指輪 つける 位置。 婚約指輪のつける位置はどこ?身につけるタイミングも解説|ANOTHER RING~婚約指輪・結婚指輪の選び方~

指輪の意味を位置別10個!恋愛・結婚運は?右手左手や男性女性で違う?

指輪 つける 位置

指輪のモチーフに宿るパワーも味方につければ、さらに運気アップ!指輪によく用いられる人気のモチーフが持つパワーをご紹介します。 ハート ハート(心臓)は、命や愛情、幸福を象徴するモチーフ。 恋愛運のアップや彼との幸せな将来を望む方におすすめです。 また、ハートのモチーフは、恋人や両親など、大切な人から贈られることで効力が増すとも言われています。 プレゼントのリクエストをしてもよいかもしれませんね。 フラワー 花のモチーフには美や喜びなどの象徴という意味があり、結婚指輪としても人気です。 バラには棘があることから魔除けの効果も期待できます。 桜は祝福を意味するので、結婚指輪に使われることが多く、花びらの色に合わせたピンクゴールドなども人気です。 「誠実」という花言葉を持つマーガレットのモチーフは、良縁を引き寄せると言われています。 羽根 空を飛ぶ鳥を連想させる羽根のモチーフは、「飛躍」や「運気の上昇」を意味します。 全体的な運気を上げたいときや、新しいことにチャレンジしたいときにピッタリです。 天体 月は、女性らしさを象徴するモチーフであり、満ち欠けを繰り返すことから成長の意味もあります。 星のモチーフは夢と希望の象徴。 ラッキーを呼び込むモチーフとして人気です。

次の

婚約指輪はどこの指にはめる?

指輪 つける 位置

左手薬指?でもそれって結婚指輪? いつからつけるものなの?など 幸せいっぱいのはずなのに 疑問がたくさんあって 悩んでしまいますよね。 「婚約指輪なのになんで その指につけてるの?」なんて 思われたら残念! 彼からの素敵な贈り物を本当は早くつけて みんなに披露したいしたいですよね。 なのでこの記事では• 婚約指輪をつける指ってどこ?• つける指の意味は?• つけるタイミングっていつ? について一般的にはどうなのかを 詳しく解説します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 もくじ• 婚約指輪をつける位置には決まりがある? ではまず 婚約指輪をつける位置に 決まりはあるのでしょうか。 なんでそこに着けてるの?なんて 思われたくないですよね。 でも、実際には 正式な決まりはありません。 どこにつけていても問題はないんです。 だた、一般的に左手の薬指に着けている方が 多いのは事実です。 これには次で解説する 左手薬指につける特別な意味の他に 左手薬指は日常生活において 一番動きが少ないということも 理由のひとつです。 リングを落としたり汚してしまうリスクが 少ない位置とも言えます。 左手薬指の特別な意味とは 古代ギリシャでは 「左手薬指は心臓と一本の血管で 直接つながっている」と信じられており 永遠に心がつながり続けますように という願いから左手薬指につける 説があります。 その他にも 「愛の絆を深める」という 意味もあります。 様々な説はありますがどれも 2人の愛情や絆をより強いものにするという 共通点があり素敵な意味ばかりです。 つける指にはそれぞれ意味がある 左手薬指の意味について 前述でお伝えしてますが 他の指にもそれぞれにつける意味があるので ご紹介します。 意味を知った上で 婚約指輪を薬指以外につけている方も いらっしゃいますのでご参考にどうぞ。 右手 小指チャンスに導く 運命の人と出会う 10本の指にそれぞれ色々な意味が ありましたね。 婚約指輪だけでなく他のリングも 今日はどこにつけようかなと 思えるかもしれませんね。 男性が婚約指輪をつける指の正解とは 男性が女性に婚約指輪を贈られるのは 知られていますが 女性から男性にも婚約指輪を贈るという方も いらっしゃいます。 もちろん大きなダイヤがついた 婚約指輪ではなく結婚まで結婚指輪とは別の ペアリングを購入して贈り合ったり することもあります。 そんなときに疑問に思うのが どこの位置につけるの?という悩みです。 左手の薬指につけたら 結婚前なのに結婚したの?と言われそうだし 他の指にするといってもどこがいいのかと 迷うと思います。 前述でもお伝えしたように 婚約指輪をつける位置に決まりはありません。 しかしあえて正解を出すのでしたら やはり左手薬指だと思います。 ただ男性の婚約指輪は一般的ではなく 結婚指輪以外のリングを 職場で禁止しているところも多く 仕事中はつけられないことが 多いかもしれません。 もしつけれる職場であっても 結婚したの?といちいち聞かれるのが 面倒だなと思われるのでしたら 右手薬指がオススメです。 右手薬指は恋人からの贈り物をつける イメージもあり 安心感を高めるという意味もあるので 仕事 や私生活にも最適だと思います。 婚約指輪のタイミング!解禁する時期はいつ 次に婚約指輪をつけ始める タイミングについてです。 プロポーズされてから? 両親に挨拶したら?と いつつけたらいいのかと迷うと思いますが これにも 特別なルールはありません。 ですが婚約指輪は元々婚約記念品として 結納の際に女性に贈るものと されていました。 近年は結納を行う方が 少なくなってきている為 彼から婚約指輪をもらい、結婚が決まったら つけ始めるのが一般的のようです。 ただし、結納を行っている家庭もあり 地域によっては婚約指輪をつける時期に ルールがあることもありますので ご両親に先に聞いておく方が安心ですね。 結婚後は結婚指輪と重ねてつけたり 他の指につけて楽しむことができます。 結婚指輪と重ねてつける以外にも 結婚指輪は一日ジュエリーBOXにお休みして 婚約指輪だけを左手薬指に つけるなんて方もいらっしゃいます。 これは 婚約当初の初々しい気持ちを思い出し お互いの大切さを再認識したりする のにも いいようですよ。 せっかくもらった婚約指輪なので たくさんつけていると彼も喜びますよ。 婚約指輪を毎日つけるつけないにも 意見が分かれますので こちらの記事も参考にしてみて下さい。 実際の意見も聞けるので ぜひどうぞ。 婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする時の順番は 大好きな彼からもらった婚約指輪と 一緒に選んだ結婚指輪をつけるときに 「どっちを先につけるの?」と思う方も 多いのではないでしょうか。 せっかくならどちらもつけたいですよね。 順番は結婚指輪を先につけ そのあとに婚約指輪です。 これにはいつもつけている結婚指輪に 婚約指輪を重ねてつけるだけなので つけはずしの手間がありません。 それだけでなく 結婚指輪の上から婚約指輪をロックする ようなかたちになるので 『愛を封じ込める』という意味もあり カバーリングとも言われたりします。 結婚式の際にも エンゲージカバーセレモニーといって 指輪交換の後に改めて婚約指輪を送る演出を 行っているところもあります。 重ね付けにも素敵な意味があるんです。 普段使いしたい人への記事はこちら。 普段使いしやすいダイヤの大きさや デザインについて詳しく記しているので 参考になると思いますよ。 まとめ いかがでしたか。 今回は婚約指輪のつける位置やタイミングに ついて詳しく解説してきました。 たくさん婚約指輪をつけたいなと思っても 実際職場ではどうなんだろうと気になる方は こちらの記事をどうぞ。 (他店を見て回って決めるのが普通).

次の

婚約指輪はどこの指にはめる?

指輪 つける 位置

まず、それぞれの指につける指輪の名前、指が象徴する運気と、その指に指輪をつけた場合、どのような幸運があるかについてご紹介します。 親指につけるリングをサムリング(thumb ring)と言います。 親指は、親のような存在、つまり周囲の人を指導する立場を象徴する指だと言えます。 古代ローマでは、弓を引くときに親指にリングをはめる習慣があったことから、親指に指輪をつけると、何でも願いが叶うと言われたことも。 ・右の親指 指導力や威厳を表します。 指導者として、みんなを引っ張っていくリーダーの力が与えられます。 ・左の親指 信念を強く持ち、目的に向かって困難に立ち向かうという意味を表します。 何か大きな目標がある場合は、左の親指に指輪をつけましょう。 人差し指につけるリングをインデックスリング(index ring)と言います。 「人を指す」という言葉の通り、他人に指示をしたり、他人の見本になるような人物や、行動力があり自信にあふれていることの象徴でもあります。 ・右の人差し指 強い意志、リーダーシップを表します。 人の上に立ったり、目標を達成しなければいけなかったりするときに、力を発揮することができます。 ・左の人差し指 精神力や積極性の高まりを表します。 物事に積極的になれないとき、人生の転機にさしかかり、どう進んでいくべきか悩んでいるときに、行動力が得られます。 中指につけるリングをミドルフィンガーリング(middle finger ring)と言います。 直観やひらめきを象徴するので、クリエイティブな仕事をしている人、何かを作る趣味を持っている人は、特に注目したい指です。 ・右の中指 直感や霊感の高まりを表します。 邪気を払う力もあるので、ここが勝負!というときにつけると良いでしょう。 ・左の中指 協調性が高まり、人間関係が良好になることを表します。 周囲の人と良い関係を築きたいときにつけるといいでしょう。 異性との関係にも良い効果をもたらしてくれるかも。 薬指につけるリングは、アニバーサリーリング(anniversary ring)と言います。 アニバーサリーとは「記念」のこと。 婚約指輪や結婚指輪をする指ならではの呼び方です。 薬指は創造性の象徴。 特に左手の薬指は昔から心臓に繋がっていると言われていて、命を左右することから、神への誓いをする指という意味合いもあります。 ・右の薬指 心が安定してリラックスした状態を表します。 その結果、インスピレーションが高まって、クリエイティブなことに力を発揮できるでしょう。 ・左の薬指 異性との愛の深まり、周囲との絆が強くなることを意味します。 願い事が叶うという効果も期待できます。 小指につけるリングはピンキーリング(pinky ring)と言います。 小指は、チャンスの象徴で、思いがけないチャンスを呼び込む指とも言われています。 ・右の小指 自分の魅力を自覚すること、それをよりよい形で周囲にアピールできることを意味します。 何か願い事があるとき、好感度をアップしたいときにつけると良いでしょう。 ・左の小指 現状を変えてチャンスを引き寄せることを意味します。 恋人が欲しいときにつけると、チャンスを手にすることができるかも。 左右10本の指の基本的な意味や指輪の効果の違いについてご紹介しました。 ここではもっと具体的に、アップしたい運気の目的別におすすめの指について解説します。 では今度は、どんな色の指輪をつけると良いのかについてご説明します。 「太陽」のように、人にパワーを与えて輝かせ、成長させて富をもたらすもの、それがゴールドです。 ゴールドの指輪をすれば、力が与えられ積極的に行動することができるでしょう。 それが、その人の魅力のアップにも繋がります。 ピンクは女性らしさの象徴でもあるので、ピンクゴールドは、女性らしさを高め、恋愛運をアップする効果があると言えるでしょう。 不安で揺れ動く心を安定させ、ネガティブな気持ちを追い払うことができます。 銀は昔から「お守り」として使われることも多いことから、人を守る力があるとも言われています。 白は「神」を象徴する色として昔から崇められてきました。 ですから、プラチナには、より高い精神性があると言えるのです。 冷静な判断や落ち着きを身に着けたいときに、プラチナの指輪をつけるといいでしょう。 指輪を選ぶ際には、色(素材)やデザインがポイントになりますが、何をかたどっているかというモチーフも重要な要素です。 そのモチーフが象徴するものによって、運気に与える影響も異なります。 ここでは、指輪で主に使われているモチーフにどんな意味があるのかご紹介します。 幸せや命、愛情を象徴するモチーフです。 恋愛の成就や幸せな結婚を望んでいる人にぴったり。 バラや桜など、人気のモチーフはいくつかありますが、幸せや美、女性らしさなどを意味します。 特にバラは、棘があることから魔除けの効果が期待できます。 桜は祝福を意味するので、結婚指輪に使われることが多いモチーフです。 中でも馬の蹄の馬蹄は、ヨーロッパでは昔から災いを避けるお守りとして馴染みが深いもの。 喜びの訪れや飛躍を意味するので、仕事運を上げたい人にはおすすめです。 恋愛に関してはもちろんですが、仕事で良い人脈を得たい時にも効力を発揮するといわれています。 恋愛でも仕事でも、現状からさらに飛躍したいときに身に着けるといいでしょう。 新しいことにチャレンジする人には勇気を与えてくれるかも。 神聖なものという意味があり、災いから守る力を持つと言われています。 「永遠」の意味も込められていることから、結婚指輪として人気のモチーフ。 満ちては欠けていくことから、成長の意味も持ち、金運アップも期待できます。

次の