ハケン 占い師 アタル 志 尊 淳。 志尊淳:「ハケン占い師アタル」で女装姿 「誰よりもキュートな乙女っぷり」披露?

志尊淳がなぜ女装?「ハケン占い師アタル」注目の“品川回”(ドワンゴジェイピーnews)

ハケン 占い師 アタル 志 尊 淳

テレビ朝日で毎週よる9:00より放送中のドラマ「ハケン占い師アタル」。 杉咲花演じる主人公の派遣社員 的場中(以下「アタル」)が、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見えるという一種の占い能力を駆使し、派遣先のイベント会社「シンシアイベンツ」Dチームの社員たちの悩みを解決していくというお仕事ドラマだ。 この「シンシアイベンツ」Dチームは、小澤征悦、志田未来、間宮祥太朗、志尊淳、野波麻帆、板谷由夏、そして部長の及川光博というメンバーで構成されている。 すでにこのキャストの並びを見ただけでも濃い印象を受けるが、それぞれが全くタイプの違うキャラクターを見事に演じている。 (以下ネタバレあり) 第2話では、間宮祥太朗演じる目黒円に焦点があたった。 誰もが振り向くような大きな声に、鬱陶しさすら感じる大げさなアクション。 坊ちゃん育ちの目黒は、父親のコネで入社した戦力外社員だが、アタルの占いをきっかけに、甘ったれた自分を捨て、自立の一歩を踏み出そうとするという感動のストーリー。 視聴者は「目黒回最高だった」「目黒くんに貰い泣き」「間宮祥太朗可哀想すぎる泣ける」「間宮祥太朗が面白すぎる、頑張れ、、、!笑」「ウザいけど応援したくなっちゃう」と、ウザいけれど愛らしい目黒のキャラクターやその成長、そして間宮の熱演に大反響となった。 31日に放送される第3話では、志尊淳演じる品川一真が物語の中心となる。 入社1年目の品川一真(志尊淳)は、声優になるという夢を掴みかけている彼女、そして大学の演劇サークルで一緒だった仲間たちのリア充ぶりにため息をつく毎日。 ちょうどその頃、「シンシアイベンツ」に大手化粧品会社が主催する一大イベントの仕事が舞い込む。 品川が所属する制作Dチームの面々は大仕事に沸き立つが、部長・代々木匠(及川光博)から「Dチームの担当は新商品のサンプリング」と告げられるや落胆。 急速に興味を失った上野は「絶対やらない」と投げ出し、品川に実施内容提案書の作成を押し付ける。 突然のムチャブリに狼狽しながらも、しぶしぶ提案書作りに取り掛かろうとする品川。 そんな彼の姿を目の当たりにしたアタル(杉咲花) は、手を貸そうとするのだが…!?やさぐれながら提案書を作り上げる品川。 だが、提案書の内容はおろか、自分自身の人格や仕事ぶりについても上野から猛烈なダメ出しを食らった品川は、会社を辞めると宣言し…。 第1話からやる気のなさ全開。 テンションは低く、無気力感が漂っている。 第2話でも課長の大崎(板谷由夏)に仕事を辞めたいと相談する場面もあり、冴えない顔の続く品川。 そんな品川が、アタルと関わることでどのような変化を見せるのか、非常に気になるところ。 さらに、公開されている予告映像では、なんと女装姿が!果たして品川の身に何が起こったのか、注目だ。 どんなメッセージが発せられるのか、心して見届けたい。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

志尊淳がなぜ女装?「ハケン占い師アタル」注目の“品川回”

ハケン 占い師 アタル 志 尊 淳

品川くんの気持ちに共感。 アタルの占いの言葉も胸にグサリときました。 品川くんがめんどくさがりだったのは、今時の若者だったからじゃなくて、過去に逃げ出したことを後悔していたからなんだとわかって、わたしにも同じような経験があるのですごく気持ちがわかりました。 なので、アタルの占いの言葉も胸にグサリときました。 自分の居場所が欲しいなら、逃げずに向き合って、いつかは光が見えてくるって頑張ることが大切なんだと改めて考えさせられました。 品川くんが女装してまでチームのために必死に頑張っている姿にはとても感動しました。 きっと、もう逃げ出して後悔したくないと思ったんだろうなと思います。 また、目黒くんと神田さんのデコボココンビがわちゃわちゃしてる感じが、なんだかおもしろくて笑ってしまいました。 必死なんだけど空回りしてる様子がなんだか可愛らしかったです。 さらに、キズナがアタルのことを探し回っているようだったのが気になりました。 アタルがどうして過去を話したがらないのかがこれから明らかになっていきそうなので楽しみです。 悪ぶっていたからどんな顔して仲間に入ったらいいかが分からなかったんでしょうね。 しかも似合ってました、美人系! 今回もアタルはどんぴしゃな言葉で一喝してくれてとてもいいなぁと思いました。 だれもが悩んでいることの答えを言ってくれている気が毎回します。 それにしても 少し最後に登場したアタルの母親は口が悪そうで嫌な感じでした。 お付のひとたちにアタルを早く探すように指示してたので逃げて来たのが分かりました。 アタルの母親にも特殊能力があるのかなぁとその辺りも気になっています。 品川がキャリアシートを書いてきて神田や目黒たちとも仲良くなってよかったですが、アタルは一緒に写真を撮るのはNGみたいでした。 SNSで探されてしまうからなんでしょうね。 機嫌よく働いているので見つけないで欲しいです。 今回のメインは品川さんでした。 大学時代からの彼女と同棲していて、いつもやる気が見られなくて、上野さんにもいつもいつも怒られていて、転職サイトを常に見ています。 仕事を任されてもコピペして済ませるような始末で、遂に課長にまで上野さんのパワハラを告発し、上野さんのアシスタントから外させてもらったときは本当に嬉しそうでした。 上野さんのアシスタントは目黒さんになり、 目黒さんは目黒さんで上野さんに指示されまくっていることを喜んでいて、同じこと言っても捉え方次第で全然変わってくるなと思いました。 目黒さんは素直で真っ直ぐで好きです。 スマホを見ているところを上野さんに見つかり、怒られると品川さんが遂に逃げ出しました。 正論を指摘され、自分が悪いことも薄々分かってはいるけど、認めたくないから逃げちゃったんだと思いました。 仕事も上手くいかず、彼女にも見捨てられてしまいます。 品川さんついてないときはとことんついてないですね。 大崎さんは上司と部下に挟まれて、辛いポジションなのにいつもニコニコしていて本当にすごいなと思います。 神田さんは妊婦さんなのに走ったりして、妊婦さんらしくないと思いました。 占いのこと秘密にしてるのにロビーであんなに大きな声で占ってなんて言ったら、みんなにバレてしまうのではないでしょうか? 逃げてばっかりの人に居場所は見つからないという言葉は確かにそうだなと思いました。 辛いことがあったときは、人のせいにしない、すぐ答えを身近で調べて出さない、というのはこれから実践していきたいと思いました。 2パターンの女装見せてくれて、しかもどっちもすごくかわいかったので、ありがとうって感じです。 あんなサクラがいたところで、うまくいくのかどうかはわからないですけど、志尊淳さんの気持ちが一歩前進したことを示すシーンとして、おもしろくわかりやすかったと思います。 一話めと二話めで、 杉咲花ちゃんの占いによって救われた志田未来さんと間宮祥太朗さんは、まだまだ頼りないところもありますが、仕事をする上での迷いのようなものはなくなり、すっかり大人になったと思います。 志尊淳さんのところに二人が行き、説得するシーンでは、成長したなとしみじみ感動してしまいました。 ただアタルちゃんが占い師であることをそんなにばらしまくってもいいのかということは多少気になりました。 ま、杉咲花さんもそれほど怒るわけでもなく、すんなり占ってくれるので、視聴者ももういいのかなと思ってますけどね。 しかもお着換えして、2パターンです。 もうかわいくて驚きもあり、正直素敵すぎて羨ましいです。 良いな…としか言えません。 あんなに可愛らしい顔をしているので似合うとは思っていましたが、かわいすぎでした。 この会社で本当に自分であっているか悩んでいた品川ですが、仕事のために女装ができるのであればもう大丈夫です。 いつも転職サイトをのぞいていた彼ですが、この会社できっとやっていけます。 上野からのパワハラは、どこに行ってもこんな人がいるから仕方がないと言われた品川。 たしかにそうかもしれません。 それに居場所は自分で作るものです。 いつも一人で言われたことだけこなせばいいものではないです。 ネットで検索して、答えを探してそれでOKなんてこともありません。 自分のことを言われているようなストーリーに、今回は耳が痛かったです。 品川のように自分の道を探していきたいと思います。 アタルは口は悪いけど信用できるし、人の心を動かす魅力がある! 3話は品川が主役の回となりそうです。 品川は上司の上野にパワハラまがいの扱いを受けていて、それが嫌で会社を辞めようと考えています。 品川は口数が少なく、なかなか上司に対して嫌とは言えず自分の殻に閉じ籠るタイプのようです。 品川もアタルにより占いで何かを得て自分の考え方を改めるのかなと予想します。 それにしても、杉咲花演じるアタルの変貌ぶりには毎回驚かされます。 口は悪いけど言っていることはとても信用できるし、その人の心を動かす。 その占いや態度を見ても接し方が変わらず、それ以上に 皆がアタルを尊敬するようになるというところにアタルの魅力があるのかなと感じています。 3話以降もアタルの占いぶり、変貌ぶりに注目したいと思います。 みんなが「闇」を抱えているイベントチーム。 伏線があり過ぎるほどあって、誰が次にアタルに鑑定されてもおかしくない気がします。 古株の上野の下でサポートしている品川が仕事を辞めたいと言っていたので、どうやら今度は品川の身の回りのことが浮き彫りになりそうでした。 やたらに過去の栄光を自慢し、出来る風の上野だけに品川は持て余してしまうのでしょうね。 また今回、目黒からアタルの母親はどうしてるのかと聞かれていて困っていた様子だったので、 占う側のアタルの方にもまだまだ隠された秘密や事情があるような気がします。 アタルは「意味のない人間などいない」と占う人に言いつつも、どこか自分にも言い聞かせてるのかもしれないなぁと思いました。 ちょうどその頃、「シンシアイベンツ」に大手化粧品会社が主催する一大イベントの仕事が舞い込む。 品川が所属する制作Dチームの面々は大仕事に沸き立つが、部長・代々木匠(及川光博)から「Dチームの担当は新商品のサンプリング」と告げられるや落胆。 急速に興味を失った上野は「絶対やらない」と投げ出し、品川に実施内容提案書の作成を押し付ける。 突然のムチャブリに狼狽しながらも、しぶしぶ提案書作りに取り掛かろうとする品川。 そんな彼の姿を目の当たりにした派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)は、手を貸そうとするのだが…!? やさぐれながら提案書を作り上げる品川。 だが、提案書の内容はおろか、自分自身の人格や仕事ぶりについても上野から猛烈なダメ出しを食らった品川は、会社を辞めると宣言し…! 出典: 「ハケン占い師アタル」キャストと相関図.

次の

ハケン占い師アタル|キャスト・出演者一覧【杉咲花主演ドラマ】

ハケン 占い師 アタル 志 尊 淳

本作の主人公で謎の派遣社員で、売らないという特殊能力を持つ・的場中という役よ! 「シンシアイベンツ」の制作Dチームで働き始めた派遣社員。 働くのはこれが生まれて初めて。 通勤時はニット帽にサングラス、コートを着用。 職場ではさまざまな初体験を喜び、いつもニコニコしながら、楽しそうに働いている。 実は、目を合わせた相手の隠れた内面や原風景が見える特殊能力がある。 占うときは、普段と違う別の顔を見せる。 また、自分の過去については頑として語りたがらない。 杉咲花さんのコメント紹介! 遊川(和彦)さんの作品をたくさん拝見していたので、出演が決まったときは初めてご一緒できる喜びを感じ、撮影が始まるのをとても楽しみにしていました。 実は、遊川さんの作品に出られた経験がある方々から「鍛えられた」と聞いたこともあったので、勝手に「すごく怖い方なのかな…」と思っていたんです(笑)。 でも実際にお会いしたら、作品に愛情がある方で、プロデューサーさん共々「僕たちを信じて、ついて来てください。 恐れずにチャレンジしていきましょう」と言ってくださったんです。 今回は主演ということで、プレッシャーや不安もあったのですが、その言葉のおかげで「面白い作品になるように挑戦していこう!」という気になれて、すごく救われました。 私はアタルのような明るい役をあまり演じたことがないですし、本格的なコメディーも初めて。 アタルは占うときに人柄が変わるのですが、その振り切り方も含めて、たくさん挑戦が詰まった役だと思います。 遊川さんと一緒に試行錯誤しながら、アタルという人物を作っていく時間がすごく楽しいです。 今撮影している第1話では、あこがれの志田未来さんとご一緒するシーンが多いのですが、志田さんのお芝居を誰よりも先に目の前で見ることができて、本当に幸せです! 毎日働くのが楽しいです。 ちなみに、私自身には占いの能力はありません(笑)。 でも、占いは信じるタイプで、年明けにはおみくじも引きますし、悪い結果が出たときに引き直したこともあります(笑)。 そんな性格なので、実は占い師さんに占ってもらうのは避けているんです。 言われたことに、なんだか執着しちゃいそうですから…。 そんな私ですが、アタルの言葉にはいつも励まされています。 このドラマは働くことが楽しくなったり、働きたいなって思えるような作品。 皆さんにもぜひ見ていただけたら、うれしいです。 より引用 【主なドラマ出演作】• 大河ドラマ(NHK)徳川慶喜(1998年) — 沖田総司 役・篤姫(2008年) — 西郷隆盛 役• 連続テレビ小説 さくら(2002年、NHK) — 桂木慶介 役• ハンチョウ〜警視庁安積班〜(2012年4月 — 6月、TBS) — 尾崎誠 役• マッサージ探偵ジョー(2017年4月8日 — 7月2日、テレビ東京) — 金石徹(マネー) 役• トットちゃん! (2017年10月 — 12月、テレビ朝日) — シイナさん(椎名昭造) 役 神田和実(かんだ かずみ)/志田未来 明けましておめでとうございます。 きみはペット(2017年2月6日 — 6月19日、フジテレビ) — 主演・合田武志 役• 植木等とのぼせもん(2017年9月2日 — 10月21日、NHK総合) — 松崎雅臣(のちの小松政夫) 役• ドラマ10 女子的生活(2018年1月5日 — 1月26日、NHK) — 主演・小川みき 役• 連続テレビ小説 『半分、青い。 』 第21話 — 第156話(2018年4月25日 — 9月29日、NHK) — 藤堂誠(ボクテ) 役 田端友代(たばた ともよ)/ 野波麻帆 【主なドラマ出演作】• 朝の連続テレビ小説 半分、青い。 (NHK、2018年) — 佐野弓子• 黒い十人の女(日本テレビ、2016年) — 風睦• 夜桜お染(フジテレビ、2003 — 2004年) — 夜桜お染• 科捜研の女(テレビ朝日、2008年 — ) — 風丘早月教授•

次の