番茶 と は。 番茶の効果と効能

秋冬(しゅうとう)番茶とは?|カフェインが少なくすっきりとした味わい

番茶 と は

番茶とは 番茶は煎茶の様な良質なお茶ではなく、そこから外れた番外のお茶であると言う意味から、番茶と呼ばれるようになったと言われています。 この番茶は一般的に若葉を摘み取る三番茶を摘まずに、そのまま枝葉を伸ばさせ、それを秋に摘んだ茶葉を使用して製造されたお茶です。 この遅い時期に摘み採ったお茶である事から、晩茶と呼ばれていたものが、転じて番茶と呼ばれるようになったとの説もあります。 また、こうした茶葉を摘む時期が異なるもの以外に、良質なお茶の産地ではない地域で栽培され、地元消費されているお茶にも番茶と言われるものが、多種あります。 さらに、煎茶等の仕上げ加工工程で、大きく扁平な葉を取り出し、切断せずにこれを番茶として製品化したものもあります。 番茶の効能・効果、副作用 番茶は若葉を摘み取ったものではなく、また収穫時期も遅い為、旨味成分であるテアニン(アミノ酸)、渋み成分であるカテキン、苦み成分であるカフェイン、さらにビタミン類も煎茶に比べて含有量が少なく、健康や美容に対する効能・効果も劣ります。 ただし、煎茶に比較して、グルコースの吸収を抑制するテアサポニン類やアッサムサポニン類と呼ばれる成分が多く含まれ、血糖値上昇抑制効果は番茶の方が優れていると言われています。 番茶は煎茶に比べて有効成分が少ないですが、価格も手ごろで、カフェインの副作用等を気にせず、日常使いで喉を潤すために何杯も飲めると言うメリットもあります。 番茶は生育が進んだ茶葉を使っており、旨味が少なく、渋みが強いのが特徴で、それを引き出すために、高温を維持して抽出する事がポイントです。 従って、急須は大きいものを、湯のみは厚手のものを使うのがベターです。 番茶の魅力は、何といっても手ごろな価格と、かつ素朴な味わいがある点でしょう。 ほっとする素朴な味わいは、時として玉露や上煎茶よりも美味しく感じる事があるものです。 番茶も出花と言う言葉 器量が余り良くない女性でも、年頃になればそれなりに美しいと言う例えで「番茶も出花」と言う言葉が使われることがあります。 これは先に記した様に、番茶は上等なお茶ではないけれど、淹れたては香りが高く美味しいと言う事と重ね合わせた言葉です。 やはり番茶は淹れたての熱くて香り高い時に飲むのがベストと言う事をも指しているのです。 その他の緑茶についての紹介はこちら.

次の

番茶

番茶 と は

番茶に健康的な効果・効能があることは、みなさんご存じのことでしょう。 番茶がもたらす効果については、今日でも研究途中であり、今なお様々な効能が発見されているところです。 このお茶は、東北より北では方言でほうじ茶を指したり、京番茶のように地方特産の土着のお茶を指すように、同じ名前で様々なお茶を意味するところがありますが、ここで言うものは、一般に夏以降の遅摘みの茶葉を使って作られる、焙じられていない比較的安価な緑茶のことです。 近年発見されて特に健康志向の方から注目を集めているのは、秋冬番茶に多く見られるポリサッカライドという多糖体ではないでしょうか。 秋冬番茶とは、新茶から順に採摘され、三番茶をとらず、9月から10月の秋口まで待って摘まれる晩摘の茶葉を使った緑茶のことです。 多糖体は、血糖値の上昇を抑える効果があり、緑茶に含まれるカテキンと相乗して効果的に働きます。 特に7つ以上の糖分子が結合したポリサッカライドの効能は、富山医科薬科大学の動物実験でも検証されており、マスコミからも大変注目されている成分です。 最近ではよく知られるようになりましたが、やはりカテキンも番茶には欠かせない効果的な成分でしょう。 カテキンは日をよく浴び、成長した茶葉に特に多く含まれるため、玉露などの一般に高級とされる口当たりの良いお茶よりも、番茶のような庶民から愛されている渋めのお茶に多く含まれています。 カテキンにはポリサッカライドのように血糖値を抑える成分の他、血圧や血中コレステロール値の上昇も抑えます。 また、抗酸化や老化の抑制、さらには細胞の突然変異も予防するため、ガンにも効果があります。 生活に身近なところで用いられているカテキンの効能には、消臭や抗菌作用があり、番茶には体臭を抑えたり、消臭剤のような効果も期待できます。 女性で無視できない番茶の効果と言えば、美容に関係する効果もあります。 ビタミンやアミノ酸が含まれているため、お肌の健康維持にとても効果があるのです。 また先に述べたカテキンには、抗アレルギー作用もあるため、さらに美しくなりたい女性の他に、肌にトラブルを抱える方にも、カテキンを多く含む番茶がおすすめです。 ほんの1世紀前まで、人が飢えることもなく、体調を万全にすることができれば、病気になることなんてないのだと一般的に考えられていました。 しかし、実際に飽食の時代が訪れても、免疫不全や生活習慣病など、人を脅かす病気の存在から逃れることができませんでした。 番茶に多く見られるこれらの効果的な成分は、今なお人の命を脅かす、いわば自らの内に存在する免疫の問題や生活習慣病に大きな効果を持つため、日本の文化に古来から深く関わるものでありながら、また新たに、現代特に必要とされているものなのです。 緑茶の中でも、特に晩摘の茶葉が使われる傾向にある番茶には、健康維持に効果的な成分がぎっしり詰まっていて、かつ他の緑茶に比べて安価なため、普段の生活に何気なく取り入れることができる優れものなのです。 カテゴリー: 作成者:.

次の

番茶(ばんちゃ)とは

番茶 と は

秋冬番茶とは? 秋冬番茶とは? 秋冬番茶とは、 「秋から冬に移り変わる時期」に摘み取られた新芽で作るお茶のこと。 秋冬と書いて「しゅうとう」と読みます。 一般的に、お茶は新芽が伸びてきたタイミングで摘採し生産が始まります。 お茶の生産時期は1年の間に「4回」あり、生産時期が早いものから順に一番茶、ニ番茶、三番茶、四番茶と呼ばれています。 秋冬番茶はその中でも三番茶に当たる芽を摘まずにそのまま伸ばして、 四番茶の芽が摘まれる時期に一緒に摘採したものから生産されるお茶です。 また、お茶は早い時期に摘まれたものが最も品質が良く価値が高いです。 そのため、翌年の一番茶の品質維持のため、三番茶以降は摘み取らない茶園も多く、秋冬番茶は他の番茶と比べても生産量が少ないとされています。 秋冬番茶の主な産地 秋冬番茶の産地で有名なのは以下の3つの地域です。 ・お茶の生産量全国1位の「静岡県牧之原」 ・お茶を作るのに好条件の地「佐賀県嬉野市」 ・緑茶の発祥の地とも呼ばれている「京都府宇治田原町」 等 秋冬番茶の時期 秋冬番茶は、毎年9月下旬から10月上旬頃に摘採された芽で作られます。 以下の表の通り、時期では四番茶と同じですが、4回目に摘採されるお茶を四番茶、3回目の摘採を行わず4回目にまとめて摘採されたお茶を秋冬番茶と区別しています。 秋冬番茶に含まれている成分 次に、秋冬番茶に含まれる成分について。 秋冬番茶には主に以下のような成分が含まれています。 ポリサッカライド ポリサッカライドは一般的に多糖類と呼ばれています。 秋冬番茶は、他の番茶や煎茶に比べてもポリサッカライドを1番多く含んでおり、その量は一般的な煎茶のおよそ4. 5倍と言われています。 また、ポリサッカライドは熱に弱いため、多く摂取したい場合は水出しにして飲むと良いです。 カテキン ポリフェノールの一種で、お茶の苦味成分とも呼ばれています。 生育環境や栽培方法によって、どの種類のお茶がカテキンが多いなど一概に言えませんが、一般的には一番茶、二番茶と時期が経つほどカテキンが多くなると言われています。 ビタミン類 一般的な煎茶にはビタミンA、ビタミンB、ビタミンCが含まれていて、番茶・秋冬番茶には特にビタミンDが多く含まれています。 食材だけでは摂取しきれない分のビタミンDを手軽にお茶で補えるという点では非常にオトクです。 秋冬番茶はカフェインの量は少ない? 秋冬番茶は他の番茶に比べてもカフェインの量が少ないと言われています。 一般的な煎茶などの日本茶は100mlあたり20mg含まれているのに対し、 秋冬番茶は100mlあたり10mgと、就寝前や小さな子どもでも安心して飲むことができます。 また、冷水で作ることでカフェインの抽出をさらに抑えることができるため、カフェインが少しでも気になる方は冷水で作るのがおすすめです。 秋冬番茶をより美味しくする入れ方 最後に秋冬番茶をより美味しくする入れ方についてご紹介します。 秋冬番茶をより効果的に飲むためには、熱に弱いポリサッカライドを活かす「水出し」がおすすめです。 用意するもの ・秋冬番茶 30g ・水 1L ・冷水筒 ・茶こし 入れ方 冷水筒の中に秋冬番茶30gと水1Lを入れ、軽く混ぜて冷蔵庫の中で数時間置きます。 よく振ったら、茶こしで濾します。 作り置きはせずに、できたお茶はその日のうちに飲みきりましょう。 まとめ 秋冬番茶の特徴や美味しい入れ方についてご紹介しました。 カフェイン量が少ないので夜のリラックスタイムにもぴったり。 他の番茶では味わえないすっきりとした風味を一度味わってみてはいかがでしょうか。 ちなみに当社でも、秋冬番茶の販売をしております。 山年園で販売している秋冬番茶は、掛川産の三番秋冬番茶、天竜川社山(やしろやま)産の四番秋冬番茶の2種類。 すっきりとした味わいが特徴的です。 ぜひご購入の方は下記よりどうぞ。 秋冬番茶はこちらから.

次の