リドル ローズハート 夢小説。 『【ツイステ】甘いイチゴには毒がある』第5章「登校フレッシャー!」 8ページ

CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識とメリット、導入事例|デジタルマーケティングソリューション|日立ソリューションズ

リドル ローズハート 夢小説

概要 出身。 生まれ。 血液型はB型。 高校時代に学校行事で舞台脚本を考え、自身の声を録音したものにやをつけてみたところ、それを聞いた兄に「声や喋りを生かした仕事に就いてみたらどうか」と勧められたのが声優になるきっかけ。 それ以外だとやにも興味があった。 ちなみに幼い頃の夢はである。 特技は(初段)。 低めで厚みのある声質、独特のゆるいテンションとテンポが特徴的で、一度聞くと耳に残りやすい印象的な声をしている。 そのため兄貴分や堅物キャラに声を当てることが多い。 また「どこまでが冗談でどこまでが本気なのか全然わからない」(某ラジオにて、談)性格であるためか、王道燃え展開とギャグのどちらもいけるキャラ(、など)や真面目な顔で変なことを言う天然キャラ(、など)が回ってくることが少なくない。 芸達者な声優として知られており、トークの上手さを買われてラジオのパーソナリティを務めることが多いほか、他の声優のモノマネも得意とする(氏のモノマネで有名だが、若本氏に限らずレパートリーは幅広い)。 アニメ・特撮に声を当てる際にアドリブを加えることもしばしば。 のプロデューサーからはこのアドリブを評価されており、特撮でレギュラー出演する際には、事前に必ずアドリブ枠が用意されている。 特に『』のを演じた際には、彼が使うを理解し、その言語で台詞を考えてアドリブを行うという場面もあった。 またクリエイターとしての顔も持ち、平成25年には杉田自身が脚本やキャスト選びを始めとする全ての行程に関わったゲーム『』が発売。 幼い頃からの夢の一つだったゲーム制作をやる願いを叶えた。 ちなみにこのゲームののはがモデルである。 度々をすることもあり、 、、など様々な姿を見せる。 『』第7回に、『』ののでゲスト出演した。 趣味 趣味は・全般。 守備範囲が非常に広く、メジャーなものからマイナーなものまでよく知っている。 も熟知しており、の楽曲「」では非常にフリーダムなオタ芸を見せ、他にも様々なフリーダムっぷりで知られる。 特に『』の番組『旅するシェフの仰天レシピ』の吹き替えにおいては、「 ご立派ァ!」という 新たな淫夢語録を作り出すという偉業を成し遂げた。 当初はとして叩かれていたが、吹き替えに淫夢語録を自然に紛れ込ませるという無駄に高等な技術に、も兜を脱ぎ、「 イキ杉田ホモ和」なる尊称(蔑称?)まで頂戴することになった。 にも精通しており、『』では、『』ではがお気に入り。 ホラーゲーム『』の推進者でもあり、自身も出演し、を始め様々な方面で協賛している。 対人関係 女性声優 を見るポイントはまず「良い声かどうか」であり、、の大ファン。 特に桑島法子が演じるキャラは無条件で好きになるらしく、「CV:桑島キャラへの執着心なら最強を誇れる」と宣っている。 但し、桑島の前ではが言えなくなるどころか、近寄ったり話しかけたりするのにも非常に勇気が要るとの事。 ・・・が、その一方でで彼女がを演じる事が決まると、でのリムの乗機に「 すぎたくんだいすき」と武装に名前をつけていたことを公言している。 を『ラブプラス』以降あちこちで「好き」と公言し、前述の『月英学園-kou-』のヒロイン役に指名した。 また早見がパーソナリティーを務めるラジオのヘビーリスナーでもある。 その上のファンでもあるため尚更タチが悪い。 男性声優 で共演しているとがで、一緒に祝うことも多い様である。 を尊敬しており、「」と讃えている。 この件が縁になったのかは定かではないが、『』では、かつて彼の演じた役・を引き継ぐことになった。 とは平成13年 2001年 に20歳で出会って以来の大親友で、本人曰く好敵手、かつ「僕の感性に浸透して、すべてを奪ってゆく声」「あいつの芝居が好き」「誰よりも優しくて誠実」「いい男でしょう?」等と評するファンでもある。 によると中村の出る作品は全てチェックしており、前述の『月英学園-kou-』では「作品一カッコいい声」として真っ先に彼をヒロインの憧れの兄兼ラスボス役に指名した。 また、中村が杉田への冷やかしのために桑島女史とメアドを交換したり2ショット写メを撮影して見せびらかした際も、 爪楊枝を食べたとの事。 中村がまだ無名だった平成15年 2003年 頃から長らく彼の動向をラジオや日記で報告していた事が発端となり、は声優界で広く知れ渡り、公認される事となった。

次の

「ツイステ」全編アニメCM映像第1弾はハーツラビュル寮、制作はCloverWorks|漫画(まんが)・電子書籍のコミックシーモア

リドル ローズハート 夢小説

リドル「ハーツラビュル寮へようこそ新入生諸君。 ボクはこのハートの女王の厳格な精神に基づくハーツラビュル寮の寮長のリドル・ローズハート。 ボクが寮長である限り、ハーツラビュルの生徒に落第者は出さない。 さぁ、寮の案内をするよ付いてきて。 」 寮長だったんだ....。 可愛いのに賢くて強くてかっこいい絶対法律を守って彼のような人になりたいな。 リドル「ここが、迷路と薔薇の庭だよとても美しいだろ?次は、ここがパーティ会場でここがキッチンあっちが談話室だよ。 あとは各自自分の部屋があるからあとは部屋に、各自戻って解散だよ。 明日の学校には遅刻しないように、わかったね?」 『「「「はい、寮長!」」」』 リドル「では、解散。 遅刻したら..... 分かっているね?首をはねてやるから。 」 『「「「「はい、寮長!」」」」』 かっこいいな.... 首をはねてやるってゆうのはちょっと物騒だけどっと私の部屋はどこだっけ? あ!ここだここだ ?「おい、お前特待生だろ?」 『え?えっとそうだけど.... 』 顔にハートが書いてある男の子が話しかけてきた。 同級生?かな? ハートの男「俺、エース・トラッポラ。 お前の隣の部屋だからこれからよろしくな!」 『あ、うん!よろしくね?エースくん私は』 エース「知ってる。 ロッティだろ?入学式で紹介されてたから覚えてる。 それにしてもこの耳本物?尻尾も熊..... だよな?あやでもピンクだし」 じろじろと上から下をみるエースくん恥ずかしいからジロジロ見ないで欲しい.... 『ほ、ほんものだよ?ちょっと私特殊で..... 私、熊だからてっきりサバナクロー寮に入れるって思ってて入れなくて残念だったけどハーツラビュル寮もいいね寮長さん強いし』 自分の耳を触りながら笑顔で笑いかけるとエースくんの顔が赤くなる。 エース「お、おう!ピンクの熊って可愛いじゃんか。 俺はいいと思うぜ!それにサバナクロー寮だったらこうして話せなかったかもだけどハーツラビュル寮に入ったおかげでロッティにも会えたし話せるしな。 じゃあ、俺部屋戻るわ。 また明日な!」 可愛いと言われて少し動揺したが笑顔で手を振って私も自分の部屋に入る。 部屋は赤と黒と白の色で女子生徒だからか可愛くレースなどが多い。 部屋に置いてある寮服に式典服から着替える。

次の

CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識とメリット、導入事例|デジタルマーケティングソリューション|日立ソリューションズ

リドル ローズハート 夢小説

概要 出身。 生まれ。 血液型はB型。 高校時代に学校行事で舞台脚本を考え、自身の声を録音したものにやをつけてみたところ、それを聞いた兄に「声や喋りを生かした仕事に就いてみたらどうか」と勧められたのが声優になるきっかけ。 それ以外だとやにも興味があった。 ちなみに幼い頃の夢はである。 特技は(初段)。 低めで厚みのある声質、独特のゆるいテンションとテンポが特徴的で、一度聞くと耳に残りやすい印象的な声をしている。 そのため兄貴分や堅物キャラに声を当てることが多い。 また「どこまでが冗談でどこまでが本気なのか全然わからない」(某ラジオにて、談)性格であるためか、王道燃え展開とギャグのどちらもいけるキャラ(、など)や真面目な顔で変なことを言う天然キャラ(、など)が回ってくることが少なくない。 芸達者な声優として知られており、トークの上手さを買われてラジオのパーソナリティを務めることが多いほか、他の声優のモノマネも得意とする(氏のモノマネで有名だが、若本氏に限らずレパートリーは幅広い)。 アニメ・特撮に声を当てる際にアドリブを加えることもしばしば。 のプロデューサーからはこのアドリブを評価されており、特撮でレギュラー出演する際には、事前に必ずアドリブ枠が用意されている。 特に『』のを演じた際には、彼が使うを理解し、その言語で台詞を考えてアドリブを行うという場面もあった。 またクリエイターとしての顔も持ち、平成25年には杉田自身が脚本やキャスト選びを始めとする全ての行程に関わったゲーム『』が発売。 幼い頃からの夢の一つだったゲーム制作をやる願いを叶えた。 ちなみにこのゲームののはがモデルである。 度々をすることもあり、 、、など様々な姿を見せる。 『』第7回に、『』ののでゲスト出演した。 趣味 趣味は・全般。 守備範囲が非常に広く、メジャーなものからマイナーなものまでよく知っている。 も熟知しており、の楽曲「」では非常にフリーダムなオタ芸を見せ、他にも様々なフリーダムっぷりで知られる。 特に『』の番組『旅するシェフの仰天レシピ』の吹き替えにおいては、「 ご立派ァ!」という 新たな淫夢語録を作り出すという偉業を成し遂げた。 当初はとして叩かれていたが、吹き替えに淫夢語録を自然に紛れ込ませるという無駄に高等な技術に、も兜を脱ぎ、「 イキ杉田ホモ和」なる尊称(蔑称?)まで頂戴することになった。 にも精通しており、『』では、『』ではがお気に入り。 ホラーゲーム『』の推進者でもあり、自身も出演し、を始め様々な方面で協賛している。 対人関係 女性声優 を見るポイントはまず「良い声かどうか」であり、、の大ファン。 特に桑島法子が演じるキャラは無条件で好きになるらしく、「CV:桑島キャラへの執着心なら最強を誇れる」と宣っている。 但し、桑島の前ではが言えなくなるどころか、近寄ったり話しかけたりするのにも非常に勇気が要るとの事。 ・・・が、その一方でで彼女がを演じる事が決まると、でのリムの乗機に「 すぎたくんだいすき」と武装に名前をつけていたことを公言している。 を『ラブプラス』以降あちこちで「好き」と公言し、前述の『月英学園-kou-』のヒロイン役に指名した。 また早見がパーソナリティーを務めるラジオのヘビーリスナーでもある。 その上のファンでもあるため尚更タチが悪い。 男性声優 で共演しているとがで、一緒に祝うことも多い様である。 を尊敬しており、「」と讃えている。 この件が縁になったのかは定かではないが、『』では、かつて彼の演じた役・を引き継ぐことになった。 とは平成13年 2001年 に20歳で出会って以来の大親友で、本人曰く好敵手、かつ「僕の感性に浸透して、すべてを奪ってゆく声」「あいつの芝居が好き」「誰よりも優しくて誠実」「いい男でしょう?」等と評するファンでもある。 によると中村の出る作品は全てチェックしており、前述の『月英学園-kou-』では「作品一カッコいい声」として真っ先に彼をヒロインの憧れの兄兼ラスボス役に指名した。 また、中村が杉田への冷やかしのために桑島女史とメアドを交換したり2ショット写メを撮影して見せびらかした際も、 爪楊枝を食べたとの事。 中村がまだ無名だった平成15年 2003年 頃から長らく彼の動向をラジオや日記で報告していた事が発端となり、は声優界で広く知れ渡り、公認される事となった。

次の