ヘア カット の 仕方。 美容師が教える前髪のセルフカットの仕方と似合う前髪の作り方

男の子の散髪はバリカンで!おすすめバリカンとカットの仕方

ヘア カット の 仕方

前髪をパッツンにセルフカットしたいときは、美容師さんが開発した前髪を簡単にパッツンにできる便利道具がオススメです。 「まえがみパッツンシートは」700円ほどで手に入り、ラインにあわせてカットしていくだけなので、特別な技術も必要ありませんよ。 ただし、濡れた状態のままカットすると先ほどもいったように失敗の原因になるため、カットする前に水で濡らしクセを取ったらドライヤーで乾かしましょう。 髪が乾いた状態でカットした方が失敗は少なくなります。 直毛の方はわざわざ濡らす必要性をあまり感じないかもしれませんが、ショートの場合少しの長さで印象がガラッと変わってしまいます。 クセっ毛だったり、結んでいてクセがついてる場合はしっかりクセを取ってあげてください。 長さを測ったら髪を一差し指と中指で挟み定規を外し、髪を下ろして長さに問題がないか確認します。 長さに問題がなければカットしていきましょう。 長すぎると感じる場合はそのままカットしていって問題ありません。 後で調整できるのでむしろ長めにカットしておいた方が良いためです。 もし短すぎると感じる場合は別のもの代用OK。 長さが丁度良いならコームでも良いですし、しっかりつかめるなら紐などでもOKですよ。 ただ長さを測るときピンっとはりましょう。 上の部分を定規に合わせ、ある程度カットしてしまったら、内側はそこにあわせてカットしていけばOKです。 コームでとかしながら少しずつカットしていくと失敗が少なくなりますよ。 サイドが短くなるとあっという間に印象が変わりショートヘアっぽくなりますよね。 セルフカットでも内巻きの重ためボブが可能です。 引き続きコチラも人気で、レディースならではのスタイル。 ボブはカットする際にイングラデーションという内側から外側に向けて長くなるようにカットする必要があります。 ブロッキングを丁寧にして内側から外側に向けて少しずつ長くなるようにカットしていきましょう。 また、「毛先をすかない」というのもポイント。 毛先を多くすいてしまうとそれだけはねやすくなります。 重ためボブをセルフカットする時のポイントはこの2つ。 そうすることで理想のボブスタイルに近づける事ができます。 前髪と後ろ髪と同じ長さにカットしてしまうのがワンレングスボブ。 縦ラインが強調されるため、特に丸顔の女性にオススメのスタイル。 丸顔の方でも顔をスッキリ大人っぽい印象に見せてくれますよ。 ワンレングスは切りっぱなしでも重ためボブでもどちらも人気のスタイル。 「耳かけボブ」の仲間でもあり長めの前髪を耳にかける髪型が大人っぽいと人気!童顔で悩んでいるという女性もこの機会に前髪を伸ばしてみても良いかもしれません。 セルフカットでショートヘアももう怖くない! セルフカットでショートにする方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?定規などを使えば、女性でも自分で簡単に後ろ髪をカット出来ますよ。 ちょっと雰囲気変えたいなって時や美容室でカットしたもらったショートを維持したいというときにも使えるテクニックばかりです。 ぜひ自分でお試ししてみてくださいね。

次の

ショート女子のセルフカット講座♡後ろ・襟足もコツがわかれば超簡単!

ヘア カット の 仕方

みなさん、アンダーヘアのケアはどのようにやっていますか。 アンダーヘアのケアはあまり人に聞けないことだし、話題にするのもちょっと恥ずかしい……と思う人もいるでしょう。 でも、アンダーヘアはしっかりと処理しておかないと、いざという時にもっと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。 そこで、ここでは• みんなのアンダーヘアのお手入れ事情• カットするのにおすすめのヒートカッター を紹介します。 「カットと脱毛、どちらも検討中」という方はこちらのブラジリアンワックスに関する記事も参考にしてください。 ヒートカッターとブラジリアンワックス、より自分に向いているアイテムを選ぶと最適なお手入れができますよ。 記事の目次• アンダーヘア事情。 みんなお手入れはどうしてる? アンダーヘア事情というのは、家族はもちろん友達にもなかなか聞けませんよね。 周りの人はどうやって処理しているのか気になるという人も多いでしょう。 そこで、ここからはみんなのお手入れ事情について紹介したいと思います。 海外ではハイジーナが主流 海外ではハイジーナが主流と言われています。 ハイジーナはどういう状態なのかというと、簡単に言えばすべてナシの状態です。 VラインもIラインもOラインもすべてナシです。 つまりつるつるな状態だと言えますね。 もちろん処理は大変ですが、見た目はつるっとしていてとても綺麗なので、憧れている人は結構多かったりします。 日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、海外ではしっかりとすべて処理するのが主流となっているのです。 もちろん、日本でも近年はハイジーナにしている女性もたくさんいます。 さらに海外では、男性もアンダーヘアを整えるのが常識。 外国人の方々の間では、ハイジーナが常識になりつつあると言えるでしょう。 日本人女性なら見た目・機能ともに2cmにカットするのがベスト 日本人女性の場合は「さすがに全部カットというのは……」と躊躇してしまうこともあるでしょう。 日本人女性の間では、ハイジーナは海外ほどには浸透していません。 そのため、日本人女性であれば見た目としても機能としても、2cm前後にカットするのがベストと言えます。 一説では、実はアンダーヘアにはフェロモンの分泌という機能があると言われています。 単純に日本人の女性だと処理するというのに慣れていない人もいますが、ほとんどの女性は綺麗に処理しています。 完全に未処理の人は、おそらくほとんどいないでしょう。 処理を考えている方は、あくまでも目安ですが2cmを意識してみてはいかがでしょうか。 そこは好みもあるので、自分に最適な長さを見つけていくということも重要ですね。 1週間〜10日に一回お手入れするのがおすすめ アンダーヘアのお手入れに関しては、1週間~10日に1回お手入れするのがおすすめですね。 何度も処理するのが面倒ですし、意外と手間もかかります。 でも、10日を超えてくるとアンダーヘアも無造作になってくるもの。 アンダーヘアが伸びすぎて機能を損なうということはありませんが、見た目はどうしても悪くなってしまうので定期的にメンテナンスをしておきましょう。 人に見られるということはあまりありませんが、それでもやはり定期的にカットしておかないと、いざという時には見られた人に対しての印象も変わってくることがありますからね。 みんなのデリケートゾーンの悩み・対策はこちらの記事で紹介しています。 アンダーヘアはどうやってカットする? アンダーヘアの処理をしたことがない人にとっては、「そもそもあんなデリケートなところ、どうやってカットするの?」と思うかもしれません。 そこで、ここからは正しいアンダーヘアのカット方法について紹介するとともに、注意点も解説します。 カミソリやハサミは肌トラブルの原因になる カミソリやハサミでカットするという人もいるのですが、あまり慣れていない人がそういうものを使うと肌トラブルの原因になることが多いです。 確かに処理はとても簡単ですし手軽で早いのですが、それでも危険が伴いますし失敗しやすいと言えるでしょう。 アンダーヘアだけではなく、周辺のデリケートゾーンにも影響が出てくることもあります。 ハサミやカミソリで肌を切ってしまうということもあるので、慣れていない人でも慣れている人でもおすすめはできません。 そもそもアンダーヘアは鏡を見て処理しないと見えない部分も多いため、アンダーヘアを処理するためのアイテムではないとどうしても危険が伴ってしまうのです。 ヒートカッターを使えば安全・チクチクしない アンダーヘアのカットにおすすめのヒートカッター7選 アンダーヘアのカットにはヒートカッターを使いましょう。 ただ、持っていない方は困りますよね。 そこで、ここからはおすすめできるヒートカッターを紹介するので、購入の際にはぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。 パナソニック エチケットカッター 大手家電メーカーが提供しているのが、こちらのヒートカッターです。 安心安全の設計となっていて、刃を使わずにアンダーヘアの処理ができます。 手に持ちやすいコンパクトなサイズとなっているので、男性はもちろん、女性でも使いやすいアイテムだと言えるでしょう。 置き場所にも困らず、保管もしやすいのがこちらのアイテムの魅力です。 携帯にも便利なので、出張や旅行の際にも使えます。 デュアルエッジ刃を採用しているということもあって、デリケートゾーンだけではなくフェイスゾーンにも使うことができます。 お手入れも簡単、水洗いだけで良いのでとっても便利です。 特に忙しい人は、こちらがあればまず困るということはないでしょうね。 audorx Vライント 電熱を利用して毛を処理してくれるのが、こちらのヒートカッターです。 毛先が尖らないので、チクチクすることがないのが嬉しいです。 こちらのヒートカッターはダムルコームを採用しているので、皮膚とも一定の距離を保ってくれます。 つまり、直接肌に触れることがないので、火傷の心配もありません。 また、こちらのヒートカッターは一気にアンダーヘアも処理できるので、時間短縮にもなります。 毛の処理は時間もかかることが多いので、簡単に時短ができるというのも魅力と言えるでしょう。 ちなみに、こちらのヒートカッターには360度回転するLEDライトも搭載されています。 そのため、見づらいアンダーヘアの処理にも最適です。 ラヴィア Vライントリマー Vラインのヒートカッターとして人気なのが、こちらのアイテムです。 コームで直接肌に触れるのを避けることができ、肌を守りつつ毛の処理をしていくことが可能となっています。 男性も女性も持ちやすいコンパクト設計で、持ち運びにも便利なのが嬉しいところです。 旅行や出張で出先での処理が必要な場合には、こちらがあると便利だと思います。 デザインがピンクとなっているので、男性よりは女性に向けて開発されている商品と言えます。 ただ、もちろんどちらも使えますけどね。 性能は安定しているので、ヒートカッター初心者の人にもおすすめできます。 WRX Vライントリマー 無痛のヒートカッターとして人気なのが、こちらです。 軽量のミニサイズなので持ち運びに便利で、防水なのも特徴となっています。 アンダーヘアだけではなく、全身の体毛に使えるので、毛の処理を考えている人にとって魅力が大きいヒートカッターですね。 防水なので、水に濡れている時でも安心して使うことができます。 また、肌にも優しい設計となっていて、静音性にも優れています。 一人暮らしだと何かと音に敏感になってしまうと思うのですが、夜な夜なアンダーヘアの処理が必要となった時でも利用しやすいです。 汎用性が高いので、脱毛や除毛の観点からも魅力は大きいのではないでしょうか。 シルキーケア ビキニライン用ヒートカッター とっても簡単に使えるシンプル設計なのが、こちらのヒートカッターです。 他のヒートカッターと同様に熱によって毛を処理してくれるので、カミソリやハサミで処理した時のチクチクする感覚がありません。 アンダーヘアの場合はよりチクチクすると感じてしまう人も多いので、シンプルに使えるこちらはおすすめですね。 仕上がりも綺麗になるので、見た目を気にする人にとってもおすすめできます。 毛を掴んでヒートカッターに通すだけでパパッと処理できるので、時間もほとんどかかりませんよ。 any V-Zone Heat Cutter デザインがとてもおしゃれなヒートカッターがこちらです。 パッケージがまるで文房具のようなおしゃれさなので、女性に嬉しいアイテムだと言えるでしょう。 もちろん、デザインだけではなく性能もしっかりとしていて、処理も簡単、お手入れも簡単と便利なヒートカッターです。 アトラス工業 Vラインヒートカッター 構造がとてもシンプルなのが、こちらのヒートカッターです。 普通に家庭でアンダーヘアを処理しようと思っている人には、こちらの機能で十分だと言えるでしょう。 カラーバリエーションが豊富なので、自分が好きなデザインで選べるというのも嬉しいところです。 まとめ アンダーヘアの処理には、ヒートカッターがおすすめです。 でもヒートカッターは色々なメーカーから登場しているので、選ぶのも一苦労かもしれません。 まずはここで紹介したヒートカッターを中心に選んでみると良いのではないでしょうか。

次の

美容師が教える前髪のセルフカットの仕方と似合う前髪の作り方

ヘア カット の 仕方

前髪をパッツンにセルフカットしたいときは、美容師さんが開発した前髪を簡単にパッツンにできる便利道具がオススメです。 「まえがみパッツンシートは」700円ほどで手に入り、ラインにあわせてカットしていくだけなので、特別な技術も必要ありませんよ。 ただし、濡れた状態のままカットすると先ほどもいったように失敗の原因になるため、カットする前に水で濡らしクセを取ったらドライヤーで乾かしましょう。 髪が乾いた状態でカットした方が失敗は少なくなります。 直毛の方はわざわざ濡らす必要性をあまり感じないかもしれませんが、ショートの場合少しの長さで印象がガラッと変わってしまいます。 クセっ毛だったり、結んでいてクセがついてる場合はしっかりクセを取ってあげてください。 長さを測ったら髪を一差し指と中指で挟み定規を外し、髪を下ろして長さに問題がないか確認します。 長さに問題がなければカットしていきましょう。 長すぎると感じる場合はそのままカットしていって問題ありません。 後で調整できるのでむしろ長めにカットしておいた方が良いためです。 もし短すぎると感じる場合は別のもの代用OK。 長さが丁度良いならコームでも良いですし、しっかりつかめるなら紐などでもOKですよ。 ただ長さを測るときピンっとはりましょう。 上の部分を定規に合わせ、ある程度カットしてしまったら、内側はそこにあわせてカットしていけばOKです。 コームでとかしながら少しずつカットしていくと失敗が少なくなりますよ。 サイドが短くなるとあっという間に印象が変わりショートヘアっぽくなりますよね。 セルフカットでも内巻きの重ためボブが可能です。 引き続きコチラも人気で、レディースならではのスタイル。 ボブはカットする際にイングラデーションという内側から外側に向けて長くなるようにカットする必要があります。 ブロッキングを丁寧にして内側から外側に向けて少しずつ長くなるようにカットしていきましょう。 また、「毛先をすかない」というのもポイント。 毛先を多くすいてしまうとそれだけはねやすくなります。 重ためボブをセルフカットする時のポイントはこの2つ。 そうすることで理想のボブスタイルに近づける事ができます。 前髪と後ろ髪と同じ長さにカットしてしまうのがワンレングスボブ。 縦ラインが強調されるため、特に丸顔の女性にオススメのスタイル。 丸顔の方でも顔をスッキリ大人っぽい印象に見せてくれますよ。 ワンレングスは切りっぱなしでも重ためボブでもどちらも人気のスタイル。 「耳かけボブ」の仲間でもあり長めの前髪を耳にかける髪型が大人っぽいと人気!童顔で悩んでいるという女性もこの機会に前髪を伸ばしてみても良いかもしれません。 セルフカットでショートヘアももう怖くない! セルフカットでショートにする方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?定規などを使えば、女性でも自分で簡単に後ろ髪をカット出来ますよ。 ちょっと雰囲気変えたいなって時や美容室でカットしたもらったショートを維持したいというときにも使えるテクニックばかりです。 ぜひ自分でお試ししてみてくださいね。

次の