ツイッター ミュート バレる。 【Twitter】ミュートはバレる!確認する方法がある!?

【SNS疲れ】ツイッターは心が病みます。ミュートを駆使して安全な世界を。

ツイッター ミュート バレる

結論:Twitterでミュートにしても相手にばれない Twitterのミュート機能だが、フォローをしている状態で自分のタイムラインで表示させないというものである。 例えば、知り合いでどうしてもフォローしておかないといけないけど、あまり自分にとって有益な情報ではないので、ミュートにするということが使い方としてある。 また、自分のタイムラインを整理したい時に使える。 とあるアカウントのツイートばかりになってしまい、結果別な人のツイートを見逃すことを防ぐことができる。 私もこの機能は大いに使っており、私のように使っている人も少なくないだろう。 ふと気になったことが、「ミュートにしているけど、相手にメールとかメッセージで通知行かないのか?」ということである。 言わば、「私はあなたのツイートをミュートにしています」ということがバレていないかどうかである。 実際にアカウントを2つ使って検証して見たところ、 「ミュートにしてもそれを解除しても相手にばれることはない」 ということが分かった。 つまり、通知は一切いかないということになる。 これで安心してミュートを使うことが出来るだろう。 【スポンサードリンク】 では、逆に「あなたのツイートがミュートされているかどうか」を判断するにはどうすれば良いだろうか。 この時、アカウント名よりも苗字やニックネームの方がよいだろう。 こうすれば、ほとんどの人はリツイートで「ありがとう!」と返してくるはずである。 しかし、返して来なければミュートされている可能性があるということになるだろう。 ミュートされやすい人としては、 ・仕事やめたいなどの鬱なツイートが多い ・自慢話が多い ・テレビのネタバレが多い ・体調悪いアピールが多い など見ていて不愉快なものが多いようである。 心当たりがあるのであれば、ツイートを改善した方が良いだろう。

次の

twitterで画像保存するとばれる?通知されて相手にわかる行動まとめ【完全ガイド】

ツイッター ミュート バレる

フォローしている相手のツイートをタイムラインに表示させないようにできるTwitterのミュート機能。 ツイートを見たくなくてもフォローを外したり、ブロックすると関係が気まずくなる相手に対して使えるとても便利な機能です。 以前はTweetDeckと呼ばれるサービスから、ミュートしているかどうか簡単に確認できたのですが、この機能は現在廃止されているため、直接的にミュートがバレる可能性はありません。 ですが、 相手にミュートの仕様を突いて調べられた場合はバレてしまう可能性があります。 相手にミュートがバレるのはこんな時! 空リプに反応できない時 あなたが投稿したツイートや写真に対して、相手が直接リプを送ってくるのではなく、感想や意見をただツイートする空リプを行う場合があります。 ミュート中であればもちろん相手の空リプがタイムラインに表示されることはないので、空リプに対してリプ返やいいねなどの反応ができないとミュートを疑われる可能性があります。 空リプに一度反応できなかったくらいでは問題ありませんが、複数回に渡って反応できていなければ相手はあなたにミュートされていると判断するはずです。 相手のツイートにいいねやリツイートをしていない場合 相手はあなたが誰のツイートにいいねやリツイートをしているのか簡単に調べることができます。 あなたのプロフィールページを開いて「いいね欄」を確認すれば、相手がフォローしていない鍵垢のツイート以外は全て表示されますし、リツイートの非表示設定をしていなければタイムラインにリツイートが表示されます。 他のユーザーに対する、いいねやリツイートは積極的に行っているのにミュート相手のツイートに対しては全く行っていない場合、相手はミュートされていてツイートが表示されていないからでは?とミュートを疑う可能性があります。 対策としては不定期に相手のツイート一覧を表示し、義理であってもいいねを付けるようにすれば疑われるリスクが軽減します。 他のユーザーよりリプ返が遅い場合 こちらがフォローしていればミュート中の相手からのリプも届くのですが、通知タブにしか表示されず、 通知音が鳴ったり、通知センターには表示されない仕様になっています。 ですから、どうしても通常のリプより気付くのが遅くなってしまうという欠点があります。 相手はあなたのプロフィールページの「ツイートと返信」からリプ返にどのくらい時間がかかっているか調べることができます。 自分と他のユーザーを比較した時にあなたからのリプ返がいつも遅い傾向にある場合、ミュートを怪しまれる可能性があります。 ブロ解されてリプを送られた場合 こちらがフォローしていればミュート中の相手からもリプは届くとご紹介しましたが、 こちらがフォローしていない場合は通知タブにもリプ欄にも表示されないため、リプに気付くことができません。 この仕様を応用して相手がブロ解してきて、あなたがミュート相手をフォローしていない状態としリプを送ってきた場合は上述の通り、リプに気付くことができません。 当然リプ返もできないため結果的にミュートしていることがバレるというわけです。 こちらの対策としてはを入れておいて相手からのブロ解を確認したら、一旦ミュートを解除して自分のユーザー名でツイート検索をかけてみましょう。 もしブロ解後に相手からリプがあった場合はミュートを確認したかったということが分かります。 通知音の有無でバレる場合 ミュート中の相手と対面で会う機会がある場合は通知音の有無でミュートがバレてしまうこともあります。 こちらがフォローしている場合、ミュート中の相手からリプは届きますが、通知音は鳴りません。 対面の場で何度かあなたの端末からTwitterやLINEの通知音が鳴っているにも関わらず、相手がリプを送ってきたタイミングで通知音が鳴らなければミュートを勘ぐられるというわけです。 こちらの対策としては対面で会う際は事前にマナーモードにしておくなり、通知音をオフにしておくようにしましょう。 相手にミュートがバレた時の対処法 ここからは相手にミュートを疑われたり、バレてしまった時の対処法をご紹介します。 故意にミュートしてないことを伝える こちらはパソコンからTwitterを利用している方に限られるのですが、PC版Twitterにはショートカットキーが用意されており、相手のツイートを開いている最中に「U」ボタンを押すと即ミュートになってしまいます。 Twitterの公式アプリをお使いの場合は共有ボタンとミュートボタンが上下と近い位置にあるので、アカウントのURL等をコピーする際に誤タップした可能性を伝えるようにしましょう。 ミュート中のキーワードがあることを伝える ミュートはアカウントに対してだけではなく、特定のキーワード(言葉)を含むツイートやリプを非表示にできるキーワードミュートという機能もあります。 複数のミュート中のキーワードがあることをツイートで公表したり、相手に伝えることで故意にミュートしていないアピールができます。 まとめ Twitterのミュートが相手にバレる事例は以上です。 TweetDeckのミュートを確認できる機能が廃止されたからといって、ミュートが絶対に相手にバレないというわけではないので、バレた際の気まずさや今後の関係性を考えた上でミュート機能を利用するようにしましょう。

次の

Twitter(ツイッター)のDMで会話をミュートするやり方は?バレる?解除方法は?

ツイッター ミュート バレる

Twitterのミュートを確認する方法やツールは存在しない!! 実は、 以前はあるツールを使ってミュートを確認することができたようですが、2019年10月現在では、Twitterの対策によってミュートを確認することができなくなっています。 なので、 Twitterのミュートが相手にバレてしまう事は基本的にありません。 ・・・しかし、 相手にミュートを疑われてしまうパターンは少なからずあります。 以下に挙げるシチュエーションではミュートがバレてしまう危険性が若干あるので、注意しましょう。 ・空リプに反応できずミュートがバレるパターン 相手が空リプ をつけずに自分宛てにツイート してきた場合、 ミュートしていると空リプに反応できないのでミュートを疑われる可能性はあります。 相手の空リプを複数回シカトしてしまうとミュートを疑われる可能性がありますが、そもそも重要な内容なら通常のリプライやDMで送ってくるはずですし、個人的にはそこまで問題ないと思います。 ・返信が遅れてミュートがバレるパターン 先ほどもお伝えしたように、ミュートしていても相手からのリプライは普通に届くし返信できます。 しかし、 ミュートしている相手からのリプライは通知に気づきにくいので、どうしても返信が遅れやすくなり、その結果ミュートを疑われる可能性があります。 どういう事かというと、Twitterの通知をオンにしている場合、リプライがくるとスマホの通知音や通知バーのアイコンなどですぐに気づくことができますよね。 これがミュートしている相手からのリプライの場合、アプリの通知欄にしか通知がこないので気づくのが遅れてしまいがちになります。 別に変なことではありませんが、 リプライへの返事がいつも遅い = ミュートされてるかも?と疑われる可能性がある・・・という事ですね。 ・ミュートしている友達と一緒にいる時は注意!! 上記の 「返信が遅れてミュートを疑われるパターン」に関連して、 ミュートしている友達と一緒にいる時は注意が必要です。 一緒にいる友達があなた宛てにリプライを送ったときに、通知がこないとミュートを疑われる可能性があります。 ・・・というか、もし相手があなたのミュートを疑って試しにきている場合、まずミュートがバレますね。 でも、 個人的にミュートは相手に敵意を示すものではないので、バレても特に問題ないとすら思っています。 詳しくは 「ミュートを疑われてしまった場合の対処法」として以下で詳しくお伝えしているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。 相手にミュートを疑われてしまった場合の対処法 そもそも、 ミュートはブロックと違い相手に敵意を示すものではないので、僕であればミュートしてたと普通に言ってしまいます。 もしくは、 「なんか勝手にミュートになってた~。 」などとごまかしておけば良いでしょう。 どうしても返事が欲しい内容であれば、リプライやDMで送るのが基本なので、 「ちょっとこの人どうでもいいツイート多すぎだな・・・。 」 という相手は、自分のTLをスッキリさせて使いやすくするために、ミュートしちゃいましょう。 まとめ:Twitterのミュートを確認する方法はなく、基本的にバレない!! Twitterアカウントをミュートしても、相手にバレてしまう事は基本的にありません。 また、以前使えたミュートを確認するツールは現在使えなくなっておりミュートを確認する方法もありません。 Twitterのミュートは主に自分のTLをスッキリさせて使いやすくするための機能で、ブロックと違い相手に敵意を示すものではありません。 よって、もし仮にミュートを疑われてしまった場合、ごまかしてももちろん良いですし、TL整理のためと普通に伝えてしまっても問題ないと個人的には思います。

次の