また逢う日まで 歌詞。 尾崎紀世彦【また逢う日まで】歌詞を解説!なぜ別れる理由を話し合わないの?男女の繊細な機微に寄り添う

名曲『また逢う日まで』は、尾崎紀世彦のために書かれた曲ではなかった

また逢う日まで 歌詞

尾崎紀世彦、71年の大ヒット作「また逢う日まで」。 100万枚近いセールスを記録しその年の日本レコード大賞と日本歌謡大賞を同時受賞した傑作中の傑作です。 歌は時代を越えて愛され続けて今日までたくさんのアーティストがこの曲をカヴァーしています。 男女ふたりの寡黙な別れの姿を描いたが共感を呼びました。 そのを支える豪華なサウンド・プロダクション。 筒美京平による分かりやすいメロディの力強さ。 そして何よりも豪快な尾崎紀世彦による日本人離れした声量での歌唱の素晴らしさ。 すべてのエレメントが一体となり人々の心を鷲掴みにします。 別れる理由を話し合わない若い男女の姿に当時の人々は潔さを感じたのでしょう。 僅か2分55秒の歌。 壮大な曲調にもかかわらずの分量は驚くほど少ないです。 それでも僅かな言葉が人々の心を捉えて離さなかったのですから阿久悠の天才ぶりに舌を巻きます。 この曲の背景を鑑みながら歌詞に残された謎を紐解いてゆきましょう。 「また逢う日まで」の誕生前夜 「また逢う日まで」が完成するまでこの曲は茨の道を歩んでいました。 原曲は三洋電機のとして筒美京平が書き下ろしたものです。 その曲に「アンパンマン」の作者・やなせたかしが歌詞を書き槇みちるという歌手が歌いました。 しかしスポンサーの方針でボツになります。 ここでキーパーソンが登場します。 筒美京平のを管理していた日音に所属していた村上司です。 後にJASRACの理事に就任するほどの大人物になる方ですので覚えておいてください。 村上司はこの曲のメロディの力強さに取り憑かれるような魅力を感じたようです。 としてはボツになりましたがどうしてもこの曲を世に送り出したいと執念を燃やします。 彼は阿久悠に作詞を依頼し「白いサンゴ礁」のヒット曲があるズー・ニー・ヴーに歌わせるのです。 70年に発表された「ひとりの悲しみ」という曲。 しかし「安保闘争に敗北した青年の気持ち」に寄り添うという阿久悠の歌詞が受けませんでした。 結局ヒットには至りません。 しかし村上司は執念を捨てきれないのです。 筒美京平が生んだメロディへの絶大なる信頼が彼に発破をかけます。 なんと天才・阿久悠に歌詞の書き直しをお願いするのです。 村上司は後にJASRACの理事になる大人物ですが当時はまだ日音の社員に過ぎません。 おそろしい胆力と肝の座りようです。 再三のお願いに当初は書き直しを渋っていた阿久悠も折れます。 そして書き上げたのが「また逢う日まで」の歌詞です。 「また逢う日まで」については阿久悠と筒美京平、そして尾崎紀世彦ばかりに視線がいきます。 しかしこの村上司という日音の社員の奮闘努力なくしてはこの曲は陽の目を見ることがなかったのです。 知っておきたいスーパー・サラリーマンの影。 前置きが長くなりましたがこの前哨戦の推移を知らないと「また逢う日まで」の歌詞の謎も解けないです。 それでは「また逢う日まで」の実際の歌詞に目を移しましょう。 別れの理由を話し合わないふたり。 詰り合いになってしまうことが如何にふたりの人生の美学に反するかを表現しているのでしょう。 男女が別れを決心する際にその主要因はあってもすべての理由がそこにある訳ではないです。 副次的な理由や様々な行き違いが生じた結果で仕方なく別れを決めるというのが本来の姿でしょう。 別れの理由をひとつに絞るのは幻を視ているのと同じです。 お互いが通った文脈をよく読むと仔細な理由がもっと様々に立ち現れるのが現実。 あのことが赦せないからなどと別れ際に相手を詰るのはみっともないことです。 「昭和の美学」かもしれません。 もしくは昭和でもこうした潔い別れは少数だったかもしれない。 いついかなる時代にも別れるときは「また逢う日まで」と言い残し去ってゆくのが潔いはず。 現実は中々そうもいきませんが傷つけあって別れることの醜悪さは意識しておきたいものです。 次の話は「また逢う日まで」 最後に心が通う.

次の

尾崎紀世彦【また逢う日まで】歌詞を解説!なぜ別れる理由を話し合わないの?男女の繊細な機微に寄り添う

また逢う日まで 歌詞

尾崎紀世彦、71年の大ヒット作「また逢う日まで」。 100万枚近いセールスを記録しその年の日本レコード大賞と日本歌謡大賞を同時受賞した傑作中の傑作です。 歌は時代を越えて愛され続けて今日までたくさんのアーティストがこの曲をカヴァーしています。 男女ふたりの寡黙な別れの姿を描いたが共感を呼びました。 そのを支える豪華なサウンド・プロダクション。 筒美京平による分かりやすいメロディの力強さ。 そして何よりも豪快な尾崎紀世彦による日本人離れした声量での歌唱の素晴らしさ。 すべてのエレメントが一体となり人々の心を鷲掴みにします。 別れる理由を話し合わない若い男女の姿に当時の人々は潔さを感じたのでしょう。 僅か2分55秒の歌。 壮大な曲調にもかかわらずの分量は驚くほど少ないです。 それでも僅かな言葉が人々の心を捉えて離さなかったのですから阿久悠の天才ぶりに舌を巻きます。 この曲の背景を鑑みながら歌詞に残された謎を紐解いてゆきましょう。 「また逢う日まで」の誕生前夜 「また逢う日まで」が完成するまでこの曲は茨の道を歩んでいました。 原曲は三洋電機のとして筒美京平が書き下ろしたものです。 その曲に「アンパンマン」の作者・やなせたかしが歌詞を書き槇みちるという歌手が歌いました。 しかしスポンサーの方針でボツになります。 ここでキーパーソンが登場します。 筒美京平のを管理していた日音に所属していた村上司です。 後にJASRACの理事に就任するほどの大人物になる方ですので覚えておいてください。 村上司はこの曲のメロディの力強さに取り憑かれるような魅力を感じたようです。 としてはボツになりましたがどうしてもこの曲を世に送り出したいと執念を燃やします。 彼は阿久悠に作詞を依頼し「白いサンゴ礁」のヒット曲があるズー・ニー・ヴーに歌わせるのです。 70年に発表された「ひとりの悲しみ」という曲。 しかし「安保闘争に敗北した青年の気持ち」に寄り添うという阿久悠の歌詞が受けませんでした。 結局ヒットには至りません。 しかし村上司は執念を捨てきれないのです。 筒美京平が生んだメロディへの絶大なる信頼が彼に発破をかけます。 なんと天才・阿久悠に歌詞の書き直しをお願いするのです。 村上司は後にJASRACの理事になる大人物ですが当時はまだ日音の社員に過ぎません。 おそろしい胆力と肝の座りようです。 再三のお願いに当初は書き直しを渋っていた阿久悠も折れます。 そして書き上げたのが「また逢う日まで」の歌詞です。 「また逢う日まで」については阿久悠と筒美京平、そして尾崎紀世彦ばかりに視線がいきます。 しかしこの村上司という日音の社員の奮闘努力なくしてはこの曲は陽の目を見ることがなかったのです。 知っておきたいスーパー・サラリーマンの影。 前置きが長くなりましたがこの前哨戦の推移を知らないと「また逢う日まで」の歌詞の謎も解けないです。 それでは「また逢う日まで」の実際の歌詞に目を移しましょう。 別れの理由を話し合わないふたり。 詰り合いになってしまうことが如何にふたりの人生の美学に反するかを表現しているのでしょう。 男女が別れを決心する際にその主要因はあってもすべての理由がそこにある訳ではないです。 副次的な理由や様々な行き違いが生じた結果で仕方なく別れを決めるというのが本来の姿でしょう。 別れの理由をひとつに絞るのは幻を視ているのと同じです。 お互いが通った文脈をよく読むと仔細な理由がもっと様々に立ち現れるのが現実。 あのことが赦せないからなどと別れ際に相手を詰るのはみっともないことです。 「昭和の美学」かもしれません。 もしくは昭和でもこうした潔い別れは少数だったかもしれない。 いついかなる時代にも別れるときは「また逢う日まで」と言い残し去ってゆくのが潔いはず。 現実は中々そうもいきませんが傷つけあって別れることの醜悪さは意識しておきたいものです。 次の話は「また逢う日まで」 最後に心が通う.

次の

平井大 また逢う日まで 歌詞

また逢う日まで 歌詞

作詞:阿久 悠、作曲:筒美京平、唄:尾崎紀世彦 1 また逢う日まで 逢える時まで 別れのそのわけは 話したくない なぜか さみしいだけ なぜか むなしいだけ たがいに傷つき すべてを なくすから ふたりで ドアをしめて ふたりで 名前消して その時心は何かを 話すだろう 2 また逢う日まで 逢える時まで あなたは何処 (どこ)にいて 何をしてるの それは 知りたくない それは ききたくない たがいに気づかい 昨日に もどるから ふたりで ドアをしめて ふたりで 名前消して その時心は何かを 話すだろう ふたりで ドアをしめて ふたりで 名前消して その時心は何かを 話すだろう 《蛇足》 昭和46年(1971) 3月にリリースされ、大声量とビートのきいた歌唱で音楽ファンを魅了、100万枚近い売り上げを記録しました。 同年の第13回日本レコード大賞と第2回日本歌謡大賞でいずれも大賞を受賞。 この年はアポロ14号が月に着陸し、日清食品がカップヌードル第1号を発売し、「糸(繊維製品) と縄を交換した」といわれた沖縄返還協定の調印が行われた年でした。 尾崎紀世彦の長いもみあげとバタ臭い風貌が話題になりましたが、これは父がイギリス人と日本人のハーフ、母が日本人というクォーターのため。 もっとも、ハーフやクォーターだからといって、バタ臭い顔立ちにはなるとはかぎりませんが。 平成24年(2012) 5月31日、ガンのため、東京都港区の病院で亡くなりました。 享年69歳。 「昭和」がまた1つ去りました。 (二木紘三) 本当にいい歌ですね。 当日は田中氏もお出でになり紹介をして、彼の川柳会のPRもされて大変盛り上がりました。 尾崎紀世彦氏・阿久 悠氏を思い浮かべ、そして筒美京平氏の更なるご活躍を念じております。 投稿: 尾谷光紀 2012年8月16日 木 22時11分 この曲は、盲学校同窓会100周年記念の祝賀会で演奏した曲の一つです。 編成は、ベース、サックス、フルート、トランペット、キーボード、リズムマシンでした。 私はそのうちの、キーボード(ピアノでバッキング)と、リズムマシンを担当しました。 曲を聴きながら、ドラムのパートを、なるべく忠実にコピーしようとがんばって見ました。 ローランドの、TR-909と言う、何年も前の機械です。 いくつかのパターンを個別に作り、それを組み合わせると言う、ちょっと骨の折れる作業でしたが、何とかなった見たいでした。 キーボードは、トランスポーズがあったので、ズルをして、全てハ長調にして、バッキングをやりました。 何回か、福岡のスタジオに集まって練習し、本番では、キーボード、スタンド、リズムマシンを抱えて、船とバスを乗り継いで、長崎まで行きました。 大変でしたけど、今は楽しい思い出になっています。 投稿: 2012年10月10日 水 00時29分.

次の