スラムダンク の 続き。 【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

スラムダンクの続きが明らかに!【インターハイ・その後】

スラムダンク の 続き

当時の日本ではそれほど人気のなかったバスケットボールをメジャースポーツに押し上げた スラムダンク。 絶頂期には多くの子ども達がバスケ部に入りたがるなど、全国的なブームとなった。 ところが後半はやや人気も落ちてきて、最後は全国大会の途中で連載終了。 なんとも 続きが気になるところで終わってしまったのだ。 連載終了から20年以上がたった今、それでも続きが気になるスラムダンク。 調べてみると同じように感じている読者も多かったようで、ネット上では 全国大会やその後の続きに関して様々な考察がされている。 だが筆者はこの続きに関して、興味深い情報を入手した。 そこで今回は、本当に存在した続きから気になる噂までを徹底紹介したい。 是非この話を保存版として読んでみてほしい。 Sponsored Link ここがポイント!• トーナメント表を見れば続きがわかる!? まず整理したいがスラムダンク作中で主人公の桜木花道が所属する湘北は、神奈川県代表として全国大会…インターハイに出場した。 一回戦の豊玉、二回戦の山王になんとか勝ったが三回戦の愛和学院に惨敗してしまう。 その後はナレーションベースのように話が進み、インターハイに関しては 優勝校もはっきりしない。 そのうち流川が「アメリカに行きたいです」と言って物語自体も終わってしまう。 つまり 全国大会の続きがスラムダンク本編では、ほとんど語られていないのだ。 かろうじて準優勝校が同じ神奈川県代表の海南大付属とわかるが、優勝校については一切語られていない。 こんな演出をされてしまったら続きが気になって仕方ないのは当たり前だ。 どこが優勝したのか?どうにかして続きを知る方法はないだろうか。 そこでまずチェックされたのが、スラムダンクの作中に登場した トーナメント表である。 この組み合わせによると、湘北と海南が同じブロックにいて準決勝まで当たらないようになっている。 また海南大付属は準優勝校なので、逆に言えばこちらのブロックには優勝校が存在しない。 つまり湘北を倒した愛和の線は完全に消える。 スラムダンクが順当に続きを描いていれば当然だが、海南大付属と決勝で戦うのは逆ブロックの高校だ。 この逆ブロックで 注目された高校が二つある。 ナレーションで「日本は森重寛を知る」と語られた選手の所属する 名朋実業。 また「本当に注意せなアカンのはここやで」と彦一に言わしめた 大栄学園。 ネット上では「続きがあるとすれば、決勝戦に上がったのは この二校のどちらかだ」と噂されている。 スラムダンクの頂点に立った高校はドコ? 優勝候補とされる学校が二つにまで絞られた。 しかし実際に、インターハイの続きでどちらが勝ち進んだかは明らかにされていない。 だから、スラムダンクの作中に隠されたヒントから考察する必要がある。 まず名朋実業の優勝説。 これはやはり「 日本は森重寛を知る」の一言が根拠だ。 現実世界で考えて欲しい。 野球と違ってバスケットは全国大会レベルでも、高校の試合がテレビ放送されることはあまりない。 Sponsored Link つまり知名度が低いので「日本中が森重寛という名前を知る」には、優勝校になってMVPを取るほどの活躍がなければ無理だというワケだ。 ただし根拠はこれだけで、むしろ否定的な意見の方が強い。 仮に彼の名前が有名になったとしても、それが決勝まで行く全ての根拠とは言い難いからだ。 また作者の井上雄彦氏も「 スター選手が引っ張っていくチームが勝つことはない」と、作者自らが名朋実業のようなチームが勝ち進むことを否定している。 一方の大栄学園だが、彦一のセリフはもちろんとして、ネット上でも「 何かの雑誌の結果に書いてあった」「 どこかで大栄が優勝となっていた」という声が聞かれる。 またこの話には続きがあって、作者の井上雄彦氏が「インタビューで語っていた」という都市伝説じみたものまである。 だがもちろん、事の真相は定かではない。 みんな「 見た気がする」程度なのだ。 それだけ大栄の強さが印象的だったとも思えるが、やはり根拠が薄い。 まだまだあったトップ候補!強豪・博多商大附属 湘北が二回戦であたった山王工業だが、彼らはスラムダンク作中における前年・前々年のチャンピオンだ。 トーナメント表でも当然、シード校扱いになっている。 だがこの一覧には山王以外に、シード校がもう一つ隠れている。 それは、湘北とは逆ブロックに位置する 博多商大附属。 前年度のチャンピオンが一回戦シードになっているのなら、博多商大附属は同じく 前年度の準優勝校であった可能性が高い。 作中では全く触れられていないが、かなりの強豪であることは伺える。 恐らく大栄か名朋のどちらかだろうが、仮に博多商大附属が優勝校だとしても不思議はないのだ。 思わぬダークホースの出現で、いよいよ混乱化してきた 全国大会の行方。 最も手っ取り早いのは、やはり作者がスラムダンクの続きを描いてくれることだ。 だが連載終了から20年以上過ぎたいま、ちゃんとした続きが作られる可能性は年々低くなっている。 ファンのヤキモキした気持ちがインターハイの予想を泥沼化させたのかもしれない。 願わくば作者が生きているうちに、ぜひ続きを。 資生堂・スラムダンクのタイアップCMが面白すぎ! 2009年に放送された 資生堂のCMで、スラムダンクとタイアップしたものがある。 このメーカーとしては珍しい男物化粧品の宣伝で、男らしさあふれるスラムダンクが起用された。 Sponsored Link 肝心のCMはいくつかのストーリーが存在するが、基本的にスラムダンク作者の「おふざけ」という展開が取られている。 まずスラムダンクの中でも圧倒的人気を誇る 流川楓が登場。 敵チームのディフェンスをドリブルで突破し、ゴール前でダンクを決めようとする。 桜木花道と宮城リョータのシーンではゴール前で身動きの取れなくなった花道が一旦リョータにパスを出す。 そしてスキができたところでボールを返してもらい、これも華麗にダンクを決めようとする。 しかし二人ともゴールを決められない。 シュートが決まる瞬間に消しゴムとペンが出現し、 ゴールを別のものに書きかえてしまうからだ。 流川の場合はコンサートドラムになってボールが弾かれ、花道の場合は水入りのバケツになって大量の水を浴びてしまう。 これだけでは全くスラムダンクの「 続き」とは思えないかもしれない。 だが花道の髪が少し伸びていてケガが治った後だとわかるし、リョータはゼッケン4番をつけている。 さらに一瞬見えるユニフォームには、確かにSHOHOKU(湘北)と書かれている。 湘北の4番といえばスラムダンク作中では赤木のものだ。 とすると、このCMは 彼ら三年生が卒業した後の続きだと推測できる。 またバスケットの4番はキャプテンの背番号なので、リョータが次期リーダーに選ばれたことも分かる。 純粋な続きものではないが、スラムダンクファンなら見ないわけにはいかない。 躍動感もかなりあって、アフレコはされていないが「リョーちん!」という声まで聞こえそうだ。 このコマーシャルの続きが見たいくらいである。 「あれから10日後」スラムダンクの正式な続きが意味深… 2004年、スラムダンクの総発行部数がとうとう一億冊をこえた。 この感謝イベントの一環として、神奈川県立三崎高等学校の旧校舎でスラムダンクの作者自らが続きを描いた。 題名は「 10 DAYS AFTER」、スラムダンク本編終了から 10日後のストーリーである。 各教室の黒板を原稿がわりにして絵を描いているので迫力も十分な作品だ。 スラムダンクは全国大会編の終了と共に連載が終わっている。 大会終了後なので三年生も引退し、学校によってはすでに次期キャプテンが決まっている。 宮城リョータもそのうちの一人なので、時系列的には資生堂CMの続きもますます気になる。 また海南の牧の黒さは 地ではなくサーファー焼けという事実が発覚するなど、単なる続き物という期待を良い意味で裏切っている。 最後は、リハビリ中の花道が ケガを治してバスケ界に戻ることを誓う。 「オレは天才ですから」 ちょっとした続き物とは言え、実にスラムダンクらしい終わり方である。 ちなみにこのスラムダンクの続きで、ミッチーこと三井寿が 冬の選抜に出ようとするシーンがある。 彼も三年生なので本来は引退のはずだ。 このことから一部ではミッチー留年説も流れたが、単に進学のためにバスケの推薦枠を取る試みだと分かった。 実はこの「続編」を意識してか、熱狂的なスラムダンク好きによる二次創作的な続きを描いたブログが散見されるようになった。 こち亀やドラえもん然り、一世を風靡(ふうび)しつつも明確な終わりがない作品に見られるファンの願望が作り出した続き。 興味があれば探してみても良いだろう。 結局、本当の続きはやるの?やらないの? やはりスラムダンクファンとして最も気になるのは、「正式な続きをやるのかどうか」という点。 そもそもスラムダンク本編は「連載終了」ではなく「 第一部完」となっている。 当然だが読者としては「第二部は?続きはないの?」となる。 長い間スラムダンクファンが続きを待ち望んでいる理由も、実はこの たった一行の文字にあるのだ。 これに関して作者の井上雄彦氏がいくつかのコメントを残している。 「 続きはあるかもしれない」「 描きたくなったら続きを描く」 客観的に見ればうまいことを言って逃げているようにしか思えないが…井上雄彦氏が「描きたい」と思う時は果たしてくるのだろうか? ファンとしてはやはり信じて待っていたいし、それが訪れることを心のどこかで望んでいたいのが心情。 とは裏腹に、井上雄彦氏は現在バガボンドやリアルなどの連載を続けている。 ただでさえ多忙な彼には現状、スラムダンクの続きを描く余力はなさそうだ。 だが 現在の作品が連載終了した時には…チャンスがあるかも?筆者もそのタイミングを願いつつ、これからもファンの一人であり続けたいと思う。

次の

スラムダンクその後の続き(12)全日本ジュニア代表戦・スタメン発表

スラムダンク の 続き

スラムダンクといえば、バスケットボールを通して、日本中の青少年たちに感動と希望を与えた伝説のアニメです。 そんなスラムダンクのキャラクターの中でも、特にファンを熱くさせたキャラクターが、三井寿です。 なんと、スラムダンクにたくさん登場するキャラクターのなかでも、一二を争う 大人気なキャラなんですよね。 そんな三井は、スラムダンクの名言メーカーと言われるほど、数々の名言を残しています! スラムダンクを知る世代も、知らない世代も、三井の魅力にハマること間違いなしでしょう。 というわけで、ここでは スラムダンクの三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選についてご紹介していきます。 スラムダンクの三井がファンに大人気な理由 数々の困難や葛藤と戦いながら、情熱的にバスケットボールをやってきた 三井。 そんな三井が、スラムダンクの作中で全力で バスケットボールをプレーしてきた姿には、どんな人でも感動せざるを得ません。 スラムダンクが最初に放送されてからしばらく経ったいまでも、三井はかなりたくさんのファンから人気を集めているキャラです。 スポンサーリンク あまりにも自信にあふれすぎて「オレ様」っぽく思える時もありますが、三井くらい自信にあふれていた方が勝負の世界ではちょうどいいのでしょう。 このようなことと同じで、自信があるということは、それなりに沢山の 努力をしているという事になるのです。 絶対に勝てそうにない相手とでも、諦めず戦って勝ったり、普通では絶対に打てなさそうな場面で シュートを決めてみせたり、感動的な試合がたくさんあります。 特に、高校バスケチームで最強といわれた 山王工業との試合でも、たくさんシュートを決めた三井の姿は、本当に奇跡的でしたね。 もちろん他にも、スラムダンクでは、三井が活躍する試合がたくさん登場します。 しかも、さらに意外なことに、有名な外国人のバスケットボール選手が三井のモデルになっているんです! その名も、アメリカで12年間バスケ選手として活躍した、 マーク・プライス選手です。 マーク・プライス選手といえば、三井と同じく3Pやフリースローの天才と呼ばれた選手ですね。 身長は183センチで、本場アメリカのバスケットボール選手としてはちょっと 小柄でしたが、そんなことを物ともせずに戦っていました。 いまでもアメリカのバスケットボールの歴史に、その名はしっかりと刻まれています。 それでも、バスケに打ち込む三井のカッコよすぎる姿は、人気の 理由として、外すことはできないのです! 三井のギラギラとエネルギーにあふれたまなざしや、真っ直ぐにゴールを見る表情は最高にクールですよね。 そしてもちろん、鍛え上げられた肉体も、男女問わず 憧れを抱いた人がたくさんいるでしょう! たった1つのボールに全力を投じて、真剣に駆け抜ける姿は本当にかっこいいですよね。 バスケをしている三井の姿は、爽やかさと、燃えるような 情熱的な雰囲気の両方を兼ねそなえています。 こういった三井の姿は、まちがいなく三井が大人気な理由の1つになっていることでしょう。 でも、そんな三井も、最初っから何の努力もせずに天才児だったわけではありません。 スポンサーリンク 三井は、人知れず血のにじむような努力をしてきたし、心のなかでもかなりたくさんの葛藤と戦ってきた「努力の天才」なのです。 まわりから天才児と言われ続けるプレッシャーに苦しんでいたり、自信を無くして不良になったり、さまざまな 困難を経験しています。 そんな背景があるからこそ、バスケットボールのコート場で天才とよばれる三井は、多くのファンから愛されているのでしょう。 努力もしないで完璧な天才なら、たしかにスゴイとは思えても、 共感はできないため、好きになれなかったりしちゃいますよね。 三井がここまでファンに人気なのは、三井がきちんと 努力している姿を見せているからです。 スラムダンクの三井の、伝説の名言 とっても男気にあふれていて、バスケひと筋である三井は、聞いた人々を感動させてしまうような 伝説的な名言を、数多くのこしています。 そんな時には、ぜひ三井のこの名言からパワーを分けてもらってください! 三井はどんなに強い相手と戦う時でも、決して最初から諦めたりすることはありません。 前向きに、強敵にもたちむかう姿勢は最高にカッコイイですし、実際に諦めなかったからこそ 勝つことのできた試合もありました。 いずれにせよ、最後まで諦めないことで、何かを手に入れられる!ということを教えてくれているのが、この素晴らしい名言ですね。 このころの三井は、かつての三井とはまるで別人で、見る影もありませんよね。 このように、三井が不良として荒れていた時期は、スラムダンクでもかなり印象的で、いまだに語り継がれている超有名なシーンです。 そんな不良になった三井も、かつての師である 安西先生の顔を見ると、本当はまだまだバスケットボールに触れていたいという感情があふれてしまいます! その時に、あの男らしい三井がなんとも言えない悲しい表情で言った 本音が、このセリフになります。 ボロボロになり別人のように荒れてしまった三井が、泣きながら言ったこの名言に、 感動して泣いたファンも多いのではないでしょうか? まさに、三井の感情が痛いほどに伝わってくる、伝説の名言です。 三井のこの名言からは、彼の強い自信と、精神力をうかがうことができます。 それに、三井がここまで自信を持つことができるようになるまでは、 簡単な道のりではありませんでした。 多くの困難をのりこえ、自ら 成長してきた三井だからこそ、こうして自信にあふれている姿やセリフがとてもカッコイイものに感じられるのでしょう。 しかし、そんな状態でも三井の心は決して折れたりはしませんでした。 体力的にはかなり 限界だったはずが、三井は「もうオレには リングしか見えねえ」と、驚異の集中力と根性を見せ付けます! この時の三井の、ただならぬオーラや、倒れそうになりながらも決して試合を諦めたりしない姿は本当にカッコイイものです。 なにがあっても、絶対に最後まで諦めたりしないで勝ちたいという、 強い思いがあったからこそ、三井は立っていられたのでしょう。 この名言からは、三井のバスケへの大きな 愛と、メンタルの強さがよくわかりますね。 いい脇役がいないと 主役も生きないだろ!!」 たとえば、どんなにジャンケンが強くても、弱い人に勝つだけでは、ただ「へー、強いんだね」で終わっちゃいますよね。 そうなるよりも、めちゃくちゃ強い人に勝ったほうが、「めちゃくちゃスゴイじゃん!」と思いませんか? つまり、最高に強い主役が、その強さに気がついてもらうためには、対戦相手も強くなければならないということを三井は教えてくれています。 このセリフからは、三井が「強いものは、しっかりとその強さを認められるべきだ」という 大人な考えを持っていることがうかがえますね。 バスケットボールという 勝負の世界で、全力で努力してきた三井だからこそ言えた、伝説の名言でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、スラムダンクの三井がファンに大人気な理由と、伝説の名言10選についてお伝えしました。 とても真っ直ぐで強い心をもちながら バスケットボールに向き合い、自信に満ち溢れている三井は本当に素晴らしいキャラクターでしたね。 それに、不良になってしまった三井が、泣きながらバスケ部に復帰した時の名言も、かなり 感動的でした。

次の

スラムダンクの続きが明らかに!【インターハイ・その後】

スラムダンク の 続き

晴子「・・・桜木君!!」 桜木(・・・置いてくる) ・・・残り0秒 終了を告げるブザーが会場内に鳴り響く。 ビィィーーーーーーーーーーーーー・・・・・・ 海南 87 湘北 87 コート上、ベンチ、記者席、観客席、会場内の全ての視線が審判に集中した。 ィィィィ・・・終了のブザーが鳴り止もうとする時・・・ 会場の視線を一身に受ける審判が、カウントをコールする!!! (!!!!!) ・・・そして電光掲示板の表示が変わった 海南 87 湘北 89 それと同時にうなるような歓声が場内を包む!! 「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」 「入ったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」 「湘北の勝ちだぁぁぁぁぁ!!!!」 「海南が負けた!!!!!!」 「王者交代!!!!!!湘北!!!!」 晴子「桜木君!!!」 桜木「よっしゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!」 コート上、両手を大きく突き上げ、雄叫びをあげる桜木。 他のメンバーも喜びを爆発させている!!! ベンチからも控えメンバーが飛び出し、桜木の元へ駆け寄る!! 宮城「花道ーーーーー!!!! やりやがったなコノヤロー!!!」 三井「よっしゃぁぁ!!!俺達の勝ちだ!!!桜木!!!」 桜木「な~はっはっはっはっはっはっはっはっはっ!!!」 赤木「桜木ぃぃぃぃ!!!!」 (ビクッ!) そ~っと振り返る桜木。 バチィィィ!! 手荒い祝福で桜木を称える赤木。 桜木「いてっ!! ぐっ、ゴリめ!この勝利の立役者に向かって・・・」 (ガシィ!) 更に桜木を掴む赤木 赤木「は~っはっはっはっはっ!!!よくやったぞ桜木!!! 最後はお前のおかげだ!!!」 驚いた表情の桜木 「ぬっ・・・ゴ・ゴリにほめられた・・・」 赤木はとても嬉しそうな表情をしている。 三井「ふっ、赤木め。 」 (ダーーーッ) 号泣の晴子「オベデトウお兄ちゃん!!!ヒクッ!・・・」 ~観客席 堀田「ぬをぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!! 最高だ!!!最高だ!!!お前等!!!!」 桜木軍団「やったなぁーーー!!!花道!!! いいぞーーーー!!!!」 少し涙ぐんだ様子の木暮 「やったな!!赤木!三井! よくやったぞ!!みんな!!!」 ~記者席 弥生「・・・終わった。 王者・海南が負けた・・・。 」 (ボーーーーーッ) 意識がもうろうとしている中村 「・・・歴史が変わったんだ・・・。 」 ・・・会場内は未だ異様な歓声に包まれたまま。 そして、コートでは試合後の両チームの挨拶が済まされていた。 (ガシッ!) 赤木と牧がガッチリと握手を交わす。 赤木「・・・牧。 やはりお前は最強のプレーヤーだ。 」 牧「赤木・・・。 最高のチームメイトだな、あいつ等は。 」 赤木「牧、俺は1年の時にお前を見た時から、 王者・海南、そして牧紳一を倒す事を毎日思い描いてきた。 今の俺があるのはそのおかげだ・・・。 」 牧「・・・ちっ、それを実現してしまうところがお前の凄いところか。 今回は負けだ・・・だがこれで終わりじゃない。 」 赤木「あぁ、もちろんだ。 」 牧「俺達に勝ったんだ・・・必ず全国を制覇してくれよ!」 互いの健闘を称えあう赤木・牧。 そして激闘の40分を終えた選手達。 その光景を眺める観客席から自然と拍手が起こり始める。 (パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ・・・) 「海南も湘北も最高のチームだ!!!」 「ありがとう!!いい試合を見せてもらった!!」 「いいぞーー!!!!」 「赤木・牧!!両キャプテン共に最高だーーー!!!!」 (ピクッ) 宮城(キャプテンは俺だ!) そんな中・・・1番泣きじゃくっているのは清田だった。 溢れ出る涙を抑えきれずに顔全体をタオルで覆い、 言葉も発せず下を向き、ただ肩を震わせていた。 そんな清田の元へ牧が歩み寄る。 (ポンッ) 清田の肩に手を置く牧。 牧「高校最後の年にお前とプレーができてよかった。 ・・・俺から学んだものを決して無駄にするなよ。 お前ならできるな、清田。 」 清田(・・・) その言葉をうけ、更に涙が溢れる清田・・・ 牧の問いかけに静かにうなずく。 牧「ふっ、頼んだぞ。 」 牧は、続いて神の元へ歩く。 神「牧さん・・・」 牧「・・・神。 来年、任せたぞ。 お前がいるから俺も安心して引退できる。 もう1度常勝・海南を作り上げるんだ。 お前に任せていいな?」 神「・・・はい」 牧の言葉に静かに答える神。 その目は真っ直ぐに牧に向けられている。 試合に負けた悔しさ、そして内に秘める闘志を押し殺すかのように 拳を強く握り締めたまま・・・ 牧「よし、いい目だ。 」 そして、高砂・武藤・宮益等、3年生に声をかける牧。 牧「これで俺達は引退だ。 最後、勝てなくてすまない・・・。 」 高砂「何を言ってる、牧。 俺達に悔いはない。 」 武藤「そうだ。 お前と共に最高の戦いができた。 ありがとう。 」 宮益「牧、本当にありがとう。 お前がいたから、こんな俺でも3年間続けられた。 」 牧「・・・みんな」 高頭の元へ集まる海南メンバー。 高頭「勝てなかったのは私のミスだ・・・すまない。 外れても延長があると言った事で、僅かながら気持ちに隙が出来てしまった。 終了のブザーが鳴るまで勝利を目指した桜木・・・ いや湘北の動きを止められなかった・・・」 牧「監督・・・」 更に高頭が続ける。 高頭「常勝・海南!!また今日から作り直しだ。 その為にも、今日の負けを絶対に忘れないで欲しい。 敗北の悔しさを知る者こそが、本当の勝利の喜びも知ることが出来る。 我々はまた強くなる!!いいな!!」 海南メンバー「・・・はい!!!」 牧「・・・」 牧は最後まで一度も下を向かなかった。 それは王者・海南のキャプテンとしてできる、最後の仕事だった。 ~観客席 海南の様子をじっと見つめる藤真。 藤真(・・・) 花形(・・・藤真) 呆然とした様子の彦一 「・・・エ・・・エライ試合を見てしもうた・・・。 ワイはなんて幸せモンや。 この試合は今後のワイのチェック人生に、大きな影響を及ぼすに違いない・・・」 あきれた様子の越野「はー、ダメだコイツは・・・。 」 田岡「湘北がこれ程のチームになるとはな。 来年以降も、我が陵南にとって大きな敵になる事は間違いない。 」 仙道は一人、思いにふけっている。 (牧さん・・・) そして、流川・桜木にも目を向ける。 (・・・あいつ等め) 横では田岡が来年を見据えて興奮している。 (ギラッ!) 田岡「来年はどこが勝ってもおかしくない!! すなわち、新しい神奈川戦国時代の幕開けだ!!」 彦一「おぉぉ!!監督!!その言葉頂きまっせ!!」 (サラサラサラ) ノートに書き込む彦一。 」 (ピクッ!!) 準決勝の退場をずっと引きずっていた福田が、突然立ち上がる。 (フルフルフルフルフルフル・・・) 福田「・・・戦国時代。 かっこいい・・・。 」 越野「は~・・・大丈夫か!?ウチは・・・。 」 そして、湘北メンバーは・・・ 桜木「な~はっはっはっはっ!やったぜオヤジ!!」 (ニコッ) 安西「みなさん、よく頑張りました。 君達は強い。 やはり私の目に狂いはなかった。 」 桜木「は~はっはっはっ!! この俺を秘密兵器と見抜いた時点で見る目があったぜ、オヤジ!!」 (タプタプタプタプタプ・・・) 彩子・宮城・三井「ヤメロ!!!」 安西「ほっほっほっ。 これで再び全国へ挑戦できます。 君達はもっと強くなる。 今度は全国の舞台でそれを見せて下さい。 」 赤木(・・・全国!) 一同「はい!!!」 ~記者席 弥生「記録はいつか止まるものとはいえ、 全国2位になった年に、海南の連覇の記録が止まってしまうとはね・・・。 皮肉なものやわ。 」 中村「やはり湘北は歴史を作るチームなんですよ!!」 弥生「・・・湘北ならやってくれるかもしれない。 確かにそんな期待を持たせるチームね。 これから先も目が離せないわね!!要チェックやわ!!」 ---歓喜に沸く湘北の輪の中 スッ・・・ 流川「・・・オイ、素人」 桜木「ぬっ、ルカワ!」 流川「・・・少しはマシになってきたみたいだが、 全国で勝ち進むにはまだまだそんなもんじゃ足りねぇ。 わかってんだろうな?この下手くそ。 」 桜木「ぐっ!わかってら、このキツネ!! わざわざそんな事言いに来やがって!!」 流川(・・・・・・) 桜木(・・・・・・) 2人の間にしばらくの沈黙の時間が流れ・・・ (ペチッ) かなり微妙な軽いタッチを交わす2人。 「お!?うそ!?」 湘北メンバーが一斉に驚きの表情をする。 桜木・流川「フン!!」 晴子「桜木君・・・流川君・・・」 三井・宮城「へっ、素直じゃねぇな。 」 赤木「フッ」 ・・・こうして冬の選抜・神奈川県予選の全日程が終了した。 日本一の激戦区にふさわしい戦いを見せてくれた選手達。 ---そして、その激戦区を制したのは、湘北高校。 夏には翔陽、そしてこの冬は王者・海南を破り見事に神奈川県代表の座を手に入れた。 牧・藤真の時代に終止符を打った湘北。 昨年まで無名の高校だったチームが歴史を塗り替え、 そして歴史に名を刻んだチームとなった。 ~観客席 (ズーーーーーーーン) チエコスポーツの店長「試合中に完全に忘れられた・・・」 最終スコア 海南 87 湘北 89 海南大付属高校 4・牧 29P 7A 5・高砂 8P 6・神 29P 3P7本 9・武藤 4P 10・清田 17P 湘北高校 4・宮城 2P 8A 10・桜木 16P 11R 11・流川 30P 14・三井 20P 3P6本 15・赤木 21P 続く.

次の