腓腹筋 テーピング。 下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)とは?トレーニング+ストレッチも解説

肉離れを起こしたら?!一人でできるアイシング・包帯固定・テーピングの最適な処置をご紹介

腓腹筋 テーピング

一度肉離れになってしまったら、クセになって何回も負傷してしまう厄介なケガなんですよ。 私も一度肉離れを起こした箇所を庇おうとしながら動くので、筋肉が緊張し、また同じような所で肉離れを起こしてしまう癖がついています。 甘く見て、正確な対処を行わなかったことに後悔です。 今回は、ふくらはぎの肉離れに関して、テーピングの巻き方、自分で巻く方法、肉離れの痛みを自分で見分ける方法を自分も走ってる時に肉離れになってしまいプロからのおすすめ回復を早める方法をお届けします。 不意なケガは早めに対処するのが一番。 この時におすすめしたいのがテーピングを施す事で、プロのスポーツ選手も行っている対処法なんですよ。 なぜここまでテーピングをするといいのかというと、テーピングには、 ・ケガの応急処置、筋肉の動きの制限 ・筋肉、靭帯、関節の補強 ・ケガの再発予防 という使用目的があります。 この方法は自分で行うには少しやりづらいので、誰かに手伝ってもらうといいですよ。 ・ふくらはぎ肉離れへのテーピング 肉離れを起こして痛む箇所を中心に引っ張らず、縦に貼ります。 次に、ふくらはぎの下の内側から、斜め上の外側へ向けて、初めに貼ったテープに半分かかるように引っ張りながら貼ります。 反対側も外側の下から内側の斜め上へ、引っ張りながら貼ります。 これを一本目に縦に貼ったテープが隠れるまで交互に貼っていきます。 最後にバンテージで下から上へ巻き上げます。 テーピングを巻くだけでもかなり筋肉の固定力はありますので、必要以上に引っ張る必要もありません。 痛む、血が止まる程引っ張っても肉離れを治すのに効果はないので、ご注意くださいね。 ・自分でできるふくらはぎのテーピング 足首を90度にします。 椅子や台などに乗せるとやりやすいですよ。 まず、足首の根元を内側から外側へ向けて一周巻きます。 二周以降は一週目のテープに半分かかるように、斜め上へ巻き上げます。 膝の下まで来たら、終わりです。 肉離れとこむら返りは全く別のもの。 対処法も違うので、肉離れかどうかは自分で見分けることが出来たほうが早く治療ができますよ。 間違えやすいこむら返りの痛みやけいれんは、足の疲れや鉄分の不足が主な原因です。 長時間の立ち仕事、長く歩いた後にしばらく時間が経ってから痛むのが特徴です。 寝ている時、なることが多いですよね。 肉離れの原因は、筋に強い収縮が起きた時と言われています。 例えば止まった状態から急に走り出す、ジャンプする、全速力で走っていたのに急に止まるといった運動ですね。 痛みのチェックすべき点は3つ ・筋肉を強く、急に収縮する運動をした直後か? ・痛む箇所が特定できるか? ・腫れて、痛みがあるか? という事です。 内出血が見られることも肉離れの特徴です。 しかし、このアイシングについて、ホントにいい方法なのか?と研究されている最中です。 肉離れで炎症を起こしているのは、筋肉を修復して、回復を早めている人間特有の自然治癒能力。 アイシングをし過ぎると回復が遅くなり、痛みがなかなか引かないという研究結果も出ています。 内出血が酷い、大きく目に見えて腫れている、熱を持っている場合については、少しの時間のアイシングにしておきましょう。 このアイシングも含めて、肉離れ対処法として覚えておいてほしいのが、「RICE処置」です。 プロスポーツ界でも用いられている対処法なので、ぜひ覚えておいてください。 ・Rest安静 ケガの治療で最も重要なのは、休む事。 痛む時は必ず運動は控えましょう。 ・Ice冷却 アイシングですね。 腫れや出血を抑える効果がありますが、冷やし過ぎはよくありません。 10分から20分程度にしておきましょう ・Compression圧迫 テーピングやサポーター、包帯で巻いて固定、圧迫する事です。 内出血での痣や痛みが広がるのを防ぎます。 ・Elevation上げる 患部に血が送られる事で、炎症や熱が発生します。 痛みが強い時は、血が送られにくくなるように、患部を心臓より上へ上げましょう。 ふくらはぎの肉離れの時は、横になって、足を台かクッションに乗せるといいですよ。 気になる!健康記事ランキング•

次の

肉離れについて。症状・原因・リハビリ・サポーター・テーピングなど徹底解説

腓腹筋 テーピング

スポーツの現場に行くと、ふくらはぎにキネシオテーピングをしている人を時々見かけます。 たくさん動いて疲れがたまると張りがでやすいので、ユーザーが多いのでしょう。 ということで、いまさらという方も多いとは思いますが、プロの貼るところを見るのが初めての方もいらっしゃると思いますので映像で紹介します。 先に、一つだけプロ視点から注意点をお知らせします。 ふくらはぎには 覚える必要はありませんが 、• 腓腹筋 ヒフクキン• ヒラメ筋 と呼ばれる筋肉があります。 この二つは、形が少し違っていて、でも重なり合って似通っています。 一般的にふくらはぎにキネシオテープを貼る場合には、腓腹筋を狙うことが多いです。 この腓腹筋は、思ったより太いです。 そのため、キネシオテープを「筋肉を包むように貼る」と貼ったあとに 後ろから見るとテープはほとんど見えないです。 後ろからでもしっかり見える貼り方よりは、広めに貼った方が効きがいいので意識していただけるといいと思います。 映像でも説明していますので、注意して見てみてください。 【用意するもの】• 5cm幅キネシオテープ• 長さは踵 かかと から膝の裏の曲がる皺がついているあたりまで。 人によって長さがだいぶ変わります。 【貼り方】• 踵はしっかりと曲げておき、アキレス腱をしっかりと伸ばしておきます。 半分弱、台紙をはがしておきます。 全部はがすと失敗しやすいです。 足の裏にスタート地点をしっかりと貼り、踵の曲げる部分を丁寧に貼ります。 膝の裏に向かって仮置きします。 内側からでも外側からでもいいので、丁寧に貼ります。 詳細は、以下の映像を参照ください。

次の

膝裏の痛み・膝裏のテーピング

腓腹筋 テーピング

見出し• ふくらはぎ全体の痛みに効く治療法 ふくらはぎを触って熱感を感じたり、筋肉の一部が凹んでおり、前からスネの骨を叩いて響く場合はSTEP1へ それ以外の痛みは場所に応じて参考にしてください。 STEP1 アイシング ふくらはぎを触って熱感や筋肉の一部が凹んでいるように感じる時は… 肉離れ 前からスネの骨を叩いて響く場合は… 疲労骨折 これらが疑われます。 この場合はすぐさまアイシングを実施してください。 STEP2 No. 1膝裏のストレッチ 膝関節の裏には膝下の筋肉に栄養を送る血管や動きをコントロールする神経が走っています。 そのため膝裏の柔軟性はとても大事になってきますが、とても絞扼されやすい場所の一つのためストレッチを行っておくことが他の治療法にもあとから効いてくるような重要な場所になります。 2ふくらはぎのストレッチ 上記の膝裏ストレッチをした後には特に有効な治療法になります。 ふくらはぎの筋肉は疲労感や痛みがあると必ずと言っていいほど筋肉が硬くなります。 この状態では常に筋肉が緊張状態にあり、ON-OFFの状態がなく、 常に筋肉がONの状態であることがよく見受けられます。 そのためじっくり時間をかけてストレッチすることでふくらはぎの筋肉の柔らかさを取り戻し、痛み・疲労感の解消へと繋げます。 1 膝裏のマッサージ 膝裏の少し外側にある ヒラメ筋という筋肉はふくらはぎの上側に関連痛を引き起こします。 2 膝裏のマッサージ 膝裏のちょうど真ん中を走る 足底筋はヒラメ筋同様にふくらはぎの上側に関連痛を引き起こすため治療対象となります。 1,2の治療を行ってから次のSTEPへ移っていただくとより効果的です。 STEP5 ふくらはぎ中央のマッサージ ふくらはぎの中央には 後脛骨筋という筋肉がありますが、この筋肉はふくらはぎの下側に関連痛を持つ筋肉になります。 しかし直接は触れないため上記のふくらはぎの治療によりしっかりと筋肉を緊張状態から解放しておくと治療がより効果を上げやすくなります。 この腓腹筋という筋肉はふくらはぎの筋肉の中では一番表面にあるため触りやすい状態にあります。 もちろんこの腓腹筋外側頭も表面に位置するため触りやすい筋肉になっています。 無理を押して行う治療は状態を悪化させる危険性もあります。 また完全に治っていない状態でのスポーツや運動も避けてください。 ふくらはぎの筋肉は疲労やオーバーユースと言って使い過ぎによる痛みの可能性もあるため症状が改善しない場合はまず安静にしてみてください。 2、早期の医療機関受診 歩いたらもちろん痛いけど、ふくらはぎを触っても痛い。 スネを前から叩くと響く。 これらがあったら早期に医療機関を受診することをお勧めします。 ここまで来ていたら 疲労骨折を起こしている可能性があるかもしれません。 しっかりと病院にて精密検査を受けることが痛みを取る最善の方法であると言えます。 いかがだったでしょうか。 あなたのふくらはぎの痛みに効果のある治療法はありましたか? 是非これからはふくらはぎに痛みのない、快適な生活やスポーツを行える状態を取り戻してもらえるよう心から願っております。 ご登録後すぐにあなたのもとへお届けします!.

次の