ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。。 「お取り計らい 」の意味と使い方、文例、類語、英語、「ご査収」との使い方

「お取り計らい」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

「ご査収(ごさしゅう)くださいますようお願い申し上げます」の意味と使い方について、ビジネスメールの例文つきで誰よりも詳しく解説していく記事。 まずは基本として、 「ご査収(ごさしゅう)くださいますようお願い申し上げます」の辞書的な意味は、 「(書類などを)よく調べて受け取るよう、お願いします」。 わかりにくいため意訳すると「中身をよく確認し (検査し)、受け取って (収めて・収集して)ください」となります。 使い方としては「報告・連絡メール」「資料送付メール」などのビジネスシーンで使われ、目上の方や取引先に使う敬語として、素晴らしい表現になっています。 「ご査収」は「ご査収のほどお願い申し上げます」のほかにも例えば• 何卒宜しくお願い申し上げます」 こんな感じの使い方があります。 それでは「何卒宜しくお願い申し上げます」の意味と使い方をくわしく見ていきましょう。 この記事の目次• 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」の意味・使い方 「ご査収」の意味は冒頭で述べたように「(書類などを)よく調べて受け取ること」。 したがって「ご査収ください」の意味は「(書類などを)よく調べて受け取ってください」となります。 尊敬語「ご」に命令形の丁寧語「ください」、「ように」の丁寧語「ますように」を使っていますので、敬語として成り立ちます。 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」の使い方 つづいて「ご査収くださいますようお願い申し上げます」の使い方について。 使えるシーンはたくさんありますが、代表的なものを箇条書きにしてまとめます。 とくに、「報告メール」「連絡メール」のメール文末に締めくくりとして使います。 添付資料をメールで送るとき「ご査収くださいますよう~=よく確認してください」• メールで何かの連絡をするとき〃同上• お知らせメール〃同上 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」は取引先にも使える丁寧レベル 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」は社外メールで、取引先にも使える丁寧レベル。 メール文末の締めくくりとして使います。 なぜこの表現が丁寧かというと、 命令形の丁寧語「ください」を「~ますように」でつなげ、「お願い」で結んでいるから。 一般的なビジネスマナーとして、命令形を使うのは丁寧とはいえないのですが「お願い」とすることで丁寧な表現にし、とても素晴らしい敬語と言えます。 こうすると意味は「よく中身を確認して受け取るように、お願いしますね」となります。 また敬語としてのなりたちを細かく解説すると、こんな感じになります。 「ご査収くださいますよう~」の敬語解説;• 「査収」+尊敬語「ご」で「ご査収」• 命令形「しろ」の丁寧語「ください」• 「ように」+丁寧語「ますように」• 「何卒(なにとぞ)」は副詞で意味は「どうか・どうぞ・ぜひとも」• 取引先に対するメールでは、目上も目下も関係なく丁寧な敬語を心がけるとよいでしょう。 そんなときには、 「ご査収の上、お取り計らいの程、宜しくお願い申し上げます」 「ご査収の上、ご連絡の程~」 などを使うとよいでしょう。 こうすることで、あなたが次に何をしてほしいのか、分かりやすくなります。 重要な取引先、社内の役員・重役に使うメール表現としては不適切です。 なぜなら、命令形「しろ」の丁寧語「してください」を使っているから。 命令形は丁寧語に直したとしても命令形であって、ビジネスシーンで使うには一般的ではありません。 「ご査収ください」をもっと丁寧に言い換えるには、以下のような敬語表現を使います。 丁寧ランクが高い順にならべてみます。 丁寧レベルMax|ご査収いただければ幸いです。 何卒宜しくお願いいたします• 高|ご査収のほど、何卒よろしくお願い致します• 高|ご査収の上お取り計らいのほど、~• 高|ご査収いただきますよう、~• 高|ご査収くださいますよう、何卒よろしくお願い致します• 中|ご査収くださいませ• これらは、メールの中身をしっかりと確認してほしい、というような性格のメールにあたり、「ご査収」がふさわしい表現です。 逆に、それ以外のときには使えないか? といえば、そんなこともありません。 要は重要なメールで、中身をしっかりと読んでもらいたいときであれば、いつでも使えます。 例文は後述します。 社内メールで部下が上司に使える丁寧レベルです。 なぜなら、命令形「しろ」の丁寧語「してください」を使っているから。 ただし社外の取引先や、社内でも上司より上の人に使う丁寧レベルとしては不十分。 命令形は丁寧語に直したとしても命令形であって、ビジネスシーンで使うには一般的ではありません。 「ご査収くださいますようお願い申し上げます」を使ったビジネスメール例文【全文】 つづいて「ご査収くださいますようお願い申し上げます」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 どんなメールであれ、文末の締めくくりとして使える、とても便利な表現です。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 株式会社就活の就活です。 さて、先ほどお問い合わせ頂きましたお見積もりの件、 添付ファイルにて送付いたします。 ご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 就活大学の就活です。 さて首記の件、履歴書を添付ファイルにて送付いたします。 ご査収くださいますよう、お願い申し上げます。 メール署名 書き方の参考となる記事:• まとめ これでもかというくらい「ご査収くださいますようお願い申し上げます」について語ってみました。 これはとても便利な表現で、「報告・連絡・資料送付」をするシーンだけでなく、どんなビジネスメールの締めくくりにも使えます。 ぜひ、ありとあらゆる場面を経験し、使い倒してください。 頭でどうこうなるものではないので、ビジネスシーンで場数を踏んでくださいね。 ではでは~~。 関連する敬語.

次の

「お取り計らい」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

公開日: 2018. 11 更新日: 2018. 11 「お取り計らい 」の意味と使い方、文例、類語、英語、「ご査収」との使い方 「お取り計らい」という言葉をご存知でしょうか。 日常会話ではほとんど使われませんが、ビジネスシーンや政治のシーンではよく使われています。 会社の中でやり取りするメールや取引先に書く手紙の中で「お取り計らい」という言葉を目にした方も多いかと思います。 あまり馴染みのない言葉ですが、ビジネスでは不可欠とも言えます。 そこで今回は「お取り計らい」の意味や使い方、類義、「ご査収」との使い方について解説してきます。 「お取り計らい」は意味を理解すれば、非常に使い勝手のいい言葉です。 意味を正しく知って、使いこなせるようにしましょう。 「お取り計らい」の意味 「お取り計らい」の意味は 「物事を上手く進めるために労力を相手にこれからかけたり、すでにかけてしまったこと」です。 「お取り計らい」とは「取り計らい」の丁寧表現です。 「取り計らい」の意味は 「物事がうまくいくように取り扱うこと」「あれこれと便宜を図り対処すること」です。 「気遣い・配慮・心配り」と解釈されることがありますが、「取り計らい」の意味としては間違いです。 「計らい」は「判断」「処置」「取り扱い」を意味します。 「計らい」だけでも意味は通じますが、「取り」を付けることで、話したり書いたりするときの言葉の勢いを強めることができます。 「適切な取り計らいをする」「粋な計らい」などと聞いたことがあると思います。 「お取り計らい」の使い方と例文 感謝・お礼 「お取り計らい」は感謝・お礼をするときに使います。 お礼をするときの言い回しとしては、 ・お取り計らいいただき、ありがとうございます ・お取り計らいくださり、ありがとうございます ・お取り計らいくださいまして、ありがとうございました などと感謝を表す言葉とともに用います。 これらは 「物事を上手く進めるために労力をかけていただき、ありがとうございます」を意味します。 「お取り計らい」を使って感謝の気持ちを述べたい場合は、基本的には相手が過去に自分に対する行動などに対して使います。 ご親切なお取り計らい、感謝申し上げます。 ・先日は大変お忙しい中、社内イベント開催に関して、お取り計らいいただきまして、誠にありがとうございました。 ・お取り計らいいただき、ありがとうございました。 ・先日は、納期の件でお取り計らいいただき、ありがとうございました。 依頼・お願い 「お取り計らい」は相手に依頼・お願いするときに使います。 主に、問い合わせしたり、ビジネスメールで何かをお願いするときの締めの挨拶として使います。 お願いするときの言い回しとしては、 ・お取り計らいの程、よろしくお願いいたします ・お取り計らいの程、何卒よろしくお願い申し上げます ・お取り計らいいただきますよう、よろしくお願いいたします ・お取り計らいくださいますよう、お願いいたします ・お取り計らいいただければ幸いです などとなります。 これらは、 「物事が上手く進むように、お願いします」を意味します。 「お取り計らい」を使って依頼することにより、単に「よろしくお願いします」と言うよりも少々堅い印象、事務的な印象を与えることができます。 「お取り計らいください」と言うこともできますが、「くださる」が「くれる」の尊敬語のため、やや強い表現となってしまいます。 また、「お取り計らい〜」と頼む前に、相手を気遣うフレーズを入れるとより丁寧な印象となります。 ・恐縮ではございますが ・恐れ入りますが ・お手数おかけしますが ・勝手を申し上げますが 例えば、「お忙しいところ大変恐縮ではございますがお取り計らい〜」などと使います。 例文 ・お手数をおかけしますが、お取り計らいいただきますようお願いいたします。 ・大変恐れ入りますが、人数分準備をお願いしたく、何卒よろしくお取り計らいください。 お忙しい中、大変恐縮ですが、お取り計らいの程よろしくお願いします。 本日履歴書を同封いたしましたので、ご多用のところ恐縮ですが、お取り計らいの程、よろしくお願いいたします。 ・打ち合わせ日程の件、こちらでは特に希望する時間はございませんので、日時をご指定いただければ幸いです。 お忙しい中、恐れ入りますが、お取り計らいの程、よろしくお願いします。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」の意味と使い方 「ご査収」は <ごさしゅう>と読みます。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味しています。 「ご査収」は相手に何か渡す際に使いますが、ただ受け取るのではなく、中身や内容の確認をした上で受け取ってくださいということを伝えたい場合に使います。 ビジネスシーンにおいて「ご査収」は、見積書や納品書、請求書などに記載している内容に間違いがないか、確認してもらう際に用います。 一般的に「ご査収」は口語よりもメールなど書き言葉として使います。 「ご査収の上よろしくお取り計らい(ください)」という表現は、取引先や他部署に書類や金品を送るときに、一緒に送るビジネス文書で使われます。 「ご査収の上よろしくお取り計らい(ください)」は 「ミスや不具合がないか受け取った時点で確認してほしい。 もしミスがあったら連絡するか、または適切に処置してほしい」という意味になります。 例文 ・ご注文いただきました商品が完成いたしました。 ご査収の上よろしくお取り計らいください。 ・来週提出する企画案をまとめました。 ご査収の上よろしくお取り計らいください。 ・拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 資料を作成いたしましたので添付いたします。 ご査収の上よろしくお取り計らいください。 「お取り計らい」の類語 お力添え 「お力添え」の読み方は <おちからぞえ>です。 「力添え」の意味は 「力を添えること・手を貸すこと」となります。 それに尊敬を表す接頭語「お」を付けて、「お力添え」となります。 「添」は「加える」「足す」という意味なので、「力添え」は助けるといったイメージです。 「お力添え」の使い方は3パターンあります。 お願い・要求・要望するとき 2. お礼・感謝するとき 3. お詫び・謝罪するとき 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 といったようになります。 「お力添え」は正しい敬語なので、上司や顧客など目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・どうかますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。 ・お力添えを頂いたにも関わらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありません。 ご尽力 「ご尽力」の読み方は <ごじんりょく>です。 「尽力」の意味は 「あることのために力を尽くすこと」「努力する」「苦労する」ことです。 それに尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご尽力」となります。 「尽」は「あるかぎりを出す」「終わるまで精一杯する」という意味なので、「尽力」は一生懸命努めるといったイメージです。 「ご尽力」の使い方は3パターンあります。 お礼・感謝するとき 2. お詫び・謝罪するとき 3. 自分に対して使うとき 「ご尽力」の使い方としては、 ・ご尽力いただき〜 ・ご尽力を賜りまして〜 ・ご尽力いただいたおかげで〜 といったようになります。 例文 ・微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます。 ・これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心よりお礼申し上げます。 ご高配 「高配」は 「他人への心配りや配慮」という意味です。 「ご高配」は「他人の配慮の尊敬語」になります。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 例文 ・今後とも何卒ご高配賜りますよう、お願いいたします。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ご配慮 「配慮」は 「他人に対して心をくばること」という意味です。 「ご配慮」は「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表します。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 相手に「気をつけてください」「上手に対応してください」と言うことを伝えたいときは、 ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます などと使います。 例文 ・先日は突然お伺いしたにも関わらず、いろいろご配慮をいただきありがとうございました。 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮願えませんでしょうか。 お気遣い 「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて、「お気遣い」となります。 「気遣い」には、「思いやる」の意味と「心配する」の2つの意味があります。 「思いやる」の意味で使う「気遣い」は、「相手に対して気を使う・相手を気にかける」という意味です。 「お気遣い」は 「相手が自分のために気を使ってくれること・配慮してくれること」ことを表しています。 「お気遣い」の使い方は2パターンあります。 ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき 「お気遣い」の使い方としては、 ・お気遣いいただきありがとうございます ・お気遣い痛み入ります ・お気遣いはなさらないでください などとなります。 例文 ・たくさんのお気遣いのお言葉をくださり、ありがとうございます。 ・先日は、いろいろお気遣いをしてくださいましたことを心より感謝しております。

次の

郵送物が遅れた場合の上手な対応法は?

ご査収の上、お取り計らいのほど何卒宜しくお願い申し上げます。

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の例文 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 来月分の原稿を同封いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 企画書を作成いたしましたので添付いたします。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「先日の会議における問題点をまとめました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「明日の会議に提出する企画案を作成いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「ご注文いただきました試作品が完成いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。

次の