卓球 フォアハンド。 フォアハンドの練習/強くなる卓球の練習方法

シェークのフォアハンド引きすぎ問題が、ペンホルダーで解決できました。【卓球オプティマイズ理論】

卓球 フォアハンド

卓球をしたことのあるほとんどの方が知っていると思いますが、シングルだと2人またはダブルスだと4人で卓球台の真ん中のネットを挟んでラケットでボールを打って卓球台の中に入れるスポーツです。 ただ、やみくもにラッケトを振ってラッケトがボールに当たったとしても相手のコートに入れるのはかなり難しいです。 まして、1回だけでなく何回も入れるとなるとスーパー難しいです。 ボールを入れることに夢中になってラケットの振り方がバラバラになっていませんか? 卓球をしている方で、ラケットを使ってボールを打てない方はいませんが自己流で覚えて卓球をやっている方は意外に多かったりします。 卓球は、かなり繊細なスポーツですから基本のスイングがきちん出来ていないとなかなか上達できません。 基本をおろそかに考えていると間違ったままのクセがついてしまうこともあります。 そうならない為に、ラケットの構え方、ラケットの使い方、体重移動などの基本を覚えて身に付けることが大切です。 遊び感覚で卓球を楽しむならそれでも良いと思いますが、試合に出て勝ちたいと考えているなら正しいホームを覚えることをオススメします。 卓球には、難しい技術がたくさんありますが、まずは基本になる3つの技術があります。 フォアハンド、バックハンド、ツッツキです。 今回は、試合に勝つために必須となる、卓球で絶対覚えておくべきこの3つの技術について紹介します。 フォアハンドの基本的な打ち方 フォアハンドはスイングの基本中の基本と言われています。 シェイクハンドもペンハンドも基本的なスイングは、同じになります。 試合の前にラケットのおもて面でラリーをしているのを見たことがあると思いますが、それがフォアハンドです。 フォアハンドの基本をきちんと覚えることは、フォアハンドだけでなく他の技術の上達にも大きく影響しますのでしっかり覚えて下さい。 フォアハンドを打つには主に3つのコツがあります。 「基本姿勢」と「ラケットの振り方と角度」「体重移動」は重要なので押さえておきましょう。 フォアハンドの基本姿勢 足は卓球台の前に立って、ほぼ平行か左足を少し前にして肩幅より少し広くしてカラダの力を抜いてしっくりくる位置で楽に構えます。 まずは、フォアハンドでは打つ姿勢がとても大事です。 姿勢を作るには、4つのポイントがあるので確認してください。 足の幅は広すぎると、カラダは安定しますが動きにくくなります。 かと言って狭くすると動きやすいですがカラダは安定しません。 ラケットは、腕を前に伸ばしは状態から自然に小さい前ならいをして体の斜め前にします。 その時に両方の肩が床と平行になるようにします。 カラダは少しだけ前に傾けます。 傾け方はそれぞれ自由ですが、あまりにも前に傾いたり、突っ立つたままにならないようにしましょう。 ヒザは軽く曲げる程度にします。 ヒザが伸びたままでも曲げすぎても動きにくいです。 自分で動きやすく、安定しているな、と感じる姿勢をいつも心がけて下さい。 この4つのポイントが上手く行っていないと、体の軸がずれてしまい上手にフォアハンドを打つことが出来ません。 フォアハンドのラケットの振り方 構え方が決まったら、次はラケットを振りましょう。 ゆっくりと腰を回すように小さくバックスイングをとり、その腰を元に戻しながらカラダの回転と一緒にラケットを振ります。 この時、腰とウエストを勘違いしてウエストを回していると他の技術にも影響しますので気を付けてください。 腰とウエストの違いは、ウエストだと体をひねると言われたら無意識にウエストが回ります。 ですが、腰だと意識しないと初めのうちは回せないです。 なので、最初は意識して「腰」を回すという意識をしましょう。 よくウエストから回している人を見かけるので、かなり注意して覚えるようにしましょう。 一緒に練習している方に、腰からしっかり回っているかをチェックしてもらうといいですね! フォアハンドのラケットの振る角度 ラケットのスイングの角度は、時計の20分から25分のところから顔の中心に向かって時計の50分から55分を目安にするとか言われていますので参考にしてみて下さい。 ラッケトは大振りにならないように顔の正面で振り終わるようにして下さい。 フリーハンド(ラッケトを持っていない方の手)は、カラダのバランスを取るのに重要です。 上げすぎたり下がりすぎたりすると、正確なスイングが出来ません。 ボールを打ちたい意識が強すぎると、打つときに肩が下がって肘が上がることがあるので注意しましょう。 大切なことは、カラダと腕の動きがバラバラにならないでしっかり体重移動ができることです。 基本のフォアハンドが出来るようになったら、フォアハンドブロック、フォアハンドドライブ、フォアハンドフリックにも挑戦してみて下さい。 バックハンドの基本的な打ち方 バックハンドは、ラケットのうら面でおもにカラダの左側(右ききの場合)でボールを打つ打ち方になります。 バックハンドは、フォアハンドと同じくらい大事な技術です。 正しい打ち方を身につけておくと、バックハンドを使う色々な技術がやりやすくなります。 まずはフォアハンドと同じく、基本姿勢からチェックしましょう。 バックハンドもフォアハンドと同じく、「基本姿勢」と「ラケットの角度」と「体重移動」を重要視しましょう。 バックハンドの基本姿勢 バックハンドは卓球台に平行か左足を少し前にします。 ラケットはいつもカラダの正面にくるようします。 その時にラケットが台の下にならないようにして下さい。 バックハンドのラケットの打ち方 ボールを打つときは、ラケットをお腹の方に近づけながら左足から右足に体重移動させながらラケットをカラダの前で半円形を描くようにします。 ラケットがカラダの中心から左右に寄りすぎたり、ラケットを下げたりするのも安定したラリーになりません。 バックハンドのラケットの角度 スイングするときの角度は、お腹の真ん中から顔の前方向に向かってほぼ45度位の角度になります。 ボールの回転や高さによっても違ってきますが、基本のラリーをする時の目安にして下さい。 ラケットを構えたところからいきなり前に出すのではなく、少しラケットを引いてから出すようにすると腕を柔らかく使えるようになり相手のボールにも対応できます。 バックハンドを打つときの注意点 スイングする時に、肘が必要以上に上がったり余分な力が入りすぎると、ボールのコントロールが難しくなるので気を付けましょう。 ボールを打つときは、カラダと腕との一体感が大切です。 フリーハンドは、フォアハンドを打つときとほとんど同じ位置になります。 バックハンドを打つときに気を付けることは、左足から右足(右利きの場合)への体重移動とコンパクトな腕の振り方です。 ラケットを引いて出すときに、ヒジ、手首、ラケットの先端を相手の方向に向けます。 バックハンドはフォアハンドと比べるとスピードや回転の威力はないので守りのイメージが強いように思われがちですが、試合になるとフォアハンドよりバックハンドの技術の方が多く使われていますのでしっかりと身に付けて自分のものにして下さい。 基本のバックハンドが打てるようになったら、バックハンドブロック、ハーフボレー、バックハンドドライブにも挑戦してみて下さい。 ツッツキの打ち方 ツッツキは、卓球台の中で相手の下回転(バックスピン)のボールを自分も同じようにボールの下をラケットで切るように突っついて下回転にして返すことから「 ツッツキ」と呼ばれています。 卓球だけに使われている言葉になります。 ちなみに、台の外に出た下回転のボールを下回転で返球することを「カット」と呼びます。 ツッツキは、覚えると他の技術より安定したボールをコートの中に入れることが出来るようになります。 特に女子の試合では、ツッツキが出来ないと試合にならないと言われるくらいです。 多彩に変化するボールに対応するためにもツッツキは絶対に覚えておきましょう。 ツッツキは、おもて面を使う「 フォアツッツキ」と裏面を使う「 バックツッツキ」があります。 やり方は、どちらも同じです。 ツッツキのラケットの構えかた ツッツキをするときは、卓球台にほぼ平行に立ちます。 足の幅は、肩幅より少し広くします。 両方ともラケットの角度は台に対して、だいたい45度位に傾けますが、相手のボールの回転量に応じて自分のラケットの面の角度を調節します。 ツッツキのラケットの角度 ボールの回転量が多いときは、少し上に向けます。 回転量の少ないときは、少し立てかけます。 打ち方は、飛んでくるボールにラケットの面の角度を合わせてボールの底を斜め下に少し切るようにして軽く押し出します。 手首はあまり動かさないようにして、スイングも出来るだけコンパクトにします。 小さいツッツキは、ラケットを少し寝かせてボールが上がってくるところをボールの底を手首は使わないで切るように打ちます。 長いツッツキは、ラケットの角度は少し立てぎみにしますが動きは小さいツッツキと同じになります。 下回転のボールに慣れてきたら、同じ方向だけでなくコート全面にボールを長く返球したり、小さく返したり、回転を強くかけたり、回転をあまりかけないようにしたり、長さや回転の変化をつける練習もしましょう。 回転を鋭くかけることで守備的なボールから攻撃的なボールになり、得点のチャンスが生まれます。 ツッツキを打つ時の体重移動 手だけで打つのではなく、カラダ全体をボールに近づけます。 ネットの近くにきたボールは卓球台の中に足を入れて打ちます。 どちらの足を動かすとかの決まりはありませんが、卓球台の右側にきたボールは右足を、左側にきたボールは左足をボールに近づけると動きやすいです。 ツッツキをする時にボールをとることに夢中になってヒジが真っ直ぐ伸びたり、おしりが後ろに突き出たりするときは、足が動いていないときです。 この時も、手先だけで切るのではなくカラダ全体を使いましょう。 ツッツキの重要性 見ているとツッツキは卓球台の中でボールの下をラケットでこすって返しているだけで、全く地味でおもしろ味がありませんよね。 実は、ツッツキは見た目よりもかなり難しい技術になります。 卓球の上手い人は、「ツッツキ」が上手です。 それは、ボールの回転を判断できるからです。 下回転のボールを返すと言っても、好きなようにボールに回転をかければ良いと言うものではありません。 相手のボールの回転量によって自分のボールの回転量を調節して返さないと、いけないからです。 つまり、ボールの回転がわからないと「ツッツキ」は上手くなりません。 まとめ 卓球をするなら、フォアハンド、バックハンド、ツッツキの3つの技術が出来ないと全然楽しめません。 練習をして、試合に出ることを考えているなら必ず覚えたい技術になります。 長い間、フォームは考えないでボールを入れることに夢中になっていると、打ち方に自己流のクセがついてしまいます。 練習をしていると自己流でもボールは入るようにはなりますが、いざ試合になると全く上手くいかなくまります。 試合では、ボールのスピードや回転の変化、ボールのタイミングなどが相手によって違ってもきます。 それらは、基本の練習を積み重ねることで解決できます。 これから始める方はもちろん、今まで練習してきて上手く行かないなと思っている方も、基本の練習をやってみることをオススメします。

次の

卓球のフォアハンドドライブ!フォアハンドのコツは?

卓球 フォアハンド

卓球のフォア打ちについて、解説しました。 最初に、フォア打ちとは、何なのか、次にフォア打ちのコツについて書いたので、参考にしてみてください。 卓球〜フォア打ちとは 卓球のフォア打ちは、卓球で最も基本的な、練習です。 ラケットのフォア面(表側)だけを使ってラリーをします。 要するにフォアのラリーを卓球で、フォア打ちと呼んでいるだけです。 卓球では、このフォア打ちは、試合前や、練習前に、必ずやるので、最初のうちにできるようにしておきましょう。 フォア打ちのやり方 卓球でフォア打ちをするときは、対角線上を使い、台の右半面に立って、相手の左側に打つのが基本のやり方です。 最初は、難しいかもしれませんが、慣れてくると、簡単にできるようになりますよ。 フォア打ちのコツ 角度を合わせる フォア打ちのコツは、ラケットの角度を合わせることです。 正直これだけで、ほとんど、大丈夫です。 あとは、練習していけば、絶対にできるようになります。 最適な、ラケットの角度は、相手のボールのスピードや、自分の力の入れ具合、振り方によっても変わってきますので、 フォア打ちをしていく中で、自分の入りやすいラケットの角度を見つけていきましょう。 オーバーしてしまうなら、ラケットの角度をかぶせ気味 ネットにかかってしまうなら、ラケットの角度を開き気味 にして、調整していくと、自分の入りやすい角度がわかってきます。 ここで、角度調整のコツを身に着けておけば、他の技術もすんなり身に着けることが出来ますよ。 リラックスした状態で打つ もう一つのフォア打ちのコツは、リラックスです。 フォア打ちは、フォアでラリーをしあうだけなので、力を入れる必要は、ありません。 あんまりフォームを意識したり、力を入れすぎたりして、がちがちの状態でやると、コントロールがつきません。 最初のうちは、ゆっくりのボールからでもいいので、続くようになってきたら、フォア打ちのスピードを上げていきましょう。 卓球初心者さんにありがちなミス ボールを自分から追いかけてしまう 初心者によく見られるミスとして、ボールを自分から追いかけてしまう。 ということがあります。 これをしてしまうと、体から離れたところでボールをミートすることになるので、正確性が薄れます。 また、打球点が低くなってしまうため、ネットミスにつながりやすくなります。 注意しましょう。 ですから、あまり、フォームにはこだわらない方が良いとおもいます。 卓球をやっていくうちに、50、70、100回と簡単にできるようになってきます。 頑張って練習してみましょう。 そこで、卓球を本格的に初めて見たはいいものの、 どんなラバーを最初に使えば良いか、わからない、 どのラバーにしようか迷っている まずは、初心者に定番のラバーを使いたい といった方に僕がお勧めするのが、卓球界の最大手メーカ、バタフライがだしている、スレイバーFXというラバーです。

次の

卓球プロのラケットの持ち方【水谷・馬龍・ワルドナー…】

卓球 フォアハンド

標準グリップ• フォアハンドグリップ• 今回は、ぐっちぃさんの呼び方に合わせて「標準グリップ」とさせていただきます。 標準グリップ 親指と人差し指の隙間の真ん中と、ラケットの側面がちょうどまっすぐに重なるように握る持ち方です。 包丁を持つように握るとも言われていますね。 標準グリップは、初心者から中級者に多い持ち方です。 卓球を始めたときには、まず標準グリップを覚えさせられます。 私も先輩から標準グリップの持ち方で教えられました(当時は握り方に違いがあるとは知らなかったですが…)。 フォアハンドとバックハンドをバランスよく打てるので、自分の戦型が定まっていない初心者には、まず標準グリップの握り方で持つように教えられます。 ただ、現在はプロの間でも標準グリップが流行っています。 メリット メリットは、上でも書いたようにフォアハンドとバックハンドをバランスよく打てること。 どちらも無理なく打つことができるので、ラケットを持ち変える必要がありません。 デメリット デメリットは、特化した武器がないということ。 フォアもバックも無難に打てるけど、特化した威力は出ません。 フォアハンドグリップ 標準グリップの状態から、ラケットを少し左に傾けるとフォアハンドグリップとなります。 その名の通り、 フォアハンドに特化した持ち方です。 フォアを重視したい人におすすめする持ち方ですね。 メリット• バックハンドが打ちにくい(強打・ドライブしにくい) フォアハンドグリップの最大のデメリットは、バックハンドが打ちにくくなること。 手首が固定されやすいので、柔らかく手首を使う必要のあるバック技術は全体的に打ちにくくなります。 フォアハンドグリップで握る選手は、バック側のボールも回り込んでフォアで打つことが多くなります。 「バックが打ちにくい」というデメリットは、親指を立てることで多少は解消されます。 水谷選手をはじめ、プロ選手の間ではバックハンドを打つ時に親指を立てる選手が多いですね。 親指を立てる持ち方については、この記事の下で詳しく紹介しています。 バックハンドグリップ 標準グリップから、ラケットを右に傾けるようにして握るのがバックハンドグリップです。 すみません汗 お察しだとは思いますが、バックハンドの技術に特化した持ち方です。 面が身体の内側を向くような形です。 巻き込むように打球するのが特徴です。 そんなバックハンドグリップのメリット、デメリットをそれぞれまとめてみました。 メリット• フォアハンドの技術に制限が出てくる• フォアでストレートを狙いにくい• 前陣でのフォアが打ちにくい デメリットは、フォアハンドの技術に制限が出ること。 例えばフォアハンドを打つ時に手首を開きにくいので、打球がクロスに行きやすくてストレートを狙いにくくなります。 フォアよりも、バックを強化したいという人におすすめしたい持ち方です。 スポンサーリンク プロのラケットの持ち方 引用元: 世界で活躍するプロ選手のラケットの持ち方を紹介します。 「フォアハンドグリップ」「バックハンドグリップ」それぞれの持ち方をしている選手の情報をまとめてみました。 各選手のプレースタイルと持ち方の関係性に注目してみてください。 各選手の試合動画もそれぞれ掲載しています。 フォアハンドグリップ|馬龍 ロンドン五輪のシングルスで金メダル。 リオ五輪でもシングルス銀メダル、団体金メダルに輝いたトップ選手。 世界らランク最高位は1位です。 今なおトップで活躍を続けるプロ選手です。 張継科選手の主力武器は、バックハンド。 台上バックドライブを得意としています。 近年では、バックハンドの技術に加えてフットワークを生かしたフォアハンドの連続攻撃も目立ち始めています。 上に掲載している動画は、2015年の世界卓球の男子シングルス準々決勝。 日本の水谷隼選手との試合ですね。 試合を見ていると、やはりバックハンドが印象に残ります。 水谷選手のサーブに対して、バックハンドで対処しているシーンが印象的です。 攻撃の起点がバックハンド、攻撃そのものもバックハンドであるように感じます。 バルセロナ五輪、シドニー五輪で金メダルを獲得したプロ選手・ワルドナー。 「神の腕を持つ男」「天才的」とまで称された卓球界のレジェンド的な存在です。 ワルドナーは、フォアハンドグリップとバックハンドグリップを打球時に切り替えてプレーしていたと言われています。 そのため、フォアハンド、バックハンドどちらのプレーにも隙がありません。 ワルドナーのプレースタイルは、オールラウンドタイプ。 前陣、中陣、後陣どこからでも自分のプレーを発揮していました。 時に強く、時にゆったりと打つスタイルは、「ワルドナータイム」という名前が付けられていました。 フォアハンド、バックハンドどちらの技術も多彩で、両ハンドからの自在のドライブ攻撃は相手選手にとって脅威だったといえます。 とにかく多彩なプレーが印象的なワルドナー。 その秘密は、グリップを切り替えることにあります。 場面によって、最適なグリップに持ち変える手法ですね。 ですが、現代卓球ではラリーが高速化。 それに伴いピッチの速い卓球が必要とされるようになりました。 フォアハンドもバックハンドも同じように速く打つ必要が出てきました。 そのため、 切り替えが必要な極端なラケットの持ち方は減少傾向にあるようです。 プロの間では、フォアハンドグリップ、バックハンドグリップともに減ってきています。 多くなってきているのは、フォアとバックのバランスのとれた標準グリップ。 まわりまわって基本に戻ってきたという感じですね。 持ち方の切り替えを必要とせず、そのままの形で速く打てる。 そんな利点を持つ標準グリップが流行っています。 水谷選手のラケットの持ち方について解説していきます。 まずは、ざっくりとしたプロフィールをまとめてみました。 リオ五輪では男子シングルスで銅メダル、男子団体で銀メダルを獲得しています。 世界のトップで活躍を続ける水谷隼選手。 その姿に憧れて卓球を始めるという人も少なくないと思います。 神童と呼ばれる張本智和選手も水谷選手を尊敬の対象として挙げています。 フォアハンドが主力武器 水谷隼選手はオールラウンド型のプレーヤー。 フォアハンド、サーブ、ロビング、ブロックなど、多彩な武器を持っています。 その中でも主力の武器はフォアハンド。 強烈なフォアハンドで相手の体勢を崩して、そこに連続してフォアハンドでノータッチで決めるという場面は何度も目にしています。 水谷選手のラケットの握り方は、試合を見る限りだと 標準グリップか若干フォアハンドグリップ寄り。 フォア主力の戦型に合わせた握り方だといえますね。 フォアハンドが主力の水谷選手。 「親指」をうまく使ってオールラウンドのプレースタイルを強化しています。 親指を立てることで、バックハンド強化 引用元: フォアハンドを主力とする水谷選手ですが、バックハンドを打つ時は親指を立てるようにして打っています。 親指を立てることによって、ラケットの角度を調整しやすくなります。 そのため、バックハンドがより打ちやすくなります。 フォアハンドを打つ時には、親指を引っ込め、バックハンドを打つ時には親指を立てるように切り替えています。 場面によって大きく握り方を変えるワルドナーとは違い、 親指だけを使って切り替えているんですね。 親指の移動だけなら、ピッチの速いラリーの中でも問題なく切り替えることができます。 水谷選手のように親指を使ってラケットの持ち方を切り替えるプロ選手は多いようです。 最近は、特に多くなっているようですね。 卓球動画でおなじみのWRMのぐっちぃさんも、親指を使って切り替えているようです。 グリップはFLからSTへ変更 水谷選手はラケットのグリップをST(ストレート)にしています。 同じ幅で直線的なSTグリップは、打法による切り替えがしやすいグリップだといえます。 以前はFL(フレア)を使っていた水谷選手ですが、最近になってSTに変更。 フォアとバックの切り替えを意識して変更したのかもしれませんね。 場面によっては、自分の打ちやすいようにラケットを持ち変える場面もあるのかもしれません。

次の