邪魔 歌詞。 【呪いに乗せられた想い】「邪魔/syudou」歌詞・MVの意味を徹底的に解釈

ロックマン8の曲「ELECTRICAL COMMUNICATION」 歌詞をおしえ...

邪魔 歌詞

俺の脳内選択肢が、 学園ラブコメを全力で邪魔している。 はが担当。 より刊行された。 全13巻にて完結。 略称は「 のうコメ」。 『』および『』にて漫画版が連載された(参照)。 10月から12月にかけてテレビアニメが放送された。 ストーリー [ ] が舞台。 主人公、甘草奏は「絶対選択肢」と自ら名づけた望まない能力のせいで、変態じみた行動を余儀なくされる日々を送っていた。 そのせいで容姿はいいのに全くモテず、惨憺たる学園生活を送っていた。 しかし、ある日「絶対選択肢」を捨てる鍵を握る存在・ショコラと出会い、選択肢に振り回されながらもアクションを起こしていく。 それは一方で、彼を表す「お断り5」なる不名誉な称号にもかかわらず、少なからず彼に好意を寄せるヒロイン達や、ショコラを取り巻く超人間的な存在の思惑も巻き込んだ一大騒動記の幕開けでもあった。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 甘草 奏(あまくさ かなで) - 、(女性変身時) 本作の。 晴光学園高校2年生。 頭の中に二択以上の選択肢が浮かび、如何なる内容であってもどちらかを選ばねばならない『絶対選択肢』を持っている。 己の容姿が優れていることは自覚しているが、美女達に(忌み嫌われた上に)囲まれるという鈍感系主人公、その一方で自分に都合が良くても他人を傷つけてしまう選択肢は選ばないという常人には真似できない美徳の持ち主。 こういった点ではそれなりに人格者であるため、変態的行動をとっても謳歌やゆらぎからは人間として好かれている。 かなりの美男子ではあるが、『絶対選択肢』により奇行をさせられた結果、変態扱いされ、後述する「お断り5」の1人になってしまった。 一人暮らしだったが、ショコラと同居を始め、携帯に届くミッションをクリアすることに励む生活を送っている。 道端に落ちているエロ本があれば風でページがめくれることを期待、PCの『哲学者への道』という名称のフォルダにて肌色ムフフ画像コレクションを堪能、美女に求めるパンツはガーターベルト一択など年齢相応の性欲はあるため、美少女達が周囲にいる状況では性欲の制御に苦労している。 3年前の中学時代に、家族での旅行(バスツアー)で出会った天上空という少女に好意を持ち(これが奏の初恋であった)、勇気を振り絞って告白した。 しかし、旅行最終日の展望公園で空に真実を告げられ、激しく傷ついた奏はバスツアーの記憶をなくしてしまう。 以後この出来事を思い出すことはなくなり、それでいながら無意識のうちに恋愛に関してのトラウマを植え付けられた。 その後は空を自分に絶対選択肢を押し付けた神だと知ったことで、自分が好きになる人は自分自身で決めると決意する。 第7巻にて新しい表ランキングとお断り5を選考するイベントで見せた奇行の末、男子のお断り5を決める票が奏1人に集中したため、男子のお断り5は決定せず、奏1人が新規に「 お断り男」という称号・枠を生徒会から与えられた。 最愛の人としてショコラを選択した後も天上空の暴虐に翻弄されショコラも眠りについてしまうが、後に空が恋を理解して改心したことで和解する。 脳内選択肢システムの自我として目覚めたトモエとも話し合った末に、奏が愛を知りショコラが眠りから覚めてもトモエは消えないことが分かり、皆で協力してショコラを目覚めさせることになる。 ショコラと両想いになってからはバカップルとして幸せな日々を送っている。 アニメ版では『哲学者への道』における肌色ムフフ画像コレクションも描写されており、放送版では衣服を着ていた美女たちの乳首がディレクターズカット版では解禁されている。 ショコラ 声 - 本作の。 が1本あり、うれしい時は常に犬の尻尾のように動かす。 金髪の長髪で碧眼、スタイルも良いかなりの美少女。 「絶対選択肢」に苦しむ奏を助けるために神から遣わされた 神の僕。 本来は優秀であるが原因不明の記憶喪失となり、役たたずになってしまっている。 日々お菓子を食べるか、奏が様をよく妄想している、所謂「腐女子」である可能性が高い。 古い表現を使うことがある。 時々衝撃を受けることで記憶が戻ることがある。 記憶が戻ると、いつもとは違い少食になる 、言葉遣いが達者になる 、行動が大胆になる等、いつもとはかなり異なる形になる。 第4巻のコスプレ大会以降、奏に対して恋愛感情を抱くようになる。 第7巻にて新しい表ランキングとお断り5を選考するイベントに参加し、女子の表ランキング4位に選ばれた。 ショコラは本名ではなく初めて奏と会った時に記憶喪失で本名を忘れていたところ、奏からもらったチョコレートにちなんで自分で名づけた。 名前の由来通りが大好物であり、水着もチョコレート色を着用する。 彼女の中には様々な性格のショコラが内在していて、例えば『ドSなショコラ』や『熱血なショコラ』など、その種類は多岐に渡る。 なお第8巻でショコラのイレギュラーな性格以外は全て消えた。 奏が最愛の人としてショコラを選択した後、天上空の暴虐に翻弄され眠りについてしまう。 後に空が恋を理解して改心したことで奏と和解し、脳内選択肢システムの自我として目覚めたトモエとも話し合った末に、奏が愛を知りショコラが眠りから覚めてもトモエは消えないことが分かり、奏のキスによって目を覚ました。 奏と両想いになってからはバカップルとして幸せな日々を送っている。 晴光学園 [ ] お断り5 [ ] 雪平 ふらの(ゆきひら ふらの) 声 - 本作のヒロインの1人で、お断り5の1人。 2年生で奏のクラスメイト。 冷徹な美少女だが、毒舌家で冷静に変態発言を繰り返す変人でもある。 スレンダー体型で、自他ともに認めるにコンプレックスを持つ。 しかし、毒舌家で変態発言をするというのは彼女の仮の姿であり、実は引っ込み思案で気が弱く、「可愛いもの」好きという素の姿がある。 幼い頃から引っ込み思案であるが、父親 大地 の転勤を機に今までの自分を卒業、いわゆる「高校デビュー」をしようとした結果、あの性格になってしまったという。 週に一回学校の屋上で、一週間の自分を反省する「一人反省会」なるものを行っており、この時は素の話し方で話している。 なお、この一人反省会を2回奏に目撃されており、その度に記憶を消している。 自分の変態発言にも普通に接してくれる奏に対して恋愛感情を抱いていくが素直になれずなかなか認められなかった。 しかし密秘の言葉や第4巻のコスプレ大会のイベントを経て彼への恋愛感情を認める。 UOG玩具のキャラクター「しろぶたくん」が大好きでイベントに参加するほど。 第3巻第4章までは奏に「雪平」と名字で呼ばれていたが、第4巻終わりより「ふらの」と下の名前で呼ばれることになる。 遊王子 謳歌(ゆうおうじ おうか) 声 - 本作のヒロインの1人で、お断り5の1人。 2年生で奏のクラスメイト。 大企業UOGの社長令嬢。 小柄なダイナマイトボディの持ち主、いわゆるな自他ともに認める。 黒髪のロングヘアーで、黒のにブーツを履いている。 お断り5入りしていることは特に気にしていない。 どこか子供のような行動・言動をする。 運動能力はずば抜けており、のスピニングバードキックを途中で静止したような格好になることも出来るらしい。 いつも快活で強気な反面、怖い物全般が苦手で、お化け屋敷などが大の苦手である。 また、奏をわざと性的に挑発・誘惑したりもするが、実際にハプニングで奏にパンツなどを見られてしまったりすると、途端に恥ずかしがってパニックに陥り逃げ出してしまう。 柔風小凪とは友人関係。 子供のように無邪気で、あまり、恋愛を意識していなかったが、ある一件(4巻)で、奏のことを、恋愛対象として意識するようになる。 第3巻のエピローグより「謳歌」と下の名前で呼ばれる。 なお、謳歌も奏のことを「奏っち」と呼ぶようになる。 箱庭 ゆらぎ(はこにわ ゆらぎ) 声 - 奏の幼馴染。 晴光学園に編入してきた女子生徒。 「妹」であることに絶対的な存在価値を見出し、周りの全ての人間を「姉・兄」のように扱う性癖の持ち主(自分より年下であってもお兄ちゃん、お姉ちゃんと呼ぶ)。 奏に対しても例外でなく、変態的な「妹」としての好意を押し付ける。 表ランキングとお断り5の対決では、お断り5の助っ人として奏達に協力した。 アホ毛が1本ある。 妹に拘るあまりの奇行から、第7巻にて新しい表ランキングとお断り5を選考するイベント後にお断り5の一員となってしまった。 夢島 カラス(ゆめしま カラス) 声 - 2巻より登場。 お断り5の1人。 3年生の男子生徒。 お断り5の中でも屈指の変人と呼ばれる。 顔に包帯を巻いており、素顔を隠している。 その理由は常に「エロ目」になってしまうかららしい。 表ランキングとお断り5の対決の際のメンバーに選ばれるが、実際の対決に移る前の自己紹介のパフォーマンスで自爆・怪我をしてしまい、棄権となった。 一方アニメでは、対決中に「カラスが鳴くから帰ります」との張り紙を残して、いつの間にか姿を消していた。 密 秘(ひそか ひめる) 3巻よりエピローグ及び4巻より登場。 お断り5の1人。 3年生の女子生徒。 茶髪のロングで垂れ目、かなりの巨乳である。 どこか中性的な話し方をする。 恋愛クラッシャーの異名を持つが、秘本人に他人の恋愛を壊してやろうという意思はない。 恋愛というものがただ好きなだけであり、「この人が恋をしている表情を見たい」と思うと勝手に体が動いてしまうらしい。 また、それにより結果的に別れさせてしまった場合には、その彼氏と恋愛をした後、その彼女とも恋愛をすることで、恨まれるような結果のになるのを防いでいる。 放送禁止用語レベルのことを普通に話す。 本人曰く「全身が猥褻物」。 第7巻での新たな表ランキングとお断り5を選考するイベント後、お断り5から卒業した。 解川 真理咲(とくがわ まりさ) 7巻より登場。 お断り5の1人。 眠たげな瞳とだぼだぼなカーディガンが特徴の女子生徒。 知的好奇心が強く、答えを知るための行動 があまりにぶっ飛んでいることから、お断り5に選ばれている。 「レッツ真理」が口癖。 けんじというニートの兄がおり、よく話のネタにする。 見た目とは裏腹に、運動神経は良いが、持久力はまったくない。 新たな表ランキングとお断り5を選ぶイベント後、お断り5から卒業した。 爆ノ内 火恋(ばくのうち かれん) 7巻より登場、お断り5の1人。 女子のお断り5でも一番のヤバさと噂される女子生徒。 燃えるような赤髪と関西弁が特徴。 「恋愛研究」と称し、運命の人を見つけるために初対面の男子生徒を四つん這いやブリッジ姿で追い掛け回し、漫画や雑誌の恋愛知識を躊躇無く実行する痛い人物。 表ランキング勢 [ ] 黒白院 清羅(こくびゃくいん せいら) 声 - 3年生の女子生徒。 女子の人気投票1位のカリスマで、晴光学園の生徒会長。 奏に対して、絶対選択肢や神の存在と、その鍵を知っているかのような謎の行動をとったり、周りには奏と付き合っているように振る舞ったりと、幻惑的な性格を見せている。 第4巻にて明かされることになるが、正体はショコラと同じく 神の僕。 仕え先は空。 立場的には空の方が上であるが、実際には空を母親のような感覚で見守っており、恋を理解できない空が人々の人生を滅茶苦茶にしてしまうのを嘆いていた。 奏に思わせぶりな発言をしていたのは空に恋を理解してもらうためであり、空が改心して今まで人生を滅茶苦茶にしてきた人々に謝罪することを願っていた。 爽星 素直(さわぼし すなお) 7巻より登場。 本作のヒロインの1人。 2年生の女子生徒。 女子の人気投票では2位。 黒髪おさげの清楚な見た目で、その容姿や性格から会長に次ぐ人気を得ている。 しかしそれは猫を被っているだけで、本性は汚い言葉でしゃべり、他人を見下し、現在の地位に留まるためなら何でもする腹黒い女子。 奏のクラスを訪れた際に本性がバレるも、家が調査会社であるのを利用してあらかじめ生徒達の秘密を握っており、正体を漏らさないよう脅しをかけて封殺を図った。 満を持して新たに表ランキングとお断り5を選ぶイベントに参加するが、その最中に何者かの手で全校生徒の前で本性を暴露されたことで表ランキングから脱落、お断り5の1人に選ばれてしまうという急転直下の転落を辿った。 自身のことを本心から純粋に「可愛い」と褒めてくれた奏に対しては何やら思うところがあったらしく、イベント後に髪を断髪して奏の前に現れている。 後に奏を巡る恋愛バトルに正式に参戦するが、奏がショコラを選んだことで失恋した。 柔風 小凪(やわかぜ こなぎ) 声 - 2年生の女子生徒。 女子の人気投票で3位を獲る容姿と、温厚・柔和な性格を兼ね備えたアイドル的な存在。 男子からの人気が高く、彼女の親衛隊も存在する。 第7巻で爽星が表ランキングから転落したため、順位が繰り上がり2位となった。 チチル・ニューミルク 7巻より登場。 3年生の女子生徒。 女子の人気投票では4位。 欧米系の容姿だが、なぜか語尾に「アル」と付けて話している。 そのギャップやフレンドリーな性格、さらに麗華堂を凌ぐほどの爆乳(彼女と違いこちらは天然物)から人気が高い。 第7巻で爽星が表ランキングから転落したため、順位が繰り上がり3位となった。 麗華堂 絢女(れいかどう あやめ) 声 - 2年生の女子生徒。 女子の人気投票では5位。 気質で、高いプライドを持つ女王様キャラ。 凄まじいの持ち主だが、したものと奏に悟られている(胸にシリコンを入れており、周囲には秘密にしているが、ふらのや爽星にはバレている)。 また、プライドの高いキャラも本来の性格ではなく、好意を寄せる幼馴染の好む容姿とキャラに合わせて作ったものである。 奏も当初は爆乳に夢中になっていたが、シリコンと理解してからは全く興味を見せなくなった。 第7巻にて新たな表ランキングとお断り5を選ぶイベントで、(ふらのが原因とはいえ)興奮すると乳が硬くなるという意味不明なイメージを他の生徒に対し植えつけられた挙句、表ランキングの地位から転落した。 獅子守 想牙(ししもり そうが) 声 - 3年生の男子生徒。 男子の人気投票で堂々の1位に君臨するイケメン。 生徒会の副会長を務めている。 なお、妹が5人もおり、家では苦労しているらしい。 作中での言動からも、お断り5を嫌っており、特に数々の奇行を繰り返す奏のことは、生徒会に数多くの苦情が来ていることもあって蛇蝎の如く忌み嫌っている。 逆に奏からも、人間関係に苦労していることを同情した際には喜ばれているが、自身が学園どころか私生活でもリア充状態であることを明かし、「好意を持ってくる女をどうにも受け入れられない」と贅沢とも言える悩みを打ち明けた際は、「爆発…いや蒸発くらいすればいいのに」と、内心毒づかれてしまっている。 吉原 桃夜(よしわら とうや) 声 - 1年生の男子生徒。 正確にはまだ表ランキング入りしていないが、次期表ランキングの有力者と目されている(アニメではその設定は紹介されていない)。 本人はかなりの女好きで、彼女が約10人ほどいるが、本人曰く「みんな平等に愛する」とのこと。 表ランキングとお断り5の対決では表ランキング勢の一員として参加した。 陽交 差月(ひまじり さつき) 声 - 奏のクラスの委員長をしている女子生徒。 地味めな眼鏡をかけた大人しい女の子で、隠れファンが多かったらしく、第7巻にて新しい表ランキングとお断り5を選考するイベントに参加していなかったにも関わらず、女子の表ランキング5位に選ばれた。 ただし、男子同士で水着のレスリングをすることに嬉々とした表情をしていることからも、の可能性もあり、場合によっては「お断り5」になりうる可能性も秘めている。 その他の生徒 [ ] 藤堂 さくら(とうどう さくら) 声 - 柔風小凪親衛隊の隊長。 彼の他に3名の隊員がおり、親衛隊の1人に奏の貞操を狙っている者がいる。 小凪本人からは親衛隊の存在自体を認識されていないどころか、自分に近付く男子(特に絶対選択肢に振り回される奏)を変態扱いして度々暴力を振うなど、小凪の人間関係に大きな悪影響をもたらしているために、酷いことをする集団として激しく嫌われている。 奇行の多い奏を変態扱いし、度々暴行を行っているが、裏で小凪にいやらしい下着を送りつけたりと、自身も破廉恥極まりない行動を取っている。 絶対選択肢に振り回されて奇行を取らざるを得ない奏と異なり、はっきり言って正真正銘の変態であるのだが、新しいお断り5の選考にて候補にすらなっていなかったことからも、変態行為などに関しては知れ渡っていなかった模様。 宮澄 太一(みやすみ たいち) 声 - 晴光学園の放送部長。 表ランキングとお断り5の対決の際に司会兼実況を務めた。 ちなみに解説役は宴先生。 黒須 美里(くろす みさと) 宮澄の後任になった放送部長。 表ランキングとお断り5を決める投票イベントの際に実況を務めた。 愚呂沢 明奈(ぐろさわ あきな) 奏のクラスメイトで、眼鏡を掛けた女子生徒。 演劇部に所属しており、将来の夢は映画監督になること。 教師 [ ] 道楽 宴(どうらく うたげ) 声 - 奏のクラスの担任で、『絶対選択肢』を持っていた過去から奏の事情を知っている貴重な存在。 極道のようなガラの悪いしゃべり方を好む。 実年齢は29歳という三十路間近ながら、容姿は小学生かと思うほど非常に幼く(服装も子供っぽい)、本人もそれを気にしている。 そのため、奏が容姿や結婚などのマズい話題に触れると激怒する。 アホ毛が1本ある。 以前は絶対選択肢の能力を持っていたが既に解除済みである。 だが、絶対選択肢の解除方法などの奏の知らない情報を伝えようとすると、今でも激しい頭痛が起こり、情報に規制がかけられてしまう。 免許を取得しておりを所有、ドリフトの腕は一流であり、その身長で外からだと顔が見えない事から地元の走り屋の間では「 峠のデュラハン」「 水戸街道の首無しドライバー」として有名。 家族関係 [ ] 甘草 虎児郎(あまくさ こじろう) 甘草奏の父親。 常にボケ体質で、奏との電話の最中でもくだらない会話を繰り広げる。 妻との仲は良く、人目もはばからず二人でイチャイチャしている。 甘草 調(あまくさ しらべ) 甘草奏の母親。 夫の虎児郎に輪を掛けたボケ体質で、しかもそのボケはかなりつまらないため、奏も辟易している。 雪平 るもい(ゆきひら るもい) 雪平ふらのの母親。 ふらのとそっくりであるらしいが、巨乳。 かなりの毒舌家である。 娘のふらのや夫の大地にも毒舌(もちろん冗談であるが)で話す。 大地にはベタ惚れの様子で、たまにデレる。 ふらのの理想の夫婦像らしい。 雪平 大地(ゆきひら だいち) 雪平ふらのの父親。 下ネタが大好きであるらしく、妻であるるもいや娘のふらのにも常日頃から下ネタを話すが、るもいに対する愛の言葉は直球で、毒舌家のるもいをデレさせてしまうほど。 遊王子 謳真(ゆうおうじ おうま) 遊王子謳歌の父親。 大企業UOGの社長。 漆黒のスーツを着こなし、20代にも見えなくもない若々しい外見をしたイケメンだが、性格は謳歌に輪を掛けて子供っぽく、自他共に認める変態。 更にはネタの古いギャグを飛ばす喧しさや娘のクラスで盛大に派手な屁をブッこく等、非常に下品で傍迷惑な存在(謳歌によると、これでも「少し抑え目」らしい)。 謳歌と同じく、ずば抜けた運動能力を持ち、身体が有り得ない方向に曲がる程柔軟でもある。 娘の謳歌からいつも奏の話を聞かされているらしいが、謳真は自分よりまともな奴に娘を渡すつもりはないと公言している。 宴先生とは学生時代の知り合いで恋愛相談も受けていたらしく、彼女を「宴氏」と呼んでいる。 しかし、現在の彼女からは嫌われており、「人を舐め腐った野郎」と評されている。 遊王子 響歌(ゆうおうじ きょうか) 声 - 遊王子謳歌の母親。 元アイドルで、今は知的で聡明なニュースのコメンテーター。 実はかなりのドM気質。 神 [ ] 数多く存在する平行世界の中で、奏達のいる世界の担当になった八百万の神。 チャラ神 声 - 八百万の神のうちの1柱であり、しばしば奏と連絡を取っている、自称キャバクラ担当の神で奏はこの神を チャラ神と呼んでいる。 前任者の引き継ぎがなかったことで事情を深く知るわけではなく、性格は適当・不真面目・軽薄そのもの。 本名 ? キャバノカミノチャラウ。 性格以外はそれなりにまともなため管理下で重大なトラブルが起こればきっちり対処に出向く一面もある。 なんだかんだで奏には能動的に情報提供をしており、奏が選択肢を誤らないことを願っている。 前任者 八百万の神のうちの1柱であり、奏の世界を一代前に担当し、不倫の末の妊娠で、相手の奥さんから「このドロボウねこ!」といわれ引きこもっている神。 この神が遣わしているのがショコラ。 実はチャラ神が奏にまともな協力が出来ないのは彼女が後任者への引き継ぎをしなかったことが一因であり、天上空にも劣らない無責任っぷりを発揮している。 恋愛を司る神 八百万の神のうちの1柱であり、かつて奏のいる世界を担当し絶対選択肢を生み出した高位の神。 奏が絶対選択肢を持つ原因であり、恋愛を司るが同じく消息を絶っている神。 第4巻ではこの神が遣わしているのが黒白院清羅であると判明し、その後、恋愛を司る神=天上空だと判明する。 本名はアマガミソラ。 本人は恋を知らないのに恋愛を司り人間の恋愛を観察することが大好きだな矛盾を抱えた存在。 非常に傲慢で自己中心的な性格であり、奏が空を憎んだ後に空に恋に落ちるという極大の落差によって恋に麻痺した自分でも恋を知ることができるという非人道的な方法を実行にうつす非常識な神。 自らが恋を知るためだけに「初恋を玩ばれた」というトラウマを奏に植え付け、自分と同じく奏が恋をできないようにした。 物語の裏側で奏たちを監視し、選択肢を操ることで間接的に行動を操作していたが、実は奏以外にも様々な人々に対し「二股をして双方に教えて争わせる」「既婚者を誑かし奥さんの泣き顔を笑顔で観察」「ラブレターを書いた本人の前で破り捨てる」など数々の暴虐を働いてきた。 四葉紙伊緒乃という存在を創り出し、不幸で薄命な少女という設定にすることで奏と強制的にカップルにし、奏だけでなくショコラ・ふらの・謳歌・素直にも失恋の痛みを再自覚させることで精神的に崩壊させることを楽しんでいたが、これにより彼女自身が恋を理解するという思いがけない事態が発生する。 自分自身が実は奏に惚れていたこと、自分が行ってきたことがどれほどの人々を苦しめてきたかを一気に理解し凄まじい罪悪感で押しつぶされることになる。 恋を理解した後は改心し皆に謝罪、奏とも和解し自分のせいで眠りについてしまったショコラを目覚めさせるために奔走した。 四葉紙 伊緒乃(しばかみ いおの) 第9巻にて奏のクラスに転校してきた女子生徒。 容姿は天上空そっくりで、奏の絶対選択肢や神についても知っている。 実は天上空が奏を苦しめるために創り出した存在。 設定としては薄命で両親も亡くなった天涯孤独の美女であり、奏とカップルにならなければ絶命する運命にあることになっている。 この設定が嘘であることを見抜けなかった奏は伊緒乃とつきあうことになるが、意外にもこれによって空が恋を理解したことで後々の和解につながることになった。 その他 [ ] 権藤 大子(ごんどう だいこ) 声 - 奏の隣の家に住んでいる49歳の巨体 の女性。 年に似合わず髪型はリボンをしたツインテールで、大きく口紅をつけている。 奏に対し好意を抱いている。 アニメ版の第1話では、「権 堂大子」とのクレジットになっている。 窓辺 みちる(まどべ みちる) 6巻より登場。 奏が3年前(中学生時代)に両親と旅行をした際に利用した、アラブルトラベルのバスツアーのガイド。 下品で常にテンションが高く、下ネタを巧みに使って絡んでくる。 天上 空(あまがみ そら) 6巻より登場。 3年前の旅行(バスツアー)の際に奏が出会った少女。 奏の初恋の相手。 2度目に会った時は窓辺みちるに化けていた。 奏に好意を抱かれていることを自覚し、彼の告白後に自身は奏をなんとも思っておらず、騙していたという真実を告げる。 奏の好意を踏みにじり、彼に恋愛のトラウマを抱かせた元凶。 その正体は奏に「絶対選択肢」の呪いをかけた 神本人であり、チャラ神とも知り合い。 本来は「恋愛を司る神」で、人間の恋愛行動を長きに渡り管理していた。 他人の恋を見ても恋愛というものがうまく理解できず、恋愛について知るために奏をターゲットに選び、おもちゃのように弄んでいる。 ア・マグサ・ガナドゥール 因果変革体である彼が睡眠状態に入る毎に「表時間」と「裏時間」が繰り返され「裏時間」になると人類と敵対する「魔導獣」が一斉に攻めてくる。 「魔導獣」には、既存の航空兵器や人型兵器の武装が全く通用しない。 その「魔導獣」に対抗出来るのは、ガナドゥール氏が駆るロボット「エルドラオン」である。 ガナドゥール氏は、甘草 奏と同用に呪いにかかっている 奏に比べるととても軽微な呪いである。 その為、神の僕としてショコラを使わせようとしたが、誤ってミラエリカをガナドゥールの世界に、送り込まれてしまった。 オリジナルの僕は、彼女を合わせて一桁の数しかいない。 ミラエリカ 神の僕のオリジナルである彼女は、何でも出来る完璧な僕である。 奏のいる世界 第49世界 に送られるはずだったが、神様の手違いで、ショコラと送られる世界が入れ違ってしまった。 アニメの登場人物 [ ] 片恋ノゾミ(かたこい ノゾミ) 声 - OVA(第11話)に登場。 最初のイベントで奏の選択肢により即フラグを折られる。 なお主人公(プレイヤーキャラ)・運野命人(うんの めいと)役は奏が、それぞれのヒロインキャラである毒蝮サキ(どくまむしサキ)役は遊王子謳歌、星空ミルク(ほしぞらミルク)役は雪平ふらの、パルフェ役はショコラが担当した。 春原ヨウ(はるはら ヨウ) 声 - OVA(第11話)に登場。 男子だが固有攻略ルートに入るとなぜか女子に変わる。 入りこんだ世界ではなぜかゴツい体型の男だった。 ゲームナレーション 声 - OVA(第11話)に登場。 奏の絶対選択肢ほど厳しくなく、恋愛ゲームらしい選択肢を出す(読み上げる)。 用語 [ ] 晴光学園(せいこうがくえん) 奏達の通う私立のマンモス共学校で、敷地がかなり広く1学年15クラスを擁する。 1年に2回人気投票(ミス・ミスターコンテストのようなもの)が行わる。 表ランキング(おもてランキング) 晴光学園全校生徒からの人気・話題でトップまたはそれに次ぐ地位にいる生徒達。 第1巻から第7巻まで 1位 2位 3位 4位 5位 女子 黒白院清羅 爽星素直 柔風小凪 チチル・ニューミルク 麗華堂絢女 男子 獅子守想牙 不明 不明 西野葵 不明 第7巻での投票後 1位 2位 3位 4位 5位 女子 黒白院清羅 柔風小凪 チチル・ニューミルク ショコラ 陽交差月 お断り5(おことわりファイブ) 晴光学園での投票により「美形ではあるが行動や性格が問題で恋愛対象にならない」と判断された、残念な美男美女のトップ5人ずつ。 裏ランキングとも言われる。 アニメでは男女合わせて5人の設定となっている模様。 第1巻から第7巻まで 女子 密秘 爆ノ内火恋 遊王子謳歌 雪平ふらの 解川真理咲 男子 甘草奏 夢島カラス 不明 不明 卒業済 第7巻での投票後 女子 爆ノ内火恋 遊王子謳歌 雪平ふらの 爽星素直 箱庭ゆらぎ 男子 甘草奏 不選出 不選出 不選出 不選出 絶対選択肢(ぜったいせんたくし) 命名は甘草奏によるもの。 日常生活の様々な場面で頭の中に音声でもなく文字でもない2択または3択(アニメでは4択もあった)の物理法則を無視した選択肢のことである。 最終巻にて擬人化し、奏の前に現れた。 — チャラ神、 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している2巻 38ページ 人間から見た場合は「呪い」。 「選択」という言葉を含むが、実質的に衆人環視の中でのエグい下ネタや奇声、嫌悪感を催すイベントの発生を強要するものである。 他人に選択肢の存在を知られることはなく、選択を行わない限り基本的には消えることはない。 選択をいつまでも選ばない場合、死ぬほど激しい頭痛に襲われることとなる。 【例1】「(1)美少女が空から落ちてくる (2)権藤大子さん(49)が空から落ちてくる」 - 一見物理的に不可能に見えるが、選べば 必ずどちらかの事象が発生する。 【例2】「(1)『ねえ、キミのパイオツ触らせてよ、パイオツ』 (2)『ねえ、俺のパイオツ触ってよ、パイオツ』」 - このように、を言わせたり行動を選択させる場合もあり、奏が周囲の人間に避けられる原因となっている。 ミッション 定期的に奏の携帯に届く、送信者不明の指令書。 指定された時間と場所で、ある行動をとらねばならないと書かれているが、「絶対選択肢」を捨てるためには必須のことであるとされる。 失敗すれば死ぬまで「絶対選択肢」を消せなくなる。 漫画版 [ ] 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している オンラインコミックマガジン『』(KADOKAWA エンターブレイン)2013年2月1日配信号より2015年5月1日配信号まで連載された。 作画は一葵さやか。 原作準拠でコミカライズされている。 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔しているH 『』(KADOKAWA 角川書店)2013年8月号(2013年発売)より2014年5月号(2014年4月10日発売)まで連載された。 作画は長谷見亮。 原作のスピンオフ作品で、独自設定として、奏が「もし、選択肢のもう片方を選んでいたら」という「隠しルート」が設けられ、物語の終盤でヒロインがなに至るのが慣例となっている。 書籍情報 [ ] 原作 [ ]• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 2 2012年発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 3 2012年発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 4 発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 5 2013年発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 6 2013年発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 7 2月1日発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 8 2014年6月1日発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 8 Blu-ray付き同梱版 2014年発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 9 2014年10月1日発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 10 4月1日発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 11 2015年発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 11. 5(短編集)発売• 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12 2016年2月1日発売 漫画版 [ ] 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している()• 2013年発売• 2013年発売• 2014年発売• 2014年発売• 2015年発売 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔しているH()• 2013年発売• 2014年発売 テレビアニメ [ ] テレビアニメ第1話に登場する 2013年10月から12月にかけ、、、ほかにて放送された。 原作の第3巻までがアニメ化されている。 全10話。 と絶対選択肢を告げる声はが、次回予告のナレーションはのメンバーがそれぞれ担当している。 Cパートでは、違う選択肢を選んでいた場合の結末が描かれた。 2014年5月27日には、テレビ未放送の第11話が収録された付き原作第8巻限定版が発売された。 スタッフ [ ]• 原作 - 春日部タケル(刊)• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクター原案 -• キャラクターデザイン・総作画監督 - 齊田博之• キーアニメーター - 、• 美術監督 - 阿部行夫• 背景 -• 色彩設計 - 上村修司• 撮影監督 - 伊藤康行• 編集 - 岡祐司• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 金谷雄文、村上純• 音響監督 -• 音響制作 -• 音楽制作 -• プロデューサー - 五味健次郎• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• 各話リスト [ ] 各話のサブタイトルは、Aパート開始時 に数個の候補が挙げられた上で選択される。 太字が選択された選択肢。 サブタイトルの数字は放送や公式サイトではで表示されているが、本項ではに沿い、丸数字を表示できない環境も考慮して数字と括弧で代用するものとする。 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 Cパート 次回予告 ナレーション 第1話 (1)甘草奏の甘くない日常 (2)甘草奏の臭くない納豆 空流辺広子 (1)ねぇ、君のおっぱい触らせてよ (2)ねぇ、俺のおっぱい触ってよおっぱい ルイズ アリア コヒメ 第2話 (1)秘技あり! ブタックジョークで笑わせろ! (2)異議あり! 川島尚、國行由里江 松尾真彦 (1)で、いつになったらパンツ見せてくれんの (2)もういっそのこと自分がパンツになる レイミー レイナ ルイズ 第4話 (1)ハーレムはスバラC! (2)世界で一番キモチE! 稲垣隆行 橋口洋介 (1)表のランキング四人全員(在校生)から告白されるハーレムタイム突入 (2)ものすごく気持ちのいい事がおこる ミク レイミー エミュウ 第5話 (1)妹、あらわる (2)胃、もたれる 金杉弘子 所俊克 松尾真彦、梶浦紳一郎 岡本圭一郎、嵩本樹 西田美弥子、玉木慎吾 (1)乳首をつまみながらはいはい下らない喧嘩はそこまでだ (2)パイパイ下らない喧嘩はそこまでだ ミク ユカフィン エミュウ 第6話 (1)トラトラトラ! (2)ぶたぶたぶた! あおしまたかし 安藤健 岡本達明、上野卓志 Kim Hee gang、Kim Dae Hoon (1)麗華堂の秘密(実は胸にシリコンが入っている)をばらす、とおどしをかける (2)甘草・A(アナタがスキダカラ! )・奏に改名する マホ ユカフィン ルイズ 第7話 (1)清羅出撃! (2)清羅、服を脱がさないで 山口宏 沖田宮奈 高島大輔 山崎輝彦、飯飼一幸 加藤里香、萩尾圭太 (1)とんでもなくつまらないダジャレを言う (2)何があっても詰まらないと評判の排水溝になる アリア レイナ アヤミ 第8話 (1)俺の居候がこんなに賢いはずがない!? (2)俺の一物がこんなに凄いはずがない!? 金杉弘子 森脇真琴 小菅和久、西田美弥子 (1)エロイ形の石に抱きつき舐め回す (2)エロイ形の大根に抱きつき、エロイ食べ方をする レイミー ローラ アヤミ 第9話 (1)ドキッ! 美少女だらけの水泳大会 (2)ムキッ! アニキだらけの筋肉大会 (3)土器っ! 隔週水曜更新。 パーソナリティは。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 変態扱いされている現在でも、整った容姿を認められているが、それだけに「イケメンだけど変態だからモテないのがアイデンティティ」という印象も周りから抱かれている。 本来、神の僕はエネルギー効率が非常に良く作られておりあまり食料から栄養を摂取する必要は無い。 いつもは奏曰く「何となくひらがなで喋っている感じ」。 1度目は雪平が道楽宴から教えられた「直近5分間の記憶を失わせるツボ」により、2度目は奏の絶対選択肢によって記憶を削除した。 とあるアニメのOPの冒頭で逆立ちする少女達のスカートがめくれないことに疑問を感じ、めくれないかどうか自ら廊下で逆立ちをしてパンツが丸見えになった所を奏に目撃される等。 奏いわく、体重は3桁を越す。 男子の表ランキングは現時点では判明せず。 男子のお断わり5枠は選ばれず、奏1人を特別枠として「お断り男」に任命。 第7話まで。 第8話は別の形式。 OPのテロップ。 公式サイトでは「5pb. Records」を運営する名義で紹介されている。 第1話・第5話・第8話はAパート終了時に表示。 出典 [ ]• 2013年3月21日. 2013年3月29日閲覧。 春日部タケル 2013年3月22日. Twitter. 2013年3月29日閲覧。 2013年3月29日閲覧。 2013年10月9日閲覧。 アニメ『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』公式サイト. 2017年4月14日閲覧。 ファミ通コミッククリア編集部ブログ. 2013年1月30日. 2013年12月2日閲覧。 FC2ブログ 2013年6月10日. 2013年12月2日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

邪魔 歌詞「アカシック」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

邪魔 歌詞

大方の予想の通りセンターは、デビューシングルキュンに引き続き 小坂菜緒が担当。 歌唱メンバーは21名から、 影山優佳と柿崎芽実を除いた19名。 前列から、 5-6-8というフォーメーションとなった。 ライブで盛り上がること間違いなしの曲である。 ドレミソラシドMVと音源(Full Ver. )   歌詞メンバーは1期生11名から、東京大学進学を目指して活動休止中の 影山優佳と 柿崎芽実(不参加の理由は不明だったが後に卒業を発表)の二人を除いた9名と、2期生9名、たった一人の3期生上村ひなのを会わせた19名。 小坂は、2作連続でセンターに指名されて、揺れ動く想いをブログにこう綴っている。 1stシングルで選ばれた時からここまでで、本当に沢山の事を学びました。 想像をはるかに上回るほどの悩みにぶつかったり、その度にメンバーに支えてもらい、泣いたり笑ったり。 今回の2ndシングルでも、この位置に立たせて頂けることは本当に有難いことただと思っています。 でも、選ばれた瞬間に「嬉しい」と思えなかった自分はまだまだ未熟者で、一瞬でもそう思ってしまった自分に悔しさを感じます。 何に怯えてるのか…私にも正直分かりません。 けど、ただただ怖かったと言うのが本心です。 それを解消してくれるのがファンの皆さんの応援とメンバーの存在だと思っています。 今では不安や怖さが無いと言うと嘘になってしまいますが、ちょっとした安心感もあります。 サイドには2期生の2人がいて、周りを見れば大好きなメンバーいて そんな中で、私が自信を無くして下ばかりむいていても意味が無いし、引っ張っていかなきゃと改めて思うことができました。 何を言われるかは分かりません。 皆さんにだっていろいろ感じるものがあると思うし、その個人的な想いを否定するような事は言いません。 いいと思います。 でも、少しワガママを言わせてください。 暖かい目で応援してて欲しいです。 私じゃなくてもいいです。 日向坂46を全力で応援しててください。 これは、私が負けず嫌いだからなのかな。。。 諦めたくないし、日向坂を大きくする存在の一人でありたいです。 私もひとりの人間です、いろんな想いももちろんあります。 でも、負けたくないし、2ndシングル「ドレミソラシド」が大ヒットして欲しい。 まだ頑張らせてください。 挑戦させてください。 頼りないかもしれないけど、微力ながらにも、全身全霊をかけて… この位置から、素敵な景色が見れるように 全力で頑張りたいと思います。 (中略) 笑いたい時は一緒に笑い、泣きたい時は一緒に涙を流し、そんな優しい「おひさま」の皆様がいるから、青空の下で太陽に照らされていると思っています。 2ndシングル「ドレミソラシド」をよろしくお願いします! そして、日向坂46の応援よろしくお願いします! (2019年6月10日小坂菜緒のブログより抜粋) スポンサーリンク 日向坂46にとっての直近の課題は、 知名度のアップであり、それに伴う ファン層の拡大である。 1列目、センターの両脇を固めるのが、 丹生明里と 河田陽菜という2期生同志のフレッシュな顔ぶれになったことは驚きである。 その影響で、2期生で小坂に次ぐ人気を誇る 渡邉美穂が、2列目に下ってしまった。 フロントの両端は、1期生の 齊藤京子と 加藤史帆が手堅く配置されている。 2列目で注目すべきは、2期生高2トリオの1人、 金村美玖の抜擢だろう。 ダンスも歌も、握手会人気もトップクラスで、いずれフロントにも入れる逸材である。 2期生では、 宮田愛萌も3列目から2列目に繰り上った。 1名減って8名となった3列目は、前作とほとんど変わらない顔ぶれだが、キャプテンの 佐々木久美1人が、2列目から3列目に下げられた。 気になるのは、体調不良でしばしば握手会などを欠席している 柿崎芽実が2ndシングルに参加しないことだ。 将来を見据えてグループからの卒業を考えているとのリークもある。 Hey! Who are you? キツネキツネ キツネキツネ 本当の私は見せられない カッコつけちゃって ごめんなさい 見つめられないくらい好きなのに 興味無いふりしてる キ・ツ・ネ 恋なんか星の数ほどしたし お腹いっぱい 別にできないし 涼しい顔で 他人事のように あなたと話しましょう Hey! Hey! さあ 愛とか微塵も感じさせないで キツネキツネ キツネキツネ Hey! 女の子は化けてるんだ いつだって 純なハート バレたら 簡単に盗まれちゃうよ 男を騙してなんぼだ お望み通りに化けるよ キツネキツネ キツネにつままれて 気づけない感じに (Hey! ) キツネキツネ キツネキツネ どこかで誰かが嘘ついてる そんなに目くじら立てないで 傷つかない程度に 誰だって 帳尻合わせてるの キ・ツ・ネ 結婚は遠い先のことでも 現実に悩め! 遠回りできないし こんな所で心を許しちゃ 後々辛いでしょ Hey! Hey! 夢なら夢だと気づかせないで キツネ キツネ キツネキツネ Hey! やる気なんてどこかに居る どうせ どうせ この世はみんな竹藪の中 キラキラと光る真実は どこかに隠してあるんだ キツネキツネ キツネの嫁入りは 心の天気 雨 Hey! みんなでコンコンコン 鳴き声聞こえるか 好きも好きじゃないも 本当か分からない キツネがいっぱい (Oh! コンコンコンコンコン) キツネ キツネ キツネキツネ Hey! 女の子は化けてるんだ いつだって 純なハート バレたら 簡単に盗まれちゃうよ 男を騙してなんぼだ お望み通りに化けるよ キツネ キツネ キツネにつままれて 気づけない感じに Hey! Hey! Hey! 金村美玖が初センターに選ばれた。 2期生で小坂菜緒以外では初めてのセンターである。 金村の高い歌唱力が活かされていて、Bメロの3連符のグルーブ感もよく出ている。 齊藤京子、佐々木美玲という2人の実力派がユニットに参加していないのは意外である。

次の

【日向坂46】やさしさが邪魔をする 歌詞考察・やさしさの裏にある本当の声

邪魔 歌詞

syudouさんが初めて殿堂入りを果たした曲です。 邪魔はsyudouさんのダークな世界観が描かれていて、メッセージ性の強さに心打たれます。 Youtubeの概要欄にもありますが、 syudouさんいわく 邪魔は「愚痴」がテーマの曲のようです。 「邪魔」の成り立ち 「邪魔」ができた成り立ちをsyudouさんはTwitterで語っていて ララランドの映画を観て、ドトールでバイトを始めてそこで好きになった先輩に告白して振られたことで自暴自棄になって作ったそうです... 真ん中にいる白髪の男性は「困った顔」をして手を合わせています。 白髪の男性の髪型は後ろの男性と同じことから3つの顔をもつ1人の男性が描かれていると解釈できます。 真ん中の男性が手をさすっているような仕草が見えますが、 一般的には「自信がない人」の癖だと言われています。 曲の題材となっている人は、自信がなく思っていることを言えない人なのでしょうか? 周りの目を気にすることに嫌悪感を抱いている曲 お前の態度が気に食わぬ 〜 気配り上手で聞き上手 「気配り上手で聞き上手」でいわゆる 世間体を気にして振る舞ういい子が気にくわないと考えられます。 変な人が現れても「擬態処理」をする。 "処理"というワードを使っていることからも、いい印象は感じられません。 人に興味はなくて作業のようにこなしていることがわかります。 側からみたら不平不満も漏らさずに、いい子をちゃんと演じていると思われているが、そんな人を嫌っている様子が歌詞から伺えます。 自分らしくない自分を否定する それでもアタシは許さない 認めない そんないい子な人は誰からも愛されるけど自分はそんなやつは許さないし認めない。 いい子ぶっているのを「お前」と表現していますが これは自分自身に向けたメッセージなのではないでしょうか? 最初に補足したMVでは自身を描いた3人の感情が表に出るイラストとなっていて 主人公は自分らしくない自身の様に飽き飽きしていると解釈できます。 自分らしさのかけらもない自分が周りから評価されるが、それを否定している。 それはある意味 自分自身の一番の味方は自分だけと言っているとも考えられます。 曲名の意味:他人は「邪魔」 人目避けて行こうぜ 邪魔:【意味】妨げること。 妨げになるもの。 曲名は「邪魔」となっていますが、ここまでの解釈の中で歌詞では人の目を気にするいい子ちゃんを完全否定しています。 邪魔だと言っているのは「他人の目」だと解釈できます。 歌詞の中に「呪い」を表す言葉が多くありますが、 曲名を分解すると「邪」と「魔」になります。 "呪いに関すること"という意味も曲名に含まれていると考えられます。 聞きたくない「周りの声」 「人目を避けよう」 「嫉妬で駆けて行こう」 「死のみぞ一斉送信」 の言葉もあることから、全て一方通行で誰とも関わっていないことがわかります。 主人公は周りと関わりたくないことが表現の節々から感じられ、 自分が他と違うべき、馴れ合わないことを良しとしながらも、 周りと関われない関わりたくないといった葛藤が含まれています。 お前が善などヘドが出る アタシが善とは思わぬが お前が善などヘドが出る 自分自身の考え方にも迷いが生じていることがわかります。 自分を善だと思わないと表現しているように、自分を肯定的にみていないことも自信のなさなど主人公の性格が出ます。 周りの目を気にしている自分は嫌いだけど、目を気にしないと行き辛いというのも実感しています。 生きづらさ 頬を通って伝うよ 頬を通って伝うのは"涙" "自分を偽って生きていること""自分らしく生きること"どちらにも葛藤があり涙ぐんでいます。 この世の生きづらさをなんども嘆いている様子が歌詞から伺えます。 呪いに乗せられた想い さしずめあんたも個人主義 敵無く生きてく事なんざ 所詮お前にゃ無理なのさ 最後の歌詞で主人公は 自分らしく生きていくことを全否定していることがわかります。 歌詞を一文にまとめると以下になります。 「敵無く生きてく事なんてお前には所詮無理」 主人公はしたくてもできない生き方があるから想いを呪いに乗せているんだと解釈できます。 まとめ syudouさんが込めた想いの強さ。 生きづらさの感情に衝撃を受けました。 今回は「邪魔」の解釈をしてみました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の