トレバ ネッチ。 みん5、鑑定団などネットキャッチャー(オンラインクレーンゲーム)おすすめアプリ評判比較一覧。YouTubeでの攻略動画も

クレーンゲームトレバのレビュー!ちゃんと景品は取れるの?

トレバ ネッチ

同社が世界で初めてスタートしたオンラインクレーンゲーム「トレバ」はあれから2年たっても業績拡大中です! 2016年5月末に75台、 翌2017年5月期末に260台だったクレーンゲーム機の台数は 2019年5月期末に1800台、 来期は3000台以上になる見通し 顧客獲得も順調で2016年5月期に17億円だった 売上高は2019年5月期には100億円突破(足元月商10億円を突破)しそうです! 日本の人気アニメコンテンツを取扱い、 「トレバに来れば欲しい景品はすべて揃う」、 「世界中配送料無料」、 を武器に日米での攻勢が続く中、 2019年中には切望されていたゲームの 世界最大市場である中国での展開も発表しています。 佐藤社長いわく、 中国は日本のアニメコンテンツに興味を持つ人間が桁違いに多く、 古くは2017年頃より常に狙っていると以前より発信していました。 ようやく条件が整い進出する中国は地理的に米より近く、 かつ香港などアプリランキングに常に上位にいることから、 現地で受け入れられる可能性も高いと感じており、 同社のこの業績を 更に加速させるきっかけとなる可能性は十分にあるでしょう。 2019年5月期の2Qまでの実績は売上高52億円〔前期比74%増〕、営業赤字0. 6億円〔前期は2. 9億円の黒字〕と利益の見た目は悪いです。 ただ、あまり気にしていません。 当初の予想以上に売上が伸びている事、 広告費の按分で利益が大きく変質する体質である事、 から広告費などのコントロールで 会社計画程度の利益はきっちり出せるでしょう。 損益的に1Qの0. 9億円の営業赤字が個人的に底と踏んでおり、 3Qは2Qより増収かつ増益になると考えています。 株価低迷の要因の一つは、 会社利益7億円の未達リスクも勘案してでしょうが、 上記のような考えなので問題ないと思っています。 3月22日の株価は1375円〔時価総額93億円〕、 PER16倍、PBR2. 7倍程度です。 来期(2020年5月期)は個人的な利益予想だと PERは8倍、ROE30%超になると予想していますので、 成長速度の割に割安な水準と感じています。 会社は現在売上規模の成長を優先する方をとっています。 そのような状況下で利益が思ったほど出ていないのも事実ですが、 2019年は中国でのトレバの展開が始まります。 まずは日米で営業利益15億円以上、EPS150円以上を稼ぐ。 そのうえに中国での成長も前提にすれば、株価はいつ3000~4000円程度になってもはおかしくないようなイメージでとらえています。 現在、ポジションはここと8938LCホールディングスが半々程度を占めており、まずは4月の第三四半期の答えあわせを楽しみにしているところです。 業界2位とされたネッチの事業拡大計画、 ブランジスタの神の手、 2017年にはタイトー・セガの参入など不安要素も多々ありました。 結果としてネッチは2018年7月期時点で150万ユーザーとトレバの15%程度に留まり、 買収したアイモバイルがネッチで3. 5億円の減損を発表。 AKBというビッグコンテンツで売上高1200億円が期待された 神の手も2018年12月に撤退、 セガも決算で言及なしと他社の業績はそれほど明るくない印象。 他に既に黒字化したイオンファンタジーが展開しているモーリーオンラインやタイトーなどが直近では攻勢をしかけています。

次の

オンライン・クレーンゲーム「ネッチ」と「トレバ」

トレバ ネッチ

スイッチで遊べるオンラインクレーンゲームは…? スイッチで遊ぶことのできる オンラインクレーンゲームは 記事執筆時点では この「クレーンゲームトレバ」と もう一つ、株式会社ネッチから配信されている 「ネットキャッチャーネッチ」の2つになります。 では、クレーンゲームトレバを 遊んでみた感想をお話していきます! 取れるのかどうかも紹介します! 景品の数はとても多い クレーンゲームトレバは 景品の数が非常に多いですね。 プライズ系の景品はかなりの数 揃ってますし、 時々「え?」みたいなものがあるのも 面白いところの一つですね。 スポンサーリンク 動作が快適! 動作は非常に快適で ポンポンと色々な台を見ることが できます。 これは非常に大きい部分ですね…。 ネットキャッチャーネッチのほうは メニューまわりの動作がトレバと 比べるとかなり遅いので、 一度トレバを経験してしまうと もう耐えられない!ぐらいの差があります。 トレバはメニューまわりは非常に 快適なので、その点は とても高く評価できます。 ゲーム中のラグは 時々物凄く酷い(無課金時に多い?)ことがあり アームが動いてるかどうかすら確認できない場合も ありましたが…(ネッチはそこまではなかった) メニューは、とても快適です 発送は少し時間がかかる 獲得した景品の発送は少し時間が かかることがあり、 1週間以上発送までにかかることもあります。 ネッチと比べると、発送面に関しては 混雑しているせいか、遅いです。 ネット上では、さらに時間がかかった、などという 情報も出ていました。 届かなかった!ということはないですが 気長に待てない人だと 少し不安になるような部分は 出てくるかもしれません。 メンテが行きわたってないことも? 設置されている台の数が 非常に多いせいか、 メンテナンスが行きわたっていない台が 時々見受けられる印象です。 人員的にこれは仕方のない部分かと 思いますが、気になる人は 気になってしまうかもしれません。 私が見た範囲では 「たこやき」と呼ばれる種類の台に 取るたこが1個も無くなっていたり、 アームが絶対届かない位置に景品が 設置されてしまっていたり (触れることすらできない) 景品が落ちてしまっている台が 放置されていたり、というものは 見たことがあります。 そういった台は自分で 回避すれば良いのですが、 気になる人は気になるのでは ないでしょうか。 ネッチの方が素直(取れそうに見えると本当に取れる)で トレバの方が演技派(取れそうに見えても取れない)な 感じかな、と思いますね。 スポンサーリンク 景品は取れるの? オンラインクレーンゲームにおいて 一番気になると思われるのはこの部分ですね。 景品は本当にちゃんと取れるのかどうか? これは、取れます。 流石に景品が絶対に取れない なんてことはありません。 私も実際にいくつかの景品を 獲得していますし、 景品獲得の瞬間を目撃 したこともあるので、 その点は安心しても良いかと思います。 ただ、難易度としては 私はネットキャッチャーネッチより 難しいようにも感じますね。 が、トレバの方は 運営側が見せ方を熟知している感じが するので 「あ、これ取れそう!」と思っても スカッ、と取れなかったり 上手く固定されていたりすることもあり、 見た目どおりにはいかない、 一筋縄ではいかないような存在に感じます。 無課金で取れるの? これも、獲得は可能です。 ログインボーナス配布をやっていない時期の場合は どうにもなりませんが ボーナス配布中であれば 課金せずに景品をゲット できる可能性もあります。 私がスイッチ版をダウンロードした際には 初回ボーナスでチケットをもらえたのですが その時に、すみっコぐらしを獲得できました(笑) なので、無課金でも景品ゲットは可能です。

次の

【在宅】 ネッチ 総合スレ 【UFOキャッチャー】

トレバ ネッチ

オンラインクレーンゲーム(オンクレ)とは オンラインクレーンゲーム(オンクレ)とは、ゲームセンターにあるクレームゲーム(UFOキャッチャー)をPCやアプリで映像を見ながら遠隔操作してプレイできるサービスです。 実際に獲得した景品は自宅に配送してくれるので、家に居ながらゲームセンターのプライズ景品や高額景品をゲットできるのが魅力です。 またゲームセンターが近くに無い、店舗に行くのは恥ずかしい人、人の目を気にせずクレームゲームの腕を磨きたい人などにもオンクレはオススメです。 オンクレの運営会社やサービスポリシーにもよりますが、実際の店舗のようにスタッフが景品の位置を調整(アシスト)をしてくれる可能性もあるので、クレームゲームが苦手な人でもプレイ回数を重ねれば景品を取りやすい場合があります。 最近は大手メントメーカーもオンラインクレーンゲームに参入しており、これから更にプレイするユーザーも増えていくのではないかと思います。 こがねはクレームゲームが決して上手くはないのですが、上手くないけどクレーンゲームで景品をゲットしたい!という方にもオンラインクレーンゲームをプレイしてもらえればと思って、実際にプレイしてみておすすめのオンラインクレーンゲームやメリット・デメリットなど独自調査してご紹介したいと思います。 オンラインクレーンゲームのメリット・デメリット、実店舗と何が違う? こがねが実際に色々なオンクレをプレイしてみたメリット・デメリットや特徴を簡単にまとめました。 【メリット】• 豊富なプライズを揃えている(常時1000台以上稼働しているオンクレサービスもあるのでので実店舗ではできない品揃えが魅力)• 獲得した景品は無料で配送してくれる• カメラで正面と側面で見ながらクレーン操作できる• クレジットカードやキャリア決済が使えます。 途中でお金(仮想通貨)が無くなってもその台を一定時間キープしてチャージできるので、実店舗で両替に行っている間に他の人に取られてた!という心配がありません。 24時間365日クレーンゲームが遊べる• ログインボーナスやキャンペーンなどが定期的にある 【デメリット】• 映像のカクつきや操作にラグが多少なりにあります。 (例えばラグのせいでうまくクレーンを動かせなかった場合も自己責任になります、逆にラグがあるので多少早めにボタンを離すなどラグ前提で操作したりしてます)• 通信量が多い(モバイル通信でも可能ですが安定した環境が推奨)• 景品の置き直し、玉補充など自分のタイミングでお願いできない。 1プレイあたりの料金が高い(実店舗だと100円、500円で6プレイなどよくありますが、オンクレは1プレイが150~200円あたりが多いです)• ハイエナが多い(プレイしているとすぐ予約を入れてきます) オンクレはスタッフが居ない?見えないので不安 こがねも最初はそう思いましたが、実際に様々なオンクレをプレイして何度も景品を獲得していますが、オンクレは実際に24時間スタッフが常駐しており景品の置き直しや補充など随時しています。 メールで問い合わせできるオンクレもあり、置き直しやトラブルについてメールすると結構すばやく対応してくれます。 ラグや通信不安定により正常にプレイできなかった事は何度もありますが、それはオンクレでは自己責任だと思っていますので仕方がないと割り切っています。 ちゃんと景品は届くの?トラブルはある? こがね自身プレイに関して大きなトラブルや、口コミでまたに書かれているような配送に関するトラブルは幸いにもまだ一度もありません。 もちろん時期によっては配送が遅れることはありますが、通常は1週間程度で届きます。 景品を順次発送するオンクレや、ある程度まとめて発送してくれるオンクレもあり、オンクレよって配送条件が異なります。 順次発送するオンクレは景品を沢山ゲットすると荷物が大量に来ることがあるのでご注意を。 オンラインクレーンゲーム一覧 こがねが実際に各オンラインクレーンゲームをプレイしてみた特徴などを簡単にまとめましたので、参考にしてください。 」追加 オンラインクレーン(タイクレ) 大手メーカーのが運営するオンクレ「オンラインクレーン(タイクレ)」最近はさんのCMも放送していますね。 特徴 実際にゲームセンター事業を運営している大手なので安心感がある。 景品の入れ替えが多めなので毎日みても飽きない、初心者にもおすすめ。 発送は定期的に自動でまとめてくれるので発送依頼をしなくていい。 制限時間内にクレーンを何度もやり直しできる• 会員登録(電話番号認証)で無料チケットが5枚貰える• プライズメーカーなので限定などがある 【良いところ】• 画質は良い方、ラグは比較的少ない• PC版(Yahoo)だと正面と側面を同時に見ながらプレイできる• プレイ履歴でリプレイ動画が見られる• アシストがある(少し厳しめな気がする) 【気になるところ】• アプリの起動が少し遅い• 個別に景品の置き直しは依頼できない• の横向きは非対応 基本情報 サービス開始:2017年11月開始(アプリ版:2018年2月配信) ログインボーナス:あり 1プレイ相場:1500TC~(150円相当) 営業時間:24時間365日 景品発送:7日に1度送料無料、有料であり 保管期限:なし(配送依頼不要) PC版:あり アプリ版:あり ネットキャッチャー(カプとれ) 大手メーカーのが運営するオンクレ「ネットキャッチャー(カプとれ)」 特徴 実際にゲームセンター事業を運営している大手なので安心感がある。 アシストのタイミングが比較的早いので、初心者にもおすすめ。 自社IPの限定景品もあり、作成時点だと、囚われの、などがあり、限定プライズが欲しい人にオススメ。 画質が良いので直感的に操作ができる• 会員登録(電話番号認証)で500ゼニー(500円相当)貰える• アニメやゲームなどで自社IPがあるので、限定・先行などがある 【良いところ】• 画質が良い• で縦向き、横向き切り替え可能• 置き直しが問い合わせ可能(初期位置)• アシストがあるので初心者オススメ(結構良心的な印象)• ランキングやチャージ増量イベントなどがある 基本情報 サービス開始:2018年11月開始 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:150ゼニー~(150円相当) 営業時間:24時間365日 配送:毎週月曜日に無料配送チケット配布、有料で配送あり、指定 保管期限:30日(配送依頼が必要) PC版:あり アプリ版:あり キャッチャーオンライン 大手メーカーのが運営するオンクレ「キャッチャーオンライン」 特徴 実際にゲームセンター事業を運営している大手なので安心感がある。 アシストのタイミングが比較的早いので、初心者にもおすすめ。 自社IPの限定景品もあり、限定プライズが欲しい人にオススメ。 画質が良いので直感的に操作ができる• アニメやゲームなどで自社IPがあるので、限定・先行などがある 【良いところ】• で縦向き、横向き切り替え可能• 置き直しが問い合わせ可能(初期位置)• アシストがあるので初心者オススメ(結構良心的な印象) 基本情報 サービス開始:2017年12月開始 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:150SP~(150円相当) 営業時間:24時間365日 配送:毎週月曜日に無料配送チケット配布、有料で配送あり、指定 保管期限:30日(配送依頼が必要) PC版:あり アプリ版:あり とるモ(ネットクレーンモール) 大手メーカーのが運営するオンクレ「とるモ(ネットクレーンモール)」 特徴 実際にゲームセンター事業を運営している大手なので安心感がある。 自社IPの限定景品もあり、作成時点だとなどがあり、限定プライズが欲しい人にオススメ。 制限時間内にクレーンを何度もやり直しできる• アニメやゲームなどで自社IPがあるので、限定・先行などがある 【良いところ】• 置き直し・補充やトラブル報告などがすぐできるボタンが置いてある• ウォッチリスト機能があり、気になる台をウォッチリストに入れておいて後でプレイする事ができるので、いちいち一覧から探さなくて良いので楽。 【気になるところ】• 直取りじゃない場合はボールを取る確率機が多い気がする• 問い合わせページがわかりにくい。 メント全体のヘルプページに飛ばされるのでオンクレの問い合わせページが探しにくい。 基本情報 サービス開始:2018年4月 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:160TP~ 営業時間:24時間365日 配送:7日に1度送料無料 保管期限:14日(配送依頼が必要) PC版:あり アプリ版:あり どこでもキャッチャー(DC) 今年で4周年を迎える、DC7が運営するオンクレ「どこでもキャッチャー」 特徴 景品数は大手や老舗オンクレよりは少ないですが、定期的にキャンペーン・メルマガなど行っている。 家電など高額な景品もあるので運試しにはオススメ。 こがね的に運営の対応が素晴らしく過去にプレイ中にエラー落ちした際に、また継続できるように自分専用の立て札が出てほかユーザーがプレイしないように措置をしてくれたりする。 また、もう少しで取れそうだったがチャージ不足でコンティニューできずチャージ後に戻ってきた時に既に落とされていて問い合わせした際に、「初回」という理由で前回の状態を再現してコンティニューさせてくれた。 (原則は対応不可) 【良いところ】• 置き直しが問い合わせ可能• アシストがある• 定期的にランキングイベントなどがある• Extraブースという仕組みがあり、条件達成すると開放される 【気になるところ】• アプリではカメラの切り替えが少し遅い(PC版だと早い)• 閲覧が10人になると混雑になり入れない• は横向きのみ 基本情報 サービス開始:2014年12月開始 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:150DP~(150円相当) 営業時間:24時間365日 配送:無料、海外発送は有料で可 保管期限:なし(配送依頼不要) PC版:あり アプリ版:あり トレバ 元祖オンラインクレーンゲーム、が運営するオンクレ「トレバ」 特徴 景品数は圧倒的に多く一番ユーザーが多い。 常時1000台以上が稼働しており、2019年6月には1800台に増加予定。 のアプリにも入ってるすごいやつ。 トレバプライムという月額会員サービスもある。 有名YouTuberとコラボすることもあり限定グッズが景品化されたりする。 プレイに関するトラブルや、配送が遅いなどの口コミをよく見るトレバですが、ユーザーが多いのでそういった口コミが目立つのも仕方ないかと。 景品のバリエーションが豊富なので、逆にほしい景品を見つけるのも楽しみである半面大変です。 【良いところ】• 毎日ログインでプレイチケット1枚貰える 【気になるところ】• 個別に景品の置き直しは依頼できない• アシストはほぼなし(取れにくい訳ではないがある程度腕は必要)• PC版はが必要 基本情報 サービス開始:2012年5月開始 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:2000TP~(200円相当) 営業時間:24時間365日 配送:7日間に1回送料無料サービス 保管期限:14日(配送依頼が必要) PC版:あり アプリ版:あり #とれたね SDエンターテイメントが運営するオンクレ「#とれたね」 特徴 「ぽちくれ」と同じ運営のオンクレで、無料で景品をゲットできる台があり獲得した景品は通常台で獲得した景品を一緒なら配送してくれるサービスもある。 ゲームソフトや家電など高額な景品もあるので運試しにはオススメ。 【良いところ】• ランキングやチャージ増量イベントなどがある• 送料無料なので獲得したら順次発送を依頼できる• 定期的にチャージすると景品をプレゼントするキャンペーンを実施 基本情報 サービス開始:2018年9月開始 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:180ダネー(180円相当) 営業時間:24時間365日 配送:無料 保管期限:14日(配送依頼が必要) PC版:あり アプリ版:あり ゲットライブ(GETLIVE) 株式会社ピーナッツ・クラブが運営するオンクレ「ゲットライブ(GETLIVE)」 特徴 無料で景品をゲットできる台があり獲得した景品は通常台で獲得した景品を一緒なら配送してくれるサービスもある。 定期的にキャンペーン・メルマガなど行っている。 ゲームや家電など高額な景品もあるので運試しにはオススメ。 【良いところ】• ランキングやチャージ増量イベントなどがある• 送料無料なので獲得したら順次発送を依頼できる 【気になるところ】• アプリだとたまにログインが切れて再ログインされるのが少しめんどくさい。 基本デザインは変えずに景品画像が大きくなり見やすくなった。 特徴として練習台とは異なる実際の景品が取れる無料台というのが設置されていて、体力ゲージを消費して無料でプレイすることができる。 無料台で獲得した景品は送料を支払えば獲得することができるのが面白い。 無料台はアシストが無いが、練習にもなるしお金をかけずにプレイできるのは良い。 時間がたてば体力ゲージが回復するので1日最大60回プレイできる。 【良いところ】• 台によって色々工夫がされているので面白いです。 基本情報 サービス開始:2016年7月 ログインボーナス:なし 1プレイ相場:1500KP~ 営業時間:24時間365日 配送:無料(獲得日から2日以内に発送) 保管期限:なし(配送依頼不要) PC版:あり アプリ版:あり ネットキャッチャー ネッチ(NETCH) 株式会社ネッチが運営するオンクレ「ネットキャッチャーネッチ(NETCH)」 特徴 ネットキャッチャーグループであるネットキャッチャー鑑定団やみん5(MINGO)と同じサービスで運営されているので、共通IDでログインできます。 にも配信されているのででも遊べる。 【気になるところ】• 個人的に景品リストの画像が小さくて見にくい、ネッチ系全体ですが。 基本情報 サービス開始:2012年9月 ログインボーナス:なし 1プレイ相場:1500NP~ 営業時間:24時間365日 配送:無料(獲得日から2日以内に発送) 保管期限:なし(配送依頼不要) PC版:あり アプリ版:あり LIFTる。 (リフトる) ミダスエンターテイメントが運営するオンクレ「LIFTる。 」 特徴 オンクレとしては後発になりますが、メント施設へのレンタル事業もやっています。 アイテム数がオンラインクレーンゲームでは3000点を超えるアイテムとして、日本一のアイテム数のようです。 画質は良い方、ラグは比較的少ない 【気になるところ】• クレーン筐体がモーリーオンラインと同じなので、たこやき機がほとんどで確率機が多い 基本情報 サービス開始:2019年8月開始 ログインボーナス:あり(ルーレット) 1プレイ相場:150LP~(150円相当) 営業時間:24時間365日 景品発送:毎週火曜、金曜に発送(送料無料)、有料で配送あり、佐川急便指定 保管期限:14日(配送依頼が必要) PC版:あり アプリ版:あり 【サービス終了】TOREZO(トレゾー) 株式会社やまやビジネスパートナーが運営するオンクレ「TOREZO(トレゾー)」 特徴 「入荷予定景品台」という入荷前に景品をゲットできる仕組みがあるのが特徴的。 実際の景品は入荷後に景品を発送が出来るが、その景品をポイントに変換することもできる。 クレーンは直取りではなくボールのようなクッションを掴む台が多い。 たこ焼きも同様で恐らく確率機の台が多いです。 良く言えばそのうち取れる事が多いので実力で取る必要がない。 ある意味沼にハマって抜け出せないとうのが比較的少ないので、結果的にお得に取れる事もある。 欲しい景品でそれなりにお金もかけられるのであればトレゾーで運試し感覚にやってみるのも良いです。 【良いところ】• 景品がかなり多い、入荷前の景品も並んでるので他のオンクレには無い物が多い• 他のオンクレでは終了した景品があったりするので、取りそこねた景品など獲得出来る可能性もある。 基本情報 サービス開始:2017年1月 ログインボーナス:なし 1プレイ相場:1100MP~ 営業時間:11時00分~3時00分(時々24時間やる) 配送:無料(毎週月曜、金曜に発送) 保管期限:なし(配送依頼不要) PC版:あり アプリ版:あり 【サービス終了】クレーンマスター(クレマス) クレーンゲームジャパン株式会社が運営するオンクレ「クレーンマスター(クレマス)」 特徴 各台に獲得動画でどうやって景品を取ったかリプレイ動画で見れるのが良い。 最近は比較的他のオンクレよりは景品数が少なめ。 景品数は比較的少なめ。 【良いところ】• アプリの見た目がかわいい 【気になるところ】• 画質が比較的あまり良くない 基本情報 サービス開始:2018年12月 ログインボーナス:あり 1プレイ相場:2000KP~ 営業時間:24時間365日 配送:2週間に1回送料無料、有料で配送あり、佐川急便指定 保管期限:21日(配送依頼が必要) PC版:なし アプリ版:あり 【サービス終了】クレーンゲーム Lotogramが運営するオンクレ「クレーンゲーム」 特徴 アプリ自体は無駄によくできていて洗礼さている。 獲得した他人のプレイ動画なども見られるのが良い。 ただ景品数があまり無く記事作成時点で20台くらいしかないが、景品が個性的で他のオンクレには無い小さなぬいぐるみや日用品などが並ぶ。 逆に一般的な景品のフィギュアやぬいぐるみは無いので、そういった景品が欲しい人にはオススメしない。 【良いところ】• ほぼ3本爪のクレーンだが、アームは強くてきちんと掴めれば取れる。 補充やトラブル報告などがすぐできるボタンが置いてある(実際に問い合わせた事はないので本当にやってくれるかは不明) 【気になるところ】• プレイする人が少ない• カメラ位置が正面と天井からの視点のみ、制限時間が30秒と少し短い。 基本情報 サービス開始:2018年11月 ログインボーナス:なし 1プレイ相場:100ポイント~(100円~) 営業時間:24時間365日 配送:無料(景品3つ以上) 保管期限:6日(配送依頼が必要) PC版:なし アプリ版:あり おすすめのオンラインクレーンゲーム 【こがねがよくプレイするオンクレ】• オンラインクレーン(タイクレ)• ネットキャッチャー(カプとれ)• キャッチャーオンライン• とれたね• トレバ こがね自身クレーンゲームは決して上手くはない(たこ焼き器運はなかなかある)ので、アシストされることも多々あります。 なのであまり操作に自身が無い人は比較的アシストがされやすいオンクレから入るのがおすすめです。 それでもなんとか自力で景品を取れたときは非常に嬉しいです。 トレバはアシストがほぼ無いですが、プレイヤーが多くて景品も直取りも多いので、どうやって景品を狙っているか観察できるのでおすすめです。 【たまにプレイするオンクレ】• GetLive(ゲットライブ)• オンライン• どこでもキャッチャー• とるモ たこ焼きなど高額景品があるのでプレイしてます。 クレーンゲームが上手くなるには やはりプレイ中の他人のやり方を観察してみよう!オンクレは周りの目を気にせずに他人のプレイを覗けるので他の人がどうやって景品を落としてるか遠慮せず観察できます。 (必ずしも上手い人とは限りませんが) もちろん操作以外にもアームの強さや自分が考えていた取り方だと難しいなど色々情報を得られますので、自分ならこうすれば取れるかな?といったイメージを持ってプレイできます。 また、ほとんどのオンクレには「練習台」という無料でフリープレイできる台が設置されているので、自分が苦手な遊び方を練習することも出来ます。

次の