ザロック。 ザ・ロック(映画)とは (ザロックとは) [単語記事]

浅草ロック座

ザロック

解説 猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。 スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。 「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。 監督に前作「バッドボーイズ 1995 」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。 製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。 エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。 撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。 特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。 主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。 共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。 1996年製作/135分/アメリカ 原題:The Rock 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン ストーリー 米海軍の歴戦の英雄ハメル准将(エド・ハリス)は、12人の部下と共に海軍兵器庫から致死性の神経ガス・ロケット弾を奪うと、観光客81人を人質にアルカトラズ島を占拠。 ロケットの照準をサンフランシスコに向けた。 ハメルが奪った新兵器の神経ガスを燃焼し、効力を失わせることができるのはプラズマ兵器だけだが、未だ開発中でタイムリミットまでに間に合うかはおぼつかない。 残る手段はただ一つ、島に潜入してロケットの発射装置を除去するしかない。 FBIの化学兵器スペシャリスト、スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)がその任務に選ばれた。 かつて脱獄不可能な刑務所として知られたアルカトラズは、もともと複雑な設計に加えて増改築を繰り返したため、内部を知る者は誰もいない。 ただ一人、33年前にここから脱獄した囚人ジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)を除いては。 メイソンは最高の訓練を受けた元SAS(英国特殊空挺部隊)の諜報部員だが、なぜかその存在は一切抹消され、裁判も行われぬまま60歳を越した今も幽閉され続けていた。 メイソンは恩赦を条件に協力を要請するFBIの言葉を信じず、一瞬の隙をついて逃亡。 シスコ市街で激しいカーチェイスを繰り広げ、ただ一人の肉親である娘のジェイド(クレア・フォーラーニ)と会っているところをFBIに包囲された。 だが、グッドスピードはメイソンを囚人としてではなく、作戦の協力者として扱い、彼の信頼をかちえる。 メイソンを案内人に、アンダーソン中佐(マイケル・ビーン)率いる海軍特殊部隊シールが海中から島に潜入するが、センサーに引っ掛かり、待ち伏せしていたハメルの部隊と銃撃戦となる。 シールは全滅し、生き残ったのはグッドスピードとメイソンの2人だけだった。 ハメルの部下の追撃を振り切りながら、彼らは一つまた一つとロケットを解体していくが、ついに敵の手に落ちる。 メイソンはハメルと相対した時、彼の目にただのテロリストでない軍人の魂を見る。 独房から簡単に抜け出した2人は、残る2基のロケットを探し始めた。 タイムリミットが迫り、大統領は人質を見殺しにしても島を焼き尽くす苦渋の決断を下す。 一方、メイソンと出会ったことで目覚めたハメルは、発射したロケットの目標をずらした。 指揮官の翻意に怒った部下たちは反乱を起こし、ハメルは撃ち合って死ぬ。 グッドスピードが残る1基のロケットを解体したことを発煙筒で知らせるが、一瞬早くプラズマ兵器を搭載した戦闘機が爆撃した。 だが、建物には損傷はなく、グッドスピードも無事だった。 FBI長官ウォマック(ジョン・スペンサー)に恩赦の意思がないことを知る彼は、メイソンを逃がした。 メイソンは代わりにある場所を教えるが、それはケネディ大統領暗殺事件の真犯人をはじめ、彼がかつて調査した数々の重大事件の証拠を収めた、マイクロ・フィルムの隠し場所だった。 科学兵器を奪いアルカトラズに立てこもった反乱兵士。 そのテロを、CIA所属の科学技術者と元イギリス諜報員が防ぐ物語。 ニコラス・ケイジを始めて知り、ショーン・コネリーの助演の迫力に感動した作品です。 設定が盛りだくさんですが、それをシンプルに見せるストーリー展開が秀逸です。 科学兵器の恐怖、反乱の動機、助っ人のバックボーン、そして難攻不落のアルカトラズ。 主人公のニコラス・ケイジが科学者でプロの戦士じゃないところが良いですね。 カーチェイスからガンアクション、ミサイルまでしっかりと見せてもらえたら、アクション映画ファンとしては幸せな満腹感を感じることが出来ました。 高い評価を与えられる一作だと思います。

次の

ドウェイン・ジョンソン

ザロック

ザ・ロック(映画)とは、に開されたのである。 概要 はのが起こした事件における攻防を描いたである。 は、は・プソン(開前に死去)並びに・ッマーが行った。 にス・ケイジ、、エド・スなどの有名所を起用し、さらに担当にが名を連ねている。 あらすじ 極秘において見殺しにされた部下や、その遺族に対して不実な態度を取り続けるにした・X・ハ(エド・ス)は、14名の員と共にの庫から()とそれを搭載可なを奪取。 湾に浮かぶ(元収容所、通称)に人81名を人質として立てこもる。 その上で、に対して部下の遺族への補償に使用するとして現1億を要、これが受け入れられない場合、をに撃ちこむとする。 最初にハからを受け取った長官ウォ(・)は、に突入するのために内部に詳しいと、ののをめられる。 のには特別捜官のスタンリー・グッド(ス・ケイジ)が、内部に詳しいとして(ウォにとっては非常に不本意だが)一からのに成功した元にしての・・ソン()が選ばれる。 当初、ウォに恨み髄のソンは非協的であったが、グッドがを頼んだりをパーにしたりソンの名誉のために一芝居打ったりすることで事件解決に協することになる。 の一人。 が3度の飯より大好きで、それでのころからは焦がすわにはられるわをしながら最終的に号まで取得した変人。 のことを「発明されたことを呪いたくなる」とまで言い切るほど嫌悪している。 に呼び出された当初は訓練だと思っており、さらに発生したのが事件だと認識しても自分がに突入するとは思っておらず(実際、彼自身の普段のも危険ではあるがとは縁)、と共に突入するよう命を受けた際は嘔吐した。 しかしには強いと自負しており、的状況でも諦めずに行動するタフである。 ちなみに、作中一番エグい方法で敵を殺している。 ジョン・パトリック・メイソン 演:ショーン・コネリー声:若山弦蔵 元にしての。 の一人。 が一人いるが、妻は既にしている。 年前、として内部で活動を行い、かつて長官フーが貯めこんだ各の半世紀分の機密をおたを奪取する。 しかしに脱出する直前に当局によってされ、裁判しでに収容される。 が、僅か1年でをしたのを含め、2度も厳重に警備されたのに成功している。 しかし結局はグに収容されることとなる。 この過程において現長官ウォを深く恨むことになったようだ。 ソンの後、は「そんなヤツ知らん」としらばっくれ、このためソンはより長い中生活を送る、まさに「に尽くし、そして裏切られた軍人」となる。 事件発生後、最初は非協的であったが、グッドの行動との存在を知らされて協するようになる。 が名所となったことを知らないなど、長年にわたる中生活を送ってきた以上、に対するは10年になるはずであるが、の一投で敵兵を仕留めるなど作中では現役員達と対等以上に渡り合うを見せる。 や内戦、などで従軍しており、議会名誉勲章(、において軍人に授与される内で最高位の勲章)を受賞したこともある中のである。 表できないような極秘なども遂行しており、そういったで戦死した部下やその遺族に対するの対応(ハく「遺族に八を並べ立て、賠償すら支払わない」)に憤慨し、何度もにしたが受け入れられず、ついには事件を起こす。 占拠の前に、に来ていたたちを言い含めてから脱出させるなど、単純なとは言い難い一面を見せることも。 チャールズ・アンダーソン に所属する。 突入部隊のとして立案から現地での揮まで行う。 成功のためには経歴不明の老人を突入部隊に同行させることも厭わない一方、もしおかしなをすればいく殺すと宣言するなど、軍人としてしなければならない事を理解している。 また、ハと同じように()による横暴を何度もの当たりにし、そのことに対して憤りを抱き、ハの心情には理解を示しているが、非常に強いへの忠心から、ハの行動にはしく反発した。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ ザ・ロック 映画 に関するを紹介してください。 関連項目•

次の

ザ・ロック (映画)

ザロック

解説 猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。 スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。 「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。 監督に前作「バッドボーイズ 1995 」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。 製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。 エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。 撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。 特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。 主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。 共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。 1996年製作/135分/アメリカ 原題:The Rock 配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン ストーリー 米海軍の歴戦の英雄ハメル准将(エド・ハリス)は、12人の部下と共に海軍兵器庫から致死性の神経ガス・ロケット弾を奪うと、観光客81人を人質にアルカトラズ島を占拠。 ロケットの照準をサンフランシスコに向けた。 ハメルが奪った新兵器の神経ガスを燃焼し、効力を失わせることができるのはプラズマ兵器だけだが、未だ開発中でタイムリミットまでに間に合うかはおぼつかない。 残る手段はただ一つ、島に潜入してロケットの発射装置を除去するしかない。 FBIの化学兵器スペシャリスト、スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)がその任務に選ばれた。 かつて脱獄不可能な刑務所として知られたアルカトラズは、もともと複雑な設計に加えて増改築を繰り返したため、内部を知る者は誰もいない。 ただ一人、33年前にここから脱獄した囚人ジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)を除いては。 メイソンは最高の訓練を受けた元SAS(英国特殊空挺部隊)の諜報部員だが、なぜかその存在は一切抹消され、裁判も行われぬまま60歳を越した今も幽閉され続けていた。 メイソンは恩赦を条件に協力を要請するFBIの言葉を信じず、一瞬の隙をついて逃亡。 シスコ市街で激しいカーチェイスを繰り広げ、ただ一人の肉親である娘のジェイド(クレア・フォーラーニ)と会っているところをFBIに包囲された。 だが、グッドスピードはメイソンを囚人としてではなく、作戦の協力者として扱い、彼の信頼をかちえる。 メイソンを案内人に、アンダーソン中佐(マイケル・ビーン)率いる海軍特殊部隊シールが海中から島に潜入するが、センサーに引っ掛かり、待ち伏せしていたハメルの部隊と銃撃戦となる。 シールは全滅し、生き残ったのはグッドスピードとメイソンの2人だけだった。 ハメルの部下の追撃を振り切りながら、彼らは一つまた一つとロケットを解体していくが、ついに敵の手に落ちる。 メイソンはハメルと相対した時、彼の目にただのテロリストでない軍人の魂を見る。 独房から簡単に抜け出した2人は、残る2基のロケットを探し始めた。 タイムリミットが迫り、大統領は人質を見殺しにしても島を焼き尽くす苦渋の決断を下す。 一方、メイソンと出会ったことで目覚めたハメルは、発射したロケットの目標をずらした。 指揮官の翻意に怒った部下たちは反乱を起こし、ハメルは撃ち合って死ぬ。 グッドスピードが残る1基のロケットを解体したことを発煙筒で知らせるが、一瞬早くプラズマ兵器を搭載した戦闘機が爆撃した。 だが、建物には損傷はなく、グッドスピードも無事だった。 FBI長官ウォマック(ジョン・スペンサー)に恩赦の意思がないことを知る彼は、メイソンを逃がした。 メイソンは代わりにある場所を教えるが、それはケネディ大統領暗殺事件の真犯人をはじめ、彼がかつて調査した数々の重大事件の証拠を収めた、マイクロ・フィルムの隠し場所だった。 科学兵器を奪いアルカトラズに立てこもった反乱兵士。 そのテロを、CIA所属の科学技術者と元イギリス諜報員が防ぐ物語。 ニコラス・ケイジを始めて知り、ショーン・コネリーの助演の迫力に感動した作品です。 設定が盛りだくさんですが、それをシンプルに見せるストーリー展開が秀逸です。 科学兵器の恐怖、反乱の動機、助っ人のバックボーン、そして難攻不落のアルカトラズ。 主人公のニコラス・ケイジが科学者でプロの戦士じゃないところが良いですね。 カーチェイスからガンアクション、ミサイルまでしっかりと見せてもらえたら、アクション映画ファンとしては幸せな満腹感を感じることが出来ました。 高い評価を与えられる一作だと思います。

次の