アンジェリーナ ジョリー 旦那。 アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットと離婚へ 原因は薬物使用や子育ての方向性の違い? (2016年9月21日)

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットとの破局で「壊れていた」! 映画復帰への苦労を語る

アンジェリーナ ジョリー 旦那

スポンサーリンク ジョニー・リー・ミラーは23歳でした。 ジョニー・リー・ミラーはどんな人? アンジェリーナジョリーの心を射止めた最初の結婚相手はどんな人なのでしょうか。 ジョニー・リー・ミラーは、1972年11月15日生まれ。 2019年で47歳を迎えます。 イギリスロンドン南西部のキングストン・アポン・テムズ出身で イギリスの俳優として活躍を見せています。 1983年からテレビに出演するようになり、1995年に公開された『サイバーネット』で映画デビューを果たします。 更に1996年に公開された映画『トレインスポッティング』で注目を集め、翌年の1997年にジュード・ロウやサディ・フロスト、ユアン・マクレガー等と共に 「Natural Nylon」という映画製作会社を設立しました。 アンジェリーナジョリーとジョニー・リー・ミラーの馴れ初め 二人はの出会いは、 ジョニー・リー・ミラーの映画デビュー作となった『サイバーネット』でした。 ここで二人は共演を果たし、公開された翌年には結婚をしています。 作品の中では二人とも凄腕ハッカーを演じていましたが、私生活ではそういう世界に無縁で現代のテクノロジーが苦手という共通点がありました。 それに加えて両親の職種が同じであることから惹かれあうのも時間の問題でした。 当時、アンジェリーナジョリーは 「映画の撮影に入るたびに恋に落ちてしまう」と発言していたこともあるくらい、二人は惹かれあっていったのです。 アンジェリーナジョリーとジョニー・リー・ミラーは1999年に離婚 そんなラブラブな二人でしたが、 1999年2月に離婚。 何故離婚に至ったのか、 離婚の原因について見ていきましょう。 実は、アンジェリーナジョリーとジョニー・リー・ミラーは、 結婚からわずか1年半で別居状態に入りました。 離婚理由は本人が明言していないもの、アンジェリーナジョリーの浮気であったと言われています。 アンジェリーナジョリーは、ジョニー・リー・ミラーと結婚しているのにもかかわらず 映画監督であるティモシー・ハットンと交際。 さらに、 レズビアンのモデルで知られているジェシー・シミズとも交際していたのです。 ジョニー・リー・ミラーは、不倫の事実を知っていたのですが離婚しようとしなかったのだとか。 それほどアンジェリーナジョリーを愛していたのかもしれませんね。 しかしジョニー・リー・ミラーの想いは届かず、 1999年2月に離婚が成立したというわけです。 ただ、 離婚後も交友関係は続いており今では仲の良い友人のようです。 ちなみに、 ジョニーリー・ミラーは、2008年にアメリカ人女優であるミシェル・ヒックスと再婚しています。 アンジェリーナジョリーの2人目の旦那はビリー・ボブ・ソーントン そして一度目の離婚からわずか1年後。 2000年に、ビリー・ボブ・ソーントンと結婚。 ビリー・ボブ・ソーントンは当時43歳の女優、ローラ・ダーンと婚約をしていたのですが、20代のアンジェリーナジョリーに惹かれ略奪結婚を果たしました。 ビリー・ボブ・ソーントンはどんな人? ビリー・ボブ・ソーントンは、1955年8月4日生まれ。 2019年現在で64歳。 アンジェリーナジョリーよりも 20歳も年上でした。 アメリカの俳優であり、映画監督や脚本家、ミュージシャンとしても活躍を見せています。 『スリング・ブレイド』という作品ではアカデミー賞脚色賞を受賞。 それ以外にも多数賞を受賞しています。 才能にあふれるビリー・ボブ・ソーントン、 やはりモテモテだったようでアンジェリーナジョリーと結婚するまでに4人の女性と結婚をしていました。 1978年から1980年には、 Melissa Lee Gatlinと結婚。 娘が一人誕生しています。 1986年には女優の トニ・ローレンスと結婚し、わずか2年で離婚。 1990年から1992年にかけては女優の シンディ・ウィリアムズと結婚生活を送り、1993年にはモデルの Pietra Dawn Cherniakと結婚。 息子が二人誕生しているとのことでした。 アンジェリーナジョリーとビリー・ボブ・ソーントンの馴れ初め 二人の出会いは 1999年に公開された映画『狂っちゃいないぜ』でした。 この作品でお互いに惹かれあい、公開から約1年後には結婚。 一緒に入れないときは、 指をペンで刺して少し血を付けたものをネックレスにしていたほどお互いを必要としていた二人だったようです。 アンジェリーナジョリーとビリー・ボブ・ソーントンは2003年に離婚 そんな二人も、 結婚からわずか3年で離婚。 長くは続きませんでした。 報道によると離婚の原因はアンジェリーナジョリーが子供に関心が向かったことによる嫉妬だと言われています。 アンジェリーナジョリーは 2002年にカンボジアからマードックスを養子に迎え入れました。 もちろん、アンジェリーナジョリーは母親としてマードックスを育てていました。 子供ができると女性はどうしても子供にばかり目がいってしまいます。 そのうえ、 ビリー・ボブ・ソーントンも血がつながっていないのでどうしても父親にはなれなかったのではないでしょうか。 ただ、最近になってビリー・ボブ・ソーントンがアンジェリーナジョリーとの離婚理由について明かしていたようです。 スポンサーリンク 本人曰くお互いのライフスタイルが違ったことが原因だということでした。 ビリー・ボブ・ソーントンは広場恐怖症で、アンジェリーナジョリーは世界を見るタイプだという。 ライフスタイルが真逆だったため、別々の道を歩むことになったと語っていました。 アンジェリーナジョリーの3人目の旦那はブラッド・ピット そして、 三度目の結婚相手となったのが、あの大人気ハリウッド俳優、ブラッド・ピットです。 この二人の結婚はかなり話題となり、日本でも取り上げられていました。 二人が婚約したのは交際して7年目の2012年。 婚約から約二年後の2014年8月23日に結婚。 実は、二人は結婚するまでに養子は3人、実の子供も3人もうけていたのです。 その 子供たちに背中を押されてようやく結婚することになりました。 結婚せずに3人もの実の子供を出産するなんて、凄いですよね。 ブラッド・ピットはどんな人? 日本では ブラピの愛称で親しまれているブラッド・ピット。 日本に来日する際には、日本のテレビなどにも出演しているのでご存知の方が多い事でしょう。 アメリカオクラホマ州出身の俳優で、映画プロデューサーとしても活躍しています。 俳優としては三回、映画プロデューサーとしても三回、アカデミー賞にノミネートされているほど、実力の持ち主です。 ブラッド・ピットは 1963年12月18日生まれ、2019年で56歳を迎えます。 アンジェリーナジョリーと結婚する前は、 女優のジェニファー・アニストンと結婚。 2000年7月29日にはカリフォルニア州マリブで結婚式を挙げています。 アンジェリーナジョリーとブラッド・ピットの馴れ初め 二人の出会いは、2005年に公開された『Mr. スミス』。 共演したことをきっかけに、二人は交際します。 しかし、 交際をスタートしたもののこの時ブラッド・ピットはジェニファー・アニストンとまだ夫婦関係にありました。 不倫関係に値するので、この時二人は交際を否定し続けていたようです。 ただ実際のところ、 離婚が成立する2005年10月よりも前にアンジェリーナジョリーとブラッド・ピットの間には子供が出来ていたのです。 そのため、今となっては二人とも不倫関係にあったことを認めているということでした。 アンジェリーナジョリーは、過去に同性愛やSMの趣味があったと知られていましたが、ブラッド・ピットと交際してからは落ち着いてきて健全な女性に戻っていったようです。 アンジェリーナジョリーとブラッド・ピットの結婚式 そして、アンジェリーナジョリーとブラッド・ピットは6人の子供達に「なんでパパとママは結婚しないの?」と言われ、その言葉が二人を後押しするかのように結婚。 2014年8月23日にフランスにあり、二人が所有するシャトー・ミラヴァルの教会で結婚式を挙げました。 実際の画像が上の画像になります。 アンジェリーナジョリー、とても綺麗ですよね~。 まるで映画のワンシーンのような画です。 2012年4月13日に婚約してから約二年後に結婚となった二人。 結婚する決意が出来たのは子供達の言葉もそうですが、2013年に行った両乳房切除及び再建でした。 手術を受けた後、ブラッド・ピットの献身的な支えがあり、そこでアンジェリーナジョリーは結婚を決意したようです。 アンジェリーナジョリーとブラッド・ピットは2016年に離婚 長年愛を育んできた二人でしたが、 2016年にアンジェリーナジョリーは離婚を申請。 離婚理由について、様々な報道がされました。 離婚の原因となったのは、2015年に行った卵巣及び卵管の切除手術。 この手術後、 アンジェリーナジョリーは閉経し、子供が産めない体になりました。 このことで、 女性ならではの体ではなくなる辛さに、喪失感を抱いていたようです。 そんな時に、これまではアンジェリーナジョリーや子供たちのために子育てや家族との時間に徹し、作品ではラブシーンがあるものを避けていたのですが、 2017年2月に公開された『マリアンヌ』という作品に出演することを決めたのです。 この作品では、不倫疑惑が浮上したマリオン・コティヤールと恋人同士の役で、ラブシーンがあったのです。 手術後の辛さと愛する旦那がラブシーンのある作品に出演する辛さ。 ましてや、相手役のマリオン・コティヤールは子供も産める体で、美人女優として知られる女優。 ましてや、物静かで控えめなタイプの女性だからこそ、惹かれあってしまうのではないかという不安があったのではないでしょうか。 実際にアンジェリーナジョリー自身が既婚者であったブラッド・ピットに惹かれ、不倫後結婚しているので想像してしまうのも無理はありません。 これによって アンジェリーナジョリーは裏切られた感覚になったのだと言います。 そして二人は、離婚が成立し、現在はお互いに独身です。 離婚後にブラッド・ピットは離婚原因は自分自身の飲酒癖にもあったと告白。 離婚はアンジェリーナジョリーから申請があったものの、 一方的に引き起こされたものではなくブラッド・ピットの過失もあると認めていたようです。 また、報道ではブラッド・ピットは子供は厳しくしつけるタイプで時には怒鳴るとありましたが、知人曰くブラッド・ピットは怒りを抑えられない人間ではないとのこと。 あの報道はアンジェリーナジョリーの意地悪な嘘で、本当は優しい父親で子供たちを危険にさらすことは絶対にないと言います。 アンジェリーナジョリーとブラッド・ピットの現在 世間を騒がせた二人ですが、離婚後二人の関係性は落ち着いてきたと言います。 ブラッド・ピットは 「ジョリーは、家族の幸せのために、この決断を下しました。 彼女からコメントすることはありません。 また、彼女は、このような状況で、家族のプライバシーが守られることを望んでいます」とアンジェリーナジョリーや子供たちのことを考えコメント。 現在は、離婚したと言えど6人の子供の親であることには変わりないので、子供たちを育てるために協力しているということでした。 いかがでしたでしょうか。 アンジェリーナジョリーの結婚歴、驚きでしたね。 三度目の結婚である、ブラッド・ピットとはとてもお似合いだったために悲しむファンも多かったようです。 今後もアンジェリーナジョリーを始め、ジョニー・リー・ミラーやビリー・ボブ・ソーントン、ブラッド・ピットの活躍を期待しております。

次の

アンジェリーナ・ジョリー結婚・離婚歴&元夫まとめ【画像あり】

アンジェリーナ ジョリー 旦那

アンジェリーナジョリーの若い頃画像 1975年6月4日アメリカ合衆国カルフォルニア州ロサンゼルスで生まれたアンジェリーナジョリーさんなのですが 両親ともに俳優として活躍していたんですよ。 生後間もない頃両親が離婚した事で母親に引き取られたアンジェリーナジョリーさん、 そんな娘に寂し想いをさせないために母親は演技の仕事よりも子育てに専念していました。 幼少期から母と共に映画に親しみ演技に対する興味を示し始めていったんですが、 この事がきっかけでアンジェリーナジョリーさんは女優になる事を夢にみだしたんですよ。 ちなみに1982年には父親が主演をつとめた映画「大狂乱」に出演し親子共演を果たしたんです。 そんなアンジェリーナジョリーさんが映画初主演をかざったのが1995年「サイバーネット」という作品でした。 映画そのものはあまりヒットする事はなかったのですが小さい頃から演技の勉強をしていた アンジェリーナジョリーさんの演技力は高評価を得て女優としての存在感を映画界に知らしめる事になりました! 若い頃モデルをしていた時の画像を載せておりますが若い頃から本当に綺麗ですよね。 いよいよトップスターへ! アンジェリーナジョリーの若い頃画像 この作品以降、アンジェリーナジョリーさんは様々な作品に出演しキャリアを重ねていき 次第に賞レースにもその名があがるようになっていったんですよ。 しかし、中でもアンジェリーナジョリーさんの女優としての評価を決定付けたのが 1998年に公開されたテレビ映画「ジーア・悲劇のスーパーモデル」での演技でした。 この作品でエイズとドラックにより短い人生を終えた実在のモデルであるジア・キャランジを演じたのですが この作品で数多くの賞やノミネートを受ける事になったんです。 傷心をいやすためにイタリア旅行にきたジョニーデップ演じるフランクが旅行途中に出会う 上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナジョリー)さんに出会う事で巨大な計画に巻き込まれてい行くというストーリです。 その中でも若い頃から現在まで出演してきた映画作品の一部を画像と共に振り返っていきましたが めちゃくちゃかっこいい役がおおかったですよね。 若い頃も可愛らしい容姿だったのですが、現在も年を感じさせないくらいのプロポーションで 美しいかんじがかわりませんよね。

次の

アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットと離婚へ 原因は薬物使用や子育ての方向性の違い? (2016年9月21日)

アンジェリーナ ジョリー 旦那

生い立ち [ ] 出生 出身。 父はおよびので、母はと ( )の血をひく女優の。 生後間も無いに両親が別居するとジョリーは兄弟と共にへ移住。 幼少の頃から母と共に映画に親しみ、演技に対する興味を示し始めた。 には父が主演する映画『』で親子共演を果たした。 演技方法の習得と絶望の思春期 生後間もない1976年に両親が別居した後、ジョリーと兄は母親に引き取られた。 母親は演技の仕事に関わる夢を捨て、子育てに専念した 子供のころは母親とよく映画を見に行き、このことが後に演技に興味をもつきっかけとなり、父親()の影響は全くなかったと語っている。 6歳の時に、母親と義理の父親であるビリー・デイ(映画制作者)はニューヨーク州に引越し 、5年後にカリフォルニア州のロサンゼルスに戻った。 その時に彼女はリー・ストラスバーグ演劇学校に入学し、2年間演技を学び、いくつかの舞台作品に出演した。 14歳の時に演劇学校を辞め、将来の希望を(アメリカでは、葬儀のコーディネートをし、遺体の保存、埋葬、火葬などに関わるプロフェッショナル。 短大または4年制大学の学歴が必要で、モーチュアリーサイエンスの知識が要求され、全国試験を受け州ごとにライセンスを獲得しなければならない )とした。 その後ファッションモデルになり、主にロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンで働いた。 この時期にまた、常にの衣装を身に纏い、ナイフプレイを試みたり、同棲相手とに出掛けたりし 、学業に復帰するまでに2年の時間を要した。 その後ジョリーは、母が住む家から僅か数ブロックだけ離れたの上にあるアパートメントを借り 、高等学校を卒業した後、再びの分野に復帰した。 この頃についてジョリーは「私は今でも…そしてこれからも…心の中では、をしたつまらない子供に過ぎません」と表現している。 ジョリーは10歳代から20歳代の初期にかけて自殺傾向のある鬱状態に悩まされた。 彼女の母親の収入は少なく、つましい生活であったので、彼女は裕福な家庭からの学生の多いべバリーヒルズ高等学校の中で孤立したように感じ、さらに、ジョリーが極端に痩せていたことや、眼鏡、の器具などを着用していたことで他の生徒からからかわれるということもあった。 彼女は他の人達と心を開いて付き合うことに困難を感じ、その結果、を始めた。 当時のことをジョリーは「で自分を傷付けると生きているという実感が沸き、開放感に満たされ、なぜか癒しのようにを感じるのです」と振り返っている。 キャリア [ ] キャリアの始まり ジョリーは14歳でアメリカとを基点にファッションモデルを始めた。 その一方で幾つかのに出演。 先述の通り16歳で演劇を再度学び始め、ドイツ人の役で舞台デビューを飾った。 兄が製作した学生映画への出演を経て、低予算ながら映画初出演を果たす。 、『』で映画初主演。 興業収入こそ精彩を欠いたものの、ジョリーの存在感と演技は『』において絶賛を博し、同作品はソフト化されてからとして再評価された。 女優としての飛躍 - トップスターへ その後も多数の作品でキャリアを重ね、次第に賞レースにもその名が挙げられるようになった。 そしてジョリーの評価を決定付けたのは放映のテレビ映画『』での演技である。 とにより短い生涯を終えた実在のモデル、を演じたジョリーはこの作品で数多くの賞とノミネートを受けた。 さらに翌の『』でを受賞。 実力派女優としての地位を確立したものの、時を同じくしてとの離婚を中心とした親族との不和が先行したきらいがあった。 しかし、ヒロイン役として出演した『』が興行的に大成功を収めると、翌に出演した人気テレビゲーム『』の実写化作品で、過酷なトレーニングで武道を習得した末に主人公のを演じ、映画評論家から「ジョリーはクロフトを演じるために生まれてきた」と評されるなど絶賛を博し一躍世界的な人気を獲得した。 その後、『』で記録的な興行収入をあげるなど、30代前半にしてアメリカでもトップクラスのマネーメイキングスターとして活躍を続けている。 慈善活動と子供たち [ ] の映画『トゥームレイダー』の撮影で、ロケ地のを訪れたことをきっかけに、問題に興味を持つ。 撮影が終わってから、UNHCRの職員とともにの現場に赴き、国際的支援を精力的に訴え、本格的にを始めた。 UNHCR の親善大使に任命される。 その後、40ヶ所以上の人道支援の現場に足を運び、避難民の現状を訴えてきた。 4月には、この熱心な活動が評価され、第10代であるにUNHCRの特使に任命されている。 スイス・ダボス世界経済フォーラム年次総会にて 2005年 慈善活動の一環として、3月にカンボジア人の男児(マドックス・チヴァン)、7月に人の女児(ザハラ・マーレー)、3月に人の男児(パックス・ティエン)をそれぞれ養子として引き取る。 5月には、で俳優との間の実娘、シャイロ・ヌーベルを出産した。 ちなみに「シャイロ」は「救世主」「幸福なもの」という意味があり、ジョリーの実兄につけられるはずだった名前である。 に南部ので男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子を出産。 には出産した娘シャイロの初公開写真の掲載権を米『ピープル』誌と410万ドル、英『ハロー』誌と350万ドルで契約し、慈善事業へ契約金を寄付した。 も同じく出産した双子ヴィヴィアンとノックスの写真の契約金を慈善事業へ寄付することを条件に『ピープル』誌と『ハロー』誌と契約した。 この時の契約金は1100万ドルから1400万ドルと推定されている。 ジョリーが家族の写真やインタビュー掲載と引き換えに『ピープル』誌に好意的な内容を書くよう求めるなど巧妙にマスコミ対応しているとの批判的な内容だったが 、記事に対して『ピープル』誌発行元のタイム社は写真購入による編集への介入行為はないという声明を出して反論。 また、堅い記事で信頼を得ていた高級紙『ニューヨーク・タイムズ』がこのような記事を掲載したことに読者からは「まるでのようだ」という落胆の声が多く、同紙電子版にある読者コメント欄には『ニューヨーク・タイムズ』が娯楽雑誌である『』誌を報道機関と混同している等の批判的なコメントが相次いだ。 ジョリーは過去に3回パキスタンを訪れており、住むところがなくなった人々を救うために使ってほしいと今回の寄付をした。 10月、アメリカのチャリティー団体The Giving Back Fundが2008年の「寄付額が最も多い有名人」のランキングを発表し、ジョリーとピットがハリケーン・カトリーナで壊滅的状況に陥ったニューオリンズの再建やエチオピアやイラクの子どもたちに総額で1,340万ドル(日本円で約12億円)を寄付して2位にランクインした。 11月、『』によると、ジョリーとピットのの寄付金総額は680万ドル(日本円で約6億1200万円)だったという。 2人が設立したジョリー・ピット基金の2008年度の納税通知書によると、同基金の収益は1300万ドル(日本円で約11億7000万円)でその半分以上をさまざまな団体に寄付したといい、世界中の病気を減らすことを目的としている団体The Global Health Councilは同基金から200万ドル(約1億8000万円)を受け取り、ピットが創設したチャリティー団体Make It Right FoundationとHuman Rights Watchもそれぞれ1万ドル(約9000万円)を受け取ったという。 さらにThe Armed Services YMCA of the US Army、ピットの地元スプリングフィールドの学校、息子マドックスの母国カンボジアの団体などもジョリー・ピット基金から寄付を受け取っているという。 この団体はイリノイ州とフロリダ州にある養護施設で現在は300人ほどの子どもたちが暮らしている。 ジョリーは「孤児や捨て子を育て、家族をバラバラにしないSOSのすばらしい活動をわたしたちはこの目で見ました。 SOSビレッジでは一定の年齢になったからといって子どもが放り出されることはありません。 職業訓練、高等教育、生活の手助けなど、すべての援助を永遠に与え続けてくれる場所です」とコメントしている。 SOS・チルドレンズ・ビレッジは孤児や捨て子を支援する世界最大のNPOで、132か国で500のビレッジが存在している。 ドイツ・ベルリンにて 2010年 2月、先のに見舞われたの隣国の首都、にある病院を訪問し、ハイチから避難してきた被災者たちと面会。 その後、ハイチへ移動し、を訪問した。 また、パートナーのピットとともに100万ドル(約9,000万円)をへ寄付している。 なお、ハイチを訪問中にのリポーターから「ハイチからは、養子をとらないのか」と尋ねられ、「いいえ、今われわれは、そのためにここにいるのではないのです。 わたしたちは養子を受け入れる準備はあります。 ブラッドとそのことも話しますが、それはここで考えることではありません」と強い口調で反論したと伝えられている。 近年、ハイチでは生き別れた子どもの養子縁組が違法に行われて、人身売買にまで発展しており社会問題にもなっている。 後にジョリーは、国連難民高等弁務官事務所のオフィシャルサイトで「養子縁組は緊急事態時の対応策として採用されるべきではない。 ハイチは地震前に多くの人身売買の問題があったため、子どもたちにより一層の注意が必要だ」と声明を出している。 エンターテインメントサイトのpopsugar. comではこのCNNのリポーターの質問について、「これは自然な質問、アンジーは養子をとることを認めている」「的はずれな質問、アンジーの活動から輝きを奪う」と二択で投票を行っているが、「的はずれな質問」に7割以上が投票している。 8月、DesPardes. comによると、10万ドル(日本円で約900万円)をパキスタン洪水の被災者支援として寄付していたことが明らかになった。 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使として慈善活動を行っているジョリーはパキスタン洪水について「今年の1月にはハイチ地震が起きるなど、たくさんの苦労を抱えた人々がだんだんと増えてきています」と支援の必要性を訴えるコメントを発表している。 1月、『ハリウッド・リポーター』によると、実子シャイロが生まれた国ナミビアにある野生動物保護区にシャイロの名の下に2人が設立したジョリー・ピット財団から200万ドル(日本円で1億6400万円)を寄付していたことが明らかになった。 この寄付に関してジョリーは「シャイロには自分が生まれた国に関わりながら育ってほしい。 この野生動物保護区のオーナーとは古くからの友人でこのナミビアの土地と野生を保護するために彼らの熱心な仕事ぶりと人々への献身さにずっと感心させられている」と寄付理由に関したコメントを残している。 6月、BANG Media Internationalによると、竜巻の被害にあったミズーリ州南西部の町、ジョプリンに50万ドル(日本円で約4,000万円)の寄付したという。 2人が設立した「ジョリー・ピット基金」による寄付金は壊滅的な被害を受けて中長期的な支援を必要とする町の再建に充てられるという。 ピットは「街の30パーセントが壊滅的な被害に遭い、ジョプリンの街には難題が待ち受けています。 僕はこの街の近くで育っているため、住民は仕事熱心で、謙虚、立ち直る力も強いことを知っています」と語り、街の再建の手助けになりたいと言っており、ジョリーも「多くをなくしたジョプリンの方々への思いでいっぱいです」と付け加えた。 8月、BANG Media Internationalによると、ピットとジョリーが設立した財団法人の納税記録が公開され、2人が2009年だけで総額490万ドル(日本円で約3億9,200万円)を慈善団体に寄付していたことがわかった。 その寄付先は195万ドル(日本円で約1億5,600万円)が両親の働いている家庭の支援団体に、100万ドル(日本円で約8,000万円)は国連関連の慈善団体に、70万ドル(日本円で約5,600万円)は子どものがん基金に、また48万ドル(約3,840万円)は自然災害に遭った街の復興基金などに使われている。 2人の友人は「セレブたちの多くはブラピやアンジーから学ぶことが一つや二つあるはずよ」とその金額の大きさがうがかえるコメントをしている。 10月9日、でを批判し、女性の権利向上のために活動していた少女がターリバーンとみられる男たちによる銃撃(後にターリバーンが犯行声明を出した)で重傷を負うという事件が起きると、、パキスタン、の少女のために5万ドル(約400万円)を寄付した。 寄付金は、パキスタン、アフガニスタンにおける女性教育のために闘った女性、少女を表彰する賞の創設などに使われるという。 カンヌ映画祭にて 2013年 6月24日、で開かれた紛争下の性暴力問題に関する公開討論で演説を行った。 、人道支援活動を通じた映画界への貢献を讃えられ、アカデミー賞のを同賞史上最年少で受賞した。 、英国政府が「(Honorary Dame Grand Cross of the Most Distinguished Order of St. Michael and St. George)」の授与を決定。 10月10日、に夫ピットや子供たちとともに謁見し、称号を授与された。 1月、バチカンで自身の監督作「」の上映後、に家族とともに謁見した。 5月23日、のロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの客員教授に就任。 人権問題などを学ぶコースの授業を担当。 人物 [ ] 家族関係 [ ] 実父のとは長年に亘り不仲が続いた。 これは度重なる不倫により敬愛する母を苦辛させたことからによる。 その後、『』で父娘共演を果たすなど復縁も噂されたがには本名の アンジェリーナ・ジョリー・ヴォイト(Angelina Jolie Voight)から「ヴォイト」を除外するをに申請。 の判決により承認され同年付で同一の本名となった。 もっとも、脚本家のは第1回で審査委員長として来日滞在したヴォイトが当時高校生であった娘を連れて来たのと交流を持った体験を著書(『スクリプトドクターの脚本教室・中級編』)に著しており、ある程度の雪解け時期もあったことも伺わせる。 その後『』で共演したと5月5日に結婚。 しかしにジョリーがカンボジアから男児マドックスを養子に迎えてまもなく破局し、5月27日に離婚した。 ピットが多忙であった当時の妻と家族計画をめぐり不仲になりつつあると噂される一方、ジョリーやジョリーの息子マドックスと撮影現場で親密になっているという見方が浮上する。 ジョリーとピットのロマンスのゴシップが消えない中、12月にはピットがテレビインタビューで自らの子供を切望して涙ぐむ場面が放映された。 1月7日にピットとアニストンが正式に別離を発表し 、3月にアニストンが離婚手続きを申請。 このおよそ一ヶ月後から、ジョリーやジョリーの子供と行動を共にするピットの姿がたびたび報じられるようになった。 同年8月に離婚手続きが完了して10月2日ピットとアニストンの離婚が正式に成立。 11月に初めてジョリーとピットは二人でイベントの席に姿を現し、12月にはピットがジョリーの子供2人の養父となる手続きを申請した。 そして1月にジョリーはピットが父親である子供の妊娠を発表。 ピットとのパートナー関係を公に認めることとなった。 ジョリーは10月『ニューヨーク・タイムズ』のインタビューで、ピットがアニストンとまだ夫婦だった『Mr. スミス』の撮影中に恋に落ちた と認めて、「子供が、両親が恋に落ちた映画を見るチャンスなんてそうそうないわ。 ブラッドに会えるから、撮影現場に行くのが楽しかった」と発言。 ジョリーの発言を受けて、アニストンは11月『ヴォーグ誌』のインタビューで初めてジョリーについて言及し「不適切な発言」と非難したが、ピットは12月『ローリングストーン誌』のインタビューで、同映画について聞かれた際に「そりゃあ、6人の子どもを持つことになったのは……あの映画で恋に落ちたからね」と発言し、ジョリーの発言を後押しした。 メディアはピットとジョリーの名前を一つにしてブランジェリーナ(Brangelina)という造語を作った。 、ギネス・ワールド・レコーズ社より「ハリウッドで最もパワフルなペア」に認定された。 また、恋多き女性としてメディアに取り上げられてきたが、本人は「これまでの人生の中でセックスした男性は4人だけ。 嘘じゃない、そのうちの2人とは結婚したんだから」と主張している。 その4人とは現在のパートナーのピット、元夫のミラーとソーントン、名前は明かせないもう1人だという。 4月13日、ジョリーとピットが交際7年目にして正式に婚約したことをピットの代理人が明らかにした。 結婚式の日程などは決めず約2年の婚約期間を経て、8月23日に結婚式を挙げて正式な夫婦となった。 家族や友人の総勢20人が参列した式でジョリーはピットとの6人の子供達が描いたイラストが刺繍されたウェディングドレスを身にまとい、ピットがジョリーの母ミシェリーヌ・ベルトランへの献辞を刻むなど家族への愛情を誓うプライベートな式だった。 2016年離婚を申請。 乳腺切除と遺伝子 [ ] 5月に掲載された『ニューヨーク・タイムズ』への寄稿文で、ジョリーは乳癌と卵巣癌の発生が高くなるとされる「」に変異があるとして、乳癌予防のために両乳腺を切除する手術を受けたことを明かした。 この手術の公表は世界的に大きなインパクトを与え、「アンジェリーナ効果(The Angelina Effect)」と呼ばれた。 この手術の影響は著しく、日本でも乳房予防切除手術の倫理申請を行う動きが出ている。 卵巣・卵管切除と改姓 [ ] 乳腺切除より2年後の3月、ジョリーは『ニューヨーク・タイムズ』に再び寄稿し、卵巣と卵管の切除を公表した。 発表より2週間前、毎年受けている定期検査で採取した血液の複数の炎症マーカーの値が上昇しており、初期の卵巣癌の可能性があることを医師に告げられたジョリーは複数の専門医に相談。 BRCA1遺伝子変異のリスクだけでなく、母親を含めて3人の近親者が遺伝性の乳癌・卵巣癌で若くして亡くなっている家族歴を考慮し、卵巣と卵管の早期切除を決断した。 手術で摘出した組織には腫瘍があったが幸い癌は陰性であり、今後はホルモン療法につとめていくという。 なお、ジョリーはこの寄稿文にアンジェリーナ・ジョリー・ピットと署名。 同月に出席したでもアンジェリーナ・ジョリー・ピットとして登壇した。 以降、姓をジョリー・ピットと表記する母国メディアが増えていた。 その他 [ ] 背中のタトゥー• 幼少時からに親しんでおり背中、腹、腕など、あらゆる箇所に彫り込んでいる。 かつては左腕に元夫の名前を彫り込んでいたが離婚と同時にレーザーで消し、現在は子供達全員の出生地とその経度を彫り込んでいる。 ジョリーの外見的特徴の一つであり、彼女をたらしめている豊かな唇は、シリコンなどで人工的に作られたという疑惑が度々浮上しているが、少女時代のスナップ写真が整形ではない証拠となっている。 高校時代、解雇されかかった教師の復職運動に奔走したことがある。 ナイフの収集を趣味としているが、14歳の時に交際中の男性とナイフで傷付け合った性的経験を後に語っている。 また、前夫のソーントンとは互いの血液の入ったカプセルを身に着けていた。 20歳でジョニー・リー・ミラーと結婚した際、ミラーと出会うまではあらゆるドラッグを経験した暗い日々があったことをジョリーが告白したとタブロイド紙『』で報じられた。 2007年に女優・モデルのが初頭にジョリーと同性愛の関係にあったとインタビューで語り世間を賑わせたが、同年ジョリーはピットが恋人になってからはや的な性行動はとらなくなったと語った。 ジョリーを世界的なトップスターにのし上げた『トゥームレイダー』であるが、当初はオファーの際に、演じることが内定しているララ・クロフトの画像を目にした瞬間、余りに醜悪で筋肉質な容姿に拒絶反応を起こし即座に断った。 1作目のララ像については「超ミニのをはいたバカ女」と評し脚本家と口論となったことを激白。 だが、続編のララ像には満足しているようで、「今では、ララは特別な友達みたいに思える」と語っている。 の母の影響での文化を守る活動にも非常に熱心に参加している。 自らも映画『ロード・トゥ・ヘブン()』でインディアン女性役を演じたほか、同じくインディアン・アーティストの活動を支援している。 サンテ・インディアンの活動家で詩人でもある(彼はミシェリーヌ・ベルトランの晩年のパートナーであった)のアルバム『』のエグゼクティブ・プロデューサーをつとめた。 その後、母親の提案により 2005年にはインディアンゆえの差別に苦しみ、その後活動家となりミュージシャンや詩人としても成功した彼の人生を描いたドキュメンタリー映画『』を製作した。 この映画はなどにも出品され、高い評価を得た。 とは遠い親戚にあたる [ ]。 日本の芸能誌の間では「アンジー」の愛称が主に用いられている。 and Mrs. Smith ジェーン・スミス 2006 The Good Shepherd クローバー 受賞(アンサンブル・キャスト) 2007 A Mighty Heart ノミネート ノミネート Beowulf グレンデルの母 2008 Kung Fu Panda ティグリス 声の出演 Wanted フォックス Changeling クリスティン・コリンズ ノミネート ノミネート ノミネート 2010 Salt イヴリン・ソルト The Tourist エリーズ ノミネート 2011 Kung Fu Panda 2 マスター・タイガー 声の出演 2014 Maleficent 兼製作総指揮 2015 By the Sea ヴァネッサ アンジェリーナ・ジョリー・ピット名義 兼監督・脚本・製作 2016 Kung Fu Panda 3 マスター・タイガー 声の出演 2019 Maleficent: Mistress of Evil マレフィセント 兼製作 2020 The One and Only Ivan ステラ 声の出演 兼製作 Those Who Wish Me Dead ハンナ・ファーバー 2021 (原題) Eternals セナ CM [ ]• (、2007年9月 - ) 監督作品 [ ]• In the Land of Blood and Honey (2011年) 監督・脚本・製作• Unbroken (2014年) 監督• By the Sea (2015年) 監督・脚本・製作・主演• First They Killed My Father (2017年) 監督・脚本・製作 著書 [ ]• 思いは国境を越えて(中西絵津子訳 2003年 ) 関連書籍 [ ]• アンジェリーナ・ジョリー 彼女のカルテ(ブルース・インターアクションズ、2008年) 主な受賞 [ ]• 1999年度 『17歳のカルテ』• 2013年度• 1999年度 『17歳のカルテ』• 1999年度 新人賞 『17歳のカルテ』• 1999年度賞 『17歳のカルテ』• 2006年度 『グッド・シェパード』(出演者たちの演技に対して)• 2006年度 格闘シーン賞 『Mr. and Mrs. スミス』(と共に) 脚注 [ ] []• People. com. 2015年3月29日. The Daily Telegraph. October 2, 2001. Retrieved April 24, 2012. her only known Native ancestor was a woman born in 1649. Van Meter, Jonathan 2002年4月. Vogue. 2011年7月7日閲覧。 Wills, Dominic. Tiscali. 2011年7月7日閲覧。 Jerome, Jim 1983年4月11日. People. 2011年7月7日閲覧。 Heath, Chris 2001年7月5日. Rolling Stone. 2011年7月7日閲覧。 Wills, Dominic. Tiscali. 2011年7月7日閲覧。 Van Meter, Jonathan 2002年4月. Vogue. 2011年7月7日閲覧。 Strejcek, Ginger Summer 2005. Season Magazine. 2011年7月7日閲覧。 Heath, Chris 2001年7月5日. Rolling Stone. 2011年7月7日閲覧。 Wills, Dominic. Tiscali. 2011年7月7日閲覧。 Sessums, Kevin 2004年11月. Allure. 2011年7月7日閲覧。 CNN. com. 2005年6月9日. 2011年7月7日閲覧。 2015年1月16日閲覧• AFPBB News. 2007年3月14日. 2010年8月1日閲覧。 AFPBB News. 2008年7月13日. 2008年8月1日閲覧。 MOVIE Collection. 2008年7月14日. 2008年8月1日閲覧。 com. 2008年8月4日. NY Times. com. 2008年11月11日. 2009年1月23日閲覧。 com. 2008年11月22日. Narinari. com 2008年11月22日. 2009年1月23日閲覧。 シネマトゥデイ. 2009年11月25日. 2011年7月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2010年2月10日. 2011年7月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2010年2月13日. 2011年7月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2010年8月19日. 2011年7月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2011年1月5日. 2011年7月13日閲覧。 cinemacafe. net. 2011年6月13日. 2011年7月13日閲覧。 シネマトゥデイ. 2011年6月11日. 2011年7月13日閲覧。 2012年10月18日閲覧。 シネマトゥデイ. 2012年10月18日. 時事通信. 2013年6月25日. 2013年6月26日閲覧。 - (日本語字幕付き。 投稿者: - AFPBB)• マイナビニュース. 2013年9月6日. ロイター通信. 2014年6月16日. シネマカフェ. 2014年10月14日. 時事通信. 2015年1月9日. スポニチアネックス. 2016年5月24日. 2016年5月24日閲覧。 People. com. 2005年1月24日. Celebuzz. 2010年8月13日. シネマトゥデイ. 2005年3月28日. シネマトゥデイ. 2005年8月23日. シネマトゥデイ. 2006年1月12日. シネマトゥデイ. 2011年8月9日. シネマトゥデイ. 2008年10月20日. 2009年2月4日閲覧。 シネマトゥデイ. 2008年12月11日. 2009年2月4日閲覧。 USTIMES. JP 2008年9月21日. 2009年3月1日閲覧。 MovieWalker 2007-09-24日. 2008年8月1日閲覧。 2012年4月16日• シネマカフェ. 2014年8月29日. クランクイン!. 2014年9月2日. ハリウッドニュース!. 2014年9月2日. The New York Times. 2014年5月14日. (CNN)• TIME. 2013年5月27日. Medエッジ. 2014年10月4日. 日本経済新聞 2013年5月20日• The New York Times. 2015年3月24日. AFPBB News. 2015年3月25日. AFPBB News. 2015年3月24日. マイナビニュース. 2015年3月24日. ハリウッドニュース. 2015年3月24日. シネマトゥデイ 2007年4月25日. 2008年8月1日閲覧。 2018年6月18日. 2018年6月23日閲覧。 Free Online Library 1996年5月3日• シネマトゥデイ 2007年8月16日. 2008年8月1日閲覧。 シネマトゥデイ 2003年6月6日. 2009年3月1日閲覧。 Kana Sanuki 2019年11月6日. 日本版. 2020年6月23日閲覧。 コスモポリタン編集部 2020年6月16日. COSMOPOLITAN日本版. 2020年6月23日閲覧。 関連文献 [ ]• (英語)• (英語)• (英語)• (英語)• (英語)• (英語) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• 1956• 1957• 1959• () 1960• 1961• () 1962• () 1965• 1966• 1967• 1968• () 1969• 1970• 1972• 1973• () 1974• () 1975• 1977• () 1978• () 1979• 1981• () 1982• () 1983• () 1984• () 1985• () 1989• 1993• 1994• 2001• 2005• () 2007• 2009• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2019.

次の