居酒屋 禁煙。 2020年4月から飲食店で原則禁煙。店側の認知や対応はどのくらい進んでいるのか

影響は居酒屋からパチンコ店まで広範囲 2020年4月の受動喫煙防止条例でどう変わる?

居酒屋 禁煙

厚生労働省の受動喫煙対策を含んだ法律「健康増進法改正案」は、小規模居酒屋も含めて全面禁煙を義務化する法律にまとまりそうです。 もともと「健康増進法改正案」には飲食店は全面禁煙を謳っていました。 この法律は小規模居酒屋も含めて飲食店は全面禁煙の方向のだということがわかったんですね。 これに対してもちろん居酒屋側含め飲食業界は反発していますが、僕は喫煙者ではありますが個人的には賛成です。 この居酒屋が禁煙になる法律はいつから施行されるのでしょうか? また飲食店を原則禁煙にするという法律が作られている理由が、どうやら2020年のオリンピックと関係しているようです。 それでは、受動喫煙対策を含んだ法律「健康増進法改正案」について考えてみます。 居酒屋が禁煙になる法律はいつ? 居酒屋が禁煙になる法律がいつ施行されるかですが、 早ければ 今年の5月には施行されるようです。 しかし、このような法律の改正案は延びることも往々にしてあるので、絶対とは言い切れません。 反対意見もまた多いようなので。 ただ遅くても日本でオリンピックが開催される2020年までには、必ず法律は改正されると感じています。 この法律の改正が進むためには、飲食業界との折り合いが必要となってきそうです。 飲食店側から見たら経営に関わることですから、反発するのももっともですけどね。 厚生省は全飲食店を全面禁煙するのではなく、一部例外も織り込む事を検討しているようです。 それが、 未成年が原則立ち入らない床面積が約30平方メートル以下の小規模なバーやスナック ただ居酒屋は家族連れも外国人の観光客も多く訪れるということで、レストランなどと同じ枠で見られるようです。 喫煙室の設置も可能な屋内全面禁煙が必要と判断しているようなので、居酒屋も分煙化してねってことですね。 ただこの 例外や分煙化に関しても反対の声が多いのが現状です。 個人的にも例外なく全面禁煙の方が分かりやすいし、分煙して完全に受動喫煙対策となっているのかが疑問ですね。 入り口もトイレも別など店の中にもう一つ店があるくらいの分煙をしないと、恐らく受動喫煙対策にはならないのではないでしょうか。 まぁそうなると、もう別の店ですけどw 飲食店の禁煙がオリンピックの前提条件? この飲食店の全面禁煙を含んだ法改正案は、どうやらオリンピックに関係しているみたいです。 国際オリンピック委員会(IOC)は、 オリンピック大会での完全禁煙をオリンピックの開催国として推奨しているようで(必須としているとも)、これは世界保健機関(WHO)も推奨しています。 先進国の中では禁煙対策はかなり遅れています。 スペインでは2006年に施行した分煙を含めた受動喫煙防止法の誤りを認めて、2011年には 全面禁煙に舵を取っています。 世界を見てみるとやはり禁煙の方が強い、というかそれが常識とする国が多いです、特に先進国では。 昨年開催されたオリンピックの開催地リオデジャネイロでは、敷地内は全面禁煙でした。 その前のロンドンでは建物内は全面禁煙で外気に拡散するようなスペースに喫煙場がありました。 一方で現在の東京は建物内で分煙するという、受動対策としては緩いという印象です。 オリンピックが開催されれば、外国の方が多く来日してきます。 その時に今のような緩い受動喫煙対策だと日本の評判は落ちるでしょうしね。 この法案改正の目的は受動喫煙対策、いわゆる国民の健康のためはもちろんあるでしょうけど、日本と世界との乖離を埋めたいと言う思惑があるのではないでしょうか。 アイコスは受動喫煙対策になる? 最近流行っている アイコスは、当面は法規制の対象外となるようです。 (3月2日現在で方針が変わっています。 以下参照) ~3月2日追記~ アイコスも現時点では 規制対象とするようです。 ただし、施行までに健康への影響を調べ、 影響がないと判断されたら規制対象から外れるとのこと アイコスが法規制の対象外となる理由は、現状では 受動喫煙の危険性が明らかになっていないからだそうです。 ゆくゆくは喫煙もアイコスのような形に代わって行くでしょうね。 受動喫煙対策の原因の喫煙自体には何もしない? 受動喫煙対策を含んだ法律「健康増進法改正案」は、恐らく2020年のオリンピックがきっかけとなっているでしょうけど、今は国民の過半数以上が禁煙者ですから、全面禁煙は今の時代に沿っていると思います。 もちろん居酒屋含め飲食業界は打撃を受ける可能性は十分にあります。 しかし、遅かれ早かれ分煙ではなく全面禁煙の上で、採算の取れる経営をしていかなければならない時代に将来必ずなると思うんですね。 一方で、喫煙自体はどうなのか。 ここまでするのなら喫煙禁止すれば良いんじゃないかって思ってしまいます。 このような意見も。 受動喫煙対策で罰則化ですか……もう喫煙者イジメやめてスパッと法的にタバコ違法化したら? ちまちまチクチクとなーんか陰湿なんだよ。 受動喫煙も有害でガンになって百害しかないものをそもそもなんで売ってんだよじゃあ。 — 榎宮@ノゲノラPWG発売中! yuukamiya68 極端な意見かもしれませんが、この意見はそうだよなって感ますね。 ただ料金は上がることがあっても無くなることがない。 税金かかってますから国としてもそうそう全面的に排除はできないでしょうね。 国の財源の一部が、受動喫煙対策の大元になっているモノっていうのはジレンマだなぁ.

次の

2020年4月から飲食店で原則禁煙。店側の認知や対応はどのくらい進んでいるのか

居酒屋 禁煙

受動喫煙対策を強化する法案が今国会で可決される見通しです。 最終的にこの法案の内容がどう着地するのか、心配されている方も多いのではないでしょうか? 私のラジオ番組にも、先日、次のようなご意見が届きました。 「小さな居酒屋を経営しています。 今回検討されている、飲食店は原則禁煙の方向、とても心配しています。 うちの店なんか、一杯入るとみんなタバコを吸われる常連たちばかり。 小さな店の事も考えてほしいです」 この方のご意見は私もよくわかります。 実は私も、今から12年前に「禁煙居酒屋」を 大手居酒屋チェーン店では初めて挑戦したのですが、 1年足らずで撤退、つまり、「大失敗」してしまった経験があります。 そんな経験をもつ元経営者の政治家として、私は次のように考えています。 現実問題として、10坪以下の飲食店で禁煙にしたら、間違いなくお店は潰れます。 小さいお店であっても、そこには雇用と納税があり、そして、市民の憩いの場にもなっています。 そんなお店をすべて潰して良い訳がありません。 ですから、10坪以下の飲食店では、禁煙は対象外にするべきです。 次に、10~40坪のお店についてですが、 今はエアカーテンといった新しい技術があります。 ですから10~40坪のお店なら、 禁煙ゾーンはつくれます。 少し投資は必要となりますが、 エアカーテン等で分煙にするべきだと思います。 ですから、喫煙スペースを完全個室形式にするか、 または完全禁煙にするべきだと思います。 私自身、健康を考えて数十年前に禁煙をしました。 もちろん、受動喫煙の健康被害は防ぐべきだと 思っておりますし、東京オリンピックに向けての健康都市作りに賛成です。 そんなお店を潰してしまいかねない法案は、バランスを欠いていると言わざるを得ません。 法案審議の過程で、私なりの意見をぶつけたいと思っておりますが、 ブログ読者の皆様は、飲食店での受動喫煙防止に ついてどうお考えでしょうか? 是非、お声をお寄せ下さい。

次の

居酒屋が禁煙になる法律はいつ?飲食店がオリンピックの前提条件?│クラウドノート

居酒屋 禁煙

串カツ田中の店舗(より) 全席禁煙化で売り上げを大きく伸ばすことに成功した 串カツ田中ホールディングスが、急に失速している。 10月の既存店売上高は前年同月比8. 2%減と大きく落ち込んだ。 前年割れは8カ月連続。 しかも、マイナス幅は決して小さくはない。 4月が8. 3%減、5月が8. 2%減、6月が5. 5%減、9月が6. 5%減と、大幅マイナスの月が続出している。 串カツ田中に何が起きているのか。 串カツ田中がほぼ全店で全席 禁煙を始めたのは2018年6月。 喫煙客と相性が良い居酒屋業界では、顧客の流出を懸念して禁煙化に二の足を踏む店が少なくないが、串カツ田中はいち早く禁煙化に動き出した。 顧客流出を恐れない行動は、喫煙を好まない人から喝采を浴び、評判を上げることに成功した。 売り上げに関しても当初は上々だった。 「禁煙化感謝祭」と題して、串カツ全品を100円(税別)に値引きするキャンペーンなど販促を積極的に実施したほか、一部の店舗で土曜・日曜の開店時刻を早めて昼食・昼飲み需要の取り込みを図ったことが功を奏し、集客に成功した。 既存店売上高は禁煙化を始めた18年6月こそ2. 9%減とマイナスになったが、7月は1. 9%増、8月が9. 7%増とプラスに転じ、10月は11. 6%増、12月が13. 7%増と大きく伸ばすことに成功した。 串カツ田中によると、禁煙化後の18年6~11月と前年同期間とでは、客層が大きく変わったという。 特に大きく変わったのが「会社員・男性グループ」と「家族連れ」で、会社員・男性グループの構成比は7. 0ポイント低下し31. 1%に減った一方、家族連れが7. 5ポイント上昇し13. 4%に増えている。 これは、禁煙化によって喫煙する会社員や男性グループが減った一方で、タバコの煙を嫌う家族連れが増えたということだろう。 つまり、新たな顧客を開拓し、売り上げを大きく伸ばすことに成功したといえる。 だが、好調な業績は長くは続かなかった。 禁煙化して半年は好調に推移した。 前述したように、前年同月比2桁増も珍しくなかった。 しかし、19年に入ると1月は2. 8%増、2月が3. 2%増と伸び率が低下。 そして3月はマイナスとなり、その後は10月まで8カ月連続でマイナスが続いている。 なぜ失速したのか なぜ好調な業績が長く続かなかったのか。 まずは「知名度向上」の効果が一巡したことが挙げられる。 禁煙化を打ち出す前の串カツ田中は、「知る人ぞ知る大阪のB級グルメを扱う居酒屋チェーン」という位置付けで、知名度は低かった。 当時、居酒屋チェーンは禁煙化すると大きな打撃を受けるとみられていたが、串カツ田中は率先して禁煙化を打ち出したことで、その挑戦する姿勢に関心と喝采が集まり、知名度と評判を高めることに成功した。 加えて、ビジネスパーソンに人気の経済情報番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)に取り上げられたことも大きい。 禁煙化し始めて約2カ月後の18年7月26日の放送で、串カツ田中が大々的に紹介された。 そのなかで、禁煙化に向けた取り組みも紹介されている。 これが影響したと思われるが、放送翌月の8月の既存店客数は12. 1%増と大きく伸び、売上高も9. 7%増と大きく増えている。

次の