王翦 鄴。 王翦の鄴攻めの全容と閼与攻略のタイミング

王翦

王翦 鄴

鄴攻めの背景 なぜ鄴を攻めるのか? 嬴政は、15年で中華統一することを目指しています。 しかし、秦国軍総司令の昌平君は、「 黒羊を拠点とした趙西部侵略の戦略では、15年で中華統一することは不可能」と確信します。 その理由は、李牧の指示により、新たな防衛拠点が 太行山脈の麓に急ピッチでいくつも作られていたからです。 これらの拠点を一つ一つ潰していては、趙国を滅ぼすことだけで10年を要すると、昌平君は判断したのです。 昌平君が提案した鄴攻めは、策としては2流3流の戦略でした。 しかし、これくらい突拍子もない方法でないと、李牧を出し抜いて秦国が中華統一することなどできないとして、鄴攻めを嬴政に提案したのでした。 鄴攻めには、生命線とも言える兵站を無視した背水の陣で挑んでいます。 あらゆる不測の事態に常に的確な判断が下せる人物を総大将に任命する必要があります。 そして、その重要な鄴攻めの総大将の任に、王翦将軍が選ばれたのです。 補足 黒羊・・・桓騎軍と飛信隊が、多大な犠牲を払って手に入れた要地。 大きな丘になっている地形でここに砦を作り、趙西部侵略の拠点にしようとしている。 太行山脈・・・趙国の王都・邯鄲の西部にある自然の防壁。 南に流れる黄河に挟まれた邯鄲は、自然の要塞の中にある強固な都市。 王翦の鄴攻めの全容 列尾で潰えた昌平君の戦略 王翦は、初めは昌平君に授けられた戦略に従って進軍しますが、 列尾を攻め落とした後に、その城の全貌を見て「李牧め!」と初めて動揺する様子を見せます。 列尾は、もし他国に侵略されたとしても、すぐに奪い返せるように、李牧の策略によってわざと弱く作られていたのです。 列尾を拠点として保つことができなければ、このまま鄴に攻め行っても、兵站を絶たれ全滅することは確実です。 鄴攻めを続けるのか、全軍撤退するのかを決めなくてはならない状況下で、王翦が練り上げた戦略は、李牧の兵糧攻めに対して、兵糧攻めでやり返すという、誰もが思いつかなかった戦略でした。 補足 列尾・・・趙国の南西部に位置する国門。 楊端和軍と飛信隊が列尾を攻め落とすことに成功。 王翦が鄴を攻め落とすための戦略が半端ない 王翦が練り上げた戦略とは、鄴の中をたくさんの難民で溢れ返させて、食料を大量に消費させるというものでした。 その難民は、列尾から鄴にたどり着くまでにある、9つ小さな都市を攻めた際に、民衆をわざと城の外へ逃すことで生み出したものです。 キャパオーバーの難民を抱えたまま、籠城戦に入らざるを得なくなった鄴は、他の都市からの援軍を待つ他なくなったのです。 鄴攻めにおける3つの大局 3つの大局• 王翦・飛信隊・玉鳳隊・楽華隊VS李牧・紀彗・馬南慈・岳嬰・趙峩龍・尭雲• 桓騎軍VS鄴(鄴周辺の解放軍)• 楊端和軍・壁軍VS舜水樹軍・犬戎軍 秦国と趙国、二つの国の命運をかけた戦いは、鄴を包囲する桓騎軍。 その桓騎軍を含めた秦国連合軍を広範囲から包囲する趙国軍という、兵糧攻めのかけ合いとなりました。 鄴を解放できるだけの戦力を持っているのは、閼与と橑陽の2都市だけです。 そのため、これら二つの都市からやってくる、鄴解放軍を、先に叩く必要がありました。 橑陽には、楊端和率いる山民族軍と壁軍。 閼与に対しては、王翦、飛信隊、玉鳳隊、楽華隊が向かいます。 そして、閼与からの解放軍に総大将として入った李牧と、王翦率いる秦国軍が、朱海平原で激突することとなったのです。 王翦の閼与攻略のタイミング 閼与攻略は史実でもある 王翦が、鄴攻めと並行して閼与を攻略したことは史実です。 そのため、朱海平原の戦いと同時か、その直後に王翦は閼与を攻略することは既定路線です。 閼与攻略の目的 閼与攻略は、鄴を攻略するために必要は不可欠です。 鄴を包囲する桓騎軍が撃破され、鄴が解放されるのを防ぐため• 咸陽からの兵站を確保するため 桓騎軍は、鄴を取り囲んで兵糧攻めを仕掛けてつつ、四方八方からひっきりなしにやってくる、鄴解放軍を撃退しています。 この桓騎軍に打ち勝てるだけの兵力を持っているのが、閼与と橑陽であるため、それら二つの都市からやってくる鄴解放軍と戦っているわけです。 さらに、趙王都圏に入る際に通った列尾は、再び趙に奪い返されています。 そのため、咸陽から連合軍への兵站が絶たれた状態です。 そこで、王翦は閼与を拠点として兵站をつなぐことを考えているはずです。 秦国連合軍の兵站が確保されれば、趙国の絶対的な優位性はなくなり、一気に形勢は秦国軍に傾くことになるはずです。 王翦が閼与攻略を鄴攻めと同時に行った? 朱海平原の戦いは十五日間に渡って行われるのですが、その中で王翦の姿が確実に本陣にあったのは、三日目までです。 その次に王翦が本陣に現れたのは、十二日目でした。 この空白の期間を使って、王翦が単独で別働隊を率いて閼与に攻め入った可能性が高いです。 なぜ単独なのかというと、王翦軍の主軸となる亜光・麻鉱・田里弥・倉央の4将は、いずれも朱海平原に止まっていたことが確実で、さらに連合軍の兵力を閼与攻略のために割くと、たちまち李牧が中央軍を使って攻めてくるのは明らかだったからです。 関連記事 閼与を攻略するために王翦が用意した別働隊とは? では、閼与を攻略するために、王翦が用意していた別働隊は、一体どこからきたのかというと、秦国の王都・咸陽からです。 王翦が鄴攻めに立つ前に、軍総司令の昌平君になにやら頼みごとをしていました。 その内容が、「閼与付近に兵站と別働隊を用意しておいてほしい」というものだった可能性が高いのです。 王翦は、ひそかに朱海平原にある本陣から離れ、この別働隊を率いて閼与を攻略して帰還するのです。 関連記事 まとめ 「王翦は、別働隊を使って閼与を攻略する」 この真偽は、今後の連載で明らかになるはずです。

次の

【史実のキングダム】「王翦」と六将「胡傷」の意外な関係について

王翦 鄴

李牧南下の一報に焦る摩諭、しかし桓騎は動じず 趙軍の城・鄴。 秦の桓騎軍によって城の周りが包囲され、兵糧攻めを受けています。 椅子に座って城を眺めている桓騎の横には、摩諭(まろん)がいます。 摩諭 「おやおや、さわがしーですねー。 もしや中で暴動でも?」 桓騎軍の合唱隊が、城の中に向かって声を揃えて叫びます。 「桓騎軍は一般人を殺さぬ」 「城を明け渡せ」 「桓騎軍は一般人を殺さぬ」 「城を明け渡せ」 「桓騎軍は一般人を殺さぬ」 鄴の城内では、荷物を持った民衆たちが城門に詰め掛けています。 「外に出してくれー」 「ここにいても、もう飢え死にしちまうー」 「出してくれー」 「うえーん」 「どうか外に」 「聞け、あの声を。 敵は俺達を殺さないって」 「騙されるな、あれは敵のウソだ」 「お前らがウソつきだ」 「出せ、コノヤロー」 城門を守る趙の兵士たちは、民衆が門を開けないように警戒をしています。 「下がれー、城門に近づく者は突き殺すぞ」 強引に門に近づこうとする民衆には、兵士たちも槍を向けて対抗しています。 桓騎の本陣では、城のなかの異変に気付きました。 「あっ、お頭、あれを見て、煙っ、中で火事よっ、火事よー」 摩諭 「お頭・・・・」 桓騎 「ああ、いよいよだな」 桓騎は、摩諭に対してゼノウ一家に準備をするようにと指示を出しますが・・ その時、後方からの早馬が到着します。 早馬 「李牧軍だ、李牧軍が南下して、ここへ向かって来てるそうだー」 摩諭 「な、何だとォ!?」 北に陣取っている尾喜一家からの情報で、もう半日で到着する距離に迫っているとのこと。 摩諭 「バ、バカな。 朱海平原はどうなった。 まさか王翦軍は敗れたのか!?」 桓騎 「落ち着け、摩諭」 摩諭 「こ・・・ここまでです、お頭。 本当に。 」 鄴の城壁の外に陣取っている桓騎軍ですが、その内側には敵の兵士らがいます。 摩諭 「李牧軍が到着すれば、我々はその軍と鄴の軍にはさみ込まれてしまう」 李牧軍が到着する前に逃げるべきだと訴える摩諭。 摩諭 「って言うか、私は逃げます」 しかし、この状況でも桓騎は一切、慌てるそぶりを見せません。 桓騎 「落ちつけ」 摩諭 「なっ、ですから、これをどう・・・」 その時、新たに別の早馬が到着しました。 早馬 「続報がっ・・・続報が、お、王翦軍も来ているとっ」 摩諭 「なっ」 早馬 「王翦軍も追って、もの凄い勢いで南下して来ていると」 摩諭 「何だとォ!?」 スポンサーリンク 秦軍は精鋭隊を結成して、李牧軍を追撃へ ~1日前~ 「な、何ィ!?軍を縮小して、李牧軍を追う!?」 信の大声に、周辺の兵士たちが 「えっ」とザワつきます。 李牧軍を追う秦軍では、10人に2人の軍勢のみが南下することを決定していました。 信たちの疑問に対して、田里弥(でんりみ)は 「理由は、二つある」と言います。 田里弥 「ひとつは、早さだ」 これまでの朱海平原の戦いは15日に及んでおり、多くの兵士が疲れ果てています。 このため、動ける兵士たちだけを選りすぐって、追撃に向かうということです。 田里弥 「二つ目の理由は、兵糧だ」 すでに全員で追撃するのに十分な食料が、秦軍には残されていないのだと言います。 このため、全ての兵糧を追撃軍に割り当てて、追撃戦を行うという作戦です。 尾平 「そ、そうか、ここで勝ってもまだ追って、あの李牧と戦わなくちゃいけないのか」 飛信隊の兵士らは既に激しい戦闘のあとのため、さらに戦いが続くことに苦々しい表情です。 信 「わかった、で、どうやってその精鋭隊を作る?」 田里弥 「主体はこの田里弥と倉央の兵団からなる」 倉央 「俺らは両翼と違って、まだ一戦しかしてないからな」 これを聞いた尾平は 「やった、やった!行かなくて済むぞっ」と喜びます。 しかし、次の信の言葉に涙を流します。 信 「ふざけんな、何でお前らだけいいとこ取りしよーとしてんだ、俺ら飛信隊も行くぞ」 倉央は、自分たちだけで行くわけではないと信に伝えます。 そして、飛信隊からも精鋭を選び出すようにと言います。 倉央 「ある意味、お前たちの方が李牧軍のことを肌感覚で分かっていると言っていい」 また、飛信隊だけではなく、他の隊にも向かって倉央が言います。 倉央 「お前たちも選りすぐれ、追撃隊に入る精鋭たちを」 話を聞き終えた信は、王賁に近づいていきます。 信 「あ?王賁、お前は残った方がいいだろ、全然精鋭じゃねェ」 王賁 「うるさい、貴様も大差なかろーが」 信も王賁も、これまでの戦いで傷ついており、満身創痍の状態です。 一方、蒙恬(もうてん)は、もうひとつの気がかりについて田里弥に問いかけます。 蒙恬 「残った者達はどうするのですか?」 田里弥 「今さら秦兵がこの地で、過酷でないことなどあると思うのか」 現在の秦軍の置かれた状況について田里弥は、趙軍に襲われる危険はないと分析します。 しかし、ひとつの大きな問題があると付け加えます。 田里弥 「さし迫る問題は、ただ食糧だけだ」 この問題について田里弥は 「なんとかうまくやりながら」と言います。 しかし、この言葉に対して、信が厳しい表情で反応します。 秦 「そ、それって」 田里弥 「安心しろ、秦の領土となる地だ。 考えなしの愚行はおかさぬ」 蒙恬 「あなたが残軍を率いるのですか、田里弥将軍」 田里弥 「ああ、こういう仕事は倉央にはできぬ。 」蒙恬 「分かりました、私の楽華隊もほとんど残る。 どうか宜しくお願いします」 NEW! 鄴をきっちり落として、皆が来るのを待ってるからな」 飛信隊の面々が、旅立つ信に向かって声をかけます。 信 「羌瘣(きょうかい)は、ちゃんと生きてるか?」 兵士 「ハイ、スヤスヤ眠ってます」 羌瘣 「行ってらっしゃい」 兵士 「起きてた」 和やかな雰囲気のなか、力強い蹄の馬が到着します。 王翦 「準備は出来たか」 信と兵士ら 「王翦将軍!!」 王翦 「行くぞ、鄴へ」 精鋭隊に選抜された面々が厳しい表情となり、口々に 「ハッ」と答えます。 そして、信も 「オオ」と気合十分です。 NEW!

次の

【キングダム】634話ネタバレ

王翦 鄴

キングダムがついに胸熱になってきました。 本格的に六国征服を開始した秦国。 その標的は、三大天 「李牧」率いる趙国の鄴。 しかもその鄴攻めの総大将が、六将にも匹敵すると言われている 「王翦」だからさらに期待が高まりますよね。 しかもしかも、副将には 「桓騎」と「楊端和」というからキングダムファンとしてはその後の展開が気になって気になって仕方のないことだと思います。 六将唯一の軍師上がりであった 「胡傷」が、軍師の才だけで見れば 「王翦」はすでに六将級であった、と。 なるほどこれは 「王翦」の強さを言い表すには適した表現です。 ですが、何故ここにきてほとんど登場のなかった 「胡傷」が出てきたのでしょうか。 それには今後の展開にも関係するであろう 「王翦」と六将 「胡傷」の意外な関係が絡んでいる可能性があります。 鄴攻めの今後 昌平君たち軍師一同が「難解」と表現するほどに困難とされている鄴の攻略。 この鄴攻めで 「王翦」が総大将、 「桓騎」と「楊端和」が副将であることは史実通りなんです。 総大将の 「王翦」は、鄴の攻撃を開始するやいなや 「鄴の守り堅すぎ。 時間かかるし他攻めるわ」 と言って自分の配下の一般兵を国へ帰らせ、屈強な兵だけを集めた新鋭兵たちを引き連れ、鄴から北西にある閼与 あつよ を攻めにいきます。 一方、 「王翦」が離脱した鄴攻めの指揮を任されたのはあの 「桓騎」です。 「王翦」が順調に閼与を落とし、ついでに閼与の南に位置する憭陽も落とし、 その間に 「桓騎」も見事鄴を落とします。 またその勢いのまま、 「桓騎」と「楊端和」は鄴周辺の城を9つも落とし、結果としてこの鄴攻めにより、趙国は西と南に位置する領土を全て落とされ、国土の半分程度を失ってしまいます。 「王翦」が落とした閼与は「胡傷」にとって因縁の地 鄴を落とすには時間がかかると見た 「王翦」は、軍を分散させて少人数で閼与を落としに向かうわけですが、この閼与とはどのような土地なのか。 実はこの閼与、 秦の六将である 「胡傷」がかつてここに攻め入って、旧三大天の一人である 「趙奢」に大敗した因縁の土地なんです。 作中で、 「胡傷」がわざわざ六将の中で唯一の軍師上がりとして強調しているのももしかしたらこの閼与が関係しているのかもしれません。 というのも 「胡傷」はこの閼与の戦いで、旧三大天 「趙奢」に奇策で敗れているためです。 「胡傷」を破った策とは 「胡傷」が 「趙奢」に敗れたその策をざっくり説明すると 閼与を攻めようとしている 「胡傷」に気づいた趙は、援軍として 「趙奢」を立てます。 「趙奢」が援軍として参戦すると知った 「胡傷」は、邯鄲付近に布陣する 「趙奢」の軍に間者 スパイ を送り込みます。 「胡傷」がスパイを送るだろうと予測していた 「趙奢」はそのスパイに、閼与への援軍を頼まれているが、まだ閼与に向かう目処はなく、まだ当面邯鄲付近で待機するといった「ウソの情報」をスパイに見せつけ、そのままスパイはその情報を信じて帰ります。 実はこの閼与、山で囲まれている関係もあって、 「胡傷」軍は細い山道を通って閼与に入る必要があるんです。 そのため、 「胡傷」は援軍である 「趙奢」を警戒していたわけです。 細道で後ろから叩かれてはどうしようもありませんからね。 そのため、警戒していた 「趙奢」がまだ来ないと知った 「胡傷」は急いで閼与攻めを開始します。 一方で、 「趙奢」はスパイが 「胡傷」の元に帰ったと見るやいなや軍を閼与に向けてひっそり進めます。 そして、 「胡傷」が山に入ったところで 「趙奢」は奇襲を仕掛けます。 それにより 「胡傷」はあっさり撤退します。 胡傷は王翦の引き立て役? 結果的に、六将従随一の軍師である 「胡傷」が落とせなかった閼与を落とした 「王翦」という形になるわけですから、作中で 「王翦」の軍師としての才を 「胡傷」を用いて説明した意図に関しては、閼与での制圧を通して、 「王翦」が、旧六将 「胡傷」を超える新たな六将の一人として十分な実力がある人物であることを強調するためではないでしょうか。 史実的にも今後の王翦の活躍を考えると六将筆頭は間違いないでしょう。 王翦かっこよすぎです。 今後のキングダムの展開に目が離せません。 以前には記した もあるので合わせて読んでみてください。

次の