大和証券株式会社。 大和証券 Summer Intern College|規約同意画面

大和証券 Summer Intern College|規約同意画面

大和証券株式会社

以下の内容をご一読いただき、「同意する」ボタンを押して登録フォームへとお進みください。 株式会社大和証券グループ本社 大和証券株式会社 株式会社大和証券グループ本社および大和証券株式会社(以下「弊社」と総称)は、採用等における個人情報の取扱い方針(以下「本方針」という)を定め、弊社の広報活動および採用活動に伴い取得する個人情報を適切かつ厳重に管理、保護するよう努めます。 なお、本方針は、より一層の個人情報保護を図るため、もしくは法令、ガイドライン等の制定や変更等に伴い、適宜改善のための見直しを行います。 daiwa-grp. 個人情報の範囲 本方針における「個人情報」とは、媒体や手段を問わず、弊社の広報活動および採用活動により応募者の方から直接または間接的に提供された情報で、氏名、年齢、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、学歴、専攻、職務経歴、取得資格、年収等、個人を識別することのできる情報(免許証番号、旅券番号等の個人情報の保護に関する法律第2条第2項の個人識別符号が含まれる情報、及び同法第2条第3項の要配慮個人情報を含む)を意味します。 個人情報の利用目的 取得した個人情報は、インターンシップ応募者の選考およびインターンシップの運営のために利用いたします。 弊社は、ご本人の事前の同意がある場合、または、法令により許される場合でない限り、個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取扱いません。 個人情報の適正管理 取得した個人情報は、漏えい、紛失、改ざん、不正アクセス等が生じないように、必要な安全対策を講じて適正に管理を行います。 また、弊社は、取得した個人情報の取扱いに関して、従業員に対して厳正な管理を行わせるとともに、個人情報の外部委託先についても厳正な選任・監督を行います。 個人情報保護の維持・改善 弊社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業員への教育を徹底し、適切な取扱いが行われるように点検するとともに、継続的に見直し、改善を行います。 個人情報の第三者への開示・提供 弊社は、業務を円滑に進めるため、業務の全部または一部を委託し、必要な個人情報を業務委託先に提供することがあります。 また、弊社は、上記2. の利用目的のために、必要な個人情報を弊社グループの海外現地法人等の外国の第三者に提供することがあります。 上記の業務を委託する場合およびご本人の同意がある場合、その他法令等に定められている事項に該当する場合を除き、弊社は取得した個人情報を第三者へ開示・提供いたしません。 個人データの共同利用 取得した個人情報は、株式会社大和証券グループ本社(大和証券グループ健康保険組合を含む)と大和証券株式会社との間で共同利用いたします。 共同利用する個人データの項目: 上記「1. 個人情報の範囲」に記載する個人情報 共同利用の目的: 共同にて行う広報活動およびインターンシップ応募者の選考およびインターンシップの運営 個人データの管理責任者: 株式会社大和証券グループ本社 7. 個人データの開示・訂正・削除等 弊社の保有個人データに関して、開示・訂正・削除・利用停止等をご希望される場合には、下記お問合せ先にご連絡ください。 お申し出いただいた方がご本人であることを確認したうえで、書面での開示等をご希望の場合には開示請求書を提出していただき、合理的な期間および妥当な範囲内で回答いたします。 その際、所定の手数料をいただく場合がございます。 また、採用判断に関わる情報の開示に関しては、業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがあるため応じておりません。 免責 応募者の方に配布されるIDおよびパスワードの管理には、十分ご注意ください。 これらの不正使用について、弊社は一切の責任を負いません。 また、ご本人が虚偽の事実または他人の情報をご登録された場合等には、弊社は当該IDおよびパスワードのご利用を停止することがありますので予めご了承ください。 個人データの取扱いに関するお問合せ 弊社の保有個人データに関して、開示・訂正・削除・利用停止等をご希望される場合には、下記お問合せ先にご連絡ください。

次の

大和プロパティ / 会社概要

大和証券株式会社

以下の内容をご一読いただき、「同意する」ボタンを押して登録フォームへとお進みください。 株式会社大和証券グループ本社 大和証券株式会社 株式会社大和証券グループ本社および大和証券株式会社(以下「弊社」と総称)は、採用等における個人情報の取扱い方針(以下「本方針」という)を定め、弊社の広報活動および採用活動に伴い取得する個人情報を適切かつ厳重に管理、保護するよう努めます。 なお、本方針は、より一層の個人情報保護を図るため、もしくは法令、ガイドライン等の制定や変更等に伴い、適宜改善のための見直しを行います。 daiwa-grp. 個人情報の範囲 本方針における「個人情報」とは、媒体や手段を問わず、弊社の広報活動および採用活動により応募者の方から直接または間接的に提供された情報で、氏名、年齢、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、学歴、専攻、職務経歴、取得資格、年収等、個人を識別することのできる情報(免許証番号、旅券番号等の個人情報の保護に関する法律第2条第2項の個人識別符号が含まれる情報、及び同法第2条第3項の要配慮個人情報を含む)を意味します。 個人情報の利用目的 取得した個人情報は、インターンシップ応募者の選考およびインターンシップの運営のために利用いたします。 弊社は、ご本人の事前の同意がある場合、または、法令により許される場合でない限り、個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取扱いません。 個人情報の適正管理 取得した個人情報は、漏えい、紛失、改ざん、不正アクセス等が生じないように、必要な安全対策を講じて適正に管理を行います。 また、弊社は、取得した個人情報の取扱いに関して、従業員に対して厳正な管理を行わせるとともに、個人情報の外部委託先についても厳正な選任・監督を行います。 個人情報保護の維持・改善 弊社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業員への教育を徹底し、適切な取扱いが行われるように点検するとともに、継続的に見直し、改善を行います。 個人情報の第三者への開示・提供 弊社は、業務を円滑に進めるため、業務の全部または一部を委託し、必要な個人情報を業務委託先に提供することがあります。 また、弊社は、上記2. の利用目的のために、必要な個人情報を弊社グループの海外現地法人等の外国の第三者に提供することがあります。 上記の業務を委託する場合およびご本人の同意がある場合、その他法令等に定められている事項に該当する場合を除き、弊社は取得した個人情報を第三者へ開示・提供いたしません。 個人データの共同利用 取得した個人情報は、株式会社大和証券グループ本社(大和証券グループ健康保険組合を含む)と大和証券株式会社との間で共同利用いたします。 共同利用する個人データの項目: 上記「1. 個人情報の範囲」に記載する個人情報 共同利用の目的: 共同にて行う広報活動およびインターンシップ応募者の選考およびインターンシップの運営 個人データの管理責任者: 株式会社大和証券グループ本社 7. 個人データの開示・訂正・削除等 弊社の保有個人データに関して、開示・訂正・削除・利用停止等をご希望される場合には、下記お問合せ先にご連絡ください。 お申し出いただいた方がご本人であることを確認したうえで、書面での開示等をご希望の場合には開示請求書を提出していただき、合理的な期間および妥当な範囲内で回答いたします。 その際、所定の手数料をいただく場合がございます。 また、採用判断に関わる情報の開示に関しては、業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがあるため応じておりません。 免責 応募者の方に配布されるIDおよびパスワードの管理には、十分ご注意ください。 これらの不正使用について、弊社は一切の責任を負いません。 また、ご本人が虚偽の事実または他人の情報をご登録された場合等には、弊社は当該IDおよびパスワードのご利用を停止することがありますので予めご了承ください。 個人データの取扱いに関するお問合せ 弊社の保有個人データに関して、開示・訂正・削除・利用停止等をご希望される場合には、下記お問合せ先にご連絡ください。

次の

大和証券 Summer Intern College|規約同意画面

大和証券株式会社

1961年10月2日上場 略称 大和証券グループ、大和証G 本社所在地 〒100-6751 一丁目9番1号 設立 (18年) (大和證券株式会社) DAREJPJT 事業内容 国内及び海外の子会社と関連会社の支配、管理 代表者 兼() 取締役兼代表執行役() 資本金 2,473億9,700万円 (2018年3月31日現在) 発行済株式総数 16億9,937万8,772株 (2018年6月28日現在) 売上高 連結:7,126億100万円 単独:1,355億6,800万円 (2018年3月期) 営業利益 連結:1,350億5,800万円 単独:1,045億5,500万円 (2018年3月期) 経常利益 連結:1,556億7,600万円 単独:1,090億4,000万円 (2018年3月期) 純利益 連結:1,105億7,900万円 単独:1,131億5,100万円 (2018年3月期) 純資産 連結:1兆3,705万2,000万円 単独:9,218億9,800万円 (2018年3月期) 総資産 連結:21兆1,417億4,300万円 単独:2兆5,028億8,900万円 (2018年3月期) 従業員数 連結:14,791[946]名 単独:3[619]名 (2018年3月31日現在) 決算期 毎年 会計監査人 主要株主 (2. 自己株式、信託口は主要株主から除外。 概要 [ ] 傘下に・・・などを持つ、日本ではについで業界2位の証券グループのである。 短資部門を中心に証券業を営んでいた (藤本ビルブローカー)と(大証)の機関銀行だった (戦後存在していた同社名のとは別)がに合併して、(初代)旧「大和證券」が成立した。 4月、ホールセール(法人向け)証券業務を大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ(後の大和証券キャピタル・マーケッツ)へ譲渡、同社営業開始。 リテール(個人向け)証券業務を(2代目)大和証券へ譲渡、同社営業開始。 (初代)大和證券はグループ会社の支配・管理を目的とするとなり、 大和証券グループ本社へと商号変更。 持株会社解禁後、では初の純粋持株会社となった(なお、旧法人は 「證券」、現法人は 「証券」である。 2007年12月、大和証券グループ本社の本社、(2代目)大和証券の本店、大和証券SMBC(当時)の本店を、口の ノースタワーに移転した。 には、設立構想を打ち出し、には、完全子会社の分割準備会社・株式会社を設立した。 銀行免許取得後、以降をめどに開業を目指しているとしていた。 その後、付で、金融庁による予備審査が通過したことに伴い、株式会社の商号を株式会社に改称した。 大和ネクスト銀行は2011年4月12日にから銀行営業免許を取得 し、同年付で開業。 その後同年5月13日より、実質的な同行のサービスを開始した。 、リテール証券業務を担当していた子会社の大和証券(2代目)が、同じく傘下のホールセール証券業務担当であった大和証券キャピタル・マーケッツを吸収合併し、リテール・ホールセールを一本化。 の前身行の一つであるとは一切の関連を持たない。 そのために当時の大和證券が信託銀行の子会社を設立した際には、大和銀行グループとの混同を避けるため商号を「大和インターナショナル信託銀行」とした。 なお、大和インターナショナル信託銀行は4月に(現・)に全株式が売却され、同年8月に同行に吸収合併されており現存しない。 沿革 [ ]• (35年) - 藤本ビルブローカー開業。 (明治39年)- 株式会社藤本ビルブローカーに改組。 (明治40年)- 株式会社藤本ビルブローカー銀行に商号変更。 (8年)- 藤本ビルブローカー証券株式会社に商号変更。 (昭和17年)- 藤本証券株式会社に商号変更。 (昭和18年) - 藤本証券と日本信託銀行が合併し、大和證券株式会社を設立。 (昭和36年) - 東京、大阪、名古屋証券取引所市場第二部に上場。 (昭和45年)- 東京、大阪、名古屋証券取引所市場第一部に上場。 (11年) - 商号を大和証券グループ本社に変更して持株会社に移行。 ホールセール業務を 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツに、リテール証券業務を、新設した(2代目)大和証券に営業譲渡。 (平成13年) - 大和証券エスビーキャピタル・マーケッツが、さくら証券の営業を譲り受け、 大和証券エスエムビーシーに商号変更。 (平成18年) - によりを化(92. (平成24年) - リテール証券業務を担当していた(2代目)大和証券が、大和証券キャピタル・マーケッツを吸収合併。 行政との関係 [ ] 2018年現在、外局の()が所管するの委員3名のうち、1名は大和証券SMBC事業調査部長で専務理事のである(2016年10月25日承認)。 また、同委員会の監視対象の一つである業内自主規制団体の会長は、の元代表取締役 で現在は会長・執行役のである(2017年7月1日、同協会理事会の推薦と総会選挙により就任 )。 なお2017年には、の前任委員のが問題視されている。 関連会社 [ ] 主要子会社 [ ]• なお、大和SMBCキャピタルは大和企業投資とSMBC系のSMBCベンチャーキャピタル(SMBCC)に分割されている)• 2015年7月、旧大和企業投資から会社分割で継承)• 大和証券キャピタル・マーケッツアメリカ 主要持分法適用関連会社 [ ]• (99. 大和インターナショナル信託銀行(100%保有) 前述の通り、2000年4月28日付で住友信託銀行に全株式を売却、同年8月1日付で同行に吸収合併。 提供番組 [ ] 2020年 令和2年 1月現在 [ ] 主に30秒• (系列)• (フジテレビ系列)• (系列) 特番• (制作・系列、協賛及び大筆頭スポンサー・2010年度より)• (MBS・共同制作・TBS系列、2007年度より) 過去 [ ]• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列、隔日)• (フジテレビ系列)• (フジテレビ系列)• (・共同制作)• (テレビ東京系列)• (テレビ東京系列) など多数。 注釈 [ ]• EDINET 2018年6月28日. 2019年5月24日閲覧。 :2011年4月12日• 大和証券グループ本社:2011年4月4日• マイコミジャーナル(2011年4月25日)• 2017年1月30日. 大和証券グループ本社. 2017年3月14日. 日本証券業協会. 関連項目 [ ]• (現:)• 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の