セロトニン サプリメント。 薬を使わず改善!【セロトニンサプリ】とは!?

セロトニンサプリを飲んだらうつ病は治る? セロトニンとうつの関係と分泌量を増やす方法とは

セロトニン サプリメント

この記事の目次• セロトニンを増やすためにサプリは有効? 勿論有効です。 小食だったり、仕事上三食バランスよく食べるのは難しかったり、ダイエット中の時などサプリで栄養の補助を行うことは大事ですし、セロトニンの分泌も勿論助けてくれます。 サプリで摂取するメリット 現代では、子供も朝は部活、夜は塾、ママも仕事と育児の両立、パパも残業や休日出勤等で食事をゆっくりとれる日が減ってきています。 そのため、毎日一定の栄養を必ず摂ると言うのは難しくなりました。 その点、サプリを飲むだけなら時間がかからないですし、毎日一定量必ず摂取することが出来るのでおすすめなんです。 今、日本人の4割が毎日サプリを飲んでいる 現代社会では大人の4割以上がサプリを飲んでいるそうですよ。 そして、サプリを飲む理由の4割が「疲労をとるため」だそうです。 セロトニンも疲れた心を緩和する役割があるので、是非体の疲れだけではなく、気持ちの疲れに効くサプリも摂取したいですね。 セロトニンを増やすためのサプリの選び方 セロトニンを増やすためのサプリを選ぶ時に一番に気をつけたいのは「自分の普段の食生活と、必要なセロトニンの量」です。 食生活がボロボロで、栄養自体が偏っている場合はビタミンB6やトリプトファンをバランスよく摂取できるサプリを探し、食生活は安定している場合や、主にトリプトファンを多くとってセロトニンの量を増やしたい時はトリプトファンメインのサプリを探す必要があります。 その他にもサプリ探しで気を付けたいポイントが3つありますよ。 実はセロトニンサプリは存在しない セロトニンは飲食物から直接摂取できません。 脳内で分泌されるものなので、「セロトニンの分泌をお手伝いするサプリ」はあっても、実は「セロトニンサプリ(セロトニンが直接摂取できるサプリ)」は存在しません。 言うなれば、セロトニンの原料となるトリプトファンとビタミンB6が摂取できるサプリが「セロトニンサプリ」なんです。 トリプトファンの量に注意 特に海外製品で注意してほしいことですが、トリプトファンの量がとても多いサプリがあります。 トリプトファンを摂取しすぎて、セロトニン過多による副作用を起こす可能性があるので、未成年や妊娠中、うつ病や他の病気で通院中の場合は医師に成分を見せて相談した上で服用するように気を付けてください。 初めて飲む時は、トリプトファンの成分量が少ないものからスタートすると安心です。 [co-8] セロトニンを増やすためのおすすめサプリ4選 セロトニンを増やすための原料になる、トリプトファンや、ビタミンB6も一緒に摂取できるサプリメントをご紹介します。 まずはトリプトファンの量にかかわらず、毎日セロトニンが分泌されるように両方の成分を同時に摂取することから初めてみてください。 ファンケル マルチアミノ酸 ¥ 2,376 1日10粒摂取で、トリプトファンが28ミリグラム摂取出来ます。 全部で20種のアミノ酸2200ミリグラム配合のサプリなんです。 トリプトファンが多く摂取できるため、セロトニン不足が深刻な方におすすめです。 ただ、一回に飲む量が多いので薬を飲みこむのが苦手な方にはちょっと辛いかもしれません。

次の

セロトニンのサプリ

セロトニン サプリメント

セロトニンのサプリの効果って?オススメ市販サプリと2つの注意点をご紹介!• 疲れた時や眠れない時、セロトニンのサプリメントを試してみようと考えることもあるかもしれません。 しかし、疲れた人の多い現代、セロトニンのサプリメントもたくさん販売されていて、どれが良いのか迷ってしまいますよね。 そんな人のために、オススメのサプリメントや注意点についてご紹介していきます。 サプリメントを飲む前に知っておきたいセロトニンのこと 疲れを感じたり、眠れないと感じた時に飲むと良いとされているサプリメントの中には、セロトニンの分泌を促すようなサプリメントが多くあります。 では、このセロトニンというのはどのような役割をしているのでしょうか。 セロトニンは、体内で非常に重要な役割を果たしている一方で、過剰摂取などによって重大な副作用を引き起こすこともあります。 サプリメントを摂取する前に、ぜひセロトニンについて知っておきましょう。 セロトニンとは? セロトニンとは、神経伝達物質の一種です。 「ノルアドレナリン」「ドーパミン」と並んで三大神経伝達物質の一つであると言われています。 セロトニンは、人間の精神面に大きな影響力を与える物質で、主に精神の安定や安らぎに影響を与えると言われています。 そのため、セロトニンは別名を「幸せホルモン」とも言います。 セロトニンが不足することで暴力的になったり、激しく落ち込んだりといった症状が出やすくなると言われています。 うつ病の原因となるとも言われている物質です。 早寝早起きをする、太陽光を浴びる、リズム運動をするなどと言った方法でセロトニンの分泌を増やすことができると言われていますが、それらにじっくり取り組むのが難しい人は、サプリメントで補充するという方法もあります。 セロトニンが与える効果とは? 精神が安定する セロトニンは、精神を安定せる効果がある物質であると言われています。 具体的には、ドーパミンやノルアドレナリンの暴走を抑える効果があるとされているのです。 ノルアドレナリンは、神経を興奮させたり、集中力や判断力を向上させる効果がある一方で、過剰に分泌されると不安感が強くなったり、興奮しすぎたりといった作用が出ると言われています。 ドーパミンは脳を興奮状態にさせる作用があると言われている物質です。 集中力が向上するという効果がかんがえられている一方で、過剰に分泌されると依存症状態になってしまったり、過食の原因になるとも言われています。 セロトニンの分泌によってこれらの物質が暴走するのを抑えることで、安定した気持ちで日々を過ごすことができるようになるのだと言われています。 睡眠の質を向上させる セロトニンが適度に分泌されることで、睡眠の質を向上させるとも言われています。 人間が熟睡するためにはメラトニンというホルモンが分泌されることが不可欠であると言われています。 セロトニンは、このメラトニンの材料となると言われているのです。 朝すっきりと起きられなかったり、夜なかなか眠れなかったりといった状態に悩んでいる人は、メラトニンの不足が原因となって体内時計が狂ってしまっている可能性があります。 日中に日光を浴びるなどして体内にセロトニンを溜めておくと、夜にはしっかりとメラトニンが分泌されて睡眠の質が改善されると言われています。 うつ症状を抑制する セロトニンが不足すると、うつ症状を引き起こすと言われています。 世界は、冷静に考えてしまうと不安なことだらけです。 その不安をやわらげて、穏やかに日常生活を送れるようにしてくれるのがセロトニンの役割なのです。 つまり、セロトニンが不足することで日々の生活に対する不安感が増してしまい、それがうつ病を引き起こすのではないかと考えられています。 強いストレスを感じているような時には、セロトニンが不足しているのではないかと疑ってみることも必要かもしれません。 セロトニンが不足するとどうなる? 朝の目覚めと夜の寝つきが悪くなる セロトニンが不足すると、睡眠のリズムが崩れてしまうことが考えられます。 睡眠のリズムをつかさどっているのはメラトニンというホルモンですが、セロトニンは、このメラトニンを作る材料になっていると言われているのです。 つまり、セロトニンが不足すると、メラトニンが不足する原因ともなります。 メラトニンが不足すると夜の寝つきが悪くなってしまいます。 また、それによって睡眠の質が下がるために、朝の目覚めが悪くなることにもつながると言われています。 精神状態のバランスが悪くなる セロトニンの最も大きな役割は、精神を安定させることだと言われています。 セロトニンが不足することによって、精神状態のバランスが悪くなると考えられています。 具体的には、暴力的になる、精神的に落ち込みやすくなる、疲れやすくなるといったような症状が考えられます。 また、このような症状は睡眠不足によっても引き起こされると言われています。 セロトニンが不足することで睡眠不足の状態となり、さらにこれらの症状を悪化させてしまうということも考えられます。 セロトニン不足におすすめの市販サプリメント グッドナイト27000 グッドナイト27000は、休息の質を高めるサプリメントとして知られています。 セロトニンを体内で作るためには「トリプトファン」という物質が材料となると言われているのですが、グッドナイト27000にはこのトリプトファンが多く含まれています。 その他にも、GABAやカモミールなど、リラックス効果があるとされている成分がたくさん配合されているため、不眠に悩んでいる人はもちろん、その他の面でも疲れを感じたりセロトニン不足を感じている人にはとてもオススメのサプリメントです。 潤睡ハーブ 潤睡ハーブも、休息をサポートするといううたい文句のサプリメントです。 やはり、睡眠の質を上げるためにはセロトニンを多く分泌できるようにするのが良いのだと考えられているのでしょう。 また、イライラした状態のままであると睡眠を妨げるとも言われています。 イライラした状態を解消するのもセロトニンの役目です。 こちらのサプリメントは、休息に必須だと言われているアミノ酸が豊富に含まれています。 さらに、イライラを解消すると言われているGABAや、GABAと相性の良いラフマエキス、休息の質を高めるクワンソウなど、睡眠をサポートすると言われているハーブが濃縮して含まれています。 トリプトファンも、アミノ酸の一種として含まれています。 これによってセロトニンの分泌をうながすことができ、イライラを抑えたり、睡眠の質を高めたりできるのではないかと考えられています。 ネ・ムーンプラス ネ・ムーンプラスも、夜しっかり休めないと感じている人のためのサプリメントです。 セロトニンの材料となるトリプトファンが配合されているのはもちろん、ここまでのサプリメントでもご紹介したGABAやクワンソウ、さらには休息を促すアミノ酸であるグリシンやポリフェノールが豊富な赤ワインエキス末なども配合されています。 このサプリメントの特徴は、休息を促す栄養素が含まれていることに加えて、ビタミンEやビタミンCなど美容に効果があるとされている成分も含まれていることです。 元々、休息を促してキレイになろうというコンセプトのサプリメントですので、美容に重点を置いているサプリメントであるとも言えます。 セントジョーンズワート セントジョーンズワートは、セロトニンの分泌を促すサプリメントとして有名です。 サプリメントの中では最もセロトニンが発生しやすいとも言われているようです。 日本ではサプリメントとして扱われていますが、ドイツやオーストラリアなどでは、処方箋がなければ入手できない薬として扱われているようです。 DHCなどのメーカーから発売されているものは、ドラッグストアなどでも気軽に購入することができます。 ただし、効果が強いサプリメントですので、使用には注意が必要です。 特に、医薬品との併用は注意が必要になると言われています。 例えば、避妊薬として有名なピルを服用している場合には、セントジョーンズワートのサプリメントは服用してはいけないと言われています。 その他にもたくさんの注意点があるサプリメントですから、購入前には注意書きをよく読むように心がけてください。 グッスミン 酵母のちから グッスミン 酵母のちからも、休息の質を高めるためのサプリメントです。 こちらは、主に加齢による休息の質の低下に着目したサプリメントであるようです。 朝が辛いことに加えて、気力や体力が続かない時にも効果があるとされています。 このサプリメントに含まれる「清酒酵母」という成分によって、休息がサポートされると説明されています。 「清酒酵母」とは、日本酒を作るときに用いられる酵母の総称ですが、これらが、休息の質を高めることにも効果があると研究によって判明し、それがサプリメントに用いられているのだそうです。 妊娠中・授乳中におすすめのサプリメント マインドガードDX セロトニンの分泌を促すサプリメントは、妊娠中や授乳中には使用してはいけないと言われているものがほとんどです。 しかし、この時期は精神的な乱れが大きくなる時期でもあり、特に妊娠前からセロトニンの分泌を促すサプリメントを使用していた人は、サプリメントを使用したくなる気持ちが強くなる時期であると言えるでしょう。 そんな人にオススメしたいのが、マインドガードDXです。 このサプリメントは、医薬品ではなく分類が「食品」であるため、妊娠中や授乳中の期間でも摂取についての制限がありません。 日本製というのも、品質を気にするお母さんにとっては安心なポイントとなるのではないでしょうか。 妊娠中や授乳中は、体力を消耗しやすいにも関わらず、睡眠の質が低下しやすい時期です。 寝つきが悪かったり、夜中に起きてしまったり、精神的に何か落ち着かないというような悩みを抱えているお母さんは、ぜひこのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。 セロトニンを増やすサプリメントに副作用はある? セロトニン症候群 いいことばかりに見えるセロトニンですが、サプリメントを過剰に摂取すると体内のセロトニン濃度が上がり過ぎて副作用をひきこ起こすことがあります。 この副作用は「セロトニン症候群」と呼ばれます。 サプリメントの他、うつ病の治療薬であるSSRIの過剰摂取によっても引き起こされる可能性があります。 セロトニン症候群の症状は、頭痛やめまい、嘔吐、昏睡などと言われていて、最悪の場合には死に至ることもあると言われています。 けいれんや体の震えなどが起きることもあります。 サプリメントを飲んだ時にこのような症状が現れた場合には、すぐにそのサプリメントの服用を中止しましょう。 通常は1日程度で症状が改善すると言われていますが、それ以上の期間が過ぎても症状が治まらない場合や、ひどい症状が出てしまった場合にはすぐに医師に相談しましょう。 特に、意識を失うような激しい症状が出た時には周囲の人が救急車を呼ぶなどの対処をすることも必要になります。 セロトニン症候群を予防するためには 処方薬との飲み合わせに注意する セロトニン症候群は、サプリメントと処方薬との飲み合わせで発症することがあると言われています。 普段常用している処方薬がある方は、サプリメントを飲み始める前に必ず医師と相談するようにしましょう。 またサプリメントを常用しているタイミングで何らかの薬の処方を受けた場合にも、医師や薬剤師に相談することが必要になります。 用法用量を守って服用する どんなサプリメントを使用する際にも言えることですが、使用する際には必ず用法用量を守って服用しましょう。 サプリメントを多く服用したからといって、効果が高くなるというわけではありません。 特に、セロトニンの場合には副作用が大きいために注意が必要です。 サプリメントだけを使用する場合には、無茶な使い方をしなければ副作用を引き起こす可能性は低いと言われています。 それだけに、使い方を遵守することが自分の命を守るためにも重要になると言えるでしょう。 まとめ セロトニンは、眠りの質を高めたり、精神の安定をもたらしたりするのに効果があると言われている物質です。 疲れやストレス、イライラなどを感じていたり、最近眠れないと感じている人や、眠っても疲れが取れないと感じている人はぜひ摂取してみると良いでしょう。 ただし、セロトニンのサプリは副作用が強く出る場合もあります。 処方薬と併用する場合には医師に必ず相談するとともに、用法用量を守って正しく使用しましょう。 副作用が出てしまった際には服用を中止し、症状が1日以上おさまらない場合や激しい症状が出てしまった場合にはすぐに医師に相談してください。 投稿ナビゲーション.

次の

セロトニンサプリのおすすめはコレ!市販・通販で買う際の選び方

セロトニン サプリメント

セロトニンのサプリとは? 実は、物質としてのセロトニンそのものを直接摂取するようなサプリは今のところ存在しません。 というのも、セロトニンを人工的に生成すること自体は(技術的には)出来るようですが、人の脳にはというバリアーがあり、セロトニンはそこを通り抜けて脳に到達することはできないためです。 仮にセロトニンそのものを口から摂取したとしても、体内のセロトニンのおよそ9割が存在する腸内で消費されてしまい、残りも血中の血小板に格納されることが予想されるため、セロトニンを経口摂取しても、脳内に届くことはなく、精神の安定などの効果が無いのです。 しかし、腸内でセロトニンが増えるとのような症状を起こすことも考えられます。 また、どのような方法にせよ、結果的に脳内のセロトニンの濃度を高めすぎるとのような重篤な副作用を及ぼす可能性もあります。 セロトニンのサプリの中身 では、ネット通販などで見かける、『 セロトニンのサプリ』の中身は一体なんでしょうか? 実は、販売されているセロトニンのサプリの中身は、セロトニンの原料である トリプトファンというアミノ酸の一種や、そのトリプトファンから合成されるセロトニンの前駆体である 5-HTP (国内では販売は許可されておらず、個人輸入品のみ)などの他、セロトニンの原料になる物質や、と言われている食品や栄養素です。 また、セロトニンは、、パニック障害、強迫性障害、統合失調症、などに関わりがあると言われているため、そうした症状に効果があることを謳った栄養素を紹介したり、セロトニンと疾患が関与している事を表現するような商品などもあります。 セロトニンのサプリの種類 セロトニンのサプリとして販売されている商品に使用されている成分や栄養素などの一般的に商品に使用されている効能について説明します。 トリプトファンは、肉や魚、豆などに含まれるたんぱく質が分解されて合成されるアミノ酸の一種です。 トリプトファンはセロトニンの原料になるため、摂取することでセロトニンの生成を促す効果が期待されます。 一般的にとして販売されており、セロトニンのサプリとしては最もポピュラーです。 5-HTPはトリプトファンから代謝される、 セロトニンの前駆体です。 脳内のセロトニンを増やす効果がトリプトファンよりも高いと言われており、アメリカなどでは抑うつ気分や不眠症状の改善などのサプリとして販売されています。 5-HTPはバナナやプラム、パイナップルなどの果物やアボカド、ナス、トマトなどの野菜などに僅かながら自然成分として含まれており、そうした成分を濃縮したサプリが海外ではされています。 日本国内では薬機法で医薬品に分類されるため、一般の販売が禁止されており、個人輸入の形でネット通販などで取引されています。 セントジョーンズワートはセイヨウオトギリソウとも呼ばれる、主にヨーロッパに自生している多年草のハーブです。 ヨーロッパでは古くから心を落ち着かせるハーブティーとして飲用されており、特にドイツなどでは利用が盛んで、軽度のうつ症状に対しての抗うつ薬の代わりに処方されることもあります。 セントジョーンズワートは抗炎症作用や抗うつ作用、抗不安作用などがあるとされており、うつ病患者にはプラセボ以上の効果があると言われています。 日本国内では、効能を謳わなければ食品として販売可能ですが、一部の抗うつ剤など薬物と相互作用があり、セロトニン症候群の原因になる可能性もあるため、他の薬剤などとの安易な併用は危険です。 ラフマ葉エキス は中国に自生する植物で、中国では葉の部分をお茶にして古くから利用されてきました。 日本ではラフマを焙煎して作られたお茶をヤンロンティーということもあります。 また、中国では精神の鎮静や高血圧・高コレステロールの予防などの薬効が認められており、生薬としても使われています。 ラフマには、脳内のやの代謝を促すことで過剰分泌を抑えて、精神を落ち着かせる抗うつ効果があるとされています。 () ラフマにはフラボノイドやカリウムなどが豊富に含まれ、血圧を下げて高血圧症を予防する生活習慣病の予防や改善効果、喘息の予防効果などがあるとされている他、緑茶などにも含まれるカテキンが豊富に含まれており抗菌作用があります。 アメリカの国立生物工学情報センター(NCBI)のサイトのラマフ葉の持つ抗うつ作用を実験・調査した、[]の実験結果から出された結論を読むと、ラマフ葉の抽出液はドーパミンとノルアドレナリンに作用する抗うつ効果があるようだと書かれています。 また、が発表している研究データには、ラフマ葉の抗作用を調査したラット実験で、ラフマ葉を投与したラットはセロトニンとセロトニンの代謝物が増加し、抗ストレス活性があったことが記述されています。 睡眠誘発効果を持つ オキシピナタニンというアミノ酸の一種を豊富に含んでおり、沖縄では「ニーブイ(眠り)グサ」と呼ばれ、根元の柔らかい部分は和物にして、花は酢の物や天ぷらにして食べるそうです。 クワンソウの持つ 睡眠誘発効果が注目され、不眠解消を謳ったサプリに含まれている他、ハーブティーとしても販売されています。 セロトニンのサプリに含有されていることがありますが、セロトニン自体を増やすような効果よりも、セロトニンから合成される睡眠ホルモン『』との睡眠作用の相乗効果を期待したものが多いかと思います。 GABAはアミノ酸の一種で、脳内で抑制性の作用を持つ神経伝達物質として、精神の安定化や血圧の安定化などに働きます。 GABAは血液脳関門を通過できないため、食品やサプリから経口摂取しても精神への作用は限定的であるとされています。 一部のGABA入り食品には血圧降下作用が認められており、トクホとして販売されています。 ノニジュース ノニとは元々はハワイの現地語で、ノニはインドネシアを原産とする熱帯植物の一種で、その果汁が「 ノニジュース」として販売されています。 ノニジュースには、美容や健康の他、うつ病や不眠症の改善、糖尿病、高血圧、がん予防などの効果があると宣伝され、健康食品として販売される一方、オレンジジュースやグレープフルーツジュースのような他の一般的な果物ジュースと、健康効果に有意な差はないとされており、栄養素は豊富であるものの、その効果は充分には実証されていないようです。 セロトニンのサプリは効くのか 様々なセロトニンのサプリが販売されていますが、その効果の程はいかがなものでしょう。 そもそも、とは、薬機法で認証された確かな薬効がある薬剤とは異なり、「健康補助食品)」であり、サプリ自体の効果や効能は保証されたものではありません。 従って、セロトニンを増やす、不眠症を改善する、うつ病を治す、などと効果を謳ったサプリの効果は全くない、とまでは言い切れませんが、「 劇的に効いた」という人もいれば、効果を全く実感出来ない人もいるなど、人によって効果が大きく異なります。 また、サプリの販売ページに掲載されているような「 利用者の口コミ」は胡散臭く、ほとんど信用に値しません。 一部の口コミサイトなどには、比較的中立、客観的な意見を述べる口コミもありますので、口コミの意義は全否定しません。 (が、いくらでも自作自演やステマが出来ます) 最終的には、 実際の効果は自分で試してみるしか無い、というのが正直なところかもしれません。 そういった意味でサプリへの過度の期待や過信は禁物でしょう。 トクホと機能性表示食品の出現 一部健康効果や効能の表示が認められた特定保険用食品(トクホ)については、臨床によって効果が実証されたものもあります。 また、2015年に始まったでは、特定の手順を踏むば、食品やサプリに効果を掲載することも可能になりました。 今後のサプリの選び方は、こうした 法律に基づいて効果や効能が示されているサプリを選ぶ、というのも一つの方法ではないかと思います。 日本ではサプリでも外国では薬 そもそも、サプリの扱いについては、国によって法律で許される表現の仕方が異なっていたり、前述のセントジョーンズワートやラフマのように日本では食品に分類されるものでも、外国では薬としての効果が認められているものも存在するため、『単なる栄養剤としてのサプリ』と『効果効能が認められた薬』という線引は、国によって大きく異なることがわかります。 この点については、国が認可して安全性を保証していない以上、海外でどんなに評判の良いサプリや薬であっても、自己責任で使用するしかありません。 サプリに頼らずにセロトニンを増やすには いずれにしても、うつや不眠、ストレスや倦怠感などの何らかの自覚症状を、サプリや薬だけで治したり症状を抑えこんだりしようとするのは、本来の意味で治療や対策とは言えないのではないかと思います。 病気には、病気に至った原因があるはずです。 例えば、寝付きが悪い原因は、運動不足やお酒の飲み過ぎ、生活習慣の乱れなどが背景にあるかもしれません。 サプリに頼る前に、そうした原因を解決することもお忘れなきように。 サプリだけに頼らず、日常生活の中で自然とセロトニンを増やすには、『』をご覧ください。 お勧めのサプリ セロトニンのサプリに含まれる成分の有効性などについて、ここまでご紹介させて頂きました。 サプリに配合されている個々の成分は、基本的に食品や栄養素として扱われますので、『 セロトニンを増やす』という効果自体を保証することは出来ませんが、研究によって様々な有効性が実証されている、トリプトファンやラフマなどの有効成分を含んだ、おすすめ出来るサプリをひとつだけ紹介させていただきます。 それは、 という植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリです。 は、植物のハーブから作られる天然成分でできたサプリなため、安心して口にすることが出来ます。 配合成分もセロトニンの合成に必要なトリプトファンとビタミンB6以外にも、抗ストレス作用のあるやラフマ葉エキス、さらに『 ラクティウム』という抗ストレス作用に優れた特許成分と、夜間の良質な睡眠をサポートする『テアニン』という成分が豊富に配合されており、ダイエットなどで様々な栄養素が不足しがちな人や、ストレスが溜まりやすい現代人には効果が期待できるサプリです。 怪我や病気の治療が必要な場合は、必ず事前に医師や医療機関にご相談ください。 詳しくは「」をお読み下さい。

次の