ずっとドコモ割プラス。 ずっとドコモ割プラス(dポイント進呈)への変更方法とメリット、デメリット

ずっとドコモ割プラス・更新ありがとうポイント

ずっとドコモ割プラス

新料金プランの ギガホ/ギガライトに変更すると、旧プランを対象としていた「ずっとドコモ割プラス」が適用しなくなってしまいます。 割引ではなく ポイント進呈を選んでいた場合、当然今までもらえていたdポイント(期間・用途限定)ももらえなくなります。 人間、何にでも慣れてしまうと言いますか、当初、「 ポイント付与より割引を増やしてくれ!」と思っていた人も多いと思われる「ずっとドコモ割プラス」のポイント進呈ですが、今までもらえていたものがもらえなくなってしまうと、途端に非常に損した気分になってしまいます。 ギガホ/ギガライトに変更した後、ずっとドコモ割プラス分の進呈ポイントはどこに行ってしまうのか、やはりギガホ/ギガライトに変更した方が損なのか、考えてみました。 ずっとドコモ割プラスの進呈ポイントはステージによる割引特典 ずっとドコモ割プラスの ポイント進呈とは、旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」専用の割引特典で、 dポイントクラブのステージによって割引される分を dポイント(期間・用途限定)という形で受けることができる仕組みです。 そのため、「ずっとドコモ割プラスの進呈ポイント=dポイントクラブのステージ割引」、と考えればいいと思います。 では、 新プラン「ギガホ/ギガライト」における「dポイントクラブのステージ割引」はどこにあるのか、というと、 どこにも見当たらないんですね。 新プランにおいて、dポイントクラブのステージが絡んでくる部分としては、 ずっとドコモ特典と dポイントスーパー還元プログラムがありますが、ずっとドコモ特典はステージによって今まで以上にお得ですが、基本は 更新ありがとうポイントの同等サービスと考えられ、ずっとドコモ割プラスによるポイント付与を補うほどのパワーはありません。 dポイントスーパー還元プログラムは新プランだけでなく 旧プランのままでも適用するので、新プラン用の上位ステージ優遇施策、とはいいにくいわけです。 つまり、新プランの周りを見渡してみても、 ずっとドコモ割プラスの代わりになっている特典がないんですね。 結果、もらえていたはずの割引またはポイントがもらえなくなってしまったことで、特に上位ステージの人にとっては不満が残りやすい構造になってしまっています。 進呈ポイント分の行き先は、ギガホ/ギガライトでの割引分と考えられる プラチナステージなど、上位ステージの人にとっては、今まで毎月確実にもらえていたそこそこ大きなdポイント(期間・用途限定)が一切もらえなくなってしまうのですから不満を覚えるのも無理もありません。 ただ、一応前向きに解釈するなら、 もらえていた割引/dポイント分の行き先としては、ギガホ/ギガライトの料金が値下げされている分に含まれている、と考えることができます。 特定のケースでは、話題になった通り「4割下がった」と考えられる部分も間違いなくあるので、この辺りの割引原資としてずっとドコモ割プラスでもらえていた割引/ポイント進呈は充てられている、と考えるのが妥当なところかと思います。 ステージに関係なく現在プラチナステージで受けられているのと同程度の割引メリットを受けられるのであれば、これは多くのユーザーにとってはプラスだと思います。 ただこの解釈では、上 位ステージの人への優遇は結局なくなっているわけですから、 ギガホ/ギガライトに変更することで、下位ステージの人が受けられるメリットが上位ステージの人にはないということで、事実上プラチナステージの人が最も損をしている感覚になる 、ということになります。 ギガホ/ギガライトにおけるプラチナステージの優位性・ずっとドコモ特典 となるとやはり、考えておく必要があるのが、改めてギガホ/ギガライト変更後のプラチナステージ最大の優位点「 ずっとドコモ特典」です。 「ずっとドコモ特典」は「更新ありがとうポイント」よりも 最大で倍のdポイント(期間・用途限定)をもらえるようになりました。 2年で3,000ポイントが、プラチナステージであれば 毎年3,000ポイントになります。 つまり、 今までよりも1年あたり1,500ポイントお得な計算です。 まぁ一応その他に、今までのシェアグループの構成回線すべてがもしプラチナステージであれば、全回線がずっとドコモ特典の恩恵にあずかれるので、全体としてはお得さはやや増すものの、グループ全回線がプラチナステージ、という条件はかなり厳しいと考えられるので、その条件を満たせる方はごくわずかと思われます。 しかもそれでもまだ、全然足りません。 dポイントスーパー還元プログラムはプラチナステージ優位だが、旧プランでも適用可 その他、何かないのか、と探したところで思い浮かぶのが、2019年6月10日から開始された dポイントスーパー還元プログラムです。 プラチナステージの場合、「iD」/「d払い」利用時のポイント還元が1%増になります。 ただ、dポイントスーパー還元プログラムはギガホ/ギガライトのみを対象としているわけではないので、ずっとドコモ割プラスの代替、として考えるのは無理があります。 旧プランでずっとドコモ割プラスの割引やポイント進呈を適用させつつ、dポイントスーパー還元プログラムを利用している人はまさに最強、という話になります。 つまり現状の私の状態です。 ずっとドコモ割プラスの割引分を含めてギガライトとギガホは検証してみた 一応、ずっとドコモ割プラスの割引分は、既にギガホ/ギガライトの記事の中で、プラチナステージとしての割引きを含めた上で比較してみています。 ・「」 ・「」 その結果、それでも旧プランがお得になるケースもあるものの、概ねギガホ/ギガライトでも大きな損をすることはない、という結論に至りました。 もちろん個人差がかなりありますので、それぞれしっかり計算してみないとわかりませんが、ざっと考えた印象です。 ということは、最初に述べた通り、「今までもらえていたものがもらえなくなってしまうと、非常に損した気分になって」しまうものの、あくまで気分的な問題、として割り切れる層もいれば、プラチナステージの人のように、割り切れな い気分を抱えてしまう人も出てくる、ということになります。 割り切れない気分はキャッシュレス系のキャンペーンで取り戻す意識 新プランにすると、今までもらえていたポイント進呈がなくなる、という割り切れない感覚は、いずれにしてもなくなりようがないので、とりあえず気分を変えて、その消えたポイント進呈分の幾分かの原資になっている可能性もある、 キャッシュレス系のキャンペーンをとにかくしっかり拾っていく、ということが非常に大事になってきます。 「 iD」、「 d払い」、「 dカード/dカード GOLD」、「 dポイント」と、各キャッシュレス決済やポイントサービスにおいて、大きなキャンペーンがドコモでは立て続けに実施されています。 当然ドコモには競争の激しいバーコード/QRコード決済市場で有利に立ちたい、という思惑もあるでしょうし、キャッシュレス全般を強化して、消費税増税前にdカード GOLDをもっともっと普及させたいという思いもあると思います。 出血大サービスは、もれなく拾っていく意識を持ち、その都度キャンペーン内容を正しく理解して、お得に賢く買い物を実施していきましょう。 関連記事:「」.

次の

【dポイントクラブ】更新ありがとうポイント

ずっとドコモ割プラス

ドコモ回線をおトクに利用できる長期ユーザー向けの割引「ずっとドコモ割プラス」をまとめました。 長期利用者向けプランでおトクにドコモ回線を利用できるようになる「ずっとドコモ割」が 2018年5月から『ずっとドコモ割プラス』に変更され、内容が一新されています。 dポイントクラブのリニューアルに伴うものでこれまではドコモ契約年数とステージは関係ありませんでしたが、5月より契約継続年数またはdポイント獲得数に応じてステージが決まる仕様になっています。 なのでdポイントを全然獲得しないアカウントでもドコモとの契約年数が上がればステージが下がることはないということになります。 「ずっとドコモ割プラス」は毎月の料金の割引 or dポイント付与が選択できる これまでの「ずっとドコモ割」は継続利用年数に応じて月々の料金が安くなる(パケットパックの月額料金を割引)というものでしたが、プラスになってからは今まで通りの料金割引だけではなくdポイント付与を選択できるようになっています。 2倍のポイントが付与されおトクです。 ということで大幅に刷新されたドコモの長期割引「ずっとドコモ割プラス」の特典や割引金額、ステージについてまとめてみました。 ガンガン買い物をして通常ポイントを獲得しまくれば継続利用年数が短くてもステージアップできますが、基本はドコモ回線の長期利用者優遇の内容となっています。 dポイントだと1. 2倍の金額分が付与されるのでおトクです。 このdポイントは期間・用途限定ですが、有効期限は24ヵ月とかなり長く設定されているのでdポイントの方が個人的にはオススメです。 自分はdポイントの方がおトクだと感じたのでマイドコモ(WEB)から切り替えました。 関連記事: もちろん更新ありがとうポイントはそのまま また2年縛り更新時にもれなくもらえる「更新ありがとうポイント(3,000ポイント)」ももちろん継続されています。 ずっとドコモ割プラスになったからといって変更された訳ではないのでご安心を。 ただこのポイントは更新時に自分で申請する必要がある&期間・用途限定ポイントということはご注意を。 関連記事: 2018年5月にリニューアルされたdポイントクラブ それに伴い、dポイント受け取りにも対応した長期ユーザー優遇措置「ずっとドコモ割プラス」 ドコモユーザーの人で特に長期で利用しているという人は一度新しいこのシステムをチェックしてみてください。 金額こそ変わりませんが、プラスになってからのデメリットはないように思えます。 気になる人は読んでみてください。 【参考までに】2016年6月に改善された旧「ずっとドコモ割」 【過去のお話】2016年6月から契約年数が4年間以上に改善された これまでは「5年以上」だった期間の適用条件が「4年以上」に短縮されます。 割引金額は後述している一覧表に書きますが、データSパック以外は金額は大きくはないですが、毎月の料金から割引が発生します。 対象プランも拡充 もう既に長期で利用している人にも恩恵があります。 基本的にシェアパック15以上が対象となりますが、毎月の割引金額が増えています。 この金額も後述の一覧表にまとめています。 シェアパック5やデータM、Lパックも対象に。 15年以上なら全プラン対象! これまでは10年以上契約していないと割引がなかったシェアパック5やデータM、Lプランも4年以上の契約で若干ですが割引が入るようになっています。 15年以上の長期ユーザーとなるとデータSパックやらくらくパック、ケータイパックまでも対象となります。 【過去のお話】「ずっとドコモ割」適用時の価格と割引額 各パケットプランの月額費用一覧 プラン名 4年以上 8年以上 10年以上 15年以上 ウルトラシェアパック100 24,000円 23,800円 23,200円 22,500円 ウルトラシェアパック50 15,200円 15,000円 14,800円 14,200円 シェアパック15 11,900円 11,700円 11,500円 11,300円 シェアパック10 9,100円 8,900円 8,700円 8,500円 シェアパック5 6,400円 6,300円 5,900円 5,700円 ウルトラデータLLパック 7,800円 7,600円 7,400円 7,200円 ウルトラデータLパック 5,900円 5,800円 5,400円 5,200円 データMパック 4,900円 4,800円 4,400円 4,200円 データSパック 3,500円 2,900円 らくらくパック 2,000円 1,400円 ケータイパック 300円~4,200円(段階性) 300円~3,900円(段階性) 【参考までに】現状の割引金額と月額費用 新しい基準が適用されるのは2016年6月1日からとなっています。 長期利用者向けにけっこう手厚くもてなそうとしている感があります。 もちろん格安SIMとかに価格はかなわないですが、ドコモの場合は長期利用してもメリットがあるなぁと感じる「ずっとドコモ割」の改善でした。 関連記事:• カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

15年以上で最大36,000円!ドコモの長期割引『ずっとドコモ割プラス』

ずっとドコモ割プラス

本編の目次• ドコモ光「セット割」と「ずっとドコモ割りプラス」の違いについて ドコモ光の二つの割引である「 セット割」と「 すっとドコモ割プラス」についてまず簡単に解説します。 これは NTT docomoの携帯電話やスマートフォンのモバイル回線を利用している人がdocomo光を利用した人が対象となる割引です。 2つもあると何がなんだかわからないと思いますので順番に解説していきます。 ドコモ光セット割とは ドコモ光の「 セット割」について簡単に解説します。 セット割は docomoのスマートフォンを利用している人がドコモ光を契約することで割引になるものです。 シンプルに「 ドコモのモバイル回線」と「 ドコモのインターネット光回線」のサービスの契約を「 セット」にする事です。 割引額はドコモのスマートフォンなどモバイル回線の契約プランによって異なります。 簡単に言ってしまえば「同じ」です。 新しい単語が増えてややこしいと思いますが、ドコモのスマホを利用している人がドコモ光を契約すると割引になると言うことです。 同一名義であることが条件 ドコモ光のセット割を受けるには、 ドコモ光の契約者とdocomo携帯電話の契約者が同一の名義であることが条件です。 例えば家族内のAさんがdocomoのスマホを利用していて、auのスマホを利用しているBさんがドコモ光を契約した場合は割引になりません。 セット割の対象は契約者のみで子回線は対象外 セット割の対象は契約者の携帯電話料金のみです。 docomoのスマートフォンの利用で家族とパケットをシェアできる「 シェアパック」があります。 家族一人一人がデータプランを契約するよも分け合った方がお得になりますので、多くの家族では利用しています。 シェアパックの代表契約者が親回線で、分け与えられる人が子回線です。 例えば3人家族で 父が代表回線の場合は母と子が子回線になります。 先ほど解説した通り ドコモ光の割引は契約者の携帯電話料金とドコモ光の料金の合算かエア割引になります。 そのため、子回線まで割引になりませんので注意してください。 プロバイダによって割引額が変わることは無い ドコモ光の月額料金はプロバイダによってタイプAとタイプBに分けられています。 こちらは家族一人一人ではなく、全体での割引になります。 このように料金プランによって割引額が異なります。 FOMAなど旧プランはセット割による割引はない docomoの携帯電話プラン以外の旧プランの場合はセット割にはなりません。 その代わり 12ヶ月間限定でドコモ光の月額料金が500円割引されます。 パケットパックとdポイントクラブステージで異なります。 あらゆるシチュエーションを想定して解説します。 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」での割引家族4人の場合 新料金プランは家族一人一人での割引が対象になります。 4人家族の場合で4人全員がギガホならば4人とも1,000円の割引になります これで 実質的にドコモ光を4,000円の割引で利用できることになります。 4人家族で3人がドコモのスマートフォンを利用して、 2人がギガホ、 1人がギガライトで3GBまでの利用の場合は実質的に ドコモ光が2,500円の割引になります。 旧料金プランドコモ光割引のまとめ ドコモ光の割引のまとめたものはこちらです。 セット割とずっとドコモ割プラスを一覧の表にしました。 【ドコモ歴15年】4人家族でパケットシェアしている場合 戸建て住まいで4人家族、代表者である父がドコモ歴15年。 2人の子供が中学生と高校生で、データ通信を多く使うためパケットパックをウルトラシェアパック50を利用している。 このような条件の場合はこのようになります。 《 料金》• ドコモ光料金:4,000円• セット割:-800円• ずっとドコモ割プラス:-200円• 割引合計:-1,000円• ドコモ光実質利用料金:3,000円 合計で1,000円の割引になりますので ドコモ光を実質的に3,000円で利用できることになります。 一人暮らしになる場合で契約者がドコモを長期間利用していれば大きな割引を受けることができます。 docomo以外のスマホを利用している場合 ドコモ以外のスマートフォンや携帯電話のモバイル回線を利用している人が、ドコモ光を利用した場合は割引はありません。 つまり、 auのスマホ、softbankのスマホ、格安SIMを利用している人は割引の対象外となります。 例えdocomo回線の格安SIMを利用している場合でも割引にはなりません。 あくまでもdocomoのスマートフォンなどモバイル回線を利用している人が対象です。 まとめ ドコモ光とdocomoのスマートフォンなどのモバイル回線をセットにすることで「 セット割」を受けれます。 また、長期間docomoのモバイル回線を利用している人は「 ずっとドコモ割プラス」を合わせて割引にできます。 二つの割引を併用できることがドコモ光の最大のメリットと言えるでしょう。

次の