片頭痛サプリ。 偏頭痛サプリで和らげる!偏頭痛に効くサプリメントベスト3

マグネシウムで頭痛が治った!私の体験をシェア!

片頭痛サプリ

スポンサードリンク なんとか、 頭痛が治る方法がないか いろいろ試しています。 しつこい頭痛ですが、 この間、試してみて、 偏頭痛に効果を感じられた方法を シェアしたいと思います。 マグネシウムのサプリを試した アメリカ人の友人が、 『頭痛には、これがいいよ』 勧めてくれたのが、 マグネシウムのサプリです。 ナチュラル・トランキリティという粉末状のサプリ。 これを、お湯に溶かしてジュースのようにして飲みます。 トランキリティとは、英語で、 静けさや平安を意味します。 トランキライザーは精神安定剤のこと。 なので、サプリの意味は、自然の 精神安定剤みたいな意味になるかと思います。 じつは、このサプリは、頭痛というより、 神経痛や、不眠、ストレスの軽減を目的で 買うひとが多いようです。 しかし、友人のすすめもあり、 頭痛がひどいときに、試してみたら、、、 なんと、効果があったのです!!! ありがとう!友人よ。 サプリの内容物をきちんとみると、 マグネシウム:350mgとあります。 マグネシウム以外には何も入っていません。 もしかしたら、マグネシウムは頭痛に効果があるのでは? そこで、 頭痛とマグネシウムの関係を 調べてみることにしました。 頭痛もちは、マグネシウム不足? 頭痛とマグネシウムの関係を探していると、 次の記事がみつかりました。 偏頭痛がおきている時に、 脳内のマグネシウムの濃度を測定すると3~5割の人が、通常の濃度より19%低いことが報告され、偏頭痛とマグネシウムが関係していることが知られるようになりました。 ーー 私の偏頭痛が軽くなったのも、 もしかしたら、 マグネシウム不足だった可能性があります。 マグネシウムの大きな役割は、カルシウムと深く関係していて、 血管、筋肉、神経などの細胞で、緊張と弛緩のバランスを保って体を守ります。 そんなマグネシウムが、どうして頭痛に効果があるのか? その根拠を、もう少し突っこんでみました。 マグネシウムが不足すると 体のなかで、どんなことが起こるのでしょう? 大きく2つにわけられます 1. マグネシウムが不足すると、 カルシウムによる血液凝固作用を阻止するという マグネシウム本来の作用がはたされなくなります。 その結果、 小さな血栓が細かい脳血管に詰まり、 それが、片頭痛を起こすといわれています。 脳内でマグネシウムが減少すると、 神経伝達物質の活動過剰や神経興奮が促進されます。 この 神経が興奮することにより、頭痛が起きるのです。 マグネシウムを摂取することにより、• 脳の血栓ができるのを防ぐ• 脳の神経の興奮を抑える• 過剰な神経伝達物質の分泌をおさえる こんな効果があると言えそうです。 そして、もうひとつ、 頭痛に関係しそうなのが ストレスです。 人間の体のなかでは、ストレスを感じると 血管が収縮したり、拡張したり。 そんなことが起きています。 私の場合ですが、ストレスを感じると 首や肩の筋肉がこわばります。 そして、頭痛がおこるときも 首から肩にかけて、どーんと重くなります。 マグネシウムは、筋肉を弛緩させて、 リラックスさせる。 そんな働きもあります。 緊張した筋肉や、収縮した血管のせいで 血行が悪くなる、血行不良型の肩こりにも、 マグネシウムは効果があると言ってもよさそう。 私が試した、ナチュラル・トランキリティは 不眠のひとも愛用者が多いようです。 きっと、筋肉や神経がリラックスして 安眠できたり、眠りが深くなったりするのでしょう。 ちょっと長くなったのでまとめてみます。 マグネシウムは• 血栓が刺激となり引き起こされる頭痛• 過剰な神経伝達物質が原因の頭痛• 脳の神経が興奮しておきる頭痛• ストレスが原因の頭痛• 睡眠不足のせいの頭痛 これらに、効果があると言えそう。 マグネシウムの副作用!ココに注意 病院でも言われましたが、頭痛の原因は いろいろで、まだまだ解明されていないことも いっぱいです。 しかし、そのなかでも、頭痛の種類によれば マグネシウムは効果がありそうです。 私の場合は効果がありましたが、 頭痛の種類によっては難しい場合もありそうです。 それでも、試してみる価値はあるのでは? ちなみに、私の試したナチュラル・トランキリティは 日本では売っていないようです。 アマゾンでみたら、このナチュラルカームが 同じタイプのマグネシウムです。 違いは、こちらは、 マグネシウム:350mgではなく、 マグネシウム:325mgで、少し少ない量です。 お湯で溶かして、飲むのは同じです。 レモンやオレンジなどのフレーバー付きもあるようです。 しかし、マグネシウムの摂取に関しては、 気をつけなければいけないこともあります。 マグネシウムはサプリで簡単にとれますが、 場合によれば、副作用があるのです。 腎不全のヒトがマグネシウムを摂取すると、 高マグネシウム血症をおこす危険性がでてくるのです。 腎臓に疾患があるひとは、 余分なマグネシウムが体の外に、排出されずに、 血液中のマグネシウム濃度が高くなりすぎてしまうのです。 倦怠感 筋力低下 徐脈性不整脈 起立性低血圧 腱反射低下 悪心 嘔吐 このような症状がでます。 とくに、危険なのは、徐脈性不整脈により血圧が低下することです。 最悪の場合は、死亡することもありえます。 健康なひとは、普通は、汗や尿から排出されるので 規定の量を守れば、そんなに心配はいらないはずです。 それでも、下痢や吐き気などの症状を起こす場合があります。 マグネシウムの大量摂取には気をつけるにこしたことはないでしょう。 厚生労働省の平成25年の情報でみると、 成人男性:370mg 成人女性:290mg 日本人のマグネシウムの推奨量は 1日あたり、上記の数字になっています。 アメリカでは、どうなんでしょう? 私のとった、ナチュラル・トランキリティをみると、 1回の使用量の350mgで、1日に必要なマグネシウムの 87%が補えることがわかります。 ということは、計算すると、 アメリカでは 1日の摂取量を400mgくらいと考えているようです。 290mg 〜 400mg これくらい量が、健康なひとにとっての 適量だと言えそうですね。

次の

片頭痛に効く栄養素! マグネシウムとビタミンB2

片頭痛サプリ

天気が悪いと頭が痛くなる「低気圧偏頭痛」。 生理前になると激しい頭痛が何日も続く「月経関連偏頭痛」。 偏頭痛にも様々なパターンがありますが「体質だから仕方が無い」「お薬を飲めば治るから」と諦めていませんか。 偏頭痛は脳の血管で炎症が起こっており、そのたびに脳の血管が損傷を受けているのだとか。 そのため、偏頭痛体質の人は将来、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や認知症を発症するリスクが、偏頭痛でない人に比べると高いという指摘もあります。 偏頭痛は脳の血管が拡張し、炎症を起こすことが原因。 血管が拡張することで、脳の三叉神経に刺激が伝わり、痛みや吐き気、めまいといった症状として現れるそうです。 脳の血管が拡張する原因の一つに、セロトニンの過剰分泌が指摘されています。 セロトニンには血管を収縮させる働きがあるとのこと。 「血管の拡張が偏頭痛の原因なら、血管を収縮させるセロトニンは問題ないのでは?」という疑問が湧いてきます。 ストレスを感じた脳はセロトニンを大量に分泌し、一時的に血管を収縮させるのだそうです。 しかし、セロトニンは脳内で大量に生産される物質では無いため、一度に放出すると不足してしまうのだとか。 その結果、セロトニンが不足し、収縮していた血管が一気に広がる、というのが偏頭痛のメカニズムのようです。 また、女性の場合、セロトニンは女性ホルモンと密接な関係があると指摘されています。 女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が増加すると、セロトニンの分泌量も増えるとのこと。 しかし、ホルモンバランスが乱れることにより、セロトニンが過剰に分泌されたり、不足したりしてしまうんですね。 女性の場合は、ホルモンバランスを整えることも偏頭痛を解消する大きなカギと言えます。 ちなみに、一般的な頭痛薬は痛みをブロックするのが主な役割。 血管の拡張を収縮させる働きは無いため、偏頭痛の改善には効果が低いと言われています。 頭痛薬の飲みすぎで頭痛が悪化する? 頭痛というと、風邪に続く仮病の代名詞、というイメージがある人も多いのでは。 家族や上司が頭痛体質でないと、なかなかそのツラさを理解してもらえず、「サボりたいだけじゃないの?」と訝しがられることも。 その結果、「あ、今日頭痛になるかも」と些細な痛みでも、つい頭痛薬に手が伸びてしまいます。 実は、頻繁に頭痛薬に頼ることで、痛みに敏感な体質になってしまうのだとか。 本来であれば、我慢できる痛みでも安易に薬に頼っていると、我慢できない痛みになってしまうんだそうです。 その結果、頭痛薬が手離せない「薬物乱用頭痛」が、近年問題視されているとのこと。 薬物乱用頭痛は別名リバウンド頭痛とも呼ばれており、痛みが慢性化し、薬に頼らなければ非常に激しい痛みに襲われるというもの。 1カ月に10日以上頭痛薬を飲むという状態が、3カ月以上続いているようであれば、薬物乱用頭痛の可能性があるそうです。 さらに、頭痛薬は胃や腎臓への負担が大きいと言われています。 頭痛薬の多くが「食後に服用」とされているのは、胃への負担を軽減するためなんだそうです。 病院でもらうお薬には必ず胃薬が付いていますよね。 しかし、薬局で購入した頭痛薬を飲む際に、胃薬を併せて飲むという人はほとんどいないのではないでしょうか。 日常的に頭痛薬を服用し続けていると、胃がんや腎障害のリスクが高まるという指摘もあります。 頭痛薬のリスクを知った上で、正しくお薬に頼り、尚且つ頭痛薬に頼らなくても良い体質改善が大切だと言えそうです。 偏頭痛を和らげるカギはセロトニンのコントロール 偏頭痛の原因はセロトニンの過剰分泌による脳の血管の縮小拡張。 セロトニン自体は決して悪いものでは無く、「幸せホルモン」とも呼ばれており、質の高い睡眠や精神の安定に欠かせないホルモン。 このセロトニンの供給をコントロールすることが偏頭痛解消のカギとも言えます。 セロトニンの過剰分泌を抑制する働きがあると言われているのが、フィーバーフュー。 古代ギリシャの時代から抗炎症剤として使用されてきたハーブの一種です。 さらに、フィーバーフューにはパルテノライドと呼ばれる成分が含まれています。 パルテノライドは痛みの原因物質であるプロスタグランジンを抑制する働きもあるのだとか。 頭痛の痛みを緩和しつつ、頭痛の原因であるセロトニンをコントロールしてくれる理想的な成分とも言えます。 また、女性の場合は、ホルモンバランスの乱れも頭痛の大きな原因。 近年、頭痛をはじめとするPMS 月経前症候群)の原因はエストロゲンの過剰分泌ではないか、と言われています。 本来、プロゲステロンが優位に働く生理前に、エストロゲンが過剰に分泌されることで、亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6が不足してしまうのだとか。 亜鉛やマグネシウムはセロトニンを合成する際に必要なミネラル。 特に偏頭痛の発作が起きている状態では脳のマグネシウム濃度が通常の濃度よりも低いことが確認されているそう。 マグネシウムにはセロトニンの合成に加えて、血液の凝固を防ぐ働きもあります。 マグネシウムが不足することで、小さな血栓が発生し、脳の毛細血管に詰まることで偏頭痛が起こるのだとか。 実際、ほとんどの頭痛薬には、マグネシウムが配合されています。 日本人は年齢性別に関わらず、慢性的にミネラルが不足しているそうです。 日ごろから、ミネラルを意識した食事を食べたり、ミネラルウォーターを飲むように心がけるだけでも違ってくるかもしれません。 偏頭痛の緩和におすすめサプリは? ズキラックの特徴 フィーバーフュー・マグネシウムをはじめとする8種類の成分を配合したサプリ。 大豆イソフラボンとチェストベリーエキスが配合されており、女性ホルモンのバランスを整える働きも期待できます。 さらに、桂皮・シナモン・冬虫夏草の3種類の漢方成分が、体質改善をサポート。 血栓を予防する働きのあるフランス海岸松エキスも配合されており、偏頭痛のみならず緊張型頭痛にもしっかりとアプローチしてくれます。 頭痛だけでなく、PMS(月経前症候群)対策や月経困難症(生理痛)にも最適。 初回の注文なら1日当たりたったの99円という圧倒的にリーズナブルなお値段も魅力です。 価格 2,980円 評価 返金保証 有(10日間).

次の

偏頭痛サプリで和らげる!偏頭痛に効くサプリメントベスト3

片頭痛サプリ

あなたの頭痛は、「偏頭痛」?「緊張型頭痛」? 頭痛対策としてのサプリメントの有効性をみていく前に、まずは自分の頭痛がどのタイプかをみていきましょう。 頭痛の種類を知ることは、サプリメントを選ぶ上でも大切なことになりますので、どのタイプかわかっている人も改めてチェックしてみてください! 偏頭痛はズキズキと脈打つ強い痛みが特徴 原因 なんらかの理由で頭の血管が広がり、神経が刺激されることによって、ズキズキとした激しい痛みを感じます。 疲労や睡眠不足などで溜まったストレスが原因となっていて、ストレスから解放されてリラックスをすると血管は広がり、痛みが発生します。 そのため、休日になると偏頭痛になるという人も多いようです。 ズキンズキンと脈打つような痛みが、頭の片側(ときに両側)に起こる。 風邪をひいたときのような強い痛みがあり、動くと痛みが増す。 吐き気をともない、光や音、臭いにも敏感になる。 数日~1月に1回ほど起こり、数時間から数日続く。 頭痛の前触れとして、ギザギザの光が見えることがある。 緊張型頭痛は締め付けられるような鈍痛が特徴 原因 頭の横の筋肉や肩や首の筋肉が凝ると血流が悪くなることによって、痛みが引き起こされます。 特にデスクワークや同じ姿勢を続けている人に起こりやすく、身体的や精神的なストレスも原因になります。 頭を締め付けられるような、頭が重いような痛み。 頭の両側や全体、後頭部に起きやすく、痛みは我慢できるほどの鈍痛。 肩こりやめまいをともなう。 吐き気もあるが実際に吐くことはない。 気分転換にカラダを動かすと、すこし痛みが楽になる。 月に半分~ほぼ毎日のように痛みが続く。 偏頭痛と緊張型頭痛は、痛みの種類から引き起こされる頻度まで違いがありますので、どちらのタイプか分かりやすいと思います。 これらの頭痛が交互に引き起こされるのは「混合型頭痛」とされています。 月に10日以上、頭痛薬を飲むと「薬物乱用頭痛」になる? 偏頭痛や緊張型頭痛、それぞれ痛みは異なりますがどちらとも本人にとっては辛い症状ですよね。 でも頭痛くらいで病院にもなかなか行きづらいし、市販の頭痛薬で済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、頭痛薬を頻繁に使用することで頭痛を引き起こしている可能性があるのです。 これを「薬物乱用頭痛」と呼ばれていて、月に15日以上頭痛が起こっていて、10日以上は頭痛薬を使用している人によく見られます。 最近、頭痛薬が効かなくなってきた、朝から頭痛が続いている、といった人は頭痛薬によって頭痛が引き起こされている可能性が高いです。 頭痛薬を飲み過ぎないようにすることが対策になりますが、いきなり薬をやめると反動で激しい頭痛や吐き気が出る場合がありますので、その場合は医療機関を受診しましょう。 薬に頼りたくないときは、サプリメントが有効!? 偏頭痛も緊張型頭痛も頭痛薬を飲むことで痛みは消えますが、その場しのぎでしかなく、根本的な解消にはなっていません。 本当に根本から頭痛を見直して、痛みとおさらばしたい人は、頭痛薬に頼らない対処法を行いましょう。 まず第一に生活習慣の見直しから始める 頭痛薬を頼らずに根本から頭痛を改善するためには、まず頭痛の原因となる生活習慣を見直しましょう。 偏頭痛も緊張型頭痛も疲れやストレス、睡眠不足が原因となることが多いです。 こういった状況は自律神経が乱れてしまいますので、頭痛を繰り返す原因となります。 頭痛を改善するためには、まずは十分な睡眠をとり、バランスのとれた食事、適度な運動といった生活習慣の見直しからはじめましょう。 より効果を実感したい人はサプリメントも有効 生活習慣を見直すことが一番の頭痛改善法ですが、より効果を実感したい場合は、サプリメントもおすすめです。 サプリメントの中には、頭痛対策に良いとされる成分が含まれている商品がいくつもあります。 一刻も早く根本から頭痛対策をしたい人は、サプリメントも利用してみましょう。 頭痛対策サプリメントの選び方 頭痛サプリを選ぶ際に一番重要なのは、サプリメントに含まれている成分です。 頭痛対策ができる成分は、ほとんどが人間の体に必要な成分ばかりです。 つまり必要な成分が不足してしまうと、頭痛が起きやすくなる、ということなんですね。 基本的には、必要な栄養素は食事から摂取することが理想ですが、忙しい日々の中で毎日きちんと摂取することは難しいですよね。 だからこそ、不足しがちな栄養素をサプリメントから補うようにしましょう。 それでは、頭痛対策におすすめの成分をいくつか紹介します。 おすすめの成分 フィーバーフュー 古代ギリシャより使用されてきた西洋ハーブの一つで、偏頭痛の予防に効果があるとされている。 有効成分としてセスキテルペン類が挙げられ、その中でもパルテノライドが偏頭痛に有効とされています。 また偏頭痛にともなう、吐き気などにも効果的といわれています。 マグネシウム マグネシウムは体に必要なミネラルの一つで、その半分が骨の中に含まれていることから骨の健康に必要な成分として知られています。 そんなマグネシウムと頭痛には深い関連があるといわれていて、慢性的に頭痛に悩まされている人は血中や脳内のマグネシウムが低い傾向にあります。 よってマグネシウムを摂取することで、頭痛を予防できるとされています。 コエンザイムQ10 コエンザイムQ10はアンチエイジング成分として化粧品などに多く使われていることで知られていますが、体内のエネルギー源を作り出すために必須の成分です。 また強い抗酸化作用をもっているのですが、年齢と共に減少をしていきます。 慢性的な頭痛をもつ人は、コエンザイムQ10が減少している傾向にあり、サプリメントでコエンザイムQ10を摂取することが偏頭痛予防になるといった実験結果があります。 ビタミンB2 ビタミンB2は納豆やウナギ、レバーなどに多く含まれているビタミンで、赤血球の維持や代謝のサポートなどをしています。 また目の健康をサポートしたり、頭痛を防ぐ効果もあるといわれていて、偏頭痛の治療法としてもビタミンB2を服用することもあるようです。 よって、ビタミンB2も頭痛対策におすすめの成分の一つといえます。 DHA・EPA DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、いわしやさば、あじなど青魚に多く含まれる必須脂肪酸のひとつです。 これらの成分は筋肉細胞や血管を健康にサポートする働きがありますので、肩こりをともなう緊張型頭痛の予防におすすめです。 ナットウキナーゼ ナットウキナーゼはその名からも想像できる通り、大豆加工食品の納豆に含まれる成分です。 納豆を食べると脳梗塞を防ぐといわれるのは、ナットウキナーゼに血栓を溶かす作用があるため。 血流改善もしてくれますので、血の巡りが悪く頭痛に悩まされる、緊張型頭痛におすすめの成分です。 頭痛タイプ別のおすすめサプリ それでは、頭痛タイプ別におすすめのサプリメントを紹介していきます。 自分の頭痛タイプに合ったサプリメントを選びましょう。 偏頭痛・緊張型頭痛どちらともにおすすめ ズキラック 通常価格 4,980円(税込) 初回定期価格 500円(税込) 2回目以降 4,180円(税込) ズキラックは、ズキズキ予防におすすめの成分「フィーバーフュー」、「マグネシウム」、巡り成分の「大豆イソフラボン」など8種類の天然系素材が含まれています。 バランスの乱れなどによって引き起こされる、脈打ち型にも緊張型にもどちらともにおすすめのサプリです。 定期コースなら、初回価格は500円の送料無料で購入することができます! 購入回数の縛りもないので休止や解約も可能なので安心してお試しできますよ。 ズツノンDr. 通常価格 7,960円(税込) 初回定期価格 2,980円(税込) 2回目以降 3,980円(税込) ズツノンDr. は、ストレスや疲れによるリズムの乱れ、めぐりのトラブルからくるガンガンやズキズキに着目して作られたサプリメントです。 ズキズキ対策として定番のフィーバフュー、マグネシウム、ビタミンB2といった成分が働きかけます。 巡りの悪さからくる重い感じも、豊富に含まれた和漢成分が予防してくれます。 定期コースなら、初回価格2,980円(税込)で購入することができ、購入回数の縛りもありません。 偏頭痛におすすめ ずきしらずの実 通常価格 3,300円(税込) 定期価格 2,970円(税込) 突然訪れるガンガン対策におすすめなのが、ずきしらずの実。 フィーバーフューやにがり、オオイタドリといった植物由来成分が嫌な症状に働きかけてくれます。 またサプリや症状で気になることがあれば、専任のアドバイザーや健康管理士に相談ができるのも嬉しいポイント! 定期購入コースなら、2,970円(税抜)から始めることができますよ。 ズキトール 通常価格 3,241円(税抜) 定期価格 2,315円(税抜) ズキトールは、フィーバーフューをはじめとした4種類のハーブと大豆イソフラボン、酸化マグネシウム、ビタミンB2といった栄養素を配合したサプリ。 ドクドクと脈打つようなつらさを予防し、スッキリとした日々をサポートします。 また女性特有の悩みもケアしてくれますので、巡りが気になる人にもおすすめ。 定期コースなら通常よりも30&OFFの価格でお試しすることができます。 ただし、最低4ヶ月の継続が必要となっていますので、しっかりと実感したい人におすすめのコースとなっています。 1日4粒飲むだけで、国が推奨する摂取量の半分を取り入れることが可能です。 また巡り成分のナットウキナーゼも配合しているので、重だるい悩みにも最適! 食生活が乱れがちで、なんだかシャキッとしない人におすすめのサプリといえます。 定期コースなら、初回1,980円(税込)から始められ、休止や解約もいつでもできますよ。 今から始められる頭痛の予防法を紹介 おすすめのサプリメントを紹介しましたが、サプリメントだけに頼ることは絶対に禁物です!! 頭痛の原因となる生活習慣を見直さなければ、完全に頭痛を対処することはできません。 そこで最後に、すぐに始められる頭痛の予防法をいくつか紹介します。 バランスのとれた食事を心がける 人間の体に必要な栄養素が不足すると、頭痛が起こりやすくなります。 特に頭痛対策の成分でも紹介したように、マグネシウムやビタミンB2を意識して摂取するようにしましょう。 マグネシウムやビタミンB2が豊富な食べ物には、豆腐やひじき、わかめなどが挙げられます。 頭痛を引き起こす食べ物に注意! 一方で、頭痛を引き起こすと言われている食べ物にも注意が必要です。 具体的には、アルコール、チョコレート、チーズ、ピーナッツなどは偏頭痛の原因となる可能性があるので、取り過ぎに気をつけましょう。 早寝早起きを心がける 夜更かしをしたり、寝る時間帯にバラつきがあると、自律神経が乱れて頭痛の原因となってきます。 そのため、早寝早起きを心がけ、できる限り決まった時間に寝るようにしましょう。 適度に運動をする 運動不足は体の巡りが悪くなり、緊張型頭痛のような重い痛みを感じやすくなります。 一駅歩いたり、階段を使うようにしたり、日常生活の中から軽い運動を心がけましょう。 またお風呂に入って、汗を流すのもおすすめですよ。 生活習慣の見直しとサプリメントで頭痛対策をしよう! ガンガンくる偏頭痛と締め付けられる緊張型頭痛。 どちらも人にはわかりづらいですが、自分にとっては辛くて何とかしたい症状です。 これらの頭痛を解消するためには、まず頭痛の原因となっている習慣を直していき、頭痛になりにくい体づくりをしていきましょう。 そのうえで、さらに実感を得たい人はサプリメントを活用するのがおすすめ。 毎日の食事からきちんと摂取することは難しいですが、サプリメントなら簡単に手軽に必要な栄養素を補うことができます。 もちろんサプリメントだけに頼るのはいけませんが、対策のひとつとして頭痛サプリを使ってみてはいかがでしょうか。

次の