ファミリーマート dポイント。 ファミリーマートではdポイントカードを!2月17日(月)まで「dポイント40倍(実際は20%還元)」祭り!

ファミリーマートでdポイント最大20%還元キャンペーン

ファミリーマート dポイント

ファミリーマートでdポイント40倍キャンペーン概要 それではファミリーマートで行われるdポイント40倍キャンペーンの概要をみていきましょう。 ここからキャンペーンの詳しい内容をみていきましょう。 超重要:キャンペーンサイトからのエントリーが必要 ポイント40倍還元というところにかなり目が行きがちになってしまいますが、このキャンペーンの注意点がありまして、それは ・dポイントカード連携ファミペイ ・dポイントカード ・dカード GOLD ・dカード ・dカード プリペイド ・モバイルdポイントカード のいずれかをファミリーマートでお買い物の際に提示しすればOK dポイントが通常の 40倍還元される というキャンペーンです。 今回ファミマで行われるdポイント40倍還元キャンペーンは 200円のお買い物でdポイントが 40ポイント貯まります かなりざっくりとした説明になってしまいますが、キャンペーンが行われていない時、ファミリーマートでは、dポイントカードの提示で、 通常200円で1ポイントのdポイントが還元されます。 今回開催されるファミリーマートのdポイント40倍還元キャンペーンで還元されるdポイントの 上限は3,000ポイントまでとなっています。 金額にすると税込み10,000円ファミリーマートで買い物をしてもこのキャンペーンで還元されるポイントは2,000ポイントなので、キャンペーン期間中に15,000円のお買い物まではdポイント40倍が適応されるということになります。 それは ファミリーマートではポイントの貯まらない商品やサービスがある ということです。 つまり ポイントが貯まる対象商品がある ということです。 お弁当やおにぎり、ファミチキなどはポイントが貯まる対象商品なのですが、タバコやはがきはポイントが貯まらないため、対象商品には該当しません。 ご注意ください。 ファミリーマートでのポイントが貯まる対象商品やポイントを貯める・使うに関しての詳しい情報はこちらをご覧ください。 これまでファミリーマートで貯まるポイントの代表だった「Tポイント」 Tポイントカードを提示してファミリーマートでお買い物をするとレシートに獲得したTポイントやTポイントの残高が印字されます。 しかし、今回のキャンペーンにて獲得したポイントはレシートに印字されません。 進呈は遅れる場合があります。 いくらdポイントカードを持っていようが、キャンペーンにエントリーしてようが dポイントカードを出し忘れてしまったらなんの意味もありません。 なので、「レジに着いたら先にdポイントカードを提示する」と意識してレジに行くように心がけることをおすすめいたします。 ファミリーマートでdポイント40倍キャンペーンまとめ ここまでファミリーマートで開催されるdポイント40倍還元キャンペーンについてご紹介いたしました。 ここで内容をまとめてみます。 dポイント40倍還元まとめ キャンペーンにはエントリーが必要 還元上限は3,000ポイント ポイントが貯まる対象商品がある ファミマの公式サイトでこのキャンペーンを見てから興奮したまま、この記事を書きあげました。 このハンパねぇキャンペーンのすごさ伝わったでしょうか。 すごいキャンペーンとか関係なく、dポイントユーザーにはかなりお得なキャンペーンになるはずなので、ぜひ参加してみてください(笑) ちなみに、dポイントカードはdocomoユーザーでなくても登録・作成が可能です。 興味がある方はこのキャンペーンの機会にdポイントカードを作ってみてはいかがでしょうか。 dポイントクラブ また、今回ご紹介したキャンペーンの内容はにてご確認いただけます。

次の

ファミリーマートでdポイント最大20%還元キャンペーン

ファミリーマート dポイント

ファミマでdポイントって付けられるの? あ、ポイントたまってたら買い物にも使える? はい。 答えは「Yes」。 なんの問題もなく ファミリーマートでdポイントは利用可能です! 昔はコンビニではしかdポイントカードは使えない仕組みでしたが、2019年からファミマでも対応になりました。 ファミマでは「税込み200円で1ポイント」がもらえますよ。 ちなみにはファミマでは配布はしていないので、ほしいときはドコモショップ・ローソン・マックなどで無料でもらいましょう。 まぁ、今はスマホでアプリからバーコードを見せれば十分ですが(笑) 2つの注意点• お会計の後では付けられない• 提示で付けられるポイントは1つだけ 提示でもらえるポイントなので、お会計した後では付けられません。 必ずお支払いの前に提示しましょう。 あと、ファミマはdポイント・・に対応していますが 提示で付けられるポイントは1つだけです。 「提示でポイント二重取り・三重取り」はできないので注意しましょう。 でもは可能なので後の章で紹介しますね。 ポイント数を指定して支払いもok!ファミマでdポイントの使い方 がわかったところで、お次は貯まったdポイントをファミマで使ってみましょう。 これも付け方と同じく特別なことはありません。 お会計のときにレジで店員さんに「dポイントでしはらいおねがいします!」と伝えればokです。 dポイントが貯まっているときはファミマの他にもいろいろな支払いに利用可能です。 別ページでなどを紹介しているので、そちらも参考にしてみてくださいね。 ファミマでもっともお得な貯め方• dポイントを提示・・・200円で1pt• dカード利用分・・・100円で1pt•

次の

【d払い】「ファミリーマート」で使う方法を解説!

ファミリーマート dポイント

ファミリーマートが楽天ポイントカード、dポイントを導入する方針であるとが報じました。 時期は2020年夏までに順次対応となっていましたが、前倒しで2019年11月26日から導入されました。 ファミマはこれまで共通ポイントはを導入していましたが、一気に拡大して圧巻の利便性を確保できるようになります。 今後はTポイント、楽天ポイント、dポイントのうち好きなポイントを貯められるようになります。 まさに闘魂三銃士という様相を呈しています。 Tポイントは導入店舗に他の共通ポイントとの併用を認めていませんでしたが、競争激化によってこの原則は撤廃となりました。 ファミリーマートの新たな共通ポイント導入 2019年11月26日以降、ファミリーマートでは、、、から好きな一つのポイントを貯められるようになります。 還元率はどれも0. 5% 税込200円ごとに1ポイント であり、ローソンなど1%のコンビニもある中で低いのがデメリットです。 税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。 税抜980円 税込1,078円 といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。 これまでファミマで利用できたTポイントの大きなデメリットは、をリアル店舗で利用できない点です。 他方、楽天ポイントカード、dポイントはいずれも期間固定ポイントをリアル店舗の加盟店で使えてユーザーフレンドリーです。 楽天ペイ:を利用可能• d払い:を利用可能 ただし、モバイル決済サービスはアプリをインストールして初期設定する作業が面倒に感じられて、ハードルが高いのがデメリットです。 この点、楽天ポイントカードやdポイントはカードを提示するだけでOKなので、多くの方にとって簡単で分かりやすいのがメリットです。 dポイントはローソンに加えてファミリーマートにも導入されることになり、コンビニ3強のうち2つを抑えることになりました。 手抜きなしの真剣勝負的なパフォーマンスを発揮しています。 また、楽天ポイントも一気に利便性がストップ高。 かつてはサークルKサンクスで利用できたので使い勝手が抜群でしたが、ファミリーマートへの完全統合によって脱退されました。 現状でのコンビニはポプラ・生活彩家・デイリーヤマザキ等のみで、Tポイント・Pontaポイントと比較すると旗色が悪い状況でした。 しかし、ファミリーマートへの導入で一気に挽回することができてグレートです。 楽天ペイ・楽天Edy・楽天カードで支払うと更にポイントを獲得可能 2019年11月26日以降は楽天ポイントカードの提示によって、ファミマで楽天ポイントを貯められるようになります。 現金ではなく楽天グループのキャッシュレス決済で支払うことで、更に楽天ポイントを獲得できます。 スマホ決済の楽天ペイ ファミリーマートでは流行りのであるを利用できます。 キャンペーンを定期的に開催しているのがメリットです。 を登録して決済すると、通常のカード決済と同様に1%ポイント還元を享受できます。 また、貯めるだけではなく、、買い回りセール等で得た楽天ポイントをファミマで使うこともできます。 楽天Edy ファミリーマートは電子マネーの楽天Edyも利用可能。 Edyで支払うと、0. 5%の楽天ポイントを得られます。 更にチャージの際に別途ポイントを得られて、ポイント二重取りが可能になります。 ファミランクは終了!ファミペイは7月開始 ファミリーマートには「ファミランク」という制度がありました。 月間のお買い物金額に応じて、次月のTポイント還元率がUPしてヘビーユーザーの方にとって便利な仕組みでした。 ファミランク 月間のポイント 対象利用金額 付与ポイント 還元率 ブロンズ 5000円未満 200円あたり1Tポイント 0. 5% シルバー 5000円以上 1万5000円未満 200円あたり2Tポイント 1. 0% ゴールド 1万5000円以上 200円あたり3Tポイント 1. 5% 楽天ポイントカードやdポイントでもファミランクが導入されるのか、並びにTポイントで継続されるのかに注目が集まっていましたが、ファミマTカードは2019年7月31日で終了します。 FamiPayでの決済• 共通ポイントカード提示• クーポン提示 ファミペイのアプリ一つで、ポイントカード提示・決済までを一気通貫で行えて便利です。 「FamiPayを使う」をOFFにしている場合、ポイントカード提示+クーポン提示の利用となります。 ファミペイでTカード・dポイントカード・楽天ポイントカードを利用する場合、「共通ポイントカードを登録する」ボタンをタップすればOKです。 まとめ ファミリーマートがTポイントに加えて、楽天ポイントカード、dポイントを2020年11月26日から導入しました。 やはり人によって貯めたいポイント・使いたいポイントは異なるので、ニーズに応じて利用できる選択肢が幅広いのは素晴らしいです。 従来のコンビニ業界では、決済手段の多様化、共通ポイントの側面ではローソンが秀でていました。 しかし、2018年以降ファミマが水を得た魚のように躍動しており、一気にキャッチアップしています。 この度の新ポイント導入は「便利」かつ「お得」であり、両方を高い次元で充足しているのが素晴らしいです。 サッカーで例えると、ツートップよりスリートップの方が攻撃力が増しますね。 トリデンテ(三又の槍)のようなパワーがあります。 スポンサーリンク 楽天ポイントを貯めるには、dポイントを貯める場合はである、の活用がおすすめです。 dカードは年会費が無料で、お得な特典が満載のクレジットカードです。 特に大きいメリットは以下のとおりです。 年1回の利用で年会費が実質無料• 基本還元率1%、• スターバックスカード、ドトールバリューカードへのチャージは4%還元• では合計5%、では合計3%還元 ポイント含む• dカード ポイントUPモール経由で、Amazon・楽天・LOHACOがお得• の上位ステージ達成が容易に• 最大1万円のケータイ補償(1年間)• クレジットカード、dポイントカード、電子マネー一体型• カード利用で貯まるdポイントが多種多様につかえて便利• 豪華な入会ボーナス dカードを発行して活用していくと、驚くほどにザクザクとdポイントが貯まっていきます。 コンビニ、ドラッグストア、カフェ、デパートでお得にお買い物できてパワフルです。 dカードはクレジットカードのレジェンドも高く評価しているクレジットカードです。 は年会費が高いものの、年会費を圧倒的に上回るお得なメリットが満載のクレジットカードです。 ドコモユーザーにとって至れり尽くせりの特典が豊富です。 特に大きいメリットは以下のとおりです。 ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金が10%還元• 最大10万円の 3年間• 年100万円以上利用したら年会費を超える• 国内外での充実の、• ローソン、ノジマでは約5%還元• スターバックスカード、ドトールバリューカードへのチャージは4%還元• マツモトキヨシでは合計5%、髙島屋では合計3%還元 ポイント含む• dポイントクラブの上位ステージ達成が容易に• クレジットカード、dポイントカード、電子マネーiD一体型• 豪華な入会ボーナス dカード GOLDを発行して活用していくと、驚くほどにザクザクとdポイントが貯まっていきます。 また安心の携帯電話の補償、年会費を上回る「年間ご利用額特典」、ゴールドカードならではのベネフィットを享受できます。 私も保有してフル活用しています。 深くたくましい重厚な特典が満載であり、類まれなるゴージャス感、驚異のスケール感があります。 まさに 「溢れる生命力とお得さが調和」「最高のバリューの結晶」と評価できるハイ・クオリティー・カードです。 クレジットカードの専門家・岩田昭男さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げられていました。 また、クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとしてdカード GOLDを挙げていらっしゃいました。 楽天ポイントを貯める場合は、年会費無料の楽天カードがおすすめです。 もあり、基本還元率1. 0%でが貯まります。 で楽天市場でのお買い物は3倍~14倍の高還元なのが魅力的です。 家族カードもSPUのポイントUPの対象となるのでユーザーフレンドリー。 その他、多様なキャンペーンが充実しています。 多額のお買い物を行うと、SPUで大量のポイントが貯まるのでバリューが高いです。 以下はなんと22,543ポイントを獲得した履歴です。 利用時もポイントが得られます。 はごく一部です。 ので、メインカードとしてガンガン使うことも可能です。 ただし、の利用など、僅かにが発生する取引もあります。 楽天カードを保有して、SPUや各種キャンペーン・セールなどを活用していくと、恐ろしい程にザクザクと楽天ポイントが貯まっていきます。 私は楽天関連サービスの活用、キャンペーンによって、毎月大量の楽天ポイントを獲得しています。 2017年7月11日には会員全体で、楽天ポイントの累計付与ポイント数がなんと1兆ポイントに到達しました。 特に高額品の購入とSPU、買回りセール()を巧みに組み合わせるとお得です。 楽天SPUの活用で2018年3月には通算獲得ポイントが50万ポイントを突破しました! 現在も順調に獲得ポイント数を伸ばしており、2020年3月には120万ポイントに到達しています。 JCBブランドだと経由なら、チャージで1%のポイントが貯まります。 楽天Edyにもチャージでき、0. 5%のポイントを得られます。 は最高300万円とプラチナカード級となっています。 メインカードとしてガンガン活用することが可能です。 楽天カードは旅行傷害保険も充実しています。 利用頻度が高くて最も重要な疾病治療費用・傷害治療費用が200万円であり、内容が秀逸です。 また、海外旅行時に利用できる優待割引も豊富です。 詳細は以下で徹底解説しています。 盤面をひっくり返すとは、こういう事でしょうか?また、旧サークルKサンクス組は悲鳴を上げたのではなかろうかと。 それはさておき、私のTポイントカードの活躍の場が、場合によっては消滅するかもしれません。 私は現在、Tポイントに関してはファミマでの特別付与 購入時にカード提示でXXポイント でポイントを荒稼ぎし、そのポイントをエネオスで使用するというスタイル?になっています。 楽天ポイントが使えるとなると、エネオスで楽天カードを使い、ファミマでポイントを使用するというスタイル?変わると思います。 更に、ファミマで全ての楽天ポイントカードでの特別付与があるとなれば、私の場合はTポイントにトドメを刺す格好になりますね。

次の