パール ホワイト ハムスター。 ハムスターの種類!パールホワイトの性格や寿命、体重などの紹介です!

気になることは調べてみよう! ウィンターホワイトハムスター (全文) [小動物] All About

パール ホワイト ハムスター

スノーホワイトとパールホワイトの特徴を知れば理解できる!? スノーホワイトとパールホワイトは見た目はとても似ているのですが、それぞれの特徴をしっかりと理解をしておくことで、違いを把握することができるのではないでしょうか。 そこで、スノーホワイトとパールホワイトの特徴をご紹介させていただきます。 パールホワイトの特徴 ・経路は真っ白で背中に薄っすらと黒っぽいラインがある ・人懐っこくて、人間慣れしやすい性格 ・しつけや手乗りをすぐに覚えられる ・気性が激しい子も中に入る スノーホワイトの特徴 ・黒っぽいラインがなく全身が真っ白 ・人懐っこいが、攻撃性が高い ・しつけは訓練する必要がある と言ったようにそれぞれ特徴があります。 パールホワイトと比べてスノーホワイトはトイレやしつけをなかなか覚えてくれない子が多くて、しつけに苦労をしてしまうという人が多いのです。 スノーホワイトの中には、攻撃性が高くて手を差し出すと本気で噛んでしまい、怪我をしてしまったという飼い主もいます。 どちらも可愛いのですが、やはりパールホワイトの方がお利口さんが多いです。 スノーホワイトとパールホワイトの違いは全身を見る! そこで、先ほど説明をさせていただきましたが、スノーホワイトとパールホワイトの違いはずばり、「真っ白か真っ白ではないか」です。 スノーホワイトもパールホワイトもどちらも真っ白で体格も似ているのですが、パールホワイトの方が背中に薄っらとラインがあります。 そこで、どちらを飼育しているのか、これからどちらを飼育しようかと決めることができます。 また、個体差によって大きく異なってきます。 全身真っ白だからといって必ずしもスノーホワイトとは限りません。 中には、全身真っ白なのにも関わらず、パールホワイトだったというケースも少なからずあります。 また、逆にしっかりと黒いラインがあるという子もいます。 どちらもとても可愛いのですが、違いをハッキリと知っておくことが大切です。 知らないと危険!?スノーホワイトもパールホワイトを飼うときの注意 スノーホワイトもパールホワイトもどちらも一緒なのだから別に良いと思ってしまい、実は間違っていたというケースは少なくないです。 そのため、パールホワイトと同士が繁殖してしまったらどういう事が起きてしまうのか知っていますか? 実は、パールホワイトの繁殖の相手に同じパールホワイトを選んでしまうと、劣勢致死遺伝子というものができてしまい、パールホワイト同士を繁殖させてしまうのは危険なのです。 また、亡くなってしまうという可能性もあります。 間違って飼育をしてしまわないためにも、スノーホワイトなのか、パールホワイトなのかをしっかりと区別しておくことが必要です。 きちんと世話をして楽しいハムスターライフを! ハムスターは比較的に飼いやすい動物として知られています。 また、飼育難易度も易しく、きちんと世話をしてあげる事でより長生きすることができるのですが、注意すべき点はやはり繁殖ではないでしょうか。 間違って、どちらとも命を落としてしまったという事にならないように、飼育する段階で本当にスノーホワイトなのか、パールホワイトじゃないかを確認したり、パールホワイトに黒いラインがあるのかを確認することが大切です。 飼い主として、飼育しているハムスターの種類を知っておくということは大切なことでもあるので、知っておきましょう。

次の

ハムスターの白い種類まとめ!それぞれの名前や特徴を大調査!

パール ホワイト ハムスター

こんばんわ。 現在お見合いトピックで、お婿酸を探しているみずぽんです。 今日、ミクシイ外のプディングのメスを飼ってらっしゃる方から問い合わせがありました。 実は以前、自分なりにハムスターについて勉強しようとネットで調べた時、パールホワイトとプディングのペアリングは良くないということを知りました。 私が見たサイトには、奇形やすぐに死んでしまったりと、身体の弱い子どもができると書かれていました。 お婿さんを名乗り出ていただけたことは嬉しいのですが、やはりパールホワイトとプディングのペアリングは避けた方がいいのでしょうか? この知識が確かなものなら、プディングの飼い主の方にも教えてあげなくちゃと思っています。 ご存知の方、ご意見、情報お待ちしています。 インペリアル同士の繁殖はNGだったと記憶していますが…。 パイドはキャンベルのパイドとジャンガリアンのパイドは明らかに模様の入り方が違うので 少なくとも原因遺伝子は異なっていると思います。 新しいカラーは突然変異で生じるものですので 大量に繁殖を行っているブリーダーの元で新しい毛色が現われても不思議ではないですよ。 「繁殖之道」のコラムで、オランダでブラックのジャンガリアンが 突然変異で現われたという記事を見ましたので ブラック=キャンベルという図式も成り立たなくなる日は近そうです。 そもそもの問題として、ジャンガリアンハムスターは しっかりした血統が確立されていないので それが純血のジャンガリアンであるという証明をすることも保証をすることも できないのが現状です。

次の

ハムスターの雪見大福ことパールホワイトの性格や習性、飼い方まで

パール ホワイト ハムスター

ジャンガリアンハムスターは、「ノーマル」「サファイアブルー」「パールドワーフ」などの種類があります。 中でも「パールドワーフ」の毛並みや性格などは、どんな特徴がみられるのでしょうか。 毛並みは基本的に白い パールドワーフの毛並みは白色をしていて、背中に薄黒いラインが入っています。 中でもこのラインが見られず、カラダ全体が白いハムスターを「スノーホワイト」と呼びます。 サファイアブルーなどと同様改良された品種です。 カラダは基本的に白いですが、毛並みに個体差があり、少しグレーがかったハムスターもいます。 ドワーフハムスターの一種なため、足の裏と尾が毛で覆われているのが特徴です。 パールドワーフは、サファイアブルーなどと並んで人気の高いハムスターです。 そのためペットショップでもよく店頭に並んでいるので、容易に購入できます。 白っぽいハムスターが好みの方にオススメします。 人懐っこく、慣れやすい ジャンガリアンハムスターの一種であるパールドワーフは、人懐っこくて慣れやすい性格です。 そのため初心者であっても、飼育しやすいハムスターです。 性格は個体差が強く、比較的気性が激しかったり、手を差し出しても噛まないようなおとなしいタイプまで様々です。 人に慣れやすいので、しつけもしやすく手乗りも可能です。 でもトイレを覚えたり、手乗りになってもらうには、根気よく訓練する必要があります。 またカラダが小さいため、素早い行動や仕草が特徴的です。 たまに後ろ足だけで立ってみたり、大きなあくびをしたりと、様々な行動が見られます。 体毛が少し変化することもある ジャンガリアンハムスターは夏毛から冬毛へ体毛が変化することがあります。 パールドワーフも冬毛になると少し白っぽくなることがあります。 しかしスノーホワイトはその変化がわかりにくいと言われています。 またこの体毛の変化も温度によって違ってくるので、一概に冬だから変化するとも言えません。 暖房のきいた部屋でずっと過ごすハムスターであれば、体毛の変化はあまり見られません。 飼育する場合エアコンやストーブを使用することが多いので、ハムスターが冬眠してしまうことはほとんどありません。 しかし10度を下回ることが多いと、低体温症をおこし「疑似冬眠」をしてしまうこともあります。 疑似冬眠をすると最悪死んでしまうこともあるので、ハムスターが過ごしやすい20度前後をめどに温度を管理しましょう。 繁殖しやすい パールホワイトを含め、ジャンガリアンハムスターは繁殖しやすい小動物です。 ハムスターは一度に1~9匹くらい子供を産みます。 パールドワーフ同士で交配しても、産まれてくる子供はノーマルだったりします。 隔世遺伝だったり、因子は見た目ではわからないので、繁殖をしている方は注意が必要です。 また繁殖させたい場合は、メスとオスを同じケージに入れてお見合いさせるようにしましょう。 最初はけんかをしてしまうこともありますが、二週間前後で交尾から妊娠することができます。 このように容易に繁殖が可能ですが、増えてしまって育てていくのが難しい方は、安易な繁殖は避けましょう。 寿命は2~2年半 ジャンガリアンハムスターの寿命は、2~2年半くらいと言われています。 パールドワーフも同様です。 中には長寿で3年くらい生きるハムスターもまれにいます。 人間と同様ハムスターも寿命が近くなると、カラダのあちこちに変化が見られます。 足腰が弱ったり、体重の減少も見られます。 特に体重は今までキープしていたのに、急激に減ってしまうことがあります。 病気の可能性もありますが、寿命が近くなると多く見られる現象です。 ハムスターの寿命が近くなったら、物音をたてないようにしたり、ハムスターにむやみに触るのはやめましょう。 静かに見守る姿勢が大切です。 病気にかかりやすい パールドワーフも含めてジャンガリアンハムスターは、カラダが小さいため、ちょっとしたことで病気になってしまします。 特に多く見られる病気は、下痢、腫瘍、脱毛、腎不全などです。 人間と同様高齢になるにつれて、病気にかかりやすくなります。 でもカラダに変化がなく原因不明で、突然死んでしまうこともあります。 またジャンガリアンハムスターが病気になっても、診てくれる病院が少ないです。 ハムスターを診てくれる病院でも、ゴールデンハムスターのみ、という場所も多いです。 そのため診てくれる病院を事前に探しておきましょう。 パールドワーフの特徴をつかんで飼育しよう ジャンガリアンハムスターの中で、パールドワーフは個体差もありますが、カラダが白く背中のラインが特徴的なハムスターです。 またそのラインも見られないスノーホワイトという種類もあります。 基本的に飼育の方法はジャンガリアンハムスターと一緒ですが、パールドワーフの特徴を事前につかんで飼育するようにしましょう。

次の