刑務所内 性行動。 刑務所 性 男

なんで男子刑務所は坊主が強制で

刑務所内 性行動

今回の催しは、120人限定の事前申込制で行われましたが、募集早々に定員に達し、当日は活発な議論が交わされる実りの多いものとなりました。 受刑者に対するプライヴァシーの配慮や、矯正職員の業務の都合など、様々な理由により、刑務所の中にカメラを持ち込んで撮影することは、日本では非常に難しい現状があります。 監督である坂上香氏がこの映画を製作するために要した時間はおよそ10年。 法務省から取材の許可が下りるまでに6年、撮影期間が2年、編集に2年というものです。 ここでは教育プログラムの一環として2009年よりTCが導入されています。 このプログラムには、「支援員」として臨床心理士やソーシャルワーカーが関わり、共同体の活動のサポートをします。 TCのカリキュラムは週3日、午前・午後のどちらかの3時間を2つのグループ(計58名)に分けて行われます。 プログラム中は、メンバーは番号ではなく、名前で呼び合い、ミーティングを中心に自由な発言が許されています。 映画では3人の人物に焦点があてられ、刑務所での活動の様子やインタビューを通して、彼らがどのような経緯で刑務所に入ることになったのか、今までの人生を振り返って何を考えるのか、を克明に記録し、TCプログラムの活動の理解を大きく進めてくれるものとなっています。 この映画を鑑賞した人は、「犯罪者」や「刑務所」のイメージが大きく変わることでしょう。 アービター氏とムレン氏は、刑務所の内外に共通する問題として「人が様々な苦難によって悪循環に陥っている状況をいかに解決するのか」という点を挙げました。 つづけて「犯罪をおかした人々は拘禁され、人間扱いされないような状況に陥りやすい。 しかし、単に罰を与えるだけでは、人はどのように行動すれば良いのか学習することができない。 悪循環からの回復過程において必要なのは、支援の枠組みと安全な空間の提供である」と主張し、TCプログラムの実際の状況を紹介しました。 そのため、出所後に家族や親しい人々(恋人や隣人)に対して、より良い影響を波及させることにつながっていく。 いまの日本社会で、どれだけ本音で語れる場があるのか」と指摘しました。 藤岡教授や森久教授は、それぞれの専門の立場からTCについての意義、課題について述べました。 この他にも、TCを受講した元受刑者や会場の参加者を交えて活発な意見交換が行われました。 映画『』の今後の上映予定については、公式サイトにてご確認ください。 職員は刑務官(国家公務員)約200人、民間社員約350人で構成され、犯罪傾向の進行していない(A指標)男子の受刑者2000名(収容定員。 この中には、軽度の身体・知的・精神障害のある受刑者も含む)を収容している。

次の

刑務所内強姦

刑務所内 性行動

実は 囚人に好き放題されちゃってるんですってね! 世の中にはにはいますけど、現実問題としてには、 もうすっかり警察も手を焼きまくっているんだそうです。 せっかく苦労して犯人を捕まえたのに、実のところ、その後で放り込んだ 刑務所の中が犯罪ビジネスの天国みたいな状態になってしまっており、それもこれも ハイテクを駆使しまくる知能犯ぶりが成功のカギで、次から次へと驚きの手口が判明してきてますよ... 刑務所に入ったのに、 お縄をかけられる前よりも犯行が加速して、ヌクヌクと犯罪でボロ儲けしちゃう囚人たちの知られざる姿を、今回は特別に続きから暴き出してみちゃいました。 きっとここで書かれてしまったことなどは、すでに遠い昔の古い手口で、現在も続々と頭をひねっては 新たな驚愕のアイディアを実行に移し、堀の中でダークな世界が広がっていってるんでしょうね。 とはいえ、普段は秘密のベールに包まれていて明るみにならない、 ここ最近の刑務所内事情のすべてを、まずは続きからご覧くださいませ。 良い子は真似しちゃダメダメよ~ん! おっとっと、この悪そうな顔つきはドアップには耐えかねますけど、こちらが今回の刑務所潜入ルポのトップを飾ります、 驚きの囚人ビジネスが見つかっちゃって 大幅に刑期延長で服役中のジョージ・ムーンさんでございます。 現在62歳のムーンさんは、いわゆる 運び屋の仕事がバレて逮捕され、イングランドは中北部サウスヨークシャー州のドンカスターにある刑務所に放り込まれていたのですが、この中で最近まで、 まさかの運び屋ビジネスを継続して巨万の富を蓄えていたことが明らかになっちゃいましたよ。 他の囚人たちが寝静まった 真夜中の時間がやって来ると、日中は生気のないダレた素振りのムーンさんが、突然はたと元気よくベッドから飛び起きては 仕事に着手します。 だれも知らない 荒稼ぎビジネスアワーの始まりですね! おもむろにベッドのマットレス内部に奥深く隠されていた携帯電話を取り出しては、声を潜めて通話がスタートしましたよ。 電話の相手は、英国からは遠く離れた パナマやベネズエラなどの取引き先とリンクしており、電話でムーンさんから注文を受け取っては、 せっせと違法なコカインをパッケージングして、英国やアイルランドの指定先へと運び込みます。 そうなんです、捕まって刑務所に入ってからも、ムーンさんは 依然として運び屋で大活躍だったんですよね。 「刑務所に入れられてしまったので、これまでいつも頭を悩ませてきた ドラッグの受け取り先には入念に気を遣う必要がありましたね。 まずはアイルランドで世話になっていた地主に偽名で荷物の受け取りと保管に用いるスペースを用意してもらい、もっともらしく貿易の仕事をしているように見せかけるために、Ryan Pat Engineering、Angel Toys、FDFC Foodsという 3つの会社名を使い分けて、海外からブツを送ってもらいました。 一度なんとか受け取りに成功すれば、あとはまた夜中に携帯電話で買い手と連絡を取り、同じく会社からの発送品として、DHLのような通常の配送業者に荷物を依頼すればいいだけです。 いろんな支払いも、すべて友人のクレジットカード番号を使って滞りなく済ませていました。 もう携帯電話さえ手に入れられれば、刑務所の中でも何の支障もなく運び屋の仕事を続けられましたね。 便利な時代になったもんですよ」 ちなみにずっとバレることなくムーンさんの 深夜の犯罪ビジネスは続いていたのですが、ついつい欲を出してしまったのが運の尽きでしたね。 届いたコカインを刑務所内にまで送ってもらい、それを仲間の囚人たちへ高くで売りさばこうとしたのが見つかってしまったので、一連の手口まで明るみになり、現行犯逮捕されたムーンさんには、今ではさらなる重刑が科されているそうです。 それにしましても、 もしもバレていなければ、今でも普通に刑務所の中から運び屋を続けてたんでしょうね。 ちなみに見つかるまでの過去8か月間で、ムーンさんが コカイン密輸販売から手にしていた金額の合計は30万ポンド(約3900万円)とのことですよ。 当然ながら、刑務所の中では携帯電話の所有は禁じられているため、 電気シェーバーを上手に加工しては、しっかりと日中にフル充電できるように工夫してたんだとか。 このムーンさんのドキュメンタリーからも明らかなように、いまや 刑務所内のダークな世界の成長を支える貴重な存在は、禁じられているにもかかわらず、 ありとあらゆる手段を駆使して持ち込まれる携帯電話が重要なカギとなっています。 こうやって靴底を加工して大量に刑務所内に携帯電話を密輸することに成功すれば、現在の英国内での 一般的な携帯電話の囚人向け密輸販売価格は、最低でも 1台が250ポンド(約3万2500円)となっているらしく、運が良ければ 古くても1台が800ポンド(約10万3900円)くらいで売れちゃうそうですよ。 とにかく刑務所の中でも携帯電話さえ自由に使えれば、まったく捕まっても懲りることなく悪いことができるとあって、もう囚人も 必死で隠し持ちに挑みます! こうやってなんて常套手段のようですね。 まぁ、中にはなんて例まであるそうですけど... 他の有名な持ち込み手口としましては、パンの中に埋め込んで差し入れてもらうだとか、マッチ箱の中のマッチ風の特殊な携帯電話を細工して購入するだとか、聖書などの分厚い本の中のページをくり抜いて、そこに携帯電話を入れて送ってもらうなどなど、 敵もさるものって感じで、いろいろと 賢いアイディアが紹介されていますよ。 かなり凝った手口では、完全防水ケースに入れた携帯電話を、食堂に届けられる超大型のミルクパックの中に落としてもらい、なんとか 刑務所のキッチンで働くスタッフを買収しては、ミルクが届く度に、まずその中に入った携帯電話を取り出して手渡してもらうなんてことも、実際に生じていたんだそうです。 先ほどのミルク入り携帯電話の手口からも分かりますが、 どうやって要は刑務所内でも強力な味方を作り上げ、自分の汚い犯罪をサポートしてもらえるのかがポイントになってきますけど、そもそも 荒稼ぎして大金持ちになってる囚人も少なくありませんから、 買収なんてお茶の子サイサイだとも伝えられておりますね。 現在、特に英国内の刑務所で大々問題となってしまっているのは、あろうことか 刑務所職員が囚人に進んで携帯電話を差し入れるケースです。 しかもとりわけ 美人の女性職員ほど、まんまと 甘い囚人たちからの罠にはまってしまい、 実も心もボロボロに売り果たしてしまう事例が後を絶たないとのことですよ。 たとえば、上の写真のリサ・ハリスさんは、どういうわけか 自分が担当していた囚人と男女の仲になってしまい、自分が刑務所内で仕事をしていない時でも、 携帯電話でエッチな会話が自由にできるようにと、とっておきの携帯電話をプレゼントしては囚人の犯罪ビジネスに加担していた容疑で、現在は自分のほうが刑務所に入れられているんだそうです。 伝えられるところでは、最近の携帯電話は写真も動画も撮れちゃいますから、 うまく女性刑務所職員の弱みを握れるようなヤラしい撮影なんかに成功しちゃうと、それを脅しに次々と篭絡して、 いつの間にか囚人の意のままになる味方に仕立てあげることができちゃうという話ですから凄まじいですよね。 あるいは、 すぐに本人を特定できるようなプロフィール写真集を携帯電話カメラから作り上げ、 この写真を外の仲間にバラ撒いて襲撃させるぞって脅しをかけては、ブツの調達からセックスに至るまで、なんでも逆に 囚人の言いなりになっては服従させられる美人職員までいるんだとか。 1つの刑務所内で、 最大で8名もの職員が囚人と通じてしまっていた最悪のスキャンダルまで報じられちゃってますよ! こちらは米国カリフォルニア州にある刑務所内で、 違法に囚人が所持していたとして押収された携帯電話の山ですが、もう取り締まっても取り締まっても次から次へと出てくるので、 イタチゴッコ以外の何ものでもないそうです。 あまり公式の押収データが公開されてませんが、イングランドとウェールズの刑務所内で2009年2月~2010年1月までに 囚人から押収された携帯電話の数が4460台を超えたとも伝えられていますね。 これは 3年前の数字の4倍以上とのことですよ。 「どんどん状況は 悪化の一途をたどっています。 ざっと少なく見積もったとしても、英国内の刑務所に収監されている 全囚人の10人につき1台の割合で携帯電話が隠し持たれている可能性があり、実際の数字は、 その倍に達するかもしれないという意見も一般的ですね」 今回の取材に応じてくれた、ある当局者は、そう語っては 問題の深刻化を嘆いていましたよ。 でも、まだ英国なんてマシなほうでして、 隣りのアイルランド国内の刑務所に限れば、全囚人の3人につき2台の割合で携帯電話の不正利用が浸透しているなんて非公式データも出てきています。 これだけ刑務所側が気づいているのに、それでも 非常に巧みに隠し持って携帯電話を使い続ける囚人の執念にもスゴいものがありますよね... 金や脅しや誘惑に弱い人間の職員では頼りにならないので、このところ英国の刑務所が大きく力を入れているのは、 特殊捜査犬による没収ですよ。 こちらの写真のマーフィー君は、イングランドのノーフォーク州にある刑務所で大活躍中の 携帯電話探知犬なんだそうで、 たとえ体内に隠し持っている携帯電話でも絶対に見逃さずに嗅ぎ分けられるとアピールされております。 あまりにも優秀なので、 他にも続々と捜査犬の訓練が進められているとのことですよ。 一方、こちらは新たに各地の刑務所内で導入が進んでいる 特殊スキャナーチェアの写真ですが、 いちいち服を脱がさなくっても、武器や携帯電話を隠し持っていないかをスピードチェックできるとのことですね。 もし囚人が携帯電話を所持しているところが見つかったならば、 無条件で2年間の刑期延長という罰が与えられる法案も英国では成立していますよ。 なんかそんなにも囚人による携帯電話の不正所持と悪用に悩まされるんなら、 もういっそのこと刑務所内では一切電波がつながらないように何らかの強力な抑止装置でも付ければいいのにって思っちゃいますけど、いろいろと周辺への影響や費用の問題などもあって、そんなに物事は簡単ではないようです。 すでに囚人の間では、 どんな抑止装置にも通信を遮断されない衛星電話を多用しているケースも少なくないほか、無害に見える プレイステーションなどのコンソールゲーム機を特殊加工しては外部との通信に利用している強者まで現れているみたいですよ。 今回は携帯電話にスポットを当てましたが、 あくどいネットビジネスを刑務所内から営んでる囚人も多いそうですね。 ちなみに主に 海外の驚きの最新実態をレポートしてきましたけど、 日本の刑務所内でのダークな事情っていうのは、一体どんなものなんでしょうかね? 結構、これと変わらない劣悪な状況なんでしょうか? あっ、でも、あまりにもダークなコメントは公開されると困っちゃいますんで、こっそりと教えてくださいましね... [ via ] Mark Wilson(/湯木進悟)• Tags :•

次の

刑務所の医務室で働く看護師

刑務所内 性行動

田代まさしやアスカ、最近では清原と、覚醒剤を使用した有名人が検挙されるたびに、薬物の危険性や恐ろしさがメディアで語られる。 覚醒剤を使用した個人の人格や成育歴に対するネガティヴなコメントがくっついてくるのはお定まりだ。 ところで、覚醒剤を使用する人々は、覚醒剤取締法に違反する「犯罪者」であると同時に、覚醒剤という薬物への依存症に苦しめられる「患者」でもある。 ということは、薬物犯罪で刑務所に収容される人々は、犯罪者でありながら治療され、患者でありながら処罰されているということになる。 それはいったい(制度として、実践として)どういうことなのか。 どうやってそんな、一見すると矛盾しそうなことが可能になっているのか。 そういう状況で回復は可能なのか。 「犯罪者」にして「患者」である人が回復するとはどういうことなのか。 『刑務所処遇の社会学』というタイトルではあるが、本書が答えているのはこのような問題だ。 本書の著者は、薬物犯罪者が収容されている女子刑務所をフィールドに、刑務所における薬物依存症治療としての認知行動療法を調査する。 本書を通して描かれるのは、認知行動療法という処遇プロジェクトが、収容者とぶつかることなく収容者を教育しようと試みる刑務所での要望に答えるものとして(ある意味で「下から」)導入されたこと、認知行動療法は、犯罪者にして患者でもある収容者にとっては、自分の力で薬物使用のリスクから遠ざかることができることを教える「福音」でもあることが示される。 しかし、薬物使用のリスクから収容者を解放してくれるはずの認知行動療法はまた、そのプログラムに順応して出所後に自らの置かれるであろう環境を検討ればするほど、薬物使用のリスクから逃れられないのではないかという不安を高めさせてしまう。 序論でフーコーの統治性をめぐる抽象的な議論を展開させたあと、著者は具体的かつ詳細な、刑務所でのフィールドワークと受刑者へのインタビューに入っていく。 その視点は受刑者に注がれていながら、受刑者がある意味でとても生真面目でいっしょうけんめいに認知行動療法プログラムに取組むからこそ抱えてしまう困難を描き出していく。 その困難は、貧困や暴力の蔓延や不安定な生活状況に個人として直面し、しかし何とかして自力で対処しようとする、「「社会的なもの」の自己コントロール」に起因する。 「ダメ、ゼッタイ」というスローガンは印象的だろう。 「覚醒剤やめますか、人間やめますか」というのもあったような気がする。 しかし、それは薬物を使用し収容された人々に対しては、追い詰める効果しか持たないのではないだろうか。 薬物を使用するのは「ダメ」かも知れない。 けれども、彼らは「人間やめ」るわけにはいかない。 そのような人々に必要なのは、「「社会的なもの」の自己コントロール」ではなく「自己コントロールの社会化」に他ならない。 薬物を使用し依存してしまう人々は、収容されている時も出所した後も、決して自己コントロールを放棄しているわけではない。 それどころか、自分たちなりの自己コントロールの方法を模索し続ける。 本書はそのための指針を示してくれているのではないだろうか。

次の