーを増やすには、以下のような方法があります。 ・オーガニック検索トラフィック(Organic Search)を増やす SEO対策で検索順位を上げ、自然検索(オーガニック検索)からのトラフィック流入を促進しながら、サイトのアクティブユーザーを増やす方法 ・参照トラフィック(Referral)を増やす 参照されるような良質なコンテンツを増やし、他サイト(リファラー)からのトラフィック流入を促進しながら、サイトのアクティブユーザーを増やす方法 ・ダイレクトトラフィック(Direct)を増やす オーソリティを高め、ブックマークやお気に入り、直接URL入力などの直接的なトラフィック流入を促進しながら、サイトのアクティブユーザーを増やす方法 ・ソーシャルトラフィック(Social)を増やす FacebookやTwitterなど活用したSNSマーケティングで、ソーシャルからのトラフィック流入を促進しながら、サイトのアクティブユーザーを増やす方法 ・有料広告からのトラフィック(Display/Paid Search)を増やす 「Googleアドワーズ」「Yahooプロモーション広告」などのサービスを活用し、広告からのトラフィック流入を促進しながら、サイトのアクティブユーザーを増やす方法 アクティブユーザーとユニークユーザー(uu)について アクティブユーザーとユニークユーザー(uu)は、似たような指標で混同しがちです。 アクティブユーザーは、ある期間内(1日、7日間、14日間、30日間以内の主に短期間)でセッションが1回以上発生したユニークユーザー数を意味します。 ユニークユーザー(uu)は、サイト訪問したユーザー数を意味します。 「」でも解説してるので、合わせてご参考ください。 SNSアプリ(Facebook・Twitter等)のアクティブユーザー数とアクティブユーザー率について SNSアプリ(Facebook・Twitter等)のアクティブユーザー数とアクティブユーザー率は以下のようになります。 また、Facebookのアクティブユーザー率が低く、登録しても活用してないユーザーの割合が多いことがわかります。 ソーシャルゲームアプリ(ソシャゲ)のアクティブユーザー数ランキング ソーシャルゲームアプリ(ソシャゲ)のアクティブユーザー数ランキングは、以下のようになります。 アクティブユーザーの反対(非アクティブユーザー)について アクティブユーザーの反対として言われてる言葉が、非アクティブユーザーです。 非アクティブユーザーとは、積極的に活動してないユーザーをさします。 非アクティブユーザーには以下のようなタイプが考えられます。 コホート分析でアクティブユーザーの状況を把握する Googleアナリティクスのコホート分析で、以下のようアクティブユーザーの状況を把握することが可能です。 特に、「指標」>「定着率」>「ユーザー維持率」を見ることで、特定期間におけるアクティブユーザーの割合(アクティブユーザー率)が把握できます。

次の

セッションとは

アクティブな他のtwitterセッション

複数のアクティブな結果セットの有効化 Enabling Multiple Active Result Sets• この記事の内容 複数のアクティブな結果セット MARS : Multiple Active Result Set は、SQL Server で動作する機能であり、複数のバッチを単一の接続で実行することができます。 Multiple Active Result Sets MARS is a feature that works with SQL Server to allow the execution of multiple batches on a single connection. SQL Server で使用できるように MARS が有効になっているときは、使用中の各コマンド オブジェクトは接続にセッションを追加します。 When MARS is enabled for use with SQL Server, each command object used adds a session to the connection. 注意 次の接続文字列では、SQL Server に含まれるサンプルの AdventureWorks データベースを使用します。 The following connection strings use the sample AdventureWorks database included with SQL Server. 指定されている接続文字列は、データベースが MSSQL1 という名前のサーバーにインストールされているものとします。 The connection strings provided assume that the database is installed on a server named MSSQL1. 実際の環境では必要に応じて接続文字列を変更してください。 Modify the connection string as necessary for your environment. 既定では、MARS 機能は無効になっています。 The MARS feature is disabled by default. "True" は、MARS を有効にするための唯一の有効な値です。 "True" is the only valid value for enabling MARS. 次の例は、SQL Server のインスタンスに接続する方法、および MARS を有効にすることを指定する方法を示しています。 The following example demonstrates how to connect to an instance of SQL Server and how to specify that MARS should be enabled. "False" は、MARS を無効にするための唯一の有効な値です。 "False" is the only valid value for disabling MARS. 次の接続文字列では、MARS を無効にしています。 The following connection string demonstrates how to disable MARS. In general, existing applications should not need modification to use a MARS-enabled connection. ただし、MARS 機能をご自分のアプリケーションで使用する場合、次の特記事項について理解しておく必要があります。 However, if you wish to use MARS features in your applications, you should understand the following special considerations. ステートメント インタリーブ Statement Interleaving MARS 操作は、サーバー上で同期して実行されます。 MARS operations execute synchronously on the server. SELECT および BULK INSERT ステートメントのステートメントのインターリーブが許可されます。 Statement interleaving of SELECT and BULK INSERT statements is allowed. ただし、データ操作言語 DML およびデータ定義言語 DDL ステートメントはアトミックに実行されます。 However, data manipulation language DML and data definition language DDL statements execute atomically. アトミック バッチの実行中にステートメントを実行しようとすると、すべてブロックされます。 Any statements attempting to execute while an atomic batch is executing are blocked. サーバーでの並列実行は MARS 機能ではありません。 Parallel execution at the server is not a MARS feature. MARS 接続のもとで 2 つのバッチが送信され、そのうちの 1 つに SELECT ステートメントが含まれ、もう一方に DML ステートメントが含まれている場合は、SELECT ステートメントの実行内で DML の実行を開始できます。 If two batches are submitted under a MARS connection, one of them containing a SELECT statement, the other containing a DML statement, the DML can begin execution within execution of the SELECT statement. ただし、SELECT ステートメントが先に進むには、DML ステートメントが実行を完了する必要があります。 However, the DML statement must run to completion before the SELECT statement can make progress. 両方のステートメントが同じトランザクションのもとで実行されている場合、SELECT ステートメントが実行を開始した後で DML ステートメントが行ったすべての変更は読み取り操作に表示されません。 If both statements are running under the same transaction, any changes made by a DML statement after the SELECT statement has started execution are not visible to the read operation. SELECT ステートメント内の WAITFOR ステートメントは、待機中、つまり最初の行が生成されるまではトランザクションを生成しません。 A WAITFOR statement inside a SELECT statement does not yield the transaction while it is waiting, that is, until the first row is produced. これは、WAITFOR ステートメントが待機している間は、同一の接続内では他のいかなるバッチも実行されないことを意味します。 This implies that no other batches can execute within the same connection while a WAITFOR statement is waiting. MARS セッションのキャッシュ MARS Session Cache MARS を有効にして接続が開かれている場合、論理セッションが作成されます。 このセッションによってオーバーヘッドが増加します。 When a connection is opened with MARS enabled, a logical session is created, which adds additional overhead. オーバーヘッドを最小化してパフォーマンスを向上させるため、 SqlClient は接続内の MARS セッションをキャッシュします。 To minimize overhead and enhance performance, SqlClient caches the MARS session within a connection. このキャッシュには、最大で 10 個の MARS セッションが含まれます。 The cache contains at most 10 MARS sessions. この値をユーザーが調整することはできません。 This value is not user adjustable. セッションの制限に達した場合は、新しいセッションが作成され、エラーは生成されません。 If the session limit is reached, a new session is created—an error is not generated. キャッシュとそこに含まれているセッションは接続ごとに保持され、接続間では共有されません。 The cache and sessions contained in it are per-connection; they are not shared across connections. セッションが解放されると、プールの上限に達していない限り、そのセッションはプールに返されます。 When a session is released, it is returned to the pool unless the pool's upper limit has been reached. キャッシュ プールがいっぱいになると、セッションは閉じられます。 If the cache pool is full, the session is closed. MARS セッションに有効期限はありません。 MARS sessions do not expire. これらは、接続オブジェクトが破棄された場合にのみクリーンアップされます。 They are only cleaned up when the connection object is disposed. MARS セッションのキャッシュは事前には読み込まれません。 The MARS session cache is not preloaded. アプリケーションがさらに多くのセッションを要求したときに読み込まれます。 It is loaded as the application requires more sessions. スレッド セーフ Thread Safety MARS 操作は、スレッド セーフではありません。 MARS operations are not thread-safe. 接続プール Connection Pooling MARS の有効な接続は、その他の接続と同じようにプールされます。 MARS-enabled connections are pooled like any other connection. アプリケーションが 2 つの接続を開き、その一方は MARS が有効で他方は MARS が無効になっている場合、それら 2 つの接続は別々のプールに入れられます。 If an application opens two connections, one with MARS enabled and one with MARS disabled, the two connections are in separate pools. 詳しくは、「」をご覧ください。 For more information, see. SQL Server のバッチ実行環境 SQL Server Batch Execution Environment 接続を開くとき、既定の環境が定義されます。 When a connection is opened, a default environment is defined. その後、この環境が論理 MARS セッションにコピーされます。 This environment is then copied into a logical MARS session. バッチ実行環境には、次のコンポーネントが含まれています。 The batch execution environment includes the following components:• データベース コンテキスト 現在のデータベース Database context current database• 最上位の一時テーブル Top-level temporary tables MARS では、既定の実行環境が接続に関連付けられています。 With MARS, a default execution environment is associated to a connection. 所定の接続で実行を開始する新しいバッチは、いずれも既定の環境のコピーを受け取ります。 Every new batch that starts executing under a given connection receives a copy of the default environment. 特定のバッチのもとでコードが実行された場合は、常に環境に加えられたすべての変更がその特定のバッチにスコープ指定されます。 Whenever code is executed under a given batch, all changes made to the environment are scoped to the specific batch. 実行が完了すると、実行の設定は既定の環境にコピーされます。 Once execution finishes, the execution settings are copied into the default environment. 単一のバッチが複数のコマンドを発行し、それらが同じトランザクションで連続して実行される場合、そのセマンティクスは、以前のクライアントやサーバーを含む接続で公開されているときのセマンティクスと同じです。 In the case of a single batch issuing several commands to be executed sequentially under the same transaction, semantics are the same as those exposed by connections involving earlier clients or servers. 並列実行 Parallel Execution MARS は、アプリケーション内で複数の接続に対するすべての要件を削除するようには設計されていません。 MARS is not designed to remove all requirements for multiple connections in an application. あるアプリケーションで、サーバーに対するコマンドの真の並列実行が必要な場合は、複数の接続を使用する必要があります。 If an application needs true parallel execution of commands against a server, multiple connections should be used. たとえば、次のようなシナリオがあるとします。 For example, consider the following scenario. 結果セットを処理するためのコマンド オブジェクトと、データを更新するための別のコマンド オブジェクトの 2 つが作成されます。 これらは、MARS 経由で共通の接続を共有します。 Two command objects are created, one for processing a result set and another for updating data; they share a common connection via MARS. 最初のコマンド オブジェクトの結果をすべて読み取るまで、 Transaction. Commit による In this scenario, the Transaction. Commit 更新に失敗し、次の例外が発生します。 fails on the update until all the results have been read on the first command object, yielding the following exception: メッセージ:トランザクション コンテキストを他のセッションが使用中です。 Message: Transaction context in use by another session. ソース:. NET SqlClient Data Provider Source:. NET SqlClient Data Provider 期待される出力: null Expected: null 受信: System. Data. SqlClient. SqlException Received: System. Data. SqlClient. SqlException このシナリオに対応するには、次の 3 つの方法があります。 There are three options for handling this scenario:• リーダーが作成された後にトランザクションを開始し、それがトランザクションの一部にならないようにします。 Start the transaction after the reader is created, so that it is not part of the transaction. それにより、すべての更新が独自のトランザクションになります。 Every update then becomes its own transaction. リーダーが終了した後ですべての作業をコミットします。 Commit all work after the reader is closed. この場合は、大量の更新バッチが生成される可能性があります。 This has the potential for a substantial batch of updates. MARS を使用せず、代わりに MARS が導入される以前に行っていたように、コマンド オブジェクトごとに別々の接続を使用します。 Don't use MARS; instead use a separate connection for each command object as you would have before MARS. MARS サポートの検出 Detecting MARS Support アプリケーションは、 SqlConnection. ServerVersion の値を読み取って MARS サポートを確認することができます。 An application can check for MARS support by reading the SqlConnection. ServerVersion value. SQL Server 2005 のメジャー番号は 9、SQL Server 2008 のメジャー番号は 10 です。 The major number should be 9 for SQL Server 2005 and 10 for SQL Server 2008. 関連項目 See also• 関連記事.

次の