滋賀 レイク スターズ 掲示板。 滋賀レイクスターズのチケットを譲ります

投稿日2017

滋賀 レイク スターズ 掲示板

Bリーグ1部の滋賀レイクスターズユースチーム(U15)と滋賀県の2020年度ターゲットエイジ強化指定選手のトライアウト合格者が発表された。 (びわ湖大津経済新聞) 滋賀レイクスターズと滋賀県バスケットボール協会は1月22日、2024年に滋賀県で開催される国民スポーツ大会に向け選手を育成するため連携・協力に関する協定を締結。 国スポ滋賀大会が開催される2024年度に高校2年生で早生まれの生徒と高校1年生の生徒が主力となることから、4年後に向けて現時点で小学6年生の早生まれの児童と小学5年生の児童を「ターゲットエイジ」として滋賀レイクスターズユースチームの練習に参加し、強化を図ることで合意した。 2月24日にトライアウトを行い、小学6年生28人、小学5年生63人の計91人が受験した。 ターゲットエイジ強化指定選手(小6早生まれと小5)は24人、滋賀レイクスターズU15(小6)は18人が合格。 小学6年生の早生まれ児童5人はターゲットエイジとU15のどちらにも所属する。 U15所属選手の活動費は滋賀レイクスターズが、ターゲットエイジ強化指定選手の活動費は滋賀県バスケットボール協会が負担する。 滋賀レイクスターズのU15は2020年度からBリーグユース所属のU15と、滋賀県のクラブチームとして活動するU15NEXTの2チーム制となる。 U15所属選手は、U15トライアウト合格者18人と、現在U15に所属する中学1・2年生の中から選抜する。 現中学1・2年生については4月以降に追加トライアウトを実施する予定。 滋賀レイクスターズの育成ディレクター兼U15ヘッドコーチの根間洋一さんは「今回は100人近い子どもたちの受験があり、例年にないほどの注目と期待を感じるトライアウトとなった。 2024年の国民スポーツ大会へ向けたターゲットエイジ強化指定の受け入れ、そしてレイクスユースの4期メンバーを預かるわれわれスタッフも身の引き締まる思い。 U15は現在、新型コロナウイルスの影響で練習のできない状況が続いている。 今の社会状況の中でさまざまな課題を克服しなければならないが、スタッフや関係者で一丸となった協力体制を築き上げ、子どもたちの未来に向けて活動再開の準備をしていきたい」と話した。 みんなの経済新聞ネットワーク.

次の

滋賀レイクスターズ

滋賀 レイク スターズ 掲示板

Bリーグ1部の滋賀レイクスターズユースチーム(U15)と滋賀県の2020年度ターゲットエイジ強化指定選手のトライアウト合格者が発表された。 (びわ湖大津経済新聞) 滋賀レイクスターズと滋賀県バスケットボール協会は1月22日、2024年に滋賀県で開催される国民スポーツ大会に向け選手を育成するため連携・協力に関する協定を締結。 国スポ滋賀大会が開催される2024年度に高校2年生で早生まれの生徒と高校1年生の生徒が主力となることから、4年後に向けて現時点で小学6年生の早生まれの児童と小学5年生の児童を「ターゲットエイジ」として滋賀レイクスターズユースチームの練習に参加し、強化を図ることで合意した。 2月24日にトライアウトを行い、小学6年生28人、小学5年生63人の計91人が受験した。 ターゲットエイジ強化指定選手(小6早生まれと小5)は24人、滋賀レイクスターズU15(小6)は18人が合格。 小学6年生の早生まれ児童5人はターゲットエイジとU15のどちらにも所属する。 U15所属選手の活動費は滋賀レイクスターズが、ターゲットエイジ強化指定選手の活動費は滋賀県バスケットボール協会が負担する。 滋賀レイクスターズのU15は2020年度からBリーグユース所属のU15と、滋賀県のクラブチームとして活動するU15NEXTの2チーム制となる。 U15所属選手は、U15トライアウト合格者18人と、現在U15に所属する中学1・2年生の中から選抜する。 現中学1・2年生については4月以降に追加トライアウトを実施する予定。 滋賀レイクスターズの育成ディレクター兼U15ヘッドコーチの根間洋一さんは「今回は100人近い子どもたちの受験があり、例年にないほどの注目と期待を感じるトライアウトとなった。 2024年の国民スポーツ大会へ向けたターゲットエイジ強化指定の受け入れ、そしてレイクスユースの4期メンバーを預かるわれわれスタッフも身の引き締まる思い。 U15は現在、新型コロナウイルスの影響で練習のできない状況が続いている。 今の社会状況の中でさまざまな課題を克服しなければならないが、スタッフや関係者で一丸となった協力体制を築き上げ、子どもたちの未来に向けて活動再開の準備をしていきたい」と話した。 みんなの経済新聞ネットワーク.

次の

滋賀レイクスターズ

滋賀 レイク スターズ 掲示板

B1の18チーム中、レイクスのみホームタウンが決まっておらず、越市長は「ファンもたくさんおり、大津でやってほしい」と前向きな姿勢を見せた。 BリーグはサッカーJリーグにならって地域密着を掲げ、各クラブに特定の市町村をホームタウンとするよう義務付けている。 レイクスは、建て替え計画がある草津市民体育館(草津市)をホームアリーナにする可能性があったため、ホームタウンの申請を先延ばしにしてきた。 第1クオーターに34点を奪い、リードを生かして逃げ切った。 7連敗で6勝24敗。 デビュー戦となったブラッキンズは20得点だった。 最後は17点差をつけて快勝し白星発進した。 LEAGUE 10月7日にB1リーグ第2節第1戦が各地で開催。 川崎ブレイブサンダースはウカルちゃんアリーナに乗りこみ、滋賀レイクスターズと対戦した。 しかし、そこからジョシュ・デービスがインサイドで攻めこみ7連続得点を挙げ、引き離しに成功。 また、辻は20得点5リバウンド4アシストをマークした。 後半も着実にリードを広げた。 横浜は1勝5敗。 三遠ネオフェニックスは新潟アルビレックスBBに競り勝ち、サンロッカーズ渋谷は名古屋ダイヤモンドドルフィンズを下した。 外国人選手が高さを生かして得点を重ね、竹内も11得点。 主導権を離さなかった。 昨季王者の栃木は2勝5敗。 千葉は大阪に屈し、島根に敗れた琉球とともに2敗目(5勝)を喫した。 富山は京都を破り、北海道は新潟を退けた。 今季初の連勝で、ホーム初勝利ともなった。 今季通算は三勝六敗となり、西地区四位に浮上した。 前半は、成長著しいフォワードの高橋耕陽選手が3点シュート2本を含む8点を挙げ、チームを引っ張った。 センターのディオール・フィッシャー選手らがゴール下やミドルシュートを着実に決めていき、9点リードで折り返した。 後半に入っても、攻撃の手を緩めず、司令塔の並里成選手を起点にパスが良く回った。 フィッシャー選手や同じセンターのオマール・サムハン選手らが得点... LEAGUE 10月27日から29日にかけて各地でB1リーグ第6節が行われた。 また、同地区では残りの5チームが1勝1敗に終わった。 シーホース三河が10連勝を達成し、中地区2位につける三遠ネオフェニックスとの差を広げた。 6位の横浜ビー・コルセアーズは第1戦でサンロッカーズ渋谷を退け、8試合ぶりの白星を手にした。 西地区は1位琉球ゴールデンキングスと2位京都ハンナリーズがいずれも7勝4敗。 西宮ストークス、滋賀レイクスターズ、島根スサノオマジックの3チームが4勝7敗で並び、大阪エヴェッサが最下位に沈む。 ウカルちゃんアリーナではホームの滋賀レイクスターズが島根スサノオマジックと対戦した。 しかし、第3クォーターは序盤からオマール・サムハン、並里成の得点で追いあげると、残り3分41秒で逆転に成功する。 その後は互いに得点を奪えず、試合は延長戦へ突入した。 日本代表として送り出してくださった滋賀レイクスターズのファン並びにスポンサーの皆様はじめご支援、ご声援をいただいている関係者の皆様、また、日本オリンピック委員会及び日本バスケットボール協会の皆様に謹んでお詫び申し上げます」と謝罪。 「日本代表として模範であるべき立場ながら、軽率な行動で関係各位にご迷惑をおかけすることとなり、所属クラブとしても責任を重く受け止めております」とクラブとしての責任にも言及し、「クラブとして選手教育に改めて取り組み、再発防止に努めて参ります」と再発防止を誓った。 佐藤に対するクラブ対応については「Bリーグ事務局とも協議し決定いたします」とし、ラ改めて「本件に関して心からお詫び申し上げます」と謝罪した。 永吉佑也(27)が所属する京都ハンナリーズの高田典彦社長は「弊クラブ所属の永吉選手が、日本代表で活動中に軽率な行動をしてしまったことはまことに残念です。 日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会ならびに弊クラブを支援していただいています皆様はじめ関係者の皆様、そしてファンの皆様に多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。 「弊クラブとしましては、代表活動中のこととはいえ今回の事象を大変重く受け止めています。 クラブ全体として選手研修などの対策を改めて強化し、再発防止に取り組んで参りたいと考えております。 永吉選手に対するクラブ対応については、本人と直接面談した上で改めて発表いたします」とした。 出だしは滋賀の勢いに押され気味だったキングスだが、橋本竜馬の粘りの守備とゲームコントロールで第2クオーター(Q)に逆転した。 第4Qは田代直希の負傷退場のトラブルがあったが、残り1分弱で並里成のアシストでケビン・ジョーンズがダンクを決めて優勢を維持するキングス。 追いすがる滋賀の攻撃に耐え、しっかり時間を使う戦略でそのまま逃げ切った。 次戦は今季最終戦で、21日午後6時5分から同体育館で滋賀と対戦する。 後半はディフェンスの強度を上げ、滋賀のターンオーバーを誘発。 3Q終盤で滋賀の点取り屋、アレン・ダーラムがファウル4つ目でベンチに下がったのを機にインサイドを攻め、キングスが逃げ切った。 連敗4で止める Bリーグ・レイクス プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは二、三日、横浜市の横浜国際プールで横浜ビー・コルセアーズと対戦し、一勝一敗だった。 通算成績は三勝九敗で西地区五位。 前半から佐藤卓磨選手の鋭いドリブルからの得点などで先行し、試合を優位に進めた。 斎藤拓実選手の的確なアシストや23得点を奪ったヘンリー・ウォーカー選手の3点シュートなども光り、相手の追い上げをかわし逃げ切った。 横浜の外国人選手を中心とした攻撃を止められず、苦戦する。 第3クオーターに、ゴール下で強さを見せたチャールズ・ローズ選手を中心に巻き返したが、その後は、横浜の固い守備に阻まれ、相手を脅かすまでには至らなかった。 次戦は八、九日、大津市におの浜のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)に富山グラウジーズを迎える。 中日新聞 2019年12月10日 レイクス、ホームで三河に2連勝 外国人選手、攻守に活躍 ダンクシュートを狙うブラッキンズ選手=大津市におの浜のウカルちゃんアリーナで 写真 プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは七、八日、大津市におの浜のウカルちゃんアリーナ(県立体育館)でシーホース三河と対戦し、二連勝を飾った。 通算成績は七勝十一敗で、西地区五位に浮上した。 レイクスは序盤から、一気に攻め立てた。 佐藤卓磨選手がパスカットからの速攻を決め、新加入のジェフ・エアーズ選手がゴール下での強さを発揮。 終盤まで相手にリードを許すことなく、試合を支配した。 エアーズ選手は周りとの連携もかみ合い、19得点16リバウンドを記録した。 リードしていた第3クオーターに、得点源のエアーズ選手が5ファウルで退場した。 だが、クレイグ・ブラッキンズ選手がゴール下や外角からのシュートなど、多彩な得点パターンで、チームをけん引。 シェーファーアヴィ幸樹選手も、相手外国人選手の攻撃を食い止め、チームの逃げ切りに貢献した。 八日の試合後、ショーン・デニスヘッドコーチは「相手の主力選手を抑えるなど、守備が素晴らしかった。 厳しい時間もあったが、選手全員で乗り切れた」と評価した。 次戦は十一日、同アリーナに大阪エヴェッサを迎える。

次の