トイレット ペーパー 品薄 デマ。 トイレットペーパーの無意味な買い占め!注意点は?デマにご用心!

トイレットペーパー品薄に繋がるデマを流した女3人を逮捕wwwww: GOSSIP速報

トイレット ペーパー 品薄 デマ

新型コロナウイルスの感染拡大につれ、使い捨てマスクだけでなく、トイレットペーパーやティッシュペーパーが店頭で品薄になっている。 ここ数日、主にSNSで「マスクとトイレットペーパーの原料は同じ」「新型肺炎の影響でトイレットペーパーが今後なくなる」「トイレットペーパーを買いだめしておけ」といったデマが拡散したことが品薄を招いているようだ。 業界団体や政府は「在庫は十分ある。 冷静な行動を」と呼びかけている。 28日午後、東京都内のドラッグストアの店頭には「トイレットペーパー・ティッシュペーパー完売」の貼り紙があった。 店長の男性によると、午前7時半の開店と同時に2台のレジに20人が並び、今週末の分も含めて仕入れていたトイレットペーパー80パックとティッシュペーパー120パックがすぐ売り切れたという。 午前中にトイレットペーパーを買った近所の70代の主婦は「うわさが広がり、あっという間になくなった。 昔のオイルショックの時みたい」。 「東日本大震災直後のように流通が寸断されたわけではないので、この状況が長引くとは思えないが、マスクのように買い占めがひどくならないか心配」と店長。 週明けに再入荷する予定という。 フリマアプリやオークションサイトなどでは高額での出品が相次いでいる。 メルカリでは通常300~400円前後のトイレットペーパー1パックが1千~2千円程度で出品され、実際に購入されている。 アマゾンや楽天市場などの通販サイトでも、通常より高額で出品される例があった。 製紙会社でつくる日本家庭紙工….

次の

トイレットペーパーが品薄に?SNSのデマ拡散。買い占めないで。

トイレット ペーパー 品薄 デマ

リツイート数が多い投稿など、影響の大きなものはまだ少ないが、26日時点で20人の感染が確認された愛知県内の薬局では、トイレットペーパーが品薄となる光景もみられた。 リツイート数が多い投稿など、影響の大きなものはまだ少ないが、26日時点で20人の感染が確認された愛知県内の薬局では、トイレットペーパーが品薄となる光景もみられた。 中京テレビが紙製品メーカーの業界団体・日本家庭紙工業会に取材すると、国内で流通するトイレットペーパー生産の中国依存度は約2. 上記によると、トイレットペーパーが中国から原材料を輸入できなくなってしまう状況から、トイレットペーパーが不足するとデマ情報が流れたのが原因の様ですね。 上記ニュース記事の記載の他、 SNS上でもいくつか出て居ますがトイレットペーパーの原材料は中国から殆ど輸入されて居ない様ですね。 嘘を拡散する人がいるので、警告 トイレットペーパーの原料のパルプは、中国から輸入されていません。 また、ほとんど国産であり、輸送コストの問題から輸出しても意味がない。 — 渡邉哲也 daitojimari 次はティッシュかトイレットペーパーが品薄になる!という噂が流れているとか。 えーと まず、製品はほとんど国産です。 原料のパルプ材は輸入ですが中国からではないですね。 インドネシアやオーストラリア、ニュージーランドなどからです。 そこから日本で加工してます。 日本の工場が止まったらまぁ、ね — ホセ sasadebris 確かに、中国の工場が稼働できなくなってゲーム機の出荷が遅れている様な情報はありましたが、なんでも結びつけらてしまうのは困りますね。 コロナウイルスの情報に不安なのはわかりますが、SNS等で流れてきた情報のニュースソースをしっかり確認したり、実際に自分で調べてみる等の行動が必要になってきそうですね。 新型コロナウイルストイレットペーパーのデマはマスクも原因の一つ? 上記の他に、マスク不足からトイレットペーパーの材料がマスク製造に回される等の情報が流れている様ですね。 そもそも、マスクとトイレットペーパーが同じ材料なのか調べる必要がありそうですね。 まず、 結論から言うとマスクとトイレットペーパーは材料が違う事から、上記心配には及ばない様です。 上記でも触れましたが、トイレットペーパーの原材料はパルプと呼ばれる再生紙になります。 一方マスクは ポリプロピレン等の不織布が使用されて居ます。 上記原材料は全く別物である為、マスク不足だからと言ってトイレットペーパーの生産が減ることはないのがわかりますね。 トレンドにトイレットペーパーとかあるから何事?と思いきや、今度はトイレットペーパー買い占め😑マスクの材料に紙が回されるから品薄になるとか偽情報を信じてる人落ち着いて〰︎! 見て👀マスクの原料はポリエステルになってる。 まとめ 2020年2月26日頃にトイレットペーパー不足騒動がなぜ起こったかですが、トイレットペーパーの原材料が中国から輸入できなくなるとデマ情報が流れた事が原因でしたね。 トイレットペーパーの原材料であるパルプこと再生紙は中国からの輸入に依存して居ない事から、心配には及ばないことがわかりましたね。 また、マスクの不足からトイレットペーパーの紙が製造に回されると言う情報も素材がそれぞれ別物である事から、心配には及ばないことがわかりましたね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

トイレットペーパー品薄はデマ!でも品薄解消しない理由はあれが原因!

トイレット ペーパー 品薄 デマ

トイレットペーパー買い占めの原因は誰が作ったの? どの地域でもトイレットペーパーが品薄になっていますが、 原因を作った人物がいるそうです。 Twitter上にあるツイート! 「コロナで品薄になる品予測を根拠付きでお伝えします。 トイレットペーパーが品薄になります。 製造元が中国です。 生産元がティッシュペーパーを生産をそもそもしていないのが根拠です。 品薄になる前に事前に購入しておいた方が良いですね。 」 こんなツイートをした「ゆうじ」という人物が注目されています。 発信元は鳥取県米子市になっていますが、現在、アカウントは見当たりませんので削除したものと思われます。 実名を取り上げているWEBサイトもありますが、明確な証拠がないので個人を特定するのは難しいのではないでしょうか。 ネット上でデマ情報を発信したことで、トイレットペーパーやティッシュペーパーの 品薄状態を引き起こすことになってしまったようですが、迷惑行為であることは間違いありません。 トイレットペーパー品薄のデマ情報を流して得するの? トイレットペーパー品薄を流すことで、世間では一時的に品薄になります。 必要以上に家の中に備蓄している人もいれば、本当に必要な人は困ります。 困った人がメルカリなどネット上で購入しようと動きます。 マスクは未だに購入できずに困っている人が多く、高い金額で購入するケースも後を絶ちません。 需要と供給の関係だから仕方ないのかもしれませんが、本当に困っている人には気の毒な話です。 デマ情報を流して罰則はあるのか? 台湾ではトイレットペーパーがなくなるデマ情報を流した人が逮捕される結果になっていますが、 日本ではそこまで踏み込めるかは不明です。 事実が確認できれば、台湾のような事態を招くことは避けられないでしょう。 個人の利益を目的に嘘の情報を流すような行為は問題だと言えますね。 トイレットペーパーはそもそもほとんど日本で製造されています。 製造元が中国であることは間違いですので、根拠のない嘘です。 まとめ 一部のデマ情報を信じて不必要に商品を買い込む必要はありません。 トイレットペーパーだけでなく、ティッシュペーパーや水、缶詰、水、 米などを買い占めする人が増加しています。 本当に必要な人がいるので、無理して大量に買い込むことはやめましょう。 デマ情報を流して個人の利益を増やそうと考える人がいるのは問題ですが、 そんなデマ情報を都度、信用することなく冷静な判断をして行動しましょう。

次の