売上 台帳 フォーマット。 【持続化給付金】売上台帳の書き方とテンプレート

持続化給付金 個人事業主 建設業

売上 台帳 フォーマット

対象月の事業収入額がわかる売上台帳等を提出してください。 フォーマットの指定はありませんので、 経理ソフト等から抽出したデータ、 エクセルデータ、手書きの売上帳 などでも構いません。 書類の名称が「売上台帳」でなくても構いません。 ただし、提出するデータが 対象月の事業収入であることを確認できる資料を提出してください。 給与明細、通帳の写し、レシート、請求書等は認められません。 対象となる【売上月】を記載してください。 対象となる売上月の【売上額】の【合計】を記載してください。 売上額が0円の場合は、【対象となる売上月】の売上額が【0円】であることを明確に記載してください。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。

次の

持続化給付金 個人事業主 建設業

売上 台帳 フォーマット

申請要領を見ると、申請に必要なのは「売上台帳」ではなく「売上台帳等(など)」であり、書類の名称もフォーマットも問わないとなっています。 そのもそも個人事業者ならもともと帳簿はつけているはずでしょう。 青色申告の複式簿記で帳簿をつけている場合には総勘定元帳が必須ですが、売上台帳とは総勘定元帳に書ききれない場合のための補助簿の名称であり、補助簿は必須の帳簿ではありません。 したがって、総勘定元帳があって売上台帳がないのなら、総勘定元帳の「売上」のページが「売上台帳等」に該当します。 消費税については、課税事業者でないなら必ず税込みで記帳し、消費税が経理に出てくることはありません。 課税事業者の場合は税込みか税抜きかは事業者の選択です。 <申請要領(申請のガイダンス)19ページ> 対象月の事業収入額がわかる売上台帳等を提出してください。 フォーマットの指定はありませんので、経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでも構いません。 書類の名称も「売上台帳」でなくても構いません。 ただし、提出するデータが対象月の事業収入であることを確認できる資料を提出してください。

次の

持続化給付金の売上台帳の書き方とは?白色申告者向けの書き方口座!

売上 台帳 フォーマット

売上帳の書き方は業種によって多少異なりますが、基本その日に販売した内容と金額を記入します。 小売店などの場合は商品毎に記入する場合もありますし、飲食店の場合はまとめて1日分を記入します。 せっかく記入するので、今後の売上げUPのための分析データになるようにしてください。 このページでは、A4縦で書式が異なる2種類を掲載していてどちらも無料です。 印刷し手書きするか、Excelで入力するかしてご利用ください。 1枚目は表形式で、項目は日付・摘要・内訳・金額です。 2枚目は帳簿形式で、項目は日付・品名 数量 単価 金額です。 飲食店向けに客数や客単価を追加するなど、Excelで自由にカスタマイズしご利用ください。 Excel97-2003ブックで作成していますので、ほぼ全てのバージョンで使用できます。 ダウンロードファイルはZIP形式で圧縮していますので、ダブルクリックし展開してください。 セキュリティソフトの保護環境内で作成しています。 同類の雛形に「」があります、参照してください。

次の