血小板 減少 治療 食事。 血小板の増やす食事 教えて?

血液造血器の病気:血小板減少症と血小板機能異常症

血小板 減少 治療 食事

前から血小板数が少なく、検査では1マイクロ・リットル当たり5万と正常の半分程度です。 血が止まらなくなるので注射は控えています。 病気で手術が必要な時に治療できないのではないかと不安です。 どんな原因が考えられますか。 血小板を増やす治療はありますか。 (85歳男性) 骨髄穿刺検査で原因調べる 坂巻寿 東京都立駒込病院 名誉院長(東京都文京区) 血小板が減少する理由には、血小板の産生が低下する場合と、血小板は正常に造られているのに寿命が短いため数が減っている場合の2通りあります。 まず産生低下の場合ですが、血小板だけ産生が低下することはまれで、貧血や白血球減少を伴うことが多いです。 血小板の寿命が短い場合は、血小板に対する自己抗体ができて自分の血小板を壊してしまう病気や、寿命が来た血小板を破壊処理する脾臓(ひぞう)の機能が強まりすぎて、血小板を多く壊してしまう病気など様々なことが考えられます。 血小板を含む血液細胞は骨髄で造られており、骨髄に針を刺して採血する骨髄穿刺(せんし)検査を行えば血小板減少の原因について有力な情報が得られます。 血小板数が1マイクロ・リットル当たり5万あれば日常生活に問題はありません。 ただ、けがや手術時は血が止まりにくく、何らかの処置が必要になります。 対処法の一つに血小板輸血がありますが、効果は一時的です。 根本的に血小板数を回復させるには、原因を突き止め、それに対する治療が必要になります。 日常生活に問題がない程度の血小板減少では治療をしないこともあるため、担当医師は様子を見ているのかもしれません。 原因が分からず、不安なようであれば、病院で「精密検査をしてほしい」と申し出られてはいかがでしょうか。

次の

血小板の減少する原因と増加に効果的な食べ物とは

血小板 減少 治療 食事

スポンサーリンク 血小板が少ない場合、どういった食事で治療していくかについて 解説していきます。 体の中には 血小板の存在はとても大きく 大切な役割を果たしているから絶対に無くしてはいけないです。 しかし時折少ない量になってしまう場合もあるから その時には食事による治療方法を試すべきです。 何故なら食べ物を体内に入れる事で体力を回復しながらも 上手く血小板を増やす事も出来るからです。 だから病院などの検査で絶対的に血小板の数が少ないと言われれば いつも以上に食事の量を増やせば良いです。 それが今の医療で考えられる治療の中で最も適切とされている事で かなり良い効果を望めると大きな期待が込められています。 これはやはり出来る限り健康に良い物を抽出してみる事であり なるべく消化を助ける調理法にも気を付けた方が賢明です。 それと血小板が少ないと言っても実際に食事で治療する事が可能なので 全く焦る必要は無いとされています。 むしろちゃんとした行動を取る事で治せる割合としても高くなるから 普段通りの生活を肝に銘じておくと無難です。 だから血小板が少ない事が何らかの方法で分かったとしても まずは真っ先にこれからの食事をどうするかを決める方が適切です。 スポンサーリンク.

次の

血小板が少ない時の食事の治療方法

血小板 減少 治療 食事

血が止まりにくい人の食べ物について 特発性血小板減少性紫斑病で現在治療中です。 自己免疫疾患の中のひとつの病気で、健康な問題のない血小板を異物?と判断して攻撃してしまうことで血小板が減少してしまう病気なのですが、症状としては代表的なのは紫斑(アザ)で、血小板が少ないので出血した際に血が止まりにくいということがあります。 そこで質問なのですが、 この病気になってから色々調べたり、以前に比べて随分健康に気をつけるようになり、野菜や納豆とか一般的に体に良いとされるものを食べてきたのですが、納豆はナットウキナーゼ?というのがあるようで、その効果が血をサラサラにする効果があり、食べ過ぎると血が止まりにくくなる?というようなものを目にしたのですが、この病気に限らず、元々、血が止まりにくい人の場合は、血をサラサラにすると言われているような食べ物は、なるべく避けた方が良いのでしょうか? 2ヶ月に1回、全体の血液検査をやっていて(血糖値や肝臓など色々な検査)、血小板以外の数値自体は今のところ正常値です。 血小板の検査(同時に分かるのは白血球や赤血球など)は2週間に1度行っています。 今まで血はドロドロとは言われたことはないですが、サラサラとも言われたことはないです。 アドバイスよろしくお願いします。 こんにちは、その症状の漢方的な原因は気血不足ですから、気を補う(胃腸を丈夫にする)ものと血を増やすものをとるのがいいです。 脾の摂血の力が落ちて脈外に血がもれると考えますので、脾を丈夫にすることは、漢方薬の作用と同じです。 気を補うのは、芋類、豆類、雑穀類、鶏肉やウナギ、ヒツジ肉、いわしなどです。 血を補うのは、レバー、クコ、なつめ、ほうれん草、小松菜、ニンジン、黒米などです。 破血の作用のある生薬や食べ物は避けた方がいいと思います。 たぶん刺激物、とうがらしやわさび、サフランのとりすぎ、などはよくないかもしれません。 もう一つのご質問に書こうと思っていたのですが、解決済みになっていたのでこちらに書き足します。 薬で肝機能が影響を受けたのは、漢方薬自体が証にあっていなかったためではないかと私は思います。 以前のご質問にあった最初の処方は、補中益気湯をメインにしているのに、温める生薬も入っているのが不思議でした。 サイコやショウマは熱を冷ますのに、熱性のブシやケイヒが入っていたからです。 そのときには、それが合う体質なのかも?と迷いましたが、今回の処方をみるとサイコはなくなっていて、ブシ、ケイヒ、リョウキョウ、サンショウなど温める力が非常に強い生薬が多く含まれているため、とても冷え切った体質向けになっています。 ですが、同時に加味帰脾湯や酸棗仁湯のような熱証向けの薬が増えていて、同じ人にたいし、効果を打ち消しあうような処方がされています。 これはおかしいと思います。 組み合わせによって別の効能をねらっているとも思えません(もしそうなら煎じ薬の中で組み合わせるはずですし)。 その病院は本当に信頼できるのでしょうか。 質問者の方はイライラやのぼせ、口の渇きなどがありますか? それとも体内が冷えているのでしょうか? 以前書きましたように、私も経験がありますので、同じような脾の薬を処方されたことがあります。 病院では、実は同じ補中益気湯と冷え性向きの薬に、加味帰脾湯と酸棗仁湯を寝る前だけにと処方されました。 中医学の漢方専門の人気医師でしたが、やはり質問者の方の処方と同じように気を補うこと中心で、寒熱をあわせていませんでした。 私はおかしいと思って飲まず、専門薬局に相談したらやはり悪化させる組み合わせでした。 飲んでいたら肝機能に影響がでていたのではないかと思います(質問者の方が処方されたとくに最初の煎じ薬は、処方量が通常の4倍くらいありましたので、証に合っておらず多量であったことが悪化をより促した可能性もあるように思います)。 専門の病院だから必ず腕がいいとはいえません(同じF市T神のM漢方医院です。 よい話ではないので地域実名伏せましょう)。 処方をみて、その寒熱のでたらめさと、肝血か心血か区別がついていない診断の甘さがそっくりだと思いました。 肝機能のご質問の方に、小柴胡湯の副作用の例がありましたが、あれは西洋医学的には飲み合わせの問題といわれるのかもしれませんが、漢方的には証に合っていないための選薬ミスによる肝炎で(その人に不要な薬物の混入も、証にあわせていればなかったはず、と考えるので。 疑問に思われたら検索してみてください)、西洋薬と併用していても漢方診断法の徹底している中国にはそういう例はないと薬局のブログで読んだことがあります。 血小板数の値にもよりますが、怖いのは「消化管出血」と「紫斑病性腎炎」かと思います。 消化管出血の予防のためには、鎮痛剤を飲まない・刺激物を避け消化の良いものを食べる。 腎炎の予防法はITPの治療以外ないと思いますが、念のため塩分を控えめにするに越した事はないかと思います。 血がさらさらとは一般的にコレステロール値の低い事を指します。 コレステロールが高く、血栓が出来やすい状態の時に「抗血栓薬」であるワーファリンという薬が処方される事が多いのですが、ワーファリンはビタミンKにより作用が弱まるので、納豆が禁止になります。 今の状態で納豆を摂取していいかどうかは主治医にお尋ねするしかないかと思います。 どうぞお大事にして下さい。

次の