首 にしこり が ある。 首のしこり、首の凝り、首のしびれ・痛みなど首の症状について

首にしこりのあるニキビ。それは粉瘤(ふんりゅう)かも。

首 にしこり が ある

Sponsered Link 首のしこりの原因って? 首のしこりは痛みを伴うものや、無痛のものまで種類もさまざまです。 首にしこりができる原因もいろいろあります。 リンパ節の肥大、がん、ウイルス、アレルギーなど原因も様々です。 最も首のしこりで起きやすいのがリンパ節の肥大によるしこりです。 リンパ節の役割としては細菌やウイルスと戦ったりする役割があり、がん細胞を排除する働きも持っています。 このリンパ節が何らかの影響によって炎症を起こしたりすると、リンパ節が肥大して腫れてきます。 炎症の原因としては細菌などによる感染が多いのが特徴です。 首のしこりで多いのはリンパ節によるものですが、タバコや飲酒によってがんになることもあります。 しかし首のしこりのほとんどは良性のものが多いので、著しく喫煙や飲酒が多くなければ良性の可能性が高くなります。 ウイルス性の首のしこりは細菌などの感染と同様で、症状によってしこりがでやすくなることもあります。 風邪やインフルエンザなどのウイルスや、結核などの最近によって首にしこりができることもあります。 首のしこりの症状 首のしこりの症状としては、原因も多々あるので症状にもいろいろと違いが出てきます。 首のしこりの原因がウイルス性のものならば、発熱や頭痛と言った症状も出やすくなります。 風邪をひいた時に首を触ると、腫れていることもありますがこれと同じようなことが、首のしこりにも起こります。 細菌類などが原因で首にしこりができると、かゆみなどを伴なうこともあります。 ニキビができる時もアクネ菌などが原因となりますが、細菌によって首にしこりができると痒くなって気づくこともあります。 その他では体重減少や喉の痛み、声帯への影響で声がかすれたり痰に血が混じるなどの症状が出てきます。 首のしこりの原因がいろいろとあるので、症状もいろいろ出やすいのが特徴です。 首のしこりに痛みがあるか無いかによっても違います。 しこりを押して少し痛むようならば、炎症による可能性が高くなります。 一方でしこりを押しても痛みがなければ、悪性リンパ腫やがんの可能性もあるので、痛みの有無によっても症状が違います。 首のしこりを発症したら行くべき診察科 首のしこりを発見したら、迷わず病院へ行くことをおすすめします。 しかし首にしこりができる原因はさまざまですし、首にしこりができる要因も違います。 首のしこりは原因によって症状も様々なので、行くべき病院が変わってくることを頭に入れておきましょう。 首にしこりができる要因として最も多いのが、リンパ腫の腫れによるものです。 リンパ腫の腫れの要因としては、風邪などのウイルスや炎症によるものが多くなります。 そのため一般的には内科で診てもらうことが多くなります。 内科の指示によって自部化や整形外科での治療をする事もあるので、首のしこりができた時はまずは内科へ行って様子を診るのが一般的です。 細かく分けるとリンパ腫の腫れが原因の場合は、耳鼻咽喉科で診察を受けることが多いです。 甲状腺による症状は外科での診察となり、脂肪腫は皮膚科での診察になります。 また悪性のリンパ腫になると血液内科での診察となりますが、一般の人では判断することは難しいでしょう。 ですから首のしこりができた時には、総合病院の内科を受診することをおすすめします。 首のしこりの治療方法 首のしこりの治療方法としては、原因によって治療方法が異なります。 首のしこりで最も多いリンパの腫れによる治療方法は、抗生物質で治療することが一般的です。 リンパ腫の腫れは風邪などのウイルスによるものが多く、免疫力が低下しているのでビタミンを多く摂取する事が大切です。 脂肪腫による首のしこりの治療では、手術をして取り除くことが多くなります。 脂肪腫は肥満体の人に多く、皮脂細胞が皮膚の下で大きくなってできます。 良性のしこりがほとんどですが、大きくなりすぎることもあるので、手術によって摘出することもあります。 甲状腺によるしこりの治療では、手術や薬による治療を用いります。 甲状腺はホルモン量の増減や腫瘍の状態によって、症状がことなります。 疲労やストレスによる首のしこりに関しては、抗生物質を用いて治療をします。 熱や炎症によって痛みを伴うことが多く、抗生物質によって症状を和らげる効果があります。 服用すれば1週間程度を目安として、症状が良くなっていきます。 首のしこりと癌の見分け方 首のしこりに関しては、原因や症状によってでき方も違ってきます。 首のしこりががんか良性のしこりかを見分けるポイントとしては、しこりの変化、硬さ、痛みを伴うかなどである程度判断できます。 炎症による首のしこりの特徴としては、炎症が酷くなるほど一気に大きくなります。 風邪をひいた時に首にしこりができることもありますが、風邪が治ってくると次第に首のしこりも小さくなっていきます。 同様に炎症によるしこりは時間の経過とともに、症状が良くなれば小さくなっていきます。 がんによるしこりになると、だんだんと大きくなっていくので、しこりの大きさによって見分ける基準もできます。 また炎症によるしこりは柔らかく弾力性があるので、触っていても腫れている感じがよく分かります。 さらにしこりは柔らかいので、触ると動くのもリンパ種によるしこりの特徴のひとつです。 それらを考えるとがんによるしこりの特徴としては、しこりがだんだんと大きくなり、硬くてあまり動かないしこりは、がんの可能性が高くなります。 あくまでもリンパ腫との比較になりますし、他の原因によってしこりになることもあるので、断定することはできません。 あくまでも目安なので、しこりができたら病院で診てもらうようにしましょう。 ウイルス性と細菌性の病気に分けられる ウイルス性 ウイルス性のものが、首のしこりの原因になっている可能性もあります。 一般にウイルスというと、風邪やインフルエンザを思い浮かべますが、ほかにも首のしこりを引き起こす数多くのウイルスがあります。 それらには次のものが含まれます。 HIVやAIDS• ヘルペス• 伝染性単核症• ウイルス性咽頭炎 引用元: 細菌性の原因 細菌性の場合も考えられます。 首や喉に問題を引き起こし、炎症や首の腫瘍につながる可能性のあるいくつかの細菌性疾患があります。 これらの疾患の多くは抗生物質で治療されますが、 疾患には次のものがあります。 非定型抗酸菌(免疫不全と肺疾患を持つ人にもっとも多く見られる細菌の一種)• 猫ひっかき病• へんとう周囲膿瘍(へんとうの膿瘍または痛み)• 連鎖球菌性咽頭炎• 扁桃炎• 結核 他にも、薬剤のアレルギー反応や、食物アレルギーなども考えられます。 自己判断は危険なため、首のしこりに気づいたら早めに病院へ行きましょう。 考えられる病気 急性リンパ節炎 急性リンパ節炎は、最近やウイルス感染でリンパ節が腫れてる状態をさします。 リンパ節は体のいたるところが多くありますが、首の付根にあるリンパ節に発症することも多く見られます。 症状 首にしこりができることに加えて、首のしこりを押したり触ったりすると、痛いという症状があります。 悪化すると、熱が出たり、しこりが化膿してしまうこともあるようです。 治療方法 急性リンパ節炎の治療法は、病原菌に有効になる抗生物質の注射・服用を行うことです。 悪化してしまっている場合には、リンパ節を切開して膿を出す場合もあるようです。 悪性リンパ腫 悪性リンパ腫は、リンパ節に存在するリンパ急ががんに変わってしまう病気です。 リンパ球というものは、全身に回っているもののため、リンパ節のしこり以外にも様々な症状が出てくることが特徴です。 症状 首だけでなく、股の付け根・わきの下などリンパ節がある場所にしこりができることがあります。 悪性リンパ腫のしこりは、痛くないことが特徴です。 しかし、腫れが急激に大きくなると痛みや発熱も考えられるそうです。 がんに変異したリンパ球が全身にまわっているため、全身のだるさや体重が減る、寝ている時に発汗が酷い、かゆみなどが生まれることもあります。 治療方法 悪性リンパ腫は、全身を巡っているリンパ球が癌に変異する病気のため、切除するという手術を行わないことが多いようです。 放射線治療・化学療法による治療で治すことが多いようです。 甲状腺腫瘍 甲状腺腫瘍という病気は、甲状腺というのどぼとけを下から包む形で存在しているもので、そこに腫瘍ができる病気です。 良性と悪性のものがあり、触診とエコー診断で病気はw借りますが、良性か悪性かどうかは手術で摘出してからになるそうです。 症状 喉のところにしこりが表れますが、それ以外に症状がほとんど無いことが特徴です。 自分で首のしこりがあることに気がつくことや、風邪など他の病気で医療機関を受診した時に偶然見つかることもあるようです。 また、この甲状腺腫瘍ができる原因はハッキリと解明されていないそうです。 治療方法 甲状腺腫瘍は投薬により治す方法はありません。 良性で、甲状腺腫瘍は気にならない場合はそのまま経過をみる場合もあるそうですが、悪性の場合には手術や放射線治療などが行われることもあるようです。 脂肪腫 脂肪腫というのは、脂肪細胞が塊となってできた良性の腫瘍です。 首をはじめ、肩・背中などにできやすいようです。 症状 皮膚と筋肉の間の皮下組織にできるしこりです。 痛みはありませんが、大きくなってしまうと圧迫してしまい、痛みを伴うこともあるようです。 治療方法 しこりが痛みを伴わない場合は、そのまま経過を見ることが多いようです。 しかし、しこりが大きくなり見た目が気になる場合や、動きに支障がでるような場合には手術によって取り除くこともあるようです。 こちらも読んで健康になりましょう.

次の

首のしこり!(痛くない・痛い・熱)消えない首のしこりは何科を受診?原因となる病気とは?

首 にしこり が ある

こんにちは。 全く同じようなものが私の首にもあります。 初めて気づいたときはかなり驚きましたがあれから10年以上も経ち、いまだにそのままの大きさです。 ちょうど1センチあるかないかというぐらいの大きさでしょうか。 その当時のショックがトラウマになったわけでもないのでしょうが今は血液内科医をやっています。 ところで、あくまで想像ですが質問者の方の首に触れるものはおそらくリンパ節だろうと思います。 指で触ってようやくわかる程度の大きさで、孤立性でということであれば必ずしも異常とはいえないと思います。 ポイントはなんといっても増大傾向があるかどうかです。 少しずつでも確実に大きくなってくる場合や他の部位にも同様なリンパ節が触れる場合(首のほかの部分や、両腋の下、太ももの付け根など)などは病院に行くことをお勧めします。 あと、もし孤立性であっても大きさが1-2センチ以上ある場合も念のため受診してみたほうがいいかと思います。 しかし、そのようなことがなく他の症状もないということであればおそらく病院に行っても「少し様子をみましょう」といわれておしまいという気もいたします。 ちなみに、私が血液内科だからというわけではないのですが受診するなら血液内科をお勧めします。 一ヶ月ぐらい前から右の脇にしこりみたいなのができました。 でもこれは、皮膚科でみてもらって化膿してるだけだろうといわれましたが・・。 もしかしたらリンパ節が腫れているのでしょうか? ステロイドの入ってない弱い薬をもらったのですが未だになおってませんし。 それと関係ないかもしれませんが、今年に入って尿が泡立つようになりこれも総合病院でこないだ見てもらいました。 そのときは尿の細胞診などもしたのですが異常は見つからず様子を見ようということになりました。 もしかして何か関係があったりするのでしょうか? 心配になってきました。 病院に早く行きたいのですが、今は忙しく来週いっぱいは行けそうにもありません。 もし悪い病気だったら早く行かないと手遅れになったりするんでしょうか? 何かアドバイスがあったら是非お願いします。 回答ありがとうございました。 Q 27歳女性です。 首の左側の鎖骨の上あたりにマッチ棒の頭くらいの大きさの塊があるのを1ヶ月ほど前に見つけました。 血が凍る思いでしたが、そのうちに消えるんじゃないかと考え、そのまま放置しておきました。 3週間ほど経ってみると、それは消えてなくなるどころか、葡萄の粒くらいの大きさになっていました。 (硬くて、指で押すと少し移動し、指を離すと戻ります。 )恐る恐る周辺を探ってみると、同じ首の左側の、中ほどにやや小さめのものが二つと、鎖骨のすぐ上にマッチ棒の頭くらいのものが一つできていました。 (これらもやがて大きくなるのでしょうか?) これは一体何なのでしょう? (脂肪の塊だとして、1ヶ月でこんなに増えるものでしょうか?) 病院で診察を受けることを決意しましたが、何科に行ったらよいのでしょうか? (皮膚の中だから内科? 乳がんのしこりにも似ているから婦人科?)また、東京だったらどの病院(あるいは医師)が信頼できるか、御存知の方、教えてください!! A ベストアンサー ものはanakinさん、clutchさんのおっしゃるとおりリンパ節だとおもいます。 年齢的にはあまり心配ありませんが、左の鎖骨上リンパ節はウィルヒョウのリンパ節といって癌のリンパ行性転移のときに腫脹します。 ただ、このときはあまり動きませんし、かなり硬いのが普通です。 ところで、リンパ節が何なのかがおわかりにならないと思いますが、体の中にはリンパ管という血管と同じような管があります。 これは血管から外に出た白血球が戻る道と思ってください。 その所々にリンパ節というフィルターがついているのです。 手足をケガして化膿したりすると腋や脚の付け根のリンパ腺が痛く腫れたりしますよね。 それはここで細菌と白血球が戦っているのです。 こういうリンパ管が最終的に集まって静脈に戻るのですが、これが左の鎖骨の部分でリンパ本幹となって静脈に入ります。 それだけに左鎖骨上リンパ節というのは特別視されています。 いやいましたというほうが正解かもしれません。 最近はエコーやCTなどで体内のリンパ節も状態がわかりますが、昔は体表に出てきた現象しかわからなかったわけですから、かなり重要な意味を持っていました。 話は長くなりましたが、あなたの場合は炎症性のものと思います。 一般内科でいいんじゃないでしょうか。 あ、もちろんクビの両側にはいっぱいリンパ節がたくさんあります。 腫れてもそんなには心配はありません。 ものはanakinさん、clutchさんのおっしゃるとおりリンパ節だとおもいます。 年齢的にはあまり心配ありませんが、左の鎖骨上リンパ節はウィルヒョウのリンパ節といって癌のリンパ行性転移のときに腫脹します。 ただ、このときはあまり動きませんし、かなり硬いのが普通です。 ところで、リンパ節が何なのかがおわかりにならないと思いますが、体の中にはリンパ管という血管と同じような管があります。 これは血管から外に出た白血球が戻る道と思ってください。 その所々にリンパ節というフィルターがついているの... Q 5~6年前に水痘になり 成人してかかったので症状は重かったです 、その時に首のリンパが見てすぐわかるくらいに腫れました。 親指が突き出ているような感じで、医者から「心配だからもう一度受診するように」と言われ、次の受診の時には小さくなっていたので心配ないと言われました。 しかし何年経ってもその部分がしこりとして触れます。 痛みや大きさの変化は、普段から肩や首がコリやすく、そのせいで頭痛もするので、しこり自体が痛いのか首筋のコリのせいで痛いのかよく分かりません。 大きさはあまり変化ないように感じるのですが、やはりコリや頭痛の時は心なしか硬く感じたり、ラクダのコブのように二つになっているようになっていることもあります。 健康診断の時などに医者に相談すると「心配ない」と言われるのですが気になります。 もう一度、水痘の時にかかった医者 内科 に相談したほうが良いでしょうか。 また、肩のマッサージや整体に行くと、首にコリがあるねーと言われてしこりをグリグリとマッサージされてしまいます。 これは問題ないのでしょうか。 A ベストアンサー リンパ節の腫れは大きさ(増大速度を含む)、堅さ、腫れてる場所が最も重要です。 風邪や風疹などのウィルス感染症では、しばしば頚のリンパ節が腫れます。 経過と共に徐々に小さくなり無くなる場合もありますが、残る場合もあります。 残る場合は1cm以下の大きさで、柔らかく、扁平な形が多いようです。 恐らく炎症後のリンパ節組織に何らかの変化が生じ、残存していると考えられます。 (悪性化することは通常ありません) 急な増大あるいは数の多発、堅さの変化がなければ放置して良いと思います。 肩や首のコリはリンパ節の下の筋肉か、筋肉そのものを指していると推測します。 頭痛も肩や首のコリに随伴するものではないでしょうか。

次の

首のしこり、首の凝り、首のしびれ・痛みなど首の症状について

首 にしこり が ある

首の後ろを触るとしこりがある ふと首を触った時に首の後ろにしこりがあると感じていませんか? 首のしこりは原因が様々であり、良性なしこりもあれば悪性のしこりもあります。 またしこりの場所によって周囲の神経やリンパを圧迫することになります。 首は頭と体を繋ぐ部分になるので、とても大切な部分です。 首のしこりによって症状がひどくなると手術をしなければならないケースもあるのです。 そうならない為に、たかが首のしこりと素人判断で認識するのは危険です。 病院で首のしこりを診てもらう 良性の首のしこりか悪性の首のしこりか、自己判断するのは難しいです。 複雑な病気で起きているのではないのかと不安になってしまいます。 また重篤な原因が隠されているかもしれないので、 早めに一度病院で診てもらう方をお勧めします。 良性の首のしこり• 『もう少し様子をみましょう。 『特に他の部分に影響することがありません。 『手術しなくても大丈夫です。 』 お医者様から生命の危険にならない首のしこりと判断されたら、 経過観察することが多いようです。 一時的な首のしこりもあるようで、その場合は時間が経つと自然治癒することもあります。 悪性の首のしこり 首のしこりが急激に大きくなってきて、痛みも強くなっているのであれば 悪性の腫瘍の可能性もあります。 特に悪性のリンパ腫・悪性の脂肪肉腫・老廃物がたまってできる腫瘍などがあり 急激に腫瘍が大きすぎたり、炎症がひどい場合だと手術するのが難しくなることもあるので 注意が必要となってきます。 病院で異常なしの首のしこり原因は? 病院で異常がみられなかった首のしこりの原因は何なのか? 筋肉が緊張しているとしこりを感じることが多くみられます。 首のしこりは日常生活で負担をかけた、筋肉の張りや固まりかもしれません。 特に身体の歪みや不良姿勢によって、首の後ろ側の筋肉が緊張してコリを引き起こしている方が多いです。 長時間のパソコンやスマホなど、前かがみになり首に負担をかけ続けてませんか? 首のコリ・痛み・だるさを感じていませんか? 身体が歪んでいたり、不良姿勢で首に負担をかける続けることによって 首の後ろにコリ・痛み・だるさを感じていませんか? 筋肉が異常緊張して硬くなるとトリガーポイントといって、 筋肉のしこりが出来ることがあります。 このトリガーポイントが首の後ろにあるしこりを作っている原因かもしれません。 首を治療して負担を減らすと首のしこりがなくなる 身体の歪みや不良姿勢を調整し、首へかかる負担を減らしていき 首の筋肉の異常緊張を取り除いていくと、首のしこりが改善する方も多くみられています。 だからといって首の痛みやコリがあるから、首を揉んだりマッサージしても 首のしこりはとれないです。 重要なのは日常生活による、不良姿勢や身体の歪みによって 首への負担をかけ続けていることを変えていかないといけません。 首は大事な神経が通っている また首はたくさんの大事な神経がたくさんあるため、 首に疲労をためることは、自律神経にも影響し『うつ』を引き起こしたりするのです。 首は頭と体を繋ぐ大切な部分でもあるため、 頭痛・めまい・吐き気・しびれ・全身の不調へ繋がることがあります。 首の不調を改善していきましょう たかが首の痛みやだるさや筋肉の張りでも 首の後ろにあるしこりを作っている原因にもなる可能性があるのです。 まずはしっかりとチェックして、何が首の後ろ側にあるしこりの原因なのか? 判断していきましょう。 首への不調でお悩みならお気軽にご相談ください。

次の