君のいない日々生活は。 第1話 怠惰な日々

「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

君のいない日々生活は

本連載では、『不倫女子のリアル』(小学館新書)などの著書がある沢木文が、妻と突然の別れを経験した男性にインタビューし、彼らの悲しみの本質をひも解いていく。 最初に出会った時は、美しく賢い「高嶺の花」 お話を伺った、北里重明さん(仮名・65歳・会社経営)の妻に異変が起きたのは1年前だった。 「妻は3歳年下なんですが、1年前から物忘れが激しくなり、若年性アルツハイマーだと診断されました。 その後、あれよあれよという間に、何もかも忘れるようになってしまった。 私も仕事があるし、子供たちも家庭がある。 今は施設に入っていますが、私が面会に行っても『だれですか?』って言うんです。 そんなに私のことを忘れたかったのかと、悲しくなります」 重明さんは良家の子息が行くことで知られる、都心にある私立大学の付属小学校から大学まで進学している。 「卒業後は、親のコネで大手商社に5年間勤務し、その後親からの事業を引き継ぎました。 長男だしそんなものだと思っていた。 妻とは仕事で知り合ったんですが、今でいうバリキャリっていうんでしょうか。 帰国子女で英語が堪能で、赤い口紅とハイヒールが今でも目に焼き付いています。 ディスコに行けば外国人の友達がたくさんいて、ホントに輝いていた」 今まで、女性の方から寄ってくるほどモテた重明さんに、一瞥もくれないほどの高嶺の花だった。 「官僚と付き合っているとか、どこかの王族からプロポーズされたとかいろんな噂があったけれど、実際は両親が12歳の時に離婚。 妻には兄弟もおらず、両親はそれぞれ別の人と再婚しています。 妻は父方の祖父母に育てられており、家庭の味を知らない人だった。 ものすごく寂しがり屋で、それを埋めるように勉強や仕事、スポーツに打ち込んでいたんだと思う」 【次ページに続きます】.

次の

「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

君のいない日々生活は

曲名:セイカツ 歌:おさるのうた おさるのうたさんのYOUTUBEに動画が上がっていました。 TikTokで流行っていた曲のフルバージョンで「セイカツ」というタイトルの曲でした。 声がすっっごいいいですね。 ハスキーで揺れがあってちょっと不安定な感じもすごくいいなと思いました。 TikTokでカップルの日常の動画に使われててとてもエモい 1y3m。 もうすぐ卒業。 友達としても恋人としてもずっと一緒にいたから、これから毎日会わなくなると思うと寂しいです。 一枚だけ付き合ってない時の写真があります。 こちらの動画にたくさんのいいねがついています。 写真のぼかしなどがプロっぽいものすっごいいいですね。 日常が想像できるような、セイカツが切り取られたかのような写真に、おさるのうたさんの声と歌がぴったり合っていて、映画エンディングのようです。 TikTokの動画のコメント欄では、「なんだこのエモいカップル」「エモすぎて映画始まるかと思いました」「1枚1枚映画のワンシーンみたいで素敵」など動画を絶賛するコメントがたくさんありました。 とにかく写真が素敵すぎる!ということでスマホなのかちゃんとしたカメラなのか?と思い、投稿者さんのインスタへ飛んでみました。 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞 おさるのうたさんの「セイカツ」の歌詞はYOUTUBE動画の概要欄に貼ってありました。 「セイカツ」 君がいない日々、生活、毎日は 僕は超えられそうにないから 何をするにも途切れ途切れ そんな生活の中で巡り会えた 行くたび立ち止まり行き止まり そんな事もなんか愛おしくて 交差する感情進む時間 孤独に潰されそうな日は多く 何を選びどこに進もう 募る期待と不安な僕 それでもどうか 食らいついて 君がいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから 当たり前は偶然の連鎖で 毎日は生まれ変わりつつあって 何を見出しどこに行こう まだ幼い僕らだから それでもどうか 縋り付いて 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから 君のいない日々生活毎日は 僕は超えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌にになってしまうから 君がいない日々生活毎日は 僕は進めそうにないから きっといつかの日を悔み俯いて またダメになってしまうから どうか素晴らしい日に.

次の

君は古賀及子さんを知っているか

君のいない日々生活は

30歳まで女性として暮らしてきて、染色体検査でインターセックスと判明。 自身は、男性でもなく、女性でもない何かと性自認し、自分の体に起きた劇的な体験をエッセイ漫画として飄々と描く。 離婚も経験し、東京から名古屋へ引っ越し、専門学校の非常勤講師となる。 そこで出会ったゲイの美青年、こう君をアシスタントにして、同居生活を送る。 出会いから10年、こう君は漫画家デビューし、カミングアウトをする。 カメラが二人の生活に密着し、新井の心の奥底を照射するとき、二人の関係は思わぬ方向へ・・・。 新井祥は漫画だけではなく、トークショーも行っている。 名古屋の会場では、染色体検査でインターセックスだと判明したという読者から、感謝の言葉をかけられた。 新井の漫画のおかげで、自分がどう生きたらいいのか、教えられたと告白された。 職場でもカミングアウトして、理解を得られているという。 新井自身も相談者たちからの多くの感謝の言葉によって、励まされている。

次の