米国 公認 会計士 難易 度。 米国公認会計士(USCPA)の魅力と試験の概要・難易度、オススメ予備校など

USCPAの難易度はどの程度か

米国 公認 会計士 難易 度

米国公認会計士(USCPA)は 人生の一発逆転を狙うことができるコスパ最強の資格であると言われています。 特に今は監査法人が慢性的に人手不足に陥っているため、4科目合格することができればかなりの確率で監査法人、それもBig4と呼ばれる大手への転職が可能となります。 そうすれば 年収1000万という大台を超えるキャリアを築くことも夢ではありません。 この状態は、少なくとも東京オリンピックが開催される2020年くらいまでは続くだろうというのが大方の見方となっています。 色々なところで見かけるように、USCPAは日本の公認会計士試験に比べれば 格段に難易度が低いと言われています。 とはいっても難関資格であることにかわりなく、だからこそ 転職マーケットにおいても高い評価を受けています。 それでは実際のところ、USCPAの難易度はどの程度のものなのでしょうか。 結論から書くと、 この試験はやり方さえ間違えなければ基本的には誰でも合格できる資格であると考えられます。 一方で正しいやり方で勉強しないと結果が出せず、道半ばにして諦めてしまう可能性が非常に高い試験であるともいえます。 私自身、働きながら勉強を続け約1年半で合格することができましたが、途中で挫折しかかったこともあります。 それでもあきらめず、とにかくコツコツと毎日の勉強を続けること、これこそがこの試験を攻略するための最短経路だということが分かりました。 USCPAに挑戦してみたいけれどなんとなく自信がないという人は、是非ともこの記事を読んでみてください。 USCPAを受験するということがどういうことなのか、イメージが湧いてくると思います。 FAR(財務会計) BEC(経営・IT) REG(税法・商法) AUD(監査論) いずれも基本的には選択式の問題が大半を占めています。 シミュレーション問題という文章題のようなものも出ますが、問われる内容は数値だったり、選択肢から選んでいくような内容となっており、選択問題と難易度的には変わりません。 私は、BECのライティング問題についてはほとんど対策せず、とにかく選択問題を徹底的にやり込みました。 このようにUSCPAの試験対策というのは、論文式試験がある日本の会計士試験と比べれば必要な準備は圧倒的に少なくて済みます。 USCPA試験のもうひとつの特徴は、受験形式です。 受験はテストセンターを自分で予約し、好きなタイミングで受けることができます。 そのとき、4科目一斉に受けても構いませんし、一つずつ受けても問題ありません。 なぜこのようなことができるかというと、試験はすべてPCが自動的に問題を出題していくという方式を取るからなんですね。 同一の問題を受験者が一斉に受けるのではなく、ランダムに出題される問題を各受験者は各々解いていくというスタイルになっています。 日本の会計士試験は年一回しかチャンスがありませんので、不合格ならもう一年待たなくてはなりません。 USCPAは受験日を自由に選べますし、不合格なら再チャレンジもできます。 このようなフレキシブルさがあるため、日本の会計士試験と比べると遥かに受験しやすいといえるのです。 USCPAに必要な勉強時間は? USCPAの問題は、基本的にはシンプルです。 したがって講義を一通り受けた後は、ただひたすらに過去問と問題集をやり込むことが合格への最短経路です。 それでは、具体的にどの程度の勉強時間を確保して挑めば良いのでしょうか?これについては、かなりはっきりとした数字が出ています。 USCPAに合格するには、1000時間の勉強時間が必要である この数字は自分の感触から言っても妥当ですし、多くの合格者も同じような感覚をもっているようです。 ここで大事なのは、1000時間というのは集中して効率的に勉強している時間、ということです。 なんとなくやる気がでなかったりしてダラダラと過ごしてしまう時間は含めません。 さて、簡単に1000時間の勉強時間といいましたが、これは一体どのようなボリュームなのか。 この点についてじっくりと考えてみることこそが、USCPAの難易度とは一体何かを解き明かす最大の鍵となります。 仕事前、あるいは帰宅後に 2時間ずつ、そして週末はみっちりと 5時間、この生活を 1年間続けるのです。 この間、やる気を維持し続けながら1日も休まずにコツコツと勉強をする、こんなことができる社会人がどれほどいるでしょうか? つまるところ、USCPAの難易度とは このような生活を続けることができるかどうか、この1点に集約されるといっても過言ではありません。 そして、なんの心の準備もないままに勉強を始めた人がこの生活を1年間維持できる可能性はほぼゼロといって良いと思います。 これこそが、 USCPAは非常に難易度の高い試験だと感じる人が多い理由なのです。 私自身も、なんとなく始めてしまったUSCPAの勉強ですが、途中で力尽きて挫折しかかったこともあります。 それは、毎日の勉強時間がどのくらい必要なのかという意識が極めて低かったからでした。 このことに気づいてからは、計画的な行動を心がけ、隙間時間があれば積極的に活用することで、1週間で20時間という勉強時間を確保することができるようなりました。 このあたりの経緯については、以下の記事を参考にしてみてください。 ・ USCPA取得までにかかる時間は? 資格試験は、難易度が高くなればなるほど取得までの日数が長くなっていきます。 USCPAの場合、どのくらいの期間で取得できるのでしょうか? これは人によってもちろん変わってくることだと思いますが、働きながら勉強をする場合は 1年程度の期間を一つの目標にすると良いと思います。 私自身は、約1年半で4科目合格までたどり着きました。 USCPA合格のための目標を2年間に引き伸ばしてみてはどうかと思うかもしれません。 なるほど、これなら1週間に10時間の勉強時間ですみますので、負担はだいぶ減るように思えます。 しかし、私はこの方法はあまりお勧めしません。 第1の理由はモチベーション管理です。 やる気はどんなに工夫しても少しずつ下がっていくものですので、勉強期間はなるべくなら短いほうが良いのです。 2年間というのは1つの試験を受け続ける期間としては長すぎます。 第2の理由は、1日1時間の勉強というのはあまり効率が良くないという点です。 勉強というのはやり始めるとだんだんと気分が乗ってきますので、それを無理やり中断するのはいかにも非効率です。 休憩をいれつつも、続けて2時間くらいは勉強するというのが理想的な形です。 以上のことから、やはり週20時間くらいの勉強時間を確保しておくのが現実的といえます。 それでも完全にうまくいって1年間、余裕をもって1年半くらいが合格までに必要な期間ということになります。 予備校に通うか、独学で勉強するか? USCPAを効率よく勉強するためには予備校に通ったほうがいいのか、それとも独学で勉強できるのか、疑問に思う人も多いかと思います。 結論から言うと、 この資格を独学で取るのはかなり難しいといえるでしょう。 その理由ですが、まず第一にUSCPAを独学で取得するための教材というものは 基本的には市販されていないということが挙げられます。 過去問やテキスト類などは手には入りますが、英語で書かれているため独学には向いていないでしょう。 第二の理由は コストです。 独学で勉強するメリットというのは費用を安く済ませられることができるところだと思うのですが、この資格の場合は独学であろうとなかろうと様々な場面で費用が発生します。 総費用に占める予備校代というのはそれほど大きくありませんので、無理してまで独学で頑張るくらいなら予備校に通って勉強した方が効率的に目的を達成できるでしょう。 USCPAの場合、会計単位の追加取得や学歴証明など、受験のスタート地点に辿り着くまでにかなりの手続きが必要です。 独学の場合はこうした情報を自分で集めなければならず、なにかと苦労するでしょう。 予備校ではこうした手続をサポートしてくれますし、疑問点があればいつでも質問に応じてくれます。 このようなサービスを利用できる価値は大きいと思います。 そして最後の理由、それが やる気の管理です。 独学というのはどうしても甘えが出てしまうものです。 予備校に通う場合、勉強時間のペースメーカーとなってくれますので、やる気を継続したまま週20時間という勉強時間を確保できる可能性が高くなります。 以上からUSCPAの資格を取るには 予備校を活用するのが王道となっています。 なおUSCPAのコースがある予備校というのは実はあまり多くなく、業界的には事実上アビタスかプロアクティブの2択となっています。 いずれも実績の豊富な予備校ですので、どちらかを選択している人が多いようです。 私が監査法人に転職して出会ったUSCPA取得者は、8割ほどがアビタスで、残りがプロアクティブといった感じでした。 このような資格スクールでは定期的に無料のセミナーを実施しており、最新の情報や各種資料を配っています。 ここまでの記事を読んでUSCPAの受験に興味が湧いてきたら、一度参加してみるのが良いと思います。 確かに英語にものすごいアレルギーがあるという人は、USCPAにチャレンジするのは大変かもしれません。 ただ、だからといってネイティブレベルで英語が使える必要があるかというと、そんなことは全くありません。 TOEICでだいたい 600点を超えているくらい、理想をいえば 650点もあれば、USCPAにチャレンジできると考えて良いでしょう。 このくらいの英語力というのは、なんとなく英語で読み書きができる、と言った程度です。 USCPA試験に必要な英語力はそのくらいで十分です。 次に簿記についてです。 簿記についても、あらためて日本語で勉強する必要はないと思います。 そもそも財務会計が出題されるFARのレベルは、それほど高いものではありません。 せいぜい日商簿記の2級くらいでしょう。 したがって、わざわざ日商簿記2級を取るくらいなら、最初からFARの内容をしっかりと勉強しておいたほうが効率的です。 ただし、工業簿記の知識があるとBECで役立つのと、そもそも簿記の資格は転職の際に有利ということもあるので、余裕があれば2級を取得しておいた方が良いということはあるかもしれません。 英語と簿記については以下の記事でも解説してありますので、読んでみてください。 ・ 新試験形式で難易度はどう変わったか? USCPAの試験ですが、実は2017年から新しい形式に変わっています。 この試験制度のことを「 CBT3」と呼んでいます。 新試験の概要が明らかになる前までは、この変更で日本人には不利になるだとか、今までの勉強が無駄になってしまうなどの憶測が流れていました。 しかし蓋を開けてみれば、その変更はマイナーチェンジといっていいくらいのものでした。 一番大きな変化は、シミュレーション問題の増加です。 これにより、4つの選択肢から回答を選ぶという選択式問題の比率は下がりました。 ただ冒頭にも書いたように、シミュレーション問題というのは要は選択問題の応用編なので、選択問題の対策をしっかりとしておけば解けるようになっています。 実際、私がUSCPAを受験した際にはシミュレーション問題の対策というものは特別にしませんでした。 というか、シミュレーション問題はどのようなものが出るのかよくわからないため、対策のしようがないというのが正確かもしれません。 それでも、ただひたすらに選択問題の過去問を解きまくっておいたおかげで、シミュレーション問題も特に苦労することなく解答することができました。 ということは、CBT3によってシミュレーション問題が増加したからといって、試験対策は特にこれまでと大きく異なることはないと考えて良いと思います。 CBT3について詳しく知りたい場合は、資格スクールの無料セミナーがおすすめです。 なんだかんだいって資格スクールのもっている最新の情報にかなうものはありません。 基本的にはUSCPAは、試験そのものというよりも、そのための 勉強を続けるやる気の管理、そしてそのための 生活習慣をどう整えていくのかといったことがはるかに難しいことがお分かりいただけたかと思います。 1年間で1000時間の勉強時間を確保するというのは、想像するよりも遥かに難しいことです。 しかし、やり方さえ間違わなければ誰でも達成することができるのも事実です。 そしてそのための考え方や、具体的な勉強のコツについてはこのブログで細かく説明してあります。 USCPAの資格を手に入れれば、売り手市場が続いている監査法人への転職への道が現実的になります。 そうなれば年収1000万円という、サラリーマンにとって一つの目標である数字はすぐ目の前です。 難易度が高いからこそ資格に価値が出ます。 ただがむしゃらにやるのではなく、戦略的に行動することによって、難易度はどのようにでも変化するのだということを是非とも意識しておいてください。 【PR】USCPA 無料セミナー開催! USCPAの合格者、 業界No. 1のアビタスでは、現在受験を検討している方向けに 無料の説明会を開催しています。 「あまり入る気は無いけど、教材やカリキュラムが気になる……」 「自分のライフスタイルに適した、USCPAに関する様々な勉強法を知りたい」 「USCPAを活かしたキャリアプランって何だろう?」 など、 アビタスの教材から合格後までのキャリアプランまで徹底解説! 非常に内容の濃い2時間になっています! 2017年度より導入される、 USCPAの新試験方式に関する解説もタップリ盛り込まれているので、独学で取り組みたいと思っている方にもおすすめです。 セミナー参加者には USCPA試験合格までのガイドブックを無料でプレゼントしているので、この機会にセミナーに参加してみてはいかがでしょうか? ご興味のある方は、 下のバナーをクリックして詳細を確認してみてください。 USCPAのおすすめ記事 ・ ・ ・.

次の

USCPA(米国公認会計士)の難易度は?

米国 公認 会計士 難易 度

この資格は、Bookkeeing and Accountingu Test for intrnationalCommunicationの頭文字を取ったものです。 ・・・と言われてもピンと来ないかもしれませんね。 いわゆる【国際コミュニケーションのための簿記会計テスト】のことで、東京商工会議所主催の検定試験を指します。 海外に事業所を持つ企業とのお取引のシーン、外資系企業との競合や業務提携、海外からの資金調達や国際的な企業買収など様々なシーンで海外との接点が必要となっている現在の日本経済。 日本での会計基準も、国際的基準への統合が年々推進されてはいるもののまだ実務を扱う人は戸惑うケースや知識が足りず困惑することもあるのが現状です。 そんな中でビジネス界で注目をされているこちらの資格、グローバルなシーンで活躍をしたい人が英語力(勘定科目など経理の専門用語は英語で出てきます。 それ以上の文法や語彙力は必要ありません)会計知識を同時に測ることができる今注目の資格です。 将来的には米国公認会計士(U. CPA)の学習の際にも知識が生かせるため、年々注目度が高まっています。 BATIC(国際会計検定)の受験資格や合格率一覧 受験資格 特になし 試験科目 【Subject1】英文簿記【Subjct2】国際会計理論 受験者数 2015年度受験者3,635人、認定者(点数によって認定される)2,582人。 合格発表は9月2日、1月27日) 資格取得に必要な学習期間は? 日商簿記検定の知識を持っている人には共通点が多いため比較的短期間での取得が可能です。 各種専門学校での講座は半年程度の期間を設定しています。 BATIC(国際会計検定)はこんな人におすすめ 海外と接点を持ちたい人にはお勧めです。 近年では企業が海外展開を積極的に行っており、これからますます国際的なビジネスの共通言語となる会計知識が求められます。 企業内でBATICを社内教育の一貫として推進してる企業もあるのが現状ですので、海外接点のある企業で働く人、これから海外関連の業務への転職を目指す人にはお勧めの資格です。 BATIC(国際会計検定)って稼げる資格? 近年では企業の海外進出、海外との取引があるケースが増えているため企業では急募の仕事です。 経理の知識はあっても国際会計知識がないというベテラン社員に代わってBATICを持った若手をグローバル経理の最前線に置く企業も多くあるため、今後もニーズが高く、チャレンジの価値がある資格の1つです。 給与アップを叶えるための転職も有効でしょう。 会社によっては資格保持者に手当てを支給しているケースもあります。 また、この資格をバネに将来的に米国公認会計士試験にチャレンジされる方もいますので飛躍的な給与アップも未来には可能性が広がるかと思われます。 メーカーでの経理財務部門や営業事務部門、金融機関での外為や財務、商社の経理事務といった場での活躍可能性が高く、大手企業への転職も叶えられるかもしれません。 合格という制度ではなく試験の得点によって称号が与えられる形になりますので、その称号ランクによって給与にも若干差があるかと思われます。

次の

USCMA (米国公認管理会計士) 資格を活かす!~CFOを目指すブログ~: USCMA(米国公認管理会計士)の勉強所要時間と難易度

米国 公認 会計士 難易 度

米国公認会計士(USCPA)とは? 1.米国公認会計士ってどんな資格なの? 米国公認会計士と3つの知識・能力 冒頭で簡単に紹介をしましたが、 米国公認会計士はビジネスに必須の3つの知識を証明する資格でもあります。 企業においては環境を含め経営状況を正確に把握するための 会計の知識、IT化が急速に発展し ITに対応することも必要となります。 また、IT化同様にグローバル化が進む現在においてはコミュニケーションをスムーズにするためにも共通言語である 英語の能力も必要となってきます。 就職・転職 多くの方が気になるのが企業に就職できるのか?といったことでしょう。 会計は会計、ITはITなどその分野に特化した人がほとんどであり、1つの分野という枠にとらわれず広く対応できる人材が不足しているのが現状です。 企業が必要としている人材はどのような人なのか? それは複数に対応できる人材ということがあげられ、中でも ビジネス関係に広く対応できる人材は重宝され活躍することができるでしょう。 そのため米国公認会計士取得者は数ある資格の中でも、社内評価や 就職・転職において特に有利に進めることができるでしょう。 就職先は? 米国公認会計士を取得した人はどんな所に勤務をしているのか気になるところでしょう。 外資系企業といえば収入の多いことで有名ですが、米国公認会計士取得者の多くの方は外資系企業に勤めています。 米国公認会計士有資格者の就職先 ・外資系企業 60% ・大手監査法人を含め会計事務所20% ・海外勤務10% ・日本企業10% (アビタス受講生データより) 2.米国公認会計士の合格率 米国公認会計士は受験者数、合格者数、合格率は非公開となっているため通常では合格率を知ることが出来ません。 しかし、米国公認会計士協会(AICPA)は 全米の科目別合格率を公表しており、下記のとおりとなっています。 科目別 合格率 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 財務会計 48. 現在は国際化が進んでいるので受験者数はそれよりもかなり多くなっていることが推測されます。 3.米国公認会計士の受験資格 書籍を見ると米国公認会計士の受験資格は大学4年卒ということが書かれてあったり、会計・ビジネス関係の単位が取得が必要ということが記載されていたりしていますが、それ以上触れていないものも多くなっています。 実際は高校卒業の方や大学在学中の方であっても受験することが可能です。 そこで、ここではもう少し受験資格について見ていきましょう。 いくつかの受験資格 実は米国公認会計士は申し込みをする際に願書を提出しますが、その提出する場所(出願州)によって受験資格が全く違うことを知っておきましょう。 そのためあなたの現在の状況によって どこに願書を提出するのがいいのかを決めておかなければなりません。 どこに出願していいのか?それを決める目安となるものが3つあります。 公認会計士はほとんどの方が該当するでしょうし、税理士、中小企業診断士、証券アナリスト等の方ですと該当する方もいらっしゃるでしょう。 実務経験の年数については取得単位や実務内容によって異なりますが、1年~2年が多くなっています。 そのため、 高校卒業の方はモンタナ州に出願することを覚えておくといいでしょう。 日本で最も人気のある州はグアム州ですが、グアムの出願要件は以前より緩くなり、 大学在学中でも出願することが可能となりました。 そのため4年生大学卒業という要件を満たしていなくてもグアム州に出願することができます。 ただし、 18ヶ月以内に出願要件を満たす必要があります。 大学3年の後期に米国公認会計士に合格しているとすると、卒業すれば出願要件を満たすことができ米国公認会計士合格者となることができます。 これを見るとこんなことが気になる方もいらっしゃるでしょう。 ・大学で会計の単位を取っていないと米国公認会計士試験を受けることはできないの? ・高校卒業だと単位を取っていないので受けることはできないの? この悩みについては、 大原やアビタスなどの専門学校で上記の単位を取得することができます。 (通信でも可) 例えばアビタスのUSCPAプログラムコースだと会計29単位とビジネス24単位を取得することができます。 どこにしていいのかわからない方は下記を目安にするといいでしょう。 ・4大卒の方は グアム州 ・大学在学中の方は バーモント州 ・高卒の方は モンタナ州 米国公認会計士を取得するためには? 米国公認会計士は試験に合格するだけではなく、実務要件を満たすことで米国公認会計士のライセンスを取得することができるのが一般的です。 つまり、2つのステップがあると思っていただけるといいでしょう。 アラスカは単位・実務の内容によって必要となる実務経験の年数は2年~5年となっています。 米国公認会計士 まとめ 以上、米国公認会計士とは何か?合格率や受験資格等を紹介しましたがいかがだったでしょうか? 受験資格は他の資格と違う部分はあるもののどのような方でも受験することが可能であり、社会人や女性の方が多い資格であることが分かりました。 米国公認会計士は世の中が変わろうとしている時代に必要な資格であり、今後の活躍が一層期待出来るでしょう。 専門学校ではどの州に出願をするのが最適かを教えてくれるので、専門学校を利用してみたい方は下記を参考にしてください。 大原も考えてみたい人は比較をしてみるといいでしょう。

次の