アニマルズ 朝日 の あたる 家。 朝日の当たる家(有名なのはアニマルズのやつ)の歌詞の意味は分かるんです...

聴き比べ『朝日のあたる家(The House of the Rising Sun)』

アニマルズ 朝日 の あたる 家

「朝日のあたる家」と言えば、私などは真っ先に アニマルズ The Animals の 「 The House of the Rising Sun」が頭に浮かびます。 ヴォーカルの エリック・ Eric Burdon の迫力ある声が何とも言えません。 その後、 を聴くようになって、この曲が彼のファーストアルバムで取り上げられていることを知りました。 それでも、やはりこの曲はアニマルズでしょう、と思っていました。 日本では 浅川マキが自身の訳詞で歌っていることも知りました。 これもまた、浅川マキらしくすばらしい曲に仕上がっています。 いつだったか、確かだったと思いますが(記憶が定かではありません)、 の特集を放映していた時がありました。 何気なく観ていると、この 「朝日のあたる家(朝日楼)」が始まりました。 思わず息をのみました。 その迫力に圧倒されました。 以前から歌唱力には定評がありましたが、この曲での彼女はまるで別人のような声と表現力で観ているものを引き込みました。 すぐにこの曲が収録されているCDを探し、購入しました。 それが 『VIRTUAL CONCERT 朝日のあたる家』でした。 百花繚乱 02. かもめの街 03. あなたのための微笑み 04. イマージュ 05. 祭りの花を買いに行く 06. ダンチョネ節 07. 紅とんぼ 08. 東京の花売娘 10. スタコイ東京 12. 黄昏のビギン 13. 朝日のあたる家 朝日楼 14. 弾き 16. プラットホーム 17. 紅い花 19. 伝わりますか 「VIRTUAL CONCERT」とあるように仮想のコンサート仕立てで、拍手が入りますがスタジオ録音です。 このアルバムは選曲が素晴らしいです。 自身のヒット曲 「紅とんぼ」や 「」もありますが、の 「」、そしての幻の名曲と言われた 「黄昏のビギン」。 彼女がこの曲をカバーしたおかげで、この曲が再び息を吹き返しました。 そして何といっても 「朝日のあたる家(朝日楼)」です。 この曲は元々がカのトラディショナルで1933年にンス・アシュレイというフォークシンガーが祖父から教わったものを録音したのが最初でした。 その後やレッド・ベリー、などが歌っていました。 そして1962年にがデビューアルバムで取り上げ話題になりました。 1964年にはアニマルズで大ヒットします。 全米1位だけでなく、地元イギリスでも1位に輝き、世界中でヒットし知られるようになりました。 もちろん日本でも大ヒットでした。 この曲は「 The House of the Rising Sun」という娼館に身を落とした女性の懺悔の歌です。 ただし、アニマルズは主人公を男性に変えて歌っています。 ですから娼館ではなく、少年院と解釈されています。 あたしが着いたのは の 朝日楼という名の 女郎屋だった 愛した男が 帰らなかった あんとき私は 故郷(くに)を出たのさ 汽車に乗って また汽車に乗って まずしいあたしに 変わりはないが ときどき思うのは ふるさとの あのプラットホームの 薄暗さ 誰か言っとくれ 妹に こんなになったら おしまいだってね あたしが着いたのは の 朝日楼という名の 女郎屋だった 浅川マキは例によって抑え目に歌っていますが、は熱唱です。 どちらも味わい深い歌唱になっています。 という歌手は1972年に「」でを獲っています。 それまでも歌分野でヒット曲を飛ばし、人気もありました。 私自身は特別な思い入れはありませんでしたが歌の上手さには感心していました。 その後もテレビドラマに出演したり、の弟・郷暎治と結婚したりと、話題を振りまいていましたが、そのうち見かけなくなりました。 そして郷暎治が無くなると、一切テレビなどには出演し亡くなりました。 実質上の引退でした。 郷暎治の葬儀の時には「私も一緒に焼いて」と言ったという話は有名です。 引退後も彼女の評価は高まるばかりです。 CD全集なども数多くリリースされ、その売り上げも好調らしいです。 「朝日のあたる家」はそんな彼女の歌唱力が発揮された逸品だと思います。 それでは今日はこの辺で。 lynyrdburitto.

次の

聴き比べ『朝日のあたる家(The House of the Rising Sun)』

アニマルズ 朝日 の あたる 家

起源と初期のバージョン [ ] 多くのトラディショナルなフォーク・バラードと同じく作者不詳であるが、には原型と見られるがいくつか残されている。 現存する最古の音源はクラレンス・アシュレイ Clarence "Tom" Ashley らがにしたもので、アシュレイはそれを祖父から教わったものだと述べている。 また、の ()の研究員は、ジョージア・ターナー Georgia Turner という16才の少女が唄った "The Risin' Sun Blues" をに録音、収集している。 その後、歌い継がれるうちにやに変化が加えられ、 (、、)などは元々調だったものを、調にアレンジしている。 に、に、にがレコーディングしており、 (、)も初頭、ロマックスの音源に自らのアレンジを加え自身の重要なレパートリーとしていた。 ボブ・ディラン・バージョン [ ] が、デビュー・アルバム『』()の中でこの曲を取り上げ、真に迫ったが高く評価された。 レコーディング以前の、やで演奏していた時期からこの曲をレパートリーにしており、の「」に掲載されたロバート・シェルトンによるコンサート・では、彼がこの曲を不明瞭な発声で唸ったりすすり泣いたりしながら唄う様子が紹介されている。 後にのバージョンがヒットすると、聴衆はディランにもアニマルズのようなアレンジで演奏することを求めたため、ディランはコンサートでこの曲を取り上げることを止めてしまった。 しかし、ディラン本人はアニマルズのバージョンを大変気に入っており、彼がサウンドを導入する切掛けの一つになったという。 ディランの映画『 (、)』()の中で、デイヴ・ヴァン・ロンクがインタビューに答え、この曲をレコーディングするつもりであったのだが、ディランがその編曲アレンジをロンクからコピーし、先にレコーディングされてしまった、と発言している(ロンクも、すぐ後に自身のアルバムに収録)。 アニマルズ・バージョン [ ] はにシングルとしてリリース。 同年9月にのヒットチャートで3週連続1位になり、イギリス、スウェーデン、カナダのチャートでも1位を記録した。 日本の『ミュージック・マンスリー』誌に掲載されていた洋楽チャートでは、最高位2位を記録した。 に (、)入りを果たし、2004年には『』誌が選んだ「」で122位となった。 の「 ()」の1曲にも選出されている。 原曲の歌詞が女性から男性に代えられていることから、 "The House of the Rising Sun" は刑務所もしくはを指すと解釈されるようになった。 レコードのには、としてが記載されているが、これは「他のメンバーの名前を書くスペースがなかったからだ」とがインタビューで答えている。 ディランのバージョンを基にしていると言われることが多いが、エリックによれば、この曲を初めて聴いたのは、のクラブでフォーク・シンガーの ()が唄っていたものであるという。 ただしデイヴ・ヴァン・ロンクのアレンジが完全に払拭されているともいえず、ロンクは自分のアレンジを基にしていると主張している。 フリジッド・ピンク・バージョン [ ] を拠点とする、 (、)がにシングルとしてリリース。 「」でチャート最高7位、全英シングル・チャートで4位、カナダで3位、西ドイツで1位、ノルウェーで1位を記録した。 5月、よりに認定されている。 サウンドはのスタイルだが、メロディーはほぼアニマルズを踏襲している。 その他のバージョン [ ]• アルバム『』に収録。 すずき・きよし• 備考 [ ] 本作のはではなく、で構成されている。 ・の可能性もある。 作曲作詞 〔〕はとされ、 状態で登録されている。 の による版は、作品/出典:PO 出版者作品届 /作品コード 000-9581-8 朝日楼 として登録。 作詞・作曲:、訳詞 〔〕:浅川マキ、はとなっている。 テレビ番組の「」内で、この曲の歌詞にインスパイアを受けてのが執筆したドラマ「朝陽のあたる家」が演じられた。 また、このドラマ中にも、ちあきなおみバージョンおよび主演を務めた渡辺が本曲を歌うシーンがあった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

「朝日のあたる家」ボブ・ディラン[歌詞和訳]:House of the rising sun Bob Dylan 1962

アニマルズ 朝日 の あたる 家

ジャンルは、、、である。 60年代後半にアメリカに渡ってからは、の作品も残した。 1960年代半ば、、、、などと共に人気を博した。 アメリカでは、いわゆる の代表格の一組とされている。 アメリカのに根ざした作風が特徴的で、シーンにも多大な影響をもたらしたバンドである。 ボーカルのエリック・バードンが「」において第57位にランクインしている。 キャリア [ ] 、イギリスのニューキャッスルで()、(、)、()、()、()の5人で結成。 バンド名はグラハム・ボンド・オーガニゼーションのグラハム・ボンドが命名。 ライブがあまりにもワイルドだったため、観客から「Animal! 」という声が多くかかったことから、メンバー自ら名乗るようになったという由来が語られたことがあるが、2013年のインタビューでエリック・バードンが否定している。 音楽性はブルース色が非常に強く、の「Boom Boom」などをコピーしている。 対照的に、シングル曲にはヒットを意識してブリル・ビルディング系の作曲家の作品が多く取り上げられる。 多数のヒット曲の中、「The House Of The Rising Sun(は「」)」が最大のヒット曲として知られている。 これはアメリカの伝統的なフォーク・ソングを、ブルース的な解釈でカバーしたものである。 また、「We Gotta Get out of This Place は「朝日のない街」)」は、全英2位に輝き、やなど、多くのアーティストがカバー。 (2011年版)では235位にランクされた。 特にはこの曲について、彼の1970年代の曲作りにおいて影響を受けた曲の1つとインタビューで語っている。 同じ時期に活躍していたこともあり、とも仲が良かった。 チャス・チャンドラーは、を見出したことでもよく知られている。 1968年の曲「スカイ・パイロット」は、サイケデリック・ロックの反戦歌と認識されている。 この時期のメンバーとして、後ののギタリスト、が在籍していた。 1968年の来日ツアーは、ビザ取得が困難だったため本来9月の予定が11月に延期されている。 この際のトラブルとしてよく知られている事件は、日本でのプロモーターは彼らが全く面識のない反社会的勢力だったことである。 相手は、翌日までにバンドメンバーと共に出国しなければバンドメンバー共々危害を加えると脅した。 彼らはツアー用機材を全て残して、直ちに日本を去った。 1975年及び1983年に、オリジナル・メンバーで一時的に再結成した。 に、入りを果たしている。 ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」を参照 アルバム [ ]• 『ジ・アニマルズ・オン・ツアー』 - 1965年、US• 『アニマリズム』 - 1966年、US• 旧邦題『ウィンズ・オブ・チェンジ』• 旧邦題『トウェイン・シャル・ミート』• 旧邦題『ラヴ・イズ』• 『ビフォー・ウィー・ワー・ソー・ルードリー』 - 1977年• 『アーク』 - 1983年 脚注 [ ].

次の