サマージャンボ 買う日。 サマージャンボ宝くじ2018 発売期間と抽選日、購入術や販売代行を紹介します!

サマージャンボは何枚買う?10~30枚が多い理由や購入の内訳

サマージャンボ 買う日

宝くじを購入するだけでなく、金運をアップしてくれるアイテムを購入する場合にも、購入日にふさわしい「 開運日」という日どりが存在します。 そして、開運日は暦や干支などの兼ね合いで複雑に相関するため、開運日が多い月や重なる月、連続している月など、様々な配列になっていきます。 また、風水では、「運」や「ツキ」は 4日間にやってくるという格言があり、当選発表が4日後、4週間後など、 4の付く日に迫っている日に宝くじを購入すると良いと言われたりします。 生まれた月別に幸運を引き寄せる時期・時間帯、さらには宝くじ購入に適した時間帯・売り場というものもあるので、こちらも参考にしてみてください。 何をやっても必ず成功する日とされており、まさに大吉を絵に描いたような日と言えるでしょう。 一粒のもみが何万倍もの稲穂になるという意味があります。 少額のお金が何倍にも増える日と言われ、とくに財布を購入する時期に最適です。 黄色のシマ模様の寅は金運の代名詞です。 一瞬で千里を駆け向け、また一瞬で元の場所に戻ってこれることから、この日にお金を入れておくアイテムを購入すると、お金が出ていっても必ず戻ってくると言われています。 財産の神様「弁財天」のつかいである白ヘビに願い事をすると、その願い事が弁財天に届けられる日どりです。 金運が非常に高まる開運日の1つです。 日本のたくさんの神様が天界に昇り、会合を重ねて、万物すべての罪を許す日とされており、最高の大吉日となります。 1年に5回〜6回しかこない日どりで、かなり貴重な日ともいえます。 とくに、金運アイテムを使い始める日としては最適です。 始まり、スタートの運気を持つ特別な日です。 風水では、新月の日に新しいことを始めたり、新しい金運アイテムを使い始めるのが良いとされています。 また、目標を立てる日としても良好なので、金運祈願にも最適です。 月のパワーが完全に満ち足りている日です。 風水では、満月に月光浴すると、月のパワーを最大限に吸収することができるため、金運アイテムを満月の光に当てることで、エネルギーを高めることができます。 世界を代表する海外の超高額賞金宝くじ「 パワーボール」や「 メガミリオンズ」を、今なら「」で購入できるようです。 で取り扱う海外宝くじは、 メガミリオンズ MegaMillions 、 パワーボール PowerBall 、 ユーロミリオンズ EuroMillions 、 ユーロジャックポット EuroJackpot 、 スーパーエナロット SuperEnalotto 、 メガセナ MegaSena など世界各国の主要宝くじ25種類以上があり、どれも日本の宝くじより一等当せん確率が格段に低いものの、当選したときの賞金額が軽く「 数億円〜数十億円」を超えるという超ビッグウィンをたたき出します。 そしてなんと、今なら期間限定でへの無料登録者に、ロト2個とスクラッチ10枚の賞金総額 520億円をわずか 500円で購入できる「 初回入金キャンペーン」特典が付与されます。 少額からの購入で 驚愕のハイリターンを狙える投資先として、ポートフォリオに入れない理由もありません。 asdf.

次の

2020年サマージャンボを買う日はいつ?縁起の良い日と悪い日

サマージャンボ 買う日

宝くじが当たる人は何かやっているものです。 縁起をかつぐようなことをやる。 あなたは何をやっていますか? まさか何もやってこなかったのでは? では、これからはやりましょう。 一番簡単な方法からやるべきです。 それが買う日を選ぶこと。 つまり、縁起のいい日に宝くじを買うのです。 宝くじの中でも当選金額が大きいのはジャンボ宝くじですよね。 ジャンボ宝くじは、1年に5回あります。 予想では、2020年はこの5回です。 東京2020協賛ジャンボ• ドリームジャンボ• サマージャンボ• ハロウィンジャンボ• 年末ジャンボ なんと今年はバレンタインジャンボがありません。 東京2020協賛ジャンボに変わっています。 こういうときはチャンスですよ。 変わり目はチャンス。 とにかく、だれにだって、5回のチャンスがあります。 当選金額は少しずつ違いますけどね。 どれが当たっても億万長者になります。 人生が変わるってことです。 まずはいつ発売されるのか。 去年を参考にした予想です。 それぞれの期間のどの日に買うか。 宝くじで意識される日は、大安と一粒万倍日です。 どちらも有名な吉日、吉日の代表と言える日。 大安や一粒万倍日に買うと当たる? 世の中、そんなに甘くはありませんよ。 吉日というのが暦にはたくさんある。 それに縁起の良くない凶の日もたくさんある。 一日の中に吉と凶がいろいろ重なっているのが暦です。 大安や一粒万倍日が実は凶かもしれない。 もしかして。 今まで当たらなかった人。 そんな日に宝くじを買っていたからじゃないですか? つまり。 暦をちゃんと知ったら当たるんじゃないでしょうか。 2020年の宝くじを買う日、いきますよ! 2020年に限っては、例年とは違います。 今年最初のジャンボは、バレンタインジャンボじゃないようです。 「東京2020協賛ジャンボ」と名前が変わりました。 オリンピックイヤーならでは。 こういう変化のときが勝負! 一等、前後賞あわせて3億円。 十分な金額ですよね。 3月6日(金)が抽選日。 発売期間は、2月3日(月)~2月28日(金)です。 26日間ありますね。 この期間でいつ買えばいいのか。 大安と一粒万倍日に注目してみましょう。 大安の日は5回あります。 2月4日(火)• 2月10日(月)• 2月16日(日)• 2月22日(土)• 2月27日(木) 一粒万倍日も5回あります。 2月4日(火)• 2月9日(日)• 2月16日(日)• 2月21日(金)• 2月28日(金) 注目は2月4日と16日ですよね。 大安と一粒万倍日が重なるのがこの2日。 吉日が重なる。 これは縁起が良い日だと思いますよね。 で、購入しちゃう。 これだと当たらないかも。 なぜなら、2月4日はよくありません。 不成就日という日にあたります。 2月4日に何かをしても成就しないんです。 「願い事するするな」とさえ言われるんです。 これから何をするんですか? 宝くじ買うんですよ。 普通は願いますね。 「当たりますように」と。 言わなかったとしても、売り場の人が渡すときに言ってくれます。 願っても成就しない。 だから不成就日は宝くじの購入にはよくありません。 宝くじを買ってはいけない日と考えておきましょう。 2月4日はやめます。 じゃあ、2月16日はどうでしょうか。 これはなかなかいい日なんですね。 もういろいろと考えずにこの日でいいんじゃないでしょうか。 それでもいいのですが、私は違う。 2月16日は十方暮という凶の期間の中にあります。 そして、十二直の「閉」というのもちょっと気になる。 お金が入る日なら「閉」でいいんですけどね。 これからお金が入ってくるんだから「開」の方がいいでしょう。 そうすると、2月27日(木)の大安です。 十二直が「開」なんですよね。 運が開いて、つまり開運。 母倉日という吉日でもあり、これは天に守られるような吉日。 もう1つあげるなら、2月10日(月)の大安。 往亡日という凶がありますが、これは旅行のようなことにはよくない。 ですから、宝くじを買うために遠出するのはよくないかも。 この日は天恩日といって、天から恩恵を授かる吉日でもあります。 二十八宿の「張」はよろずよしの吉日です。 もう1つ、注意点。 2月5日は天赦日という縁起のいい日なんですが、六曜が赤口なんですよね。 赤口は凶日です。 2020年の最初の宝くじですからね。 順当にいきましょう! 暦で言う「順当」って何でしょうか。 凶を避けるということです。 大安と一粒万倍日という吉が重なるところよりも凶が少ない日を優先。 2月10日(月)と27日(木)で行きましょう! 2020年2回目のジャンボ宝くじは、ドリームジャンボ宝くじ。 発売期間は、 5月8日(金)~6月5日(金)です。 29日もありますね。 いい日を探しますよ! この期間に一粒万倍日は4回ありますね。 5月12日(火)• 5月13日(水)• 5月24日(日)• 5月25日(月) 大安は5回あります。 5月12日(火)• 5月18日(月)• 5月24日(日)• 5月30日(土)• 6月5日(金) もうわかりましたよね。 ドリームジャンボは、5月12日と24日に注目ということです。 大安と一粒万倍日が重なるので。 ただし、それ以外の暦も見ておく必要があります。 5月12日は不成就日でもあります。 夢がかなわないのでやめですね。 5月24日はどうですか? すごくいいですよね。 十二直の「開」も吉だし、母倉日、天恩日といった吉日も重なります。 おそらく、この期間で最もよいのは5月24日でしょう。 買い忘れた人は、6月5日(金)でしょうかね。 この日は大安で、十二直の「納」は購入に吉です。 わりと、今年のジャンボの中では迷いが少ない感じでしょうか。 問題はコロナウィルスですけどね。 5月は販売されるのかどうか… サマージャンボは、 7月14日(火)~8月14日(金)です。 2020年の3回目のジャンボです。 5回あるジャンボうちの3回目。 そろそろ当てておいてもいいかもしれないですね。 さて、サマージャンボを買う日はいつがいいでしょうか。 サマージャンボってほかのジャンボより少し発売期間が長いですよね。 大安の日は5日ありますよ。 7月15日(水)• 7月26日(日)• 8月1日(土)• 8月7日(金)• 8月13日(木) 一粒万倍日は6日もあります。 7月14日(火)• 7月17日(金)• 7月26日(日)• 7月29日(水)• 8月13日(木) 見つけました? 7月26日と8月13日。 この2日はどういう日ですか? 大安と一粒万倍日が重なる日ですね! 吉が重なるので大吉。 じゃあこういう大安+一粒万倍日が今年はどのくらいあるのか。 10日しかありません。 そのうちの2回は、サマージャンボを買うことができる。 ですけど、7月26日は注意。 受死日という大凶の日も重なってしまっています。 黒日とも言われる大凶ですから、やっぱり避けるべきなんです。 しかも、願いが成就しない不成就日も重なっています。 宝くじ売り場ではかなり推してくると思いますけども。 このへんが暦の奥深さですよね。 この記事を読んでおいてよかったと思ってください。 もう1つの8月13日はどうでしょうか。 十方暮という凶の期間ですが、それぐらいなので、いい日としましょう! 実は、ほかにもけっこういい日が多いようです。 7月15日(水)とか8月7日(金)もけっこういい。 でも、今回は、大安+一粒万倍日の8月13日です。 ちょうど7月の後半から8月のはじめは土用という期間です。 これは凶なんですね。 宝くじにはあまり関係ないですけど、7日で土用は明けますから、そういう意味でも13日がいいでしょう。 サマージャンボを買う日、決まりました。 大安と一粒万倍日が重なる8月13日(木)。 これで行きましょう! 宝くじをどこで買ったら当たるのか。 ハロウィンジャンボの発売期間は、 9月21日(月)~10月16日(金)と予想します。 この期間の大安は4日あります。 9月26日(土)• 10月2日(金)• 10月8日(木)• 10月14日(水) 一粒万倍日も4日あります。 9月21日(月)• 9月26日(土)• 10月3日(土)• 10月9日(金) 9月26日は大安と一粒万倍日が重なりますがよくありませんよ。 不成就日でもあるからですね。 吉ばかりに気を取られていると間違えてしまいます。 大安の10月14日も受死日という大凶日。 ということで、まずは10月2日(金)の大安が候補です。 10月2日は三隣亡という日ですが、これは建築の凶ですから宝くじは関係ない。 そして、二十八宿の「牛」が吉日とされます。 10月8日(木)もけっこういいですよね。 六曜が大安、十二直が「開」です。 十方暮の期間ではありますが、ほかに凶はないようです。 2日に間に合わなかった場合は、8日という感じでしょうか。 ほかの一粒万倍日は、ちょうど仏滅や赤口といった凶日と重なってしまいます。 なので、ハロウィンジャンボは、10月2日(金)、8日(木)での勝負となります。 2020年も最後のジャンボ。 おそらく、年の初めにこのページを見た人は一回ぐらいは当たったことでしょう。 いい日を選んで買ったのですからね。 ですから、今年2回目または3回目の当たりを狙うということになりますね。 当たる時に何回でも当てておきましょう。 当たっていないという人も最後に当ててください! 何と言っても、年末ジャンボは当選金額がいいですからね。 一発逆転です。 年末ジャンボの販売予想期間は、11月20日(金)~12月21日(月)です。 年末ジャンボって毎年、ほかのジャンボより期間が少し長いんですね。 だから、いい日を選びやすい! みんな適当な日に買っているんですから。 そんなんで当たるわけないじゃないですか。 できるだけいい日に買って、差をつけましょう! 大安の日は6回もあります。 さすが年末ジャンボ、多い!• 11月22日(日)• 11月28日(土)• 12月4日(金)• 12月10日(木)• 12月15日(火)• 12月21日(月) まずは消去法。 11月22日と12月4日は、十二直の「破」が気になる。 しかも12月4日は不成就日だから余計にダメ。 12月10日は一粒万倍日と重なりますが、十二直の「閉」は気に入らない。 年末ジャンボだから厳しくやりますよ。 そして、12月10日と、15日の大安は十方暮の期間で途方に暮れるという日。 ということで、12月21日(月)ですね。 この日は大安だけでなく、十二直の「開」も吉日と言えます。 二十八宿の「心」は結婚などはよくないのですが、宝くじは関係ありませんね。 少なくとも宝くじを買うなら凶がないような日と言っていいでしょう。 この日でいいような気もしましたが、年末ジャンボなので慎重にです。 一粒万倍日も見ておきましょう。 予想では4回です。 11月26日(木)• 11月27日(金)• 12月10日(木)• 12月11日(金) 11月26日は十死日と不成就日の凶が重なります。 もってのほかです。 11月27日は仏滅の日。 12月10日はさっきも言ったように、大安でもあるけど、十二直の「閉」が気に入らない。 11日は赤口が気に入らない。 と、一粒万倍日にはいい日がなり。 ただ、12月23日(水)も一粒万倍日です。 この日はいい日だと思いますが、ここまで発売しているかはわかりません。 こうなると、やっぱり12月21日(月)が一番いいでしょうね。 年末ジャンボは「年末」ですからね。 あまり早く買ってもどうかと思うんです。 まだ売り場があったまってない。 年末まで粘って買った方がいいと思うのです。 年の瀬のなんかワクワクしてきた頃に買った方がいい。 遠慮しないで当ててください。

次の

サマージャンボ2020買う日のおすすめはいつ?一粒万倍日や天赦日、寅の日をご紹介!

サマージャンボ 買う日

スポンサーリンク ジャンボ宝くじの中で、二番人気を誇っているのがサマージャンボ宝くじです。 人気のある高額当せん売り場では、年末ジャンボに次いで行列のできる宝くじですね。 まだコロナが終息したわけではないので、「行列」対策で人気の宝くじ売り場がどう営業されるのかがわかりません。 ドリームジャンボは販売期間に、コロナで緊急事態宣言が発令されて、多くの宝くじ売り場の営業も自粛。 もう散々でした。 ついこないだまでの普通が、今は普通ではなくなってしまったと、こんな形で思い知らされるとは思いませんでした。 まあ、宝くじの公式サイトでもネット販売がはじまっていますし、ネット購入するのも一つの手段ですね。 やっぱり高額当せん実績ある売り場でネット購入したいよね、という人はこちらの記事をご参考まで。 寅の日は風水でも言われるように、金運招来の日とされています。 トラの毛の色が黄金にも似ていることから、金運にとても縁起の良い日として親しまれてきました。 新しいお財布の使い始めにも良い日とされていますので、なにかとお金に縁がある吉日と言えます。 また古くは、聖徳太子が物部守屋を討伐する際に祈願で訪れた山で毘沙門天が姿を現したとされ、それが「寅年」「寅の日」「寅の刻」であったと言い伝えられていることから、「戦いに勝つ」「縁起の良い日」として今でも信仰対象となっています。 毘沙門天は戦国武将の上杉謙信が信仰した神様で、戦いの神のイメージが強いですが、七福神の一人でもあって「七難を避け七福を与える」と言われ福の神様でもあるんですよ! サマージャンボ販売期間中の「一粒万倍日」 ジャンボ宝くじは発売日初日の購入も人気があります。 なぜ宝くじ発売の初日が縁起が良いかと言うと、西銀座チャンスセンターの高額当せん伝説が、発売日初日の購入分から始まったからです。 西銀座チャンスセンターと言えば、宝くじ好きならその名を知らない人はいないほど、高額当せんを多数だしている超絶人気宝くじ売場。 その噂が広まって以来、西銀座チャンスセンターでは発売日初日が大人気で、特に吉日ではなくとも初日には福があると皆さん行列するほどです。 その他、一粒万倍日は該当する日も多く狙いやすい吉日ですので、あわせて狙ってみるのも良いでしょう。 ・7月17日(金) 一粒万倍日 ・7月29日(水) 一粒万倍日 ・8月 8日(土) 一粒万倍日 わたしは今回のサマーマージャンボは、7月14日(火)と7月26日もしくは8月13日のどちらか、2日間に分けて購入しようと思います。 福を待つなら、宝くじ入れに入れて寝かすのもオススメです 【一番人気.

次の